「少年犯罪」タグアーカイブ

生田斗真、瑛太、瀬々敬久監督が少年犯罪とその後-映画『友罪』を通して明治大学で特別講義


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の衝撃の最新作『友罪』が5月25日(金)より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞したミステリー界の旗手で、少年犯罪を取り巻く人々を繊細に描き続ける薬丸岳が、2013年に発表したベストセラー小説「友罪」の映画化。

隣りで静かに微笑む友が、かつて日本中を震撼させた“あの事件”の犯人だったら。元ジャーナリストの益田を生田斗真さん。少年Aだった過去を持つ鈴木を瑛太さんが演じている本作。
この度、公開を前に、「少年犯罪」を学ぶ大学生と、罪を犯した友や家族との向き合い方、友情についてなど、本作が投げかける問いに対して、主演の2人と監督が、生の意見を交わす特別授業が行われました。

映画『友罪』特別授業イベント
特別授業“少年犯罪とその後-映画『友罪』を通して”
日時:5月14日(月)
会場:駿河台キャンパス
講義:明治大学文学部文学科文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授 

特別ゲスト:生田斗真、瑛太、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 明治大学文学部文学科文芸メディア専攻で少年犯罪を学ぶ学生さんは、前回の講義で本作を鑑賞。その続きを掘り下げる目的で、文学部文学科文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授が仕掛けたのが
本作の監督の瀬々敬久さん、そして、生田斗真さん、瑛太さんを呼んでのティーチイン。准教授の呼び込みで登場した三名と
学生さんは少し緊張気味?


まず、薬丸岳先生の作品の中でもDEEPな作品を映画化したのは
瀬々監督:薬丸先生の「天使のナイフ」を読んで14歳ぐらいの少年の犯罪のお話。そして、友罪まで少年犯罪を追いかける執念のようなものを感じて心を動かされました。それを描きたいなと。神戸の児童殺傷事件はショックでした。現在どうとらえ直せばよいのかと。どう生きていけば良いのか。加害者だけでなく、周りの人達も含めて描こうと作りました。

と本作の映画化への想いを伝えました。実話ベースの難しい作品でしたが
生田さん:映画化前に「友罪」は読んでいて、映像化すべきだと思っていた作品だったので、その話をいただいて、世に送り出そうというスタッフの熱さを感じました。

と、この題材だからこそ出演を決めたと話す生田さん。瑛太さんは
瑛太さん:神戸の事件が起きた時はショックでしたからね。先ず少年Aを創るうえで、何を人に伝えるのか疑問があったので。監督スタッフとよく話をして、少年Aの手記を読んで臨みました。初年Aの環境や衝動を読み進めていくとどこか全否定できないところがあって、、、想像を超える衝動があるのではと。役を愛して演じたいので、自分の想いを載せていきました。

難しい役を作るには、深い思慮が必要だったご様子。

ここで、教授が神戸の児童殺傷事件のことを知っているか学生にと尋ねるとちらほら。実は集まった学生さんが生まれた位の事件。


映画情報どっとこむ ralph もし友達が重大な罪を起こしていたことを知ってしまったら、友達を続けるか?と言う質問に、学生の多くは続けると回答。

生田さん:難しい。。一度油状が芽生えたのだから続けたいし。綺麗ごとかな・・・でも、少しでも将来が変わってくれっればと支えたい気持ちはあります。

と言う生田さんに対して瑛太さんは

瑛太さん:距離をとるかもしれないですね。向き合うとは思いますが、警戒心も生まれるだろうし・・・自分の家に呼べるのかと?少しづつ距離を置いて友達を辞めるかもしれません。

ここで瀬々監督は、別の事件を持ち出して
瀬々監督:別の事件で少年に妻子を殺された夫が少年法で守られて、無期懲役になった少年を、司法が裁けないならこの手で!とテレビで言って・・・・・最終的に死刑になるのですが、その少年に会うと、知り合ってしまったのだから死んでほしくないと。それが人間の心の在り方ではないかと、僕は感じて欲しいなと。関係を前向きにしたいなと思っています。

と、本作にもつながるエピソードを話しました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、学生さんからQ&A

Q:実際に誰かを傷つけてしまって後悔したことはありますか?

生田さん:幼いころ、クラスの中に輪に入れない子がいて。その子にみんなで一緒にと手を差し伸べてきたのだろうかと?故意ではないけど知らず知らずではあるのかもしれないですね。

瑛太さん:サッカーが上手いチームメイトがいて、彼が白髪があってからかってしまって。。いやがらせしてた。でもその一週間後に白髪が生えてきて。。。罰が当たりました。
他にも、ラストシーンを演じた時の想いや様子を質問したり、就活・仕事の話などの質問に、とても丁寧に学生に返されていました。

逆に生田さんと瑛太さんから質問

生田さんからは宣伝活動で記者に多くされた質問「あなたにとって友達とは?」を学生に問うと

「自分の位置、指標になる鏡」「暫くあってないときに会いたくなる人」

瑛太さんからは「生田斗真と瑛太どっちが好きですか?」と言う質問に・・・

なんと、負けるつもりの瑛太さんが圧勝!
瑛太さん:ごめん!斗真くん!

とあたふた。
理由を聞くと・・・
「瑛太さんの方がエロいと思うので好き」(男子生徒)、「瑛太さんのメンヘラっぽいことが好き」(女子生徒)と若干瑛太派が多い場内に、勝ち誇った様子の瑛太が「斗真、ごめんな(笑)」と笑顔を見せると、生田も負けじと「生田派の意見も聞きたい!」と応戦。「『脳男』を見て、演技の振れ幅がすごいなと感じた。あと、やっぱり顔がカッコいいです!」と、女子生徒が答えると、照れ笑いを浮かべながら「これからもよろしくお願いします!」とお辞儀をし、場内はさらに盛り上がりました。

最後に・・・

監督:この映画は、人生にはかけがえのない、宝石のような瞬間があると思いますが、そういう瞬間が人の救いになれば良いなと。加害者もきっとかけがえのない瞬間を感じることで、その尊さを奪ったことを悔いるものだと僕は思います。このかけがえのない瞬間が、友情や家族の関係の中にあると思う。皆さんも青春の真っただ中で、かけがえのない瞬間を生きていると思います。その瞬間を大切にしながらこれからを生きていってほしい。今日はどうもありがとうございました。

と、特別講義を終えました。

友罪

公式サイト:http://gaga.ne.jp/yuzai/

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
 
「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」

***********************************

監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社
(c)2018映画「友罪」製作委員会