「岸部一徳」タグアーカイブ

野尻克己 劇場映画初監督作品『 鈴木家の嘘 』 ティザービジュアル・予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開することが決定いたしました。

公開日決定に合わせ、ティザービジュアルおよび30秒予告が完成しました。

“作家主義” “俳優発掘” をテーマに『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)、『ピンカートンに会いにいく』(坂下雄一郎監督)などを生み出して来た松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる『鈴木家の嘘』。本作は、橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己さんの劇場映画初監督作で、脚本もみずから手掛けたオリジナル。

鈴木家の家長である父・幸男役に岸部一徳さん、母・悠子役に原日出子さん、ひきこもりの長男・浩一役に加瀬亮さん、鈴木家の長女・富美役に、ワークショップを経て400名もの応募者から選ばれ、瀬々敬久監督作『菊とギロチン』でもヒロインを務める新星・木竜麻生さん。そのほか、岸本加世子さんや、大森南朋さんら演技派が脇をかためています。

30秒予告では、ひきこもりの長男・浩一の死にショックを受け、記憶を失った母に「お兄ちゃん、ひきこもりやめてアルゼンチンで働いてる!」という衝撃の嘘をつく場面からはじまる。母のために嘘をつく鈴木家だったが、嘘を積み重ねていくにつれ、家族それぞれ胸の内に隠していた長男への想いが溢れ出していく。家族が向き合い一歩ずつ前に進もうとする様子が観る者の胸を熱くする30秒予告となっている。



映画情報どっとこむ ralph この度解禁となったティザービジュアルでは、テーブルを囲む鈴木家が写し出され、母一人笑顔を見せる一方、他3人には複雑な空気が漂う。

しかし、

“母の笑顔を守るため、私たちは嘘をつく。”

というコピーは、なにかを決意した父と長女の表情を際立たせ、鈴木家のこれからの未来を想像させるビジュアル。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木家の嘘

11月16日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:
www.suzukikenouso.com


あらすじ
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。

ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、

悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮  岸本加世子 大森南朋
製作:松竹ブロードキャスティング

制作プロダクション:ハーベストフィルム 
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド 
©松竹ブロードキャスティング


吉永小百合120本目の映画出演『北の桜守』


映画情報どっとこむ ralph 吉永小百合120本目の映画出演。
北の大地を懸命に生きた親子の物語

『北の零年』(05)、『北のカナリアたち』(12)に続く“北の三部作”最終章となる今作。戦後貧しさと飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と息子が、十数年の空白を経て再会し、失われた記憶を巡る旅に出る。

厳しくも温かい愛情を息子に注ぐ母・江蓮てつを演じるのは吉永小百合。苦難を乗り越え米国でビジネスに成功し、老境に入った母と再び共に暮らすことを決める息子・江蓮修二郎役を堺雅人が演じる。物語の主軸となるふたりは、今回が実写初共演となります。

ふたりに加えて銀幕を彩るのは、修二郎の妻・江蓮真理役の篠原涼子。戦後、闇米屋の仕事をてつたちに与え生活を助ける菅原信治役に佐藤浩市。てつの夫・江蓮徳次郎役には阿部寛と、昨今の日本映画界を代表する面々が顔を揃えた。さらに高島礼子、中村雅俊、笑福亭鶴瓶、岸部一徳といった実力派たちが、物語に厚みを加える。


映画情報どっとこむ ralph 監督は滝田洋二郎。
『おくりびと』(08)で世界を沸かせた名匠が、吉永と初めてタッグを組む。脚本を手掛けるのは“北の三部作”の全作品を手掛ける那須真知子。舞台演出としてケラリーノ・サンドロヴィッチが名を連ね、てつの心象風景を演劇的に表現する。また音楽は小椋佳と星勝が担当し、撮影監督には浜田毅と、各界の第一人者が集結した。

物語の舞台となる北海道は、本作が公開される2018年に命名150周年を迎える。この記念すべき年に向けて、今作では四季折々の北海道で縦断ロケーションを敢行。壮大な風景をスクリーンに焼き付ける。

日本映画界を代表するキャスト・スタッフが紡ぐ、“親子の物語”。
2018年3月10日(土)公開です。

公式サイト:
www.kitanosakuramori.jp

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・

北へ北へ
失われた記憶に向かって
二人は歩き続けた

1945年、南樺太に一輪の桜が咲いた。やっと咲いたその花は、江蓮てつたち家族にとって希望の花のはずだった・・・。その年の8月、ソ連軍の侵攻が起こる。てつは息子二人と共に樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走へと辿り着く。そんな満身創痍の親子を待っていたのは想像を絶する過酷な生活だった。意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓、その中を親子は懸命に生き抜くのだった。

1971年、成長した次男の修二郎は米国で成功し、日本初のホットドックストアの日本社長として帰国。15年ぶりに網走を訪れた。そこには長男の姿はなく、一人、夫を待ち続けながら慎ましい生活を送る年老いたてつの姿があった・・・。修二郎はてつを札幌へと連れ帰り、面倒をみる決意をする。

息子夫婦と暮らし始めたてつだったが、薪を使い米を炊き、近所から苦情を受けたり、金を払わず八百屋から葱を持ち去ろうとするなど、徐々に不可解な行動が目立つようになる。年老いたてつは、戦禍によるPTSDの後遺症に陥っていた。そして、てつ自身もその変化を自覚していく・・・。 

そんなある日、てつが突然、姿を消す。立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと思い、一人、網走に戻ろうとしたのだ。だが、網走の住宅はすでに取り壊されていた。帰る場所を失ったてつ。てつのために一緒に寄り添いたいと思う修二郎。二人は、北海道の大地を巡る過去への道行を始める。その旅は、親子の抱える禁断の記憶の扉を開けてしまうのだった。 

***********************************

吉永小百合
堺 雅人
篠原涼子  
岸部一徳 高島礼子 永島敏行 笑福亭鶴瓶 中村雅俊
阿部 寛  佐藤浩市

監督/滝田洋二郎
脚本/那須真知子  舞台演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ  音楽/小椋 佳 星 勝  撮影監督/浜田 毅 

「北の桜守」製作委員会/東映 テレビ朝日 木下グループ 東映アニメーション 博報堂 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ 東映ビデオ 朝日放送 ジェイアール東日本企画 朝日新聞社 読売新聞社 北海道テレビ メ~テレ 九州朝日放送 北海道新聞社 イノベーションデザイン 静岡朝日テレビ 広島ホームテレビ 東日本放送 新潟テレビ21  協賛/ANA ロケーション協力/稚内市 網走市 特別協力/JR東日本  JR北海道

©2018「北の桜守」製作委員会
    


長瀬智也xディーン・フジオカx高橋一生「空飛ぶタイヤ」特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 池井戸潤による大ベストセラー小説を長瀬智也主演で。

​共演にディーン・フジオカ、高橋一生で紡ぐ映画「空飛ぶタイヤ」。


その特報30秒が解禁となりました!​

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査を開始するところから物語は始まります。

この度解禁となった初映像では、赤松徳郎、トレーラーの製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)、ホープ自動車のグループ企業であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、巨大企業の闇にそれぞれの立場で迫っていく姿が描かれています。​

そして・・・深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼…豪華すぎると話題のキャストも勢ぞろいしています。

映画情報どっとこむ ralph 日本でいちばん熱くかっこいい男たちが織りなす、世紀の大逆転エンタテインメントを是非ご期待ください。​




特報とともに、ティザーポスター・チラシが解禁となりました!!が・・・

こちらはジャニーズさんなのでWEB NG なので、確かめたい方は劇場へGO!​

映画情報どっとこむ ralph 『空飛ぶタイヤ』​

物語・・・
よく晴れた日の午後に、1台のトレーラーが起こした脱輪事故。​
事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は警察で信じられないことを聞く。​
突然タイヤが外れた、と。​
整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。​

ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、​また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、​グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。​
突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”。

過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。​

果たしてそれは事故なのか事件なのか。​
男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。​
日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転劇!!!​

2018年6月15日(金)反撃開始!​

公式サイト:
soratobu-movie.jp​
公式twitter:
https://twitter.com/soratobu_movie​
公式Facebook:
https://www.facebook.com/soratobu.movie/​

***********************************

原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』 (講談社文庫、実業之日本社文庫)   ​
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、​阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ほか​
監督:本木克英​
脚本:林民夫​
音楽:安川午朗​
撮影:藤澤順一​
照明:長田達也​
美術:西村貴志​
録音:栗原和弘​
編集:川瀬功​
装飾:湯澤幸夫​
配給:松竹​
制作スケジュール:2017年4月末クランクアップ、現在編集作業中、2018年春完成予定​

公開: 2018年6月15日(金)反撃開始!​
©表記(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会​


北野武監督他強面勢ぞろい『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 北野 武監督18作目『アウトレイジ 最終章』が10月7日全国公開となります。

その公開に先立ち、9月25日(月)にジャパンプレミアが行われ・・・

北野武監督を始め、総勢13人の強面、西田敏行さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、塩見三省さん、白竜さん、名高達男さん、光石研さん、池内博之さん、金田時男さん、岸部一徳 が登壇!

ド迫力のジャパンプレミアとなりました!

『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミア
日時:9月25日(月)
場所:イイノホール
登壇:北野武監督、
西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、
塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳

映画情報どっとこむ ralph 関西【花菱会】からご挨拶!
西田さん:ようこそおいでいただきました。今日お集まりの方たちは、抽選でタダでご覧になられる運のいい方です。是非宣伝する義務が生じます(笑)。ちょうど、頸椎と胆のうの治療から退院した時にお話をいただき最終章に出演できました。塩見君と共にリハビリしながら撮影しました。北野監督に支えられて花菱会を盛り立てられました!振り向けないので体ごと振り向いているので、そこも楽しんでください。

大杉さん:中年の域を超えた俳優が集まり、北野監督の元戦えたのが、緊張感をはらんだ怖い現場でした。とても良い作品になりました。

塩見さん:北野武監督と前作に続いて仕事が出来たこと、最高の時間でした。『アウトレイジ・最終章』グッとくる映画です!宜しくお願いします。

岸部さん:申し込ん見に来られている。相当な北野作品ファンだと思います。喜多の作品には三本目でしたが、アウトレイジにやっと声をかけていただけまして、楽しませていただきました。今ままでは武さんにあっさりと殺されましたが、この後ご確認ください。

瀧さん:初めて北野組に参加させていただきました。今まで怖い顔には自信があったのですが、この諸先輩方と並ぶとまだまだなと思います。これから観られるお客様。よく当たったなこの野郎!昨今バカ野郎不足な皆さんに成分を補充できる本編になっています。

映画情報どっとこむ ralph 花菱会の傘下になり下がった産能会の皆さんとMCが紹介すると会場は爆笑に。

名高さん:前回までは巻頭でトップの組織だったのですが段々せこくなって来ました。目いっぱい精いっぱい頑張っています。お楽しみに!

光石さん:全開から引き続き出させていただいて嬉しく思っています。

池内さん:今回北野組に参加させていただいて本当に幸せな出来事でした。この役を創っていただいて本当にありがとうございました。現場は緊張感の中で、木村組組長でしたが怯えながら楽しみました。

警視庁の〇暴役の松重さん
松重さん:これだけのメンバーの中。僕だけ公務員です。このご時世このメンバーの中でにこやかに映ると食が失う可能性があります。この世界に前作から引き続き生きられたことが幸せでした。

チャングループ、会長役の金田さんは役者ではなく北野監督の友人。
金田さん:素人の私が出させていただいて、2回人生をさせていただいたようです。

白竜さん:北野監督と最初に出会って28年。おかげで、飲み屋に行くと殺し屋が来たと言われたものです。北野組で良かったです。ビヨンド、そして最終章と出していただき感動しております。

と、感情が高ぶり声を詰まらせる場面も。

大森さん:ぼくは監督のファンで、アウトレイジシリーズが始まる情報は知っていて、。まず加瀬亮君が出てまして。チョット嫉妬し。ビヨンドで桐谷健太と新井がでていて、大きな嫉妬に。そして最終章と言うことでかなりアプローチしまして。やっと夢がかないました。

映画情報どっとこむ ralph 北野監督:この、メンツで神戸に行ってイベントしようと思いましたが、抗争が起こりそうなので東京でのイベントにしました(笑)今度最終章にしたのは、深作さんお仁義なき戦いシリーズになってしまうので、一回締めようと。ヨーロッパでは、バイオレンスものしか最近は興味ないのかと言われるので、次は純愛映画をと思い小説を書きまして、ヒット中です!これを撮って、そのあともう一本挑戦して、ダメだったらバイオレンスに戻ろうと思います。(笑)日本を代表する役者の皆さんに出てもらって台本を渡せば映画は出来てしまいます。まあ、西田さんのアドリブには困りましたが!(笑)何年かしたら日本の役者オールスターでまた、映画撮ってみようと思います!

と、公言してイベントは終了。
10月7日(土)、全員暴走開始です!



物語・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

10月7日(土)、全員暴走!


outrage-movie.jp

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武 
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野 
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
      


ディーン・フジオカ 明日掲出ビジュアル到着!長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』


映画情報どっとこむ ralph 長瀬智也主演。2018年公開の「空飛ぶタイヤ」。

ディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、岸部一徳さん、笹野高史さん、寺脇康文さん、小池栄子さん、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.さん)、ムロツヨシさん、中村蒼さん 出演の解禁時には「豪華すぎる!」「予想の遥か上を行く豪華さ」等、各所で大きな話題を呼んでいますが・・・
明日9/23(土)より丸の内ピカデリー他一部劇場にて 掲出開始となるウルトラティザービジュアルが解禁となりました。

この度解禁となったビジュアルでは、大企業に挑む覚悟を持った赤松社長の決意が強く表れており、 幾多の困難にも負けず信念を貫いていくその姿は、観る者の心を強く打ちます。
そしてチラシの裏面には大企業・ホープ自動車に勤務する沢田悠太(ディーン・フジオカ)が、 含みを持たせた表情で登場。原作者・池井戸潤先生によるコメントも掲載されています。

池井戸潤先生のコメント
もし、人を死に至らしめる欠陥を知りつつそれを隠蔽していたなら、それは社会に対する重大な罪だ。 それでも大企業なら許されるのかー。問われているのは、我々の見識と勇気である。

それは事故か事件か。正義とはなにか、守るべきはなにか。

豪華キャストによる世紀の大逆転劇をどうぞお楽しみに!!!

映画情報どっとこむ ralph 原作は累計140万部を突破した池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫、実業之日本社文庫)。 ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。 整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査 を開始するところから、物語は始まります。

2017年4月末クランクアップ、現在編集作業中、2018年初頭完成予定

空飛ぶタイヤ

物語・・・
よく晴れた日の午後。 1台のトレーラーが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。 事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は警察で信じられないことを聞く。 突然タイヤが外れた、と。 整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、 彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。

ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、 赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、 また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、 グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。 突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。
果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転劇!!!


公式サイト:
soratobu-movie.jp
公式twitter:
@soratobu_movie
公式Facebook:
@soratobu.movie

***********************************

原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』 (講談社文庫、実業之日本社文庫)

出 演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、 阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ほか

監督:本木克英

脚本:林民夫
音楽:安川午朗
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:西村貴志
録音:栗原和弘
編集:川瀬功
装飾:湯澤幸夫
配給:松竹
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会