「峯田和伸」タグアーカイブ

素敵なダイナマイト級!大和撫子な女装・柄本佑に思わず“きゅん”!?ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」、「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。

本作の公開日が、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年3月17日(土)に決定しました。

本作は、7歳の時に隣の若者とダイナマイト心中した母を常に心のどこかで意識しながら、青年時代の末井がキャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、優しい妻、魅力的な愛人、才能溢れる先輩やカメラマンたちと出会い、伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春映画です。

スキャンダルな内容故に発禁と創刊を繰り返しながらも数々の雑誌を世に送り出し、70〜80年代のサブカルチャーを牽引した伝説の編集長であると同時に、パチンコジャーナリスト“ゴンゾーロ末井”として出演した「女装振袖姿の“玉きゅん”CM」でもお馴染みの末井昭氏。

「女装をする時は、女性用の下着をつけると気持ちがはいっておすすめだよ」

という末井氏本人のアドバイスに従って撮影に臨んだ、柄本佑による「女装振袖姿」が衝撃的なティザービジュアルが解禁!

ティザービジュアルには先日解禁となった、柄本演じる“末井昭”取り巻く素敵な人々を演じる前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子の名前も並びます。
幼くして母が心中(しかもダイナマイトで爆発)するという壮絶な体験をした末井は、いかにして伝説の編集長になったのか? これを観ずして、日本のサブカルチャーは語れない!! 映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」は2018年3月17日(土)よりテアトル新宿、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

お母さんが隣の若い男と「ダイナマイト心中」という嘘のような実話をもつ雑誌編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化!

立て!男のエキサイトマガジン「ニューセルフ」、感じる映画雑誌「ウィークエンドスーパー」、35万部の発行部数を誇った「写真時代」など、発禁と創刊を繰り返しながら数々の雑誌を世におくりだした稀代の雑誌編集長の青春グラフィティです。

2018年3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!     

公式HP:
dynamitemovie.jp

***********************************

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重豊 村上 淳 尾野真千子 ほか

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊
音楽:菊地成孔 小田朋美
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
   


『素敵なダイナマイトスキャンダル』〝ピー〟音入りの刺激的な特報が解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『素敵なダイナマイトスキャンダル』前田敦子、三浦透子、尾野真千子の豪華女優陣に加え、一癖も二癖もある男優陣が参戦!
柄本佑演じる、伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭の、若き時代の同志役に峯田和伸、毎度お世話になる刑事役に松重豊、寡黙な父親役に村上淳。
70〜80年代の狂乱のカルチャーシーンをチラ見せする、刺激的な特報が解禁!!

伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。本作の公開が、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年の3月テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!

前田敦子、三浦透子、尾野真千子の豪華女優陣の発表がありましたが、今回は男性陣キャストと特報が解禁です。


キャバレーの看板描きに情熱を燃やす末井青年の同志となる近松役に、峯田和伸。末井青年と共にアングラ芸術に燃える同志としてその個性を最大限に発揮しています。

また、エロ雑誌の編集長となった末井を度々署へ呼び出し、ヌード写真にダメ出しをする諸橋係長役に、松重豊。

訛りのある淡々とした語り口でエロ写真を細かく指摘する姿を好演、観る者の笑いを誘います。

さらに、末井の父親にして嫁が隣家の青年とダイナマイト心中してしまう末井重吉役に、村上淳。

何を思っているのかほとんど喋らない田舎の父親を、圧倒的な存在感で演じています。

映画情報どっとこむ ralph 男性陣からコメントが届いています!

【伝説の雑誌編集長:末井昭(すえい・あきら)役】 柄本 佑(30) コメント

峯田さん、松重さん、村上さんとは同じ映画に出ていても、絡みがしっかりとあるシーンというのは今回が初めてでした。撮影時はとても充実した時間を過ごしたのですが、家に帰るとドッと疲れたのを記憶しています。
紛れもなく笑い疲れです。ありがとうございました。

【若き時代の同志・近松さん役】 峯田和伸(39) コメント

撮影が始まり、主演の柄本佑さんのどんより濁った黒い瞳をみて、僕はうっとりとしました。言い知れぬ色気がありました。だから僕はそのままその気持ちを身体にのせて、静かに、だが太い幅の小便を勢いよく壁にぶつけるように、柄本さんに、この作品にぶつかっていったんだ。
今の世に放たれるべくして放たれる映画だと思います。

【毎度お世話になる刑事・諸橋役】 松重豊(54) コメント

いい意味で、映画の内容とシンクロして、猥雑な現場だったような気が。エロ本が散乱してて。今回演じた諸橋役は、妙な訛りがある人なんですが、監督から特定の方言ではなくという指定があり、なんかテキトーな人物で演じたと思います。柄本佑くんは、ひと月前に、今回と同じロケ現場で柄本明さんと撮影してまして、ま、関係ないですけど、素敵なダイナマイト親子だな、と。

【寡黙な父親・重吉】 村上淳(44) コメント

ようやく念願の冨永組に参加することができました。驚きとシンプルな興奮の連続でした。それは監督の緻密で高い演出。要求。かつ妥協もしないという。本作はこのことがきちんと写っている。主演の柄本佑くんのスクリーンでの在り方の素晴らしさ。どうぞよろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル
―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

お母さんが隣の若い男と「ダイナマイト心中」という嘘のような実話をもつ稀代の雑誌編集長・末井昭氏
の生い立ちをベースにした青春グラフィティ。

2018年3月 テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!
 
公式HP:dynamitemovie.jp

***********************************

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子 ほか
監督・脚本:冨永昌敬  原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊   
音楽:菊地成孔 小田朋美  
配給・宣伝:東京テアトル
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
     


リリー・フランキー as クマ 障害者の性について語る映像公開『パーフェクト・レボリューション』


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。 『パーフェクト・レボリューション』 リリーがモデルの熊篠⽒にソックリ︕︖ ユーモアたっぷりに障害者の性について語る映像公開。
主演リリー・フランキー、ヒロイン清野菜名が体当たりの演技で挑んだ、実話を基にした映画『パー フェクト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕障害者はただの人間なんです!」。

この度、本編映像が公開!クマがトーク&サイン会で、障害者の性についてユーモアたっぷりに語ります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、公開された本編映像は、クマとミツが運命の出会いをする、クマの出版記念トーク&サイン会のシーン。


「僕のこれまでの人生は、常に戦いの歴史でした」

と始まり、続けて、⾃分の障害は、“脳性麻痺と異常に豊富な男性 ホルモン”と、会場の笑いを誘うクマ。“おそらく、騎乗位を発明したのは障害者ではないか?”と障害者あるあるのネタも 披露しながら、あらたな挑戦は、障害者に対する誤解を解くこと、と語る。よくある誤解について、しゃべっているだけで言語障害はないんですね?と驚かれ、下ネタを言うと、サーっと人がひいていく、と淡々と述べる。

「障害のレベルは人によっ て様々。その中でみんなが戦っている。 身体障害者だって恋をするし、オナニーもするし、セックスだってしたいんです。障 害者は、新種の怪物やごみなんかじゃない。ましてや聖⼈君主なんかじゃない。障害者はただの⼈間なんです。」

と主張 するクマに、会場に入ってきたミツが質問をしようと手を挙げる。
こんな出会いから、クマとミツのハチャメチャだけど純粋な、 “最強のふたり”のラブストーリーが始まることに。

企画・原案の熊篠慶彦氏の活を再現したシーンだが、リリー・フランキー演じるクマについて、熊篠氏本人が、自分似ていると驚き、
「遠巻きに⾒たら脳性麻痺のおっさんになっていましたよ」

と太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら


パーフェクト・レボリューション
公式サイト:perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
      


障害者も性欲もあるし恋愛もしたい。『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 障害者への理解を求める活動を続ける熊篠慶彦さんの実体験をもとに、車椅子生活を送るクマ(リリー・フランキー)と、精神に障害のある美少女・ミツ(清野菜名)のハチャメチャな恋を描いた幸せエンターテインメント映画『パーフェクト・レボリューション』が9月29日(金)TOHOシネマズ新宿他にて全国公開となります。

この度、公開に先立ち、9月7日(木)に舞台挨拶付き完成披露試写会が行われ、リリー・フランキーさん、清野菜名さん、小池栄子さん、松本准平監督、熊篠慶彦さんが登壇。

そして!リリーさん自ら「『BABY BABY』を使わせて欲しい」とオファーした峯田和伸(銀杏BOYZ)さんがサプライズの花束ゲストとして登場いたします。

『パーフェクト・レボリューション』 完成披露試写会 舞台挨拶
日時:9月7日(木)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:
リリー・フランキー、清野菜名、小池栄子
松本准平監督、熊篠慶彦(企画・原案)、峯田和伸さん(銀杏BOYZ)

映画情報どっとこむ ralph リリーさん:沢山の方に来ていただいて、モデルの熊篠君が今日来ていて。ハワイの市長みたいだね。

熊篠さん:暑い予定だったんでね。

リリーさん:そう、足元のお悪い中いらっしゃっていただいてありがとうございます。

と、最初から息の合ったお二人。実は二人は10年前からのお知り合いだそうで

リリーさん:ノアールと言う団体で活動されている、当たり前ですけど障害者も性欲もあるし恋愛もしたい。なんで、それを声高に言わなきゃいけないか。それは健常者がそう思っていないずれがある。その活動に共感して・・・。でも、なかなか伝わらない。映画自体は面白いエンターテインメントですが、こうやって皆さんに聞いていただけるのは嬉しいですね。

役作りなどを聞かれると・・・

リリーさん:映画になると聞いて何か手伝いたい、トークイベントでも何でもいいからと思ったら熊篠君の役で。もともと知ってる人なんで役作りは苦労しなかったですね。電動車いすの使い方は練習しました。1台欲しいなと今思ってます。ずっと、車いすに座ってたんで、今日菜名ちゃんと立って並んだら違和感です。

そう言われた清野さんは、今回の役のオファーの時に監督から台本とお手紙をいただいたそうで

清野さん:初めて監督にお手紙をいただいたんで嬉しくて。台本読んだら面白くて。頭の中で勝手に動き出してて興味しかなくて。実際楽しみました。
手紙をもらえなかった、リリーさんと小池さんは不満げ。

映画情報どっとこむ ralph 介助師役の小池さんは

小池さん:クマを家族のように思いながら寄り添って居る役。そこにミツが来て、だんだん愛がはぐくまれていく様子が楽しかったですね。
リリーさん:僕、お風呂入れてもらいました。小池栄子に髪を洗ってもらうのは、ある意味男として上がりです!(笑)
本作のモデルでもある熊篠さんはリリーさんが自分にそっくりで、

熊篠さん:遠目に見たら、脳性まひのおっさんにしか見えない。形態模写みたい。

リリーさん:プロの人に褒めてもらえると嬉しいです。

小池さん:二人は居心地の良さが似てますよ。ゆるい空気感ですね

印象に残ったエピソードを尋ねられると、3人とも

小池さん:海のシーン。結構でしたよ。

リリーさん:3人で2月の海に。

監督:小池さんが率先して入って行って、男前だなーと。

清野さん:本当に寒かったですね。

と、雪予想の日に海に入るという監督の鬼演出エピソードが暴露されました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、リリー・フランキー自ら「『BABY BABY』を使わせて欲しい」とオファーした峯田和伸(銀杏BOYZ)さんがサプライズの花束ゲストとして登場
峯田さん:リリーさんからメール来て、お願いしまーす!って返しました。

リリーさん:もともと使う予定だった曲は使用料が高くて。。。メールしたら7秒ぐらいで返ってきて。

と、驚きのエピソードを明かしました。


最後に・・
清野さん:内容が暗いかなと思うかもしれませんが、楽しくハッピーな映画になってますので、構えずに楽しんでください!

リリーさん:障害者テーマだと、重いんじゃないかと。思われがちですが。熊代君も監督もそこじゃなくて。障碍者が主人公の映画でもポップなもの。そういうのが不謹慎だという方もいらっしゃるかもしれませんが、それこそが差別だと思います。日本じゃなかなかったものになっています。レボリューションだと思います!

最後は、劇中クマの電動車いすにミツが乗って疾走するシーンを再現!
清野さんが熊篠さんの車いすに乗って退場しました!


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。
無謀だなんて、誰が決めた?

泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。

パーフェクト・レボリューション』 

公式HP 

9月29日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開!

***********************************

配給:東北新社
レイティング:PG12
117分
(C)2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
   


終始、多部未華子を綾野剛がサポート『ピース オブ ケイク』初舞台挨拶


本日、9月5日初日を迎えた『ピース オブ ケイク』の舞台挨拶が行われ、多部未華子、綾野剛、木村文乃、光宗薫、柄本佑、峯田和伸と田口トモロヲ監督が登壇しました。

緩めなトークに続き、ピースオブケークという題名にあやかり、キャストの皆さんがそれぞれ自分のワンピースのケーキにデコレーション!舞台上で1ホールのケーキに仕上げました。
ピースオブケイク初日舞台挨拶 日付:9月5日
場所:新宿バルト9
登壇者:多部未華子、綾野剛、木村文乃、光宗薫、柄本佑、峯田和伸
    田口トモロヲ監督    
多部さん:本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。本当に嬉しいです。演じてみて・・・次こそは失敗しないともいながらも恋愛しちゃうとか。共感できるところが多かったので、良かったかなと思います。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_多部未華子
綾野さん:ありがとうございます。上映後と言うことで皆さんの良い時間になればいいなと思います。王道のラブストーリは初めてだと思います。今回も実は王道ではなくて、めんどくさい参考にしちゃいけない役で。何が正解かわからないでいます。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_綾野剛
木村さん:お早うございます。きょうは朝から柄本さんの京志郎化が気になってしょうがありません。奈々子役だったので丁度いいなと。悩んでる多部さん可愛かったので。良かったです。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_木村文乃
柄本さん:おれ?ひげだけだよ。
ピースオブケイク初日舞台挨拶2
光宗さん:原作ファンで。恋愛ではめんどくさい感じですけど。人として共感できるところが多々あって。ワンクッションおかないと人に気持ちを伝えられないところは凄く共感です。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_光宗薫
柄本さん:昨日雨だったので、今日大丈夫かなと思ったら晴れて。お足元が良い中ありがとうございます。綾野さんとは一瞬しかあっていないですが。現場は仲良かったですね。全然関係ない話をずっとしてました。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_柄本佑
峯田さん:無事映画が出産日を迎えられて嬉しいです。普段は音楽本職なので。映画の現場楽しかったです。
ピースオブケイク初日舞台挨拶峯田和伸
田口監督:早い時間から見ていただいてありがとうございます。映画は面白かったでしょうか!(盛大な拍手)拍手いただいて幸せです。クロストークを聞いていてこれほど凸凹な人たちが集まっていたのかと。本当に個性的な面々にそれぞれ演出しました。(突然泣き出したあかちゃんに)いないいないバ~ ちょっと昭和的なのが出てしました。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_田口トモロヲ監督2
MC:人を好きなるって・・

多部さん:難しいですね。人を好きになるって・・・なんだ!?
綾野さん:サガじゃないですか?
多部さん:・・・・・タイミング。全部。
綾野さん:お客さん共感できる人多いんじゃないですか?(大拍手)

MC:ここで、1つ1つのケーキにデコレーションしてもらいました!ここで多部さんと綾野さんのケーキを

多部さん&綾野さん:せーの!
多部さん:人が出ますね。
綾野さん:僕はイチゴタルトが好きなので。
ピースオブケイク初日舞台挨拶k-木
最後に、
田口監督:映画はお客さんに観られてやっと完成するものです。最終的な完成に向けてお客さんのみなさんに完成させていただきたいともいます。
ピースオブケイク初日舞台挨拶_田口トモロヲ監督
公開情報 :9月5日(土)全国ロードショー!

公式サイト:http://pieceofcake-movie.jp/

********************************************************************


物語・・・
エモーショナルな恋愛漫画の名手・ジョージ朝倉による同名コミックを原作に、これまで『アイデン&ティティ』『色即ぜねれいしょん』と、ほろ苦い男子の青春を描いてきた俳優・田口トモロヲが監督3作目にして女子の“リアル恋愛”に挑む!

ピースオブケイク 「仕事も恋愛も、もう、ちゃんとしたい!」という失敗続きの恋ベタ女子・志乃には多部未華子。情にもろくて優柔不断、でもどこか憎めない京志郎に綾野剛。そんな2人が本気で恋をして、ぶつかって、翻弄される姿は必見!そこに、物語を盛り上げる超豪華キャスト・スタッフが大集結。さらに、若い女性から支持を得る加藤ミリヤが、劇中歌も担当する峯田和伸と歌う主題歌「ピース オブ ケイク -愛を叫ぼう-」が映画のラストに心地よい余韻を与える。
このまま、突き進んでいいの?これってホンモノ…?!甘く可笑しくそしてちょっぴり切ない恋愛模様に、誰もが共感する事間違いなし!
本当の恋はキレイごとばかりじゃない。だから楽しい!カッコ悪いことも、間違っちゃうことも全部描いた、本気の恋がしたくなるラブストーリーの誕生です!

監督:田口トモロヲ

原作:ジョージ朝倉『ピース オブ ケイク』(祥伝社 フィールコミックス)
脚本:向井康介
音楽:大友良英
主題歌:「ピース オブ ケイク ―愛を叫ぼう―」 加藤ミリヤ feat.峯田和伸 (Sony Music Labels)
出演:多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸
製作:「ピース オブ ケイク」製作委員会
配給:ショウゲート
© 2015ジョージ朝倉/祥伝社 /「ピース オブ ケイク」製作委員会