「岩井澤健治」タグアーカイブ

アニメーション映画『音楽』岡村靖幸、声の出演(秘密)で参加!本人コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 2020年1月11日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定したアニメーション映画『音楽』(監督:岩井澤健治 原作:大橋裕之)。

楽器を触ったこともなかった不良たちが思いつきでバンドを組むところから始まるロック奇譚です。
個人による製作期間7年超、作画枚数は実に40,000枚超、71分を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーンをダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行。分業制やCG制作が主流のアニメーション制作において、何もかもが前代未聞の長編アニメーションプロジェクト。特報は発表後3日間で50万回再生突破、オタワ国際アニメーション映画祭では、長編コンペティション部門でみごとグランプリを受賞。新千歳空港国際アニメーション映画祭 長編アニメーションコンペティション、台中国際アニメーション映画祭 長編映画部門への選出も話題となっております。
映画情報どっとこむ ralph この度、先日発表した主要キャラクターのキャストに続きまして、岡村靖幸さんの参加を解禁!
役柄は劇場公開までの秘密です。また、10月6日(日)よりスタートする岡村靖幸2019FALLツアー「やばいよ!この気持ち。」のツアーグッズのイラストを大橋裕之さんが手がけていることも発表されました!
岡村靖幸
岡村さんご本人のコメントも到着しました。

岡本さん:
面白い!
待望の完成ですね。
おめでとうございます。
手書きの素晴らしさ、味わい。
凄いです。
何度も何度も見かえしたくなりますね。


映画情報どっとこむ ralph アニメーション映画『音楽』

劇場窓口で「生ラフ原画付き前売り券」絶賛発売中!1500円(税込)
※先着順。一部劇場を除く※図柄は選べません。

公式サイト:
on-gaku.info
Twitter:
@eiga_ongaku

アニメーション映画『音楽』 『音楽完全版』
大橋裕之著
2019年11月下旬発売予定
発売元:カンゼン

***********************************

監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之「音楽完全版」(カンゼン))
プロデューサー:松江哲明 アソシエイトプロデューサー:九龍ジョー、迫田明宏
配給:ロックンロール・マウンテン
配給協力:アーク・フィルムズ
2019/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/71分
©大橋裕之 ロックンロール・マウンテン  





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アニメ映画『音楽』坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人豪華声優陣発表! 


映画情報どっとこむ ralph 2020年1月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しているアニメーション映画『音楽』(監督:岩井澤健治 原作:大橋裕之)。楽器を触ったこともなかった不良たちが思いつきでバンドを組むところから始まるロック奇譚です。

個人による制作期間7年超、作画枚数は実に40,000枚超、71分を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーンをダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行。分業制、CG制作が主流のアニメーション制作において、何もかもが前代未聞の長編アニメーションプロジェクトです。9月に開催される世界四大アニメーション映画祭のひとつ、カナダのオタワ国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門にノミネートされるなど、注目を集めております。

映画情報どっとこむ ralph この度、豪華声優陣を発表いたします! 楽器未経験ながら思いつきでバンド「古武術」を組む不良高校生・研二役に坂本慎太郎、研二の同級生、亜矢役に駒井蓮、「古武術」のメンバー、太田と朝倉役に前野朋哉と芹澤興人、「古武術」をフェスに誘う「古美術」のメンバー、森田役に平岩紙、そして研二を敵視する丸竹工業の不良・大場役に竹中直人がキャスティングされました。このほか、山本圭祐、れっぴーず、姫乃たま、天久聖一も参加しています。
「音楽」声優 坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 発表にあたりキャストからのコメントも到着いたしました! 

研二役:坂本慎太郎
大橋さんから「研二の声をやってほしい」と言われた時は本当に驚きました。
アフレコは楽しかったです。もともと好きな漫画ですし、7年も一人で描き続けているという監督の執念にも痺れていたので、このような形で参加できて光栄です。

亜矢役:駒井蓮
それぞれのキャラクターがとても魅力的で、すぐに『音楽』の虜になりました。そこに声を吹き込んでいくのは凄く緊張しましたが、坂本さんをはじめとする皆さんと、楽しみながらアフレコをさせて頂きました。
身、公開が楽しみです!

太田役:前野朋哉
『音楽』に自分が参加できると決まった時、感激で震えました。アフレコでは出来上がっている映像を観て震えました。そして坂本慎太郎さんの声を聞いて震えました。ずっと震えてました。まだ完成は観れていませんがきっと震える事になるでしょう!

朝倉役:芹澤興人
大橋さんの『音楽』に声と音楽が入るだけでも凄いのに、そこに岩井澤監督の執念のアニメーションが絡まってるんです。
浴びたことのない多幸感溢れる作品になっているはずです。僕も早く観たい。

森田役:平岩紙
まずは、この映画に参加できたことを、とても嬉しく思っています。
アフレコの際、皆さんそれぞれの声とキャラクターとのハマり方に感動しました。今回、私は1日のアフレコでしたが、あれから数ヶ月たった今も、もう一度森田くんを演じたいと思っているほど大切な作品となりました。
監督をはじめ、スタッフの皆さんの長年の熱意と労力が見事に謳歌して作り上げられた『音楽』の世界を1人でも多くの方に
ご堪能いただきたいです!

大場役:竹中直人
大ファンだった大橋裕之さんの作品にまさか自分が参加するなどと思う訳がない。
ところが!ぼくは参加してしまったのだ!
まさかの出来事に僕のこころと脳は破裂するに違いないっ!…と心底思った…!
しかし!ぼくはまだ確実に生きている!
きっと大橋さんとの出会いはこれだけでは終わらないのだ!いや終わらせてたまるか!
「大橋さん!みこしぶっこわそー!うおー!うわぁー!ずうおー!!!」

映画情報どっとこむ ralph

アニメーション映画『音楽』

2020年1月 新宿武蔵野館ほか全国順次公開決定!

公式サイト:
on-gaku.info   
Twitter:
@eiga_ongaku

劇場窓口で「生ラフ原画付き前売り券」絶賛発売中! 1500円(税込) 
※数量限定、先着順。一部劇場を除く。※図柄は選べません。

アニメーション映画『音楽』
***********************************


監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之(「音楽と漫画」太田出版)
CV:坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人

プロデューサー:松江哲明
アソシエイトプロデューサー:九龍ジョー、迫田明宏

配給:ロックンロール・マウンテン
配給協力:アーク・フィルムズ

2019/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/71分

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

監督:岩井澤健治×原作:大橋裕之 アニメ映画『音楽』全国順次公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『海獣の子供』(監督:制作:STUDIO4℃)、『きみと、波にのれたら』(監督:湯浅政明)、『天気の子』(監督:新海誠)、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(監督:片渕須直)などアニメーション映画の注目作が続々公開待機中の2019年。NHK連続テレビ小説「なつぞら」放送もあり、今年はアニメーションイヤーともいうべき1年です。そんな盛り上がりの中、約8年におよぶ個人制作期間を経て、異例づくしのアニメーション映画『音楽』が完成いたしました! そして、2020年1月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開も決定!!
原作は、『シティライツ』(講談社)、『夏の手』(幻冬舎)などで人気を集める大橋裕之さんによる『音楽と漫画』(太田出版)。楽器を触ったこともない不良学生たちが、思いつきでバンドを組むことから始まるロック奇譚です。

アニメーション化にあたって、岩井澤健治監督は、実写の動きをトレースする“ロトスコープ”という手法を採用。これにより、登場人物の動きがよりリアルに生々しくなります。

作画枚数は実に40,000枚超、70分(予定)を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーンをダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行。何もかもが前代未聞の長編アニメーションプロジェクトとなりました。

6月9日=ロックの日に解禁する本リリースでは、劇場公開決定の一報と合わせ、ティザービジュアルと岩井澤監督、大橋さんによるコメント(別紙参照)を発表いたします。無謀とも思える挑戦の全貌が、ついに明らかとなります。

映画情報どっとこむ ralph 岩井澤健治監督からのコメント

僕は“前例がない”という言葉が嫌いです。
映画関係の仕事をしていると良く聞く言葉ですが、多分これはどの業界でも使われている言葉だと思います。 『音楽』を企画した理由は、個人制作での長編アニメーション映画は”前例がない”からです。
だからこそ挑戦してみたかったのです。  映像化不可能とまで言われていた『音楽』を自主制作で長編アニメーションにするという試みだけでも、相当ハードルの高い企画だと思うのですが、僕は高いハードルをもう一つ、作品内に入れています。  それこそが、この作品の最大の魅力になっていると確信しています。


大橋裕之(原作者)からのコメント

アニメーション映画『音楽』は、岩井澤監督をはじめとする様々な方の力が結集されてとんでもないものに仕上がってきております。当たり前ですが、軽々と原作を超えております。岩井澤監督が7年以上かけて作り上げた渾身の作品をぜひご覧ください。早くでかいスクリーンで観たいです。

映画情報どっとこむ ralph アニメーション映画『音楽』

2020年1月 新宿武蔵野館ほか全国順次公開決定!


公式サイト:
on-gaku.info

Twitter:
@eiga_ongaku

***********************************


監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之(「音楽と漫画」太田出版)
プロデューサー:松江哲明
アソシエイトプロデューサー:九龍ジョー、迫田明宏
配給:ロックンロール・マウンテン
配給協力:アーク・フィルムズ
2019/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/70分(予定)
©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ