「尾野真千子」タグアーカイブ

山崎まさよし、群馬移住を決断!? 尾野真千子の飛び入り参加、ぐんまちゃんもお祝いに!! 『影踏み』先行公開舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 主演に山崎まさよしを迎えた映画『影踏み』が、群馬にて昨日11月8日(金)に先行公開した。

この度、本作のロケ地であり、映画が製作されるきっかけを生み出した“『影踏み』の故郷”、群馬県で、全国に先駆けて1週間早く公開されることを記念して、本日イオンシネマ高崎にて公開記念舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には主演の山崎まさよし、篠原哲雄監督、そして原作者の横山秀夫が一足早く『影踏み』を観た観客の前に姿を現し、さらには事前告知のなかった尾野真千子も飛び入り参加し、驚きと歓喜に包まれた会場でついに公開となった本作への思いを熱く語りあった。また、群馬県のマスコットキャラクターぐんまちゃんもかけつけ、会場はより一層お祝いムードに包まれた。

『影踏み』 群馬県先行公開舞台挨拶
日程:11月9日(土)
会場: イオンシネマ高崎
登壇:山崎まさよし、尾野真千子、篠原哲雄監督、横山秀夫(原作者)

映画情報どっとこむ ralph 山崎は「無事に公開を迎えることが出来て本当によかった。この日を迎えられたのも皆さんのおかげです」と公開を迎えた喜びと感謝を口にした。原作者の横山は「完成した映画を観て、一生懸命作った原作を盗まれた気分です。」と山崎が演じたキャラクターが泥棒であることにかけて笑いながらコメントし、「『影踏み』が篠原監督、山崎さん、尾野さんのものに完全になっていました。次の作品を頑張って作らなきゃという何か決心がつきました。」と自身の原作が映像化された感動と次回作への意欲を見せた。
オール群馬ロケを敢行した本作。改めて群馬県の魅力を聞かれた山崎は「『月とキャベツ』もそうですし、群馬には不思議な縁を感じます。古くからある建造物や美しい風景、山や川など自然に囲まれているところが魅力だと感じます。」と語り、さらに「劇中に小さいお子さんが登場するシーンがあるんですけど、子供たちがいきいきと育っているところがいいなと思いましたね。」と語り、「僕も群馬県に住んだほうがいいですかね!?」と冗談を交え会場を沸かせた。そして舞台挨拶に飛び入り参加した尾野は「群馬はご飯が美味しい。人間食べることが一番大事ですから!」とおどけ、会場を笑わせた。また、篠原監督は「群馬県は映画を非常に撮りやすい場所だなと感じています。高崎市では劇中の繁華街を中心に撮影し、前橋市では観光街を中心に撮影しまして、町それぞれの魅力があると感じます。町の佇まいが美しいので、また群馬で絶対撮影したいと思ってます。」と宣言。会場からは大きな拍手が起きた。

ここで山崎の弟役を演じた北村匠海の話に移り、山崎は「撮影当初は僕自身芝居経験が少ないから不安でした。でも、北村くんが芝居をしやすい空気を作ってくれて本当に助かりました。最後は本当の兄貴になれた気がします。」と北村への感謝を口にし、「サントラを作るときにアドバイスをくれたりしたんですよね、本当にすごいやつですあいつは!(笑)」とミュージシャンだからこその関係性も口にした。
尾野は撮影時を振り返り、「現場に入る際、心構えをすごくしていました。普段、ミュージシャンとしての山崎さんしか知らないので、俳優としてはどう仕上げてくるんだろうと思っていました。」と述懐。さらに尾野は「同じ関西人だからテンポとか合うかなと思っていたのですが、現場では山崎さんすごく静かだったんですよ!」と発言すると、山崎から「だって役柄がね!」とすかさずツッコミが入り、続けて「尾野さんは撮影中芸人さんばりに笑いをとっていましたから。さすがだなと思いましたね。」と二人の絶妙な掛け合いに会場から笑いが起きた。

最後に山崎は本作について、「重厚な作品であり、いろんな思いをいっぱい詰めている。1度と言わずに何回も観てほしい。」と作品への思いと共に観客に“リピート”を呼びかけイベントは大盛り上がりで幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『影踏み』

Kagefumi-movie.jp

11月15日(金)いよいよ全国で公開。

『影踏み』本ポスター 主人公・真壁修一(山崎まさよし)は、ある日忍び込んだ先で偶然遭遇した事件をきっかけに逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した修一は、まだ自分が逮捕された事と、あの時遭遇した事件に対しての疑惑を抱えていた。何故あの日の侵入がバレていたのか?そして、あの時侵入した家の寝室で夫を殺そうとしていた女(中村ゆり)の行方…。幼馴染みで恋仲の久子(尾野真千子)の制止を聞かずに、修一は相棒であり弟の啓二(北村匠海)と共に事件の真相を求め行動を開始する。しだいに事件と女の裏に潜むいくつもの影が浮かび上がっていく。ただ、事件の謎が解き明かされていくにつれ、修一自身が封印した20年前の悲劇もよみがえる…1つの事件が“過去”の事件を呼び醒すとき、修一、啓二、久子の止まったままの運命の歯車も再び動き出す!真実は、いったいどこにあるのか!?

***********************************

滝藤賢一 鶴見辰吾 / 大竹しのぶ
監督:篠原哲雄 脚本:菅野友恵 原作:横山秀夫(「影踏み」祥伝社文庫) 音楽:山崎将義
主題歌:「影踏み」山崎まさよし(EMI Records)
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社 製作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント エグゼクティブプロデューサー:千村良二 岡本東郎 プロデューサー:松岡周作
配給:東京テアトル   
©2019「影踏み」製作委員会   






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海ら登壇!映画『影踏み』プレミア先行上映会


映画情報どっとこむ ralph 主演に山崎まさよしを迎え11月8日(金)群馬県先行/11月15日(金)全国公開する。

この度、山崎まさよしが14年ぶりに主演を務める映画『影踏み』のプレミア上映会がテアトル新宿にて開催され、主演の山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、そして篠原哲雄監督が登壇しました。
撮影中の裏話などイベントでしか聞くことが出来ないトークが展開されました。
映画『影踏み』プレミア先行上映会オフィシャル
映画『影踏み』プレミア先行上映会
日時:10月31日(木)
会場:テアトル新宿
登壇:山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、篠原哲雄(監督)

映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する豪華キャスト陣が勢揃いする場ということもあり、その姿を一目見ようと集まったファンによってプレミア先行上映会のチケットは即完売!更には立見席まで満席状態になる大盛況の中キャスト陣、篠原監督が舞台に登壇すると割れんばかりの拍手が湧き起こりイベントはスタートしました。

まず初めに本作の中で兄弟役を演じたことについて山崎は「14年ぶりに映画に出るということで、これまで多くの作品に出演しているわけでもなかったので匠海くんには非常に良い空気を作ってもらいましたし、居心地も良かったです。」と北村へ賛辞を送り、それに対して北村は「僕はこの中で一番年齢も下で後輩でしたけど、真っ先にまさよしさんが温かく迎えてくれましたし、凄く良い雰囲気の中で撮影をすることができました。」と温かい雰囲気を作ってくれた山崎に感謝を述べました。

続いて久しぶりとなる映画の主演を務めた気持ちを聞かれると山崎は「大役をやらせてもらいましたけど、凄い共演者ばかりで、出来るだけ失礼のないように心がけました。皆さん優しくて鶴見さんとも久しぶりに共演することが出来て本当に感動しました。」と『月とキャベツ』(1996)以来の共演となる鶴見との再会を喜びました。すると鶴見も「山崎さんは変わってないところもあるけれど、ミュージシャンとしての道を歩んできた貫禄もあるし、こうして久しぶりに共演できたので長く俳優をやっていると、このような素晴らしい瞬間もあるので感慨深いです。」とコメントしました。

次に“山崎まさよし“主演映画への出演オファーを受けた気持ちを聞かれた尾野は「山崎さんとは一度共演したいと思っていましたから即決めでした。」と本作へのオファーは二つ返事で受けたことを明かすと、中村は「中学生の時に地元の親友が山崎さんの「One more time,One more chance」をお勧めされ聴いていた思い出があるので、出演が決まった時にはその友達にすぐ連絡をしたくらい嬉しくて、この映画に出演できるなんて贅沢だなって思います。」と中学生時代のエピソードを披露しました。最後に大竹は「まさよしさんと電話している時に、ちょうど篠原監督が映画を作るかもって話しを聞いて、すぐに私が“やって!やって!そして私もちょっとだけ出演させて”ってお願いをして、今回実現しました。」と大竹が本作に出演するに至った裏話を披露しました。

そして、本作がミステリー界の巨匠・横山秀夫原作でもあることに触れられると横山作品に『影踏み』を含めて3度目の出演となる滝藤は「横山作品の魅力はキャラクターそれぞれにドラマがあって、細かく描かれていて重厚な物語が作られるところです。それで、いつ私は横山作品の主演をやれますかね(笑) それまでは俳優として頑張りたいと思います。」と横山作品常連ではあるが、主演経験がないことについてコメントし会場を盛り上げました。さらに山崎との共演についても「俳優同士のセッションって相手の出方がある程度分かるんですけど、ミュージシャンの方とやるのは初めてで今までにない刺激があり楽しかったです。」と山崎との共演に感謝を述べました。そして、本作のキャッチコピーでもある“真実を盗み出せ”にちなみ《共演者から一番盗みたいもの》を聞かれた鶴見は《大竹さんの演技力・演技に対する情熱を盗みたい!尊敬していますし、大好きな女優なので心を盗みたいです》、大竹は《匠海君の若さ》、北村は《8月にAugustaCampのステージで一緒に「影踏み」を歌わせていただきまして、まさよしさんの真横っていう一番いいところで歌声を聞いてとても痺れたので歌声を盗みたいですね》、尾野も《私も歌うのが好きなので、素晴らしい歌声を持つまさよしさんの歌声です》、中村は《尾野さんの人をリラックスさせ、緊張感を解いてくれる朗らかさを盗みたいです》、滝藤は《中村さんの色気を盗みたいです》、篠原監督は《昔はミュージシャンになりたかったので山崎さんからギターの技術を盗んだら歌手になれるのかなって思ったりしますが、すみません(笑)諦めて映画を作る道を邁進していきます!》とそれぞれが共演者から盗みたいものを発表し会場を盛り上げると、最後に山崎は《滝藤さんの髪型(イベント当日はパーマ風の髪形)を盗みたい、自分も天然パーマで梅雨時期は滝藤さんみたいにくるくるの髪形になってしまうんですが、背が高くない分ブロッコリーのようになってしまうので髪型と併せて身長も盗みたいです》と意外な盗みたいものを発表し会場からは大きな笑いが起こりました。

映画情報どっとこむ ralph ここでイベント当日の10月31日から2日後の11月2日、3日、4日と奇跡の三連続で誕生日を迎える滝藤、北村、尾野をサプライズで祝福するため「ハッピーバースデー」のBGMの中、山崎が3人に花束を渡すサプライズ演出がありました!
突然のサプライズに驚きながらも滝藤は「もう43歳です、あと40年は俳優をやれると思うので(笑)ここにいるみなさんと新しい作品ができると嬉しいです。」と抱負を語ると、北村は「僕は22歳になるんですが、ロケバスの中でまさよしさんがギターあげるよって言われまして、誕生日を知っていてくれたんだなって思い、良いお兄ちゃんです。」とコメントし、それを受けて尾野は「私は38歳です、嬉しいです!サプライズが大好きです。ありがとうございます!」と感謝を述べました。


最後に篠原監督は「みなさんと映画を作れて良かったなと思います。山崎くんとは長編映画では23年ぶりのタッグでそして『月とキャベツ』の公開当時と同じテアトル新宿で公開することができたことは凄く奇跡的で、ジャンルは違いますけど『月とキャベツ』と『影踏み』には何か縁があると思っています。本作は映画館で見る良さがある映画なので、みなさんにこの映画を広めてもらって、また公開したら見にきて欲しいです。」と本作に対する思いを述べ、山崎は「私自身デビューしてから25周年目に入りまして、今回素晴らしい共演者、そして昔から付き合いのある篠原監督、そして主題歌・劇判も作らせてもらいまして、映画に沿った良い主題歌が書けたと思っています。アニバーサリーで良い作品と関われて感謝していますしとても光栄です。」と本作への感謝を伝えイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 影踏み
Kagefumi-movie.jp

『影踏み』本ポスター
あらすじ
ノビ師(泥棒)の真壁修一は、ある夜、侵入した稲村邸で、寝ている夫に火を放とうとする妻・葉子を目撃する。咄嗟に止めに入ったが、なぜか偶然、その場に居合わせた刑事に現行犯逮捕される。2年後、出所した修一を迎えたのは、弟の啓二と恋人の久子だけ。なぜ稲村邸への侵入がバレたのか? なぜ自分だけが逮捕されたのか? そして放火殺人を謀った葉子の行方は―。謎を解明するため、修一は探偵さながらの行動を開始する。

***********************************


山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海
中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 / 大竹しのぶ
監督:篠原哲雄 脚本:菅野友恵 原作:横山秀夫(「影踏み」祥伝社文庫) 音楽:山崎将義 主題歌:「影踏み」山崎まさよし(EMI Records)
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社 製作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント エグゼクティブプロデューサー:千村良二 岡本東郎 プロデューサー:松岡周作 配給:東京テアトル   ©2019「影踏み」製作委員会   





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

真実は台風だけが知っている!?草彅剛主演『台風家族』場面写真一挙解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、草彅剛主演×市井昌秀監督の最新作『台風家族』が9月6日(金)に公開いたします!

同作は市井監督が構想から12年間あたためてきた、“両親への想い”を形にしたオリジナルストーリー。

銀行強盗を企て、2000万円の大金と共に忽然と姿を消してしまった両親の“なんちゃって”葬儀を行うために、10年ぶりに集まったきょうだい達の愛おしくも、めまぐるしい夏の一日の物語。

本作の場面写真が一挙に解禁!
草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』 草彅剛主演『台風家族』
映画情報どっとこむ ralph 映画『台風家族』

2019年9月6日(金)全国ロードショー

公式HP:
http://taifu-kazoku.com/



鈴木家のきょうだいは10年ぶりに実家へ戻ってきた。銀行強盗を企て2000万円の大金と共に忽然と姿を消してしまった両親の“見せかけ”の葬儀を行うために。そこには〈怒り〉〈愛情〉〈嫉妬〉〈後悔〉〈許し〉……誰もが共感するさまざまな感情が紡がれている。世界一“クズ”な一家だけれど何故か憎めない、そんな愛すべき鈴木家の“台風”のようなめまぐるしい夏の一日は、果たしてどんな結末を迎えるのか。ブラックユーモアあふれる物語に隠された家族ひとりひとりの想いを知ったとき、思いがけない大きな“感動”が押し寄せてくる!? 家族って何だろう──これは普遍的な“家族”の物語。
台風家族 台風家族
***********************************


監督・脚本:市井昌秀(『箱入り息子の恋』)
出演:草彅 剛 MEGUMI 中村倫也 尾野真千子
若葉竜也/甲田まひる 長内映里香 相島一之 斉藤暁/榊原るみ・藤竜也
主題歌:フラワーカンパニーズ「西陽」(チキン・スキン・レコード)
音楽:スパム春日井
配給・製作:キノフィルムズ
PG-12
©2019「台風家族」フィルムパートナーズ
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

草彅剛主演『台風家族』3週間限定公開決定!再編集なし版で上映へ!


映画情報どっとこむ ralph このたび、草彅剛主演、『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督による『台風家族』が9月6日(金)より全国ロードショーとなることが決定しました。

同作は市井監督が構想から12年間あたためてきた“両親への想い”を形にしたオリジナルストーリーです。
草彅剛主演『台風家族』
本作は、今年6月公開予定でありましたが、本作出演者の1人である新井浩文が今年の2月に逮捕・起訴されたことを受け、上映延期を決めていました。

自問自答した結果の決断として、様々なご意見やご批判があるのは承知のうえ「事件と作品は別」という観点から3週間限定劇場にての公開に踏み切ることに。

上映に際しては、本作のプロデューサーとして、スタッフとキャストが積み上げフィルムに焼き付けた“一瞬、一瞬という時間”を大切にしたい、そして、それは二度と取り戻せない時間でもある、という想いから、本編の再編集は行わず、そのまま上映となります。

映画情報どっとこむ ralph 「台風家族」

2019年9月6日(金) 全国ロードショー

公式ホームページ:
http://taifu-kazoku.com/

草彅剛主演『台風家族』 鈴木家のきょうだいは10年ぶりに実家へ戻ってきた。銀行強盗を企て2000万円の大金と共に忽然と姿を消してしまった両親の“見せかけ”の葬儀を行うために。そこには〈怒り〉〈愛情〉〈嫉妬〉〈後悔〉〈許し〉……誰もが共感するさまざまな感情が紡がれている。世界一“クズ”な一家だけれど何故か憎めない、そんな愛すべき鈴木家の“台風”のようなめまぐるしい夏の一日は、果たしてどんな結末を迎えるのか。ブラックユーモアあふれる物語に隠された家族ひとりひとりの想いを知ったとき、思いがけない大きな“感動”が押し寄せてくる!? 家族って何だろう──これは普遍的な“家族”の物語。

***********************************


【出演】
草彅 剛 MEGUMI 中村倫也 尾野真千子 
若葉竜也/甲田まひる 長内映里香 相島一之 斉藤暁/榊原るみ・藤竜也

監督・脚本:市井昌秀 (『箱入り息子の恋』『僕らのご飯は明日で待ってる』『ハルチカ』)
音楽:スパム春日井
製作:木下グループ 配給・制作:キノフィルムズ 
©2019「台風家族」フィルムパートナーズ / PG-12




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『影踏み』山崎まさよしをとりまく魅力的な俳優陣の姿を場面写真公開!


映画情報どっとこむ ralph 「64ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)。

警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の物語が、ついに映画化!監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた 映画『影踏み』が 11月より全国公開することが決定しました。

今回解禁されたのは、14年ぶりに映画主演を務める”泥棒(ノビ師)”真壁修一役の山崎まさよしと、今年から来年にかけて数々 の映画に出演しひっぱりだこの北村匠海が、修一の相棒であり弟でもある啓二役で共演するカットを含んだ計6枚の場面写真。
山崎まさよし 北村匠海『影踏み』
主人公の修一とは恋仲の関係にある久子役を演じた尾野真千子。その久子に想いを寄せる謎の男・久能を演じる滝藤賢一。

一癖も二癖もありそうなバッタ屋・大室誠役の中尾明慶。
滝藤賢一『影踏み』
そして神妙な顔をして黒板の前で教鞭をとる大竹しのぶといった、日本映画界が誇る名優たちが名を連ねる。
大竹しのぶ『影踏み』
さらに修一と啓二が自転車を二人乗りするノスタルジックな1枚や、
山崎まさよし 北村匠海『影踏み』
闇を一身にまといながら 歩く修一の1カット

は、本作品に一貫して漂うアンダーグラウンドな世界観を象徴しており、登場人物それぞれの謎に包まれた キャラクター性と本作の展開への期待をより一層高めている。

14年ぶりの“俳優”山崎まさよしの熱演はもちろんのこと、そのまわりをとりまく豪華なキャスト達と演技でぶつかり合う『影踏み』 に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 本作のはじまりは映画「月とキャベツ」(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬県・中之条町。同作がきっかけとなり 始まった同地の「伊参スタジオ映画祭」に、偶然にも 2016年にゲストとして参加した山崎まさよし、篠原監督、横山秀夫が運命的な出会い を果たす。もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約一年後の2018年初頭には映像 化困難とされていた小説「影踏み」の映画化が発表されることになる。山崎は「8月のクリスマス」(05)以来、約14年ぶりに長編映 画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(96)以来、約22年ぶりのタッグ結成となった。

映画『影踏み』

2019年11月全国ロードショー


STORY
単なる「空き巣」ではなく、深夜に人の居る住宅に侵入し盗みを働く、通称「ノビ師」と言われる泥棒。寝静まった民家を狙い“現金”を盗み出す忍び込みのプロで、 その中でも真壁修一(山崎まさよし)は一線を画すスゴ腕のノビ師。証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさから、いつしか警察からは 「ノビカベ」とあだ名された。ある夜、修一は侵入した稲村邸の寝室で、夫の寝ている側に火を放とうとする妻・葉子(中村ゆり)の姿を目撃する。咄嗟の行動で放火現 場を止めに入ったが、その直後、修一は逮捕される。2年後、刑期を終えた修一を迎えてくれたのは弟・啓二(北村匠海)、そして恋人の久子(尾野真千子)だけ。ただ、修 一の頭にはこの2年ずっと気がかりなことがあった。何故、あの日の侵入がバレていたのか?何故、自分だけが逮捕されたのか?そして、あの時夫を殺害しようとしてい た妻・葉子の行方は…。

***********************************


出演:山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海 中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 /大竹しのぶ
原作:横山秀夫「影踏み」祥伝社文庫)
監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
音楽:山崎将義
配給:東京テアトル
© 2019「影踏み」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

山崎まさよしが泥棒!映像到着!映画『影踏み』


映画情報どっとこむ ralph 「お前が俺を殺したんだ」衝撃発言に隠された真実とはー!?

監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた映画『影踏み』が 11月より全国公開することが決定しました。


本作のはじまりは映画「月とキャベツ」(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬県・中之条町。

同作が切っ掛けとなり始まった同地の「伊参スタジオ映画祭」に、偶然にも 2016 年にゲストとして参加した山崎、篠原監督、横山氏が運命的な出会いを果たす。

もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約一年後の2018年初頭には映像化困難とされていた小説「影踏み」の映画化が発表されることになる。山崎は「8 月のクリスマス」(05)以来、約 14 年ぶりに長編映画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(96)以来、約 22年ぶりのタッグ結成となった。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の特報映像が解禁された。
単なる空き巣とは異なり、深夜に寝静まった民家に侵入し盗みを働く泥棒(通称:ノビ師)。その忍び込みの技術の巧みさ故に、警察から“ノビカベ”とあだ名されるほどのすご腕のノビ師・真壁修一は、ある深夜、県議会職員宅に忍び込み、偶然放火殺人未遂を目撃する。この事件をきっかけに、真壁がずっと心の奥底に押し込めていた 20 年前の事件の記憶が呼び醒まされる―そして彼を取り巻く運命の歯車が動き出す。

家中で燃え盛る炎。その炎の中にうっすらと見える人影。「生きたまま焼かれるのがどういうことかわかるか」という言葉の意味とは。

そして、その後も「まだ自分を許せない?」「自分が救われたいだけだろ?」と次々と発せられる、心に突き刺さるような言葉たちは本作が描く重厚な人間ドラマを予感させる。

更にラストには「俺がお前を殺したんだ」という真壁の衝撃的な発言も。その言葉に隠された真実とは・・・?
果たして、真壁は封印した過去を克服し、事件の謎を解き明かす事ができるのか。

本映像で共演の尾野真千子、北村匠海、大竹しのぶら豪華俳優陣の姿も解禁となり、この異色の犯罪ミステリーがどのような結末を迎えるのか、今から目が離せない。



***********************************


出演:山崎まさよし  尾野真千子  北村匠海
鶴見辰吾 滝藤賢一 中村ゆり 中尾明慶 下條アトム 根岸季衣 / 大竹しのぶ

監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
原作:横山秀夫「影踏み」(祥伝社文庫)
音楽:山崎将義
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:東京テアトル
©2019 「影踏み」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中村誠監督、高森奈津美 登壇『ちえりとチェリー』初日。星野源はビデオメッセージ


映画情報どっとこむ ralph 高森奈津美・星野源をはじめ豪華キャストでおくる、心温まる日本初の長編オリジナルパペットアニメーション『ちえりとチェリー』が、口コミで話題を呼び、ついに全国公開!

2月15日(金)より全国のイオンシネマにて全国ロードショーとなり、公開を記念した初日舞台あいさつに、主人公ちえりの声優を務めた高森奈津美と中村誠監督が登壇しました。同監督作品チェブラーシカによるサプライズも!
中村誠監督、高森奈津美 登壇『ちえりとチェリー』
日時:2月15日(金)
場所:イオンシネマ
登壇:中村誠監督、高森奈津美

映画情報どっとこむ ralph 初日の2月15日(金)にはイオンシネマ「シアタス調布」で初日舞台あいさつが行われ、主人公ちえり役の声優・高森奈津美さんと中村誠監督が登壇しました。

大好きな父親を亡くし喪失感を抱えた少女ちえりが、いのちの輝きと向き合い、新たな未来に向けて一歩を踏み出そうとする姿を描いた本作は、命と想像力の大切さをテーマに、困難を乗り越えようとする少女がちょっぴり大人になる心の成長の軌跡を、ファンタジックな美しい映像で描き出しました。大勢の観客で埋まった会場内を見渡した高森さんは

高森ん:こうして全国上映となって。皆さまにお会いすることができてうれしいです。

とあいさつ。

中村監督:皆さまの声で全国公開に引き上げていただきありがとうございます。

と笑顔を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 2016年よりスローシネマという上映活動をスタートした本作は、チケットの完売が続出。
観た方から”もっと多くの人にこの作品を知ってもらいたい”という熱い要望をいただき、全国での公開が決定した、という経緯があります。そのことについて

中村監督:少しずついろんなところをまわって、いろんな声をいただきました。その言葉を聞くと、手応えというよりは、皆さんに届いているんだなという感覚がありました。

としみじみ。


高森さん:わたしたちがアフレコをやったのは4年くらい前だったと思います。それからスローシネマで上映しているという状況は知っていたので、全国上映と言われても実感が湧かなかったんですけど、イオンシネマで映画を観た声優の方とかから『「ちえりとチェリー」という映画がやるんだね』とか、『今度はこういう作品に出るんだね』と言われることがここ1カ月くらいで増えてきて。それでやっと本当に全国で上映するんだなということを実感しました。今日から上映が始まるということで、皆さんがこれからどういうことを感じてくださるのかな、と思うと感慨深いし、ワクワクしております。

と晴れやかな顔を見せました。


高森さんのキャスティングについて

中村監督:最初の方では、ちえりちゃんはいわゆるいい子ではない。でもそれには理由があって、映画の中で少しずつ変わっていくという役柄なんですが、そういった生来持ってる哀しみというものを高森さんの声に感じていました。高森さんなら段階を追って成長していく過程を演じてくれる、という信頼感があってお願いしました。

と説明。高森さんへのオーダーは「普通にやって」ということだけだったと言いますが、当の高森さんは

高森さん:一番難しいオーダーがきたなと思いました。大人が子どもを演じるわけなんですが、アニメのように絵の華やかさに助けられるタイプの役じゃない。等身大の、わたしたちの身の回りにいるような女の子なので、普通が一番難しいなと思いました。

と感じたそう。これに

中村監督:ごめんなさい。今日、9年ぶりに謝ります。

と返答し、会場を沸かせました。

この日はチェリー役の星野源さんのビデオコメントも上映。

パペットアニメーションの声優初挑戦だったという星野さんは、楽しみながらアフレコを楽しんだということをビデオメッセージの中で明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そしてイベント終了時には同時上映の『チェブラーシカ 動物園へ行く』の主人公チェブラーシカが来場し、高森さんに花束をプレゼント。会場をほっこりした雰囲気に包み込みました。
高森奈津美 チェブラーシカ『ちえりとチェリー』
ちえりとチェリー

www.chieriandcherry.com

STORY
誰もがみんな、いのちの火を持っているー
ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、ふたりはいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていた事とは・・・。空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!
ちえりとチェリー-ポスタ
***********************************

キャスト(声の出演):高森奈津美、星野源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか

原作・監督:中村誠 
脚本:島田満、中村誠 
キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 
音楽:大谷幸 
主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY)

製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 
配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:54分 
Ⓒ「ちえりとチェリー」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

2019年初夏 世界一クズな一家がやってくる!草彅剛主演『台風家族』 10名のキャスト一挙に解禁!


映画情報どっとこむ ralph 本年初夏、『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督と、そのスタッフによる最新作『台風家族』が公開となります。

2018年の7月、39.2度という県内史上最高気温をたたき出した栃木県佐野・藤岡の中でロケが行われた本作は、市井監督が12年間の構想を経て、自身のオリジナル脚本によって映像化が実現したブラックユーモアあふれる、ある一家の真夏の1日の物語。スタッフが口を揃えて「脚本が面白い!」と称賛する本作には、個性あふれる豪華キャストがその企画の確かな面白さに集結。

『台風家族』草彅 剛 MEGUMI 中村倫也 尾野真千子 甲田まひる 長内映里香 若葉竜也 榊原るみ 藤竜也  市井昌秀監督
たった1日の中に“苦笑”と“共感”そして“衝撃の愛のラスト”がぎゅっと詰まった本作の主演には、昨年『クソ野郎と美しき世界』に出演、限定2週間興行で25万人動員の成績を残し、さらにユーチューバー草彅として、好きなユーチューバーランキングで2位という、新しい形での活躍に注目の集まる草彅剛(くさなぎつよし)が一家の長男・小鉄を好演。また、昨年公開作5本への出演など、過去多くの映画での男優賞を獲得、確かな演技力で日本映画界には今や欠かすことの出来ない新井浩文(あらいひろふみ)が、次男・京介役として。

鈴木家兄弟の3番目・長女の麗奈役には、本格派女優として多くのジャンルで幅広く活躍するMEGUMI(めぐみ)。そして三男・千尋役の中村倫也(なかむらともや)は、昨年のYahoo!検索ランキング・俳優部門で1位を取るなど、ドラマ・映画でその顔を見ない日は無い、今一番輝いている俳優の一人。また、市井監督の作品として「ドラマW 十月十日の進化論」で主演を務めた以来の参加となる尾野真千子(おのまちこ)は、『クソ野郎と美しき世界』でも共演した草彅と2度目の夫婦役。日本テレビ・朝ドラ「生田家の朝」など、お茶の間の話題作にも立て続けに出演している。そして、小鉄の一人娘役・甲田まひる(こうだまひる)は、ツイッターフォロワー15万人という、ティーンを代表するファッショニスタとして活躍する傍ら、2017年にプロのジャズピアニストとしてデビューし、昨年、初のアルバムを発売。

17歳にして、プロアーティスト・ファッションサイトでの人気ブロガーとしての顔を持つ異色の逸材が本作で女優ビューを果たす。また、長女・麗奈の彼氏役として、1歳の時から大衆演劇での芝居経験を持ち、昨年は『サラバ静寂』などの話題作4本に出演する人気急上昇の若葉竜也(わかばりゅうや)、本作で、重要な人物として観客の皆さんを驚かせる存在となる謎の女には、蜷川幸雄演出作品に過去多く出演し確な演技力を評価される長内映里香(おさないえりか)が抜擢。

そして、この鈴木家兄弟の両親役として、ドラマ「気になる嫁さん」(72年)、「帰ってきたウルトラマン」(71年)でのヒロインなど多くのドラマ・映画に出演してきた榊原るみ(さかきばらるみ)と、『愛のコリーダ』(76年)で報知映画賞・最優秀主演男優賞受賞で爆発的な話題を呼び、ダンディーな俳優として、『龍三と七人の子分たち』(15年)や『東の狼』(16年)など、いまだ主演として演じ続ける藤竜也(ふじたつや)が初共演です。

以下、キャスト10名と、市井監督より、コメントが届きました。

映画情報どっとこむ ralph ★草彅剛(くさなぎつよし)/長男:鈴木小鉄(すずきこてつ)役) コメント

とてつもなく暑い真夏の撮影でした。撮影の序盤、市井監督に「草彅さんの中に小鉄は十分居るから、作り出そうとしなくて良い」と言ってもらえて、それが難しくもあり、だけど新しい自分を引き出してくれたと思っています。改めて、市井監督、すこいなぁ、と。脚本を読んだときも、面白いと思ったんだけど、現場に入って実際に演じてみると本当に笑っちゃって。そんな現場の空気がとても良かったです。僕が演じた小鉄の役は、本当にダメダメな奴なんですけど。逆にそういうところが魅力的で、愛くるしく、むしろ愛すべき人物だな、と思えました。撮影を重ねていくうちに、自分では気づいていないんですけど、自然と「鈴木家」っていう、家族のリアルな感じが出来上がっていった気がします。ラストカットの撮影は、なんかすごいジーンときちゃいましたね。映画を観てくれた人には、必ずあの真夏の暑さと、僕らの“パッション”がスクリーンの中から「ぶわ~ん」と伝わると思います!


★新井浩文(あらいひろふみ)/次男:鈴木京介(すずききょうすけ)役) コメント

MEGUMIさんのすっぴんと、うちの顔は非常に似ているので、兄妹設定は説得力があるかと思われます。


★MEGUMI(めぐみ)/長女:鈴木麗奈(すずきれな)役) コメント

エンディングに向かうにつれて分かりやすく役者陣やつれていきます笑。それくらい汗かいて、ぶつかって、剥き出しで演じました。人との関わりが気薄なこの時代に、やっぱり人間ってイイなぁーなんて思って頂けたら。。


★中村倫也(なかむらともや)/三男:鈴木千尋(すずきちひろ)役) コメント

今回、鈴木家4兄妹の末っ子、千尋役を演じさせていただきました、中村倫也です。映画のタイトル通り、気温も湿度も風速も高い「濃ゆい」作品に参加できて、思い出の多い夏を過ごすことができました。ワケありまくりの暗雲立ち込める鈴木家に、果たして台風一過は訪れるのか。ぜひご期待ください。


★尾野真千子(おのまちこ)/小鉄の妻:鈴木美代子(すずきみよこ)役 コメント

市井組に参加できた事はとても嬉しい事でした。一人一人の人物の裏設定から、性格、色んなことを大切にしながらの撮影、皆んなで作っているんだという雰囲気がとても素敵でした。そして共演者との真夏での撮影、大変でしたが助け合いながら和気藹々と楽しい撮影でした!草彅さんとの2度目の夫婦役、また違った草彅さんに出会えてもっともっと違う草彅さんに会いたくなりました!


★甲田まひる(こうだまひる)/小鉄の娘:鈴木ユズキ(すずきゆずき)役) コメント

鈴木ユズキ役を演じました、甲田まひるです。本作は自分にとって奇跡的な出会いだと思っています。私もピアノをもともと弾いていたので、重なる部分がたくさんありました。でも久しぶりにクラシックを弾いたし、演奏シーンでは演奏と演技が同時に決まったテイクを出すのに苦労しました。演技は初めてでしたが、父親を嫌悪する女の子の役がすっと自分の中に入ってきて、自然にユズキとしてその空間にいることができたと思います。とにかく現場がとても暖かく、撮影が進むにつれ、本当の家族になったような感覚で過ごしていました。


★若葉竜也(わかばりゅうや)/麗奈の彼氏:佐藤登志雄(さとうとしお)役) コメント

炎天下での撮影、しかも室内。キャストスタッフ、汗と埃まみれになりながら映画を撮りました。僕自身、5人兄弟の三男として育ってきたので、長男のあのかっこ悪さも、次男の優しさも、妹のムカつく感じも、全て生々しくて、可笑しくて、愛らしく思いました。すごく個人的な事ですが、なかなか僕が出てる映画を観てくれない兄や弟にも、観てほしいなぁと思う作品です。


★長内映里香(おさないえりか)/富永月子(とみながつきこ)役) コメント

テーマを背負った役を初めて映画でさせていただきました。「とにかく役作りをしないでほしい」というなんともざっくりした市井監督の言葉に最初翻弄されそうになりましたが、自分が自分自身でそこに居られることを気をつけてみました。いざ現場に入ると、私の不安を吹き飛ばしてくれるような監督の包容力と、スタッフの方々の熱量に食らいついていました。そしてキャストの方々の体温高めの心配りに、そういう環境が当たり前ではないと感じつつ、私にとって、役にとっても、それが何よりの救いでした。皆さんのエネルギーをバシッと受けて、その後の作品への姿勢に影響するほど、有難い現場でした。


★榊原るみ(さかきばらるみ)/一家の母:鈴木光子(すずきみつこ)役) コメント

高齢者の母親役 光子をやらせて頂きました。初めてのノーメークで、髪も白髪を増やして、よりリアルな役作りをしてみました。勿論、何もしなくても既に充分高齢者なんですけどね。現場の雰囲気もとても暖かく、その上ラストに近いシーンでは、私達の世代にとって憧れの藤竜也さんに手を握ってもらうカットがあったのです。NGが出たお陰で、なんと3回も握って頂き、まあ、嬉しくて、心臓がドキドキ、ドキドキ。こんな事もあるから、年をとるのも決して悪くはありませんよ。監督はじめ皆さま、ありがとうございました。


★藤竜也(ふじたつや)/一家の父:鈴木一鉄(すずきいってつ)役) コメント

「ウハッなんだこれは!これは面白い!!」これが市井さんの脚本を一読したあとの感想でした。草彅さんをはじめ、良い俳優さんたちとの現場は楽しかったですね。ひさしぶりに殴り合いのシーンなんかあって昔を思い出しましたよ。試写を観たんですが、とても短く感じました。面白い映画の証拠ですね。


★市井昌秀(いちいまさひで)監督 コメント

富山に住む両親と離れて、僕は長年東京に住んでいます。両親の誕生日や結婚記念日に二人のことを考えることはあっても、普段は忙しさにかまけて二人の存在はほとんど頭の中にありません。そんな自分の薄情さに気づき、胸がチクリと痛んだ時、どうしても家族の映画を作りたい、作らなければと思ったのが、12年前です。長年に渡り温め続け、ようやく出来上がったシナリオを元に、最高の環境をスタッフが作ってくれました。そして、それに応えた魅力溢れる役者たちがちゃんと血の通った人間として演じ切ってくれました。映画「台風家族」は、地元を離れた兄弟たちが実家に帰省した際に起こる騒動を描いた、一日だけのお話です。一人でも多くの方の心の琴線に触れることができたなら幸せです。
映画情報どっとこむ ralph 2019年初夏 世界一クズな一家がやってくる!

映画『台風家族

6月初夏 全国ロードショー 

2000万円の銀行強奪をし、一時世間を騒がせた鈴木一鉄(藤)とその妻・光子(榊原)の夫婦。2018年夏、その事件から10年経って、鈴木家のきょうだいが集まることを決めたのは、事件後行方不明になった両親の仮想葬儀で財産分与を行うためだ。どんな仕事も長続きしない小鉄(草彅)が妻の美代子(尾野)と娘のユズキ(甲田)を引き連れて10年ぶりに実家へやってきた。しばらくすると長女の麗奈(MEGUMI)がやってくる。遅れて次男の京介(新井)がやってきた。そして始まる見せかけだけの葬儀。居間の中には大きな空っぽの棺が2つ。待てど暮らせど末っ子の千尋(中村)はやって来ない。とうとう葬儀が終わった時、実家のインターホンが鳴る。ドアの外には千尋ではない、チャラチャラした男が立っていた・・・。

***********************************

出演
草彅 剛 新井浩文 MEGUMI 中村倫也
尾野真千子 甲田まひる 長内映里香 若葉竜也/榊原るみ・藤竜也

監督 市井昌秀(『箱入り息子の恋』『僕らのごはんは明日で待ってる』『ハルチカ』)

配給 キノフィルムズ/木下グループ
©2019「台風家族」フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ