「岡本玲」タグアーカイブ

矢野聖人x武田梨奈『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』クラウドファンディングがスタート


映画情報どっとこむ ralph 実在する日本唯一のクジラ博物館。
地方の小さな街で起きた、でっかいクジラと人間の奮闘記。


和歌山県オールロケをした映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』は、10月12日(金)より和歌山県先行公開し、11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開することが決定しました!これにあわせ第一弾ポスタービジュアル解禁となりました!


本作は、和歌山県にあるクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一をリーダーとしながら博物館を盛り上げていく様子を描いたクジラと人間の奮闘記。

矢野聖人が映画初主演を果たし、実在するクジラ博物館を支えるため、悩み挫けながらもクジラをひたむきに愛する太一の心の葛藤を見事に演じています。ヒロインには、頭突きで瓦割りをするCMで話題となり、ドラマ「ワカコ酒」や映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』など数々の主演を飾り、日米合作映画『殺る女』出演が待機するなどアクション女優としても国際的に活躍している武田梨奈。和歌山県出身の岡本玲や近藤芳正、鶴見辰吾など実力派俳優が脇を固め、物語に味わいを加えております。

主題歌は、女性アイドルグループ「虹のコンキスタドール」メンバーで、和歌山県出身の清水理子が担当。

監督は、SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA2013にて入選し、第12回山形国際ムービーフェスティバル2016にて、『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』がグランプリを受賞するなど国内外で評価の高い藤原知之。

映画情報どっとこむ ralph 現在、映画応援プロジェクトとして本作のクラウドファンディングがスタートしていますので
本作を一緒に盛り上げませんか?

クラウドファンディングページ:
https://greenfunding.jp/lab/projects/2279

映画情報どっとこむ ralph 黒潮をバックに、一歩一歩目標に向かい進んでいく様が、観る人すべてに勇気と希望を与えてくれる

映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

10月12日(金)和歌山県先行公開
11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

公式HP: 
bokujira.com

物語・・・
舞台は、クジラしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。
来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、飼育員リーダーに、純粋にクジラを愛する青年・鯨井太一(矢野聖人)を任命する。
東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯(武田梨奈)や、学芸員の間柴望美(岡本玲)ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、皆を悩ませていたのは来客がすくないことだった。そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、スタッフの手作りによる「くじら夢まつり」を行うことを思いつく。しかし、開催を目前に控えたある日、「くじら夢まつり」中止の危機が訪れる・・・。

***********************************


矢野聖人
武田梨奈
岡本玲
近藤芳正(特別出演)  鶴見辰吾

監督:藤原知之『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』
脚本:菊池誠 音楽:稲岡宏哉 主題歌:清水理子「Colorful~あなたといた時間」
後援:和歌山県、和歌山県観光連盟、太地町、太地町観光協会、那智勝浦町、那智勝浦町観光協会
新宮町、新宮町観光協会、串本町、串本町観光協会、熊野灘捕鯨文化継承協議会
制作:アクシーズ
配給:キュリオスコープ
2018年/日本語/カラー/117分

©2018映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」製作委員会


紘毅、徳永ゆうき、岡本玲、竹島由夏ら登壇『バケツと僕!』アットホームな雰囲気の初日!


映画情報どっとこむ ralph 3月3日(土)より新宿K’s cinemaにて公開となりました紘毅・徳永ゆうきW主演『バケツと僕!』の初日舞台挨拶が行われました。

舞台挨拶には、主演の紘毅、徳永ゆうきと、先輩役の岡本玲、バケツの姉を演じた竹島由夏、原作者の北島行徳さん、石田監督が登壇しました。また、主演のふたりが結成した映画応援ユニット「ゆうきひろき」のミニライブでは「雲のように」。
『バケツと僕!』初日舞台挨拶
日時:3月3日(土)
場所:新宿K’s cinema
登壇:紘毅、徳永ゆうき、岡本玲、竹島由夏、北島行徳、石田和彦監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、養護施設の新米先生となった気弱な青年・神島と、軽度の発達障害をもった個性的な少年・バケツの笑いあり、涙ありのバディムービー。様々な壁に立ちはだかられ、つまずきながらも2人の不器用な絆で乗り越えようとする感動的な作品。
北島先生:原作はまだ続いてます。2が楽しみですのでよろしくお願いします。
石田監督:今日初日はたくさんある中、選んでいただきましてありがとうございます。

との挨拶からスタート。

公開初日を迎えて、
紘毅さん:めっちゃ嬉しいです。2年前に撮影したので、なくなっちゃうのかなと。こうやって初日迎えられて、近にたくさんのお客さんに来ていただいて。嬉しいです。

徳永さん:ぼくも嬉しいです!あのパンツ一丁も2年前の冬ですから!仕上がったからだでね。難し役だなと、周りにいなかったので、作品に出てる阿部さんと話し合って役図栗しました。

お客さんにどうだったか確かめる徳永さん。すると原作の北島さん。

北島さん:原作にはモデルがいるのですが、体系以外はそのまんまです!(爆笑)

徳永さん:うっすら、僕もそうかなと・・・思ってました!

映画情報どっとこむ ralph 先輩役で演劇シーンもある岡本さんは一緒に出ている役者さんを
岡本さん:本当に演劇をしている方たちと、レッスンのところから参加して。そのあと撮影前に何度もリハをして。先生たちの厳しさにびっくりしました。その思いを引き継げるように演じました。楽しかったですね。

監督:良かったです。

と、言葉が短い監督。バケツの姉役の竹島さん。

竹島さん:リアルな役だなと、私は知的障害のある弟がいる感覚ではなく、時間を共有できる家族として、演じました。何しろお二人のコンビネーションが良かったので役に入り込みやすかったです。

コンビネーションが良かったお二人は
紘毅さん:自分もシリアスにとらえていたのですが、最初の先生のシーンが、初めて障碍者の方に触れた一瞬のリアクションだったと思います。でも、途中から自分から作っていた壁がなくなって、自然と演じられました。普段からわちゃわちゃしてました!
岡本さん:ずーっとしゃべってて、ちょっと30秒黙って!って言ったこともありますが・・・10秒しか持ちませんでした。二人のバディー感が出てました。(笑)


最後に・・・

紘毅さん:僕たち健常者が勝手に壁を作ってしまう現状があります。これを観て、意識的にやってほしいのではなく、受け取ってもらえるだけでも嬉しいです。壁なんかないんだと思っていただければ嬉しいです。

と、舞台挨拶を閉め・・

映画情報どっとこむ ralph その後、ハイどーも!「ゆうきひろき」でーす。と芸人風に登場の二人。

「ゆうきひろき」のミニライブでは「白い雲のように」が歌われました!

物語・・・
養護施設で働くことになった神島(紘 ひろ 毅 き )は“バケツ”というあだ名の15歳の少年(徳永ゆうき)と出会う。バケツには 軽度な知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、更には唯一の兄弟からも見放され、しまいに は施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田(岡本玲)の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするの だが・・・・。

***********************************

紘毅 徳永ゆうき 岡本玲 竹島由夏 二木てるみ ダチョウ倶楽部 海原はるか・かなた 杉田かおる 主題歌:「虹色のファンタジー」紘毅(出版:前川企画)

監督:石田和彦
原作:北島行徳「バケツ」(文春文庫刊) エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ 企画・プロデューサー:竹山昌利 プロデューサー:古谷謙一 脚本:北島行徳・山田耕大・石田和彦・竹山昌利 音楽:安川午朗 撮影:佐々木原保志 照明:安河内央之 録音:橋本泰夫 美術:黒田享大 編集:細野優里子 スクリプター:長坂由起子 音響効果:伊藤進一 整音:野村みき 助監督:宮村敏正 制作担当:松田憲一良 製作:映画『バケツと僕!』製作委員会
制作プロダクション:カートエンターテイメント
配給:彩プロ


紘毅 x 徳永ゆうき『バケツと僕!』ポスタービジュアルと予告篇


映画情報どっとこむ ralph 3月3日(土)に新宿K’s cinemaほか全国ロードショーされる『バケツと僕!』のポスタービジュアルと予告篇到着しました!

第20回講談社ノンフィクション賞を受賞し、天願大介監督により映画化もされた「無敵のハンディキャップ」の著者・北島行徳先生の小説「バケツ」を完全映画化した本作は、養護施設で働くことになった気弱な主人公・神島と、“バケツ”と呼ばれる軽度の知的障害を持つ15歳の少年との友情を笑いと涙を交えて描くハートフルな人間ドラマです。

主人公の神島役には、前川清の長男でシンガーソングライターの紘毅さん。本作主題歌の作詞作曲も手掛けています。バケツ役には、原作者から「バケツのイメージにそっくり」と太鼓判を押された演歌歌手で鉄道マニアでもある徳永ゆうきさんを抜擢。山田洋次監督の『家族はつらいよ』にも出演しており、役者としても活躍の場を広げています。

今回解禁となるポスタービジュアルには、徳永ゆうき演じるバケツと、彼を支える神島役の紘毅の、なんともユーモラスなツーショットを見る事が出来、「最強のバディムービーが誕生!」のコピーの通り、このふたりが巻き起こす感動のストーリーを予感させる。
映画情報どっとこむ ralph 同時に解禁となった予告篇には、バケツが密かに想いを寄せる神島の先輩・黒田役の岡本玲(『赤い糸』、NHK連続テレビ小説『純と愛』、『わろてんか』)や、バケツの姉・美由紀役の竹島由夏(『NIGHT HEAD』)、杉田かおる、ダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵も登場。



虐待や孤児、ネグレクトといった重い社会問題をリアルに映し出す一方で、健常者と障害者の垣根を越えた絆や友情を純粋な視点で捉え、紘毅さんが手がける主題歌「虹色のファンタジー」と共に、爽やかな印象を与える。

監督は、これまでに小林政広監督(『海辺のリア』)や本木克英監督(『超高速!参勤交代リターンズ』)などの助監督を務め、本作で64才にして、長編映画監督デビューとなる石田和彦。レジェンドと呼べるスタッフと共に、静岡県浜松市を舞台に本作を作り上げた。

映画情報どっとこむ ralph またひとつ日本映画史に新たに残る、笑って泣ける重喜劇の新しい名作が誕生した。

バケツと僕!

3月3日(土)より新宿K’s cinema他、全国ロードショー

公式サイト:
baketsu.ayapro.ne.jp/

物語・・・
養護施設で働くことになった神島(紘毅)は“バケツ”というあだ名の15歳の少年(徳永ゆうき)と出会う。バケツには軽度な知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、更には唯一の兄弟からも見放され、しまいには施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田(岡本玲)の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするのだが・・・・。
***********************************

紘毅  徳永ゆうき
岡本玲  竹島由夏  二木てるみ 渡辺梓 ダチョウ倶楽部  海原はるか・かなた  杉田かおる
主題歌:「虹色のファンタジー」紘毅(出版:前川企画)
監督:石田和彦  原作:北島行徳「バケツ」(文春文庫刊)  
エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ
企画・プロデューサー:竹山昌利  
プロデューサー:古谷謙一  
脚本:北島行徳・山田耕大・石田和彦・竹山昌利
音楽:安川午朗 撮影:佐々木原保志 
照明:安河内央之 録音:橋本泰夫 美術:黒田享大 編集:細野優里子
スクリプター:長坂由起子 
音響効果:伊藤進一 整音:野村みき 
助監督:宮村敏正 制作担当:松田憲一良
製作:映画『バケツと僕!』製作委員会
制作プロダクション:カートエンターテイメント  
配給:彩プロ
助成 文化庁文化芸術振興費補助金  
年少者映画審議会推薦  
©映画『バケツと僕』製作委員会 


紘毅 徳永ゆうき 岡本玲『バケツと僕!』公開決定&情報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「無敵のハンディキャップ」(文春文庫刊)の著者・北島行徳の小説「バケツ」(文春文庫刊)を映画化した『バケツと僕!』が、3月3日(土)に公開が決定しました。
第20回講談社ノンフィクション賞を受賞し、天願大介監督により映画化もされた「無敵のハンディキャップ」の著者・北島行徳さんの小説「バケツ」を完全映画化。養護施設で働くことになった気弱な主人公と、“バケツ”と呼ばれる軽度の知的障害を持つ 15 歳の少年との友情を笑いと涙を交えて描くハートフルな人間ドラマです。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の神島役には、前川清の長男でシンガーソングライターの紘毅さん。
本作主題歌の作詞作曲も手掛けている。最近では劇団☆新感線の舞台「Vamp Bamboo Burn~ヴァン・バン・バーン」(宮藤官九郎作)に出演するなど役者としても 活躍しています。

紘毅さんからのコメント
夢に敗れて行き着いた先で出会ったバケツと僕。原作や台本を読み込んでバケツの素性が分かれば分かるほど痛く 辛いものがありました。僕にとってはバケツも世の中の現状も寂しすぎるものでした。 きっと悲しい映画なんだろうなって思い監督と初めての会話。 『笑える楽しい映画を作りましょう』 正直驚きました。 一歩後ろから人生の全体を見れば決して楽しいものではないのかもしれません。だけどもっと内側に潜り込んで、その 人の1日・一分一秒を切り取ってみれば笑っている時間は数えきれないほど散りばめられています。本気で生きてい ればどんな人だって必ず笑える時間を与えらるんだと、心からそう思わされました。だからこそ僕史上最高に笑えた現 場でした。 誰かのために生きていく。必死に自分の夢を追い続けている僕にとっては新鮮なものでした。けどそんな生き方もいい なって。いつかそんな人間になれるようにもっともっと頑張らないと! この映画を観てそんな気持ちになっていただけたら幸いです。なので僕からも改めて。 最高に楽しい映画です☆

映画情報どっとこむ ralph バケツ役には、原作者から「バケツのイメージにそっくり」と太鼓判を押された演歌歌手で鉄道マニアでもある徳永ゆうきさんを抜擢。

最近では、山田洋次監督の『家族はつらいよ』にも出演。役者としての活動の場も広がっており、最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』(18.5.25)の公開も決定しています。

徳永ゆうきさんからのコメント
軽度な知的障害をもつ役をさせていただきました。正直、難しい役どころでした。 自分自身、どのようにしたらいいのかと不安もたくさんありましたが、 監督はじめ、共演者、スタッフの皆さん、周りの方々に支えていただき、 無事、撮影を終えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。 W 主演という形でご一緒させていただいた紘毅さんとは、 以前、舞台でもご一緒させていただき、今回も共演できたことを嬉しく思いました。 撮影は 12 月だったんですが、半袖だったり、アイスキャンディーを食べたり、 パンツ一丁で走りまわったりと、寒さに負けず、季節感を感じさせない現場でした。 この作品は胸が痛くなるようなシーンもありますが、 どこかホッとする笑いもあります。また、心を強く揺さぶられる感動もあります。 ひとりでも多くの方に観ていただき、 何かを感じとって、見つめ直す機会になれば幸いです。

映画情報どっとこむ ralph また、バケツが密かに想いを寄せる神島の先輩・黒田には『赤い糸』(08)、NHK連続テレビ小説『純と愛』(12)、『わろてんか』(17)の岡本玲さん。
岡本玲さんからのコメント
この作品は、児童養護施設に勤めることになった青年(神島)と、軽度の知的障害を持つ少年(バケツ)の友情を軸に、 いろんな愛を描いた作品です。わたしは神島くんの大学時代の先輩で、障害を持つ若者たちを集めた劇団を主催して いる黒田凛子を演じさせていただきました。 世知辛いこの世の中、目の前にある現実が辛く感じる事もあるけれど、「隣にいるこの人の為に…この人がいるから… もう一歩だけ踏み出してみようかな、踏み出してみたらなんか楽しいかもしれないな」と観てくださった方の心に、熱す ぎずぬるすぎず、それぞれのちょうどいい温度であったかいなにかが広がる作品になればと思います。 笑ってください。怒ってください。もしかしたら涙もあるかもしれません。 是非劇場でご覧ください!

映画情報どっとこむ ralph バケツの姉・美由紀を『NIGHT HEAD』(94)の竹島由夏さんが演じています。

その他、杉田かおるさん、ダチョウ倶楽部の肥後克広さん、寺門ジモンさん、上島竜兵さんらが出演。

そして、監督は、これまでに小林政広監督(「海辺のリア」)や本木克英監督(「超高速! 参勤交代 リターンズ」)などの助監督を務め、本作で映画監督デビューとなる石田和彦さん。

虐待や孤児、ネグレクトといった社会問題をリアルに映し出す一方で、健常者と障害者の垣根を越えた絆や友情を 純粋な視点で捉えた本作は、静岡県浜松市を舞台に、たくさんの自然と地元民の人情味があふれる爽やかで感動的 なバディムービーが、ここに誕生しました。

『バケツと僕!』

3月3日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国公開決定!

物語・・・
養護施設で働くことになった神島(紘 ひろ 毅 き )は“バケツ”というあだ名の15歳の少年(徳永ゆうき)と出会う。バケツには 軽度な知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、更には唯一の兄弟からも見放され、しまいに は施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田(岡本玲)の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするの だが・・・・。

***********************************


紘毅 徳永ゆうき 岡本玲 竹島由夏 二木てるみ ダチョウ倶楽部 海原はるか・かなた 杉田かおる 主題歌:「虹色のファンタジー」紘毅(出版:前川企画)

監督:石田和彦
原作:北島行徳「バケツ」(文春文庫刊) エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ 企画・プロデューサー:竹山昌利 プロデューサー:古谷謙一 脚本:北島行徳・山田耕大・石田和彦・竹山昌利 音楽:安川午朗 撮影:佐々木原保志 照明:安河内央之 録音:橋本泰夫 美術:黒田享大 編集:細野優里子 スクリプター:長坂由起子 音響効果:伊藤進一 整音:野村みき 助監督:宮村敏正 制作担当:松田憲一良 製作:映画『バケツと僕!』製作委員会
制作プロダクション:カートエンターテイメント
配給:彩プロ