「山下敦弘」タグアーカイブ

『ハード・コア』山下敦弘 × 『花とアリス殺人事件』久野遥子が登壇《東アジア文化都市2019豊島》


映画情報どっとこむ ralph 映画ではありませんが、『ハード・コア』山下敦弘 × 『花とアリス殺人事件』久野遥子が登壇してのイベントがありましたのでご紹介!

今回行われたのは・・・
池袋エリアを中心に「国際アート・カルチャー都市」の街づくりを掲げている豊島区が2019年《東アジア文化都市2019》国内都市に決定し、11月6日(火)プロジェクトの機運醸成・プレイペント シンポジウムを開催。

《東アジア文化都市》とは日本・中国・韓国の3か国において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するもので、豊島区では「舞台芸術」「マンガ・アニメ」「祭事・芸能」の3つを柱として新規事業や、文化交流を、池袋エリアを中心に区内各地で展開していく予定しており、2019年、2月1日開幕式典(@東京芸術劇場コンサートホール)、2019年、11月24日閉幕式典(@Hareza池袋 芸術文化劇場)を行う予定です。

シンポジウムでは、多くの方々に本事業を知っていただくため、豊島区の豊富な魅力をアニメーションで伝える《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像が初披露!本リリースをもって、プロモーション映像、キービジュアルポスターも解禁となります!
豊島区在住の少女が豊島区の歴史と様々な魅力を発見していく様子を描いた本映像は、実写を元にしたアニメーションの手法「ロトスコープ」を採用。実写映像は、『天然コケッコー』(07)では第32回報知映画賞・最優秀監督賞を最年少受賞し、近年『オーバー・フェンス』、『ぼくのおじさん』(16)、秋に山田孝之、佐藤健出演の最新作『ハード・コア』の公開を控え、独自の作家性と娯楽性とをミックスさせながら様々な題材を撮り続けている映画監督山下敦弘が担当。アニメーションを『花とアリス殺人事件』のアニメーションディレクターで、昨年『甘木唯子のツノと愛』でマンガ家デビューを果たしたアニメクリエイター久野遥子が担当。会場に久野氏、山下監督が登壇し、PV制作のエピソードを語りました。

また、〈シンポジウム〉開催を祝し、2017年アニメ100周年を記念して、122作品に渡る日本のアニメーション作品を紹介した『アニメNEXT_100』スペシャルムービーを上映、製作に携わった植野淳子氏をお招きしトークセッションを実施。続いて、コスプレパフォーマーをはじめ、スペシャルパフォーマンスとして躍動する池袋のスペシャル映像上映、東京よさこいチーム演奏との競演を行い、アニメ・マンガの新聖地を目指す豊島区ならではの魅力を披露しました。


《東アジア文化都市2019豊島》 シンポジウム

日時 :11月6日(火)18:00~20:00
会場 :帝京平成大学 冲永記念ホール
登壇者:
実行委員会委員長 高野之夫(豊島区長)
全体統括 吉岡知哉(前立教大学総長)
舞台芸術部門総合ディレクター 宮城 聰(SPAC‐静岡県舞台芸術センター芸術総監督)
マンガ・アニメ部門総合ディレクター 古川タク(日本アニメーション協会会長)
祭事・芸能部門責任者 東澤昭(公益財団法人としま未来文化財団)
一般社団財団法人日本動画協会事務局長 植野淳子
PV制作 久野遥子(アニメーションディレクター、アニメーション作家)
実写ディレクター 映画監督 山下敦弘
瑛子


映画情報どっとこむ ralph 11月6日(火)《東アジア文化都市2019豊島》シンポジウム

シンポジウムでは、本プロジェクトの準備委員会委員長 高野之夫豊島区長、全体統括を務める前立教大学総長 吉岡知哉氏をはじめ、「舞台芸術」部門総合ディレクターを務めるSPAC‐静岡県舞台芸術センター芸術総監督・宮城聰氏、「マンガ・アニメ」部門総合ディレクターを務める日本アニメーション協会会長・古川タク氏が登壇し、本プロジェクトのビジョンや目標、意気込みを語った。

続いて、小池百合子東京都知事によるビデオレターメッセージが上映され、東アジア文化都市2019に選ばれた中国・西安市、韓国・仁川広域市といった交流都市の紹介のあと、 〈シンポジウム〉開催を祝し、2017年アニメ100周年を記念して122作品に渡る日本のアニメーション作品を紹介した『アニメNEXT_100』スペシャルムービーが上映、製作に携わった植野淳子さんのトークセッションが実施されました。

映画情報どっとこむ ralph そして、多くの方々に本事業を知っていただくため・・・・・、

と言うことで!

豊島区の豊富な魅力をアニメーションで伝える《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像の初披露を手前に、「マンガ・アニメ」部門総合ディレクターで、本映像の全体監修を担当した古川タクさん、アニメーションディレクターの久野遥子監督、そして実写ディレクターの山下敦弘監督が登壇。

古川さん:豊島区は手塚治虫先生が才能を発揮していたトキワ荘の存在もあった街で、その力を未来につなぐ本プロジェクトに文化で色付けをしていきたい、そう思った時、マンガ・アニメ部門の各ディレクターと口を揃えて上げた適任者は、<ロトスコープ>というアニメーションを手がけている久野遥子さんでした。

とプロモーション映像の経緯や久野さんの起用について説明。

続いて

久野監督:最初、とても大きなプロジェクトで、しかも実際ある街をアニメで表現することでとても緊張しました。私が主に表現しているアニメは、『白蛇伝』でも用いていた<ロトスコープ>というアニメーションで、一度実写で普通の映画のように映像を撮り、役者さんがお芝居したものを紙の上でなぞるような形でアニメーションにしていく手法です。
プロモーション映像で試みた、新しいテクニックについて説明。

久野監督は、人間味溢れる映画を作る方に実写映像の撮影をお願いしたいということで、山下監督を推薦。
豊島区の映像にぴったりではないかと思ったとのこと。そして、

山下監督:豊島区在住の少女が豊島区の歴史と様々な魅力を発見していく様子を描いた本映像は、すごく短い尺だったので、最初からセリフで何かを伝えるのではなく、絵や動きや音だけで表現しようと思いました。個人的にはチャレンジ的なものありまいたが、豊島区のいろんな魅力をそれぞれ出していきたい、といった気持ちで作りあげました。

と映像に込められた気持ちを語った。

今年7月より、プロモーション映像の実写映像の撮影のため、豊島区のロケハンにまわっていたと言い、
山下監督:ご覧いただいた通り、撮影は主に池袋駅の前や鬼子母神、東電荒川線の車両のなか、大塚周辺で行われました。常に、現場に久野さんがいたので、その都度現場で相談しながらスムーズに撮影ができました。

と撮影当時を思い出す。

映画情報どっとこむ ralph この流れで・・・
《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像が初披露!

約1分尺のフルバージョン、20秒にまとめたダイジェストバージョンが上映され、終映後、会場には拍手が。

続いて、スペシャルゲストとして、プロモーション映像で登場していた豊島区在住の少女しま子ちゃん役を演じた4歳の瑛子(てるこ)ちゃんが、映像のなかに身にまとっていた緑ワンピース、赤の帽子と靴を履いた姿のまま登場!
瑛子ちゃん:撮影は楽しかった。全部楽しかったです。

とコメント。

古川さん:赤の帽子は、手塚先生の帽子をイメージしたものです。もしかしたら、未来の手塚先生は女性かもしれない!という気持ちを込めました。

と言い、会場には「あ〜!なるほど!」という声が上がった。

最後、本プロジェクトに向けて、

久野監督:私自身が豊島区のことを知らない立場だったので、(映像を通して)こういう街、広がっていくんだ!が気付けられたら、そのようなイベントになっていけたらいいなと思います。

と語り、

山下監督:世界に向けて、豊島区外に向けて作ったんですが、豊島区の人々にも感じてもらいたいなと思った映像です。この先、いろんなところでみかける映像なので、どこかでみかけてたら何かを感じてほしいです。

と述べ、東アジア文化都市2019豊島への応援メッセージを贈り、古川さんより、「過去」と「現在」をつなげ、「未来」を作るといった「マンガ・アニメ」部門のビジョンやコンセプトが語られたトークセッションは終了、コスプレ、よさこいのパフォーマンスといったグランドフィナーレで盛大に盛り上がった《東アジア文化都市2019豊島》シンポジウムは幕を閉じた。
映画情報どっとこむ ralph 《東アジア文化都市》とは

日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。また、東アジア文化都市に選定された都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。 豊島区は横浜市(2014年)、新潟市(2015年)、奈良市(2016年)、京都市(2017年)、金沢市(2018年)に続き、国内6番目にして初の都内開催となり、中国 西安市、韓国 仁川広域市と共に、8月に行われた文化大臣会合として、開催都市に決定致しました。

***********************************



映画『ハード・コア』山下敦弘監督、完全監修予告映像&昭和レトロポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!

この度、本作の監督である山下敦弘が自ら手がけたポスター&予告映像が解禁となりました!


山田孝之、佐藤 健、荒川良々ら豪華キャスト、スタッフで送る、切なくて可笑しい、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇。 「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」


この度解禁となったのは山下敦弘監督自らが監修し制作したディレクターズカット版予告映像。

世間に馴染めず純粋すぎる男・右近とそんな右近の唯一の友人・牛山のうだつの上がらない生活から謎のロボット、ロボオとの出会いによって男たちの生活が一変していく様子を描いた本作。

左近が右近に殴りかかり「間違ってるのが世の中だろうが」と吐き捨てると、右近が「間違ってることを間違ってるって言って何が悪い!俺はちゃんと生きたいんだよ!」と熱いシーンも描かれており、山下監督がこのキャラクターたちを心から愛しているのがよくわかるシーンとなっています。さらに本作のエンディングテーマでもある「なだらかな夜」がこの男たちにそっと寄り添い優しく包み込んでいるかのようで涙を誘う映像に仕上がっております。山下敦弘監督は「映画『ハード・コア』の魅力をひとつの予告編に絞ることなんて出来ない!と思ってしまい、自ら予告編を作ってしまいました。自分自身で予告編を作るのはこれが最初で最後だと思います。」と制作の意図を説明するなど、本作への思い入れの深さがよくわかります。


映画情報どっとこむ ralph さらに、このディレクターズカット版予告と同じく山下敦弘監督が手がけたポスターも解禁!
先日解禁となった本ポスターとは打って変わり、まるで昭和の作品を意識した仕上がりで、どこか懐かしさを覚えるポスターとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 20年ほど前に原作と出会い、盟友でもある山田孝之といつか映画化しようと夢見ていた本作。

このオリジナルのポスターと予告が示す通り、山下敦弘監督の本気が伺える作品です。

映画『ハード・コア

11月23日(金・祝) 全国公開

hardcore-movie.jp



現代日本。
都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボット(ロボオ)が現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化。


***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい 首くくり栲象 康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会
   


山田孝之 佐藤 健 荒川良々映画『ハード・コア』第31回東京国際映画祭の特別招待出品決定!


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!

豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!


この度、10月25日(木)より開催されます、第31回東京国際映画祭の特別招待枠に、本作『ハード・コア』が出品されることが決定いたしました!

東京国際映画祭での上映に関し、

山下監督:東京国際映画祭での上映がワールドプレミアとなるので、世界で一番最初に観れるチャンスです。原作に出会ってから20年近く経っているのですが、原作への想いというか意地というか、とにかく全てが詰まっている作品なので、心して観てほしいですね。

とコメント。

また、25日(木)のオープニングセレモニーでは、山下敦弘監督と本作に登場する謎のロボット“ロボオ”と共にレッドカーペットを歩くことが決定!
山下監督:ロボオはもちろんロボットなんですけど、映画の中でも重要な仲間というか登場人物で、この作品の一番のスターです。そのスターと一緒に歩けることは光栄に思います。山田君と佐藤君を差し置いて映画の中のスターと一緒に歩くので、是非シャッターチャンスを逃さないように!
と意気込みを語っており、異色のセレモニーになること間違いなしです!

映画情報どっとこむ ralph 平成最後の開催となる、日本最大の映画祭を『ハード・コア』が盛り上げます!

映画『ハード・コア

11月23日(金・祝) 全国公開

hardcore-movie.jp

現代日本。
都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化。山田孝之、佐藤 健、荒川良々ら豪華キャスト、スタッフで送る、切なくて可笑しい、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇。 「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々

石橋けい 首くくり栲象 康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会


松たか子ほか豪華キャストの参戦決定!山田孝之と山下敦弘監督が仕掛ける『ハード・コア』に!


映画情報どっとこむ ralph これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化!『ハード・コア』の公開日が11月23日(金・祝)に決定し、今回、新キャストとポスタービジュアルが解禁となりました!


現代日本。
都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。

共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。

二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。

ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

山田孝之、佐藤健、荒川良々に続き、この度解禁となった新キャストには、石橋けい、首くくり栲象、康すおん、藤原季節、という超個性派メンバーが結集し、原作に登場する唯一無二のキャラクターを熱演しています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、松たか子のスペシャル参加も決定!

山田孝之演じる右近が酔い潰れるバーで出会う謎のOLを演じており、場末のカラオケバーで、美しい歌声を披露するサプライズ演出もあるなど、その役どころに注目が集まっています。


さらに、解禁となった本ポスターは右近、左近、牛山、そして謎のロボットが一点を見据える姿があり、


「家族なんていらねぇ。俺たちは空だって飛べるんだ。」

というキャッチコピーが、現代社会に溶け込めないどうしようもない男たちの物語を表しています。


切なくて可笑しい、この平成末期に必見の男たちの人生活劇。

ハード・コア
11月23日(金・祝)全国劇場公開。
hardcore-movie.jp

***********************************

出演:山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会 


映画「天然コケッコー」上映会開催に向けてMotionGalleryにてクラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph 11月26日に映画「天然コケッコー」のロケ地である旧後野小学校(島根県浜田市)での上映会開催の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて30万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。
motion-galleryサイト

島根県浜田市が舞台の漫画「天然コケッコー(くらもちふさこ作)」を通じて、日本の田舎の魅力を再認識し、文化振興を中心とした地域の活性化を図る目的で企画。
2007年に映画化された際も、多くは浜田市で撮影が行われました。この作品を中心として、来年、青春をテーマとした映画祭を、映画館が無い浜田市で開催するため、地域や県内外からの関心を集めるべく、キックオフの位置付けで上映会を開催します。

上映会の会場は撮影が行われた小学校(旧後野小学校)の講堂を利用するため、会場設営に掛かる費用をクラウドファンディングで資金調達します。
一口1,000円から支援を受け付けており、上映会チケットや打ち上げ参加などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは11月24日23時59分〆切であり、30万円を目標にしています。

全国の天コケファン、くらもちファン、青春映画が大好きな人たちを虜にするような映画祭の開催へ向けて、はじめの一歩となる今回の「天コケ上映会」を多くの方にご覧いただけるよう準備してまいります。

映画情報どっとこむ ralph 【上映会概要】
作品  :天然コケッコー(2007)
     ※35mmフィルム・200インチスクリーン
日程  :2017年11月26日(日)
会場  :旧後野小学校(島根県浜田市後野町779-2)
上映  :10:00~ 一般上映会 ※3才以下入場不可
     14:00~ ファミリー上映会 ※発声可能上映
定員  :各回 100名
チケット:11月6日よりクラウドファンディングで先行発売
     11月16日より一般発売開始(料金1,000円)
     ※一般発売の詳細は後日Dramatic CIMANEのFacebookページで案内
      
その他 :小学生以下入場無料


【特別ゲスト】
藤村聖子(女優)
※映画「天然コケッコー」にあっちゃん(山辺 篤子)役で出演
※上映後(各回とも)にトークセッション

【映画:天然コケッコー】
原作  :くらもちふさこ
監督  :山下敦弘
脚本  :渡辺あや
主演  :夏帆、岡田将生
製作年 :2007年
上映時間:121分

映画情報どっとこむ ralph 映画「天然コケッコー」公式ホームページ
http://tenkoke.asmik-ace.co.jp/

海、山、太陽 - 自然の光と音のなか、きらきらと今を生きるゆったりとした時の流れが、体の中に入りこみ、不思議な優しさと幸福感があふれる、あたたかな永遠の感動作

若草の萌える野のような、生き生きとした日本映画がまた一つ誕生した。カリスマ漫画家くらもちふさこの名作コミック「天然コケッコー」の映画化である。「天然コケッコー」は、ど田舎で暮らす少女の何気ない日常をリアルに描き、長い間ファンの胸に深く根ざし愛され続けてきた。そんな原作に挑むのは、鋭い感性と透徹した洞察力を持ち、『リンダ リンダ リンダ』『リアリズムの宿』などで日本中を爽やかな感動で包んだ気鋭・山下敦弘監督。自然豊かな街を舞台に、方言丸出しの少女が初恋を経験し、家族や友人や村人に見守られながら成長していく、今を切り取った、笑顔いっぱいの物語。ゆったりとした時の流れに、幸福感を味わい、涙したくなる、優しく温かな陽だまりのような感動作が完成した。

***********************************