「山下敦弘監督」タグアーカイブ

芦田愛菜が司会進行!おじ3優しい気持ちに『映画 山田孝之3D』初日


映画情報どっとこむ ralph 生誕33年。山田孝之の過去、現在、そして未来——
「山田孝之」とは何者なのか。彼の思考にダイブする、脳内スペクタクル3D映画、『映画 山田孝之3D』がいよいよ公開となり初日舞台挨拶が・・・なんとTOHOシネマズ 新宿で行われMCに芦田愛菜さんが山田孝之さん、松江哲明監督、山下敦弘監督を掌で回すというイベントが行われました。
『映画 山田孝之3D』公開記念舞台挨拶
日付:6月17日(土)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:山田孝之、芦田愛菜、松江哲明監督、山下敦弘監督
   
映画情報どっとこむ ralph 芦田愛菜さんが発案者という本作

芦田さん:公開ができてよかったです。どうしても山田孝之さんを山下監督で撮っていただきたくて、私が間に入らせていただいた感じなんです。山田孝之を好きになってもらえる映画になっていると思います。

と、発案者としての感想を述べ、続いて芦田さんがMCに挑戦!

MC芦田:公開したご感想を!
山田さん:どうしても止めたかったのですが・・・全国でスクリーンが破かれないか心配です!

MC芦田:山田さんとの日々は?
山下監督:赤羽から始まって。。大変でしたが、いろんな景色を見せていただいて。カンヌにも行けましたし、今日もTOHOシネマズ。凄いところに連れて行ってくれましたね。山田君には感謝してます

松江:赤羽から始まって・・・中学生が教室の隅でやってるのこそこそ話が深夜にやっていて、いつの間にか全校生徒の前で発表!って感じです。

MC芦田:見どころは?

山下監督:見どころは・・・見どころというより見方ですが・・・ちゃんと見ないでください、シンプルな映画ですが情報量多いので、考えすぎると脳が疲れちゃうので。感じてください。

映画情報どっとこむ ralph MC芦田:なぜ3D?

松江監督:山田君との3年間を映画にしたくて。普通の映画ではなく「実録山田」が面白かったので、ああいうのを映像化するのに3Dかなと。
MC芦田:サブタイトルが山田孝之前告白。後悔はありませんか?

山田さん:後悔しかないです。実験でやってみたのがこうなりましたので。話しすぎました。公開止めたかったです。

MC芦田:自分のことを知ろうとする山田孝之が格好いいと思いました!ちなみに今の山田さんにとって賞を取る気持ちは?

山田さん:賞のことしか考えてません。まずは日本アカデミー呼んでもらいたい。18年やってて一度も声がかからない。どんな手を使っても賞を取りたいと思います。(笑)

MC芦田:おすすめシーンは

松江監督:そうですね。自分と山田孝之とつながる瞬間があると思いますのでそこですね。

山下監督:山田君に見つめられると正しく思います。半径5mでは正しいと思わせる山田力ですね。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

山下監督:よくわからない力で着ちゃいました3年間山田君を見続けた結晶です!映画を浴びて!見るより体感してください。

松江監督:いま、凄く作り手が実験しにくいんですね。実験的に出来たものがどう広がるのか。ある意味贅沢な作品です、
山田さん:自分の思うこと喋っているだけですが、こんな人ですがわかると思います。芦田さんの司会は優しい気持ちになります。

映画 山田孝之3D

体感公開中!

公式サイト

***********************************

配給:東宝映像事業部
©2017「映画 山田孝之3D」製作委員会
   


カンヌ映画祭 正式応募作品『映画 山田孝之3D』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 生誕33年。山田孝之の過去、現在、そして未来。

様々な顔と数々の名演で人々を魅了し続ける、俳優「山田孝之」。俳優として変化し続け、私たちを煙に巻き続ける「山田孝之」とは何者なのか。

彼の思考にダイブする、脳内スペクタクル3D映画、『映画 山田孝之3D』の公開が2017年6月16日(金)に決定しました。

映画情報の解禁に合わせて、ポスタービジュアルおよび予告編一挙解禁です!

イリュージョンのような言葉と映像で「山田孝之」を3Dで体感する作品。観客を奇妙で恍惚な「山田孝之ワールド」へと誘います。

本作は、テレビ東京他で放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけとして、俳優・山田孝之×監督・松江哲明&山下敦弘によって生み出されました。さらには、「山田孝之のカンヌ映画祭」にも登場した芦田愛菜が友情出演。ドキュメンタリードラマの中でも掲げていた「カンヌ映画祭で賞を獲る」という目標を継続。最終話(3/24オンエア)にて、本年度のカンヌ映画祭にも「正式応募」を果たしました。

全世界の人々に向けた、想像を超える摩訶不思議な映画体験——



映画情報どっとこむ ralph 山田さん、松江監督、山下監督からのコメントが届いてます!

山田孝之コメント
2016年、僕と山下さんは手を取り合い、衝突を重ね、決別し、再び手を取り合い一つの映画を完成させました。この映画には僕の今までの人生とこれからの全てが詰め込まれています。それを引き出せたのは山下さんとの関係無しでは成せないことでした。
そして、その全てを見届けてくれた芦田さん。
僕は芦田さんと出会ったことでたくさん失い、たくさん発見することができました。いつか芦田さんのような大人になるため、山田孝之は現実をぶち壊し続けて生きていきます。

松江哲明監督コメント
山下くんから「山田くんが自分を題材にした映画を撮りたいと言ってるんだけど」と相談され、カメラ目線でこれまでの人生を語る山田孝之を見た時、この映画は彼の脳内にダイブするようなドキュメンタリーにしなければならないと覚悟を決めました。山田くんが目からビームを発しながら訴えてくるからです、「もっと飛べ!」と。僕の勘違い、または洗脳されていただけかもしれませんが、3Dだからこそ効く体感映画が完成してしまったと自負しています。あの目力に注意してご覧ください。

山下敦弘監督コメント
山田孝之くんとこの三年間いろいろなことがありました。
「真剣じゃないと芝居が出来ない」から始まり、しまいにはナパーム爆破してからの逃亡…。
山田くんとは二度と映画は作れないんじゃないかと諦めていましたが、この度、芦田愛菜さんのおかげで一本の映画を作ることが出来ました。これは人間、山田孝之と山下敦弘のけじめとしての映画です。
どうか皆さま劇場で見届けてください。この映画を芦田愛菜さんに捧げます。

映画情報どっとこむ ralph また前売券として山田孝之肖像画(by漫☆画太郎)スマホ用壁紙を特典としたムビチケオンラインが限定発売。また、5月17日発売「山田孝之のカンヌ映画祭」Blu-ray&DVD BOXには初回限定で本映画の舞台挨拶付き上映に抽選で333名様をご招待する応募抽選券はがきが封入されることも決定!

◎前売情報
3月24日(金)25時30分よりムビチケオンライン限定発売!
特典:山田孝之肖像画(by漫☆画太郎)スマホ用壁紙
料金:一般¥1,800(税込/3D鑑賞料金含む)
取扱い詳細は、ムビチケサイト(https://mvtk.jp)まで。

劇場:
[北海道]札幌シネマフロンティア 
[東京]TOHOシネマズ 新宿 
[東京]池袋HUMAXシネマズ
[愛知]TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
[大阪]TOHOシネマズ 梅田 
[福岡]T・ジョイ博多

映画情報どっとこむ ralph 『映画 山田孝之3D』

2017年6月16日(金)公開です!

公式サイト 

***********************************


出演:山田孝之  
友情出演:芦田愛菜
監督:松江哲明 山下敦弘
制作:テレビ東京 C&Iエンタテインメント
配給:東宝映像事業部
©2017「映画 山田孝之」製作委員会
     


松田龍平 ハワイ談義に!『ぼくのおじさん』初日舞台挨拶 


映画情報どっとこむ TJ 松田龍平×監督・山下敦弘の新しいタッグが放つ、ホームコメディ&ロードムービー『ぼくのおじさん』11月3日(木・祝)に初日舞台挨拶が行われ、撮影の苦労や がました。
%e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 後半ハワイアン航空の社長さんとCAさんたちが登場!子役の大西君にはハワイ島コナへのペア旅行券が贈られました。誰と行くのかな・・・官九郎さんアピールも。。。

『ぼくのおじさん』初日舞台挨拶
日程:11 月3 日(木・祝)
場所:丸の内TOEI
登壇:松田龍平、真木よう子、大西利空(子役)、宮藤官九郎、山下敦弘監督

映画情報どっとこむ TJ 松田さん:楽しんでいただけたでしょうか?好きな映画になったので多くの方に見ていただきたいと思っています。
%e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%9d%be%e7%94%b0%e9%be%8d%e5%b9%b3
山下監督:今年の日本映画はギラギラしたものが多かったので、こういうのんびりと平和な映画。年の最後に見ていただきたいなと思っています。
%e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e5%b1%b1%e4%b8%8b%e6%95%a6%e5%bc%98%e7%9b%a3%e7%9d%a3
と、イベントはスタート。おじさんのオファーが来てどう感じたかを聞かれ・・・。

松田さん:(とうとう)おじさん来たなーと。本当は叔父さん。でも、ひらがなで“おじさん”しっくりきますね。自分なりのおじさんを追求していきたいなと思っています。

という松田さんにMCは、NACKSの戸次さんが松田さんしかできないと言っていたと報告。

松田さん:嬉しいですね。ぐうたらなんですけど。行動力はありますよね。ハワイ行くのにね・・・・とか凄まじいな。台本を読むと大丈夫かなと。・・・想像できなかったんですけど。挑戦でした。どんな映画になるんだろうと思って撮影に入って。なんだこれって。春山家のご飯シーンとかも。。。雰囲気が面白くて。テンションがだんだん上がっていきました。

と、オファーから撮影に至る心情を語ると。真木さんには寅さんのマドンナのような立ち位置の役のオファーに
%e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e7%9c%9f%e6%9c%a8%e3%82%88%e3%81%86%e5%ad%90
真木さん:ロコの娘なんで、明朗快活で。私のそのようなイメージがなかったから第7候補ぐらいだったのではないかと思ってます。(監督:そんなことはないです)マドンナは女優として一度やっておきたかったので。二つ返事で受けました。

おじさんは恋愛対象?

真木さん:エリーさんはちょっと無意識にはあると思いますが・・・真木的には、現実的には経済面が。嫌いではないです。

映画情報どっとこむ TJ %e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e5%ae%ae%e8%97%a4%e5%ae%98%e4%b9%9d%e9%83%8e
官九郎さんはお父さん役ですが、いろいろ不満がありそう。

工藤さん:龍平くんがいるなーと。自然で。ご飯で寺島さんのあたりが強いんで。・・・でも楽しかったです。ハワイ行ってないですけど。

と答える官九郎さんにMCはプロデューサーからシリーズ化の際は脚本をとお願いが

工藤さん:是非。でも、ぼくのお父さん作って欲しいですね。どうして、お父さんスルーしておじさんなんだろうと。傷つきます。龍平君のWAOがこのままいくのか?是非!!

初めてコメディー映画を作るにあたって

監督:原作が書かれたのはかなり前なので、現代にするのはどうするかなと。利空がそのまんまできてたので。あとは観てくれる子供にどう伝わるかは考えていましたね。

助けられた役者さんは?

監督:利空ですね。相手のセリフまで台本全部入っていたので。ちょっと変えたら、なんで変えたんですか!!って 突っ込まれました。

映画情報どっとこむ TJ この役どうでした?と聞かれた子役の大西君。

大西利空くん:何回もオーディションして。ハワイ行きたいって聞かれて。凄い行きたいですっていいました!。夢かないました。

%e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e5%a4%a7%e8%a5%bf%e5%88%a9%e7%a9%ba
松田さん:ハワイの撮影は最高でした。ありがとうございます。おじさんにハワイがあってました。僕はだらだらするの好きなんですけど。利空と一緒に外に飛び出して。二人で楽しかったです。山下さんとは浮足立たないようにしようねと言ってたんですけどね。

監督:うかれていいとこでしたよね。



ここで、ハワイ島への直行便が羽田から就航となるハワイアン航空の日本支社長さんとCAさんが登場!そして大西君にはハワイ島コナへのペア旅行券が贈られました!

大西君:すごっ!!言葉が出ません。嬉しいです。

%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%83%81%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88
最後に

松田さん:コメディー映画だと思ってなくて、大人が子供と一緒の目線で笑える映画が出来ました。是非たくさんの方に見ていただきたいです。

と、イベントを締めました。

%e3%80%8e%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6last
映画情報どっとこむ TJ

大人のくせに、屁理屈を並べ、万年床に寝転がってマンガを読む“インテリにしてぼんくら”なおじさんは、義理の姉(ぼくのお母さん)から怒られ「ワォ!」、兄(ぼくのお父さん)からは「いつまでもこのままじゃいかんだろう?」と心配されています。そんなおじさんがお見合いで一目惚れしたエリーを追いかけてハワイを目指すことに。懸賞に応募するなどハワイへ行く策を練り、何とかたどり着きましたが、そこでも珍道中が繰り広げられることに。雪男から「少しは反省しなさいよ!」と叱られ、和菓子屋の御曹司の青木からは「あなたにはエリーは任せられない」と言われもめるシーンも。

このどうしようもないおじさんの恋の行方は?

最後に「ワォ」とつぶやく表情が印象的ですが、おじさんと雪男の、恋と冒険の旅がますます楽しみに!!!

ぼくのおじさん

11月3日(木・祝) 全国ロードショー!

www.bokuno-ojisan.jp

***********************************

出演: 松田龍平 大西利空(子役) 真木よう子 戸次重幸 寺島しのぶ 宮藤官九郎 キムラ緑子 銀粉蝶 戸田恵梨香

(C) 1972 北 杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委
(C) 1972 北 杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委
原作:北 杜夫「ぼくのおじさん」(新潮文庫刊「ぼくのおじさん」所収)
監督:山下敦弘
脚本:春山ユキオ
音楽:きだ しゅんすけ
製作:「ぼくのおじさん」製作委員会
製作プロダクション:東映東京撮影所 マッチポイント
配給:東映
(C) 1972 北杜夫/新潮社
(C) 2016「ぼくのおじさん」製作委員会
     


蒼井優&オダギリジョー『オーバー・フェンス』釜山国際映画祭レポ!


映画情報どっとこむ ralph オダギリジョーはキューバから釜山へ駆けつけ、蒼井は韓国語で挨拶!!

第21回釜山国際映画祭
オダギリジョー&蒼井優&山下敦弘監督
オープントーク&舞台挨拶&レッドカーペットに登場!!


『海炭市叙景』(10’/熊切和嘉監督)、『そこのみにて光輝く』(14’/呉美保監督)に続く、孤高の作家・佐藤泰志原作の函館三部作最終章『オーバー・フェンス』が、9月17日(土)にテアトル新宿他32スクリーンにて全国公開し現在公開中です。

そして、本作が第21回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門にて出品され、公式イベントにキャストが登場しました。キューバから駆け付けたオダギリジョーは「何もかもが楽しい!」蒼井は「すごく楽しみにして来た」と語るなど、楽しいイベントとなりました。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9%e9%87%9c%e5%b1%b1%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad
① 10/14 オープントーク@釜山シネマセンター
登壇者:蒼井優(31)、山下敦弘監督(40)
② 10/14 公式上映後舞台挨拶・Q&A@ CGVセンタムシティ スタリアム
登壇者:オダギリジョー(40)、蒼井優(31)、山下敦弘監督(40)
③ 10/15 公式会見@グランドホテル 
登壇者:オダギリジョー、山下敦弘監督
④ 10/15 クロージングセレモニー@釜山シネマセンター
登壇者:オダギリジョー(40)、山下敦弘監督(40)、松澤匠(31)、ZICCO

映画情報どっとこむ ralph %e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af-ldh_9864
本作が第21回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門にて出品が決定し、この度オダギリジョーさん、蒼井 優さん、山下敦弘監督が現地入りしました。

『雷桜』以来6年ぶりの参加となる蒼井 優と今回で5回目の参加となる山下敦弘監督は10/14(金)のオープントークに参加。冒頭、

山下監督:僕は釜山国際映画祭5回目になるんですけど、映画祭の中でも人も町も一番リラックスできる映画祭なので、すごく楽しみにやってきました。

と挨拶。蒼井さんは韓国語で

蒼井さん:こんにちは。お久しぶりです。蒼井優です。

に歓声が沸き上がり

蒼井さん:今、映画の撮影の真っただ中ですが、そのチームが釜山は絶対行っておいでって言ってくれたので、今日は来ることができました。すごく楽しみにきたので、よろしくお願いします。

と喜びを語りました。会場には韓国のファンだけではなく日本から来た熱狂的なファンの方もいて、その人気の高さを証明。

蒼井さんは自身が演じた聡という役柄、作品に関して

蒼井さん:幼い男の子みたいな純粋さを持ったがゆえに社交というものとの折り合いをつけられずに葛藤している役でした。客観性を失ったままいっぱいいっぱいでの撮影になってしまったので、出来上がった作品は客観的に見ることが出来、自分が映っているという感じがしなかったです。自分で見たことのない表情が映っていたので新鮮でした。

と語り、

山下監督:(オダギリ・蒼井の)二人としっかり映画というもので一緒にやってみたいという気持ちが強かった。

と語りました。その後、同日の夜に、アジア最大級のスクリーンサイズを誇るCGV センタムシティ スタリウムにて上映&舞台挨拶を実施。

当日のチケットは380名分が即完売!当日は新作の撮影でキューバに滞在していたオダギリジョーがキューバからそのまま釜山入りして途中参加。蒼井 優、山下敦弘監督と共に登壇いたしました。

オダギリさん:キューバから帰ってきて何もかもが楽しい!今日はなんでも答えます!

と宣言。蒼井、山下監督と共にお客さんとのQ&Aを実施しました。ラストはお客さんを一緒に撮影、夜遅くお越しいただいたお客様へ手をふり、大歓声の中、公式上映は終了しました。%e5%85%ac%e5%bc%8f%e4%b8%8a%e6%98%a0-ldh_0483
映画情報どっとこむ ralph そして、翌15日(土)は、会見
%e5%85%ac%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e8%a6%8b-ldh_0736 に続いてクロージングセレモニーを行い、釜山シネマセンターにてオダギリジョーさん、松澤 匠さん、山下敦弘監督、方言指導のZICCOがレッドカーペットを歩きました。セレモニー会場に集まった5000名の大歓声の中、映画祭の閉会に華を添えました。
%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9
映画情報どっとこむ ralph オダギリさん:「釜山国際映画祭がなかなか難しい状況にあるということは聞いていますが、釜山国際映画祭はアジア最大の映画祭の一つだと思いますので、いろいろな困難はあるとは思いますが、続いてもらいたいと想いが大きいですし、何か映画祭に恩返し、僕ができることがあればと思い、今回も参加いたしました。
また来たいと思いますし、いつまでも応援するつもりです。」

蒼井さん:「釜山国際映画祭は私にとってとても大切な場所で、学生の頃から役者をずっとやっていて、本当にやらなきゃいけないことは勉強だと思っていながら、役者をやっていることの後ろめたさがありました。
勉強をする道に戻らなくてはと思いながら、ずっと役者をやっていたので、自分が映画が好きだってことを認めちゃいけないと思っていましたが、『花とアリス』という作品で、釜山国際映画祭に参加させて頂いた際に、会場に映画が好きな人しかいないんだって気づいた瞬間、嬉しくて幸せな気持ちでいっぱいになり、その時に、いつ勉強の道に戻るのかというのを考えていましたが、役者を辞めるリミットを決めずにやろうと思わせてくれたのが、釜山でした。これからもずっとみなさんと映画というものを純粋に楽しんでいけたら幸せだなと思いますし、また釜山に呼んでいただけるような役者でいたいなと思っています。」

山下敦弘監督 コメント:「韓国の方へ、ぜひ映画を観てくださいしか言えないのですが、映画でしかできないことをいろいろやりたくて撮った映画です。映画の力を信じることができる、信じることができた映画、自分の中でも特別な作品になりました。また韓国でも今後公開しますので、ぜひその時にも観てほしいと思います。」

今後、12月に台湾公開、3月に韓国の公開が決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。そんなある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。


映画『オーバー・フェンス

テアトル新宿ほか全国公開中!

公式サイト
http://overfence-movie.jp/

***********************************

出演:オダギリジョー 蒼井優 松田翔太 北村有起哉 満島真之介 松澤 匠 鈴木常吉 優香

監督:山下敦弘
配給:東京テアトル+函館シネマアイリス(北海道地区)
(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
   


おじさんとぼく。恋と冒険の旅に!映画 『ぼくのおじさん』予告編 解禁


映画情報どっとこむ TJ 松田龍平でホームコメディ!新キャラ“おじさん”が誕生!

松田龍平×山下敦弘監督の新しいタッグが放つ、ホームコメディ&ロードムービー『ぼくのおじさん』は11月3日(木・祝)全国公開となります。

%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93
原作は、芥川賞作家・北杜夫が持ち前のユーモアを存分に発揮した同名小説。

学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく=春山雪男(小学4年)。「自分のまわりにいる大人について」というのがテーマ。居候しているぼくの“おじさん”は、大学の臨時講師で哲学者を自称するものの、万年床に寝転がってマンガばかり読み、時には僕をダシにお母さんからお小遣いをもらうこともある大人。雪男は、そんなおじさんを題材に作文を書くことにするが・・・。

映画情報どっとこむ TJ 今回、解禁となる予告編は・・・



「ぼくのおじさんは、ぼくの家で一番役立たずの居候だ」というぼくのセリフから始まります。大人のくせに、屁理屈を並べ、万年床に寝転がってマンガを読む“インテリにしてぼんくら”なおじさんは、義理の姉(ぼくのお母さん)から怒られ「ワォ!」、兄(ぼくのお父さん)からは「いつまでもこのままじゃいかんだろう?」と心配されています。
%e3%81%bc%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93_s3 そんなおじさんがお見合いで一目惚れしたエリーを追いかけてハワイを目指すことに。懸賞に応募するなどハワイへ行く策を練り、何とかたどり着きましたが、そこでも珍道中が繰り広げられることに。雪男から「少しは反省しなさいよ!」と叱られ、和菓子屋の御曹司の青木からは「あなたにはエリーは任せられない」と言われもめるシーンも。

このどうしようもないおじさんの恋の行方は?

最後に「ワォ」とつぶやく表情が印象的ですが、おじさんと雪男の、恋と冒険の旅がますます楽しみに!!!

ぼくのおじさん

11月3日(木・祝) 全国ロードショー!

公式サイト:
www.bokuno-ojisan.jp/

公式Twitter :
@bokuno_ojisan_

***********************************

出演: 松田龍平 大西利空(子役) 真木よう子 戸次重幸 寺島しのぶ 宮藤官九郎 キムラ緑子 銀粉蝶 戸田恵梨香

原作:北 杜夫「ぼくのおじさん」(新潮文庫刊「ぼくのおじさん」所収)
監督:山下敦弘
脚本:春山ユキオ
音楽:きだ しゅんすけ
製作:「ぼくのおじさん」製作委員会
製作プロダクション:東映東京撮影所 マッチポイント
配給:東映
(C) 1972 北杜夫/新潮社
(C) 2016「ぼくのおじさん」製作委員会