「小野大輔」タグアーカイブ

『ニンジャバットマン』追加キャスト発表!!予告編とポスターも解禁


映画情報どっとこむ ralph とある出来事により現代から過去にタイムスリップし“歴史改変を狙う最狂の悪党たち”と、それを阻止すべく現代からやってきた”ハイテク装備も富も失ったヒーロー”。世界から熱望されている日本のトップクリエイターたちが、世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに “悪vs正義”の時空を超えた壮大なバトルを 描く、話題の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』の公開日が、6月15日(土)に決定しました。


さらに、現代のハイテクから切り離されたヒーローの声優を山寺宏一、歴史改変を目論む最狂の愉快犯の声優を高木渉が演じることも注目の本作。未発表だった豪華声優陣と日本のトップクリエイター達も追加発表!

日本が世界に放つ迫力の映像を制作しているのが、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像で世界の度肝を抜き、アニメ「ポプテピピック」で一躍注目を浴びている、水崎淳平監督率いる神風動画。本作は「ポプテピピック」以前に制作されており、世界から注目される神風動画 初の長編映画となる。
キャラクターデザインは和のテイストと力強さで世界中に多くのファンを持つ『アフロサムライ』の岡崎能士。脚本は『天元突破グレンラガン』をはじめアニメ・実写・演劇とマルチに活躍する劇団☆新感線の中島かずき。音楽は『PSYCHO-PASS サイコパス』の菅野祐悟。世界から熱望される日本のトップクリエイターによる奇蹟のコラボが実現した。

目を見張る映像に声という形で命を吹き込む声優陣にも、人気・実力ともにトップクラスのメンバーが集結。最狂の愉快犯ジョーカーと共に戦うキュートな悪役ハーレイ・クインを釘宮理恵、現代テクノロジーから切り離されたヒーロー バットマンに協力しながらも真意の見えない謎の美女・キャットウーマンを加隈亜衣、そのほか戦国大名となって日本の歴史を改変しようと企む悪党たちには、ゴリラグロッド役に子安武人、トゥーフェイス役に森川智之、デスストローク役に諏訪部順一、さらに歴史改変を阻止すべく戦うヒーローたちには、レッドフード役に石田彰、ロビン役に梶裕貴、ナイトウィング役に小野大輔、執事アルフレッド役に大塚芳忠といった、数々の有名キャラクターを演じてきた実力派声優陣が競演する。
映画情報どっとこむ ralph さらに、3月21日(水・祝)より上映劇場にて順次掲出・上映開始される新たな予告編とポスターも解禁に。

新たな予告編は、タイムスリップしてしまった日本の戦国時代を舞台に大胆なアクションや迫力あるバトルシーンも満載の、疾走感あふれる映像となっている。


映画情報どっとこむ ralph 世界のエンタメを圧倒する本作。世界のどこより早く映画館の大スクリーンで楽しめる日本公開をぜひお見逃しなく。

ニンジャバットマン

6月15日(金)新宿ピカデリー他 ロードショー

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式Twitter:
@batmanninja2018

物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

***********************************

キャスト:
バットマン 山寺宏一、ジョーカー 高木渉、キャットウーマン 加隈亜衣、ハーレイ・クイン 釘宮理恵、ゴリラグロッド 子安武人、ポイズン・アイビー 田中敦子、デスストローク 諏訪部順一、ペンギン チョー、トゥーフェイス 森川智之、ベイン 三宅健太、ロビン 梶裕貴、レッドロビン 河西健吾、ナイトウィング 小野大輔、レッドフード 石田彰、アルフレッド 大塚芳忠

監督:水﨑淳平(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP)
脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」、「仮面ライダーフォーゼ」)
キャラクターデザイン:岡崎能士(「アフロサムライ」、「サマーウォーズ」アバターデザイン)
音楽:菅野祐悟(「PSYCHO
-PASS サイコパス」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」)
アニメーション制作:神風動画(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP 、「ドラゴンクエスト」シリーズOP)
パート監督:高木 真司/山元 隼一/森田 修平
絵コンテ:ロマのフ比嘉/山元 隼一/森田 修平
メカデザイン:曽野 由大/桟敷 大祐/岡崎 能士/権瓶 彰/荒牧 伸志
コンセプトアート:鈴木 理
イメージボード:木﨑 文智/JOOYO Chang
CGI監督:澤田 覚史/水野 貴信
チーフモデラー:石川 優希、チーフロボモデラー:権瓶 彰、アニメーションチーフ:坂本 隆輔/吉野 功一
テクスチャチーフ:齋藤 弘光、色彩設計:木村 聡子、美術監督:野村 正信、編集:廣瀬 清志(eDiTz)
コンポジットディレクター:先名 美帆、音響監督:岩浪 美和、音響効果:小山 恭正
設定考証:堺 三保、アニメーションプロデューサー:里見哲朗
制作プロデューサー:清水 一達、制作協力:LAPIZ, Inc. スタジオカラー
アニメーション制作:神風動画/YAMATOWORKS

BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.


地球を守ってきた最強声優陣集結、コメントも!『パシフィック・リム:アップライジング』


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開いたします。

この度、数々のロボットを乗りこなし地球を、日本を守ってきた史上最強布陣が集結!
空前絶後の超絶豪華な第一弾日本語吹替キャストを発表となりました!!
前作でパイロットの座を勝ち取り人類を救う英雄となった菊地凛子演じる森マコには林原めぐみさん、

林原さん:まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

KAIJUの脳とのドリフトという荒業で勝利への突破口を切り開き本作でも物語を重要なカギとなるニュート博士には古谷徹さん、

古谷さん:再びニュート博士を演じられて嬉しいです!チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

気難しくも天才的な分析を見せ本作でも獅子奮迅の活躍を見せるハーマン博士には三ツ矢雄二さんが前作に引き続き続投決定!!

三ツ矢さん:パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさん喋っていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、なにか味がでるといいな、と思っていましたが、セリフの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった『カイジュウ』が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になって下さい。

日本声優界を代表する方々が再び集結なんです!


そして本作からの新キャストは、主人公ジェイク・ペントコストには、「マクロスF」早乙女アルト役/「機動戦士ガンダム00」グラハム・エーカー役の中村悠一さん!そのジェイクの相棒でありエースパイロットのネイサン・ランバート役には『ワイルド・スピード ICE BREAK』でもスコット・イーストウッドの吹替を担当し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』で古代進の声を務める小野大輔さん!イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできる胸アツシステムを搭載しており、一心同体となってイェーガーに乗り込む超強力タッグのコンビネーションを中村悠一&小野大輔がどう演じるかに注目が集まります!

中村さん:デル・トロ監督とはまた違った「わかってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませて頂きました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像は是非とも劇場で観ていただきたいです!

小野さん:前作のスケールの大きさ、面白さ、想いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。ぜひ劇場で心を1つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

とコメントを寄せ、東京を蹂躙するKAIJUとの激戦に臨んだ熱い想いを明かしています。

映画情報どっとこむ ralph そのほか、本作から参戦する新キャスト達として、独自にイェーガーを作り上げる謎の少女アマーラ役には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ララァ・スン役早見沙織さん!

早見さん:「パシフィック・リム」の続編に出演させて頂けることをとても嬉しく思います。臨場感溢れるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

イェーガーの整備や指揮ラインの管理でパイロットを支えるジュールス役には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」真希波・マリ・イラストリアス役の坂本真綾さん!

坂本さん;ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見ても惚れそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

そして、イェーガーの開発に尽力するシャオ産業の才媛・リーウェン役には魏涼子さん、

魏さん:華やかな声優の皆様に囲まれて収録する事が出来、とても幸せな時間でした。ここだけの話、一ヵ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使って頂けるかな…!?どうぞお楽しみに~!


新たな司令官的な役割を担い辣腕を振るうチュアン役には子安武人さんと、

子安さん:ロボット・怪獣・SF・バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる!頭カラッポで興奮しまくろう!!


映画情報どっとこむ ralph 盤石すぎる布陣!しかし、今回発表はあくまで”第一弾”だそうです。

ということは第二弾待ち遠しい!

字幕で観るか?日本語版で観るか?迷う? 両方観ちゃいましょ!

パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP

戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!先日、主要キャストと監督の来日、さらにファン待望のジャパンプレミアの開催が発表され大きな話題を集め、2018年の春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】© Legendary 2018. All Rights Reserved.
   


映画『GODZILLA 怪獣惑星』Netflixにて全世界同時配信決定!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ32作目にして初アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』Netflixにて全世界同時配信決定!

日本が誇る「ゴジラ」映画シリーズ32作目にして初のアニメーション映画作品『GODZILLA 怪獣惑星』。

本作は、ゴジラが生態系の頂点に君臨する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく団結した人類の闘いを描くアクション超大作です。

この度、2017年に劇場公開された本作が、1月17日(水)にNetflixにて世界190カ国同時配信することが決定。

さらに、予告編とキービジュアルも解禁となりました。


「生き延びるのは人か?ゴジラか?」というメッセージと共に、人類と史上最大のゴジラのゴジラとの闘いがハリウッドアクション超大作さながらに描かれる様子がうかがえ、新たなゴジラの姿に全世界が震撼すること間違いなし。


映画情報どっとこむ ralph 監督は、17年公開の劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』で歴代シリーズ最高の興行収入を叩き出した静野孔文と、今なお多くのクリエイターを魅了する漫画『BLAME!』の映像化を手掛けた瀬下寛之がタッグを組み、2人でメガホンを取ります。

本作は、ストーリー原案・脚本を虚淵玄、アニメーション制作を、「シドニアの騎士」シリーズを手掛けた国内最高峰のデジタルアニメーションスタジオ:ポリゴン・ピクチュアズが担当するなど、屈指のスタッフが超強力な布陣を組んでいます。

キャストには、宮野真守ほか、櫻井孝宏、花澤香菜、杉田智和、梶 裕貴、諏訪部順一、小野大輔といった、豪華声優陣が集結!

5月に、続編・第二章であるアニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の劇場公開も控え、今後ますます盛り上がりを見せる本作に、ぜひご注目下さい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『GODZILLA 怪獣惑星

Netflixにて1月17日(水)に全世界同時配信決定!

公式サイト:
http://godzilla-anime.com/

***********************************


配信日:2018年1月17日(水)

監督:静野孔文/瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
出演:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、杉田智和、梶 裕貴、諏訪部順一、小野大輔、三宅賢太、堀内賢雄、中井和哉、山路和弘 ほか
主題歌:「WHITE OUT」 XAI (TOHO animation RECORDS)
製作:東宝
(C)2017 TOHO CO.,LTD.
      


角川文庫×映画『GODZILLA』スペシャルコラボ!「カドフェス最強決定戦2017」


映画情報どっとこむ ralph 角川文庫は、読者のみなさま、書店員のみなさまがアンケートで選んだお気に入りの作品を発表する恒例企画を、全国の書店にて順次開催致します。

そして!

今年は、11月17日(金)全国公開となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』とのコラボレーション !「カドフェス最強決定戦2017」と題して全国の書店を盛り上げます。巨大なゴジラと角川文庫のキャラクター・ハッケンくんの戦いが始まります!


映画情報どっとこむ ralph 「カドフェス最強決定戦2017」総合1位に輝いたのは、2015年本屋大賞 を受賞した上橋菜穂子『鹿の王』。

東野圭吾は好きな作家1位(『夜明けの街で』『さまよう刃』など)と書店員1位(『ナミヤ雑貨店の奇蹟』)でW受賞となりました。



そのほか、各ジャンルごとに様々な作品が並びました。

昨年に続き、今年も読書量をグラフで記録・管理できるWEBサービス 「読書メーター」ともコラボし、「読書メーター」のレビュー数ランキング TOP5を発表します。読書メーター1位は、森見登美彦『夜は短し歩けよ 乙女』が選ばれました。
また、スペシャルコラボレーションを記念して、豪華賞品が当たるプレゼ ントキャンペーンを実施です。
2017年の名作や話題作が勢ぞろいしパワーアップした「カドフェス最強 決定戦2017」に、ぜひご注目ください

映画情報どっとこむ ralph 角川文庫×映画『GODZILLA 怪獣惑星』プレゼントキャンペーン


<プレゼント1> 「カドフェス最強決定戦2017」帯についている応募券をはがきに貼って送ると抽選で当たる!

A賞:「宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・梶裕貴・諏訪部順一サイン入り映画ポスター」を5名様

B賞:フィギュア「S.H.MonsterArtsゴジラ(2017) 初回生産限定版 ※GODZILLA 怪獣惑星」を3名様

C賞:「アニメキャラファインフラフ」を10名様


<プレゼント2> Twitterで宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜のサイン本を5名様に!

カドブン公式Twitter(@KadokawaBunko)をフォローして対象ツイートをリツイートした人の中から抽選で5名様 に、宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜サイン入り『GODZILLA 怪獣黙示録』が当たります。

【対象ツイート】 アニメゴジラと #角川文庫 が #カドフェス最強決定戦 でコラボ!
本ツイートをRTした人から5名様に #宮野真 守 #櫻井孝宏 #花澤香菜 サイン本(アニメ前日譚『GODZILLA 怪獣黙示録』)が当たります!
他にも賞品多数!
カドフェス公式サイト
#アニゴジ

<プレゼント3> ゴジラのオリジナル壁紙がもれなくもらえる!

・各プレゼントの応募方法・注意事項等は、「カドフェス最強決定戦2017」特設サイトでご確認ください
「カドフェス最強決定戦2017」
特設サイト
カドブン

映画情報どっとこむ ralph そして!いよいよ公開へ

アニメーション『GODZILLA 怪獣惑星

11月17日(金)全国公開です!

1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛され てきた。2016年には『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)が公開。徹底的なリアリティを追求した 描写は観客の心をつかみ、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなった。そして2017年、“ ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『 GODZILLA 怪獣惑星』である。 本作が描くのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語。

物語・・・
二十世紀最後の夏。
その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った。

巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。

移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時、目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを 考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、 危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。 だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は――。

映画公式サイト:
godzilla-anime.com
映画公式twitter:
@GODZILLA_ANIME

映画情報どっとこむ ralph
映画スタッフ全面監修!

ここでしか読めない映画前日譚!

『GODZILLA 怪獣黙示録』

著:大樹連司(ニトロプラス)
監修:虚淵玄(ニトロプラス)
発売中

定価:本体560円+税 A6判・並製/224頁 角川文庫刊

***********************************

【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー
原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき
キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 音楽/服部隆之
副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形

監督/片塰満則
美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲 【キャスト】宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・ 小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘他 【主題歌】「WHITE OUT」XAI(TOHO animation RECORDS)
【製作】東宝
【制作】ポリゴン・ピクチュアズ
【配給】東宝映像事業部
©2017 TOHO CO., LTD. 【上映時間】89分


第9回沖縄国際映画祭『この世界の片隅に』片淵監督舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭が沖縄各地で2017年4月20日(木) ~ 23日(日)行われています。

そして、この度4月21 日(金)、那覇市の桜坂劇場 A ホールで『この世界の片隅に』の舞台挨拶が行われ、満席の観客から大きな拍手に迎えられて、監督の片渕須直監督が登壇しました。


第9回沖縄国際映画祭 『この世界の片隅に』
桜坂映画大学特別講義


場所:那覇市の桜坂劇場 A ホール
登壇:片渕須直監督 バッファロー吾郎:竹若

映画情報どっとこむ ralph 劇場の前に掲示されている本作のポスターがすっかり色あせてしまっているのを見たという監督は、

片淵監督:公開されてから 5ヶ月も、こんなに長く上映してくれているんだと感無量になった。

と話します。

そして作品について、当時の広島・呉の様子が映された映像を見て、そこに映っている店、店員、買い物客の女学生と母親の姿をそのまま作品に描いて登場させているといい

片淵監督:戦争前の、こんな風に平和だったんだという描写部分が自分では 1 番気に入っています。

と笑う片渕監督。

また今回、沖縄国際映画祭という場で、4 月 21 日に上映されることを意識したそうで、

72年前の4月21日は、沖縄の伊江島が占領されてしまった日。そこから、すず(主人公)たちのいる広島まで軍用機が飛んできたりしたんだろうなと・・・

と語ります。

戦争というのは、一気にではなく、すずさんのような若い女の子たちの憧れるものが次第にしおれていくことから、だんだんに押し寄せてくるものではと感じます。戦争の前にあったであろうささやかな暮らしや幸せというのを大事にしたい。

と思いを話してくれました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、作品をすでに3回見て大ファンだというバッファロー吾郎の竹若さんが登場。

竹若さん:街がリアルで、そこに暮らす人たちやその行動などが生き生きと描かれている」と話し、見終わると、考えるのではなく、感じる映画でした。

と作品の魅力を紹介しました。

竹若さん:自分が人に薦めるときもやっぱり『とりあえず見て』なんです。監督から何かもっとアピールする言葉はありませんか?

と監督へのお願いがされました。

するとすかさず

片淵監督:とりあえず“2回”見てください!

と返す監督に、竹若も観客も大爆笑。また、DVD やブルーレイの発売がまだかと聞かれるとも話し、すぐに

片淵監督:そんなにすぐには出せません

と答えた片渕監督に

竹若さん:正直ですね!

と笑う竹若でした。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

片淵監督:全国の映画館に舞台挨拶で行かせてもらい、観客の方々の雰囲気を感じることが出来て嬉しいです。この作品はぜひ、劇場の大きなスクリーンで見ていただき、当時の雰囲気や空気を感じていただきたいと思います

と舞台挨拶を締めました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)


映画『この世界の片隅に

全国にて大ヒットロングラン公開中!!
konosekai.jp

ものがたり・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄 
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会