「山形国際ムービーフェスティバル」タグアーカイブ

永野ら登壇!『MANRIKI』巨大スクリーンで上映!!山形国際ムービーフェスティバルにて


映画情報どっとこむ ralph この度、11月29日(金)公開の映画『MANRIKI』より、山形国際ムービーフェスティバルに芸人・永野、あがすけ吉村和彬とタツキ・マイアミが参加させていただきました。

山形国際ムービーフェスティバル
日付:11月29日(金)
登壇:永野、あがすけ吉村和彬、タツキ・マイアミ

映画情報どっとこむ ralph この度、映画『MANRIKI』より芸人・永野、あがすけ吉村和彬とタツキ・マイアミが山形国際ムービーフェスティバルの舞台挨拶に参加。

舞台に登場すると早速!!!

永野さん:斎藤工は来てないです!すみません!来てたら座席も埋まってたかもしれないですよね。
映画『MANRIKI』山形国際ムービーフェスティバル と言い、冗談を交えながら会場を盛り上げた。
また、MCに製作のきっかけについて聞かれると

永野さん:TGCといイベントに僕が出たとき、スタイルも良いのにモデルさんたちが舞台袖で、小顔プリクラとか小顔矯正のマッサージを受けてましてビックリして。それを今日あったことという感じで工くんに話したんです。そんな小顔になりたいなら、図画工作の考え方で万力で締め上げて、物理的に小さくすればみんなハピーになるんじゃないかって。冗談で映画にしようって話してたら、翌日また工くんから連絡きて、そこからスタートしたんです。

と話した。撮影現場の雰囲気について

あがすけ吉村さん:永野さん斎藤工さん金子ノブアキさん清水監督、凄く繋がりのあるメンバーが集まって作っていただいたものなので、雰囲気も良く凄く楽しかったが、その中でもワンシーンを突き詰めて撮っていて、良い意味でピリピリしてましたしプロフェッショナルな現場でした。

続けて

あがすけマイアミさん:僕の立っているシーンですが、あれだけでもテイクを重ねていたので、すごくやっている感じがしました。

と話した。
映画『MANRIKI』山形国際ムービーフェスティバル それについて

永野さん:確かに自分が出ていないシーンも鬼の形相で見ていましたね、斎藤工にもCMと違う顔を見せろ!と言い続けていましたね。

と斎藤工いじりを交えて会場にも笑いが巻き起こりました。
今回会場となったMOVIE ON やまがたのような大スクリーンで『MANRIKI』が上映されたのは初めてとのことで

永野さん:3年前に出したお笑いDVDを清水監督に撮ってもらってて、そこに斎藤工くんも金子ノブアキくんも出ているのですが、それをこのMOVIE ON やまがたさんのスクリーンで流させていただいたんです。それもありまして、今回は映画としてスキルアップして戻ってこれて本当にうれしいです。ほんと吉村さんのために持ってきました!という感じです。

と話しMOVIE ON やまがたの社長の名前を挙げ、MCも大笑い。
続けて

永野さん:個人的なビデオレターというところもあります。お世話になっているので。だから僕は実際に山形でしか公開してないです。今日見て頂いた方々は貴重な被害者ですね!

と話すも本人が会場にいないことがわかると

永野さん:さっき、会ったんですけど有村架純さんとの舞台挨拶打ち合わせがあるんで!すみません!とか言って挨拶の時間5秒もくれなかったですよ!

といい、会場を笑いの渦に巻き込んだ。また、あがすけの2人は山形出身で、ラグビー部のキャプテン副キャプテン同士。そんな件について「今話題だから、今年からラグビー部でしょ?」といじるシーンも。

映画情報どっとこむ ralph そして最後には

永野さん:MOVIE ON やまがたさんで1週間だけ流してくれませんか?署名活動やって欲しいです。そしたら斎藤工の住所とか教えますよ?

とまたも斎藤工いじり。終始笑いの絶えない舞台挨拶になりました。


映画『MANRIKI』がお送りする「MANRIKI NIGHT」が11月22日(金)PLUSTOKYOにて開催決定!!
当日は映画に出演する豪華キャストが登場します。
場所:PLUSTOKYO (キラリトギンザ12F&RF)
https://plustyo.com/

映画情報どっとこむ ralph 俳優のみならず、映画プロデューサーや監督などクリエイターとしても注目を集める斎藤工(齊藤工名義で企画・プロデュース)と、その独特の世界観で個性を放つ芸人・永野、さらにミュージシャン、俳優、音楽プロデューサーなど幅広く活躍する金子ノブアキ、映像クリエイター清水康彦が集い動き出したプロジェクト“チーム万力”の長編映画『MANRIKI』。本作は永野の原案・原作に、斎藤工、監督・清水のクリエイティブエッセンスが詰め込まれ、さらに金子が担当した劇中音楽も加わり、独創的な映像で、常識的観念にとらわれず自由なクリエイティブを実現した意欲作となっております。


映画『MANRIKI』

11月29日(金) シネマート新宿ほか全国順次公開



あらすじ
⽇本。秩序と混沌の国。美と醜の国。過度な経済成⻑で得た豊かさの代償として、国⺠は様々なコンプレックスを抱えている。 醜きを覆い隠し、美しきことのように振る舞う。奥ゆかしさとも⾔えるその性は、この国の様式美そのものなのだ。 整形しているモデルの⽅が仕事が多い。駆け出しのファッションモデルが仕事欲しさに⼩顔矯正を決意。美容クリニックを営む美しき整顔師に⼩顔矯正施術を依頼し、モデルは変⾝を遂げる。整顔師の猟奇的哲学と万⼒によって・・・。 しかし整顔師は忽然とクリニックを去り、新たな野望の地へ向かう。場末の街で美⼈局をするフーテンと年増。彼らと整顔師が突如遭遇することにより、物語は加速してゆく。 光と闇。主観と客観。偽善と必要悪。美と醜。我々は、万⼒の間で暴かれる。世は、⼈は、すでに醜く美しい。

公式 HP:
crush-them-manriki.com

公式ツイッター:
@manrikimovi


***********************************


企画・プロデュース:齊藤工 永野
原作・脚本:永野
主演:斎藤工
出演:永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 / 神野三鈴 他

音楽監督:金子ノブアキ
監督・脚本・編集:清水康彦

制作プロダクション:イースト・ファクトリー
共同配給:HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ

©2019 MANRIKI Film Partners




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『火花』山形国際ムービーフェスティバルに 板尾創路監督が登場!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路さんの手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

そして先日完成披露試写会が行われ感動の声が続々と寄せられ始めている中、11月10日(金)から開幕した第13回山形国際ムービーフェスティバルに『火花』が招待作品として参加しました!

第13回山形国際ムービーフェスティバル招待作品『火花』
11月10日オープニングセレモニー
11月11日上映舞台挨拶
登壇:板尾創路監督

映画情報どっとこむ ralph 前回の映画祭でもNetflix版の「火花」全10話を3日間に亘り上映するなど『火花』の応援体制が整っていることから今回の映画祭への参加が決定。

今回、スタッフ・キャストを代表して10日に実施されたオープニングセレモニーと本日の舞台挨拶に板尾創路監督が登場。

監督が特別上映に駆け付けたファンと一緒に映画を鑑賞したいとのことで急遽、客席で映画を鑑賞することに。

MCの呼び込みで客席から舞台上に登壇すると大きな歓声が上がり・・・

板尾監督:今回は客席でお客さんと一緒に観たので、それぞれのリアクションに注目して観ていました。隣に座っていたおばさんが笑ってくれていて嬉しかったです。山形にはドラマの撮影や、若いころの舞台公演でも何度か来たことがあります。昔、ドラマで山形のさくらんぼ農家の役をやったのですが山形の方言があまりにも難しくて…。でも、すごく親しみやすい、かわいらしい方言だなというイメージがあります。昨日も山形の名産である玉こんにゃくを食べて、本当においしかったです。映画祭の実行委員のかたも本当に日本映画を盛り上げようとしてくれている素晴らしい人たちばかりで、来年になったらすぐにでも山形を訪れたいです。

『火花は』自分でも観るたびに感動するタイミングが変わる映画だと思っています。今日はエンドロールで映画に出演してくれた、たくさんの芸人たちの名前が出てくるのを観て泣きそうになりました。なので1回といわず、2回、3回と楽しんでいただければ光栄です。

映画情報どっとこむ ralph 映画を観た山形のファンからも板尾監督に大きな賞賛の拍手が送られ、映画『火花』の感動の波が今、日本中に広がります!

映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー


物語・・・

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に
「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************

出演:菅田将暉、桐谷健太 木村文乃 川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ