「小林稔侍」タグアーカイブ

小林稔侍,壇蜜,荒井陽太,神戸浩,高島礼子,登壇!映画「星めぐりの町」完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 小林稔侍が76歳にして初主演した愛知県豊田市が舞台の映画「星めぐりの町」の完成披露試写会が11月25日、この日がオープンのイオンシネマ豊田KiTARAで行われ、小林稔侍をはじめ共演の壇蜜、荒井陽太、神戸浩、高島礼子、メガホンを取った黒土三男監督が舞台挨拶に登壇しました。

日付:11月25日
会場:イオンシネマ豊田KiTARA
登壇:小林稔侍,壇蜜,荒井陽太,神戸浩,高島礼子,黒土三男監督

映画情報どっとこむ ralph 大観衆の中、イスズ ベレット1600GTに乗った小林稔侍、トヨタスポーツ800に乗った壇蜜、トヨタ2000GTに乗った高島礼子、トヨタクラウンDX(デラックス)に乗った黒土光男監督がレッドカーペットに登場した。

映画情報どっとこむ ralph
レッドカーペットの感想を聞かれ

小林さん:初めてでして。私は映画会社に入りまして、ずっと下から上を見てばかりで、汚い路地裏ばかり歩いていたようなものですから。監督に思いを拾っていただいて。レッドカーペットを、新しい靴で歩きました。タキシード用の靴じゃないんですけども。長年の忸怩(じくじ)たる思いで歩きました。タキシードも初めて着ました。なんだかクラブのマスターみたいな感じですけれども。ホコリを被っていたタキシードも喜んでます。温かい皆さんのおかげでこうして先行上映が行えました。ありがとうございます。
壇蜜さん:私も初めてだったんですけど。チャンスはあったんです。チャンスはあったんですけれども、その時の映画があまりにもお子様向けではないもので、チャンスがなくなってしまい……。レッドカーペットは自分とは縁がないのだろうと思っていました。なので、今日は記憶にとどめておこうと思いながら、歩きました。心なしか、歩幅も広めに歩いていたと思います。これでオープンです、というイベントでレッドカーペットを歩かせていただけるなんて光栄です。2日に1回は行っていた、スポーツクラブもそこにあって。今日も行ってきました。私の心のオアシスin豊田だったので。

と語りました。

高島さん:私はそれより、トヨタ2000GTに乗れたというのが。元々、車好きなものですから。とても興奮しました。他にもクラウンとか。それが走っているのを見るだけで非常に、感動しました。でもそれが豊田の町には馴染んでいる感じがしたりして。

と興奮気味。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶において、小林さんは初主演の感想を聞かれ、
小林さん:まるで宝くじに当たったような。また当たらないかな、なんて思ってるんですが。97%くらいずっと私の役、勇作さんを書いてくださって、それにまずびっくりしました。普段はテレビの仕事が多いですが、一つの役でこんなに出ていいのかな、という気がしました。この映画も、出会いの物語です。『サヨナラだけが人生』という大切な、大きな言葉がありますが、出会いというのはとても大事で。出会いが人生の始まりだと。右に行くか左に行くかで人生は大きく変わりますから。こんな俳優ですが、色んな人と出会ってここまで来られました。こんな歳でもこんないい出会いがあったんですから、若い皆さんも出会いを大切にして欲しいと思います。良い出会いは、人生の全てです。

と驚きと喜びを語った。愛知県民の神戸は「We Love 豊田。」と豊田愛を語った。黒土監督から小林さんが兄のように慕っていた故・高倉健さんの名前が挙がり、

小林さん:どこかで健さんも観てくれていると思う。

と語りました。


映画情報どっとこむ ralph 星めぐりの町

は1月20日(土)より愛知県先行上映、1月27日(土)より丸の内TOEIほか全国公開。
映画では主人公の実直な豆腐屋・島田勇作を演じる小林稔侍が 東日本大震災で家族全員を失った少年・政美に優しく寄り添いながら、心の再生を見守る昔気質の男を存在感たっぷりに演じる。少年役は、オーディションで選ばれたシンデレラボーイの荒井陽太。勇作とふたりで暮らす娘・志保役には壇蜜。勇作が豆腐を卸している料理屋の女将を高島礼子が演じるほか、平田満、六平直政、神戸浩ら実力派俳優が脇を固める。『蝉しぐれ』(05)以来12年ぶりの映画となる黒土三男監督が、ものづくりのまち愛知県豊田市全域でロケを行い、人と自然に誠実に向き合い、額に汗して働き、生きる人々の物語。

***********************************

出演:小林稔侍/壇蜜 荒井陽太/神戸浩
六平直政/平田満/高島礼子

脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳
エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子
プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
©2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


小林稔侍、壇蜜 映画『星めぐりの町』場面画像到着!


映画情報どっとこむ ralph 小林稔侍主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他、全国公開となります!

この度、主人公・勇作が「生涯をかけて取り組む豆腐づくり」のシーンと、ともに暮らす親子(小林稔侍、壇蜜)が、自然と寄り添いながら生活している様子が伺えるシーンを切り取った「囲炉裏で豊かな食卓を囲むシーン」など、8点の写真が解禁しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は2011年の震災時に千葉県で被害にあった黒土監督が、その後姉や兄が暮らす豊田市に移住、その自然あふれる場所で生活していく中で強く感銘を受け「この地に根を張り、人と自然に誠実に向き合い、生きる人々の物語を描きたい」という想いから実現、オールロケ地である豊田市の劇場にて本作を先行公開することも決定しました。

ミッドランドスクエアシネマ/イオンシネマ豊田KiTARA/トヨタグランドの3館にて

映画情報どっとこむ ralph 名匠・黒土三男監督が紡ぎ出す、かけがえのない日常。

黒土三男監督のコメントが到着していますので、どうぞ!

2011年3月、東日本大震災が起こりました。
千葉県浦安市にあった自宅は半壊し、私は姉や兄を頼って豊田市に移り住みました。

豊田市に来たのは初めてではありません。40年も前からしょっちゅう遊びに来ていました。

だから豊田の町のことはよく知っていました。「そうだ、豊田の町を舞台にして、映画を作ろう」そう思ったのは、ごく自然なことでした。この映画に登場するのは、偉い人でも何でもありません。

ごく普通の人々です。
企業に勤める人、農業や漁業を営む人、商店街で働く人、米屋さん肉屋さん八百屋さんなどなどです。
映画の舞台となる場所も、町、山、川、田んぼ、会社、工場・・・などごく普通の風景です。

そんな豊田の普通の場所と普通の人々が織りなす感動的な映画にしたいと思っています。
クスクス、ゲラゲラ笑って、けれど次第に涙がぽろぽろ流れ、映画が終わっても席を立てない、いや立ちたくない、そんな映画を作りたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『星めぐりの町

2018年1月27日(土)より丸の内TOEI他、全国公開。

物語・・・ 
家族を失った少年と、実直に生きる豆腐屋との運命の出会い。
心の再生を通じて、生きていくことの大切さを教えてくれる物語。
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやって来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。 自然に根差した自給自足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう。

***********************************

出演:小林稔侍/壇蜜 荒井陽太/神戸浩
六平直政/平田満/高島礼子

脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳
エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子
プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
©2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


小林稔侍、映画初主演『星めぐりの町』俳優55年目にして夢を果たす


映画情報どっとこむ ralph 映画やドラマなど、数多くの作品に名バイプレイヤーとして出演する 小林稔侍主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他、全国公開することが決定しました!

主人公の実直な豆腐屋・島田勇作を演じるのは、76歳にして本作が映画初主演となる小林稔侍。

小林稔侍さんからのコメント
映画初出演の話をもらった時は、夢というか、信じられなかった。 今までも何回か話はあったけど、立ち切れたりしてて、本当に自分が主演の映画を撮れる なんて思ってもいなかったんです。これも人との縁だと思っています。色んな縁が重なって、こうして夢を果たせて本当に嬉 しいですし、黒土監督をはじめ、みなさんに感謝しています。映画の中では、震災で心に傷をもった少年と主人公が出会います。少年は主人公に出 会えたからこそ変わっていけるようになる。そんな少年の成長に、僕は凄く共感したんです 。人との縁が、人生を大きく変えることってありますよね。本作品をみて、一人でも多くの方 に「人の縁の大切さ」や「生きることの素晴らしさ」を感じてもらえると嬉しいです。
映画情報どっとこむ ralph 震災で家族を失った少年・政美に優しく寄り添いながら、心の再生を見守る昔気質の男を存在感たっぷり に演じる。家族を失った少年役は、オーディションで選ばれたシンデレラボーイの荒井陽太。

勇作とふたりで暮らす娘・志保役には壇蜜。

勇作が豆腐を卸している料理屋の女将を高島礼子が演じる ほか、平田満、六平直政、神戸浩ら実力派俳優が脇を固めています。

また本作は、『蝉しぐれ』(05)など数々の映 画を手掛けてきた黒土三男監督が、ものづくりのまち愛知県豊田市全域でロケを行い、人と自然に誠実 に向き合い、額に汗して働き、生きる人々の物語を描いたハートフルヒューマンドラマが誕生しました。
映画情報どっとこむ ralph 予告は、島田勇作が、2011年の震災で家族を全て失った一人 の少年を、不思議な縁で預かることから始まる。しかし、どんなに 気持ちを尽くしても少年は心を閉ざしたまま。うんざりする娘(壇 蜜)だったが、勇作は「この子は想像もできないほどひどい目に あってきたんだ」と娘を諭し、根気強く少年と向き合い続ける。し かし、一台の消防車がサイレンを鳴らしながら走り去る姿に少年 は「幸せが一瞬で、また消える」ことに怯えてしまう。そんな少年 に対して勇作はどんなに辛くても一人で強く生きていく力を持つ ことの大事さを伝える。囲炉裏で炊いた土鍋のご飯や美味しい 手作りお弁当など、見るだけで優しい気持ちになる愛知県豊田 市の食や自然の風景なども必見です!


物語・・・
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする 主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっく りと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届け る生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、 東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやっ て来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を 抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。 自然に根差した自給自 足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、 少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている 最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災 の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…。

***********************************

出演:小林稔侍/ 壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子
脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳 /エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子/プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


『不能犯』 新田真剣佑 間宮祥太朗 真野恵里菜 安田顕 らキャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 主演・松坂桃李、ヒロイン・沢尻エリカで、集英社「グランドジャンプ」に連載中の大人気マンガを実写映画化する『不能犯』に、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍 の豪華キャストの出演が決定しました。


監督は、『ある優しき殺人者の記録』、『貞子VS伽椰子』の白石晃士。

不能犯とは──〈思い込み〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。突如、現代の日本に出現した〈不能犯〉のプロフェッショナル・うそぶき宇相吹ただし正(松坂桃李)。その驚異の手口と壮大な目的、そして唯一彼にコントロールされない刑事・多田友子(沢尻エリカ)との対決を描く、日本初の【立証不可能犯罪】体感スリラー・エンターテインメントが誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 新人刑事・百々瀬麻雄役に、人気若手俳優の中から一歩飛び出た存在の新田真剣佑

大ヒット青春映画『ちはやふる 上の句/下の句』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、『ピーチガール』などの話題作に出演、瞬く間に人気を獲得する。今後もビッグプロジェクト『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』を経て、ハリウッド超大作『パシフィックリム』の続編に挑む。本作では、正義感溢れる生真面目な刑事なのに、沢尻エリカ扮する上司になかなか名前で呼んでもらえない新人を演じる。


更生した元不良少年・川端タケル役に、カメレオン俳優の間宮祥太朗

『高台家の人々』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』など人気コミックの実写映画化で、各々個性の強いキャラクターに成りきり、その存在感と振り切った演技で高く評価されている。今後も『お前はまだグンマを知らない』、『トリガール!』、初主演作『全員死刑』などの意欲作に出演。本作では、少年院上がりで、沢尻エリカ扮する多田刑事のサポートを受けて更生し、今では多田に紹介された店で料理人として働くイケメンを演じる。


宇相吹に仕事を依頼する木村優役に、「とと姉ちゃん」「逃げ恥」で大ブレイクした真野恵里菜

アイドルからキャリアをスタートし、「みんな!エスパーだよ!」、『新宿スワン』、『ラブ&ピース』、『リアル鬼ごっこ』などの
園子温監督作品で女優としても高く評価され、朝ドラ「とと姉ちゃん」、「逃げるは恥だが役に立つ」で、日本中にその名を知られる。本作では、宇相吹にある切ない理由から殺人を依頼する女を演じる。


ジュエリーデザイナー・夢原理沙役に、映画、TV、声優と幅広く活躍する芦名星

ファッション誌のモデルとしてデビューし、日本・カナダ・イタリアの合作『シルク』でヒロインに抜擢され、女優として本格的に活動、「八重の桜」「スペシャリスト」などに出演し、様々な役柄で魅了してきた。本作では、両親が離婚したために、妹の木村優と離れ離れで育った人気ジュエリーデザイナーを演じる。


多田の先輩刑事・やめ夜目美冬役に、演技派女優として数々の作品を支える矢田亜希子

『クロスファイア』や「マイリトルシェフ」、「白い巨塔」などで圧倒的な人気を獲得し、近年では、「スペシャリスト」、「視覚探偵 日暮旅人」、「緊急取調室」などのTVドラマで、味わい深い演技を見せている。本作では、過去のある出来事が原因で、宇相吹に飲み込まれていく女性刑事を演じる。


鑑識官・かつむら河津村宏役に、今や個性派俳優を代表する存在となった安田顕
『龍三と七人の子分たち』、『新宿スワン』、『映画 ビリギャル』、「下町ロケット」、『追憶』、『銀魂』、「小さな巨人」など数々の話題作に出演、一度観たら忘れられないアクの強い演技で、日本のエンターテインメントに欠かせない個性派俳優となる。本作でも、ワケありの鑑識官を演じる。

映画情報どっとこむ ralph テット・ワダ:
スクリーンにスリルと緊迫感を与える実力派俳優が集結!
多田の上司・赤井芳樹に、ニューヨークでモデル・俳優として活躍し、日本人で初めてフランス版「VOGUE」の誌面を飾った。


菅谷哲也:
多田の同僚刑事・若松亮平に、「テラスハウス」で人気を獲得、NHK朝のテレビ小説「まれ」、「99.9-刑事専門弁護士-SEASON1」、三池崇史監修、山口義高監督作品「テラフォーマーズ/新たなる希望」などでキャリアを積む。

岡崎紗絵:
河津村の後輩鑑識官・前川夏海に、「Ray」の専属モデルを務め、『ReLIFE』や「人は見た目が100パーセント」などの話題作で女優としても注目される。

忍成修吾:
妻のために宇相吹に仕事を依頼する羽根田健に、岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』で鮮烈な印象を残し、瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』や廣木隆一監督『軽蔑』等でも注目を集めた。

水上剣星:
宇相吹のターゲットとなる悪徳金融マンの木島功に、『BECK』、『デスノート Light up the NEW world』、『ピーチガール』など、ヒット作を支えてきた。

水上京香:
羽根田健の妻・桃香に、「仰げば尊し」や「スーパーサラリーマン左江内氏」で人気を獲得し、三谷幸喜演出の舞台「エノケソ一代記」で存在感を発揮した。

今野浩喜:
川端タケルが務める店の先輩料理人・櫻井俊雄に、お笑い芸人としてキャリアをスタートし、今では圧倒的な存在感から個性派俳優の地位を確立した。

堀田茜:
夢原理沙に彼女の婚約者の医師との関係を疑われる看護師・西冴子に、「Can Cam」の専属モデルを務め、ファッションリーダーとして10~20代の女性たちから支持されている。

小林稔侍:
羽根田夫婦が住む街の町内会会長・とり鳥もり森広志に、日本が誇る名バイプレイヤーで、『たそがれ清兵衛』『武士の一分』など山田洋次監督作品に欠かせない存在である。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故──そう、宇相吹の犯行は、すべて【不能犯】だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る。

多田(沢尻エリカ)や百々瀬(新田真剣佑)ら刑事たちの捜査が進み、ようやく宇相吹の身柄を確保して任意で取り調べを始めるが、宇相吹は夜目(矢田亜希子)らベテラン捜査官たちさえも手玉に取る。

そんな中、多田だけが唯一、宇相吹にコントロールされないことが判明する──。 

公式HP:
funohan.jp

***********************************

出演:
松坂桃李 沢尻エリカ

新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 

今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍 

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士
制作プロダクション:ファインエンターテイメント 
配給:ショウゲート 
©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会


『家族はつらいよ2』観客と一体!?でアットホームな初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph いよいよ『家族はつらいよ2』が5月27日(土)に全国公開となり、それぞれ夫婦を演じた、橋爪功×吉行和子、西村雅彦×夏川結衣、中嶋朋子×林家正蔵、妻夫木聡×蒼井優が登壇!さらに山田組常連の小林稔侍、歌舞伎役者の中村鷹之資 、演歌歌手の徳永ゆうき、と山田洋次監督を加えた計12名が登壇して初日舞台挨拶が豪華ですがアットホームな感じに行われました。

日程:5月27日(土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇者(予定)橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優 小林稔侍 中村鷹之資 徳永ゆうき 山田洋次監督

映画情報どっとこむ ralph 一言挨拶では、観客の方からの掛け声や、声援にこたえる登壇した皆さん。とってもフレンドリー。
山田監督:兎に角 皆さんと会うのが楽しい日々でした。

と、気心のしれたメンバーでの撮影を楽しんだご様子。

楽屋の親戚が集まってが集まってるようでしたがというMCに

橋爪さんは「本当はね、そうでもないです。」と暴露し会場を沸かせます。

映画情報どっとこむ ralph 本作のテーマは「無縁社会」ですが、逆に縁のあるエピソードを問われると
橋爪さん:えんで芝居をやっております。

と、えん違いで笑わせます。
吉行さん:橋爪さんと縁があって、これで4回目の結婚。山田監督で2回あって。、長く連れ添ってるのに若い子ばっかり折っちゃってね。縁をとても感じてるんですけど。あんまり親切じゃないででしう。若い娘の方ばっかりいっちゃうから。それに電話番号も知らないし・・・

と、プライベートと映画を絡めて話され、
西村さん:縁は感謝の気持ちから。感謝の気持ちを日々忘れないよう頑張ります。

と、本日は選挙活動のような発声でコメント。
夏川さん:私も橋爪さんとのご縁。最初は恋愛関係から・・・今回、父と娘。年月を感じますね。

と振り返ります。

映画情報どっとこむ ralph 中島さんは、プライベートでも仲良くなったそうで
中島さん:この作品の縁で正蔵さんが山田監督の演出舞台に夏川さんと観に行ったり、父兄参観みたいで楽しかったです。深い縁だなと。

妻夫木さん:えっ僕たち夫婦は、呼ばれてない。!
蒼井さん:一挙に寂しくなってます。

と、声をかけてもらえなかった弟夫婦はさみしがり、観に来てもらった当の正蔵さんは
正蔵さん:楽屋で、肩を抱いてくれてよく頑張ったねって。縁ですね。嬉しかった!それから、山田監督が作った落語をやらせていただくにあたり、山田監督の前で一席話したんです。

監督と一対一はつらかった、反面楽しかったそう。観劇には行けなかった妻夫木さんは
妻夫木さん:縁は・・・僕は憂ちゃんと結婚も2回目まだ離婚したことないですね。そして、キスシーンも無いのが不思議です。

蒼井さん:妻夫木君とは多いなと・・・縁は感じていたんですね。それから私。10代のころ山田監督のオーディションを受けてどうしても出たかったのに落ちたんですよ。そして、女優業を続けるか一回立ち止まった時に、山田監督からオファーをいただいて。縁を感じてます

監督:落としたのは・・・僕の失敗でしたね。

と、苦笑する監督。

映画情報どっとこむ ralph 続けて。。。
小林さん:友人との縁が大事です。お友達を大事に。

中村さん:僕は父が70歳の頃の子。この世に生まれたこと自体に縁を感じます。そして、血のつながった縁と、つながらない縁もあるなと、この映画を観て思いました。

徳永さん:山田監督との出会い。寅さんの最後の作品が奄美大島が舞台で、平成7年生。僕も7年生まれで、両親が奄美出身で不思議な縁と感じてます。


最後に・・

山田監督:作った作品が大勢に見てもらえないことほど寂しいことはありません。観たばかりのお客様と楽しい雰囲気の中で舞台挨拶ができたのは、全国のみな様にも伝わると思います。

家族はつらいよ2

2017年5月27日 ( 土 ) 全 国 ロ ー ド シ ョ ー

公式サイト:
kazoku-tsuraiyo.jp

物語・・・
周造(橋爪功)と富子(吉行和子)との離婚騒動から数年―。周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみ にしていたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから、高齢者の危険運転を心配した家族は、運転免許を返上させることを画策する。 しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!?嫌な役回りを兄妹夫婦でなすりつけ合ううちに、平田家はまたもや不穏な空気 に包まれていく―。そんな中、周造の免許返上問題を話し合う家族会議が開かれることになり、例のごとく召集された平田家の兄妹 夫婦たち。だが、家族会議は一転し、事態は思わぬ方向に!?

***********************************

原作・監督:山田洋次
脚本:山田洋次 平松恵美子
出演:橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優 藤山扇治郎 オクダサトシ 有薗芳記 広岡由里子 近藤公園 北山雅康 徳永ゆうき 小林稔侍 風吹ジュン 中村鷹之資 丸山歩夢 劇団ひとり 笑福亭鶴瓶(特別出演)

制作・配給:松竹株式会社
©2017「家族はつらいよ2」製作委員会