「川栄李奈」タグアーカイブ

佐藤健VS綾野剛の壮絶な戦いをお手元にいかが!映画『亜人』BD&DVD、4月18日(水)発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 監督:本広克行×主演:佐藤 健×アクションチーム(「るろうに剣心」シリーズ)集結!

誰も見たことがない、壮絶な新感覚アクション大作『亜人』のBlu-ray&DVDが東宝より4月24日(水)に発売、4月4日(水)よりレンタル開始となります。
監督には、「踊る大捜査線」シリーズ、「SP」、「PSYCHO-PASS」など、数々の大ヒット作品のメガホンをとり、王道エンターテインメントの可能性を切り開いてきた本広克行。ある日突然“亜人”である事が発覚し、国家から狙われる逃亡者となってしまった主人公・永井 圭役には佐藤 健。

そして永井と死闘を繰り広げる「最強・最恐・最凶」な不死身のテロリスト・佐藤役には、役作りのために肉体改造をした綾野 剛。

『るろうに剣心』以来2度目の競演となる2大憑依型俳優が漫画原作実写化のハードルを幾度となく乗り越え、互いへの絶大な信頼を寄せながら、全編一瞬も目が離せない、壮絶なアクションシーンを作り上げました!

『亜人』
4月18日(水) Blu-ray&DVD発売
4月4日(水) Blu-ray&DVD レンタル開始
■Blu-ray豪華版 6,800円+税
■DVD豪華版 5,800円+税
■DVD通常版 3,800円+税

発売元:東宝・講談社 販売元:東宝
(c) 2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
病気の妹を救うために研修医となった永井 圭はある日、事故で死亡。しかし直後、生き返る。亜人 と発覚し、崩れ去る圭の人生。国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットとなってしまう。 そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト【佐藤】が現れる。自分の運命に葛藤 する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。 やがて始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。衝突する人類と亜人、そして亜人と亜人。 【絶対に死なない男】と【絶対に死なない男】の終わることなき【エンドレス・リピート・バトル】が始まる。 亜人たちは、永遠の命をどう生きるのか―?

***********************************

キャスト:佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 山田裕貴 浜辺美波 品川 祐 / 吉行和子 / 綾野 剛

監督:本広克行
原作:桜井画門(講談社「good!アフタヌーン」連載)
脚本:瀬古浩司 山浦雅大
音楽:菅野祐悟
主題歌:THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」(A-Sketch)


のん 着物で登場!『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』イベント!


映画情報どっとこむ ralph 『コララインとボタンの魔女』のスタジオライカが日本を舞台に描く、アカデミー賞ほか世界の映画賞を席巻中のストップモーションアニメ、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が大ヒット公開中!!
この度、映画大ヒットを記念し、本作の大ファンで、11月発売の「映画秘宝」表紙の“クボコスプレ”が大きな話題になった、女優のんさんと映画秘宝の編集長岩田和明さんに登壇いただきトークイベントが行われ、大特集を誌面でも実施した経緯、KUBOの大ヒットに見る本作の魅力を語りました。

日程:12月20日(水)
会場:新宿バルト9
登壇:のん、岩田和明(映画秘宝編集長)

映画情報どっとこむ ralph 盛大な拍手のなか登場したのは、作品に合わせて和のテイストを意識した華麗な着物姿ののんさんと映画秘宝編集長の岩田和明さん。映画秘宝表紙の撮影秘話や、自身の『KUBO』への思いをたっぷり語っていただきました。

公開してからSNSで大きな反響を呼び「#一生のお願いだからクボを見て」というハッシュタグと共に、熱いクボへの絶賛ツイートが連日アップされるなど口コミでかなり話題になっている本作。同じく口コミで大ヒットした作品『この世界の片隅に』との共通点が多く、自身がキャラクターキャストを務めたこともあるのんさんは

のんさん:素敵ですね。作品への愛を持っている人が映画館へ足を運んでくださって。その声がSNSに上がってくるというのは素敵なことだと思います。

とその盛り上がりを見て感極まっている様子。

また、映画秘宝の表紙でクボになりきったコスプレを披露したのんさん。
『メイキング オブ SAMURAI NON!』と題し、未公開カットと一緒に衣装の再現やポージングのポイントなど、撮影時のこだわりがたっぷりと語られました。まず衣装に関し、作品へのリスペクトも込めて実物を忠実に再現、色や細かい刺繍まで完コピしたとのこと。そんな衣装を着ていざ撮影に臨んでみると、クボと同じポーズをとることに苦労したそう。

映画情報どっとこむ ralph のんさん:クボと同じ様にするのが難しかったです。姿形が全然違うので、近づけられるように頑張りました。肩の落ち方とか、この細さはさすが再現しきれず(笑)。髪の毛の感じ、この束感と真っ直ぐ加減などに気を遣いました。目の隠れ具合も難しかったです。つり目に見える角度を研究しました。それから、剣を持っての撮影には興奮しました。意外とずっしりしてて片手で構えてポーズとるのが大変だったんです。

とそのこだわりと苦労を語ったのんさん。
ここで、その実際に撮影で使われた剣が登場。撮影時は重くて苦労したという剣でしたが、撮影ぶりに手に取ってみると

のんさん:あれ?前より筋力ついたのかな、前より重くない気がする(笑)。

と笑顔でコメントし会場は温かい笑いに包まれました。

次に、『KUBO』を観た感想を聞かれると

のんさん:楽しかったですね。本当にストップモーションだなんて思えないくらい自然に動くクボがいました。髪の毛など一本一本動いたりしていて面白かったです。クボも魅力的で、映像も美しくて和の可愛い雰囲気も盛り込まれていたりして綺麗だなと思って観てました。

と作品の魅力を語るのんさん。

映画情報どっとこむ ralph そんな本編に登場するキャラクターの中で好きなキャラクターを聞かれると

のんさん:クボが一番好きなんですけど、序盤から登場するカメヨおばあちゃんも好きです。

と二人ともお気に入りの様子。

また、本作を鑑賞したファンの皆さんがSNSで『クボ』にまつわるイラストを多数投稿し「#クボファンアート」というハッシュタグが盛り上がりをみせていますが、そんなたくさんのファンアートを見て、自身も絵を描くのんさんは

のんさん:創作アーティストもやってるので触発されますね。私もクボ描いてみたいと思いました!

とその意気込みを語りました。

このファンアート投稿企画では、スタジオライカのスタッフが直々に気になる作品を選出、選ばれた方にはオリジナルグッズがプレゼントされる(募集期間2018年1月8日(月)まで)という企画で、なんとこの度特別にのんさんも審査員の一人として参加、お気に入りの作品を一点選んでいただけることが決定!「のん賞」としてさらに企画を盛り上げていただきます。審査員として参加する気持ちを聞かれると・・・

のんさん:自分がビビっときたものを直感で選びたいですが、素敵なものがたくさんあるので頑張って選ばせていただきます!

とたくさんのファンアートを前に楽しみな様子で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、今年は歌手デビューに、舞台に、CMにと大活躍だったのんさん、来年の目標を聞かれ

のんさん:すでに手広く活動させていただいておりますが(笑)、来年もやりたいことをやって突っ走っていきたいです!

と語り、会場のファンも歓喜、今後の活躍にもさらに期待が高まります。

実際に映画の撮影で使用されたクボ人形と一緒に写真撮影に臨み、イベントは終了しました。

公式HP:
http://gaga.ne.jp/kubo 


物語・・・
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。
追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト
日本語吹替え版 声の出演:矢島晶子 田中敦子 ピエール瀧 川栄李奈 羽佐間道夫 小林幸子 ほか
日本語吹替え版主題歌:「WHILE MY GUITER GENTLY WEEPS」吉田兄弟(ワーナーミュージックジャパン)
原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved. 
   


ピエール瀧・川栄李奈登壇!『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』映画公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本語吹き替え版声優ピエール瀧&川栄李奈登壇!

スタジオライカのストップモーション映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』映画公開記念舞台挨拶が行われ、日本語吹替え版声優を担当するピエール瀧さん(クワガタ役)と川栄李奈さん(闇の姉妹役)が初登壇!
日程:11月21日(火)
会場:新宿バルト9 
登壇:ピエール瀧、川栄李奈

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手に迎えられたお二人はクワガタ役ピエール瀧さんには、“闇の姉妹”の2役を演じた川栄李奈さん。

スタジオライカの『コララインとボタンの魔女』の大フアンのピエールさん
ピエールさん:『コララインとボタンの魔女』を見たときに、ここまで来てるんだと思っていました。ライカ組の吹き替えのオファーは光栄で。二つ返事で引き受けました。人に紹介したい作品ですよね(拍手)劇場出たら誰かに広めてください。
観ないともったいない作品だと思うんですよ。

川栄さんはホラー映画好き。今回の魔女役は
川栄さん:このオファーはすごく嬉しかったです。今日は闇の魔女風の衣装にしてきました。瀧さんはクワガタっぽいですよね。(笑)

ピエールさん:クワガタ意識の衣装って!!そういえばオリジナル版でクワガタもビートルっていうんだなーと。

と思ったそう。

本作はストップモーションアニメ。1週間で作れるのはたった3秒!KUBOの魅力は?

ピエールさん:KUBOが鬼太郎に似てるとこですかね(笑)・・贅沢なところ。すべてに人の手と意志が入っているところですね。

川栄さん:盆踊りや描写に日本らしさが出ていてすごく良かったです。外国の方が作っているとは思えません!日本人が見ても素敵なんです。

と、そのクオリティーと内容に感銘を受けているご様子。


映画情報どっとこむ ralph
吹き替えで演じるにあたり

ピエールさん:なるべくオリジナル音声の雰囲気・ノリを残しつつ変換して演じました。この人いないと暗い映画になっちゃうので、そこも気を付けましたね。

一方の川栄さんは、悪役での声優は初めて、
川栄さん:ひたすら練習しました。高笑いは、生きてて笑うことがあるので、笑いは得意でした!大変だったのは戦いの声。指導していただいて何パターンもとるのは難しかったです。

と、ひたむきさを感じるエピソードを明かした川栄さんに

ピエールさん:この魔女の声が川栄さん?って思ったんですけど、仕上がり観て納得しました。ばっちりです。こえーなーと思いました。

と、太鼓判。

川栄さん:瀧さんは明るくてお茶目なので、クワガタにぴったりです!

とお互いを誉めあいました!

映画情報どっとこむ ralph 観た方のSNSの熱量が高い作品。感動ポイントは?

ピエールさん:ポイントは色々ですが、人の手による映像につきます。感動しますよ。全コマです。日本の伝統文化をサラッと取り込んでかみ砕いて描いているんです。

川栄さん:3人で船の上で食事するシーン。グッときます。

ピエールさん:あの刺身は、最高だね!

と、笑いに。

そして、主演のKUBOさんが登場!本物です!


映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

公式HP:http://gaga.ne.jp/kubo


三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。
追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。
***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:石田泰子

©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
   


小林幸子 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』アフレコ映像&SPインタビュー映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ティム・バートンのコープスブライド』、『コララインとボタンの魔女』のスタジオライカが日本を舞台に描く、ストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が11月18日(土)全国ロードショーとなります。

そして!この度、本作でオタク界でラスボスこと小林幸子さんのアフレコ映像&スペシャルインタビュー映像が解禁となりました!
小林さんの声優情報は、8日に行われたイベント内で解禁されたばかり。

ご自身初のおばあちゃん役ということで、

小林さん:おばあちゃん役、キターー!

と、かなり張り切ってアフレコに挑んだことが話題にもなっています。

今回解禁されたアフレコシーンは、本編冒頭に描かれる、主人公“クボ”との和やかな会話シーン。

本作で唯一と言ってもいい、“クボ”の理解者でもあり、チャーミングなおばあちゃん“カメヨ”役を演じるにあたって、

小林さん:歌を歌うお仕事とは違いますが、表現をするという意味ではものすごく勉強になりました。とっても楽しかったです。

と10年ぶりの声優挑戦を楽しんだ様子。

元々、アニメが大好きで劇場で鑑賞するタイプだ、とインタビューで明かしながら、本作について

小林さん:一般的なアニメとは違う作品。一コマ一コマ手作業で、気が遠くなる作業をしている。もう芸術だと思いますね。圧巻の映像です。

と絶賛。



映画情報どっとこむ ralph KUBO/クボ 二本の弦の秘密

原題:Kubo and the two strings

公式HP:
http://gaga.ne.jp/kubo

物語・・・
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。

追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)
矢島晶子(クボ)、田中敦子(サル)、ピエール瀧さん(クワガタ)、川栄李奈(闇の姉妹)、羽佐間道夫(月の帝)、小林幸子(カメヨ)

2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.


映画『嘘を愛する女』主題歌は松たか子「つなぐもの」に決定!予告も到着


映画情報どっとこむ ralph 来年1月20日(土)全国ロードショーの長澤まさみさん x 高橋一生さん 出演の映画『嘘を愛する女』。

その主題歌に松たか子さんの「つなぐもの」が決定しました。
松たか子が映画主題歌に楽曲を提供するのは初めてだそうです。


松たか子さん、長澤まさみさん、高橋一生さんからコメントが届いています。

松たか子さんからのコメント
数年前に書いた、名もない曲が、素敵な映画に出会い、つなぐもの、になりました。全ての御縁、に感謝しています。

長澤まさみさんからのコメント
つつみ つむぎ つづけ つなげるもの つなげつづけて つながるもの、人生はその連続なのだと。松さんの優しくて力のある歌声に物語の奥行き、人の想いの動き全てを代弁してもらった気がしてなんだか悔しくなりました。ストーリーを支えてくれる楽曲にとても感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

高橋一生さんからのコメント
松さんの作曲、坂元さんの作詞、佐橋さん編曲。映画作品の音楽は、その作品の重要な要素になり得るものと思っています。
僕が勝手にご縁を感じているお三方が関わってくださること、嬉しく思います。大事なものをしまっている箱を開けるような、あたたかい気持ちになれるこの曲に出会えて、この作品に参加させていただいていることを益々嬉しく思うと共に、こういった形でまた同じ作品でご一緒出来ることを幸福に感じます。松さんの歌声を聴いて、いつかあったかもしれない、また、いつかあるかもしれない、唯一の人とのことを思って、人知れず つむぎ つづけ つなげる勇気をいただきました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『嘘を愛する女

2018年1月20日(土)全国ロードショー



公式サイト:
http://usoai.jp/

物語・・・
その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。
「一体、彼は誰ですか?」
くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利―。
やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。
なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?
そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

***********************************

監督:中江和仁 
脚本:中江和仁・近藤希実 
製作:「嘘を愛する女」製作委員会  
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝 
出演:長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈 黒木瞳 吉田鋼太郎
Ⓒ2018「嘘を愛する女」製作委員会