「山下リオ」タグアーカイブ

主演:東出昌大×監督:濱口竜介『寝ても覚めても』 柴崎友香原作本書き下ろし短篇入り発売


映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介監督が、東出昌大を主演に迎え、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化し、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された『寝ても覚めても』が、9月1日よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開となります。

その公開を記念して、河出文庫「寝ても覚めても 増補新版」の発売が6月6日(水)に決定しました!

増補新版には柴崎友香さんと気鋭の漫画家・森泉岳土さんの書き下ろしで贈るコラボ小説×マンガ「同じ街の違う夜」が増補されています!

「寝ても覚めても」は、柴崎友香が2010年に発表した長編小説で、第32回野間文芸新人賞を受賞。

朝子の目に映る景色をつぶさに描き出し、2人のそっくりな顔の男性の間でゆれる恋心を細やかに表現した柴崎友香を代表する一作。

映画情報どっとこむ ralph このたび発売される河出文庫の増補新版は、映画の主演で麦と亮平の一人二役を演じる東出昌大と、ヒロイン朝子を演じる唐田えりかが映る映画のティザービジュアルが表紙に。さらに増補新版のために書き下ろされた柴崎友香さんによる短篇小説「同じ街の違う夜」がマンガとのコラボで加わる。


【「寝ても覚めても」増補新版 情報】

著者:柴崎友香/河出文庫/344ページ/ISBN:978-4-309-41618-2

Cコード:0193
発売日:2018.06.06
定価799円(本体740円)

★書き下ろしコラボ「同じ街の違う夜」 小説:柴崎友香×マンガ:森泉岳土


映画情報どっとこむ ralph 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。

主演・東出昌大さんが、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかさんがヒロイン・朝子を演じる。

メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。

監督自ら熱望した「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たし、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。

過去記事:寝て覚めレッドカーペットレポ
(c) Kazuko WAKAYAMA

カンヌでお披露目された本作は、「日本のヌーベルヴァーグ!新しい才能が現れた」と海外の記者より賛辞が送られ、「繊細で感動的。人間の魂を追求する、比類ない映画(ル・モンド)」「エレガントで深遠な愛のロンド。美しい!(レ・ゼコー)」、「濱口監督は、現代における最も重要な監督の一人だ。愛の季節を描いた『寝ても覚めても』はカンヌで栄誉を与えられるべき作品(リベラシオン)」「ニュアンスに富んだ演技が見事!(インディワイヤー)」と、海外メディアから絶賛された。

映画情報どっとこむ ralph 映画『寝ても覚めても

あらすじ・・・
東京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats

2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINEMAS 
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス 
c2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS www.netemosametemo.jp
    


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 オープニング作品『君がまた走り出すとき』製作決定!エキストラ大募集


映画情報どっとこむ ralph 川口市は、埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の15周年を記念し、川口市を舞台としたオープニング作品を製作することが決定しました。
本作の製作にあたり、川口市や本映画祭、またはSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザの若手支援事業にかかわりのある監督から広く企画を公募し、50に及ぶ応募企画の中から、人生に行き詰った人たち、逃げ続けている人たちが、日本人男性で初めて世界の6大マラソンを走破した実在の人物・古市武さん(川口市在住)の姿を見てマラソンを始めることで、人生と向き合う人々のヒューマンドラマ作品を応募した中泉裕矢がオープニング作品を監督することが決定。

中泉裕矢監督コメント
最近改めて自覚するのが「映画はやりたいこと」だということです。やりたいことをやろうと始めた映画製作を、認めてくれて多くの人に見て もらう機会をくれたのがSKIPシティの映画祭でした。好きなことを続けていいと言われた気がしたのを、今でも思い出します。この映画祭へ の気持ちは、今回の作品を作る過程でも良い影響になっております。多くの人に楽しんでもらえる作品にしようと思っています。


映画情報どっとこむ ralph 本作の主演には昨年、『心が叫びたがってるんだ。』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など立て続けに話題映画に出演し、今年もドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演。

今後、更なる飛躍が期待される若手俳優・寛一郎が決定。

寛一郎さんからのコメント
自分もいつかは主演をやらせて頂ける時が来るのかな。と考えることが時々あり、でもまだ主演はやれ ないなーと思っていた時にこのお話をいただいて驚きました。こうやってコメントを考えながらもま だ実感できてません。みなさんといい作品が作れたらなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインには10代からCM、モデルとして活躍しながら、映画、ドラマなど数多くの作品に参加して女優として活躍する山下リオが出演。

山下リオさんからのコメント
今年で15周年を迎えるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニング作品。 数々の作品のトップバッターということで、今からドキドキしてしまいますが、国、長編・短編問わ ない、映画の輪の中に私も参加させていただき嬉しく思います。 走ることを通して見えてくる、人間模様やキャラクターが魅力的で、もうすでに作品に登場する人々が 大好きになっている自分がいます。チーム一丸となって、撮影を走り抜けていきたいと思います。

さらに長年、映画、ドラマに出演し、2016年には『ゆずの葉ゆれて』にて第1回ソチ国際映画祭で主演女優賞を受賞した実力派女優・松原智恵子も参加。

松原智恵子さんからのコメント
16歳から映画の世界に入り57年間100本以上の映画に出演し、テレビの方も数えきれない程色々な作品にめぐり逢い 演じてきました。そして今回の映画は実年齢と共に年相応の作品に出逢いました。ボケているような、いないような とても難しい役柄を演じます。主人公が色々な人々と触れ合うことで本当に大切なことは何か?人生には時に向かい 風や追い風、様々な風が吹いてきます。マラソンを通してそれぞれが抱えている問題を乗りこえていき成長していく ことを私自身もうまく表現できるよう頑張ってまいります。監督をはじめ若いキャスト・スタッフのみなさんとの新 しい出会いに今からドキドキしています。楽しい現場にしていきたいと思っております。

他にも浅田美代子、長谷川初範、菜葉菜、辻本祐樹など実力派が脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作は5月上旬から川口市がメインロケ地として撮影スタートし、エキストラとして市民が参加できる地域参加型映画として展開。

映画エキストラの募集について

マラソン大会シーンでのエキストラを多く募集しております。
また、平日等に他シーンの撮影に関しましても募集。みなさまのご応募をお待ちしております!
募集内容
○マラソン大会ランナー役(300名程度)
○マラソン大会観客及び大会関係者役(300名程度)
撮影予定日 5月19日(土)、雨天時20日(日) (撮影場所はご登録後、制作会社よりご案内いたします)
○その他の役 撮影日・撮影場所 調整中 (ご登録後、制作会社よりご案内いたします)
登録の詳細は川口市ホームページ:こちら


本作は7月13日に<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018>オープニング作品として上映、その後、2018年度内に劇場公開を予定しています。

映画『君がまた走り出すとき

公式HP:
kimimata.com

ツイッター:
@kimimata_m

映画情報どっとこむ ralph
<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭とオープニング作品について>

2004年から開催しているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、世界ではじめてデジタルで撮影・制作された作品にフォーカスした国際コンペティション映画祭で、今年15周年を迎えます。
毎年、世界各国の国と地域から集まる多数の応募作品の中から、エンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を上映するとともに、日本映画界の次代を担うクリエイターを発掘・紹介してきました。今年で5本目となるオープニング作品の製作もそのひとつで、映画祭が主体となり、若手監督による長編作品の製作・上映を支援するプロジェクトとして行っています。

©2018 川口市
***********************************



主演:東出昌大×監督:濱口竜介『寝ても覚めても』 tofubeatsが初映画音楽!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大と濱口竜介監督がタッグを組み、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。

この度、本作の音楽をtofubeatsが担当、主題歌を書き下ろし、コメントも到着しました。

本作は、ミステリアスな自由人・麦(バク)と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平という、同じ顔をしたふたりの男と、その間で揺れ動く女性・朝子の8年間を描く恋愛映画。

濱口監督が、原作が持つストーリーの荒唐無稽さと緻密な生活描写に惚れ込み自ら映画化を熱望、メガホンを取った。

東出昌大は、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・麦と亮平という初の一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じています。
瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子といった豪華キャストが脇を固めています。

映画情報どっとこむ ralph 常に話題の先端を行くtofubeatsが初の映画音楽担当として選んだのが、濱口竜介監督『寝ても覚めても』だ。

「自分がアートの現場で見てきたものと違い、相当喰らった。」

監督の前作『ハッピーアワー』が、濱口監督との衝撃の出会いだった。

その後、濱口監督と対談するなど交流を深めたtofubeatsは、本作で初めて映画音楽に挑戦し、主題歌も書き下ろした。

tofubeatsコメント

初の映画への主題歌・楽曲提供ということで不安もあったのですが、濱口監督の作品ということで意を決して飛び込ませていただきました。不慣れな点は多かったのですが、こうして皆様にお知らせできるところまで来られて本当に嬉しいです。とにかく自分にできることは脚本や資料を読んで取り組むことだったので、全ての要素が作品を見て皆様が感じていただくことの助けになっていれば嬉しいです。


濱口竜介監督 コメント

この度、tofubeatsさんに『寝ても覚めても』映画音楽をお願いできたことを心から嬉しく思っています。クレバーな印象の強いtofuさんですが、その楽曲は実はとてもまっすぐ胸に飛び込んでくるものです。『寝ても覚めても』はなかなか一筋縄ではいかない恋愛映画なのですが、tofubeatsさんの楽曲は観客が映画を見る上での感情的な拠りどころになってくれています。そして、エンドクレジットに流れる主題歌。私は、震えました。観客の皆さんにも胸のど真ん中を撃ち抜かれていただきたい。ご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph 主演:東出昌大×監督:濱口竜介×原作:柴崎友香

映画『寝ても覚めても』

2018年晩夏、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
www.bitters.co.jp/netemosametemo

あらすじ・・・

大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちる。

しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。

麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが。麦と亮平―同じ顔をした、過去の”恋”と現在の”愛”が朝子の心を揺らしていく。

***********************************


出演: 東出昌大唐田えりか 瀬戸康史山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介 原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
製作:『寝ても覚めても』製作委員会
製作幹事:名古屋テレビ放送、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会
     


瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知ら『寝ても覚めても』追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大さんと濱口竜介監督がタッグを組み、唐田えりかさんをヒロインに迎え、芥川賞作家・柴崎友香先生による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』が、クランクアップしたそうです!
濱口監督のクランクアップ時のコメントと、追加キャストが到着しました。


濱口竜介監督のコメントです。

濱口監督:
『寝ても覚めても』、とても素敵な現場でした。
集まってくれたすべてのキャストとスタッフに感謝します。まず、本当に面白い原作があって、「この人たちしかいない」と思える、とても素晴らしいキャストが集まった現場でした。

役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います。

何より、主演の東出さんが献身的に、撮影のすべてを支えてくれました。東出さんの存在があったからこそ、ヒロインの唐田さんの輝きが増しました。自分の眼の前で、カメラの前で、とても素晴らしいことがたくさん起きた撮影でした。

原作の大切な部分も、映画の中にしっかりと残せたと思っています。きっと、この上なく面白い映画になるでしょう。それをちゃんとお届けできるよう、これから頑張ります。期待してお待ちください。

映画情報どっとこむ ralph そして!

麦(バク)・亮平役:東出さん、朝子役:唐田さんのメインキャストの脇を固めるのは個性豊かな豪華キャスト陣が併せて発表!

瀬戸康史さん、山下リオさん、伊藤沙莉さん 、渡辺大知さん。


亮平の会社の後輩でクールな串橋に、瀬戸康史さん。

朝子のルームメイトで女優の卵・マヤに、山下リオさん。

朝子の親友・春代を、伊藤沙莉さん。

麦に家を貸している友人・岡崎を、「黒猫チェルシー」渡辺大知さん。

が演じています。


さらに・・・、

朝子を優しく見守る岡崎の母親・栄子として、田中美佐子さんが映画をしっかりと支える。また、主人公たちを繋ぐ重要人物・平川役に仲本工事さんと、多彩なキャストが集結した。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちる。
しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが。

麦と亮平―同じ顔をした、過去の”恋”と現在の”愛”が朝子の心を揺らしていく。

公式HP
netemosametemo 

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか
瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子

監督:濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
製作:『寝ても覚めても』製作委員会
製作幹事:名古屋テレビ放送、ビターズ・エンド

制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会