「小林啓一」タグアーカイブ

桜井日奈子のパブリックイメージからギャップな!『殺さない彼と死なない彼女』


映画情報どっとこむ ralph 「殺さない彼と死なない彼女」が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
殺さない彼と死なない彼女 W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ。すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作が誕生しました。
殺さない彼と死なない彼女 (4)
この度、桜井日奈子のパブリックイメージからギャップがある役柄・鹿野を切り取った場面写真と本編映像が公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 本作の小林啓一監督が、リストカット常習者で“死にたがり”な少女・鹿野ななを演じる桜井日奈子について、「今回、桜井さんは世間のイメージと一番ギャップのある役柄を演じていて、ある意味“殻を破った”作品になるんじゃないかと思う」と語っているが、そのギャップのある一面を切り取った場面写真と本編映像が公開された。
 場面写真の鹿野が加えているイカ焼きは、小坂(間宮祥太朗)が買ってきて「食え」と差し出したものだ。少しかじるだけだったはずが、勢いよくかぶりつき、偶然にもイカ焼きを丸々くわえた状況が生まれ、本編ではくわえたまま「おいひぃ!」としっかりセリフを言っている。
この作品では、小林監督がシーンごとにかなりの数のテイクを重ねて撮影したが、アドリブ的な面白さが受け入れられ、リテイク無しとなった珍しいシーンだ。

映画情報どっとこむ ralph 本編映像は、学校からの帰り道での小坂と鹿野の不器用で口の悪い会話にクスリと笑えるシーンだ。

小坂が少し後ろを歩く鹿野になにか言ってほしそうに何度も振り返る。しびれを切らしたかのように小坂が「……なぁ、お前、なんか気づかない?今日」と話を振るが、それでも鹿野はわからない。小坂が気付いてほしかったのは、「俺の髪型!分け目がいつもと逆だろーが!言わせんなよ」と、まさかの分け目の違い。が、鹿野は「どうした?今のお前、世界で一番めんどくせーぞ」と冷静に半ばあきれ顔で一蹴。小坂は「うっせえ、殺すぞ!」といつもの口癖を言いながら分け目をもとに戻す。小坂はツンデレな一面を露呈させたのか、それとも鹿野との会話を盛り上げるためのやさしさからの渾身の話題なのか?対する鹿野の低いテンションや殺伐とした言葉遣い、小坂とのやりとりについて、今までは、対照的なキラキラした雰囲気の女子高生役が多かった桜井は、「作り込み過ぎていないテンションで、やり取りがすごく心地の良かったです」と、より自分に合っている役であるとも語っている。

また、本作は照明を使わず自然光のみで撮影をしたが、絶妙な光を感じることができるシーンだ。

そんな二人を待ち受ける衝撃の事件とはいったい何か?タイトルに秘められた謎とともに、予測不能なラブストーリーに期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!
衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

殺さない彼と死なない彼女

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
間宮祥太朗&桜井日奈子『殺さない彼と死なない彼女』 何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけ同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが……。
殺さない彼と死なない彼女
***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高杉真宙、葵わかな ら浴衣で京都の夏を演出『逆光の頃』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「コップのフチ子」の原案者であり、異才のマンガ家タナカカツキの名作「逆光の頃」が高杉真宙主演で映画化され、7月8日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開となりました。その初日舞台挨拶が高杉真宙、葵わかな、金子大地、小林啓一監督が、京都を舞台にした映画にちなみ浴衣で登壇!
風鈴の音と浴衣姿…。日本の夏!な舞台挨拶が行われました!

場所:新宿シネマカリテ
日程:2017年7月8日(土)
登壇:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、小林啓一監督

映画情報どっとこむ ralph 高杉さん:今日は浴衣姿で来ました。映画の余韻と夏を感じていただければと思います。

全京都ロケの本作。
葵さん:京都っぽい雰囲気で行ければと思います。
清水さん:無事初日を迎えられて本当にうれしいです。
金子さん:・・・本日はよろしくお願いします。
監督:浴衣・・・ちょっと恥ずかしいんです。
と、この並びだと一人三遊亭・・・感が。

映画情報どっとこむ ralph 京都での撮影時の思い出を聞かれ

高杉さん:観光地廻ったり、結構、路地裏散歩して楽しんでいました。京都の趣を感じてました。清水君とはあちこち・・
清水さん:映画見たり、ショッピングしたり。。それより今清水君て言われてショックです。

通常では尋也と呼ばれているので寂しかったそう。仲良ささが感じられます。
葵さんは撮影時に本厄だったそうで

葵さん:時間を利用して八坂神社で厄払いをしました!
金子さんはインドア派らしく

金子さん:僕はホテルのWiFiでYOU TUBE。後は散歩。


撮影の想いでは

高杉さん:クランクインからアップまで2年あったので、公開は嬉しいですね。京都の町を楽しんで、青春した感じが映画から伝わって、青春の御裾分け出来たらなと思っています。
葵さん:夜の学校に入るのは新鮮でした。夏らしくていいなと思いました。(高杉さん:暗くて怖かったんです。)

青春映画として・・・鴨川での撮影は・・

清水さん:寒いし足の裏は痛いし。橋の上から外国人がめっちゃ見てるし・・・最後にはお風呂入りました。真宙の裸みたし・・・しなやかでした。

エンドロールで金子さんと高杉さんはアクション監督に名前が出ています。
金子さん:真宙君とのシーンで、二人でカメラに映るように考えたんです。

監督:ノープランだったので二人に任せて。なのでクレジットしました。

監督は原作マンガのファン、実写化するにあたり

監督:漫画の雰囲気を崩さない絵作りを心がけました。

映画情報どっとこむ ralph 昨日が七夕。願い事は・・

高杉さん:漫画が好きなので、おうちが漫画喫茶みたいになったらいいなと!

葵さん:浴衣を着てお祭りに行けますように!いろいろ食べたいので帯は緩めで。

清水さん:僕は「逆光の頃」が大ヒットすればと!(高杉さん:僕も願ってるって!)

金子さん:今回のような素敵な役がまたもらえますように!

監督:感無量です!

最後に・・

高杉さん:熱いメンバーで作りました!楽しく撮影をさせていただいて、こうして舞台挨拶ができて嬉しく思っています。沢山の方に観ていただきたいと思っています。

と締めました。
映画情報どっとこむ ralph 京都生まれ、京都育ちの 17 歳、赤田孝豊。

高校 2 年生である彼は、思春期ならではの同級生との別れ や喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実―古都・京都の街並みを背 景に、双方の世界を行き来する一人の少年
のゆらめきときらめきが、鮮やかに紡ぎ出されていく。

日常と非日常、夢と現実。

双方の世界を行き来する少年のゆらめきときらめきが、京都の街を背景 に鮮やかに紡ぎだされており、

その叙情性が高く評価された名作コミック「逆光の頃」。
その中から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を映像化しています。

異例ともいえる長期に渡るオール京都ロケを敢行し、花街の祇園、鴨川を渡る四条大橋、五山送り火(大文字)といった、おなじみの風景のほか、なかなか許可が下りない寺院やライヴハウス、路地裏など、初めて見るリアルな京都も切り取っている作品です。



逆光の頃

7 月 8 日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開

公式サイト:
gyakko.com

***********************************


原作/タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニング KC」所載)

出演: 高杉真宙 葵わかな 清水尋也 金子大地 田中壮太郎 佐津川愛美
監督・脚本:小林啓一「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」
原作:タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニング KC」所載)
2016/カラー/ビスタ/ステレオ/上映時間:67分
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

小説版『ぼんとリンちゃん』発売決定!星野リリィが表紙!


9月20日(土)より新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか、全国順次公開となります
小説版『ぼんとリンちゃん』発売 『ぼんとリンちゃん』

の小説版がコラボレート企画として、8月28日(木)に発売されることが決定しました!!

小説版『ぼんとリンちゃん』
タイトル:『ぼんとリンちゃん』
著者:小林啓一
カバーイラスト:星野リリィ
出版社:竹書房
出版日:2014年8月28日(木)
定価:702円(税込)
判型:文庫版
ページ数:256頁

本作、小説版『ぼんとリンちゃん』は、小林啓一監督自らが原稿を執筆。
映画本編の中では描かれないエピソードや、映画で描かれるエピソードの前日潭と後日潭を描き、映画本編の中では描かれなかった主人公のぼんとリン、そして二人の親友みゆが東京にやってくるまでのエピソードとそれぞれのキャラクターの葛藤をふんだんに盛り込み、小林監督の本作での構想をすべて網羅。

映画と小説版のセットにより、初めて作品世界の全貌が明らかとなります。

また、小説の表紙を飾るイラストは、映画本編に登場するオリジナル同人誌も手がけた『おとめ妖怪 ざくろ』等で人気の漫画家、イラストレーターの星野リリィさんが担当。

主人公のぼんとリンの魅力が本イラストにより、一層引き出されています。

なお、本作発売にあたって、著者の小林啓一監督、そして本イラストを担当された星野リリィさんのコメントも到着しました。

小林啓一監督コメント
この小説は、なんとなく一人で書いた気がしないのです。
というのも映画に登場するキャラたちはキャストのみんな(特に佐倉さん、高杉くん、比嘉さん)と一緒に作り上げたからです。なので、初の小説でしたが、わりと肩の力を抜いて書けた気がします。

なんせ、登場人物たちが自由にひとり歩きしてくれたので。


星野リリィさんコメント
『ぼんとリンちゃん』の表紙を、と思ったときに やはりタイトルそのまま、ぼんちゃんとリンちゃんの二人を描かなくてはだめだろう!と思い、そのままを形にしました。普段の二次元すぎる自分の画風だと二人の良さがまったく表現できないので画風をリアル寄りに変えて描いたので、いつもと違って新鮮だったのと、二人がかわいいのでとても描き甲斐がありました。参加させていただきありがとうございました。

読んでから観るか?観てから読むか?

映画『ぼんとリンちゃん』

9月20日(土)、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開です。

公式HP: http://bonlin.jp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/bonlin2014
公式Twitter: https://twitter.com/BONLIN2014



********************************************************************


ぼんとリンちゃんポスターここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、16歳と62ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”は、ボーイズラブ(BL)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。

ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃんを連れ戻しに東京へやってきた。

ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、みゆちゃんの家へと突撃する。

その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。

リン曰く「ボス戦」に挑む一同。果たして、予測不能のミッションは成功するのか!?

監督・脚本・撮影:小林啓一
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、まつ乃家栄太郎、桃月庵白酒

主題歌:『迷子のリボン』作詞・作曲40mP/同人誌制作:星野リリィ
製作:マイケルギオン、フルモテルモ
配給:フルモテルモ 配給協力:コピアポア・フィルム
日本/2014/カラー/91分/ビスタサイズ
©ぼんとリンちゃん




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

オタクトーク!『ぼんとリンちゃん』舞台挨拶報告


デビュー作『ももいろそらを』で世界中の映画祭を熱狂させた小林啓一監督による待望の新作

『ぼんとリンちゃん』

ボーイズラブの同人誌で妄想をするのが大好きな女の子“ぼんちゃん”と、ぼんちゃんを「ねえさん」と慕うオタクの男の子“りんちゃん”の冒険を描いた青春物語です。

ぼんとリンちゃん舞台挨拶
9月 20日の公開に先駆け、6月 13日、東京・新宿のシネマカリテで開催中の「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2014」のクロージング上映にて本作が上映され、上映後には出演者の佐倉絵麻さん、高杉真宙さん、ヒガリノさん、小林啓一監督が舞台挨拶を行なわれました。

“ぼんちゃん”役の佐倉さんは、撮影中の思い出について「みゆちゃんとのケンカの場面で、休憩中にそれぞれの出身地の方言でケンカをして遊んだのが印象に残っています。高杉さんとはラノベの話で盛り上がりました!」とコメント。

一方、小林監督曰く
「面白いアニメや漫画を教わることが多かった」

と言わしめるほど自身もオタクだという“リンちゃん”役の高杉さんは

「台本を読んだとき、まんま自分だと思った。冷静に周りを見ているところなど素の自分に一番近い役。完成した映画は、光の入り方や役者のナチュラルな演技など驚くことばかり。ぜひ大画面で観てほしいです」

と初主演映画に自信をのぞかせました。

高杉さんと監督は撮影の帰りに本屋に立ち寄り、ラノベ『SAO(ソードアート・オンライン)』を買ったそうで、監督からさらに具体的な漫画のタイトルが飛び出すと、高杉さんから

「監督、オタクぶりが出てますよ」

とまさかのツッコミが。息の合った掛け合いに、会場は大爆笑に包まれました。また、デリヘル嬢みゆちゃんを演じたヒガリノさんは

「お客さんと交番で待ち合わせるシーンで、警官が怪しそうに見ていました(笑)。映画を観て、ぼんちゃんがこんなに自分を心配してくれていたんだ、と思ってジーンときましたね」

と振り返りました。

そして、
「どうも、“監督役”の小林啓一です」と自己紹介をして笑わせた監督

「ぼんとリンちゃんはオタクの中ではあまりいないタイプ。リアリティを持たせるために“仕草”を何度も研究したり、ゲームを実際にクリアしてもらったりしました」

とこだわりを吐露。最後は

「9月20日公開で爆発的な人気が出ることを“妄想”しています!」

とアツく語り、会場からは大きな拍手が。

またこの日、主題歌「迷子のリボン」の作詞・作曲を手がけた40mPさんがサプライズで登壇。

「ぼんちゃんの『私、迷子になったみたい』というセリフからイメージを膨らませました」と話し、

「みゆちゃんを本気で心配していた気持ちが甦ってくる」 (佐倉さん)、

「聴いた瞬間、鳥肌が立った」
 (監督)と絶賛されていました。


最後は登壇者が観客といっしょに記念撮影。舞台挨拶は終始和やかムードのまま、締めくくられました。


心にいつも妄想です。

映画『ぼんとリンちゃん』
公式サイト:http://bonlin.jp

9月 20日(土)、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開です!

ぼんとリンちゃん
********************************************************************


映画『ぼんとリンちゃん』

STORY
心にいつも妄想です。
ここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、16歳と62ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”は、ボーイズラブ(BL)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。

ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃん(通称“肉便器”)を連れ戻しに東京へやってきた。

名付けて「肉便器救出作戦」。ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、肉便器の家へと突撃する。その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。

リン曰く「ボス戦」に挑む一同。予測不能のミッションは成功するのか!?

監督・脚本・撮影:小林啓一(『ももいろそらを』)
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、ヒガリノ、桃月庵白酒
プロデューサー原田博志、財前健一郎
アソシエイト・プロデューサー:宮崎紀彦
制作担当:松嶋翔
主題歌:『迷子のリボン』作詞・作曲 40mP
同人誌制作:星野リリィ
配給:フルモテルモ
宣伝:眞野雄次、平井万里子
配給協力:コピアポア





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

オタクの愛と正義『ぼんとリンちゃん』公開日決定


サンダンス映画祭で絶賛された小林啓一監督が“オタクの愛と正義”を描く

『ぼんとリンちゃん』

は、9月20日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開することが決定しました!

ぼんとリンちゃん
物語は、
ここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、16歳と62ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”は、ボーイズラブ(BL)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。

ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃんを連れ戻しに東京へやってきた。

ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、みゆちゃんの家へと突撃する。

その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。

リン曰く「ボス戦」に挑む一同。果たして、予測不能のミッションは成功するのか!?

bonlin_sub
本作のために主題歌を書き下ろしたのはボーカロイドで圧倒的人気を誇る40mP。

オリジナル同人誌制作は人気作家星野リリィが担当する等、最強の布陣が集結!映画の世界を彩ります。
星野先生同人誌

『ぼんとリンちゃん』

9月20日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開!

公式HP: http://bonlin.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/bonlin2014
Twitter : https://twitter.com/BONLIN2014

********************************************************************


『ぼんとリンちゃん』

監督・脚本・撮影:小林啓一 
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、ヒガリノ、桃月庵白酒
主題歌:『迷子のリボン』作詞・作曲40mP/同人誌制作:星野リリィ 
日本/2014/カラー/91分/ビスタサイズ
©ぼんとリンちゃん
製作:マイケルギオン、フルモテルモ
配給:フルモテルモ 配給協力:コピアポア・フィルム




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ