「小栗旬」タグアーカイブ

『銀魂2』予告編に異変!? 佐賀県バージョンのパロディ最強PR動画を本日公開


映画情報どっとこむ ralph アニメ「銀魂」と佐賀県のコラボ企画で、銀魂の主人公・万事屋の坂田銀時(銀さん)が「坂田P」として、初めて自治体のプロデュースを行っていることでネット上を中心に話題になっている「佐賀春プロジェクト」。

坂田Pは万事屋の仲間である新八・神楽の二人と一緒に、Twitter公式アカウント(@sakata_saga)での情報発信を中心に、様々な企画を打ち出し、その投稿には多くのユーザーが反応し、注目されています。

8月10日(金)から開催される佐賀市内でのイベントが盛り上がるのか、不安を感じた万事屋の3人は対策を練ることに。

地方自治体PRといえば「PR動画」ということで、Twitter上で「万事屋動画会議」を突然開始した。 そこで思いついたのが、8月17日(金)公開の実写映画第2弾『銀魂2 掟は破るためにこそある』に完全に乗っかるというもの。映画の予告編を改造し、佐賀の良さを存分に入れ込んだ動画を、次々とTwitter上に投稿した。

6本の動画と、その総集編の佐賀県バージョンの予告編は公式サイトにて公開中。
Twitter上でPR動画制作に試行 錯誤する銀時・新八・神楽のやりとりに注目だ。

映画情報どっとこむ ralph 銀さんによる宇宙一本気のプロデュース企画!「佐賀春プロジェクト」概要

■佐賀県公式ご当地キャラ「佐賀春」が誕生!万事屋が佐賀を盛り上げる!

万事屋のペット定春が、銀さんたちの手によって、佐賀県の名物であるムツゴロウや気球、有田焼やいちご、 おにぎりなどを身にまとった佐賀県バージョンに。

名前を「佐賀春」と改名!

佐賀県の公式ご当地キャラクターに就任。

万事屋メンバーをはじめ、吉野ケ里遺跡にちなんで弥生時代の衣装を着た桂小太郎、呼子のイカ の着ぐるみをかぶったエリザベスなどが佐賀県を盛り上げる。

■万事屋監修、斬新なコンテンツ、コラボグッズやメニューを考案! 8月10日(金)から9月17日(祝・月)に佐賀県佐賀市を舞台に開催するイベントでは、等身大佐賀春像の設 置や市内に隠された佐賀春ぬいぐるみを探す周遊イベント「ミニ佐賀春をサガせ!」、コラボグッズ、コラボ メニューの販売など、佐賀県でしか体験できないコンテンツを用意。

プロジェクト詳細は公式サイトやTwitterアカウントをご覧ください。
URL:
http://sagaprise.jp/sagaharu/
Twitter:
@sakata_saga

***********************************

・TVアニメ『銀魂』画像
空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
・映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』
©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会


『響 -HIBIKI-』に小栗旬出演決定!平手友梨奈と演技でぶつかり合う!コメントも!


映画情報どっとこむ ralph 「マンガ大賞2017」の大賞を受賞「響~小説家になる方法~」。
実写化には映画会社・テレビ局など10社が名乗りをあげ、争奪戦となった末に東宝が権利を獲得。主人公である15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じるのは、欅坂46の不動のセンターとして活躍し、今作が映画初出演、そして初主演となる平手友梨奈さんを抜擢したことでも話題となりました。

そしてこの度、芥川賞を目指す小説家・山本春平役として小栗旬さんの出演が決定!
芥川賞候補に3度ノミネートされながらも受賞を逃し、経済的に苦しい生活を強いられながらも4度目のノミネートに執念を燃やす小説家の役どころ。小説への情熱、そして家族からの想いを背負い、鬼気迫りながら執筆をする姿、そして、突如として文学界に現れた天才女子高生小説家・響と対峙する姿を見事に演じています。

小栗旬さんからのコメント

小栗さん:演じた山本は個人的に背負っている思いが沢山あり、相当の情熱を捧げて小説を書いている人なので、それが崩れてしまったら、辛く悲しい人というイメージでした。この作品は、自分たちも生きながら感じている「本当はこうしたいのに、こうしてはいけないよな」ということに関して背中を押してくれると思います。今回初めて共演した平手さんは、響という役柄があると思いますが、思っていたよりも、すごく“普通”な感じがしました。色々なものを背負いながら頑張っている方だと思うので、それが響という役にマッチして、肝の据わっている10代だなと思いました。また、月川組の雰囲気は『君の膵臓をたべたい』の時とあまり変わらず、皆が監督のために何かしようとか、監督を盛り上げようというムードが漂っていて素敵な現場だと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 平手友梨奈さんからのコメントが届いています。

平手さん:クランクイン前は、初めての映画ということで、「無事に終われるか」という不安もありました。でも、共演者やスタッフの方が"鮎喰響”として接してくれたこともあり、お芝居をしているという感覚があまりなく、普通でいられました。響という役の性格や行動に共感する部分はありましたが、演じる上では、身長を小さくしたかったです。誰に聞いても無理だと言われてしまいましたが(笑)小栗さんは撮影の合間に気さくにはなしかけてくださるなど、とても優しい方でした。山本という役を自然体で演じていらっしゃるように感じました。月川監督には、響のセリフについてなど相談することもありました。撮影以外の時間では子供のような一面もお持ちでした(笑)この作品を観て、どう感じるかは人それぞれになると思いますが、小学生から大人まで多くの方に楽しんでいただける作品になったと思います。

月川監督コメント

今回の映画は主人公の響を誰がどう演じるかが最大の肝だと思っていました。それを16才の平手友梨奈が、初主演で堂々とやり遂げてくれた。響役に期待していた最高到達点に辿り着いてくれました。いざ始まってみると、平手友梨奈は響で居ることのほうが自然体に見えるほどで、驚きの速度で成長し、あっという間に魅了されてしまった。現場で僕に迷いが生じたときにも、響ならきっとこうする、とアイデアを提案してきてくれたり。たくさん救ってもらいました。クランクアップの日、別れ際にポツリと「…まだ響でいたい」とつぶやく平手さんをみて、この時期にしか撮れない大切な瞬間を映画に残せたんだなぁという感慨が湧き、胸がいっぱいになりました。
そして小栗旬は。言うまでもなく最も信頼している俳優です。台本を送って数日もしないうちに電話をもらい、スケジュールも分からない段階でまず「やりたい」と言ってくれたこと。飛び上がるほど嬉しかった。そして期待通り今回も作品のクオリティを引き上げてくれました。

映画情報どっとこむ ralph なお、4月下旬から始まった撮影は6月1日にクランクアップ!

映画の現場に初めての参加となった平手は、監督やスタッフ、共演者と密にコミュニケーションを取り、積極的に意見を出しながら「鮎喰響」を作り上げていきました。撮影終了時に「寂しい」と話し、感無量のクランクアップを迎えました。

超人気原作に、話題のキャスト・スタッフが勢ぞろいした映画『響 -HIBIKI-』。

ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する。
予測不可能。前代未聞。観た後にあなたの価値観を変える新たな「衝撃作」が2018年9月14日(金)に誕生します!

2018年9月14日(金)全国東宝系にて公開!

物語・・・
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。

そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。

15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。

響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく―。

Cast
●鮎喰 響(あくい・ひびき)・・・平手 友梨奈
圧倒的な文才を持った現役女子高生。絶対に“曲げない”性格で、自分の信念と反する相手には手を出すことも。

●花井 ふみ(はない・ふみ)・・・北川 景子
響が作品を送った出版社の文芸編集部に勤務する入社3年目の若手女性編集者。

●祖父江 凛夏(そぶえ・りか)・・・アヤカ・ウィルソン
日本を代表する小説家の父を持ち、自身も小説家を志す文芸部の部長
          
●神田 正則(かんだ・まさのり)・・・高嶋 政伸
響が作品を送った出版社の文芸誌・編集長

●田中 康平(たなか・こうへい)・・・柳楽 優弥
小説家兼フリーター。

●矢野 浩明(やの・ひろあき)・・・野間口 徹
鮎喰響の正体を暴こうとする雑誌記者。

●藤野 弘(ふじの・ひろし)・・・小松 和重
山本の担当編集者

●椿 涼太郎(つばき・りょうたろう)・・・板垣 瑞生
響の幼馴染。

●大坪 正人(おおつぼ・まさと)・・・黒田 大輔
編集者。花井ふみの先輩。
●山本 春平(やまもと・しゅんぺい)・・・小栗 旬
芥川賞を目指す小説家。

***********************************


平手友梨奈、
北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生

監督」:月川翔、
脚本:西田征史

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年4月下旬~6月1日(都内近郊)
Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館
    


2017年邦画実写映画No.1『銀魂』レンタル セル 邦画部門 1位~4位独占!!


ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントより、先日劇場版実写映画『銀魂 パート2』(仮)の製作決定と、2018年夏休み公開予定がサプライズ発表された劇場版実写映画『銀魂』が、週間レンタルランキング全ジャンルで初登場第1位を獲得いたしました。

また、邦画部門の週間販売ランキングでは、DVDが初登場第1位、【初回仕様】 プレミアム・エディション(DVD)が第2位、【初回仕様】 プレミアム・エディション(ブルーレイ)が第3位、ブルーレイが第4位を獲得し、1位~4位を独占いたしました。
さらに<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>も第9位にランクインを果たしています。
(集計期間: 11/20~11/26、TSUTAYA調べ)

◆ブルーレイ、DVD 発売中/ブルーレイ、DVD レンタル中/デジタル配信中 『銀魂』
【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥7,990+税
【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2枚組) ¥6,990+税

<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) ¥5,990+税 ブルーレイ ¥4,990+税 DVD ¥3,990+税

ブルーレイ、DVDレンタル デジタル配信

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 過去記事も良かったらどうぞ!

映画『銀魂パート2(仮)』製作決定!BD&DVDリリース記念 小栗旬、福田雄一監督イベントで
http://eigajoho.com/90121


***********************************



映画『銀魂パート2(仮)』製作決定!BD&DVDリリース記念 小栗旬、福田雄一監督イベントで


映画情報どっとこむ ralph 2017年11月22日(水)に実写映画『銀魂』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。また、デジタル先行配信中です。

そして!!

この度、予約殺到中のブルーレイ&DVDリリースの大ヒットを祈願して、小栗旬、福田雄一監督によるトークイベントを実施!ピー音なしでは流せないめっちゃ面白トークが繰り広げられました。
このイベントの中で「銀魂パート2(仮)」の製作が発表となり、公開は2018年夏休み!だそうです。

日時:2017年11月16日
会場:秋葉原UDX THEATER
登壇:小栗旬、福田雄一監督

映画情報どっとこむ ralph 挨拶も早々に、トークは全開モードに。
ブルーレイ プレミアム・エディション特典のコメンタリー収録時にリラックスし過ぎたとのことで、話過ぎてピー音入りまくりだそう。

ここでは書きにくい色々な話の後。

小栗さん:映画が面白くって途中から、観てましたからね。

と、小栗さんはDVDもらって帰り家でじっくり見たそう。しかし、実は初号試写はちゃんと観たそうですが・・・
小栗さん:初号試写の時は昼の回は菅田とか橋本とかで盛り上がってたと聞いたのですが、僕が行った夜はスーツの大人ばかりで、シーンとしていて、クスリともしないんで。大丈夫かなこの映画と思いました。しかも、一緒に観ていた山田孝之ちょっと怒ってる感じで。笑わない。(笑)

と、心配になったそう。

話はアクションシーンの撮影の話に。

小栗さん:新井君とは撮影で十日間くらい戦ってたんです。最後、新井君はもう腕上がらなったですからね。でも出来上がったの観たら一瞬。
監督:マッサージ師呼んでおいたんですけどね。

小栗さん:新井君は福田組で笑いないしって!と嘆いてましたよ。

監督:アクションはオファー来るよって言ったらアクション二度とやらないって(笑)

と、かなりアクションの撮影は過酷だったと話します。そのアクションを付けたのがチャン監督。
監督:銀魂なんでチャンバラじゃないほうがいいなと思っていたんで、アクション監督は、小栗が紹介してくれたチャン監督。韓国公開の時に舞台挨拶しに行きます。

との事。

演出に関して一番時間かけたのが

監督:環環(橋本環奈)が鼻ほじる、指を入れて広げたところで、口全開で白目。あそこ。あと歌の時のしゃくれ。(笑)

さらに話は勘九郎さんのピーーーーーーーーーーの話に。

監督:リアルを追求するには、出さなきゃ!って直談判されてね。

と、リアルを追求する姿勢の勘九郎さんでしたが、被害者は柳楽さん。

それを目の前にNG連発したそう。

映画情報どっとこむ ralph そして!!!!

続編「銀魂パート2」の製作が決定の発表!!

監督:良かったです!来年の夏休み公開。

小栗さん:主役が僕じゃなくなってるってのは?ムロさんが銀さん。もう銀髪にはしたくない。切れてなくなってたんで、地毛無理ですって。
監督によると実は、もう本が出来てるいるそうなので、こうご期待です。

さらにジャンプフェスタで追加発表があるそうです!たぶん。

映画情報どっとこむ ralph 映画『銀魂』 2017年11月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース/デジタル先行配信中

■【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥7,990+税
■【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2枚組)¥6,990+税
■【3000セット限定生産】ブルーレイ スチールブック仕様 ¥6,490+税
■<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) ¥5,990+税
■ブルーレイ ¥4,990+税 ■DVD ¥3,990+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

絶対買うあるよ!!!

***********************************



浜辺美波の可愛さに韓国がどよめく。「君の膵臓をたべたい」釜山国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 映画「君の膵臓をたべたい」は7月28日に公開され、10月15日(日)までの80日間で、興行収入3,440,160,400円、観客動員数2,714,539人を記録。新たな青春映画の金字塔として、大ヒットした本作が、海を越え、第22回釜山国際映画祭【オープンシネマ部門】に正式招待され、メイン会場である「映画の殿堂」の野外劇場にて、現地時間10月15日(日)、公式上映されました。

釜山国際映画祭は1996年に創設された、韓国釜山で開催されるアジア最大の国際映画祭。

10月12日(木)~21日(土)まで実施される今年は『君の膵臓をたべたい』の他、同様に【オープンシネマ部門】では『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が、【ガラプレゼンテーション部門】に『ナラタージュ』、『三度目の殺人』など41作品が上映・招待されました。

そしてこの度、15日(日)の公式上映に合わせ、月川翔監督、本作で主演を務めた浜辺美波さんの2人が現地入り。

共に、国際映画祭初参加だそうです。

映画情報どっとこむ ralph 15日(日)上映の前に2人は、釜山・海雲台(ヘウンデ)ビーチに設置された野外ステージ・BIFFビレッジで行われたファンミーティングに登場。
当日は朝から雨が降っていたにも関わらず、100人を超える釜山国際映画祭に訪れた一般客やメディアが集まり、大きな拍手で迎えられた2人は笑顔で登場しました。釜山国際映画祭について

月川監督:国際映画祭への参加は今回初めてですが、韓国映画が大好きなので、韓国の皆さんに観てもらえることをとても嬉しく思っています。

とコメント。作中のセリフを引用、

浜辺さん:「私たちが出会ったのは運命ではなく、私がしてきた選択と、君がしてきた選択が私たちを会わせたんだよ」というセリフがあります。私が今、ここに立てていることや、この映画に出演できたことを運命と言ってしまうのではなく、これまでの努力の積み重ねや、たくさんのご縁のおかげだと思っています。

と自身の気持ちを語ると、発言に感銘を受けたのか客席からは大きな拍手が起こりました。

また、

月川監督:まもなく映画が韓国でも公開されますが、このタイトルに怖がらずに楽しんでくださいね。

と映画をアピールすると、会場からは笑いがおこり雨が降る中でも終始温かな空気に包まれました。挨拶が終了すると、監督や浜辺の名前を日本語で呼びかけ、手を振ってくれる現地の観客に、浜辺は照れたような笑顔で手を振り返しながらステージを後にし、ファンミーティングは盛況に終わりました。

映画情報どっとこむ ralph 当日2人は舞台挨拶以外にも現地媒体の取材に応じました。
既に韓国で10月25日(水)から公開することが決定しており、現地でのポスタービジュアルを解禁した際は、facebookでいいね 16,000 個、書き込み 25,000 件の反響があり、予告が現地配給会社のYouTubeにアップされた際は、わずか1日で70万回以上再生されるなど、爆発的な反応から注目度の高さも伺え、現地配給会社も韓国での邦画実写映画の新記録を打ち立てたいと鼻息を荒くしている本作。
2人への取材も予想を超える希望数が寄せられ、急遽記者会見の実施へと変更。
現地媒体も興味津々のようで、次々と質問があがり、二人は緊張の面持ちながら、それぞれの質問に丁寧に答えていきました。現地記者から「『君の膵臓をたべたい』は韓国ではまだ公開していないが、今夜の上映のチケットがすぐに売り切れるほど、非常に話題になっている。」と伝えられると、

月川監督:たくさんの方にそう言って頂けますが、まだ実感がありません。でもとても光栄です。

と笑顔でコメント。国際映画祭だけでなく、初の訪韓となった浜辺にも質問がたくさん寄せられました。韓国では、原作小説の人気も高く、

Q:「人気のある原作の、人気のあるキャラクターを演じるのにプレッシャーはありませんでしたか?」という質問に対して、

浜辺さん:プレッシャーもありましたが、こんなに素敵な女の子を演じられるんだ、と楽しみになりました。

と答えました。


映画情報どっとこむ ralph 夜になるといよいよ、映画の上映へ。【オープンシネマ部門】はその名の通り、映画祭のメイン会場となる「映画の殿堂」の屋外スクリーンでの上映。本年は本作も含め、2017年8月に第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され金獅子賞を受賞した、『The Shape of Water』の他、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』など計7本が上映されました。

20:00から行われた上映前の公式舞台挨拶では、幅広い層の映画ファン約5000人が会場に詰めかけ、異例の追加席を設置するほどの大盛況。映画祭関係者も、「オープンシネマ史上最大規模の動員だ!」と驚きを隠せない様子。観客と野外での広い会場に圧倒されながらも、

浜辺さん&監督:アンニョンハセヨ!

と笑顔で韓国語の挨拶をすると、会場からは「おおおお」と地響きするような歓声が起こりました。その反応に驚きつつも、

月川監督:このタイトルに怖がらずに観に来てくださって、とても嬉しいです!

と語ると会場は爆笑。あまりの壮観な景色に「皆さんの写真を撮らせてください!」と舞台上から自身のスマホで客席を撮影。さらに

浜辺さん:オヌル、クッカジチュリュギョ ジュセヨ.(今日は、最後まで楽しんでください。)

と韓国語で語ると、さらに大きな「おおおおおおおおおお!」という歓声が沸き起こりました。2人は来場した観客との記念撮影を行い、終始笑顔で舞台挨拶を終えました。

上映中には、浜辺と共にW主演を務めた北村との2人のシーンに涙を流す観客が続出。風も強く気温も低い環境の中でも、エンドロールが終わる最後まで席を立たずにいる観客がほとんどで、上映が終了するとスタンディングオベーションが起こりました。浜辺の魅力と、月川監督が生み出した美しい映画に観客は息をのみ、“キミスイワールド”に会場全員が酔いしれました。

君の膵臓をたべたい

全国東宝系にて大ヒット上映中!
韓国公開:10月25日(水)~

公式HP :
http://kimisui.jp/

ツイッター :
https://twitter.com/kimisui_movie
#キミスイ

***********************************

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) ―原作クレジット ©住野よる/双葉社
監督:月川 翔
脚本:吉田智子 音楽:松谷 卓/追加編曲:伊藤ゴロー
出演:浜辺美波 北村匠海
大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 /上地雄輔
北川景子/小栗 旬
©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社