「岩田剛典」タグアーカイブ

岩田剛典、杉咲花 病室での場面写真解禁!「パーフェクトワールド 君といる奇跡 」


映画情報どっとこむ ralph 大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1!有賀リエの大人気漫画『パーフェクトワールド』が、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』というタイトルで映画化10月5日(金)より全国公開となります。

この度、解禁したのは、そんな二人の恋が芽生え、惹かれあっていく、病室での場面写真です!
夜が明け、つぐみがデザインパースの色付けを仕上げていく中で樹への想いが溢れてくることに気づきます…。

樹もまた、つぐみの真剣な横顔を見つめ、いとおしさを感じ、一生諦めていた恋をする気持ちが再び溢れてくることに気づきます…。

朝の優しい光に包まれながら二人で描き上げたデザインパースを見て喜ぶつぐみと樹。
疲れきって寝てしまう樹の手にそっと手を添え、
つぐみのあふれてくる想いが垣間みれる場面写真となっております!

大切な人と“今”を一緒にいられる幸せ、この奇跡がある世界こそ<パーフェクトワールド>だと気付かせてくれる本作は、デートにもお勧めの間違い無しの、この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリー!

映画情報どっとこむ ralph
映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡

10月5日(金) 全国ロードショー

岩田剛典×杉咲花 W主演 
ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!


インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)

出演:岩田剛典、杉咲花

須賀健太  芦名星  マギー  大政絢

伊藤かずえ  小市慢太郎  / 財前直見

配給: 松竹 LDH PICTURES
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会
   


EXILE/三代目 J Soul Brothers 岩田剛典 出演 映画「Vision」 フランスで公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 6月8日に全国公開した、EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が出演する映画「Vision」が、11月28日からフランスで公開されることが決まった。

7月にフランス・パリで行われた、日本の文化芸術祭典「ジャポニスム2018」でインターナショナル・プレミアとして特別上映され、現地ファンからも注目を集めた本作のフランス版タイトルは「VOYAGE À YOSHINO」(吉野への旅)。

配給はフランスの老舗配給会社であるHaut et Court。
公開決定にともない、フランス版の予告映像も解禁された。



また、毎年9月にスペイン・バスク地方で開催されるスペイン最大の国際映画祭、「サン・セバスティアン国際映画祭」のコンペティション部門でも上映が決定。同映画祭は、ヨーロッパにおいてカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次いで重要な映画祭に位置づけられており、本作以外にも日本からは是枝裕和監督の「万引き家族」などが上映決定されており、日本が世界に誇る監督作品が勢揃いします。

フランス タイトル:「VOYAGE À YOSHINO
原題「Vision」

公開日:11月28日~


物語・・・
夏、緑が青々と茂る奈良の神秘的な森。紀行文を執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌは、通訳兼アシスタントの花とやってきた。彼女は、薬草の一種で幻の植物“Vision ”を探している。旅の途中、森で暮らし、森を知り尽くす山守の無口な男・智と出会うが、智も「聞いたことがない」という。

やがて、言葉や文化の壁を越えて、心を通わせていく2人。季節は流れ、森が赤く色づく秋。智のもとに、山守の若者・鈴が姿を見せ、運命の歯車が動き出す……。

ジャンヌがこの地を訪れた本当の理由とは何か?山とともに生きる智が見た未来(ビジョン)とは?
***********************************

監督・脚本:河瀨直美
企画協力:小竹正人
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
出演:ジュリエット・ビノシュ 永瀬正敏 岩田剛典 美波 森山未來 田中泯(特別出演)・夏木マリ
配給会社:Haut et Court
日本配給:LDH PICTURES
(c)2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.


岩田剛典・杉咲花 W主演 最新作『パーフェクトワールド 君といる奇跡』場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1!有賀リエの大人気漫画『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社 )が、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』というタイトルで映画化、10月5日(金)より全国公開となります。


インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)と、つぐみの高校の先輩であり、初恋の相手でもある建築士の鮎川樹(岩田剛典)の偶然の再会からはじまる本作。

この度、全貌が覗ける、場面写真が一挙解禁!

今回解禁された写真には、初恋の先輩・樹と仕事の飲み会で再会し、再び恋が始まるつぐみの姿や、
事故で車イス生活を強いられながらも真っ直ぐに明るく生きる樹が仕事にイキイキと向合う姿が写しだされている。
つぐみの視線の先にあるのは、いつも憧れの鮎川先輩の姿!「好き」の気持ちが溢れていくことが手に取るように伝わってくる写真。
様々な表情をみせるふたりは嬉しい・楽しい・大好きを共有したり、切ない・悔しいを共有したり、多くの時間と出来事を重ね合っていく物語の全貌が覗ける場面写真となっております!
大切な人と“今”を一緒にいられる幸せ、この奇跡がある世界こそ<パーフェクトワールド>だと気付かせてくれる本作は、デートにもお勧めの間違い無しの、この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリー!

映画情報どっとこむ ralph 岩田剛典×杉咲花 W主演 
映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡

ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!

インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)

出演:岩田剛典、杉咲花
須賀健太  芦名星  マギー  大政絢
伊藤かずえ  小市慢太郎  / 財前直見
配給: 松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会


『去年の冬、きみと別れ』 瀧本智行監督インタビュー到着!岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!?


映画情報どっとこむ ralph この度、『脳男』、『グラスホッパー』など数々のサスペンス・エンターテイメントを手掛てきた瀧本智行監督がインタビューに応じ、 ”映像化不可能”と言われた中村文則の原作を見事映画化するに当たってのこだわりや、主演の岩田剛典との今だからこそ話せる撮影エピソードなどを語ってくれています。


本日ブルーレイ&DVD リリース! 『去年の冬、きみと別れ』 瀧本智行監督インタビュー到着!
岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!?
映画化へのこだわりや、今だからこそ話せる撮影秘話を語る!

映画情報どっとこむ ralph ■原作ファンならではのこだわり

滝本監督:え!という気持ちでしたね(笑)これを映画化するのか…という感じはありました。

とのオファーがあったときの気持ちを語った瀧本智行監督。

滝本監督:もともと中村さんは、芥川賞を受賞した『土の中の子供』など、いわゆる日本の純 文学の系譜に位置するような、暗くて重い作品を書かれる作家さんでした。僕はその 頃の作品も大好きだったんですが、この小説ではより多くの読者を相当意識したんだ と思います。ミステリーの手法を使えばより開かれたものになるんじゃないかと、意識的 に取り組まれたある種テクニカルな作品なんですよね。そういう意味では映画もテクニ カルな部分も大切にしながら、中村文学の本質みたいなものはしっかりと感じられる ような映画にしたいなと思いながら監督していました。

中村のファンで本作も読んで いたという瀧本監督は、原作を分析しながら撮影時をこう振り返っている。実際、脚 本も中村とやりとりし、10 稿以上の推敲を重ねたという。


■「すごく成長したのは間違いない」

岩田剛典との撮影を振り返り そんな本作で岩田剛典は、映画単独初主演を果たしている。岩田との撮影について、

滝本監督:彼は俳優としての技術的な基礎の 部分はまだ固まっていませんでしたが、そういう意味では白紙のキャンバスが目の前にあるみたいな気分でした。

と語えい

滝本監督:すごく成長したのは間違いない。それはみんなも認めるところだと思います。僕に言わせると彼はとてもポテンシャルがある 人なので、彼に何かをしてあげたつもりは全くなくて、その道筋を僕も一緒になって探したというか。僕もどうすればいいのか、岩田剛典の持っているもの、感じているものが、どうすればいい形でスクリーンに映るかを探しながら、今日はこの辺をつついてみ ようとか。こっちは違ったな、じゃこちらをつついてみようかな、とか。そういう日々でしたね。

と振り返った。

初日舞台あいさつでは瀧本監督からの手紙に、岩田が男泣きする場面も話題となったが、

滝本監督:恥ずかしいからやめようと言った んですけどね。僕に課せられた宿題は、岩田剛典を舞台上で泣かせてください、ということでした(笑)。(手紙の)文章は この映画のシナリオよりも時間をかけて推敲しまくりましたからね(笑)

と照れくさそうに話した。さらに、公開後の今だから話せることを聞かれると、

滝本監督:(終盤のシーンの)岩田君のヒゲは全部ペンで書いたんです。

と驚きの 秘話を披露。

滝本監督:どうしてもヒゲがほしかったんですが、ヒゲが薄くて生えないんですと言っていて。3 日、4 日ぐらいヒゲが生えるの を待っていたんですけど、やっぱり薄くて。

と明かした。

■「2 度、3 度の鑑賞に耐えられるものを作った」

最後に今回のブルーレイ&DVDリリースについて、

滝本監督:最初にスタッフとは、2度、3度の鑑賞に耐えられるものを作るぞということ を話し合いました。“驚愕の真実”とか“予測不能などんでん返し”とか、そういった宣伝文句になることは分かっていましたか ら。そうするとお客さんは、どんなどんでん返しがあるんだろう、という興味でこの映画を最初に観ると思います。でも中村さんの 小説の本質は、人間というものをどう見るか、どう描くかということ。そこにずっとこだわってきた作家さんですし、僕自身もそう。 だからすべての真相を知った上で、『そうか主人公はこんなことがあって、こんなふうに変化して。だからその瞬間にこんな表情 をしていたんだ』と2回、3回と観ることで発見していくことがこの映画の本質だと思うので、何度でも観ていただいて、発見して いただけたらとても嬉しいです。

と思いを述べた。

映画情報どっとこむ ralph
『去年の冬、きみと別れ』 好評ブルーレイ&DVD リリース/デジタル配信中
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)¥6,990+税
【初回仕様】 DVD プレミアム・エディション(2 枚組)¥5,990+税
【初回仕様】 ブルーレイ ¥4,990+税
【初回仕様】 DVD ¥3,990+税 発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

【映像特典 収録内容】
<プレミアム・エディション>
●撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー
●メイキング・オブ 『冬きみ』~撮影日誌~
●未公開映像集
●イベント映像集 – 完成披露試写会舞台挨拶 – 公開直前!岩田剛典誕生日サプライズイベント:舞台挨拶&舞台裏映像も! – 初日舞台挨拶

<マスコミ取材回>
●本編をご覧になった皆様へ ~ジャパンプレミア上映後:岩田剛典舞台挨拶~
●劇場予告編・TV スポット集 【封入特典】 <プレミアム・エディション>
●ブックレット(プレス縮刷版/24 ページ)
●特製大判ポストカードセット(3 枚組)
●木原坂雄大フォトカード
●蝶ステッカー <通常版>
●蝶ステッカー

***********************************



『去年の冬、きみと別れ』山本美月、斎藤工、北村一輝が語る岩田剛典エピソード語る一部映像公開


映画情報どっとこむ ralph 2018年7月18日(水)より『去年の冬、きみと別れ』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。また、デジタル先行配信中です。
「プレミアム・エディション」には、岩田剛典の撮り下ろしインタビューや未公開映像集など、約3時間に及ぶ豪華映像特典が収録されます。その一つである「メイキング・オブ 『冬きみ』~撮影日誌~」では、約70分にわたり、63日間の撮影現場の様子をたっぷりとご覧いただけます。

また、山本美月、斎藤工、北村一輝が岩田剛典との共演を振り返っているメイキング映像の一部を公開いたします。本映像では、緊張感あるシーンの撮影とは裏腹に、岩田、斎藤、北村の男性陣3人による和気あいあいとしたオフショットも見ることができます。




去年の冬、きみと別れ

2018年7月18日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥6,990+税
【初回仕様】 DVDプレミアム・エディション(2枚組)¥5,990+税
【初回仕様】 ブルーレイ ¥4,990+税
【初回仕様】 DVD ¥3,990+税
デジタルセル先行配信中


***********************************

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会