「山形国際ドキュメンタリー映画祭」タグアーカイブ

山形国際ドキュメンタリー映画祭最高賞!『祝福~オラとニコデムの家~』ポスタービジュアルが到着


映画情報どっとこむ ralph 昨年2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭において、最高賞であるロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞し、ヨーロッパで最も権威ある賞の一つであるヨーロッパ映画賞にも輝くなど、世界中で多数のドキュメンタリー賞に輝いた感動的な傑作『オラとニコデムの家』が『祝福~オラとニコデムの家~』の邦題で、6月下旬ユーロスペースを皮切りに全国順次公開することが決定。
そしてこの度、

「少女はこの世界に負けないように立っている。」

のキャッチフレーズと少女オラの眼差しが印象的なポスタービジュアルが到着しました。

舞台はポーランドのワルシャワ郊外の街。主人公は、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデムと暮らす14歳の少女オラ。母は家を出て行ってしまい、家事をこなし、弟の面倒を見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しいが、弟の初聖体式(カトリック教会で、洗礼後に初めて聖体をいただく式)が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると信じるオラの日々を描いている。


ザメツカ監督
「自分自身が、この映画の少女だった」
と語るザメツカ監督は、自分の経験を重ねながら、少女の日常を撮り続け、「少女の心の叫びを世界に伝えるための可能性であろうとした」と絶賛され、世界中の映画祭で多数の賞を受賞した。監督はこの映画を「帰る家を探している現実的なヘンゼルとグレーテルの物語」と言い、大人に守られず必死に生きている、この世界の子供たちへの優しくも透徹したまなざしが大きな感動を呼んだ。

祝福~オラとニコデムの家~
原題:Komunia
英語題:Communion

6月下旬ユーロスペースほか全国順次公開

***********************************


監督&脚本:アンナ・ザメツカ

2016|ポーランド|DCP|カラー|5.1ch|75分|
配給:ムヴィオラ 
©HBO Europe s.r.o.,Wajda Studio Sp. zo.o.Otter Films Wazelkie prawa zastrzeżone,2016


山形国際ドキュメンタリー映画祭 大賞は『オラとニコデムの家』に決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月5日(木)より行われてきました山形国際ドキュメンタリー映画祭2017(YIDFF)の受賞結果をお知らせ致します。

本映画祭は、1989年より隔年で開催され、記念すべき15回目を迎ました。今年は映画祭全体で161本の作品が上映されました。
2017年全作品の応募状況:128の国と地域から1791本。


名称:山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
会期:10月5日[木]〜12日[木]8日間
会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、山形美術館、とんがりビルKUGURU ほか

公式HP: www.yidff.jp/home.html

映画情報どっとこむ ralph インターナショナル・コンペティション
121の国と地域から1,146本

ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)

審査員:イグナシオ・アグエロ(審査員長)、ディナ・ヨルダノヴァ、ランジャン・パリット、七里圭

『オラとニコデムの家』
アンナ・ザメツカ監督

監督:アンナ・ザメツカ
ポーランド/2016/72分“Communion”Director:Anna ZameckaRepublicofPoland/2016/72min.

山形市長賞(最優秀賞)
『カーキ色の記憶』監督:アルフォーズ・タンジュール

優秀賞
『孤独な存在』監督:沙青(シャー・チン)
『私はあなたのニグロではない』監督:ラウル・ペック

特別賞
『激情の時』監督:ジョアン・モレイラ・サレス

映画情報どっとこむ ralph アジア千波万波
63の国と地域から645本

審査員:テディ・コー、塩崎登史子

小川紳介賞

『乱世備忘—僕らの雨傘運動』
陳梓桓

監督:陳梓桓(チャン・ジーウン)
香港/2016/128分“Yellowing”Director:Chan Tze-WoonHong Kong/2016/128min.


奨励賞
『人として暮らす』監督:ソン・ユニョク
『あまねき調べ』監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール

特別賞
『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』監督:チョン・ユンソク
『翡翠之城』監督:趙德胤(チャオ・ダーイン/ミディ・ジー)

市民賞
『ニッポン国VS泉南石綿村』監督:原一男

日本映画監督協会賞
『あまねき調べ』監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール

***********************************



『あさがおと加瀬さん。』2018年初夏OVA期間限定劇場上映決定


映画情報どっとこむ ralph あなたの隣では、世界が咲いて見えました。

『あさがおと加瀬さん。』については、現在YouTubeで公開中の短編アニメーション映像『キミノヒカリ』の再生数が25万回を記録していますが・・・・

新作アニメーションの制作を発表していた『あさがおと加瀬さん。』ですが、2018年初夏にOVAの期間限定劇場上映を行います。
劇場上映の詳細時期や公開館、キャストについては後日発表だそうです。

またその発表を記念して、原作の高嶋ひろみによる【描き下ろし記念イラスト第2弾】を公開いたしました。

映画情報どっとこむ ralph また今週末10月7日(土)には【山形国際ドキュメンタリー映画祭2017】内にて、アニメーションクリップ『キミノヒカリ』の上映&トークイベントを開催いたします。上映に加えて監督とプロデューサーによる作品トークを入場無料で実施いたします。

映画祭イベント情報

【山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 × 「あさがおと加瀬さん。」 × zero☆23】
キミのヒカリに満ちた「世界」を求めて ~佐藤卓哉監督に聞く:現実(リアル)を書き換えるアニメとは~

開催日時
2017年10月7日[土] 14:00~ 予定

会場
山形美術館 3F特設会場(山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 上映会場)

参加
入場無料

概要
山形国際ドキュメンタリー映画祭と山形の雑誌「zero☆23」が手を組み、「あさがおと加瀬さん。」とのコラボレーション企画を実施します。アニメーションクリップ『キミノヒカリ』の上映を通して、アニメ表現における「現実」の切り取り方、アニメだからこそできる「リアルを書き換える」瞬間を、観て、聞いて、語り合う企画です。山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 のプログラムとして行われます。当日は監督とプロデューサーがゲストとして登壇し、制作の経緯はもちろんのこと、影響を受けた映画のお話、アニメとドキュメンタリー映画の意外な関係など、ここでしか聞けない貴重なお話満載でお送りする予定です。

あさがおアニメ詳細URL

映画情報どっとこむ ralph
あらすじ
「どうか加瀬さんが、私の事を好きでありますように…」
高校二年の山田は緑化委員の内気な女の子。隣のクラスの加瀬さんは陸上部のエースで美人な女の子。
山田が植えたあさがおをきっかけに、言葉を交わしたことがなかった二人の距離が少しずつ縮まっていく。

アニメ公式HP&Twitter
公式HP:
http://asagao-anime.com
公式Twitter:
アニメ公式 @asagao_anime


原作:高嶋ひろみ「加瀬さん。シリーズ」(新書館)
監督:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
アニメーション制作:ZEXCS

映画情報どっとこむ ralph 原作情報
高嶋ひろみ「加瀬さん。シリーズ」 (新書館「Wings」連載中)

第1巻:「あさがおと加瀬さん。」
第2巻:「おべんとうと加瀬さん。」
第3巻:「ショートケーキと加瀬さん。」
第4巻:「エプロンと加瀬さん。」(通常版・Blu-ray付き特装版)



***********************************



山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 東京・記者会見


映画情報どっとこむ ralph アジア初の国際ドキュメンタリー映画祭として 1989 年から隔年で開催されてきました、山形国際ドキュメンタリー映画祭は今年で記念すべき 15 回目を迎え 10 月 5 日[木]~12 日[木] までの 8 日間開催されます。

映画祭の全容発表となる記者会見が行われました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 東京・記者会見
日時:9 月 5 日(火)
登壇:インターナショナル・コンペティション部門より 原一男監督、我妻和樹監督
同部門審査員を代表して七里圭、アジア千波万波の審査員を代表して塩崎登史子
映画情報どっとこむ ralph 山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 年では連携イベント含め約 120 作品が上映されます。 この度、オープニング作品は『銀輪』『西陣』『つぶれかかった右眼のために』、クロージング作 品は『表現に力ありや「水俣」プロデューサー、語る』に決りました。

121の国と地域から応募された1,146本より厳選した15作品が上映されるインターナショナ ル・コンペティション部門では、『ニッポン国 VS 泉南石綿村』原一男監督と『願いと揺らぎ』 我妻和樹監督入選。日本人監督が揃って入選するのは、97年開催以来20年ぶりの快挙となりま した。また、アジアのドキュメンタリー作家を応援し、発表の場を生み出すことを目的とした、 アジアの作家の成長を誰よりも強く望んだ小川紳介監督の意志を受け継ぐ意味を込めて「小川紳 介賞」が設けられているアジア千波万波では、河瀬直美監督やアピチャッポン・ウィーラセタク ン監督ほか、同部門での上映をきっかけに、国際映画祭の舞台へと巣立っていく作家が後を絶ち ません。今年のアジア千波万波部門は63の国と地域から645本の応募があり、上映作品21作品 のうち日本の作品が3作品選ばれています。

映画情報どっとこむ ralph 今年の目玉となるのがアフリカ特集!!
関連イベントして、アフリカ音楽を味わいつくす「アフリカナイト」も行われます。

また、『山の焚火』などで日本でも良く知られている、スイスを代表する映画作家のフレディ・M・ムーラー特集も注目です。
『最後通告』(1998)や『僕のピ アノコンツェルト』(2006)といった劇映画は日本でも公開されてきましたが、初期の実験映画 や、芸術家を対象とするドキュメンタリー作品がまとまって上映されるのは、1986 年にアテネ フランセ文化センターが特集上映を組んで以来、三十年ぶりとなります。

ムーラーは、山形で集団的映画製作を続けた、日本のドキュメンタリー映画作家・小川紳介とも親交があり、山形県牧 野村を来日時に訪問しています。ムーラーには、「山三部作」と呼ばれる作品(『われら山人たち』 『山の焚火』『緑の山』)がありますが、山や辺境に暮らす人々に焦点を当てた二人の映画作家の 共通点や相違を見出すこともまた、YIDFF ならではの目的の一つと考えています。アラブに関 する映画の特集として 3 回目となる『政治と映画:パレスティナ・レバノン 70s-80s』では、 60 年代末にはじまる世界的革命運動/闘争の中で、世界の映画人が、イギリス統治下の 1930 年代にまで遡る「パレスティナ革命」に共鳴して作った「ミリタント映画」などを特集します

映画情報どっとこむ ralph そして、本映画祭ならではの企画『やまがたと映画』では、「世界一の映画館」と言われながら も歴史的な大火の火元となった酒田市の伝説的映画館グリーン・ハウスをめぐる上映と展示、ま た、脚本家伊藤和典の実家である上山トキワ館にて撮影された押井守監督の実写作品の上映という、今はなき山形の二つの映画館についての企画を通して、我々と映画と地域を繋ぐ場所、映画 館のマジックを浮かびあがらせます。

日本のいまを独自の視点で捉えたドキュメンタリーを紹介する日本プログラム、その他、特別招 待作品として、本映画祭とも縁があり、作家として、批評家、研究者としても大きな功績を遺し た松本俊夫監督を追悼し『薔薇の葬列』、三面マルチ上映『つぶれかかった右眼のために』ほか ドキュメンタリー、実験映画の短中編を上映します。また、土本典昭監督の水俣シリーズなど数 多くの記録映画のプロデューサー、故高木隆太郎氏の仕事に迫った『表現に力ありや「水俣」プ ロデューサー、語る』をクロージング上映。沖縄の現在にカメラを向け続け、最前線の現実を可 視化する三上智恵監督の『標的の島 風かたか』。

小川紳介と親交を結び、特集で取り上げるフ レディ・ムーラーの代表作『山の焚火』。サンティアゴ国際ドキュメンタリー映画祭との友好企 画として『盗まれたロダン』を特別上映します。

映画情報どっとこむ ralph 最後にスペシャルゲストとして登壇したインターナショナル・コンペティション部門『ニッポン 国 VS 泉南石綿村』原一男監督は
原一男監督:私はこれまで、尖った人たちを主人公に映画を撮ってきま した。しかし今回の映画の主人公は、まったく尖っていない普通の人たちです。普通の人たちを 撮るのがこんなにも難しいのかと、七転八倒しながら制作しました。

とコメント。同部門『願い と揺らぎ』我妻和樹監督は
我妻和樹監督:コンペ出品のお知らせをいただいてびっくりしました。多くの人 に観ていただきたい内容になっています。

とコメントしました。

***********************************


世界で最も優れた10本の政治映画「チリの闘い 三部作」上映!!


山形国際ドキュメンタリー映画祭で一度きり!!

「世界で最も優れた10本の政治映画の1本」と評された南米チリの巨匠パトリシア・グスマン監督の代表作『チリの闘い 三部作』(4時間23分)一挙上映!!

『チリの闘い』speech
『チリの闘い』crowds10/10(土)より岩波ホールにて『光のノスタルジア』『真珠のボタン』が公開となる、チリのドキュメンタリー作家、パトリシオ・グスマン。

グスマン監督が亡命前にチリで完成させた約4時間半の代表作『チリの闘い 三部作』が、10/8から開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭2015の特集「ラテンアメリカ――人々とその時間:記憶、情熱、労働と人生」で日本初上映されることになりました。

『チリの闘い 三部作』は、チリのみならずラテンアメリカのドキュメンタリー映画を代表する名作として知られ、フランスの映画作家、クリス・マルケルも制作を支援し、アメリカの「シネアスト」誌は、「世界で最も優れた10本の政治映画の1本」と評されています。

今回は山形国際ドキュメンタリー映画祭での一回のみの上映となります。

パトリシオ・グスマン『チリの闘い 三部作』上映 

【上映日時】10/12(月・祝) AM10:00〜15:28 
【上映場所】山形市民会館小ホール

ラテンアメリカ特集詳細:http://www.yidff.jp/2015/program/15p4.html

『チリの闘い 三部作』 ブルジョアジーの暴動 反乱 民衆の力

巨匠パトリシオ・グスマンによるチリ・ドキュメンタリー映画の金字塔的作品。グスマンは、チリの政治的緊張とアジェンデ政権の終焉を記録し、1973年のクーデターを契機にフランスに亡命。クリス・マルケルやキューバのICAICの支援を得てこの映画を完成させた。

○第一部 ブルジョアジーの暴動
(1975年 / 96分)

1973年3月のチリ議会選において、左派が与党となったことにより、右翼の過激な暴動がはじまる。アジェンテの社会主義打破のため、右翼を中心とした暴力的な活動が、政府を弱体化し危機的状況に追い込んでいく。

○第二部 反乱(1976年 / 88分)
1973年6月29日、軍は大統領官邸を攻撃。アジェンデは抵抗しクーデター未遂事件として終わるが、政権の崩壊は時間の問題だった。9月11日、チリ国民に向けたラジオメッセージを最後にアジェンデは自殺、軍部によるクーデターが成立する。

○第三部 民衆の力(1978年 / 79分)
幾万人もの労働者階級の人々で構成された”民衆の力”と呼ばれる組織は、食料生産などを通し、闇市場に対抗。工場や農場を経営し、社会的組織を営んでいた。反アジェンデ政権と右翼に対抗し、ソビエト型の社会主義を目指す、チリの民衆(の姿)の記録。

監督、製作:パトリシオ・グスマン
助監督:ホセ・バルトロメ
撮影:ホルヘ・ミューラー・シルバ
編集:ペドロ・チャスケル
録音:ベルナルド・メンス
提供:イカロスフィルム
(チリ / 1978 / スペイン語 / モノクロ / ビデオ(原版:16mm) / 263分/原題:La batalla de Chile 1,2,3)
©Courtesy Icarus Films

パトリシオ・グスマン監督 プロフィール

1941年、サンティアゴ・デ・チリ生まれ。マドリッドの公立映画学校に通い、主にドキュメンタリーを学ぶ。軍事クーデターでサルバドール・アジェンデ政権が倒れた後、サンティアゴのエスタディオ・ナシオナル・デ・チリ(国立競技場)の独房に監禁され、処刑される恐怖を味わった。1973年、チリを後にした彼は、キューバ、スペイン、そして現在も暮らすフランスへと移り住んだ。これまでに多数の国際映画祭に選出され、いくつもの賞を受けている。

********************************************************************