「川栄李奈」タグアーカイブ

中川翔子、矢嶋哲生監督登場に大盛り上がり!「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」応援上映イベント


映画情報どっとこむ ralph 7月13日(金)より全国373スクリーンで公開となった「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」。

昨年大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まった、サトシとピカチュウの新しい冒険を描き、1年に1度の“風祭り”で、伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい5人の仲間たちとの壮大な物語となっています。そんなポケモン映画最新作は、8月2日(木)までの公開21日間で、観客動員160万人、興行収入18億円を突破しています。

そして本日8月3日(金)、大ヒットを記念して、TOHOシネマズ新宿にて応援上映イベントを開催!

リク役・中川翔子とシークレットゲストで矢嶋哲生監督が参加しました。

昨年も実施したポケモン映画の応援上映イベントですが、チケットを販売開始するやいなや即完売となり、一部のファンの間では、【幻のイベント】と呼ばれたほど…。そんな大人気イベントは今年も告知開始と共に大反響を呼び、チケットも即完売となりました。


応援上映イベント
日付:8月3日(金)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:中川翔子、矢嶋哲生監督

映画情報どっとこむ ralph プレミアチケットを手に入れたお客様で満席の場内は、ジョーイさんのコスプレやピカチュウの帽子を被った人など、思い思いのポケモングッズを持参し準備万端!上映前からものすごい熱気に包まれ、中川翔子、矢嶋哲生監督が登壇すると、場内のボルテージは最高潮に。

昨年からのリピーターや応援上映経験者も多い中、矢嶋監督をはじめ、作品問わず応援上映自体に参加するのが初めてという人もいたため中川が応援上映をレクチャー。
中川さん:予告編は練習タイムです。推しメンのカラーにサイリウムを合わせましょう!

矢嶋監督:ついていきます!!映画の舞台・フウラシティの市民になって観ようと思います。

とノリノリにサイリウムをスタンバイ。

そして

中川さん:歌舞伎町のど真ん中でポケモン愛を叫びましょう~!

と盛り上げ、いよいよ上映開始。

映画情報どっとこむ ralph 別作品の予告編からそれぞれ発声を開始し、東宝のロゴが映し出されると、「東宝ありがとう!」と歓声があがりました。
人物キャラクターやポケモンたちが登場するたびに、それぞれの名前が叫ばれ、主人公・サトシ(声:松本梨香)とピカチュウ(声:大谷育江)の最初の登場シーンは絶叫にちかい声援が!

そしてこの日、サトシに負けず劣らず人気だったのが、中川さんの推しメン“気弱なポケモン研究家・トリト(声:濱田岳)”。トリトが登場すると、場内のサイリウムはトリトの髪色に合わせ緑色一色に。


上映中、

中川さん:監督、トリトは何歳なんですか?

と質問が飛び、

矢嶋監督:23歳くらいです!

と即回答。さらに、

中川さん:彼女はいますか?

と矢継ぎ早にトリトに関する質問が飛び交い、「付き合って~!結婚して~!」とトリト愛が叫ばれるなど、トリトファンも多く見受けられました。ポケモン嫌いのお婆さん・ヒスイ(声:野沢雅子)の、ポケモンとの過去の出来事を描いたシーンでは場内からすすり泣く声も聞こえ、クライマックスにかけてはファンの熱い思いが大爆発!!

上映が終了しても拍手が鳴りやまず、興奮さめやらぬ状態のままトークショーがスタートしました。

昨年に続き参加した中川さんは、応援上映を経て初めて気づくポイントが多くあったといい、特にトリトの同僚・研究員Aが場内で大人気に。そこで中川さんの提案で矢嶋監督がその場で研究員Aに役名をつけることに!急遽命名を任せられた矢嶋監督はとっさに【ロベルト】と命名するなど、応援上映だからこその展開もあり、その他にも役柄の裏設定や、秘話も語られ、お客様から質問を受け付けるなど、和気あいあいとしたトークショーとなりました。

初めての応援上映を終えた矢嶋監督も、目に涙を受かべながら感激した様子でお客様からの質問に答えました。
中川さん:みんなで笑って、泣いて、叫んで、大合唱して、本当に特別な思い出になりました。ポケモンはいつも素敵な出会いをもたらしてくれて、感動しています。平成最後の夏は、ポケモンの夏は、最高の夏になりました!長生きして、来年のポケモン映画もみんなで応援できればと思います。死ぬまでポケモン大好きでいましょう。今日はありがとうございました。

矢嶋監督:今回このようなイベントに参加できて本当に感謝しています。ずっと届け!届け!と思って作っていたので、今日皆さんと一緒に作品を観ることができて、非常に貴重な機会となりました。ありがとうございました。
最後にはお客様と一緒に記念撮影を行い、大熱狂の応援上映となりました!

映画情報どっとこむ ralph
劇場版ポケットモンスター みんなの物語
大ヒット上映中

公式サイト:
www.pokemon-movie.jp

イントロダクション
ポケモン映画が、新たな一歩を踏み出す――。
20周年記念作品「キミにきめた!」の大ヒットから1年――。監督を始めとする制作陣に若き才能が加わり、全く新しいポケモン映画「みんなの物語」が遂に誕生。この夏、みんなと一緒に、まだ誰も見たことのない冒険へ向かって、キミも一歩を踏み出そう!

ストーリー
ひとりじゃできないことも、キミとなら――。
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。
偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか? そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??
今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

***********************************

キャスト・スタッフ クレジット
 声の出演
特別出演:芦田愛菜 川栄李奈 濱田岳 大倉孝二 野沢雅子・中川翔子 山寺宏一
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智  監督:矢嶋哲生  アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊
脚本:梅原英司、高羽彩  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝  総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト
  


川栄李奈 映画初主演は心に染みる日本酒映画『恋のしずく』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、SAKE×LOVE、日本の伝統文化の象徴である日本酒を題材にした映画『恋のしずく』より、ポスタービジュアルの解禁及び、公開日が決定しました。主演には、どんな色にでも染まれる女優・川栄李奈。以外にも今回が映画初主演だそうです。

そして今回出来上がったポスターは主人公詩織役の川栄李奈が、舞台である東広島市・西条の酒蔵をバッグに、お猪口を持って立っている後ろを蔵元の息子役である小野塚勇人が通りがかるという、日本酒映画らしいビジュアルになりました。

今作が遺作となった蔵元役の大杉漣や、杜氏役の小市慢太郎、詩織をサポートする農家の娘役の宮地真緒、酒造会の若手ホープ役の中村優一も登場し、じんわりと、そして迫力のあるポスターとなりました。

そして気になる公開日も10月20日(10月13日広島県先行)と正式決定しました!

映画情報どっとこむ ralph また、本作についてキャスト、監督からコメントも到着!

川栄李奈さんからのコメント
みんなの思いが詰まった作品です。見終わったあとすごく温かい気持ちになりました。日本酒や街の良さがでていて、広島の方や、作品に関わっていただいた方に早く見て欲しいなと思いました!主人公詩織の成長や、家族、そして仲間の絆を感じられる作品ですので、そこに注目していただきたいです。

小野塚勇人さんからのコメント
この作品はキャスト・スタッフだけではなく、ロケ地でもある東広島市の方々に支えられ、協力して頂き出来た作品です。
この映画を見た時にその一つ一つのシーンや街並みから、優しさや愛情が感じられ、何より日本酒という伝統文化を好きになって頂けると思っています。心温まる作品になっていますので、是非、観て頂ければ嬉しいです。

瀬木直貴監督さんからのコメント
映画は人の手で“作るもの’と考えていましたが、本作で映画は“生まれる”ものであることを実感しました。スタッフやキャストの奮闘、旅情豊かな風景、関係者の期待、様々な要素を混ぜ合せても映画は出来ません。目には見えない、はっきりと認識できない何かが作用して映画になる。それを見守るのが監督の役割でした。生まれるものには意味があります。本作には西日本豪雨で被災された酒蔵、鉄道、田園風景が登場しています。単に楽しい作品ではなく、この時代に必要な映画という使命を帯びている気がします。

映画情報どっとこむ ralph 『恋のしずく』

公式HP:koinoshizuku.com
公式Twitter:@510429_movie

10月20日(土)丸の内TOEIほか全国ロードショー
10月13日(土)広島県先行ロードショー

東広島市・西条を舞台にリケジョの大学生・詩織が、日本酒の酒蔵へ実習に行くことになり、酒造りを通じて目覚める人生の喜び・出会いと別れを経験しながら成長していくヒューマンドラマ『恋のしずく』。主演の、農大に通う大学三年生の詩織役には、AKB48卒業後、現在放送中のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」や、映画「センセイ君主」など、女優として数々の話題作に出演する川栄李奈。今作が映画初主演となる。また、詩織が実習にやってくる乃神酒造の蔵元の息子・莞爾役には劇団EXILEのメンバーである小野塚勇人。詩織をサポートする農家の娘美咲役に宮地真緒、蔵の杜氏役に小市慢太郎、そして乃神酒造の蔵元であり、莞爾の父親役に今作が遺作となった名優・大杉漣。豪華な出演陣が脇を固める。監督は、テーマとなる地方に実際に住み綿密な調査と土地土地の息吹を肌で感じながら映画を制作していくことで知られている名手・瀬木直貴。

この映画の収益の一部は、西日本豪雨の復興支援活動に寄付されるそうです。


物語・・・
舞台は酒蔵で有名な東広島市・西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息子、厳格な杜氏、不倫に悩む美咲。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深いヒューマンドラマ。

***********************************

監督:瀬木直貴
脚本:鴨義信

出演:川栄李奈
小野塚勇人 宮地真緒 中村優一 蕨野友也 西田篤史 東ちづる
津田寛治 小市慢太郎 大杉漣

配給:ブロードメディア・スタジオ
©2018「恋のしずく」製作委員会


篠原涼子が、かつて見せたことのない狂気の表情『人魚の眠る家』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を映画化。 11月16日(金)全国公開 いたします。


事故に合い昏睡状態の娘を前に「この子は…生きています!」と懇願するように叫ぶ母・薫子(篠原涼子)。極限の状況下で医師からは、娘を生かすのか、死を受け入れるのか、夫婦は究極の選択を迫られる。夫・和昌(西島秀俊)は、
最先端技術を使った前例のない延命措置を提案。

奇跡を信じた夫婦の決断は、やがて家族(田中泯、松坂慶子)や技術研究者(坂口健太郎)とその恋人(川栄李奈)らを巻き込み、彼らの運命を狂わせていく。

原作者・東野圭吾先生が映画化に向けて

東野先生:どれほど不気味で悲しく、美しい映像になるのか、そしてどんな愛と狂気が見られるのか、今からとても楽しみです。


とコメントしている本作の特報映像が完成!

映画情報どっとこむ ralph 特報映像には、絶望から希望を見出す夫婦の姿、豪華キャスト陣の鬼気迫る演技が緊張感あふれる映像とともにおさめられているて・・・。

そして篠原涼子が、かつて見せたことのない狂気の表情で語る「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」その衝撃的な問いかけは何を意味するのか。愛する人へ捧げたその無償の行為は、善か、悪か、愛か、欲望か?

今年度最大の衝撃と感涙のミステリーが、ついに幕を開ける。




人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開


***********************************

監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


堤 真一・柳楽優弥・川栄李奈で重松清原作「泣くな赤鬼」待望の映画化決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松清先生。

教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収の「泣くな赤鬼」が堤 真一さん・柳楽優弥さん・川栄李奈さんで待望の映画化です!


城南工業野球部監督・小渕隆。
陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた。甲子園出場一歩手前までいきながらも夢叶わず10年の月日が流れ、今では野球への情熱は衰え、定年間際の疲れた中年になっていた。

ある日、かつての教え子・斎藤智之(愛称ゴルゴ)と偶然、病院で再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴだったが、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していた。そのゴルゴが、末期がんで余命半年であることを知らされる。

あの時、かけてやれなかった言葉、厳しくすることでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼は、ゴルゴのために最後に何ができるのか。今だからわかり分かり合える教師と生徒の、深く胸に染みいる感動作。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・赤鬼先生には、実力とその存在感で作品世界を表現する、日本を代表する俳優・堤真一さん。

『とんび』に続く重松清先生とのコラボ。

堤 真一さんからのコメント
重松清さん原作の映像化は、ドラマ「とんび」以来 2 作目です。重松作品の読み物と しての面白さはもちろんですが、この作品には、映像化によって、物語の奥にあるも のを小説とは違った形で引き出し、膨らませることができる…、そんな可能性を強く感 じました。
野球部監督と一生徒の関係が丁寧に描かれていますが、どこか親子にも通じるよう な、人と人との関わりについて深く考えさせられる作品です。僕が演じる野球部の監 督は、熱気に満ち溢れた現役監督時代の姿と、時を経て、元生徒と再会したときの疲 労感が漂う姿の二面があります。そんな過去と現在の二面性を、決して表面的につく るのではなく、佇まいの違いで表現できればと思っています。 この作品に触れて、今、自分の学生時代の思い出が鮮明に蘇ってきています。やは り先生と生徒との繋がりは、たとえ頻繁に会うことは無くなっても、その記憶は深く残 っていますから。まずはバッティングセンターへ行こうかな(笑)。 是非、ご期待いた だきたい作品です。

映画情報どっとこむ ralph 赤鬼先生の元教え子・ゴルゴには、個性溢れる演技力とその実力でTV・映画と出演作多数の俳優・柳楽優弥さん。がんで余命半年という難しい役どころに挑戦します。

柳楽優弥さんからのコメント
堤真一さんが主演される作品に参加させて頂けるという事がとても嬉しいです。自分の学生時代と状況は違いますが、先生と生徒の関係性に感情移入しながら一気に読み終えました。本当に感動しました。監督とクランクアップまでしっかりと話し合いながら、斎藤智之という役を丁寧に作り上げていきたいと思っています。この原作の素晴らしさをしっかりと伝えられるように頑張ります。是非楽しみにしていて下さい。

映画情報どっとこむ ralph ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃には、TV・映画と幅広く活躍する、若手注目女優・川栄李奈さん。 

川栄李奈さんからのコメント
最初お話を頂いた時、詳細な内容はまだ知らなかったのですが、決定されているキャストの名前をお伺いして、早く撮影したい!という気持ちになりました。タイトルは「泣くな赤鬼」ですが原作を読んだだけで涙が出ました。これを堤さんや柳楽さんと一緒に作品作りができると思うと、経験豊富なお二人に必死に食らいついていこうと思っています。雪乃は病に侵される夫を献身的に支え、子供には弱さを見せない力強い妻であり、母です。夫役の柳楽さんは以前共演したときのお芝居が魅力的で忘れられません。今回また夫婦役で共演できると聞き、柳楽さんがどんな空気感を作ってくれるのか私もそれを支える奥さんでいられるように頑張りたいと思います。重松清さんの作品に関われることがすごく嬉しいです。素晴らしい役者さん達と共に頑張りたいと思います。この作品は涙なしでは見られないと思います。原作の短編集がどんな長編ストーリーになるのか楽しみにしていてください。


映画情報どっとこむ ralph 監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重淳。

兼重 淳監督
堤真⼀さん、柳楽優弥さん、川栄李奈さんという素晴らしいキャスト、素晴らしいスタッフと共に作品作りができることを、とても光栄に思います。厳しくすることでしか⽣徒と向き合えなかった「せんせい」と、⼤⼈になったかつての教え⼦の物語を、⼼を込めて作ります。


泣くな赤鬼

豪華キャスト、スタッフ、そして珠玉の小説により、2019年全国公開。

新たな感動作が誕生します。



***********************************

堤 真一 柳楽優弥 川栄李奈
原作:重松 清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
配給:KADOKAWA
© 2019「泣くな赤鬼」製作委員会


徹夜の撮影終わりの長澤まさみの行動に高橋一生らが驚き!『嘘を愛する女』映像・・


映画情報どっとこむ ralph あなたは誰?知り尽くしていたはずの愛する人の素性が全て嘘だったら…。全てを失った果てに知る、本物の愛を描いた新たなラブストーリーの傑作『嘘を愛する女』のBlu-ray&DVDが7月18日(水)に発売となります。

本作で世の女性たちが羨む“嘘愛”カップルを演じるのは、長澤まさみと高橋一生。
2人が映画では『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)以来、実に14年ぶりの共演となり話題を呼んだ本作では、それぞれ“嘘”に翻弄されるヒロイン・川原由加利(長澤まさみ)と“嘘”に満ちた謎の男・小出桔平(高橋一生)を演じています。
さらに、DAIGO、川栄李奈、黒木 瞳、吉田鋼太郎などバリエーション豊かな豪華俳優陣が集結しました!

Blu-ray豪華版の特典ディスクには、メイキング映像“ビハインド・ザ・シーン・オブ『嘘を愛する女』”や完成披露試写会などのイベント映像を収録したここでしか見られない貴重な映像が満載です。

この度、Blu-ray&DVDリリースに先駆けて、Blu-ray豪華版に収録されるメイキング映像“ビハインド・ザ・シーン・オブ『嘘を愛する女』”を一部特別公開します!

徹夜の撮影終わりの長澤まさみの行動に高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎らが驚き!



映画情報どっとこむ ralph 嘘を愛する女

7月18日(水) Blu-ray&DVD発売
Blu-ray豪華版 5,800円+税
DVD通常版 3,800円+税
発売・販売元:東宝株式会社


(c) 2018「嘘を愛する女」製作委員会


***********************************