「山田尚子」タグアーカイブ

劇場版 響け!ユーフォニアム初日舞台挨拶イベント&山田尚子最新作公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 本日9月30日(土)に初日舞台挨拶イベントが新宿ピカデリーにて行われ、黄前久美子役の黒沢ともよさん、加藤葉月役の朝井彩加さん、川島緑輝役の豊田萌絵さん、高坂麗奈役の安済知佳さん、田中あすか役の寿美菜子さん、小川太一監督、チューバくんが登壇しました。

オープニングトークでは、作品が公開となり、クリアファイル再現動画以来の集結になる事など、「それぞれの今の率直な気持ち」を話されました。さらに、本日解禁となった2018年公開とった山田尚子監督最新作「リズと青い鳥」の新情報には、歓声と共に大きな拍手に包まれました。

『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜届けたいメロディ〜』初日イベントレポート
日時:2017年9月30日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:黒沢ともよ(くろさわ・ともよ/黄前久美子役)、朝井彩加(あさい・あやか/加藤葉月役)、豊田萌絵(とよた・もえ/川島緑輝役)、安済知佳(あんざい・ちか/高坂麗奈役)、 寿美菜子(ことぶき・みなこ/田中あすか役)、小川太一(おがわ・たいち/監督)

映画情報どっとこむ ralph 登壇者コメント

黒沢ともよさん:黄前久美子役からのコメント
本日は朝早くからありがとうございます!私としては、今までの久美子を愛しながら、「かっこ悪くても良い!あすかの気持ちを伝えたい」と思い、がむしゃらに演じさせていただきました。どんな形で皆さんの胸に届くか分かりませんが、もし〝響く!“ものがあったら是非周りの人にも広めてほしいなと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました。


朝井彩加さん:加藤葉月役からのコメント
本日はご来場いただきありがとうございます。今作品は、始まった瞬間から9か月間の「ユーフォロス」を迎え入れてくれるような、映画のオープニングとなっており、すぐに皆さんもユーフォの世界に入り込めるのではないかなと思います!TVシリーズを振り返る作品ではありますが、あすかに寄り添った1つの作品として楽しむことが出来ると思います。皆さん、それぞれ響いたシーンは違うと思いますが、是非そのシーンを温かく家に持って帰ってほしいです。
今後も「響け!ユーフォニアム」作品、続いていきますのでこれからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

安済知佳さん:高坂麗奈役からのコメント
今回アフレコ時に音響監督に言われた一言が「1期と2期は忘れて下さい」という言葉でした。その言葉を受けて私たちは再収録とはいえ、新たな物語を紡がさせて頂いた気持ちです。沢山のフルの演奏シーンも増え、更にお客様の心を揺さぶれたのではないかと思います。ウィークリームービー含めて、何度でも見て頂けたらと思います。これからも「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

豊田萌絵さん:川島緑輝役からのコメント
ついに本日から公開になりました!アフレコ時には「1期と2期を忘れて演じる」との事だったのですが、緑ちゃんに関しては「そのままで大丈夫。良い意味でファンタジーであって欲しい」と音響監督に言われました(笑)なので私としても、いい意味で変えずに緑ちゃんをファンタジーに演じさせていただきました。
演奏シーンなどは劇場で見るとさらに迫力が増すと思います!
ウィークリームービーでは緑ちゃんは写真係なので毎回活躍していますので、是非そちらも楽しみにしてください!これからも「響け!ユーフォニアム」をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

寿美菜子さん:田中あすか役からのコメント
朝早くからありがとうございます。もう一度劇場版であすかとして、様々なシーンを演じられた事、あすかの新しい心情を沢山見られた事、本当に幸せだと感じています。いつか、あすかに逢えたら抱きしめてあげたいな…と思います。絵の美しさや、音・演技、全てが素晴らしい作品となっています。是非とも何度も劇場に足を運んで頂き、ユーフォの世界を存分に堪能してください。
今日はありがとうございました。

小川太一監督からのコメント
初監督作品になります。今回このようなファンの皆様が大勢いる中で舞台挨拶に立たせて頂き、
すごい作品を監督させてもらったのだとしみじみ感じております。
本日公開となり、ここにいる皆さんが初めて作品を観て下さったと思うと、感慨深いものがあります。
今日という日を迎えられたのも、皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph イントロ・・・
あなたと一緒に響かせたい――。
高校生が吹奏楽に打ち込む姿を真摯に描いたTVアニメ『響け!ユーフォニアム』。
そのTVシリーズ第2期を、本作で初めて監督をつとめる小川太一が「久美子とあすか」を軸に再構築。
あすかから久美子へ、受け継がれていく想いがある。


キャスト:
黄前久美子:黒沢ともよ /加藤葉月:朝井彩加 /川島緑輝:豊田萌絵 /高坂麗奈:安済知佳 /田中あすか:寿 美菜子
/小笠原晴香:早見沙織 /中世古香織:茅原実里 /塚本秀一:石谷春貴 /黄前麻美子:沼倉愛美 /滝 昇:櫻井孝宏

原作:武田綾乃 (宝島社文庫「響け!ユーフォニアム」シリーズ) /総監督:石原立也 /監督:小川太一
/脚本:花田十輝 キャラクターデザイン:池田晶子 /シリーズ演出:山田尚子 /美術監督:篠原睦雄 /色彩設計:竹田明代
/楽器設定:高(はしごだか)橋博行 撮影監督:高(はしごだか)尾一也 /音響監督:鶴岡陽太 /音楽:松田彬人
/音楽制作:ランティス /音楽制作協力:洗足学園音楽大学 演奏協力:フレッシュマン・ウインド・アンサンブル2014
/音楽監修:大和田雅洋 /アニメーション制作:京都アニメーション 製作:『響け!』製作委員会 /配給:松竹

コピーライト : ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
公開情報 : 大ヒット上映中!
公式サイト : http://anime-eupho.com/

映画情報どっとこむ ralph また、本編の上映後にはサプライズニュースとして、2017年6月4日に開催された「『響け!ユーフォニアム2』スペシャルトークイベント~1・2年生合同!宇治でお祭りフェスティバル~」イベント内に発表された、鎧塚みぞれと傘木希美を中心とした新作映画の特報映像が、この度解禁となりました。

タイトル名は『リズと青い鳥』。
アニメーション制作は、『映画 聲の形』で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞するなど
高い評価を得ている京都アニメーション。

監督は、本作品が4本目の劇場作品となる同社所属の山田尚子。

『響け!ユーフォニアム』ではこれまでシリーズ演出を務めており、今作は『映画 聲の形』に続いての監督作となります。

『リズと青い鳥』

2018年4月21日 ROADSHOW

公式HP:http://liz-bluebird.com
公式ツイッター:@liz_bluebird


(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

***********************************



映画『聲の形』が中国3000館で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第 1 位、第 19 回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!

映画『聲の形』。

昨年9月に公開された本作は、全国120 館規模の公開ながら、興行収入23 億円を記録し、2016 年度邦画興行収入ランキング第 10 位にランクイン。

そして、このたび9月8日より中国にて全国 3000 館規模での公開が決定しました!


因みに日本で現在公開中の超大作「関ヶ原」現在日本での公開館数が338館なので中国の市場規模がわかるかと。

映画情報どっとこむ ralph 中国の配給会社・ビエイジダイの担当者は

「京都アニメーションによる美しい映像と、痛みを伴うことでなお一層の感動を誘う物語に感銘を受けました。中国でも多くの観客に歓迎されると確信し、オファーさせていただきました。」

とコメント。

宣伝活動にも力が入っており、映画『恋する惑星』でも知られる中国のスター歌手、フェイ・ウォンを母親に持ち、若手実力派とし て人気を集めるリア・ドウが国内イメージソングを担当し、話題を集めているそう。

同配給担当者は

「公開後の動向によっては、拡大公開をする用意もできています。このすばらしい作品を少しでも多くの 人に届けられるよう最後まで尽力したい。」

と今後の展望も語っている。

映画情報どっとこむ ralph 是非、ファンタジーものでないアニメで綴るヒューマンドラマを中国の方に楽しんでいただきたいところです。

映画『聲の形

公式サイト:
koenokatachi-movie.com
公式 Twitter:
@koenokatachi_M

物語・・・

ガキ大将だった小学 6 年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。

「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子 は転校してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想い を内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離 を置いていた同級生たちに会いに行く。

止まっていた時間が少しずつ動き出し、ふたりの世界は変わっていったよ うに見えたが。

***********************************

キャスト:
石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき:藩めぐみ/真柴智:豊永 利行 石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」 音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABC アニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
    


公開館数 120 館で興収20 億円突破!「聲の形」 11/5から35mm フィルム再配布!


映画情報どっとこむ TJ 京都アニメーションにより制作された映画「聲の形」。

公開館数 120 館で9月 17 日(土)より公開し、10 月 30 日付けで 動員数 150 万人&興行収入 20 億円を突破!

週末観客動員ランキングでも、7 週連続 TOP10 にランクインするなど、引き続き盛り上がりを見せています!

<動員数:1,537,884 人/興行収入:2,010,998,100 円※10 月 30 日現在>


この度、大ヒットを記念して、第3週目の入場者プレゼント【35mm フィルム】が好評につき、 再配布が決定しました。
35mm%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0 数量限定にて劇場への来場者にプレゼントです。

配布期間:11月5日(土)~

※特典はなくなり次第終了となります。
※コマフィルムの絵柄は選べません。あらかじめご了承ください。

新宿ピカデリー他全国にて大ヒット公開中!

公式サイト:
koenokatachi-movie.com

公式 Twitter:
@koenokatachi_M

映画情報どっとこむ TJ 「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!まっすぐに「いま」と向 き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだベストセラーコミック、大今良時の漫画「聲の形」。

映画『聲の形』第2弾ビジュアルLガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の 場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたり は、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。

止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

映画情報どっとこむ TJ 記者の目:あの場面がない!って意見もあるようですが、原作を読んでいない僕には、踏み込んだとても良い映画に思えました。山田尚子監督の手腕が光ります。他の企画で監督と脚本:吉田玲子さんによる実写も観てみたいと思える作品です。

重いテーマですが、アニメを観ない映画好きの方にも是非、是非、映画館へ足を運んでいただきたい。逸品です。

映画情報どっとこむ TJ 過去記事:
明日につづく希望の光になれば。『聲こえの形』大ヒット御礼舞台挨拶
%e8%81%b2%e3%81%ae%e5%bd%a2%e5%a4%a7%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88%e5%be%a1%e7%a4%bc http://eigajoho.com/?p=52155

***********************************

キャスト:
石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行 石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子 脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:牛尾憲輔 主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABC アニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会


入野自由、早見沙織、松岡茉優ら熱い気持ちが滲む舞台挨拶!映画「聲の形」


映画情報どっとこむ TJ 大今良時先生の漫画「聲の形」。このベストセラーコミックが映画「聲の形」として本日9月17日(土)より公開となり、山田尚子監督、主人公石田将也の高校時代/小学生時代をそれぞれ務めた入野自由と松岡茉優、ヒロイン西宮硝子役の早見沙織、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行ら主要キャストが登壇しての舞台挨拶が行われました。

%e3%80%8e%e8%81%b2%e3%81%ae%e5%bd%a2%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6
監督をはじめキャスト人のこの「聲の形」への想いが伝わってくる熱いトークイベントとなりました。

『聲の形』初日舞台挨拶
日程:9月17日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:入野自由、早見沙織、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優 、山田尚子監督

映画情報どっとこむ TJ 大歓声の中登場のキャストと監督。 意識した点は、

039a7641
入野さん:アフレコの前に監督とお話をしまして、いじめだとか聴覚障害とかの部分をと思っていたら、監督の描きたい部分は人とのつながりとディスコミュニケ―ションの部分を描きたいとのことで、「つながりたい!」を意識するようにしました。監督の言う“大きな小動物”が怯えているような。感じをイメージしています。

豊永さん:でっかいハムスター?

確かにそう思う監督の指示。

入野さん:体は大きいけれど、中は小さくておびえてる感じ。

監督が言うには、まっすぐな答えを指示すると、演者の芝居を固定してしまうからだそう。松岡さんもハンバーグって感じで言われたそうで。

松岡さん:ブースでハンバーグ!ハンバーグ!って叫んで、監督にハイそうです。その息だと!

入野さん:そう監督のディレクションは想像力を豊かに使ってくれるのですよね!

と、監督の演出方法を暴露。

映画情報どっとこむ TJ 続いて早見さんも・・・ですが彼女は人間

%e6%97%a9%e8%a6%8b%e6%b2%99%e7%b9%94
早見さん:わたしは、監督と話して。人間としてもがいて生きている女性をと。お話は、センセーショナルな部分もありますが。人間としてのさらけ出し合いが描かれています。そして、絵がいろいろ細かい表情などを表現しているので、そこも観てみてください!

監督:生きている証拠の本能と理性が共存しているのが魅力的なので。良い硝子が生まれました。

と監督絶賛!

松岡さん:私の役は軽く見るといじめっ子で。めをふさぎたくなるようなこともするので、なんてやなやつなんだと思いましたが、見方を変えて私は愛することにしました。新人女優なのに、こんなすごい人たち囲まれて・・・

と、かなり不安な様子。

%e6%9d%be%e5%b2%a1%e8%8c%89%e5%84%aa
すると監督は

監督:松岡さんは私の熱烈オファー!なんです。松岡さんが以前やった役が大好きで。少年声凄い好きです!

と不安を取り除こうとすると入野さんも

入野さん:もがいている、部分。伝えたい!がシーンにガッチリはまってるんです

早見さん:幼少期のぶつかり合い。良いハーモニーが生まれました!

と、松岡さんを絶賛!

映画情報どっとこむ TJ 続いて、

金子さん:私は演じる時にキャラクターの幸福論を大事にしていて・・そう言うところを感じてくれたら嬉しいなと。そして、何回も観て、いろんなキャラの心になってくれたら嬉しいです。
%e9%87%91%e5%ad%90%e6%9c%89%e5%b8%8c
石川さん:個性が強いキャラクターの中で、すっとしているキャラで。力が入らないように演じました。強い子だなと。自分のことを反省する・向上していく・憧れのキャラです。
%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e7%94%b1%e4%be%9d
潘さん:彼女とどうやって向き合ったらいいのかなと当日まで悩んでました。監督には聖母。大今先生にも本当いい子。と言われました。声の形はいろいろあると思います。書き言葉やメールや本当の声。気持ちがいっぱい詰まっています。
%e6%bd%98%e3%82%81%e3%81%90%e3%81%bf
豊永さん:難しかったですね。一見イケメン。監督はそうではないですと。いろん物を抱えている中で本当に心から作っていかないと無理だと思いました。短いセリフがい多いので、そこに情報をつめこむ事にしました。表面上のセリフの裏も含めて観ていただけたらと思います。
%e8%b1%8a%e6%b0%b8%e5%88%a9%e8%a1%8c
そして、山田監督の一番のこだわりは・・みんなが悩んで作った世界とは裏腹に

山田監督:とても美しい世界を作りました。そして音を大切に 体感できる音も。そうでない音も。いろいろな音の形も聞いて感じてください。そして、主題歌のaikoさんにお会いしたんですが・・・この作品への想いが溢れていました!すっごい溢れちゃってました!

と、監督ツボに入ったご様子!

映画情報どっとこむ TJ 最後に・・・

早見さん:これからご覧いただきますが、開けたくなかった引き出しを開けてくれるシーンがあると想います。ありのままの自分で向き合ってください。

入野さん:長い原作をを2時間にするのは、難しいのではと思っていましたが、アフレコを終えて物凄く素敵な映画になったと思っています。大事な部分は“つながりたいんだ”その部分がっつり感じてください。

松岡さん:私は、この映画を観て、許された気になりました。苦しそうな人がいたら勧めて!!

山田監督:沢山のお思いをつめて作った大事な作品です!楽しんでください。

%e3%80%8e%e8%81%b2%e3%81%ae%e5%bd%a2%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e5%b1%b1%e7%94%b0%e7%9b%a3%e7%9d%a3
映画「聲の形」

物語・・・

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語。

公式サイト:
koenokatachi-movie.com
公式Twitter:
@koenokatachi_M



***********************************

映画『聲の形』第2弾ビジュアルLキャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/
佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志

美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也

音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABCアニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会




『聲の形』予告編到着!入野自由、早見沙織ら声優さん達からコメント!


映画情報どっとこむ mari 「俺と西宮、友達になれるかな?」

聲の形_第3弾ビジュアル 「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲(こえ)の形」。

このベストセラーコミックが、京アニさんで映画化「聲(こえ)の形」。 9月17日(土)より、全国ロードショーとなります。

そして、今回のお知らせは!

予告編・メインビジュアルが完成し、声優さんと主題歌となるaikoの新曲「恋をしたのは」が解禁となったこと。



映画情報どっとこむ mari さらに声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織、 悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行の出演キャストよりコメントも到着しました。

<石田将也役/入野自由>

オーディションを受ける際に原作を読ませていただきました。すごく期待されている作品に出演が決まって、どんな作品になるんだろうと、楽しみと不安とでした。

原作ファンの方が多くいらっしゃる素敵な作品なので、いろんな反応があるかと思います。あのシーンが見たい・このシーンが!?等のご意見もあるかと思うのですが、今回は、より将也に焦点を当てた物語として進んでいきます。ぜひ劇場で山田監督チームの描く映画「聲の形」を感じ取っていただけると嬉しいです。


<西宮硝子役/早見沙織>

不安半分、期待半分ぐらいのバランスの気持ちでした。原作を読んで、非常に繊細な感情の動きが描かれている作品だと感じたので、その空気感を硝子役としてどれだけアフレコ現場で再現できるだろうかという緊張もありましたが、作品に携わらせて頂ける喜びも大きかったです。 原作を読みかえし、監督とも打ち合わせをし、実際に聴覚障害の方々にもお話を伺いながら、硝子というキャラクターを一からつくっていきました。

監督とお話しさせていただいたときに「『聲の形』はたくさんキャッチ―な要素があるんですが、根底にあるのは“人の繋がり”だったり、“心の揺れ動き”が描かれている」と実感しました。 1分1秒にとても大事なシーンがたくさん含まれているので。はじめから最後までしっかり見て、楽しんでいただけると嬉しいです。ぜひ、劇場に何度も足を運んでください。


<西宮結絃役/悠木碧>

結絃に選んでもらえた事がとっても嬉しかったです。そして、選んで頂いたからには、原作から結絃が抱え続けている、彼女の切なる思いを私が皆さんにしっかり届けなければと思いました。

学生時代、心に傷を持たなかった人なんていないと思うんです。ネガティヴな人もポジティブな人も、成績が良くても悪くても、友達が多くても少なくても、みんな、それぞれの苦しみがあったと思うんです。 本作のキャラクター達も、誰もがみんな何がしかのトラブルを抱えて、それを乗り越えようと必死であがいています。その姿はきっと、皆さんの心に何かを残すと思います。拙いながら、私も結絃と一緒に精一杯足掻かせて頂きました。貴方にとって忘れられない一作になりますように。


<永束友宏役/小野賢章>

永束を演じさせていただきました、小野賢章です。
本当に好きな作品でどんな役でも良いから出演したいと思っていました。 なので、決まった時はとても嬉しかったです。 本当に多くの人に観ていただきたいです!公開を楽しみにお待ちください!!

映画情報どっとこむ mari <植野直花役/金子有希>

原作を読んでとても感動して泣きました。それもあってオーディションでは「やりたい!!」という気持ちが強く、受かったと聞
いたときは信じられない気持ちでした。本当に嬉しかったです。

普段はナレーションが多く、アニメをあまりしていなかったので、キャストの皆さんの名前を聞いたときは目が飛び出るかと思いました(笑)皆さん、子役からやってらっしゃる方ばかりなので、プレッシャーと同時にすごく頑張んなきゃな!と気合も入りました。気合を入れすぎて、収録の最初、色々と失敗してしまいましたが・・・(笑)

こんなに素敵な作品に参加させていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に難しくってドキドキで・・・私にとって、とても大事な作品になりました。この作品に出会えたことが、幸せで、宝物です。映画も原作も両方見て欲しい。

とても考えさせられる素敵な作品なので、ぜひ沢山の方に観ていただきたいです。

監督もおっしゃっていましたが、これはある男の子と聴覚障害をもつ女の子の話ではなくて、皆の心の話だと私も思います。

実際私も家で台本を読んでいたとき、西宮さんが聴覚障害をもっていることを途中忘れていたくらいです。人間の心が繊細に描かれているので、観てくれた人に共感してもらえるシーンも沢山あると思います。不器用な私たちを観にきてください。


<佐原みよこ役/石川由依>

声優仲間と「今後アニメ化したら出演したい作品」について話した時、私が真っ先に挙げていたのが、この『聲の形』でした!そのくらい大好きで、何度も読み返している作品です。アニメ化の発表があってから、もうオーディションは終わってしまっているのではないかと正直諦めていたので、オーディションの話を聞いた時は、チャンスを頂けたことが既に嬉しかったです。それから結果の連絡がくるまで、この作品に出演したい気持ちが強過ぎて、ずっと緊張していました。なので、受かったと連絡が来た時は、叫びたいくらいでした!!(でも周りに人がいたので、ガッツポーズにとどめました。)この作品に関わることができて、本当に幸せです。

『聲の形』は、普段あまり同じ本を何度も読み返すことのない私が、何度も読んだ作品です。それは多分、「泣きたくてー」とか「キュンキュンしたくてー」とか言うよりも、一歩踏み出せない自分が、この漫画を読むことで勇気をもらいたかったからだと思います。『聲の形』の登場人物は、それぞれに真っ直ぐで、不器用ながらにも前に進もう、みんなと繋がろうと、もがき苦しみながらも必死に立ち向かいます。そんなキャラクターたちをとても愛おしく思うし、読むたびに自分も頑張ろうと思えるのです。とても繊細な内容ですが、観終わった頃には、何か感じて頂けるものがあるのではないかと思っています。是非たくさんの方に観ていただきたいです。

映画情報どっとこむ mari <川井みき役/潘めぐみ>

川井みき。この子とどう向き合っていこうかと。役に受かる、作品に携わらせて頂くという喜びや嬉しさは、もちろんありましたが、思考の大半を占めていたのは、そこですね。彼女と向き合うことが、「聲の形」と、将也や硝子たちと向き合うことに繋がっていくのかなとも。 あらゆる感情が、いつの時代の自分にも、訴えかけてくる、響いてくる、そんな気がして。伝えることの尊さを、改めて感じさせられました。是非、劇場で体感して頂ければと思います。


<真柴智役/豊永利行>

今作のような日常的なリアリティの高い作品に挑戦出来る事がとても嬉しく、光栄だと思うのと同時に、プレッシャーも感じていました。

もしかしたら、今を生きる若者達はこういう悩みを抱えているのでは?と思わせてくれる作品です。聴覚障害という大きなテーマはありますが、その周りを取り巻く環境も含め、若者達の人生を描いていると思います。同年代の皆様もそうですが、学生のお子様がいらっしゃる親御さんにも見ていただきたい作品だなと感じます、ご家族で是非ご覧になっていただきたいです。

映画情報どっとこむ mari 気になる物語は・・・

映画『聲の形』第2弾ビジュアルガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。

「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、

分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。

あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。

止まっていた時間が少しずつ動きだし・・・。

聲(こえ)の形

9月17日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー

公式サイト:
http://koenokatachi-movie.com
公式Twitter:
@koenokatachi_M

***********************************

キャスト:
石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織

西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行

石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志

美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美 設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也

音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション

製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/朝日放送/クオラス/松竹/講談社)

配給:松竹
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会