「岡田惠和」タグアーカイブ

有村架純×坂口健太郎WOWOW「連続ドラマ W そして、生きる」が 再編集で劇場版に!


映画情報どっとこむ ralph 主演に有村架純と坂口健太郎を迎え、『8年越しの花嫁』などヒューマンドラマの名手・岡田惠和が紡いだオリジナルストーリーを、興収 35 億超の大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』でメガホンを執った月川翔監督のもと映像化。9月27日(金)全国ロードショーが決定しました。
有村架純 坂口健太郎 知英 岡山天音『そして、生きる』
有村架純 坂口健太郎 知英『そして、生きる』 8月から WOWOW の連続ドラマ W で放送された全 6 話の壮大な物語が、ドラマでは放送されなかった未公開シーンも盛り込み、 2 時間の劇場版として生まれ変わりま
す。

物語の舞台は、東北、東京、フィリピン。
2011 年の東日本大震災後のボランティ
ア活動で出会った瞳子と清隆の 2 人が、運命に翻弄されながらも強く美しく生き抜く姿を、彼らと巡り合う人々の人生を絡めながら感動的に描いていきます。
有村架純 坂口健太郎『そして、生きる』 有村架純 岡山天音『そして、生きる』
特設サイト:
https://www.wowow.co.jp/dramaw/ikiru/


***********************************


脚本:岡田惠和(連続テレビ小説「ひよっこ」『8 年越しの花嫁』
監督:月川翔(『君は月夜に光り輝く』『君の膵臓をたべたい』)
音楽:村松崇継(『思い出のマーニー』「連続ドラマW
コールドケース ~真実の扉~」シリーズ
出演:有村架純
坂口健太郎 知英 岡山天音 萩原聖人 光石 研 南 果歩 ほか
上映時間:
135 分 製作・配給: WOWOW

配給協力:イオンエンターテイメント
Ⓒ 2019 WOWOW




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

みうらじゅん、田口トモロヲ、宮藤官九郎、麻生久美子など…『いちごの唄』カメオ出演!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家 岡田惠和と、銀杏BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語、『いちごの唄』が7月5日(金)に公開となります。


本作は、主演の古舘佑太郎、石橋静河に加え、宮本信子、和久井映見、光石研といったベテラン俳優と、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤裕希、恒松祐里といった注目若手俳優など豪華キャスト陣が見どころのひとつ。


さらに見どころとなるのがカメオ出演陣。いま、本編に登場するカメオ出演陣が「豪華すぎる!」と話題となっています。

峯田和伸の俳優デビュー作『アイデン&ティティ』、さらには岡田恵和が脚本を手掛けた「奇跡の人」で共演している麻生久美子、峯田とは“ブロンソンズ”としてユニットを組む『アイデン&ティティ』の原作・みうらじゅん、監督・田口トモロヲ、そして脚本の宮藤官九郎が揃って参加した他、峯田と親交の深いミュージシャンの曽我部恵一、エレキコ ミックのやついいちろうと今立進。その他にも、元銀杏 BOYZ のメンバーである村井守、銀杏 BOYZ のオフィシャルカメラマンの村井香、古舘が所属するバンド「2」のメンバーである赤坂真之介と yucco など、総勢 11 名が銀杏 BOYZ 、峯田和伸へのリスペクトならとカメオ出演している。

完成披露試写会の上映後には、「ちょいちょい登場したカメオ出演俳優に、思わず吹いてしまった」「どこに居た?探しにまた観たい!」という声が挙がっている。中には一瞬しか映らない人もいたりするので、ファンとしては見逃すことができない。

映画情報どっとこむ ralph みうらじゅんさん、田口トモロヲさん、宮藤官九郎さん、麻生久美子さんからコメントも到着!

◆みうらじゅんさんコメント
撮影は蒲田。ひどく雨が降っていて、中華屋さんの前に張ったテントの中まで降り込んできた。ぼくらはブロンソンズで決めていて、監督の指示どうり主演の人たちに迷惑かからないよう静かにしてたつもり。気がついたら望む望まないに関わらず、変な人になっていて、相棒の田口トモロヲ、通称トモチンとお互いのテンガロンハット姿を見て笑った。

◆田口トモロヲさんコメント
おそらく!?正しいカメオ出演の仕方をさせてもらったテンガロン2人組ブロンソンズの片方 田口トモロヲです(笑)。
銀杏BOYZの想いをベースに、青春の混沌を共有し、内側から無心に物語&映画を支える峯田くんの男気に拍手喝采です!!

◆宮藤官九郎さんコメント
コメントしちゃったらカメオじゃなくね?という疑問もありますが、言わなきゃ分かんないくらい役(バイトの先輩)に成りきっているって事ですかね。ありがとうございます。現場はとても和気あいあいとしたムードで、監督から痛烈なダメ出しを喰らうこともなく、午前中で終了しました。峯田くんの世界観で岡田さんの脚本なら間違いないです。主演の古舘くんの、頼りないようで、しっかり何かを物語っている眼差しが、印象的でした。

◆麻生久美子さんコメント
岡田惠和さんと峯田和伸さんという大好きなお二人の原作の映画に、ほんの少しですが出演させていただけて、とても光栄でした。撮影は古舘佑太郎さんとご一緒させていただきましたが、真っ直ぐでとてもピュアな方で、まさにコウタ役にピッタリな魅力溢れる役者さんだと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 誰がどこのシーンにどんな役で出ているかは、是非劇場でお楽しみを!

『いちごの唄』

7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
ichigonouta.com   
twitter:
@ichigonouta

恋をした。七夕、親友の命日にだけ会える、僕たちの”女神”に。
コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。
次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。
しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

***********************************

古舘佑太郎 石橋静河
和久井映見 光石研 清原果耶 小林喜日 大西利空
しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑光
蒔田彩珠 泉澤祐希 恒松祐里 吉村界人 岸井ゆきの
峯田和伸 宮本信子
監督:菅原伸太郎  原作:岡田惠和・峯田和伸「いちごの唄」(朝日新聞出版) 脚本:岡田惠和
音楽:世武裕子・銀杏BOYZ 主題歌「いちごの唄」(歌:銀杏BOYZ)
製作:「いちごの唄」製作委員会
製作プロダクション:ファントム・フィルム   
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「いちごの唄」製作委員会   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

僕は幸せだと思うんだよね。片思いだけど恋をしているから『いちごの唄』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 『雪の華』「ひよっこ」など数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和と、銀杏BOYZ峯田和伸が紡いだ同名小説を映画化した『いちごの唄』が7月5日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となります。

この度、本作の予告編とポスタービジュアルが完成しました。

予告編は、主人公・コウタ(古舘佑太郎)が、たったひとりの親友・伸二の命日である7月7日に、同級生の天野千日(石橋静河)と高円寺で偶然再会するシーンから始まる。彼女は、コウタと伸二が、“天の川の女神だから、あーちゃん”と呼んでいた、二人の憧れの女の子。コウタは千日に勇気を振り絞って提案する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また」 一年に一度、親友の命日である七夕に高円寺で再会し、環七通りを散歩する二人の楽しそうな姿。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を告白し…

「僕は幸せだと思うんだよね。片思いだけど恋をしているから」

というコウタのセリフから、誰もがいつか経験したことのある、恋した時の喜びと切なさを思い起こさせるエモーショナルな作品を期待させる。本編を彩る音楽は、銀杏BOYZの「漂流教室」「ぽあだむ」など恋と友情を歌う名曲たちの他に、峯田和伸が本作のために書き下ろした主題歌「いちごの唄」。本作でしか聞くことができない新曲が、予告編でも使用されています。



映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルには、赤い花が咲く野原に横たわるコウタと千日の二人と、「全力で、恋した時間は、永遠なんだ。」というキャッチコピー。二人の絶妙な距離感が、年に一度、親友の命日でもある七夕にしか会えない二人の関係を表現しているよう。親友といつでも一緒だった頃の無敵な気持ち、恋した時に喜びと切なさ。青春のすべてがここにある。

『いちごの唄』

「奇跡の人」「ひよっこ」岡田惠和×銀杏BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。

次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。

しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

公式サイト: ichigonouta.com   
twitter:@ichigonouta
instagram:ichigonouta.movie

***********************************


古舘佑太郎 石橋静河
和久井映見 光石研 清原果耶 小林喜日 大西利空
しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑光
蒔田彩珠 泉澤祐希 恒松祐里 吉村界人 岸井ゆきの
峯田和伸 宮本信子


監督:菅原伸太郎  原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
脚本:岡田惠和
音楽:世武裕子・銀杏BOYZ 主題歌「いちごの唄」(歌:銀杏BOYZ)
製作:「いちごの唄」製作委員会  製作プロダクション:ファントム・フィルム   
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「いちごの唄」製作委員会   
clip_html_html_image3




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『いちごの唄』峯田和伸イラスト入りオリジナルエコバッグがムビチケ特典付販売開始!


映画情報どっとこむ ralph 数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和と、銀杏BOYZ・峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。

映画『いちごの唄』が2019年夏に全国公開となります。

主人公の二人を演じるのは、古舘佑太郎と石橋静河。共演は宮本信子、和久井映見、光石研と日本映画に欠かせない実力派俳優陣。さらに清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里たち大ブレイク中の人気若手俳優も集結。

監督は、岡田惠和脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」を手がけた菅原伸太郎。誰もがいつか経験した最高の友情と、切ない恋の想い出が、豪華なキャスト・スタッフによってキラキラと輝く青春映画となりました。

映画情報どっとこむ ralph この度、前売特典付きムビチケカードが3月22日(金)より発売開始。

劇場購入の特典は、銀杏BOYZ・峯田和伸が同名小説「いちごの唄」に書き下ろしたイラスト入りオリジナルエコバッグ。

ムビチケカードは、主人公の二人の間にiPodが置かれたデザインで、銀杏BOYZの楽曲「漂流教室」 「ぽあだむ」などをイメージソースに生まれた本作の音楽への期待も感じられるものになっています。

◆『いちごの唄』前売り券発売情報概要
・券種:ムビチケ
・特典:峯田和伸イラスト入りオリジナルエコバッグ ※数量限定、なくなり次第終了
・発売日:3/22(金)
・金額:¥1,400-(税込) ※当日一般¥1,800-の処

映画情報どっとこむ ralph 「いちごの唄」

2019年夏 全国ロードショー

公式サイト:
ichigonouta.com

twitter:
@ichigonouta

instagram:
ichigonouta.movie

【ストーリー】

「奇跡の人」「ひよっこ」岡田惠和×銀杏BOYZ・峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。

次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。

しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

***********************************


古舘佑太郎 石橋静河

和久井映見 光石研 / 清原果耶 小林喜日 大西利空

泉澤祐希 恒松祐里 しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑光

蒔田彩珠 吉村界人 岸井ゆきの / 峯田和伸 宮本信子



監督:菅原伸太郎 脚本:岡田惠和 原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)

音楽:世武裕子・銀杏BOYZ

製作:『いちごの唄』製作委員会 制作プロダクション:ファントム・フィルム

配給・宣伝:ファントム・フィルム (C)2019『いちごの唄』製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

脚本家・岡田惠和 x 峯田和伸 映画「いちごの唄」を古舘佑太郎 x 石橋静河で製作が決定


映画情報どっとこむ ralph この度、主演に古舘佑太郎さん、共演に石橋静河さんを迎え、映画「いちごの唄」の製作が決定しました。

“恋”と“青春”を歌い続け、絶大な支持を受けるカリスマロックバンド“銀杏BOYZ”がこの世界へ産み落とした名曲の数々を脚本家・岡田惠和先生が、峯田和伸さんの楽曲を映像界でトリビュート!!

数々の名誉あるドラマ賞を総なめにした「奇跡の人」(BSプレミアム)、記憶に新しい朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)で、脚本家と出演者という形で競演した岡田惠和先生と峯田和伸さん。

そこから意気投合した2人は親交を深め、2018年春発売、共著による小説「いちごの唄」(朝日新聞出版社)へと発展した。

「いちごの唄」は小説化と映画化を同時並行で実践。

小説原作と映画の脚本を手掛けた岡田先生が銀杏BOYZの楽曲7曲からインスパイアされ、イメージされた物語をオリジナルで紡ぎ、峯田さんは、小説をイラストという形で共著し、映画への出演も決定している。そして映画は、銀杏BOYZを愛して止まないキャスト・スタッフが集結しています。

映画情報どっとこむ ralph 出演者はミュージシャンであり俳優としての活躍も注目される古舘佑太郎さん

<古舘佑太郎さんコメント>
『いちごの唄』の世界の中で、僕らはどう生きて、どう笑ったり泣いたりして、どんな恋をするのか、楽しみでもあり扉を開ける前の恐怖もあります。初めて銀杏BOYZの曲を聴いた時、部活帰りの汚れたユニフォームのままベッドの上を暴れ回った事を思い出しました。あの時の衝動は何だったのか。この映画を通して僕自身の目で覗いてみたいし、観てくれた方たちと少しでもこの想いが通じ合えたら嬉しいです。大先輩である峯田和伸さんと岡田惠和さんのタッグによって生まれたこの物語を、石橋静河さん、菅原監督と共に全力で駆け抜けて青春したいと思います。


2017年には新人女優賞を総なめ、NHK連続テレビドラマ「半分、青い」などの出演でひっぱりだこの石橋静河さん。

<石橋静河さんコメント>
峯田さんの音楽から紡がれたこの素敵な物語が映画になることが、私自身とても楽しみです。
絡まってほどけなくなった心をほどいて、また大切に編み上げるように千日という女の子を演じてみたいと思いました。
古舘さんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと、ひとつひとつのシーンを丁寧に積み上げていけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 青春時代。
笑って泣けて、痛くて切なく、そして愛らしい。
全ては “あの日”から始まった―かつて誰もが体験したであろう、小さくも真っ赤に実った“初めての恋”の物語を10年の時を経て描く、愛と青春の物語。

2019年、全国ロードショー

公式サイト: ichigonouta.com

物語・・・
なのに僕は恋をする。
恋しちゃいけない、“天の川の女神”に。
冷凍食品の製造工場で働く、笹沢コウタ。
バカでさえない、かっこよくもないコウタの、唯一の親友だった伸二。
しかしその伸二は、2人が大好きだった“女神”あーちゃんを交通事故から守り、死んでいく。
伸二君の死から10年後、コウタはあーちゃんと偶然再会する…。

***********************************

出演:古舘佑太郎 石橋静河 ほか
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和 
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
幹事・企画・制作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健、土屋太鳳で瀬々敬久監督が『8年越しの花嫁』映画化!コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、2015年7月に「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた感動の実話が、ついに瀬々敬久監督の手で映画化が決定しました。

%ef%bc%98%e5%b9%b4%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%ae%e8%8a%b1%e5%ab%81
結婚を約束した一組のカップル、尚志と麻衣。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、突然の病気が麻衣を襲う。

一時は心肺停止、その後も長い昏睡状態に。

いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう他にいい人を見つけたら」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。その祈りが届いたのか、その後、麻衣は徐々に意識を
取り戻すが、そこへ更なる試練が降りかかる。麻衣は、記憶障害により尚志の記憶を失っていたのだった。大きなショックを受けながらも、来る日も来る日も麻衣のもとへ通い続ける尚志。

そして、8年の年月が経った頃、ついに2人に奇跡が訪れる――。

映画情報どっとこむ ralph 尚志役には、映画『るろうに剣心』(14年)、『世界から猫が消えたなら』、『何者』(ともに16年)など数々の作品で主演を務め、その確かな演技力で今や日本映画界に欠かせない存在となった若手随一の実力派俳優・佐藤健さん。

そして麻衣役には、ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~ 」、映画『PとJK』、『兄に愛されすぎて困ってます』、『トリガール!』(すべて17年)など出演作が続き、今最も勢いに乗る若手女優土屋太鳳さん。
2人の共演は、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』 (ともに14年)以来、3年ぶり。カップル役は今回が初となります。


目を覚まさない婚約者を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける、繊細な心情を表現する役に挑む佐藤と、これまで明るく健康的な役柄の多かった土屋が、難病と闘う女性という新たな境地とも言える役にどう挑むのか、2人の演技にも期待が高まります。


本作のモデルとなったのは、岡山県在住の中原尚志さん・麻衣さん夫婦。
交際から2年目の記念日にプロポーズ、2007年3月の挙式に向けて準備をしていた06年末、麻衣さんを突然原因不明の病が襲います。

その後、「抗NMDA受容体脳炎」という、発症率が300万人に1人とされる難病と診断。長い昏睡状態とその後のリハビリを経て、8年後の2014年12月に晴れて挙式。式場の運営会社が撮影したそのときの映像が、2015年2月に「8年越しの結婚式」として「YouTube」に投稿され、瞬く間に口コミで広がり話題となりました。

映画情報どっとこむ ralph 佐藤さん、土屋さん。そして瀬々監督からコメントが届いています!

佐藤健さん【西澤尚志役】からのコメント
このドキュメンタリーを観た時の感動を今でも鮮明に覚えています。
もちろん尚志さんと麻衣さんの八年間は、あの映像には収まりきらないほど壮絶で、しかしその中に、普通の人の一生分全部を足しても届かない程の大きな大きな愛があったのだと感じました。現実にこんな人生が有り得るのかと、心が震えました。そして奇跡は起きるものじゃなく起こすものなのだと、お二人に教えていただきました。僕達の作る映画は、尚志さん達が実際に送られた人生の感動には遠く及ばないかもしれません。しかしこの、あるカップルに舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたいという想いで、この役を引き受けさせて頂きます。お二人のことをちゃんと見守り続けてくれていた神様と、この作品との出会い、そしてこんなにも眩い生き方を僕達に見せてくれた尚志さん、麻衣さん、お二人のご家族の皆様に心から感謝して、そして敬意を込めて、全身全霊を捧げ撮影に臨みます。


土屋太鳳さん【中原麻衣役】からのコメント
私が出会った一冊の本。愛らしい表紙には、ひまわりのような新郎新婦。
でも、その物語に刻まれていたのは、壮絶な奇跡でした。中原尚志さん・麻衣さん御夫妻、そして支えてこられた方々へ。お二人の純粋な愛を伝えて下さって、本当にありがとうございます。
心からの感謝と共に、大切な記憶に真摯に向き合い、その日々を生きたいと思います。

佐藤健さんへ。魂を削り役を生きる背中は、常に私の目標です。全力で、ぶつかります応援して下さってる方々、 この物語を愛していらっしゃる方々へ。貴重な奇跡を私で表現出来るのか御心配かと思います。未熟者ですが、全てを注ぎ全てを捨てて、演じます。どうか見守って下さい。よろしくお願い致します。


瀬々敬久監督からのコメント
真実の物語に敬虔な心を忘れることなく、そして臆することなく、果敢に挑戦していきたいと思っています。知性と運動神経を兼ね備えた唯一無二の若手俳優だとずっと思ってきた佐藤健さん、一本ちゃんと線の通った純粋さを持っておられる土屋太鳳さん、二人と共に走っていけたらと思っています。


8年越しの花嫁

公開:2017年冬 全国公開

公式サイト:http://8nengoshi.jp/ 

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
かけがえのない人を待ち続けた8年間。これは実際に起きた、奇跡のラブストーリー。

尚志と麻衣は結婚を約束した20代のカップル。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、麻衣を原因不明の病が襲う。一時は心肺停止、長い昏睡状態で麻衣は寝たきりとなる。そこから尚志は毎朝出勤前に病院まで通い、麻衣を看病し続けた。しかし、いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは「もう他にいい人を見つけたら」と言われる。
それでも尚志は諦めず、麻衣の側で回復を祈り続ける。
その祈りが届いたのか、数年後、麻衣は徐々に意識を取り戻し、言葉を発するようになるが、そこへ更なる試練が―。

麻衣は、記憶障害により尚志の記憶を失っていたのだった。

その後リハビリを経てようやく外出できるようになった麻衣を、尚志は2人の思い出の場所へ連れ出すのだが、まだ麻衣は尚志のことを思い出せない。尚志も自分が麻衣に負担をかけているのではと感じ、
2人は別れてしまう。


しかしその後、麻衣は尚志が挙式予定だった日に毎年式場を予約し続けていたことを知る。

尚志の深い愛情に改めて気づいた麻衣は、彼を探し始める――。

***********************************

原作:「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)
監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
出演:佐藤健、土屋太鳳
配給:松竹
制作スケジュール:2017年1月上旬クランクイン、2月クランクアップ 予定
©2017「8年越しの花嫁」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ