「小林達夫」タグアーカイブ

映画『パンバス』今泉力哉監督東京国際映画祭注目監督が集まるSHINPA vol.6に登場!


映画情報どっとこむ ralph 本日10月28日、「第30回東京国際映画祭」にて、「SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival」上映前舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、今泉力哉監督を初め、9人の監督が登壇するイベントが行われました。

SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival上映舞台挨拶
日時:10月28日(土)21:40~
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN9
登壇: 今泉力哉 、小林達夫、佐津川愛美 、竹内里紗、堤 裕介、 二宮 健、 前野朋哉、安川有果、渡辺大知
映画情報どっとこむ ralph 「SHINPA」とは、二宮 健監督呼びかけのもと、新進気鋭の監督が集まり、それぞれの自主映画作品を一気に上映しようというイベント。3年前、北池袋でスタートしてから、今回が6回目の開催となり、東京国際映画祭で開催は今回が初となる。
さらに、いままでの「SHINPA」とは違い、全員撮り下ろしの作品ということで、映画祭の中でも最も注目度の高いイベントと言えます。

今回登壇したのは、今泉力哉、小林達夫、佐津川愛美、竹内里紗、堤 裕介、二宮 健、前野朋哉、安川有果、渡辺大知と映画界注目の映画監督達が集結。

商業映画に自主映画と多種多様な作品を撮影してきた今泉監督は、「SHINPA」への参加について、「自主映画は、お金が減っていくので、“なんでやるの?“と聞かれ、嫁との戦いでした。」と話し、会場の笑いを誘った。

それに続けて、前野監督も、「自分もお金の問題で、嫁との戦いでした。嫁に指輪を買うための指輪貯金を使って撮りました」と語り、さらに会場を盛り上げた。

今回の今泉監督作品『赤青緑』は、赤と青と緑を知らないこどもが赤と青と緑を知る話。今泉監督は、「自主映画の自由さとか あったかさは肌身に感じていて、今回はできるだけお金をかけず、携帯ひとつでスタッフ0人で撮影しました。こんなに自由に録らせてもらえる機会をもらって何を撮ろうか考えた時に、他の状況では作れないものを撮ろうと思いました。」と今作に対する思いを語った。イベントは全10本の一挙上映と舞台挨拶を交えて明け方まで映画ファンたちを釘付けにする。
今泉監督は、今回選ばれた監督の中では唯一、2018年2月17日(土)より全国公開予定の『パンとバスと2度目のハツコイ』も併せ、2作品が本映画祭で上映されるなど、映画祭からの高い注目度が伺えます。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は、昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務め、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎と共演する注目作。
29日(日)には、『パンとバスと2度目のハツコイ』が、東京国際映画祭ワールドプレミア上映が行われ舞台挨拶を控えます。


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

2018年2月17日(土)より全国公開です。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************


キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


幕末男子の生き様に胸キュン!映画『合葬』ポスター完成


柳楽優弥・瀬戸康史W主演 

伝説の漫画雑誌「ガロ」に連載され日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した杉浦日向子の同名の傑作

合葬

がついに実写映画化!9月26日(土)より全国公開されます。

合葬メイン画像
脚本は、映画『天然コケッコー』や連続テレビ小説「カーネーション」などを手掛けた人気脚本家・渡辺あやが担当。映画脚本を手掛けるのは4年ぶり。

監督はその渡辺が新進気鋭の逸材と評した、小林達夫が務めます。

主演は存在感のある俳優として評価が高い柳楽優弥と、今年デビュー10周年を迎えますますの飛躍を見せる瀬戸康史の二人。その二人の幼馴染役に若手実力派の岡山天音、さらに世界的に活躍する俳優・オダギリジョーやNHK「まれ」でも好演を見せる最旬女優・門脇麦など個性溢れる共演陣が集結。

幕末、時代に翻弄された「彰義隊」の若く儚い一生涯を、これまでの“時代劇”とは一線を画す、現代の若者にも通じるリアルな青春群像として紡ぎ出します。

この度、本作の世界観をシンプルかつ力強く表したポスタービジュアルが完成いたしました。

合葬ポスター
将軍に熱い忠誠心をも持ち自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入隊した柾之助(瀬戸康史)の、「動」と「静」の対比を二人の表情と「腹は決めた。心は迷っていた。」のコピーで表現しています。

そして、友を止める為やむを得ず入隊した、二人の幼馴染・悌二郎(岡山天音)がその二人の行く末を心配そうに、儚げに見つめています。

女性なら幕末男子の生き様にキュンキュンしそうな、男性なら自らの青春時代と重ね合わせてしまうような、期待感を抱くビジュアルとなっております。


物語・・・

鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。

高い志をもって結成され江戸の民衆からも慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。

『合葬』は、将軍慶喜に熱い忠誠心をも持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入ってしまう柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌次郎(岡山天音)の、切なく揺れ動く若き青年達の数奇な運命を描いた物語。

合葬

9月26日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:GASSOH.JP

********************************************************************

主演:柳楽優弥 瀬戸康史

出演:岡山天音 門脇麦 桜井美南 井之脇海 高山侑子 藤原令子
隆大介 飴屋法水 峯村リエ 小市慢太郎 りりィ/オダギリジョー

原作:杉浦日向子 「合葬」
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや(『天然コケッコー』『カーネーション』)
配給:松竹メディア事業部
©2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会