「島津健太郎」タグアーカイブ

マダム信子の波乱の半生を描く『やまない雨はない』予告編


映画情報どっとこむ ralph スイーツ界のカリスマ、マダム信子の波乱の半生を描く『やまない雨はない』は、12月2日(土)より109シネマズ箕面にて大阪先行ロードショーとなりますが、この度、予告編が到着しました。



今や大阪を代表するスイーツとして全国で愛され、常に予約殺到の「マダムブリュレ」は「MADAME SINCO」のマダム信子が開発したバウムクーヘン。各メディアにおけるスイーツ特集でも軒並み首位を獲得する大ヒット商品がどのようにして誕生したのか?

マダム信子の波乱万丈に富んだ半生を辿りながら、「やまない雨はない」を信条に強い気持ちを忘れずに苦難を乗り越えた末に誕生した「マダムブリュレ」の秘話と共に、彼女の芯の強い生き様を描いています。

謂れなき差別と貧困に耐えた少女時代、財産と共に掛け替えのない物を失った大人の信子が、二人三脚でここまで歩んできた川村幸治との出会い、そして洋菓子店を開店してから今にいたるまでの人生は実話ながらあまりにもドラマチック。

「マダムブリュレ」は、そんな人生を歩んだ信子だからこそ作ることができた珠玉の逸品であることが映画を観て確かめてみて下さい。

マダム信子役を演じるのは既に40年弱のキャリアを誇る名女優、川上麻衣子。

パートナーの幸治役を演じるのはドラマ、映画で大活躍の永井大。

そしてマダム信子自身も銀座の老舗クラブのママ役で銀幕デビューを果たしています。

監督・脚本は、映画『トラ・コネ ~Triangle Connection~』の北﨑一教。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー

島根県で生まれた川村信子(後のマダム信子)は、生活は貧しく、ちゃんとした食事にも事欠いていた。家族は大阪に移るが、小

学生の信子は、貧しさゆえに、同級生、教師にもバカにされる。彼女の心にめばえた「早く大人になってバカにしたやつを見返してやりたい」という想いは強く、18歳で水商売の道に入り、38歳で銀座にクラブシンコをオープン。その時、バイトの面接に来た幸治と出会い、彼のひたむきさに惹かれ、やがて心から信じられる人になり結婚。
大阪に移り、焼き肉店をオープンするが、狂牛病事件で、大打撃を受けた上に、店が放火されるという悲劇に見舞われる。心が折れそうな日々が続く信子だが、幸治の励ましで、信子は立ち直り、スイーツの店「マダムシンコ」をオープンさせる。だが、パティシエとの衝突、退職など、店の経営はなかなかうまく軌道に乗らないが、「試練はチャンスの前触れ、乗り越えた人にはきっとチャンスが待っている」と信子は信念で、乗り越えようとする。

***********************************



出演:川上麻衣子 永井大 マダム信子 島津健太郎

原作/「やまない雨はない」マダム信子 (KKロングセラーズ)

監督・脚本:北﨑一教/制作:ベック/製作:カウカウフードシステム/配給・宣伝・制作協力:アイエス・フィールド

2017年/日本/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/95分

©2017「やまない雨はない」製作委員会


マンパワーでみせるアクション映画『忍者狩り』初日舞台挨拶


先日行われました第39回モントリオール世界映画祭(会期:8/27~9/7現地時間)「Focus on World Cinema」部門に出品し、大きな話題となりました映画『忍者狩り』。

第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭(2015)にも正式出品され大きな話題を呼びました。特集上映企画「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション」史上初、本場からの逆輸入上映も話題となっております。

この度、公開初日に本作のキャスト三元雅芸さん、黒川芽以さん、島津健太郎さん、辻本一樹さん、千葉誠治監督が登壇した初日舞台挨拶が行われました。

忍者狩り
『忍者狩り』初日舞台挨拶画
日程:10月5日(月)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇者(敬称略):三元雅芸、黒川芽以、島津健太郎、辻本一樹、千葉誠治監督

MC:本日皆様にご覧いただきます映画『忍者狩り』は、今年で4度目の開催となります特集上映シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションにて上映される、初の邦画作品です。※登壇者入場と共に、大きな拍手が上がる。

三元さん:本日は数ある映画の中から『忍者狩り』公開初日にお越しいただき、誠にありがとうございます。いかがでしたか?―会場拍手―ありがとうございます。トークも楽しんでいただければと思います!よろしくお願いします。
三元雅芸
黒川さん:朝から…あ、昼、もう夕方か(笑)。ご覧いただきありがとうございました。激しいアクションの作品を観た後なので、街中で戦いたくならないように気を付けて下さい。
黒川芽以
島津さん:今日は土曜の昼間から、足をお運びいただきありがとうございます。僕は関西出身なのですが、監督から関西出身の人とは相性が良いと言われたので今日この場に居られて嬉しいです。
島津健太郎
辻本さん:皆さん数ある映画の中から…ん聞いたことあるな(笑)。ありがとうございます。楽しんで下さい、よろしくお願いします。
辻本一樹
千葉さん:皆さんお越しいただきましてありがとうございます。僕はボケませんよ(笑)。台本を書いたのが4、5年前でしょうか、長い期間かけて皆様の前に出られて良かったです。お越しいただいた皆様に感謝しています。
千葉誠治監督
MC:ものすごいアクション!?リハーサルはどのくらいやられましたか?また難しかったシーンなどありましたらお教え下さい。

三元さん:アクションは大好きなので、やりがいがありましたが時間があまりなかったです。全体で4日?島津さんとは2日位でした。辻本さんにいたってはその場で動きを付けられたりしていましたよね?

島津さん:そうそう、辻本さんは剣の達人なのにあまりアクションシーンがなくて「もっとやらせろ」って言ってましたよ(笑)。一度稽古を見に来たんですけど、自分ができないもんだからしびれをきらして帰っちゃった。

忍者狩り_初日舞台挨拶6 辻本さん:すごいチャレンジングなアクションをつけているから、僕もやりたかったんですよ!しかもみんなすごい楽しそうにやるから、帰っちゃいました(笑)。

三元さん:古武術を基にしたアクションなどが沢山あって、今までの経験ではできないところが沢山あり、新しいチャレンジでした。島津さんケガもしましたよね?

島津さん:手の指にひびが入って、曲がるようになったのはつい最近ですよ、ホントに(笑)。アクションではゴム製の剣を使うことが一般的ですが、細くした木刀を使ってますからね。普通はあまり使わないですし、長回しなので命がけですよ!立ち回りを長くやってきている人間からすると、簡単にプロフィールに特技:アクションなんて書いてあると、「なんだよっ」て思うこともあります!本気の立ち回りができるうちらを使ってくれる千葉監督には感謝です!

三元さん:なんの話ですか!


MC:ありがとうございます。劇中も紅一点の黒川さんにもお話を伺いたいと思います、くのいち役を演じられていかがでしたか?

島津さん:本当に芽以ちゃんセクシーでした!

黒川さん:昔の人の方が色仕掛けとか沢山あったんじゃないかと思って、そのあたりも気にしながら演じました。

島津さん:芝居じゃなくて、本気で好きになっちゃいそうでした。

忍者狩り_初日舞台挨拶7
黒川さん:アクションもすごいですけど、少しずつ違ったセリフなどで展開される謎解きの部分も楽しんでもらえるといいなと思います。

三元さん:セリフもそうですが、動きが少し違うアクションを重ねたりするのも大変でしたね。

辻本:いいよなー、そんなにアクションできて(笑)。

MC:千葉監督の演出などはいかがでしたか?

千葉監督:アクション映画は時間とお金がかかって皆やりたがらないけれど、僕のアクションに必要なキャストが揃ってくれたので、「これでもか!そんなにアクションやらせなくても」ってくらいやってもらいました。

忍者狩り_初日舞台挨拶2
島津さん:暗い洞窟の中で、長い時間アクションをやっているとなんだかおかしくなってくるんですよ。特に千葉組の最終日はいつも一日が30時間位に感じるくらいアクションをやらせるんです。これだけのアクションで忍者というテーマだと、海外映画祭から声がかかるのもわかりますよ。

三元さん:CGやワイヤーだけに頼らない、マンパワーでみせるアクションですよね。

千葉監督:『エイリアンVSニンジャ』が海外で評価されたのもあって、アナログでみせたいっていう思いは強いです。

辻本さん:アナログでもものすごいアクションをやれる!できるってことをアピールできた作品だと思います。

島津さん:千葉監督に大きな予算の映画化オファーが来るんじゃないですか?

MC:ありがとうございました。まだまだお話を伺いたいところですが、
最後に一言〆のコメントをいただければと思います。

三元さん:改めて本日お越しいただいた皆様、ありがとうございます。公開を迎えて映画は僕らの手を離れますが、皆さんの応援、声援で映画が成立します。ご覧いただき、お面白いと思っていただいた方は、ぜひお持ちのSNSなどで、広めていただければと思います。よろしくお願いします。

千葉監督:ご覧いただくとアクションだけでなく謎解きの要素があることもわかっていただけたと思います。二度目にご覧いただくときそこに注目していただきたいのと、個人的には物語の裏に、芽以ちゃんと辻本さんのサブストーリーも考えています。タイムリープものでもあるので『忍者狩り ゼロ』といった企画も考えています。企画が通るかは興行次第だと思いますので、応援よろしくお願いします!

忍者狩り_初日舞台挨拶
『忍者狩り』も上映している「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」は本日よりヒューマントラストシネマ渋谷他で開催しています。

公式HP:http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/
Twitter:@sitges_fanta
Facebook:https://www.facebook.com/sitgesfanta

********************************************************************



斎藤 工が愛する者を守るため、再び刀を抜いたー『虎影』予告編が解禁


斎藤工さんと特殊造形プロデューサー西村喜廣監督がタッグを組んだ

映画『虎影

は、6月20日(土)より新宿武蔵野館他にて全国ロードショーとなります。

そして、この度、予告編が解禁となりました!



冒頭「かつて、最強の名を欲しい侭にした一人の男がいた。」というナレーションで始まり、斎藤 工さんが演じる虎影と、里の片隅で静かに暮らす月影、そして5歳になる息子の孤月のシーン。

ある日、忍者首領が財宝を手に入れるため、息子を人質にとり、夫婦二人、再び任務に就くことに。

かつて最強と言われた男が再び刀を抜き、愛する人を守るため、命がけで財宝を奪いに行きます。

虎影_斎藤工
メガホンをとるのは、『東京残酷警察』『ヘルドライバー』や、映画『進撃の巨人』などで、日本映画に稀な実写とCG、アクションの融合を成功させた西村喜廣監督。

以前から親交の深い西村監督とのお仕事は、どうだったか斎藤さんに尋ねると

斎藤さん:色々と厳しい現場になる事は企画段階から想像出来ましたが、監督の向かっている方向は常に明確だし、我々スタッフ・キャストにそれを提示してくれているので、我々は至ってシンプル、個々がすべき事をやれば良いだけでした。

と。そんな彼が監督のもと迫真のソードアクションも存分に披露している

虎影

6月20日(土)より新宿武蔵野館他にて全国ロードショーです!

http://torakage.com/

********************************************************************


出演:斎藤工 芳賀優里亜 しいなえいひ 津田寛治
石川樹 鳥居みゆき 島津健太郎 三元雅芸 清野奈名 水井真希
屋敷紘子 三田真央 松浦りょう 仁科貴 村杉蝉之介

原作・監督・編集・脚本・特殊造型監督・キャラクターデザイン:西村喜廣

配給:ファントム・フィルム 
(C)「虎影」製作委員会