「岡部尚」タグアーカイブ

井浦新ら総勢14名登壇!白石和彌監督が師匠を映画化『止められるか、俺たちを』公開初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年10月13日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となった映画『止められるか、俺たちを』の初日舞台挨拶が、テアトル新宿にて行われ、井浦新さん、山本浩司さん、岡部尚さん、大西信満さん、タモト清嵐さん、伊島空さん、外山将平さん、藤原季節さん、上川周作さん、中澤梓佐さん、柴田鷹雄さん、高岡蒼佑さん、井上淳一さん、と白石和彌監督が登壇しました!


映画『止められるか、俺たちを』初日舞台挨拶
日程:10月13日(土)
場所:テアトル新宿
ゲスト:井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐、柴田鷹雄、高岡蒼佑、井上淳一脚本家、白石和彌監督
MC:吉田伊知郎(モルモット吉田)/映画評論家

映画情報どっとこむ ralph 2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。
白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾。

上映後の余韻が残る中、総勢14名の姿が現れると大きな拍手!の会場。

井浦さん:2006年の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』をはじめ5本の若松監督作品に出演してきました。恩師を演じることがあるなんて思っていなかったです。若松監督をがこのような形で皆さんに届いたことを嬉しく思います!

とコメントし、舞台挨拶がスタートしました。


登場人物全員が若松プロをはじめとして、実在する人物であるこの映画。
映画監督・大島渚さんを演じて

高岡さん:モノマネをするのではなく、大島監督の映画への情熱を僕として表現できればと思いました。その過程で、若松プロは止まっていたのではなく、ゆっくりと歩を進めていたんだと感じました。

と、コメント。井浦さんの演技に

高岡さん:愛情深い若松孝二監督になってました!

と絶賛すると、井浦さんから「ありがとう!」と感謝の言葉が。


脚本家・荒井晴彦さんを演じた藤原さんは

藤原さん:カオスのような昭和を駆けるレジェンドたちと、平成に生まれた自分が向き合ってきました。この映画を担いで平成という時代を終えられることを誇りに思います。

と熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 白石監督:この作品に出てくれた全員俳優たちのことを若松監督は好きになってくれるはず。

と、若松監督作品に出たことのない俳優も含めて全員の演技を絶賛。

また、企画段階から関わっていた白石監督は

白石監督:若松さんを映画にするということに対しては、若松さん自身はマンザラでもない顔をしながら、でも口ではバカヤローって言っていると思う。

と天国の姿を想像し、若松監督を懐かしんだ。

さらに白石監督は、若松プロの再始動ともなる本作の公開に伴い、今後も若松プロとしての映画製作を示唆。

白石監督:若松プロの映画には、カメラを止めるという選択肢は、ハナからないんです!

と話題の映画『カメラを止めるな!』にかけながら、その志の熱さをPRした。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

井浦さん:若松プロダクションの作る映画まだまだ見たいですか!?

と客席に問いかけると、大きな拍手が。これには

白石監督:監督―!

と天国の若松監督に、今後の若松プロを盛り上げていくことを誓った。

井浦さん:若松監督は70代まで生きている。僕以外の俳優が若松監督を演じたりしながら続編も作れると思います。

と言うとヒートアップする客席。

井浦さん:今日を持ってこの物語は皆さんの物語になりました。

と語りかけ、舞台挨拶をしめました。

映画『止められるか、俺たちを

公式サイト:www.tomeore.com


STORY

ここには映画と青春があった

でも私はなにをみつけたんだろう

吉積めぐみ、21歳。1969年春、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて、“若松プロダクション”の扉をたたいた。当時、若者を熱狂させる映画を作りだしていた“若松プロダクション“。そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟であった。小難しい理屈を並べ立てる映画監督の足立正生、冗談ばかり言いつつも全てをこなす助監督のガイラ、飄々とした助監督で脚本家の沖島勲、カメラマン志望の高間賢治、インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦など、映画に魅せられた何者かの卵たちが次々と集まってきた。撮影がある時もない時も事務所に集い、タバコを吸い、酒を飲み、ネタを探し、レコードを万引きし、街で女優をスカウトする。撮影がはじまれば、助監督はなんでもやる。

「映画を観るのと撮るのは、180度違う…」めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていく。

しかし万引きの天才で、めぐみに助監督の全てを教えてくれたオバケも「エネルギーの貯金を使い果たした」と、若松プロを去っていった。めぐみ自身も何を表現したいのか、何者になりたいのか、何も見つけられない自分への焦りと、全てから取り残されてしまうような言いようのない不安に駆られていく。

「やがては、監督……若松孝二にヤイバを突き付けないと…」

映画情報どっとこむ ralph ■第23回釜山国際映画祭「アジア映画の窓(A Window on Asian Cinema)」出品作品、キム・ジゾク賞ノミネート作品

キム・ジソク賞は、アジア映画の成長を支援しアジアの若い映画監督の発掘にその生涯を捧げて亡くなったキム・ジソク氏を敬い、2017年の第22回釜山国際映画祭から新設された賞になります。本作は第23回釜山国際映画祭「アジア映画の窓(A Window on Asian Cinema)」出品作品、キム・ジゾク賞ノミネート作品になります。

***********************************

門脇麦 井浦新

山本浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉 伊島空 外山将平 藤原季節 上川周作 中澤梓佐
満島真之介 渋川清彦 音尾琢真/ 高岡蒼佑 / 高良健吾 / 寺島しのぶ / 奥田瑛二

監督 白石 和彌

脚本 井上淳一 音楽 曽我部恵一 製作 若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給 スコーレ 宣伝 太秦
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】

©2018若松プロダクション


若松プロダクション製作再始動 門脇麦主演 白石和彌監督『止められるか、俺たちを』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋より映画『止められるか、俺たちを』がテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年、若松プロダクションの映画製作再始動の第一弾として製作されました。

1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描きます。

若松プロダクション出身で、いまや日本映画界を代表する白石和彌監督がメガホンを取り、主演の門脇麦が、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。

そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。

特報は、海辺でスタートの掛け声をかける若松孝二(井浦新)の横で、まっすぐな目でカメラの先を見つめる助監督めぐみ(門脇麦)を捉えた撮影風景から始まる。

「俺はブチ壊したい、クソみたいな映画界も全部」。

映画作りに魅了されためぐみ、足立正生(山本浩司)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、小水一男(毎熊克哉)ら若松プロのメンバーたちが映し出されていく。



クランクアップの時、カメラのシャッター音と共に、浮かび上がったのは若かりし日の若松孝二と若松プロのメンバーたちの写真。こんなにも楽しそうに、命懸けで映画を作っていたのかと感じさせる、疾走感溢れる瞬間が切り取られている!

【左写真】左から磯貝一(柴田鷹雄)、吉積めぐみ(門脇麦)、若松孝二(井浦新)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、伊東英男(西本竜樹)、足立正生(山本浩司)、小水一男(毎熊克哉) ※役名(俳優名)

【右写真】左から吉積めぐみ、若松孝二、赤川修也、伊東英男、秋山道男、小水一男 1969年撮影

映画情報どっとこむ ralph
白石和彌監督コメント

あの時代に強い衝動で社会と観客に刃を突きつけていた若松監督の映画作りは、映画を作っている僕たちだけでなく、現在の社会が失ってしまったモノが何かを知るヒントになると思いました。

若松プロの面々は超個性派が集まりました。

山本浩司さんはずっと仕事をしたい俳優の一人でした。『断食芸人』に主演した経験を存分に生かして足立正生を演じてくれました。若松作品を支えた大西信満さん、岡部尚さん、タモト清嵐さんに若松プロの中核メンバーを演じて貰えたのも嬉しかったです。レンセキに出て若松孝二を知る俳優たちがしっかりと若松プロの雰囲気と70年代の空気を作ってくれました。これは若松監督の遺産です。

若松プロ新メンバーとして、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作が参加して、物語に新しい波を起こしています。彼らの存在が群像劇として、青春映画として、この映画を一際際立ててくれました。

映画情報どっとこむ ralph 足立正生役・山本浩司さんコメント
まさか足立正生役を演る日が来るとは!私は足立監督の作品に主演していたこともあり、気合いが入る撮影でした。ご本人が撮影現場に現れた時は、キモを冷やしましたが!

沖島勲役・岡部尚さんコメント
また若松プロの映画に出れるのが嬉しくて嬉しくて。新さんや大西さんと共演出来て、麦さん主演、しかも白石監督で、あの沖島勲さん役をやれるなんて!もう気合い入ってしまい沖島さんハチマキ巻いてます。必見です!

大和屋竺役・大西信満コメント
途轍もない畏れと歓喜の狭間で見つけた、変わったものと変わらないもの。暗闇の中でエンドクレジットを眺めながら、そんな事を考えていた。

秋山道男役・タモト清嵐さんコメント
恐ろしいほど猛烈で、羨ましいほど狂熱な青春映画です。単に再現を目指すだけではなく僕なりの体感であの時代を生きました。鈍感な今の社会に、広くこの映画が届きますように。

小水一男役・毎熊克哉さんコメント
いただいた脚本の最初の1ページ目に製作意図が書いてありました。“若松は言っていた「映画を武器に世界と闘う」と。本作もまた、世界を撃つ映画になることを信じてやまない”僕はこの言葉を真っ直ぐ受け止めて挑みました。今を必死で生きている現代の若者にも届く作品になれば嬉しいです。

荒井晴彦役・藤原季節さんコメント
ロマンが尽きない、最低で最高だったあの時代に僕はどうしても憧れてしまう。その時代の真ん中を映画を武器に駆け抜けた若松プロ、そこに集まった新宿の若者達が2018年に映画になった。僕は憧れを越えてとことん最低で最高になってやろうと思った!

映画情報どっとこむ ralph 止められるか、俺たちを

公式サイト:
www.tomeore.com


物語・・・

映画が時代とともに全力で駆け抜けていた――。

1960年代末、原宿セントラルアパートの一角にあった“若松プロダクション”が、いま甦る!

当時、「何者かになること」を夢見て若松プロの扉を叩いた吉積めぐみの眼差しを通して、「ここではないどこか」を探し続けた映画人たちの怒涛の生き様を描く。これは、青春を映画に捧げた若者たちのむき出しの生のグラフィティである。

***********************************


門脇麦 井浦新
山本 浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉
伊島空 外山将平 藤原季節 上川周作 ほか

監督:白石和彌 
脚本:井上淳一
製作:若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給:若松プロダクション スコーレ 
宣伝:太秦
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】
©2018若松プロダクション


濱口竜介監督特集上映の開催が決定!『ハッピーアワー』公開1年記念で


映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介監督『ハッピーアワー』の劇場公開から 1 年目。

12 月 10 日(土)よりポレポレ東中野ほか、大阪はシネ・ヌーヴォ、神戸は元町映画館、京都は立誠シネマという関西含め全 4 館で濱口竜介監督特集上映の開催が決定しました!!

%e6%bf%b1%e5%8f%a3%e7%ab%9c%e4%bb%8b%e7%9b%a3%e7%9d%a3
『ハッピーアワー』は演技経験のない 4 人の女性たちを主演に迎え、第 68 回ロカルノ国際映画祭インターナショナル部門で最優秀女優賞及び脚本スペシャル・メンションが授与され話題となった作品です。その後も各国の国際映画際で受賞が続き、2015 年 12 月の劇場公開時には連日満席となる盛況ぶりでした。濱口竜介監督の類い稀なる作品制作の手法や実績は世界中で高く評価され、現在でも国内外数多くの映画祭で上映が続いているだけでなく、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での公開時は最終日に満席となる快挙を成し遂げました。

映画情報どっとこむ ralph 今回の特集上映では“不思議なほど現実感に満ちたキャラクター”が登場する濱口作品に着目し、『ハッピーアワー』を 初め、関東圏では初の劇場上映となる新作短編『天国はまだ遠い』もラインナップしております。こちらは、岡部尚、小川あん、玄理を主演に迎え、これまでの濱口監督のテイストを凝縮した 38 分間の作品です。

%e5%a4%a9%e5%9b%bd%e3%81%af%e3%81%be%e3%81%a0%e9%81%a0%e3%81%84
また、『ハッピーアワー』制作に至るまでの濱口竜介の軌跡を辿るように、学生時代から制作してきた作品を含め過去作品もご覧いただける機会となります。既に根強いファンを持つ濱口竜介監督ですが、『ハッピーアワー』で初めて“濱口竜介”を知った人にも楽しんでいただける内容です。

特集上映の予告編、全ラインナップは次回お知らせで。

12 月 10 日(土)よりポレポレ東中野ほか 大阪/シネ・ヌーヴォ(12/17~)、神戸/元町映画館(12/24~)、京都/立誠シネマ(12/24~) 東京・関西 4 館にて開催決定!

公式 HP:
hamaguchi.fictive.jp
Twitter:
@Hamaryu_PS

映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介(はまぐちりゅうすけ):1978 年、神奈川県生。2008 年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了製作『PASSION』が国内外の映画祭で高い評価を得る。その後も日韓共同製作『THE DEPTHS』( 2010)、東日本大震災の被災者へのインタビューから成る映画『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011~2013/共同監督:酒井耕)、4 時間を超える長編『親密さ』(2012)を監督。地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている。

© 2015 KWCP 10
***********************************



『おとぎ話みたい』テアトル新宿1週目動員歴代1位を記録!!


山戸結希監督作。12月19 日(金)までテアトル新宿にて公開している新劇場版

おとぎ話みたい』。

名実ともに傑作の呼び声高い、伝説の少女映画『おとぎ話みたい』が、この2014 年の師走にとんでもない記録を更新しました!

12 月6 日(土)より聖地・テアトル新宿にて公開されると、連日満席等の大ヒットを記録し続け、遂に、テアトル新宿での実写・レイトショー公開作品における1週目の動員記録・歴代1位も樹立し、大変な盛り上がりを見せています。

『おとぎ話みたい』(c)寝具劇団
これは、『贅沢な骨』(2001 年/行定勲監督)が持つ記録を、インディーズ映画にも関わらず突破するもので、実に13 年ぶりに更新する快挙。

青春の普遍性きらめく“少女の遺作”として銘打たれた本作は、レイトショー上映作品にも関わらず、劇場には若い女性が多く詰めかけ、ネット上では大絶賛の口コミで広がりを見せてます。

『おとぎ話みたい』-1(c)寝具劇団
豪華イベントも、明日より決定しております!
大反響につき、17(水)のサービスデーは22:15〜の回も実施し、1日2回連続上映となります。

イベント情報

○12 月13 日(土)21:00〜上映前おとぎ話みたいな少女文学!
GUEST:有馬和樹(おとぎ話)×堀越千史×木村仁美
ミスiD2015 山戸結希賞の堀越千史、そしてミスiD2014 の木村仁
美さんがおとぎ話のギターに乗せて、山戸結希の短編処女小説
『君を得る(きみをうる)』を満を持して初のリーディング!

○12 月14 日(日)21:00〜上映後おとぎ話みたいなふるさとトーク〜第一夜〜!
GUEST:カンパニー松尾監督×山戸結希監督
愛知県出身の映像作家であるカンパニー松尾監督と山戸結希監
督が、田舎と地方、そこに生きる女の子をめぐる同郷対談!

○12 月15 日(月)21:00〜上映後おとぎ話みたいなふるさとトーク
〜第二夜〜!
GUEST:山下敦弘監督×山戸結希監督
愛知県出身であり、近年アイドル映画の傑作を製作した山下敦弘監督と山戸結希監督が、テアトル新宿にて、ついに出会います!故郷を描いた『おとぎ話みたい』を、山下監督はどう評して下さるのでしょうか!

本作の監督を務めたのは、処女作『あの娘が海辺で踊ってる』を2012年に発表してから、目を見張るスピードで独自の映画世界を進化させる若干25歳の山戸結希。

2014年春には、東京女子流主演の『5つ数えれば君の夢』が、アイドル映画の枠を超えた美学溢れる作風によって話題を呼び、監督最年少記録で公開を迎えた渋谷シネマライズにてロングラン興行となりました。

またそのほかに、中島哲也監督作品『渇き。』のメイキングドキュメンタリーに小松菜奈主演の『私はわたしを探しています』を手掛けるなど、現在、若手監督の旗手として最注目を集める山戸が、大学時代最後に製作したのがこの『おとぎ話みたい』となります。

おとぎ話みたい

は12月19日(金)までの連日21:00〜絶賛公開中です。

********************************************************************

監督:山戸結希
出演:趣里/岡部尚/小林郁香/井土紀州/寺嶋由芙/椎名琴音
/おとぎ話

アソシエイトプロデューサー:平林勉
撮影:今井孝博|照明:中西克之
音響設計:小川武|リミキサー:小野川浩幸
美術:井上心平・松原夏子|編集:平井健一
振付・ダンス指導:KaoRi|ヘアメイク・衣装:Masayo
衣装デザイン:末高ヨーコスチール:タイコウクニヨシ
タイトル:神保賢志|宣伝:長井龍
|宣伝美術:あきやまなおこ|Web制作:Sol-project design team!
企画:直井卓俊(MOOSIC LAB 2013)
製作・配給:寝具劇団(2014/カラー/51分)


山戸結希監督の愛の言葉つき前売券販売大盛況のご報告


これはある意味事件です。
山戸結希監督の愛の言葉つき前売券販売大盛況のご報告。

12 月6 日よりレイトショー公開の山戸結希監督作品

映画『おとぎ話みたい』

の、愛の言葉つき前売券販売会が11 月16日、テアトル新宿で行われました!

前売券販売アフタヌーン①(C)寝具劇団若手映画監督の旗手・山戸結希と唯一無二のオルタナティヴ・バンドのおとぎ話がタッグを組んだ映画『おとぎ話みたい』。この作品は、2014 年6 月テアトル新宿で行われた「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ」特集で‘10 年代を代表する最新作として選出され、立ち見席まで完売の超満員となった、名実ともに傑作の呼び声高い作品です。

そんな『おとぎ話みたい』の公開まで3週間を切った11 月16 日(日)、「世界で一枚の愛の言葉つき!『おとぎ話みたい』な前売券販売アフタヌーン」がめっちゃすごい大盛況となりました。

前売券をご購入して頂いたお客様一人一人と山戸結希監督が対話しながら、その方にふさわしい愛の言葉を即興でチケットにしたためるイベント。

しかし、14時30分〜16時30分の二時間という限られた時間のイベントのはずが、本作『おとぎ話みたい』でも見られる山戸監督の際立った言語感覚に惹かれたお客様が次から次へと足を運び、数百人の長蛇の列。

前売券販売アフタヌーン②(C)寝具劇団
全員に愛の言葉を記すためには、翌朝までかかること必至の事態となりました。長蛇の列が劇場に収まりきらないほどの定員オーバーとなったため、急遽、時間差集合の整理券や後日対応分を出す状況となり、「世界で一枚の愛の言葉つき!『おとぎ話みたい』な前売券販売アフタヌーン」は、夜の21時を過ぎても続きました。

山戸結希監督とテアトル新宿がコラボレーションした前代未聞のイベントは、『おとぎ話みたい』の言語感覚に魅了された多くの観客と口コミによって、当初の予想を遥かに越える伝説的な熱気で、幕を閉じることとなりました。

先週金曜日に公開された本作の重要な挿入歌・おとぎ話『COSMOS』のMV(山戸結希監督作)



への高い反響と相まって、12月6日〜公開の『おとぎ話みたい』に向う期待と、さらなる熱量の盛り上がりを感じさせるものでした。

『おとぎ話みたい』(c)寝具劇団
気になるあらすじですが・・・
田舎に暮らす高崎しほは、高校3年生。愛と夢のはざま、ひと冬の初恋の記憶。少女の膨れ上がる心は傷だらけになりながら踊る。

映画『おとぎ話みたい』

2014.12.6(⼟)~12.19(⾦)テアトル新宿にて2週間限定レイトショー
公式HP:http://posthumous-work-of-girl.com/

『おとぎ話みたい』-1(c)寝具劇団
********************************************************************

監督・脚本・編集:山戸結希
音楽:おとぎ話
撮影:今井孝博
照明:中西克之 音響設計:小川
武振付:KaoRi
ヘアメイク:Masayo スタイリング:スエタカヨーコ
宣伝:長井龍
出演:趣里 岡部尚/小林郁香 井土紀州
寺嶋由芙 椎名琴音/おとぎ話
製作・配給:寝具劇団(2014/カラー/55分)/