「川栄李奈」タグアーカイブ

片寄涼太と川栄李奈の胸キュンアドリブ歌唱『きみと、波にのれたら』映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 仏・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)受賞作品『夜明け告げるルーのうた』(17年)、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、Netflix配信中の「DEVILMAN crybaby」など数々の話題作を世に送り出し、世界を魅了してきた湯浅政明。

待望の最新オリジナルアニメーション映画『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)より全国公開となります!
このたび、片寄涼太と川栄李奈のリアルな空気感に胸キュン必至なアドリブ歌唱シーンに合わせ、港とひな子の爆発級にかわいいデートが満載の本編映像解禁!

本シーンはのちに海の事故で命を落としてしまう消防士の青年・港とサーファーの大学生ひな子、小さな港町で出会い恋をした2人のかけがえのない時間を切り取ったもの。一緒にサーフィンをしたり、ハンバーガー屋では2人で思いっきり大きな口でほおばったり、
ドライブに水族館、さらには海沿いの桟橋では夕陽に見守られながらのキスなど、

さわやかでキュンキュンするようなデートシーンが満載! 港とひな子のラブラブっぷりを爆発級に加速させているのが、片寄と川栄が一緒に歌う「Brand New Story」だ。

主題歌であり劇中では2人の思い出の曲でもある「Brand New Story」の歌唱シーンは、もともと別々に収録されるはずだったが、「2人で歌った方が、良い空気感になるんじゃないかとイメージしていた」という片寄のアイディアで川栄と一緒に歌うことに。ところどころ照れ笑いを抑えられなかったり、完璧すぎないメロディだったり、現場の空気感がそのまま伝わってくるような歌に、監督も「良い意味で生っぽい、幸せな恋人同士が本当に楽しそうに歌っている場面になっている」と大絶賛! 映画のストーリーは港とひな子の運命が【切ない展開】を迎えることがすでに明かされているが、今回の解禁シーンでは2人の歌と物語が合わさって、初々しさや幸福感に満ちた最高に甘い映像となっている。

また、生き生きとした海や波の動きがみられるサーフィンのシーンや、夕焼けが映える海辺の桟橋など、「夜明け告げるルーのうた」の湯浅監督だからこそ表現できた夏の刹那感をひしひしと感じさせる映像美も、本作の大きな見どころの一つ。湯浅監督が「したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った」と語るように、本作は自信を持てずにいる人達の背中をそっと押すような物語。後押ししてくれるような「Brand New Story」の歌詞と心に響くメロディにのせ、切なくも胸が熱くなる感動の物語がこの夏誕生する。



映画情報どっとこむ ralph 映画『きみと、波にのれたら』

6月21日(金)全国ロードショー

公式サイト:https://kimi-nami.com/


Twitter:
@kiminami_movie

Instagram:
https://www.instagram.com/kiminami_movie

★ハッシュタグ★ #きみ波 #きみ泣き



***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子、音楽:大島ミチル、キャラクターデザイン・総作画監督:小島崇史
出演:片寄涼太、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
主題歌: 「Brand New Story」GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)
アニメーション制作:サイエンス SARU
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会




川栄李奈チョットふっくら。舞台上での祝福に照れる!映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会


川栄李奈チョットふっくら。舞台上での祝福に照れる!映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会

映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清先生の短編集『せんせい。』所収の「泣くな赤鬼」が映画化!6月14日(金)全国劇場公開となります。

その完成披露試写会が行われ、主演の堤真一さん、柳楽優弥さん、川栄李奈さん、竜星涼さんとメガホンをとった兼重淳監督が登壇しました。

映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会
日時:5月21日(火)
場所:新宿バルト9
登壇:堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、兼重淳監督

映画情報どっとこむ ralph スチルカメラが40台以上、テレビカメラも20台と通常より多めのマスコミが詰めかけた会場。
知らなかったのですが、川栄さんが結婚発表したばかりで、初の公の場。と言うことで、映画イベントでは見ない記者さんたちも多数駆けつけたらしい・・・。

温かな拍手に迎えられ、キャストと監督が登場。川栄さんは少しゆったりした衣装。

映画情報どっとこむ ralph 映画完成披露を迎えて
兼重監督:漸くと言う嬉しい気持ちと不安とですね。重松先生の原作でファンの方も多いので答えられているか不安ではあります。

と、今の率直の気持ちを吐露する監督。完成したもの観て堤さんは
堤さん:自分が出ている映画で泣いたのは初めてです。監督の人間関係の丁寧な距離感とか一つ一つ、優しと愛情を感じて、やってよかったなと。思いました。

と語り、役作りを聞かれると
堤さん:僕も中学の時に、野球部で先生がメチャクチャ怖かったんです!ぴしっとか、今だとね。でも、いい先生で。その先生のことを思い出して演じました。

と明かしてくれました。堤さんとの共演を聞かれて
柳楽さん;業界入る前から堤さんの事は見ていたので。先生と教師と言う大事な(キャストと会場爆笑)すみません。今日舞台の休演日で頭がぼーっとしてて。えーっと。川栄さん!おめでとうございます!
と、突然祝福に会場は大きな拍手。これには照れる川栄さん。

役作りを聞かれると

柳楽さん:病気を背負ったりするのは、やったことのない役でしたのでしっかり挑みました。
柳楽さんの奥さん役の川栄さんは
川栄さん:今回は、監督に「一見ヤンチャに見えるけど凄く芯の強く最後まで旦那さんを支えて下さい。」と言われていて、柳楽さんもどんどん痩せて行って、お芝居もつらくて、でも、この役をいただけたのは、ありがたかったです。

完成したものを観て
川栄さん:号泣してしまいました。切ないんですけど、観終わった後に生きる何かを見つけられる作品だなと思いました。

竜星さん:僕も泣きました。最後に、堤さんが持ってくんです!こういう先生欲しかったなと。

三人のシーンが泣けるのですが撮影時のこと聞かれ

堤さん:暑かったね~。本当に。見てるだけでも辛そうでした。

竜星さん:僕は二日しか撮影しなかったので、一日は炎天下の中でした。

柳楽さん:暑かったですね。大事なシーンだったので、楽しかったです。

川栄さんも現場で見ていたそうですが

川栄さん:私は、ベンチで、涼んでみてました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、中高生からの質問に答える赤鬼先生の特別講師コーナーに!

Q.部活でキャプテンになりました。どうやってチームをまとめたら?

堤さん:みんなと楽しむを目標に!

竜星さん:あえて纏めない。

堤さん:キャプテンになった時点で皆が認めてるんだっもんね、

柳楽さん:ですね。
川栄さん:中学の時に副キャプテンだったんです!とりあえず声出しとけばOK!覇気が大事です!

監督:迷ったら楽しい方へ行く努力を。樂な方に行っちゃダメ。


Q.将来やりたいことが見つかりません。

柳楽さん:そうですね。。。。堤さんからで
堤さん:僕も高校時代は、やりたいことなくて。たまたまアクションクラブに入って、でも怪我して出来なくなって、お芝居やってます。人生なんてわかんないよ!

柳楽さん:一所懸命何かに打ち込んでいく時間の中で見つければ。

Q,新しいお友達と仲良くなる方法は?

川栄さん:あまりお友達いないんです。。。堤さん。

堤さん:時間かかるもんだし、無理くりなる必要ないですよ!

川栄さん:だそうです。時が経てば。

Q/バンド始めましたが全然持てません!どうすれば?

竜星さん:知らねーよ!やり続けて。モテたくてバンドやるが間違い!まず上手くなること!
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
堤さん:去年の暑い夏に沢山のスタッフと共演者で創った映画です!情熱を感じて楽しんでください!

兼重監督:いい作品になりました。僕は背中を押す作品が好きで、観終わった後に、家族の事を思い出したり、先生の事を思い出して下されば。楽しんで下さい。
と、舞台挨拶を締めて上映へ。

『泣くな赤鬼』

6月14日(金) 全国公開です。

公式サイト:
akaoni-movie.jp 

その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と思いがけない再会を果たす。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。厳しさ でしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。また、主題歌は映画主題歌の書き下ろしは初となる竹原ピストルの「おーい!おーい!!」に決定。優しく情熱的な歌声と胸にしみる詞が更に感動を加速させます。

***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:松竹撮影所 
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会
  


片寄涼太の劇中ボイス3種が再生コースター&グラス「きみと、波にのれたら」ムビチケ発売!


映画情報どっとこむ ralph 6/21(金)より全国ロードショー「きみと、波にのれたら」TOHO animation STORE限定商品

片寄涼太演じる“港の作中ボイス”が再生される「コースター」&「グラス」セット付ムビチケを販売!

「TOHO animation STORE」(㈱東宝ステラ、本社:東京都千代田区有楽町)は、2019年6月21日(金)公開のアニメーション映画「きみと、波にのれたら」より、TOHO animation STORE(以下、TaS)限定グッズ「ボイスコースター&グラス」付ムビチケの予約を開始致しました。

「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」などの湯浅政明監督長編オリジナル最新作「きみと、波にのれたら」――作中に出てくるマスコット“スナメリ”デザインの「ラバーコースター」は、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が演じる「雛罌粟 港 (ひなげし みなと)」の劇中ボイス3種が再生される機能付き、更にキービジュアルを使用した涼やかなデザインの「グラス」もセットでお届けします。

映画情報どっとこむ ralph 【商品詳細】 
商品名:「きみと、波にのれたら」 全国共通前売券(ムビチケ)+ ボイスラバーコースター&グラスセット
価格:4,000円(税込)
発売日:2019年6月初旬お届け予定
仕様:ラバーボイスコースター 約95mm×12mm ABS・ラバーなど LR1130 3個入/グラス 約117×68mm 容量300ml ソーダガラス

ボイス3種
①「10年20年、ひな子がおばあさんになっても、ひな子が一人で波にのれるまで」
②「ひな子を助けるし、応援し続けるよ。」
③「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」

商品ページ

映画情報どっとこむ ralph 『きみと、波にのれたら』

公開時期:2019年6月21日(金)全国ロードショー
https://kimi-nami.com/


【ストーリー】
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動 をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。

お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れ人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」

死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だったが…。
奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、 再び姿を見せた港の本当の目的とは?
***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
音楽:大島ミチル
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
   


湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』アヌシー映画祭コンペにノミネート 2度目の快挙なるか!


映画情報どっとこむ ralph 世界が注目するアニメーション監督、湯浅政明監督待望の最新作『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)より全国公開となります。
本作は、片寄涼太、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎ら豪華キャストが声優陣をつとめ、海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。

そして!

このたび、本作が、今年6月にフランスで開催される【アヌシー国際アニメーション映画祭】(以下、アヌシー映画祭)の長編コンペティション部門にノミネートされました!

本映画祭でノミネートされるのは今回が4度目(長編部門では2度目)となる湯浅監督は、2017年に『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞。1995年『平成狸合戦ぽんぽこ』以来実に22年ぶりの功績となりました。

また、これまで日本作品でクリスタル賞(グランプリ)を受賞したのは、宮崎駿監督(『紅の豚』/93年)・高畑勲監督(『平成狸合戦ぽんぽこ/95年)・湯浅政明監督の3名のみ。

今回のノミネートで、日本人監督初の2度目の受賞という快挙に期待がかかります!

アヌシー映画祭は、現地時間6月10日(月)から5日間開催され、クリスタル賞(グランプリ)は最終日である15日(土)に発表されます。

映画情報どっとこむ ralph もう会えないと思っていた恋人。あの歌を口ずさめば、またきみに会える。
海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー

きみと、波にのれたら

6月21日(金)、全国ロードショー!

公式サイト:
https://kimi-nami.com/
Twitter:
@kiminami_movie


物語・・・
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?


***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
主題歌: 「Brand New Story」( GENERATIONS from EXILE TRIBE )
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会


堤真一が優しく語りかける 映画『泣くな赤鬼』 特別予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」待望の映画化!6月14日(金)全国劇場公開となります。

この度、本作の主演を務める堤真一のメッセージ入り特別予告映像が解禁となりました。

余命宣告をされた元教え子・斎藤智之の「もう一度野球がやりたい」という最後の願いを聞いて、かつての“情熱”が動き出そうとしている様子が小渕隆の表情から読み取ることが出来ます。また、「もう一度、会いたい人はいませんか?」と優しく語りかける堤真一の声に合わせて、グラウンドにゆっくりとお辞儀をする後ろ姿がとてもマッチした、涙を誘う映像となっており、ますます本作の公開に期待が高まります。



映画情報どっとこむ ralph また、4月19日(金)より全国の上映劇場(一部の劇場を除き)にてムビチケが販売されることが決定いたしました!
ムビチケの特典としてオリジナルミニタオルもつき、必見のアイテムとなっています!

<ムビチケ情報「汗と涙をふこう☆オリジナルミニタオル」付きムビチケカード>

1,400円(税込)
4月19日(金)より一部の劇場を除く全国の上映劇場にて販売開始!

映画情報どっとこむ ralph 映画『泣くな赤鬼』
その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と再会する。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。

物語・・・
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな。」 赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。

***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会