「岡田将生」タグアーカイブ

岡田将生、木村文乃ら、今年成長させたい決意は!?『伊藤くん A to E』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 超モンスター級【痛い男】 “伊藤”が女たちの運命を狂わせる『伊藤くん A to E』が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーとなりました

公開翌日の本日13日(土)、本作で初共演を果たした、岡田将生さん、木村文乃さんをはじめ、佐々木希さん、志田未来さん、池田エライザさん、夏帆さん、中村倫也さん、田中圭さんが一堂に集結!映画公開を記念した舞台挨拶が行われました。


映画『伊藤くん A to E』公開記念舞台挨拶
日時:1月13日(土)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇:岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中 圭、廣木隆一監督 計9名(予定)

映画情報どっとこむ ralph 超モンスター級【痛い男】 “伊藤”に関して、

岡田さん:伊藤くんは自己中なんですけど、自分お世界を持っているのは あこがれはあります。羨ましいなと思ってしまう部分があります。

木村さん:うーん。人間らしくて好きですね。南ん甘えを見ているのが希望があるなと。

印象に残っていること

佐々木さん:出来上がりを観たときに、思いを伝えあう部分があって、本当に最低だなと思いました。最低なんで。

志田さん:わたしはストーカー行為にあっていて、公園であることを言われますが・・・この人、気持ち悪いと思いました一目散で逃げました。
と、追い打ちをかける志田さんに

岡田さん:悪口言う会じゃないよね。

とあたふたの岡田さん。

岡田さん:カット、かかっても軽蔑の目が。。

と、寂しげ!

映画情報どっとこむ ralph 池田さんは伊藤くんではなく廣木監督の演出が印象に残ったそうで

池田さん:廣木さんの演出は現場に行ってみないとわからないので、しょっぱなから演出プランを壊すところがあって。。。ここで歌ってみようとか、急なひらめきが多いんです。廣木さんの中ではできてるんだろうなと思いますが、演技プランは壊されるので。

ここで、演出方法を話していると、女優陣は、演出で全員「あっ」とセリフの前にっつけさせられていたことが判明。本編を確かめるのも面白いかも。


監督の指示
夏帆さん:丁度、映画の撮影時期にドラマも撮っていて。キャストも変わららず。セリフも昨日言ったなと思うほど。時系列もほぼ同じで。監督が違うとこんなに違うのが面白かったですね。


印象に残ったシーン

中村さん:夏帆ちゃんが ベッドに飛び込んで。岡田が壊れたロボットみたいな動きをする。 爆笑!

岡田さん:ロボット・・監督の演出です!

と、自分の演技ではないと笑いながら怒り、

田中さん:伊藤は腹立ちますよね。番組宣伝で初めてあったのですが・・・演技って巣が出るよなと思っていたら。 全然違って素敵な人なので、 作り上げてる岡田さん凄いなと思いました。

と、絶賛。監督は

廣木監督:シナリオライターの世界ですが、普通にいる人の世界をリアルにしたかったんですね。現実的な人物像を作りたかった。

と、演出の基本を話されました。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作にちなんで新しい一歩。ここを成長させたい決意を聞かれ

田中さん:自分に甘いので、厳しくしたいんです。 あーどうしよう。まーいっかを減らします。

中村さん:生ききる年にしたい。ストイックに。現場で遠慮しちゃうことが多いので。いい意味で、伊藤を目指そうと思います。まずは 岡田将生をマネて15㎝のシークレットブーツを履くところから始めます(笑)

監督:マイペース。今年も。

佐々木さん:当って砕けて無様でも成長していくので、格好良く失敗を恐れずに挑戦していきたい

と、とても前向き!

池田さん:2017年は執筆が多くて。家から出ないことが多くて。インプットが無くなってきたので、2018は家から出る!日本から出てみる挑戦してみます。(MC:一人旅?)一人旅?無理無理!怖い!

と語り。

志田さん:髪の毛を伸ばします。(MC:小学生みたいですが)伸ばしている最中胸あたりまで伸ばします!

夏帆さん:志田さんと同じで、髪を伸ばしたいな・・・・あとは、もうちょっとまめに、なりたいな。

木村さん:2017は忙しく、出来る事とデキない事がはっきりあって、支えていただいてることの大切さを気付いたので。わたしは武器が多くないので
今年は無様なのもいいかなと。守るものを積み上げていきたいですね。新しい木村文乃をみせます!

と、宣言!

岡田さん:考えていましたが、毒を吐く!ですね。ため込んでしまうたちなので。

と、ブラック岡田を表に出していくことになるのか?

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
木村さん:いろいろな無様な登場人物たちですが、彼女たちを見ていると自分と重なるなと思う方たちを裏切らない映画です。(映画館に)入ってきたときと出ていくと気では気持ちが大きく変わる映画だともいます。監督の人柄が出た人に寄り添う希望の映画になっています!

岡田さん:無様でもがいている人は心に響きます。登場人物の心情を感じていただけたんじゃないかと思います。僕自身挑戦した作品です。心に残ってもらえると幸いです。

と初日を締めました。


伊藤くん A to E

1月12日(金)より全国ロードショー

公式サイト:ito-kun.jp


物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”(岡田将生) が現れる。

“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。

中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての 脚本を書いていくのだ。

しかもそこには、莉桜のネタにはない 5 人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々 に追い詰められていく。



***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭

監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:青塚美穂
音楽:遠藤浩二 主題歌:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート
©「伊藤くん A to E」製作委員会


<伊藤くんの日>イベント第3弾andropボーカル内澤崇仁ミニライブ


映画情報どっとこむ ralph <伊藤くんの日>イベント第3弾でラストは・・・

映画「伊藤くん A to E」主題歌を担当した、andropボーカル内澤崇仁が登場したリリースミニライブが行われました。

そして!W主演の岡田将生&木村文乃が登場し、盛り上げました。

映画『伊藤くん A to E』 androp 映画主題歌「Joker」発売記念インストアライブイベント
場所:渋谷タワーレコード
登壇:androp内澤崇仁(vocal & guitar)、伊藤彬彦(drums)、岡田将生、木村文乃

映画情報どっとこむ ralph 映画「伊藤くん A to E」主題歌「Joker」リリース記念として、andropボーカルの内澤崇仁さんが登壇しアコースティックミニライブが、東京・TOWER RECORDS渋谷店にて、300人の観客を集めて行われました。
 
内澤さんの貴重なアコースティックライブに、観客が盛り上がる中、この日全4曲演奏され、
内澤さん:エレクトロな雰囲気とバンド的なものと融合というか、一人でどこまでできるのか、俺も謎なんです。初めてでドキドキしてます。今後やることはない、スペシャルバージョン、渋谷のタワレコバージョンで演奏したいと思います。

と語るほどの、プレミアムなソロ歌唱。
最後に本作の主題歌である「Joker」を披露。

映画情報どっとこむ ralph そしてスペシャルゲストとして、記念日協会によって正式に制定された、1月10日<伊藤くんの日>にちなんで、ドラムの伊藤彬彦さんがサプライズ登場!! すると「今日の演奏良かったよ」となぜか、内澤さんに対して上から目線の伊藤さんの言葉に、場内のandropファンは盛り上がり。
ミニライブもこのまま終了と思いきや、さらにスペシャルなゲストとして、W主演の岡田将生と木村文乃が、艶やかな着物姿で、突如登場し場内は、黄色い歓声が!

内澤のソロ歌唱を、実は観客に隠れて鑑賞していた2人は、

岡田さん:聴けて良かったです!

木村さん:どうしても頭からライブを聴きたくて、全てのイベントを早回しで、巻き巻きで駆けつけました。

と、興奮した面持ちで感想を語った。

「Joker」の作詞作曲をした内澤さんは、事前に原作を読み、ドラマを鑑賞し、映画の台本も読み込んだ上で、曲作りに取り組んで

内澤さん:小説や脚本、ドラマを拝見させていただいた上で、伊藤くんのように無自覚で人を傷つけてしまうことが普段の生活でもあるなと思いながら書きました。伊藤くん目線でも、振り回されている女性たちからの目線でも共感できる歌詞にしたつもりです。自分も無自覚に人を傷つける瞬間があるなと。

と、楽曲を手掛けた時のエピソードを語りました。
 

また岡田さんの映画インタビュー記事を見て

内澤さん:インタビューで、岡田くんの(役柄の)ことを、“痛い男”と言ったりするので、脳のなかで岡田くんは痛い男になっちゃっている。

と語ると、 岡田将生はショックを受けたように苦笑いをしていた。

さらに主題歌「Joker」について聞かれて

岡田さん:(主題歌「Joker」は)映画の全てを説明してくれるような曲です。映画を観た後で気持ちよく映画館から出れる。エンドロールで流れるのが別の曲だったらこの環状にはなれなかった。自分が出演している映画の曲を聞いて興奮しています。

そして

木村さん:初めて本編に流れる曲を聴いたときに、希望が持てるなって思ったんです。それでパンフレットの歌詞を見たときに、ありがとうと思いました。曲(主題歌「Joker」)を聴いただけで、映画のことが分かっちゃうって。

と口を揃えて絶賛しました。

映画情報どっとこむ ralph 伊藤くん A to E

1月 12 日(金)より全国ロードショー

公式サイト:
ito-kun.jp

物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚 本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”(岡田将生) が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての 脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない 5 人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々 に追い詰められていく。


***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭

監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:青塚美穂
音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート
©「伊藤くん A to E」製作委員会


1月10日は“伊藤くんの日”と正式認定に岡田将生、木村文乃 驚き!『伊藤くん A to E』


映画情報どっとこむ ralph 1月10日は“伊藤くんの日”イベント第2弾は・・・・110名の痛い恋愛経験者たちと2018年の幸せを祈願 公開直前イベント

超モンスター級【痛い男】 “伊藤”が女たちの運命を狂わせる『伊藤くん A to E』1月12日(金)より全国ロードショーとなります。

公開まであと2日!!

1/10(水)に伊藤くんの日と言うことで岡田将生さんと木村文乃さんが豪華和装で登場する、公開直前イベントが行われました。

『伊藤くん A to E』1月10日=“伊藤くんの日” 公開直前イベントその2
場所:田中千代ファッションカレッジ
登壇:岡田将生、木村文乃

映画情報どっとこむ ralph 会場に集まったのはストーリーにちなみ、“痛い恋愛経験のある人たち110名”が集結。

モダンな和装姿のお二人が入ってくると、大きな拍手、黄色い悲鳴とカッコいい!!!カワ(・∀・)イイ!!の嵐。

岡田さん:1か月ほど番宣をしていますが、伊藤くんの紹介が自意識過剰、イケメン、中身が空っぽ、モンスター級の痛い男・・・だんだん傷つき始めています。。。(笑)そんな伊藤くんを一生懸命演じました。

と、ちょっと弱気な岡田さんスタイル。一方満面の笑みの木村さん。

木村さん:いつもと違って、赤裸々に腹を割って話が出来ればと思っています。

との挨拶でスタート。


実は今回のこの会場となった田中千代ファッションカレッジは、本作の撮影現場となったところ。矢崎莉桜(木村文乃)が教えてる教室やラストの場所などなどが撮られています。

岡田さん:去年の8月の撮影。汗だらだらでした。ラストの長回しのシーンは、ここのテラスで撮影しました。ワンカットでのお芝居。一番緊張しました。

木村さん:一発で撮ったのですが、廣木監督が今のショットを信じてるからって、陽の感じとか岡田さんの汗の感じとか影とか・・・全部信じてると。出来上がったものを見たら監督の言っていたことがわかりました。

このラストシーンは是非劇場で!

映画情報どっとこむ ralph そして・・・今回集まったのは、伊藤くんのような男に振り回された経験を持つ方。もしくは振り回されてみたい110名。
木村さん:伊藤くんじゃなくて岡田さんにですよね。

と、話すと

岡田さん:僕に関しては、振り回すことはありません。

と、映画とは違うと、きっぱり。
岡田さん:お芝居の最中は伊藤くんなので、相手が嫌がることをしました。カットがかかっても皆さん嫌な顔をしていたので・・・

木村さん:そんなんことない。

岡田さん:じゃ・・・勝手に傷ついていました。

一方、木村さんはAからDの女性を自分の脚本に生かそうとする毒女役ですが、
木村さん:A-Dの女性たちは、役柄的には良い素材ネタが来たなと。佐々木希さん、志田未来さん、池田エライザさん、夏帆さん、其々役にあった芝居をしてくれるので楽しかったです。特に夏帆さん。かわいくって。とても好きです。伊藤くんに関しては・・・・・ねえ。

と、お茶を濁すも

木村さん:でも、伊藤くんが愛されキャラなのは、岡田さんが演じてるからだろうなと。

会場も納得の回答。

映画情報どっとこむ ralph
今回集まったヤバい恋愛経験を持った110人の方達とのトークコーナーに。其々のエピソードが映画のA-Eに当てはまりそうなお話で盛り上がり、実は長めのメールを送ってしまいがちで重い女だと木村さんが吐露すると、ストーカー体質な伊藤くんを演じた岡田さんは逆にストーカー行為を受けていたことを話してしまい。

岡田さん:後で怒られるやつだ!なんで言っちゃったんだろう。

と後悔。

また記念日協会より正式に【1月10日は“伊藤くんの日”】と認定されたことが発表されると

岡田さん、木村さんは本当に驚いたご様子!
木村さん:正式に?本当だ~。キメていいの?

岡田さん:えー毎年。。A-Dまでやったので、次回はFから続編を。毎年作りますか。

と、公開前ですが続編にも期待!?

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

木村さん:出演作品で年を始められるのは嬉しく幸先がいいことだなと。映画はドロドロな恋愛だけでなく観た後に希望が残るお話ですので観ていただけたら。

岡田さん:今年も一つ一つ仕事をこなしていきたいと思います。『伊藤くん A to E』は明後日から公開です。宜しくお願い致します。

場所を移動して110名と共に“伊藤くんの日”制定を祝い、くす玉を割り2018年の幸せを祈願しました!

この後、伊藤くんの日イベント第3弾は・・andropボーカル内澤崇仁ミニライブ
http://eigajoho.com/95501


『伊藤くん A to E』

1月 12 日(金)より全国ロードショー

公式サイト:ito-kun.jp


物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”(岡田将生) が現れる。

“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。

中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての 脚本を書いていくのだ。

しかもそこには、莉桜のネタにはない 5 人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々 に追い詰められていく。



***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭

監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:青塚美穂
音楽:遠藤浩二 主題歌:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート
©「伊藤くん A to E」製作委員会
   


伊藤(110)くんの日イベント第1弾!岡田将生、木村文乃110 番の日広報宣伝大使に!


映画情報どっとこむ ralph 女性から圧倒的支持を受ける柚木麻子の傑作小説「伊藤くん A to E」が、岡田将生×木村文 乃の W 主演で映画化。いよいよ今週末 12 日(金)より全国ロードショーとなります。

この度、映画公開を記念して、1月10 日(水)=「伊藤(110)くんの日」であるということで、イベント3連発

その第一弾は 「110 番の日」でもあるとして、このたび岡田将生さんと木村文乃さんが赤坂警察署から“赤坂警察署 110 番の日広報宣伝大使に任命され、そのお披露目イベントが行われました!

映画『伊藤くん A to E』1 月 10 日=“伊藤くんの日” 110 番の日広報イベント
場所:新青山ビル
登壇:赤坂警察署 署長 深野義幸、岡田将生、木村文乃

映画情報どっとこむ ralph 1月10日(水)が“伊藤(110)くんの日”であると同時に、警察庁により昭和60年に「110 番の日」として も制定されている本日、本作の主演である岡田将生さんと木村文乃さんが、会場に詰めかけた 110人を越える観客の前に拍手に包まれながら登場。
観客から大きな歓声を受けた二人は、なかなかない機会に、
岡田さん:光栄です。。

と照れ笑 い。さらに、

木村さん:女優でアイドルの木村文乃です。

と茶目っ気たっぷりにあいさつし、会場は大爆笑。
実は、イベント前に赤坂警察署の深野義幸署長から「どういう風にご紹介すればいいですか?」と尋ねられ

木村さん:女優でアイドルです(笑)今日は楽しく過ごせそうです。
と笑顔で会場の観客に手を振っていた。

早速、署長から「赤坂警察署 110 番の日広報大使」の任命証を手渡された二人。

警視庁のマスコットキャラクタ ーであるピーポ君と仲良く笑顔で記念撮影。

今回は詰めかけた観客へ、広報大使の活動として岡田・木村の二人から配布するということで、リーフレッ トと交通事故防止のキーホルダーが二人の手によって手渡されました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、感謝状を渡された

岡田さん:110 番と#9110 を正しく使い分けてほしいです。

と 110 番に対する理解を求め、

木村さん:はやる気持ちは抑えられないので、自分のことより他の人が緊急かもしれないと考える余地がある方は 110 番と#9110 のどちらが正しいかを選んで通報してほしいです!

ろ、大使に任命されることが初めて という二人は大変光栄と笑顔を見せ、

木村さん:木村大使、と呼ばれて、ちょっと男性になった気分だった。

と笑いを誘った。今日が 110 番の日だったことを実は

岡田さん:知らなかった。

木村さん:先に映画『伊藤くん A to E』で“伊藤くんの日”という認識だった。

と木村が言うと、二人は「“伊藤くんの日”と“110 番の日”の両方の記念日に したいですね」と提案しました。


1月10日は“伊藤くんの日”イベント第2弾
http://eigajoho.com/95474

映画情報どっとこむ ralph 伊藤くん A to E

1月 12 日(金)より全国ロードショー

公式サイト:
ito-kun.jp

物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚 本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”(岡田将生) が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての 脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない 5 人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々 に追い詰められていく。


***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭

監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:青塚美穂
音楽:遠藤浩二 主題歌:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート
©「伊藤くん A to E」製作委員会


木村文乃主演ドラマ「伊藤くん A to E」が MBS/TBSにて再放送決定!!映画は一層過激に!


映画情報どっとこむ ralph 人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさが話題沸騰となったドラマ「伊藤くん A to E」が、一層過激になり、岡田将生×木村文乃W主演で映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーとなります。


その映画化に先駆け、2017年8月15日(火)からTBSにて、2017年8月20日(日)からMBSドラマイズム枠にて全8話でドラマ版が放送されていました!

この度、MBSにて1月1日(月) 、2日(火)の二夜連続で再放送決定!そして、TBSにて1月7日(日)、8日(土)の二夜連続でスペシャルエディション版の放送が決定しました!

また、ドラマ&スペシャルエディション版の再放送決定に合わせ、木村文乃の新境地【毒女・莉桜】の毒舌っぷりが止まらない映画本編シーンが解禁になりました!

<毒女・莉桜の毒舌っぷりが止まらない本編映像>




伊藤くん A to E

公式サイト:ito-kun.jp 

物語・・・
伊藤(あいつ)にさえ、出会わなければ―

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。
心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。

“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。
“伊藤”の狙いは一体何なのか―。莉桜は徐々に追い詰められていく。


***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭

監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫) 
脚本:青塚美穂 
音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」 (image world) 
配給:ショウゲート 
(C)「伊藤くん A to E」製作委員会