「岡田将生」タグアーカイブ

佐々木希がホテルに誘うも逃げられる映像到着「伊藤くん A to E」


映画情報どっとこむ ralph 他人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさが話題沸騰となったドラマ「伊藤くん A to E」が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーとなります。

この度、佐々木希演じる【A】の女・島原智美が、伊藤をホテルに誘うも、ダッシュで逃げられてしまうという衝撃の本編映像が公開となりました!


佐々木希さんが演じる智美は、誰もが認める才色兼備の女性でありながら、5年間、一方的に付き合っていると信じ込んでいる“伊藤くん”と一度もSEXをしたことがなく、いつもぞんざいに扱われてしまっているという切ない役どころ。いつも伊藤の気まぐれに振り回されうんざりしながらも、たまに呼び出されるたびに「もしかしたら…」と期待してしまう典型的な【都合のいい女】だ。そんな智美が伊藤をホテルへ誘うも、断られてしまうという衝撃シーンが解禁!


智美は久々に伊藤に呼び出されたことにはしゃいで飛んでいくが、連れていかれたのはラーメン屋で、そのうえ彼に「好きな人ができたから応援してくれ」と言われてしまう。


伊藤にとって自分は彼女ではなく、用事があるときだけ呼ばれる、ただの【都合のいい女】でしかなかったことを自覚してしまうのだ。そこで、伊藤に尽くしてきた5年間が無駄でなかったことを証明するため、意地でも伊藤に抱いてもらおうと捨て身の覚悟で伊藤にすがるが…。智美の痛々しくも切実な想いがこのシーンに表れている。

映画情報どっとこむ ralph 佐々木希といえば、「世界で最も美しい顔100人」ランキングに6度ランクインしているほどの、世界も認める絶世の美女。
今回解禁された映像には、そんな佐々木希演じる智美が上目遣いでホテルに誘うも断られ、最後にはダッシュで逃げられてしまうという、他では決して観ることの出来ない姿が収められている。

伊藤は、最初は「ごめんな」と言いながら良い男を装い智美の頭をぽんぽんする。

しかし、引き下がろうとしない智美を見て、腕を思いっきり振り払い、おびえた様子で走り去ってしまうのだ。「ねえ、待ってよ!」「もっと一緒に居たい!」と何度も食い下がり、すがりつく様子は、伊藤にとってもはや【都合の良い女】以下のウザい女となった智美の悲壮感をより引き立てるシーンになっている。

映画情報どっとこむ ralph 劇中では、他にも【B】自己防衛女・野瀬修子(志田未来)、【C】愛されたい女・相田聡子(池田エライザ)、【D】ヘビー級処女・神保実希(夏帆)、そして木村演じる崖っぷちの【毒女】矢崎莉桜、5人の女たちが超モンスター級【痛男】伊藤によって運命を狂わされる姿が描かれる。甘い恋愛に秘められた嫉妬、執着、苛立ち、優越感…人間なら誰しもが抱く【毒】が抉り出される震撼恋愛ミステリーをぜひお見逃しなく!

物語・・・
伊藤(あいつ)にさえ、出会わなければ―
落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、
新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、
そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。
“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と
同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。
“伊藤”の狙いは一体何なのか―。莉桜は徐々に追い詰められていく。

公式サイト:ito-kun.jp

過去記事:
女優達からクズ!のレッテル!岡田将生がタジタジ(笑) 『伊藤くん A to E』完成披露試写会
http://eigajoho.com/90720


***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一  原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫) 脚本:青塚美穂 音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」 (image world) 配給:ショウゲート 
(C)「伊藤くん A to E」製作委員会  


痛男:岡田将生と毒女:木村文乃『伊藤くん A to E』60秒予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 女性から圧倒的支持を受ける柚木麻子の傑作小説「伊藤くん A to E」が、岡田将生と木村文乃W主演で遂に映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショー。
岡田将生演じる超モンスター級の【痛男】伊藤くんと、木村文乃演じる崖っぷちアラサー【毒女】矢崎莉桜を中心に繰り広げられる今だかつて見たことのない恋愛ミステリーです。

そして!!!

その新たな60秒予告映像が解禁となりました。

超ハマリ役と絶賛される岡田将生演じる“伊藤くん”が、今まで以上に女たちを自由奔放に振り回す痛々しい映像になっています。美しい顔から繰り出す不気味な笑みと、

「君のこと好きだなんてひとことも言ってない」

「重いのって苦手」

「無様!」

女たちの心を切り刻むヒドイ言葉の数々。
そして、木村文乃演じる、崖っぷちアラサー【毒女】矢崎莉桜の

「伊藤にさえ出会わなければ、私の運命は狂わなかったのに・・・」

という切実な声と、劇中ではあまり見ることのできない豪華女優陣の貴重な笑顔とのミスマッチでミステリアスな映像は必見です。



映画情報どっとこむ ralph さらに、本日より公式サイト&SNSにて、【『伊藤くん A to E』を110倍楽しめる!110エピソード】と題して、【伊藤=110(いとう)】にかけ、今まで明かされてこなかった“110”の赤裸々なネタが毎日公開されます。

「木村文乃ら豪華女優陣が岡田将生に向かってつぶやいたひとこと」

「2017年忘れられない誕生日。1日中ラブホテルで過ごした伊藤くん役・岡田将生」

「モンスター級痛い男・伊藤は実在!?モデルとなった男はすでにニューヨーク暮らし!」

そんなドキっとするエピソード集だけでなく、豪華キャスト陣が普段見せることのない撮影の裏側や、リアルタイムでのネタなども飛び込んでくるので乞うご期待!!

映画情報どっとこむ ralph 女の生き方のバイブル!?“伊藤くん”に出会ってしまったことで運命を狂わされ、どん底から這い上がる女たちの生き様は必見!!2018年幸せな女になるためには、年明け最初に『伊藤くん A to E』を観るべし!

岡田君ならいい?

『伊藤くん A to E』

2018年1月12日(金)より全国ロードショー!

***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中圭

監督:廣木隆一 原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫) 脚本:青塚美穂 音楽:遠藤浩二

主題歌:androp「Joker」 (image world) 配給:ショウゲート ©「伊藤くん A to E」製作委員会 公式サイト:ito-kun.jp


監督:廣木隆


女優達からクズ!のレッテル!岡田将生がタジタジ(笑) 『伊藤くん A to E』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 超モンスター級【痛男(いたお)】岡田将生VS崖っぷち【毒女(どくじょ)】木村文乃

あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家柚木麻子先生のロングセラー恋愛小説を廣木隆一監督が映画化!予測不能な震撼恋愛ミステリー。映画「伊藤くん A to E」は2018年1月12日(金)全国ロードショーとなります!

関わる女たちの人生を翻弄する前代未聞の【痛男(いたお)】伊藤誠二郎役には、岡田将生。そして“伊藤”の存在に迫っていく落ち目の脚本家・矢崎莉桜役には、木村文乃が、W主演で初共演を果たしています。

その他にも、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭など豪華キャストが脇を固めています。
そんなキャストと監督が一堂に会して完成披露舞台挨拶にのぞみました。

映画『伊藤くん A to E』完成披露試写会
日時:11月21日(火)
登壇:岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中 圭、廣木隆一監督 

映画情報どっとこむ ralph 今回、登場したのは、伊藤(岡田将生)に振り回される女たち

【A】ぞんざいに扱われる女・島原智美(佐々木希)
【B】自分の殻に閉じこもる女・野瀬修子(志田未来)
【C】愛されたい女・相田聡子(池田エライザ)
【D】高学歴のヘビー級処女・神保実希(夏帆)

切実で無様な恋愛相談にのりながら、心の中で毒づき、自身の書く脚本のネタにしようと企んでいる矢崎莉桜(木村文乃)。

そして、ドラマプロデューサーの田村伸也(田中 圭)と(中村倫也)

レッドカーペットに2名ずつ登場するキャストに場内は拍手の嵐。女性陣は其々花を持ち観客にプレゼント。
映画情報どっとこむ ralph 岡田さん:初めて一般のお客様に観ていただくので緊張しています。皆さんが思っている以上に伊藤くんはモンスター痛男で。観たら皆嫌いになります。

木村さん:完成披露、皆さんの反応が気になっています。途中チクチクするところもありますが、最後は爽やかになれると思います。

佐々木さん:其々の女性が伊藤くんに出会ってかき乱されて、成長していく物語です!

志田さん:見ていてこうなりたくないダメな女性が集まっている、人生の教科書のような物語です。

池田さん:私の役は振り回す役にもなっていて、チョットスパイス的な存在です。

夏帆さん:夏のドラマを新たにこうしてお届けできるのは嬉しく思います。

中村さん:この映画指さして笑ってたら、いつの間にか自分を指している・・・そんな映画です。そして、生きる活力が沸きます。セイ!

田中さん:登場人物がほぼほぼクズです!そんな、クズに共感を覚えてしまいます。自分のクズっぷりも噛みしめられる映画になっています。

廣木監督:自分の中では、楽しめる作品になっていると思ってます。

と其々一言挨拶の後、イベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 岡田将生史上一番のクズ。
岡田さん:丁度こういう役を望んでいたので、ラッキーでした。でも、想像以上に痛い奴で、気持ちよかったです。

そして木村さんも毒女。

木村さん:最初に本を読んだ時に、こんなに女であることが痛いと思ったのは初めてでした。監督の撮りたいものを最小限に小さな声で伝えてくれるので、汲み取ってつなげていくかだと演じました。

と、話す木村さん。

今回木村さんと岡田さんはW主演で初共演ですが、撮影前の食事会で漫画のことで盛り上がって仲良くなったそう。

本作の痛いは女性は共感できるところが多いとのことですが、演じてみて、

佐々木さん:5年間付き合ってると思い込んでいる女性。なんでこんな男を好きなんだろう?と演じてて心が痛かく切なかったです。
その切ながってる姿を見て監督は「痛いね~」とご満悦だったそう。
志田さん:恋も仕事も停滞気味。伊藤くんからストーキングされている感じで。はっきりしない役で自分はいらいらしながら演じました。

と言う志田さんは、実はちょっぴり似た部分もあるのだそう。

池田さん:私のハートの先は夏帆さん演じる実希。実希に彼氏ができるのが嫉妬。いろんな感情がその中に渦巻いていて、難しかったです。

その心の行き先の夏帆さんは処女で重い女

夏帆さん:3年間伊藤先輩を好きで、でも重いと。自分はまともだと思ってする行動が周りを傷つける。それをつっこみながらも、自分にもあるかな?と思いながら演じていました。

と、語る皆さん。
そして振り回されて

佐々木さん:伊藤くんに振り回されて嫌な気持ちでした。
志田さん:伊藤くんの圧迫感が凄いなと。
池田さん:伊藤くんとはかかわりたくない。
夏帆さん:傷つきました。

という皆さんに小さくなる岡田さん。

木村さん:この野郎!って思ってたよ!

と、岡田さんを見つめる木村さん。
岡田さん:皆さん、カットってかかると、気持ち悪!って。小さな声で。傷つきました。
と、寂しげな岡田さん。

映画情報どっとこむ ralph そんな女性陣を見ていて

田中さん:みんなクズです!

中村さん:皆可愛らしかったですよ。ちっさい嘘言ってたり・・でも皆クズです。

一番こだわったのは

廣木監督:其々の個性をチョイスして映画としてまとめて。其々の見せ場を作るように心がけました。

最後に

木村さん:おすすめを聞かれると、モンスターであった木村君がほんのちょっと変化が。。。。クズでも、みんな頑張ってるんだと思えるシーンがあります。いろいろな人に心に変化があるといいなと思っています。

岡田さん:伊藤くんに出会えて良かったです。いろんな方々に届けたいです!キャラクター一人一人を観察して観て下さい!

もがいてもがいて、その先に・・・・

『伊藤くん A to E』
公式サイト:http://www.ito-kun.jp/

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。

心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前にも“伊藤”が現れる。

“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていくのだ。

しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。
“伊藤”の狙いは一体何なのか――。

莉桜は、徐々に追い詰められていく。

***********************************

木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 山田裕貴 中村倫也 田中 圭
総監督:廣木隆一
監督:毛利安孝 稲葉博文
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:喜安浩平
音楽:遠藤浩二
製作:「伊藤くん A to E」製作委員会
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
©「伊藤くん A to E」製作委員会


映画「天然コケッコー」上映会開催に向けてMotionGalleryにてクラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph 11月26日に映画「天然コケッコー」のロケ地である旧後野小学校(島根県浜田市)での上映会開催の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて30万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。
motion-galleryサイト

島根県浜田市が舞台の漫画「天然コケッコー(くらもちふさこ作)」を通じて、日本の田舎の魅力を再認識し、文化振興を中心とした地域の活性化を図る目的で企画。
2007年に映画化された際も、多くは浜田市で撮影が行われました。この作品を中心として、来年、青春をテーマとした映画祭を、映画館が無い浜田市で開催するため、地域や県内外からの関心を集めるべく、キックオフの位置付けで上映会を開催します。

上映会の会場は撮影が行われた小学校(旧後野小学校)の講堂を利用するため、会場設営に掛かる費用をクラウドファンディングで資金調達します。
一口1,000円から支援を受け付けており、上映会チケットや打ち上げ参加などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは11月24日23時59分〆切であり、30万円を目標にしています。

全国の天コケファン、くらもちファン、青春映画が大好きな人たちを虜にするような映画祭の開催へ向けて、はじめの一歩となる今回の「天コケ上映会」を多くの方にご覧いただけるよう準備してまいります。

映画情報どっとこむ ralph 【上映会概要】
作品  :天然コケッコー(2007)
     ※35mmフィルム・200インチスクリーン
日程  :2017年11月26日(日)
会場  :旧後野小学校(島根県浜田市後野町779-2)
上映  :10:00~ 一般上映会 ※3才以下入場不可
     14:00~ ファミリー上映会 ※発声可能上映
定員  :各回 100名
チケット:11月6日よりクラウドファンディングで先行発売
     11月16日より一般発売開始(料金1,000円)
     ※一般発売の詳細は後日Dramatic CIMANEのFacebookページで案内
      
その他 :小学生以下入場無料


【特別ゲスト】
藤村聖子(女優)
※映画「天然コケッコー」にあっちゃん(山辺 篤子)役で出演
※上映後(各回とも)にトークセッション

【映画:天然コケッコー】
原作  :くらもちふさこ
監督  :山下敦弘
脚本  :渡辺あや
主演  :夏帆、岡田将生
製作年 :2007年
上映時間:121分

映画情報どっとこむ ralph 映画「天然コケッコー」公式ホームページ
http://tenkoke.asmik-ace.co.jp/

海、山、太陽 - 自然の光と音のなか、きらきらと今を生きるゆったりとした時の流れが、体の中に入りこみ、不思議な優しさと幸福感があふれる、あたたかな永遠の感動作

若草の萌える野のような、生き生きとした日本映画がまた一つ誕生した。カリスマ漫画家くらもちふさこの名作コミック「天然コケッコー」の映画化である。「天然コケッコー」は、ど田舎で暮らす少女の何気ない日常をリアルに描き、長い間ファンの胸に深く根ざし愛され続けてきた。そんな原作に挑むのは、鋭い感性と透徹した洞察力を持ち、『リンダ リンダ リンダ』『リアリズムの宿』などで日本中を爽やかな感動で包んだ気鋭・山下敦弘監督。自然豊かな街を舞台に、方言丸出しの少女が初恋を経験し、家族や友人や村人に見守られながら成長していく、今を切り取った、笑顔いっぱいの物語。ゆったりとした時の流れに、幸福感を味わい、涙したくなる、優しく温かな陽だまりのような感動作が完成した。

***********************************



映画『何者』佐藤健ら登壇初日舞台挨拶 LINE LIVE生配信決定!


映画情報どっとこむ TJ いよいよ10月15日(土)公開映画『何者』。

その初日に、「LINE LIVE」では映画『何者』の初日舞台挨拶と座談会生中継が決定!

ステージには、主演の佐藤健を始め、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之の超豪華キャストが集結。

さらに、舞台挨拶直前の舞台裏インタビューや、舞台挨拶終了後にはメンバーによるスペシャル座談会もLINE LIVE独占で生配信!

そんな貴重な舞台裏を仕切り、時に視聴者からの質問も受け付けるMCは… 山田孝之が務めます!!

番組最後にはキャストから貴重なプレゼントも!?お見逃しなく!!

【番組概要】
番組名:「映画『何者』佐藤健ほか豪華出演者集結!初日舞台挨拶スペシャル」
配信日時:10月15日(土)13:10 〜
出演者:佐藤健、有村架純、菅田将暉、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之
※全て予定
配信:URL 

※番組内容・番組開始時間は予告なく変更となる場合がございます。

映画情報どっとこむ TJ 映画『何者』について

%e4%bd%95%e8%80%85_%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc「桐島、部活やめるってよ」の朝井リョウが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ「何者」が遂に映画化!
主演:佐藤健 × 直木賞作家:朝井リョウ × 鬼才:三浦大輔が贈るまだ誰も見たことのない超観察エンタメ!!
原作は、数々の賞を独占したデビュー作「桐島、部活やめるってよ」で等身大の高校生を描き切った平成生まれの作家・朝井リョウが、直木賞を受賞し大きな話題を呼んだ『何者』(新潮文庫刊)。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生たち。主演の佐藤健をはじめ、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之ら、いま最もスケジュールが押さえにくい若手実力派俳優たちが集結して、就活でライバルとなる登場人物たちと同様に演技合戦を繰り広げる。
「就活対策本部」としてひとつの部屋に定期的に集まる5人。それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。「私、内定もらった…。」やがて「裏切り者」が現れたとき、これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。人として誰が一番価値があるのか? そして自分はいったい「何者」なのか?
いま、彼らの青春が終わり、人生が始まる――。



公式サイト:
nanimono-movie.com

10月15日(土)全国ロードショー

***********************************

佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生/山田孝之

原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊)
監督/脚本:三浦大輔
音楽:中田ヤスタカ

主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」
中田ヤスタカ(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
©2016映画「何者」製作委員会