「岡田結実」タグアーカイブ

岡田結実、とろサーモン個性溢れる自由研究に会場騒然『ジュラシック・ワールド/炎の王国』​​


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ新3部作の第2章『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が60億円を突破する快進撃大ヒット上映中です!

そして、その“恐竜級”大ヒットを祝したイベントが行われました!

本作にも登場する様々なDNAを掛け合わせて産み出された最強のハイブリッド恐竜のごとく、お笑い芸人の父と元お笑い芸人の母のDNAを引き継ぎ、今やバラエティ番組のみならずドラマへの出演、ファッションモデルもこなす“ハイブリッドタレント”へと成長した岡田結実さん、そして恐竜界の覇者T-レックスの如く、2017年M-1グランプリの覇者として大人気のお笑いコンビ・とろサーモンの村田秀亮さん、久保田かずのぶさんが、恐竜界の代表・T-レックスが設置された迫力ある舞台に登壇して行われました!

夏休みの自由研究の一貫として、PRした三人。
両親譲りの天性の“お笑いDNA”を遺憾なく発揮した独特の感性で描く“絵”が今ネット上で話題となっている岡田結実さん改め“岡田画伯”は、“ジュラ絵日記”を、村田さんは、予告編に合わせた特技の“ぶっつけ本番ナレーション”を、久保田さんは映画をテーマにした特技のラップ”ジュラップ”を披露しました!

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』大ヒット記念イベント概要
日時:8月16日(木)
会場:SHIBUYA109前 イベントスペース
登壇:岡田結実、村田秀亮、久保田かずのぶ(とろサーモン)

映画情報どっとこむ ralph 会場に設置された、映画に登場するものと同じサイズのT-レックスを目の前に、驚嘆の声をあげた岡田さんととろサーモンのふたりですが、


岡田さん:フジモンさんが横に並んでも大丈夫そうですね!

久保田さん:(T-レックスの)肌を触ったらお前(村田さんの)お母さんを思い出したわ

といい、笑いを誘いました。

本作の感想について問われると

岡田さん:前作の『ジュラシック・ワールド』は家族と一緒に映画館に見に行ったんですけど、すごく好きなんです!前作も子供から大人まで楽しめる作品になっていたかとは思いますが、今回はよりストーリー性があり、思わずうるっときてしまう場面もあって、人間の心の歪みなんかも描かれていて、より大人の方は楽しめる作品になっているんじゃないかと思いました。

久保田さん:心の歪んだ大人としても今日呼ばれたような気がします…。もしこんな時代が本当にやってきたら本当に恐ろしいですよね~

村田さん:それくらいリアリティがある作品になっていますよね!前作はテーマパークでのお話でしたけど、今回はより人間味ある作品になっている気がしました。

とそれぞれに熱く語りました。


映画情報どっとこむ ralph 続いて、夏休み真っ只中ということで、今回「夏休みの自由研究」として、<『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の魅力を伝える>をテーマにした、それぞれの特技を発表いただくことに!

両親譲りの天性の“お笑いDNA”を遺憾なく発揮した独特の感性で描く“絵”が今ネット上で話題となっていること受け、岡田さんはジュラ絵日記を発表!その個性溢れる絵に会場が騒然する中、注目ポイントについて、
岡田さん:映画に出てくるブルーのように、弱っている恐竜がいたら助けてあげる恐竜です!弱っている恐竜がいたら、拾って頭上のお皿に乗せていくんです。

と力説。

村田さん:色使いは天才的ですね!

と褒める(?)一方で、その独特な発想を聞いた

久保田さん:僕がお医者さんならこう聞きます、最近何かありました?と…

と心配する素振りをみせ、会場の笑いを誘うものの、

岡田さん:人間でも助けてくれる、心優しい新種の恐竜なので、続編で是非登場させてもらいたいですね!名前は“タスケルドン”です!

とアピールしました。

村田さんは、予告編に合わせた特技の“ぶっつけ本番ナレーション”を発表!
60秒の予告編にあわせて独特な声でパワフルなナレーションを披露した村田さんですが、その出来映えをみた久保田さんから

久保田さん:貴方が前面に出すぎていて全然内容が頭に入ってこない!岡田さんのお父さんと同じくらいのメンタルを持っていないとこれは披露できないクオリティだったね。

と指摘すると、

岡田さん:父かと思いました(笑)

と同意し、会場からは笑いが。


そして、久保田さんが、映画をテーマにした特技のラップ”ジュラップ”を発表!
村田さんの見事なボイスパーカッションに合わせてラップを披露した久保田さんですが、 “T-レックスよりネゴシックスが好き”といったリリックが気になったという村田さんから

村田さん:あれなんなん?

と聞かれると

久保田さん:いいでしょ!?

と得意気に切り返し、またもや笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph また、子供の頃の自由研究について問われると、

岡田さん:母の取れたつけ爪を集めて絵をつくろうと思ったんですけど、家族にすごく引かれて…。反対されたので、一から違うものをつくることになりました(笑)

と明かすと、とろサーモンのふたりもドン引き!

久保田さん:だから父は(岡田さんと)共演NGなんやね…。

とボソリ。

村田さん:家の近くの公園でたくさんのセミがとれたのでそれを標本にしました。でも普通標本って色々な種類の虫だったりを並べたりすると思うんですけど、僕は全部アブラゼミ。アブラゼミしかいなかったので。それもみんなにめっちゃ引かれましたね。

と話し、今度は岡田さんが引き気味に。

エピソードがふたつあるという久保田さんはまずひとつめに

久保田さん:クワガタやカブトムシをとって、例えば触覚を増やしたり、“メスカブトムシ”と名付けて、お尻あたりに顔を描いたりして新種の虫をつくっていました。

と得意げに話し、さらに

久保田さん:なんで、ピアノを弾ける子はクラスに一人しかいないのか気になったので、それを研究しました。結果、クラス替えの際に、音楽祭のことも考えてそういうふうに振り分けているそうです。

と明かし、それぞれ独特な自由研究に、三人はお互いにドン引きする様子をみせ、会場は笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

今後挑戦したいことを問われると

岡田さん:川口春奈さんにキックボクシングに連れていってもらったらハマってしまって!今後お仕事にもつなげられるように続けていきたいと思っています!

と笑顔。

村田さん:僕はお酒が大好きなんですけど、酒を飲みすぎるのをやめたい!週二で飲んで、休肝日をつくりたい。

と話すと、

久保田さん:今ここで話す事じゃないわ!

と具体的すぎるエピソードに突っ込み。そんな久保田さんから

久保田さん:10、11月頃に、お笑い塾を開講したいと思っているんです。マンツーマンの指導で日本一の漫才師をつくりたい。月謝制で月4回で50万、生徒募集中です」と、嘘か本当か分からない発言が飛び出すと、村田さんは「知らなかった…とんでもないこといいだすな!

と驚愕した様子をみせました。


ジュラシック・ワールド/炎の王国』​

公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ

キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、 テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures
  


岡田結実「ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授与式


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、毎年、最も活躍した方へアワードを授与させていただいております。このアワードは、2010年より実施していて、その年にワーナーさんがリリースするエンターテイメント作品のイメージのあわせ、作品同様日本中に感動や希望を与えた方の功績をたたえているものです。

そして!今年は・・・・

全世界興業収入850億円越えの驚異的な大ヒットを記録した超大作アクションエンターテイメント『ワンダーウーマン』のブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信を記念し、「ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」の授与式を行いました。

タレントとしてバラエティなど幅広い分野で今年大活躍した岡田結実さんが受賞し、本作では主人公の幼少期の声を担当した新井美羽が花束ゲストに駆けつけました。

「ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」 授与式
日付:5月6日
受賞者:岡田結実
ゲスト:新井美羽

映画情報どっとこむ ralph 本日、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントが主催するアワードの授与式が行われ、主人公のダイアナが劇中で着ていたドレスをイメージしたブルーの艶やかなドレス姿で岡田さんが登場!受賞の感想を

岡田さん:この賞を頂けて芸能界での頑張りが自信に繋がりました。これに甘んじずに努力を怠らずにこれからも頑張りたいです。

とコメント。

授与式には花束ゲストとして、『ワンダーウーマン』の日本語吹き替え版で、ダイアナの幼少期の声を演じた新井美羽ちゃんが登場!
ワンダーウーマンに扮して登場した美羽ちゃんは岡田さんのドレス姿について、

美羽ちゃん:綺麗でかっこいい!

と憧れを見せていた。

対して岡田さんも美羽ちゃんのワンダーウーマン姿について、

美羽ちゃん:いつも可愛らしいのに今日はそれに女性の強さもあって今から将来が恐ろしい!

と絶賛!

映画情報どっとこむ ralph また、岡田さんとの共演も多いという美羽ちゃんは

美羽ちゃん:綺麗で面白くて私も大きくなったら岡田さんみたいになりたい!

と宣言!照れながら

岡田さん:お手本にならないと!

と戒め。受賞に当たり、今年、大ブレイクを果たしたことによって変わった事を聞かれた

岡田さん:一人でラーメン屋や牛丼屋に行った時も周囲の視線を意識する様になり、綺麗に食べる事を心がけるようになりました。

とエピソードを披露しました。

映画情報どっとこむ ralph また、『ワンダーウーマン』の感想を聞かれ

岡田さん:終始すごいかっこいい!女性でもダイアナの強さに憧れます。ダイアナの内から出てくる力強さに惚れました。こんな風に素敵なアクションができる女性になりたいと思います!

とアクションも視野に入れていることを明かしました。

吹替え版に参加している美羽ちゃんは

美羽ちゃん:初めての吹替えで緊張したり難しかったけど、こんな素敵な作品に参加できてとても楽しかったです。DVDにはおまけのNGシーンなども付いているので皆さんぜひ買って下さい!

とPR!

最後に改めて受賞の感想と来年の抱負を聞かれ

岡田さん:この賞を頂けた事を嬉しく思います。来年は芸能人である前にちゃんとした人になるという気持ちを忘れず、もっと飛躍した年にしたい。ワンダーウーマンの様に強い女性になれる様に、これからも笑いをもっともっと獲っていきたいです!芸能界に新しい風を吹かしていきたい

という抱負と共に、両腕を胸の前でクロスに組む”ワンダーウーマン”ポーズと合わせて披露し授賞式を締めくくりました。
映画情報どっとこむ ralph
『ワンダーウーマン』

2017年12月2日(土)ブルーレイ&DVD 発売/レンタル開始/デジタルセル先行配信中!
ブルーレイ&DVD セット(2 枚組)/¥3,990+税
【初回仕様】ブルーレイ&DVD セット(2 枚組/ブックレット付)¥4,990+税
【初回仕様】 3D&2D ブルーレイセット(2 枚組/ブックレット付)/¥6,990+税
【初回仕様】<4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット>(3 枚組/ブックレット付)/¥7,990+税

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND Ⓒ DC COMICS. Ⓒ 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
   
***********************************




ブルーレイ&DVD 発売記念『傷だらけの悪魔』山岸聖太監督トークイベント


映画情報どっとこむ ralph “フツー”の少女たちの“壮絶”なバトルを描いた人気コミックの実写映画化作品『傷だらけの悪魔』のブルーレイ&DVD 発売を記念して、監督自らが撮影の裏側を語るトークショー “傷だらけの聖太”を実施しました。

日付:7月3日
登壇:山岸聖太(さんた)監督、竹田直樹プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 抽選によって選ばれた一般の方々向けの上映会終了後、監督の山岸聖太(さんた)監督 とプロデューサーの竹田直樹さんが登場、トークショーが始まりました。

今回は監督とプロ デューサーだけのトークショーということで、ここでしか話せない裏話を。旬なキャストが多数登場した本作ですが、

山岸監督:プロデューサーの言われた通り に OK を出しました。でも伊藤万理華さんは僕がキャスティングしました!

と付け加えました。乃木坂46のメンバーである彼女は、本作で主人公・舞(足立梨花)の東京にいる親友という役で登場。

山岸監督:あのシーンは最初台本にはなかったんですが、スケジュー ルが厳しい中でも印象に残るように重要な役を与えました。

と語りました。また竹田プロデューサーもキャスティングについて、

竹田P:同時期にほかの学園ものの映画も撮影してたみたいですが、それらの作品に出演している子は絶対にキャスティングしないと決めていました。

とコメント。

クランクイン前には出演者によるワークショップが行われたようで

監督:足立さんはやっぱり経験もあるので、ほかの人よりも際立っていました。江野沢さんに関しては、この時は演技に不安がありましたが、クランクインの時にはもうスイッチが入っていましたね。

と振り返りました。しかし撮影中は、

監督:役者のみんなには特に声をかけなかったです。演出の時だけ

と意外な言葉が。すると

竹田P:みんなが『どうやって監督とコミュニケーショ ンを取るか』って話してましたよ。

と、裏でのやり取りを監督本人の前で暴露しました。

映画情報どっとこむ ralph 一番大変だったこととして、

監督:MV と映画では何もかもやり方が違ったので、どうしても撮影が思い通りにいかなくて、 (MVの現場でも一緒に仕事をしている)撮影部と照明部だけを集めて秘密の会議を開きました。『普段のやり方でやろう』って。

と、プロデュー サーも知らなかったやり取りが行われていたことを暴露。しかし、

監督:それでもうまくいかなくて、いろいろ試行錯誤しながら続けたんですが、そしたらいつの間にか撮影が終わっていました。

と映画を撮る大変さを思い返していました。

本作のテーマである“いじめ”については、

監督:いじめっていうのは、ずっと大昔から存在していて、それこそ江戸時代とかその頃にもあったと 思うんです。でも、やってることはずっと変わらない。昔は暴力だったかもしれないけど、その時一番近くにあるものを道具として使うんですよね。それが現代では、スマホなんだと思います。

と、本作にもたびたび登場する描写から、監督の持論を語ってくれました。


最後にお二人から、

監督:手を伸ばしづらい映画ですが、見た方が重たい気分ではなく『おもしろかったな』という快感を得てほしくて、それを目 指して作りました。

竹田P:さわやかな邦画が多い中、こんな作品を作ることができて本当に幸せです。

とコメント があり、イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 「comico」にて連載中の人気コミックが、旬のキャストで衝撃の実写映画化!

『傷だらけの悪魔』
7 月 5 日(水)ブルーレイ&DVD発売
発売元:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ブルーレイ
¥4,743+税
DVD
¥3,800+税 デジタル先行配信中
©2017 KIZUAKU フィルムパートナーズ


物語・・・
親の都合で田舎の高校に転校してきた葛西舞(足立梨花)。ダッサいクラスメイトとどこまでも続く田園風景にうんざりしながらも、そこそこ楽しんでいこうと決 めた舞の前に現れたのは、中学時代に同級生だった小田切詩乃(江野沢愛美)。舞は詩乃のことを覚えていないものの、舞のグループから酷いイジメに遭っ ていた詩乃は復讐を決意。詩乃の策略によって逆にイジメの標的とされた舞のスクールライフは、地獄の日々と化していく。でもいつまでも泣いてるわけには いかない。孤立無援のなか、ついに舞が反撃を開始する!!

***********************************

STAFF:
監督:山岸 聖太(『全員、片想い/あさはんのゆげ』)
原作:澄川 ボルボックス(「傷だらけの悪魔」<漫画>)
脚本:松井 香奈(『少女』、『プリンセスメゾン』、『バブリシャスロード アニキと俺物語』)

CAST:
足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、藤田富、小南光司、伊藤万理華(乃木坂 46)※友情出演

2017 年 日本/2017 年 2 月 4 日~全国 22 館 ロードショー作品
©2017 KIZUAKU フィルムパートナーズ
     

     


足立梨花で山岸聖太監督が映画化 『傷だらけの悪魔』BD&DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 人気コミック・ノベルアプリ「comico」の 大人気コミックを衝撃の実写映画化! 『傷だらけの悪魔』


明るく楽しい学園生活の裏で繰り広げられる、 “フツー”の女子高生たちの壮絶な戦いを、ポップで斬新な映像美によって切り裂いて いく学園サバイバル!いじめという学生生活からは切り離せないテーマを、体当実写に!

女性キャスト陣には足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、 伊藤 万理華

男性キャストは、藤田富、小南光司が出演しています

そして、監督を務めるのは、星野源や乃木坂 46 等のミュージックビデオを手掛けた、山岸聖太監督。 長編映画初監督作品です。



映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
親の都合で田舎の高校に転校してきた葛西舞(足立梨花)。ダッサいクラスメイトとどこまでも 続く田園風景にうんざりしながらも、そこそこ楽しんでいこうと決めた舞の前に現れたのは、中 学時代に同級生だった小田切詩乃(江野沢愛美)。
舞は詩乃のことを覚えていないものの、舞 のグループから酷いイジメに遭っていた詩乃は復讐を決意。詩乃の策略によって逆にイジメの 標的とされた舞のスクールライフは、地獄の日々と化していく。でもいつまでも泣いてるわけに はいかない。孤立無援のなか、ついに舞が反撃を開始する!!
映画情報どっとこむ ralph 【商品仕様】 ブルーレイ
品番:BJS-81086 価格:4,743 円 (+税) DVD
品番:JDD-81086 価格:3,800 円 (+税)
レンタル 品番:RJD-81086(DVD のみ)

【ブルーレイ】
■オリジナル(日本語):DTS-HD Master Audio 5.1ch サラウンド ■ビスタ(1.85:1) ■カラー ■本編 97 分 ■2 層ディスク ■2017 年 日本映画

【DVD】
■オリジナル(日本語):ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド ■ビスタ(1.85:1) ■カラー ■本編 97 分 ■片面 2 層 ■2017 年 日本映画

【特典映像】
■ブルーレイ(約 84 分):劇場予告、メイキング映像、インタビュー集
■DVD(約 27 分):劇場予告、メイキング映像

***********************************

足立 梨花
江野沢 愛美 加弥乃 岡田 結実 藤田 富 小南 光司 川原 亜矢子 宮地 真緒

原作:澄川ボルボックス
監督:山岸 聖太
脚本:松井 香奈
(C)2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ
    


足立梨花、江野沢愛美ら登壇!『傷だらけの悪魔』完成披露試写


映画情報どっとこむ ralph 1月24日(火)足立梨花主演「傷だらけの悪魔」の完成披露試写会が都内で行われ、主人公・葛西舞を演じる「足立梨花」さんと同級生の面々。そして、山岸監督が登壇しました!

『傷だらけの悪魔』完成披露試写
日付:1月24日(火)
登壇:足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、藤田富、山岸聖太監督

映画情報どっとこむ ralph 主題歌を担当したNANA(Lily’s Blow)のライブ演奏に続き

舞台挨拶が行われました。


足立梨花
(クラスメイトからいじめられる葛西舞役をオファーされ、)いじめられる役と知り、いじめる側の間違いじゃないかと思いましたが、原作と台本を読んで納得しました。イジメに反撃する強い女の子だったからです。一生懸命演じましたが、どう観てもらえるかちょっと心配。

私はいじめられたら舞ちゃんみたいに強くはいられないと思います。映画の中だけでもつらかったのに、本当にこれが私生活で起こったらどうしていいか分からなくなるかも…。現場では役づくりのためほとんど他の共演者と話しませんでした。

今回はすごく考えさせられる映画です。いままでどういう人生を送ってきたかによって感じることが違うと思うので、ぜひ皆さんに見てもらって、この映画について話してもらいたいです。

映画情報どっとこむ ralph 江野沢愛美
私はどちらかというと思ったことをはっきり言うタイプなので、こういう陰湿で怖い役とは全く違うかもしれません。原作にもあるゲス顔が本当に難しく、できなくてめちゃくちゃ監督に怒られて、もうやめたいとまで思いましたが、本番に入っていきなり役が入ってきました(笑)。SEVENTEENの専属モデルでこれやっていいの?というシーンもあるので、ぜひ楽しみにしてください。

加弥乃
演じた役柄とは自分は真逆。優里亜の派手さもまったくないので、学生の時の友達がこれを見たら、びっくりするんじゃないかと…。自分自身はよく天然と言われますし、思い込んだら突き進んじゃうところが似ているかもしれません。

岡田結実
この場に立てたことがとても嬉しいです。初めての映画だったため、初歩的なところから全く分からず、脚本を現場に持っていっていいのかどうかさえ分からなかったんです。でも周りの方が優しくて、まるで夢の国のようでした。父からは「俺はドラマに出たことあるからおまえも大丈夫だろうな。汚すなよ!」と言われ、とりあえず「大丈夫です…」と答えときました(笑)。

藤田富
まあ女の子たちが恐かったです。イジメシーンを撮影した後に和気藹々と話してるギャップが本当に恐くて…。自分たち男性陣は仲良かったが、女性って裏表があって恐ろしいですね(笑)。

山岸聖太監督
原作をそのまま再現するのはやめようと思っていました。映画独自の表現を目指し、特にイジメがジメジメしてるように見えないよう心掛けました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『傷だらけの悪魔

世界累計2,100万ダウンロードを誇る人気マンガ・ノベルサービス「comico」で連載中の、10代のリアルな人間関係を描く人気マンガが実写映画化!

親の都合で田舎の高校に転校した葛西舞は、中学時代に舞のグループからひどいイジメに遭っていた小田切詩乃と再会。詩乃のことを全く覚えていない舞だったが、過去の恨みを忘れない詩乃は復讐を決意。

クラスメイトを巻き込んだ学園サバイバルストーリーです。



2017年2月4日(土) 角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

***********************************

原作:澄川ボルボックス(comico)
脚本:松井香奈 監督・編集:山岸聖太
エグゼクティブプロデューサー:芦田健 升田年則 堀内大示 丸山俊
企画・プロデュース:竹田直樹 プロデューサー:服巻泰三 河野伸祐 浅岡史紀
音楽プロデューサー:近藤ひさし 音楽:吉川清之 岸田勇気
撮影:ナカムラユーキ 照明:酒井淳
録音:山田均 美術:畠山和久 衣装:丸山江里子 村島恵子 ヘアーメイク:高橋可菜

<キャスト>
足立梨花
江野沢愛美 加弥乃 岡田結実 藤田 富 小南光司 仲谷香春 芋生悠 高野海琉 YUKINO(La PomPon) 中島愛蘭 花影香音 福田愛美
川原亜矢子 宮地真緒

主題歌: Lily’s Blow 「NAI NAI NAI」

製作:KIZUAKUフィルムパートナーズ
(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ビーイング、KADOKAWA、日本映画投資、スタッフライクザット)
配給:KADOKAWA 制作:ソリッドフィーチャー
©2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ