「小柳友」タグアーカイブ

服部彩加、小柳友 映画『ANIMAを撃て!』凱旋!MOVIX川口で舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描き、2017年「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、先週3月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となりました。

そして、公開1週間、4月7日(土)からMOVIX川口での上映もスタート。
埼玉県での初日を記念して、主演の服部彩加さんと小柳友さん。本作の脚本・監督を務める堀江貴大監督による舞台挨拶が行われました。

「ANIMAを撃て!」MOVIX川口舞台挨拶
日時:4月7日(土)
場所:MOVIX川口
登壇:服部彩加、小柳友、堀江貴大監督
MC:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 本作は埼玉県川口市で毎年行われているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 オープニングとして制作されたもの作品。
4月7日(土)より埼玉県での公開を記念して、お膝元でもあるMOVIX川口で舞台挨拶が行われました。

服部さん:撮影地である川口でいよいよ封切りされ、嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。本作品でコンテンポラリーに出会う前は、『ダンス=形をつくるもの、型があるのが踊り』だと思っていましたので、“型のないダンス”に苦労しました。今後は、私は競技ダンスをやっていることもあって体を動かすことが好きなので、アクションに挑戦してみたいです。

と撮影地への感謝を述べながら、今後チャレンジしたいことを語り

小柳さん:川口での初日に、たくさんの方に来場していただき光栄です。 口笛を吹くシーンが大変でしたね。書き下ろしの曲の中に既に口笛が入っていて、それを無理やり芝居に入れるのに苦労しました。ただ監督と僕は同い年なのですが、いろんなアイディアを出しながら、監督に提案しながら演じました。

と、監督と二人三脚しながら演出に向き合えたシーンもあったことを話しました。

堀江監督:撮影前も含め、半年間程何度も川口に足を運びました。撮影中はスキップシティに寝泊まりもしていました。コンテンポラリーは型がない、型を破ってこそのダンス。ブレイクスルーしなくてはならない大変さという点で、映画作りにも通じるなと思い勉強になりました。それから初演技にして初主演の服部さんに対しては、胸キュンのシーンがあり、同じセリフを何度も繰り返し言うんですけど、捉え方って人によって違うんだなと気付かされました。このシーンの撮影で、服部さんがどんどん変わっていく姿を目撃できたのが良かったですね。

と、撮影でキャストと過ごし成長していけたことを話しました。


映画『ANIMAを撃て!

は、新宿武蔵野館、MOVIX川口ほか全国順次公開中です!


公式サイト:
anima-movie.com

ツイッター
https://twitter.com/anima_ute

埼玉県で2004年から続いている、デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。その2017年のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、ついに劇場公開。コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描いた本作は、映画祭実行委員会が主体となって若手映像クリエイターの発掘・育成を目的に長編映画を製作する企画の第3弾として誕生した。監督は、東京藝術大学大学院の修了制作作品『いたくても いたくても』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016にノミネートされ、本作が商業用映画監督デビュー作となる新鋭・堀江貴大。コンテンポラリーダンスを通して本当の自分を見つけるヒロイン・果穂を新人女優の服部彩加、そしてドラムを通じて果穂と交流を深める伊藤を、映画『トウキョウソナタ』で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した小柳友が演じる。さらに中村映里子、黒澤はるか、藤堂海、大鶴義丹ら演技派俳優陣の共演も実現した。

***********************************

服部彩加 小柳 友
黒澤はるか 藤堂 海 中村映里子 / 大鶴義丹
監督・脚本:堀江貴大

撮影:村埜茂樹 照明:川邊隆之 録音:山田幸治
美術:畠山和久
音楽:鈴木治行
編集:稲川実希 スタイリスト:宮本まさ江 ヘア・メイク:大江一代
助監督:加藤文明 制作担当:森田博之
振付:北川 結 ドラム作曲:守道健太郎 
クラッシクバレエ指導:大岩静江
スチール:首藤幹夫
製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
製作協力:寿々福堂 
制作:デジタルSKIPステーション
特別協力:川口市
配給:アティカス
宣伝:ツインピークス
宣伝協力:MUSA
2017/日本/ヴィスタサイズ/カラー/5.1ch
©2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
    


『ANIMAを撃て!』地元MOVIX川口にて服部彩加、小柳友 登壇公開記念舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描き、2017年「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』の撮影場所であり、作品の舞台となった埼玉県川口市のMOVIX川口で4月7日(土)より公開スタート!地元公開を記念してMOVIX川口での公開初日4月7日(土)に主演の服部彩加、小柳友、堀江貴大監督が登壇する舞台挨拶の開催が決定しました。


『ANIMAを撃て!』MOVIX川口 公開記念舞台挨拶 開催

開催日:4月7日(土)13:00の回上映後(14:25~舞台挨拶予定)

登壇予定者:服部彩加、小柳友、堀江貴大監督

※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。あらかじめご了承願います。

料金:通常料金/全席指定 (各種前売り券・特別鑑賞券使用可)
※無料鑑賞券(招待券)は使用不可

チケット発売
オンライン予約販売:
◇インターネット(会員)4月4日(水)17:00~
◇インターネット(非会員)4月4日(水)21:00~
劇場窓口販売:4月5日(木)劇場OPEN時より
会場:MOVIX川口(埼玉県川口市並木元町1-79アリオ川口3F)
TEL: 050-6861-5410
www.smt-cinema.com/site/kawaguchi/

<ご注意項目>
※本初日舞台挨拶回のチケットはPC・携帯などによるインターネット販売および
劇場窓口にて販売いたします。
 前売券・特別鑑賞券は劇場窓口のみでの引換となります。
※チケットが完売次第、販売を終了します。 ※チケットのご購入後の変更、払い戻しは致しません。
※初日・特別興行につき、各種招待券はご使用になれません。
※場内でのカメラ(カメラ付き携帯を含む)、ビデオにより撮影・録音・録画は固くお断りします。
※当日はマスコミが入る可能性ございます。あらかじめご了承ください。


映画情報どっとこむ ralph SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 オープニング作品

ANIMAを撃て!

4月7日(土)MOVIX川口公開記念舞台挨拶の開催決定!

新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

公式サイト:
anima-movie.com
ツイッター:
@anima_ute


作品紹介
埼玉県で2004年から続いている、デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。その2017年のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、ついに劇場公開。コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描いた本作は、映画祭実行委員会が主体となって若手映像クリエイターの発掘・育成を目的に長編映画を製作する企画の第3弾として誕生した。監督は、東京藝術大学大学院の修了制作作品『いたくても いたくても』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016にノミネートされ、本作が商業用映画監督デビュー作となる新鋭・堀江貴大。コンテンポラリーダンスを通して本当の自分を見つけるヒロイン・果穂を新人女優の服部彩加、そしてドラムを通じて果穂と交流を深める伊藤を、映画『トウキョウソナタ』で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した小柳友が演じる。さらに中村映里子、黒澤はるか、藤堂海、大鶴義丹ら演技派俳優陣の共演も実現した。


<ストーリー>
私だけのステップが今始まる
夢に迷うダンサーと夢をあきらめたドラマーとの出会いで動き出す“ANIMA=魂”の躍動 クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳友)だった。
伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。
その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする。


***********************************

服部彩加 小柳 友
黒澤はるか 藤堂 海 中村映里子 / 大鶴義丹

監督・脚本:堀江貴大

撮影:村埜茂樹 照明:川邊隆之
録音:山田幸治 美術:畠山和久 
音楽:鈴木治行 編集:稲川実希
スタイリスト:宮本まさ江 ヘア・メイク:大江一代
助監督:加藤文明 制作担当:森田博之
振付:北川 結 ドラム作曲:守道健太郎 
クラッシクバレエ指導:大岩静江
スチール:首藤幹夫 
製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
製作協力:寿々福堂 
制作:デジタルSKIPステーション
特別協力:川口市
配給:アティカス
宣伝:ツインピークス
宣伝協力:MUSA
2017/日本/ヴィスタサイズ/カラー/5.1ch
©2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ


映倫も驚く、R18+映画での松坂桃李主演映画『娼年』 プロデューサーが裏話


映画情報どっとこむ ralph 石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔 のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。 この度、困難と言われていた『娼年』映画化を実現したプロデューサーが裏話を明かしました。

原作は2001年の直木賞候補にもなった石田衣良の同名小説。

2008年発表の「逝年」、小説すばる誌で現在連載中の「爽年」と続く人気 シリーズの原点で、女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公・リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた。そんな人気恋愛小説「娼年」の映画化は、実は過去にも何度か企画されたのだが、実現しなかったそう。

映画情報どっとこむ ralph 今回、映画化実現について、

小西プロデューサー:撮影前、念の為、レイティングを確認しようと、映画倫理機構(映倫、以下、映倫)に台本を持ち込みました。意外にも映倫のご当者はすでに原作小説も読まれていました。なぜなら、過去に何度か映像化が企画され、性描写などについて相談を受けたりしたことがあったそうで、気になったので原作を読んだんです。というお話をされていました。結局、どれも実現に至らなかったようですが、質問や相談の多くはR18+指定にならないような描写にするにはどうし たらよいか?というものだったそうです。また、主人公リョウを含め演じる俳優さんがなかなか見つからないみたいですよ。 というお話もされていました。そもそもあの原作を映像化するにはR18+でないと無理なんだと再認識しましたし、松坂 さんや出演者の方々の役者魂を改めて物語っているエピソードだと思います。

そういう背景があったため、 台本を読んだ映倫当者は、

「本当にこのままやるんですか︖」
「主人公を松坂桃李さんがやるんですか︖」

と目を丸くし驚きを隠さなかったという。その台本は、“R18+指定にならないような描写”ではなく、 「“性描写”に関しては一切妥協しない」と 脚本・監督三浦大輔が語る通り、半分以上をセックスシーンが占め、事細かに⾏為の描写が書き込まれていた。

映画情報どっとこむ ralph
実は、原作者・石田衣良も、「娼年」執筆にあたり、編集者に、大学生の娼夫がたくさんの女性と性の仕事をしていくなかで、ひとりの人間として 成長していくストーリーであることと、「セックス表現からは絶対に逃げないで書きたい」と説明しています。

そんな監督、原作者がこだわった、「性描写 に関しては妥協しない」「セックス表現からは絶対に逃げない」という、他の企画とは真逆の“R18+も厭わない”アプローチが映画化実現への大き なポイントとなったことは間違いない。

結果、映倫の当者からは、

「R18+なら何の問題もありません。」

と太鼓判を押される。さらに帰り際に、「この小説を描写も含め中途半端に映画化するならやる意味がないと思う。応援していますから是非実現してください。」とエールを送られたそう。

これは、映画史における「事件」になる。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては一切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂さんが、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、監督、スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。

映画情報どっとこむ ralph 「娼夫」になる領を通して描かれる性、その性を通してひとりひとりの奥深くに潜む人間ドラマ。

松坂桃李が静かに凄い。

映画『娼年

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー
公式HP︓
http://shonen-movie.com/
Twitter:
@shonen_movie


ストーリー
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気⼒な生活を送っている。ある日、リョウの中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、 美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」というリョウに静香は“情 熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事 をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
***********************************

キャスト:
松坂桃李 真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督︓三浦大輔
原作︓石田衣良「娼年」(集英社⽂庫刊)
製作幹事︓ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション︓ホリプロ
企画製作・配給︓ファントム・フィルム
レイティング︓ R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


服部彩加・小柳友・堀江貴大監督登壇!「ANIMAを撃て!」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描き、2017年「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、本日3月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となり、主演の服部彩加、小柳友、そして本作の脚本・監督を務める堀江貴大が登壇しての舞台挨拶を行いました。

「ANIMAを撃て!」初日舞台挨拶
日時:3月31日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:服部彩加、小柳友、堀江貴大監督
MC:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 初めての演技にして映画初主演を果たした服部彩加さん、人生初の公務員役を演じた小柳友さん、そして本作が商業長編作品として初監督となる堀江貴大と、「初めてづくし」のキャストと監督が登場。

服部さん:いよいよ今日がきたという思いで、これからがスタートなのでワクワクしております。初演技での映画撮影は、私にとって全てがビックリづくしでした。小柳さんは、ムードメーカーでリードしてくださり、演技の面で支えていただけたので、安心して演じることができました。映画の中に、這いつくばって踊るシーンがありますが、カメラマンもローアングルで私と同じ目線で撮影してくださっており、そこがお気に入りです。映像をかいすることで、踊っている自分を色んな角度からみれたので、発見も多く面白いなあと思いました。この映画をご覧いただき、皆さんの中に何か残るものがあって家路に帰っていただけたら幸いです。

と初日を迎えての思いを語りました。

小柳さん:堀江監督と僕は同じ年齢(29歳)なのですが、今までは、監督に言われたことを表現していましたが、今回は監督とディスカッションすることができたため、自分が表現したいものはなんだろうということを改めて気づかせていただけた作品になりました。公園でドラムを叩くシーンがありますが、外で叩くことなどないので、高校の文化祭以来の経験でした。8日間に渡って撮影しましたが、服部さんと共に走り続けた8日間で、クランクアップには僕たち二人とも熱いものを感じていました。この作品がたくさんの方に届くように協力していただけたら幸いです。

と改めて映画と向き合った日々を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 堀江監督:この企画を最初に作ってから、ちょうど4年が経ちます。4年かけて色んな人たちと出会い、今日公開を迎えることができました。感慨深いです。お客さんに楽しんでいただきたいと強く思って作った作品ですので、楽しんでいただけたなら嬉しいです。

と、商業用長編映画デビュー作品となった本作の初日を迎え、作品の完成と公開に感謝を述べました。映画『ANIMAを撃て!』は、3月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

映画情報どっとこむ ralph ANIMAを撃て!

3月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

公式サイト:
anima-movie.com

ツイッター:
@anima_ute

埼玉県で2004年から続いている、デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。その2017年のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、ついに劇場公開。コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描いた本作は、映画祭実行委員会が主体となって若手映像クリエイターの発掘・育成を目的に長編映画を製作する企画の第3弾として誕生した。監督は、東京藝術大学大学院の修了制作作品『いたくても いたくても』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016にノミネートされ、本作が商業用映画監督デビュー作となる新鋭・堀江貴大。コンテンポラリーダンスを通して本当の自分を見つけるヒロイン・果穂を新人女優の服部彩加、そしてドラムを通じて果穂と交流を深める伊藤を、映画『トウキョウソナタ』で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した小柳友が演じる。さらに中村映里子、黒澤はるか、藤堂海、大鶴義丹ら演技派俳優陣の共演も実現した。

***********************************

服部彩加 小柳 友
黒澤はるか 藤堂 海 中村映里子 / 大鶴義丹
監督・脚本:堀江貴大

撮影:村埜茂樹 照明:川邊隆之 録音:山田幸治 美術:畠山和久 音楽:鈴木治行 編集:稲川実希 スタイリスト:宮本まさ江 ヘア・メイク:大江一代
助監督:加藤文明 制作担当:森田博之 振付:北川 結 ドラム作曲:守道健太郎 
クラッシクバレエ指導:大岩静江 スチール:首藤幹夫
製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 製作協力:寿々福堂 
制作:デジタルSKIPステーション 特別協力:川口市
配給:アティカス 宣伝:ツインピークス 宣伝協力:MUSA
2017/日本/ヴィスタサイズ/カラー/5.1ch
©2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ


『ANIMAを撃て!』初日舞台挨拶決定!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 オープニング作品


映画情報どっとこむ ralph コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描き、2017年「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が遂に3月31日(土)より全国順次ロードショー。

劇場公開を記念して公開初日3月31日(土)に新宿武蔵野館で主演の服部彩加、小柳友、堀江貴大監督が登壇する舞台挨拶の開催が決定しました。

「ANIMAを撃て!」初日舞台挨拶開催
開催日:3月31日(土)10:00の回上映後(11:25~舞台挨拶予定)
登壇:服部彩加、小柳友、堀江貴大監督
  ※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。
   あらかじめご了承願います。
料金:通常料金/全席指定 (各種前売り券・特別鑑賞券使用可)
 ※無料鑑賞券(招待券)は使用不可
チケット発売
オンライン予約販売:3月28日(水)24:00 ※3/29(木)0:00より
http://www1.musashino-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php
劇場窓口販売・引換:3月29日(木)開場時間9:15より
会場:新宿武蔵野館(東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3階)


<ご注意項目>
・本初日舞台挨拶回のチケットはPC・携帯などによるインターネット販売および
劇場窓口にて販売いたします。
電話でのご予約は受け付けておりません。前売券・特別鑑賞券は劇場窓口のみでの引換となります。
・チケットが完売次第、販売を終了します。
・チケットのご購入後の変更、払い戻しは致しません。
・初日・特別興行につき、株主優待券(証)株主優待割引・招待券はご使用になれません。
・場内でのカメラ(カメラ付き携帯を含む)、ビデオにより撮影・録音・録画は固くお断りします。
・当日はマスコミが参加する場合がございます。あらかじめご了承ください。

物語・・・
私だけのステップが今始まる夢に迷うダンサーと夢をあきらめたドラマーとの出会いで動き出す“ANIMA=魂”の躍動

クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。

その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳友)だった。

伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。

その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする。

***********************************

服部彩加 小柳 友
黒澤はるか 藤堂 海 中村映里子 / 大鶴義丹

監督・脚本:堀江貴大

撮影:村埜茂樹 照明:川邊隆之 
録音:山田幸治 美術:畠山和久 
音楽:鈴木治行 編集:稲川実希 
スタイリスト:宮本まさ江 ヘア・メイク:大江一代
助監督:加藤文明 制作担当:森田博之 
振付:北川 結 ドラム作曲:守道健太郎 
クラッシクバレエ指導:大岩静江 スチール:首藤幹夫 
製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 
製作協力:寿々福堂 
制作:デジタルSKIPステーション 
特別協力:川口市
配給:アティカス 
宣伝:ツインピークス 
宣伝協力:MUSA
2017/日本/ヴィスタサイズ/カラー/5.1ch