「小泉今日子」タグアーカイブ

旅の案内人に小泉今日子&東出昌大 日本の美しさ”を巡る旅『ピース・ニッポン』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 数年間に一度だけ、”一期一会”でしか出会えない神々が宿る美しい瞬間があります。

本作は8年の歳月をかけてその瞬間を追い求め、全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化。空からとらえた見たことの無い絶景の数々、そして知っているようで知らなかった日本人特有の精神やルーツも紐解いていく、壮大で、ドラマチックな映画が誕生しました!

紅葉の中虹色に輝く那智の滝、雲海に浮かぶ竹田城、そして熊本地震により崩落する前の天空の道ーー。後世に遺したい景色を厳選した、111分の日本を巡る旅へ、観客を誘います。

映画情報どっとこむ ralph 新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子さんと東出昌大さん。

東出昌大さんは映画作品のナレーション担当は本作が初となる。後世に遺したい”本当の日本の美しさ”を巡る旅への案内人として、日本を代表する映画俳優として第一線で活躍する二人が作品に華を添えます。

音楽は海外でも高い評価を受けているアンビエント・アーティストの岡野弘幹が手がけ、日本の大自然と精神を見事に表現しています。さらに、映画の劇中歌には竹内まりや「いのちの歌」が決定!その他にも、劇中には細野晴臣「悲しみのラッキースター」から「ボレロ」「星に願いを」まで、日本の名曲から世界的スタンダード・ナンバーまで、様々な楽曲が映画に一層の彩りを与えています。


映画情報どっとこむ ralph 監督は、映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」、「TAJOMARU」のほか、今井美樹、布袋寅泰、GLAY、といった多数の有名アーティストの音楽クリップを手掛けてきた中野裕之さん。

中野裕之監督からのコメント
この映画は、日本を映像や写真や音声で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本の美しい映像を見ながら、
日本人の精神の歴史や全国の美景を一度に見ることができる、いわば日本のベスト盤です。お寺と神社の違いを、海外の人と同じくらい知らない世代が増えました。一度見るとプチ日本通。活性化したい地方を支援し、日本に恋する人を増やして日本を元気にしたいと思って8年間撮影しました。全国の撮影者が一期一会で出会った美しい日本を見て恋してください


映画情報どっとこむ ralph 神道と仏教が混交していく中で、日本人が持つようになった特有の精神や自然感にフォーカスする「日本の精神」、世界に類を見ない豊かな気候風土が生み出す変化を巡る「日本の四季」、そして、日本列島を南から北へ、簡単には出会うことができない奇跡のような瞬間を紡いでいく「一期一会の旅」。

3部構成の贅沢な旅を通して、日本の美しさを発見し、日本に恋してください。日本人のDNAを呼び覚ます111分、まさに日本の”ベスト盤”とも言える作品に仕上がりに!

2020年東京オリンピックに向かって“日本”が益々世界から注目されるにあたり、「日本人にもっと日本のことを知ってほしい、そしてもっと日本に恋してほしい。」そんな想いで製作された本作、本当の美しい日本を捉えた極上の映像体験を、是非劇場の大スクリーンで体感してください!


ピース・ニッポン・プロジェクトについて
ピース・ニッポン・プロジェクトは、日本を映像や写真という目に見える形で後世に遺すプロジェクトです。天災の多い日本だからこそ、日々変わっていく美しい町並みや自然を遺したい。本作は、そんな膨大な映像の中から、美しさを追い求めて撮影された映像のみを厳選して作られた作品です

ピース・ニッポン

peacenippon.jp

***********************************


ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大  
出演:渡辺大 及川さきの

監督:中野裕之

劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」  

エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 
プロデューサー:中野裕之  六彌太恭行  小長井千晶  竹川潤一 
音楽:岡野弘幹 
メインテーマコーラス:Aika・human note
脚本:柴崎明久  中野裕之   
撮影:日本を愛する全国の映像作家たち  
タイトルディレクション:葛西 薫  
歴史監修:磯田道史 制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ  
制作プロダクション:ピースデリック有限会社
配給:ファントム・フィルム
製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC
(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC (2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)

*4K上映は一部4K上映対応劇場のみ


小泉今日子「食べる女」“おいしい男”たちとの相関図到着


映画情報どっとこむ ralph 小泉今日子を主演にむかえ、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という超豪華女優陣の共演で話題沸騰中の映画「食べる女」は2018年9月公開予定です。

構想に約10年をかけ、主演に小泉をむかえるために2年もの月日を待つなど、ストーリー、キャスティングともに並々ならぬ情熱が注がれた本作。

そうして実現した豪華女優陣演じる“食べる女”たちの人生に一味を加えるのは、実力派男性陣演じる“おいしい男”たち。

この度、『食べる女』を彩る、個性豊かな男性キャスト情報が解禁となります。
映画情報どっとこむ ralph “おいしい男”たち

「料理」と「セックス」をテーマに、恋や仕事に悩みながらも本来の自分を取り戻そうとする女性たちを描く本作品。自分の人生を充実させて“おいしい女”になろうとする“食べる女”たちの前に現れるのは、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人らが演じる個性豊かな男たち。ユースケ演じるタナベはちょっと頼りない会社員、池内演じる修治は妻との関係に見切りをつけようとする男、勝地演じる白石は恋に悩む小学校教師。小池演じる友太は朝陽のように爽やかな繊維メーカー勤務。職業も性格も様々な彼らは、はたして彼女たちが望む、人生を豊かにしてくれる“おいしい男”となりうる人たちなのでしょうか?豪華女優陣の共演に加え、世代・ジャンルの垣根を越えた個性豊かなキャストが勢ぞろいしました。

映画情報どっとこむ ralph 料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。

映画『食べる女

2018年9月末公開予定

***********************************


監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ

出演:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人


『ザ・スクエア 思いやりの聖域』本ビジュアル解禁、小泉今日子、萬田久子ら称賛コメント!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が、4月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開されます。

有名美術館の敏腕キュレーターが、自身のプロジェクトの展示作品「ザ・スクエア」が世間で思わぬ反響を呼んだために大騒動に巻き込まれていく様を痛烈な笑いたっぷりに描き出した本作。

50歳で出演した本作で大ブレイクし、『ドラゴン・タトゥーの女』続編の出演も決まった、デンマーク出身の“イケオジ”俳優、クレス・バングが主人公のクリスティアンを魅力たっぷりに演じています。

このたび、本作の本ビジュアルが完成しました!2枚の写真から成るビジュアルの上部には、物語の舞台となる荘厳な美術館が。その中央広場では、クリスティアンの運命を揺るがすことになる、“社会をより良くする”ことが狙いのアート「ザ・スクエア」が煌々と輝いています。ちなみに「ザ・スクエア」は、スウェーデンでの本作公開後、映画を飛び出して国内の様々な場所に実際にアート作品として展示され、大きな注目を集めました。
下部の写真では、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」で主演を務め、ゴールデン・グローブ賞を受賞したエリザベス・モス演じるインタビュアーのアンがクリスティアンに取材を行っています。二人は真剣なムードですが、美術館のスタッフの女性が隅から覗き見するようにこっそり様子を伺っているところが、ユーモラスな空気を醸しています。北欧らしいスタイリッシュで洗練された世界観に、思わずクスッとしてしまうコミカルな要素が散りばめられた『ザ・スクエア 思いやりの聖域』という作品全体の魅力を凝縮したビジュアルとなっております。

映画情報どっとこむ ralph また、併せて、好奇心を掻き立てる場面写真も解禁!「一体どんな状況なんだろう!?」と思わせるミステリアスな写真。

エリートキュレーターのクリスティアンが、何やらボロボロになって雨に打たれてゴミをあさっている。
クリスティアンが記者会見を受けている。何をしてしまったのか。
『トゥームレイダー ファーストミッション』のドミニク・ウェストが演じるのは、有名アーティストのジュリアン。
謎の半裸の男に、紙ナプキンを頭に乗せられているドミニク・ウェスト演じる人気アーティストの男。豪勢なパーティには似合わない状況だが、一体何があったのだろう。
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」でゴールデン・グローブ賞を受賞したエリザベス・モス。演じるのは、クリスティアンに取材をする記者のアン。

映画情報どっとこむ ralph 心えぐられる問題作に、小泉今日子さん、萬田久子さん、辛酸なめ子さんら各界から称賛の声、続々!

本作をいち早くご覧になった各界の著名人の方々から、以下のような称賛する声が続々届いています。 美術館や現代アート、映像や音楽、そして文学など様々なフィールドでご活躍されている方々がそろい、大変豪華な顔ぶれとなっております。

■小泉今日子(俳優)
お洒落で知的でユーモアのある成熟した大人の映画。
明日は我が身という恐怖を感じながら、俳優たちの名演にゲラゲラと笑ってしまう。
なんだか凄いものを観てしまった。

■萬田久子(女優)
時代の流れに対する免疫力は生きていく上での力強さ。そしてサガ。
クリスティアンあなたはどうするの?
彼の魅力がいつのまにか私の心と哲学を♡の形に変えていた。

【※留意点:最後部分に記号が入っています。「哲学を(ハートマーク記号)の形~」】

■会田誠(美術家)
現代美術館のチーフキュレーターが主人公のイヤ~な感じの(褒めてます)映画がカンヌグランプリっていう、その構図自体が、あまりに日本と違う(ネット炎上とか同じところもあるけど)。
この善かれ悪しかれの違い、今観ておくべきだと思いますよ。

■新谷学(「週刊文春」編集長 )
目を背けたくなるような人間の暗部。逃げるか、向き合うか──。“誠実さ”って何だろう。

■小島秀夫(ゲームクリエイター)
丸い地球に暮らす僕らは、実は四角い”聖域”に生きている。
建物、公園、扉、窓。法律、規範。家族、仕事、恋愛、教育。本、絵画、演劇、映画。携帯、
タブレット、モニター、SNSまでもが四角(スクエア)で切り取られている。
四角い”日常”を、映画(スクリーン)という”フレーム”を駆使してじわじわと問い詰め、カクカクになった僕らの価値観や偏見を丸く吹っ飛ばす。
最後には丸裸にされた思いやりの”聖域”がまた額装され、奇妙にもアートとして見えてくる不条理劇。
幾重にもフレーミングされた頭のいい映画。

■山内マリコ(作家)
悪夢のようなシチュエーションに、凍りついたり笑ったり。
怖いもの知らずの挑発的な作品!

■村雨辰剛(庭師)
福祉国家や平等社会としてよく注目されるスウェーデンですが、
理想と現実には大きなギャップがあり、まだ解決をしなければいけない問題があるということを
面白くとりあげてくれる作品でした。

■辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
ギャラリーで発生する不測の事態や気まずい空気がスリリングで一瞬たりとも目が離せません。
アート以上に人生は不条理だと気付かされました。

■シトウレイ(ストリートスタイルフォトグラファー/ジャーナリスト)
人間の倫理や正しさを、低い温度で淡々と突きつけ、問いかけてくる。観終わった後は、まるで低音火傷をしたような気持ちになる。独特の温度の作品。

■飯田高誉(インディペンデントキュレーター、森美術館理事)
「ザ・スクエア」は、グローバル化した世界に内在している人種や貧富の格差の問題をたいへんユニークな視点によって描き出したことです。
それは、現代美術に巣くっている欺瞞や偽善、虚構性を暴くことによって、現代社会が抱え込んでいる不条理な矛盾をみごとに浮かび上がらせたのです。
ただし、この映画は辛辣な批評性に満ちているだけではなく、ユーモアが重要な役割を果たしていることが特徴的です。
笑っているうちにいつの間にかユーモアが反転して人間の悲しい性(さが)を浮かび上がらせてしまう、
ここにこの映画の妙があり、感動があります。

■原野守弘(クリエイティブディレクター)
この映画に「最高賞」を贈ったカンヌに、「最高賞」を贈りたい。
スクリーンで体験したい、美しすぎるアートディレクション。

■小林エリカ(作家・マンガ家)
目に見えない信頼やお金のことをこんなにも切実にそしてユーモラスに描けるなんて!
そして何より映画的にも突出した傑作に出会えた衝撃に震えました。

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他
4月28日(土)全国順次公開!

公式サイト:www.transformer.co.jp/m/thesquare/

クリスティアンは現代美術館のキュレーター。
洗練されたファッションに身を包み、バツイチだが2人の愛すべき娘を持ち、そのキャリアは順風満帆のように見えた。彼は次の展覧会で「ザ・スクエア」という地面に正方形を描いた作品を展示とすると発表する。その中では「すべての人が公平に扱われる」という「思いやりの聖域」をテーマにした参加型アートで、現代社会に蔓延るエゴイズムや貧富の格差に一石を投じる狙いがあった。だが、ある日、携帯と財布を盗まれたことに対して彼がとった行動は、同僚や友人、果ては子供たちをも裏切るものだった―。

***********************************

監督・脚本:リューベン・オストルンド『フレンチアルプスで起きたこと』 
出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリー他
2017年 / スウェーデン、ドイツ、フランス、デンマーク合作 / 英語、スウェーデン語 / 151分 / DCP / カラー / ビスタ / 5.1ch /原題:THE SQUARE
/日本語字幕:石田泰子 後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
© 2017 Plattform Produktion AB / Société Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS


女の食と性を描く小泉今日子主演『食べる女』製作決定


映画情報どっとこむ ralph 新作映画「食べる女」(2018年9月公開予定/監督:生野慈朗)の製作が決定!

原作は、2007年に発売された筒井ともみ著「食べる女」、「続・食べる女」(新潮社文庫)。人はおいしい食事をすると、体が元気になる。いとしいセックスをすると、心が優しくなる=“スローフード・スローセックス宣言”を冒頭1ページ目から掲げたセンセーショナルな短編集を筒井自身が脚本化。恋に、仕事に・・・悩みながらも奔走する8人の女性たち。

主人公は絶対に小泉今日子!スケジュールを2年待ってでも、筒井ともみが小泉にこだわる理由とは・・・?

原作の筒井ともみによれば、映像化するなら「センセイの鞄」(03年、脚本筒井・監督久世光彦)で作品を共にした小泉今日子しかいない!と考えていたそうで、ドラマ界の巨匠である、故・久世光彦氏とも、意見が合致。とはいえ、その頃は小泉今日子=敦子(トン子)と決まっていたわけではなく、映像化に向けて筒井がシナリオを書いていく上で、自身の経験や友人の体験談を核に構成されているキャラクターの中から、皆を引っ張っていけるような魅力、そして年齢的にも最適な敦子を主人公に据え、物語を構築。原作にはないオリジナルキャラクターとして主人公・敦子が誕生。


映画情報どっとこむ ralph ただ、小泉さんのスケジュールが空くのは2年後。それを待って、2018年1月、いよいよクランクインの時を迎えたとのこと。

筒井いわく、「小泉さんは、とにかく見ているだけでおいしく感じる女優。当時からどんなに時間が経っても、ずっとそう思っています。彼女には『労働の匂い』がある稀有な女優だと思います。そこが新しいし、『食べる女』にふさわしい」とキャスティング理由を語った。

小泉今日子さんからのコメント
「わからない」ということを今日の結論にできるのは女だけなのかもしれません。
「わからない」けど、お腹が空いた。「わからない」から、とりあえず美味しいゴハンを食べちゃおう。
そんな女達が映画の中で生き生きと食べてます。たくましく生きてます。
筒井ともみさんが時間を掛けて下ごしらえをしたこの作品に参加出来て光栄です。
 
映画情報どっとこむ ralph テーマは「料理」と「セックス」
筒井自身も自他ともに認める、くいしんぼうの料理好き。そんな彼女が、本作の為に献立を考えた50品以上もの料理が、大人の「恋愛」と「エロス」を彩ります。「おいしい女になろう、おいしい男を育てよう」そんな筒井のメッセージが込められた、貪欲で繊細な女性の欲望を満たす「おいしい」映画が、今秋誕生します。


周りを固めるキャストがもかなり濃い。
沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という超豪華なメンバーが、恋に仕事に悩みながらも、本来の自分を取り戻そうとする等身大の女性たちを演じる。


公開:2018年9月下旬

***********************************

スタッフ
企画&原作・脚本:筒井ともみ
(『それから』<85>、『失楽園』<97>、『阿修羅のごとく』『嗤う伊右衛門』<03>、『海猫』<04>、『ベロニカは死ぬことにした』<05>)
プロデューサー:宮田昌広(ギャンビット)/柳迫成彦(東映) 片岡公生 小林勝絵(モロトフカクテル)
音楽:富貴晴美(「連続テレビ小説 マッサン」<14>、『関ヶ原』<17>、「大河ドラマ 西郷どん」<18>)
監督:生野慈朗(「男女7人夏物語」、「ビューティフルライフ」<00>、『手紙』<03>、『余命』<09>)
撮影:柳島克己(『バトル・ロワイアル』<00>、『アウトレイジ』シリーズ<10,12,17,>)

キャスト
小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香 他




『散歩する侵略者』世界21ヶ国で公開決定!予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者』は劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描く—サスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーと、一つのジャンルには収まらない唯一無二の魅力を持つ本作。

長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ほか
高杉真宙、恒松祐里と日本映画界を代表する豪華キャストを迎え、黒沢清監督が新たなエンターテインメントに挑戦しています。

この度、予告編が解禁!

そして!9月9日の日本公開を前に、北米をはじめ世界21カ国で公開が決定!
カンヌから全世界に侵略!
『散歩する侵略者』カンヌレッドカーペット(C)Kazuko Wakayama

映画情報どっとこむ ralph 北米ほかフランス、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、中国、台湾、韓国など合計21ヶ国での世界公開が決定。カンヌを沸かせた本作の「個性」は全世界に拡散。今後もさらに日本を、世界を侵略していくそうです!


今回解禁される予告編では、数日間の行方不明の後、別人のようになって帰って来た夫と戸惑う妻という日常の風景が、
突然「侵略者」を名乗る夫の告白で大きな異変へと発展していく様子が描かれています。
斬新なストーリーは衝撃のサスペンスから、切ない愛のドラマへ。「愛か?滅亡か?」全く先が読めない展開に期待が高まります。
一つのジャンルの枠に収まらない、誰も見たことがない新たなエンターテインメント、その全貌がついに明らかに!



映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者

公式サイト:
http://sanpo-movie.jp/
公式Twitter:
@sanpo_movie
公式Facebook:
@sanpomovie

物語・・・

行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」・・・。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。

急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。
一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。
やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。
当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。
彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

***********************************

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会