「小松菜奈」タグアーカイブ

岡田准一ら豪華キャスト・スタッフ陣、中島組への想いを語る!『来る』豪華版特典


映画情報どっとこむ ralph 第 22 回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」を、映画『告白』で第 34 回日本アカデ ミー賞の最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞した日本映画界を代表する中島哲也監督が映画化しました。キャストには、主演 の岡田准一をはじめ、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら日本を代表する演技派俳優陣が集結。正体不明の“あれ”が 迫り来るホラー要素のみならず、人間の心の闇も描き出した、いまだかつてない最恐エンターテインメントである『来る』の Blu-ray&DVD が 7 月 3 日(水)発売となります。 Blu-ray 豪華版の特典ディスクには、豪華キャスト陣の撮影現場風景や、中島哲也監督と制作スタッフ 18 名へのインタビ ューを収めた、映画『来る』を何倍も楽しめる約 90 分のメイキングドキュメンタリーなど、約 200 分の特典映像が収録されています。


この度、リリースに先駆け、Blu-ray 豪華版に収録される特典映像のダイジェスト映像を公開! 「中島監督の演出を受けられて幸せ」(岡田) 岡田准一ら豪華キャストが、中島組への想いを語る!

『来る』 Blu-ray 豪華版に収録される特典映像ドキュメント『来る』のダイジェスト映像を公開



第 22 回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」を、映画『告白』で第 34 回日本アカデ ミー賞の最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞した日本映画界を代表する中島哲也監督が手掛けた映画『来る』。主演の岡田准 一をはじめ、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら日本を代表する演技派俳優陣が集結。

いまだかつてない最恐エンター テインメントが誕生した。 7 月 3 日(水)に発売される Blu-ray 豪華版の特典ディスクには、豪華キャスト陣の撮影風景、中島監督へのインタビュー映 像、さらには制作スタッフへのインタビューも交え、中島哲也の映像制作の秘密に迫る約 90 分のドキュメントが収録されて いる。 公開された映像では、本作が中島組初参加の岡田准一が「細部までこだわった演出を受けられる中島組に参加できて幸せ」 と感謝の言葉を口にしているほか、中島組に参加経験のある妻夫木聡、小松菜奈が中島組への思いをしみじみと語っている。 監督が撮影現場で黒木華、小松菜奈へ演出をつける様子も映し出されており、厳しさがありつつも和気藹々とした現場だった ことが窺える。 映像の後半では、正体不明の“あれ”に襲われるシーンで、混沌としていく現場の様子が映し出され、鮮烈・強烈・超絶・ ガクブル―中島ワールド全開で贈る本作の一端を垣間見ることができる。 「ドキュメント『来る』」には、このほかにも中島組新旧制作スタッフ 18 名のイン タビューも収められている。インタビュー映像では音楽を当てるシーンが普通の映画 の倍ぐらいあったこと、劇中の 90%近くの空はすべて合成されていたことなどが語 られており、この“最恐エンターテインメント”がいかにして出来上がったのかが解 き明かされていく。中島監督の映画制作の秘密に迫る 90 分にも及ぶ必見映像となる。 このほかにも、原作者へのインタビュー映像やイベント映像集、プロモーション映 像集など、合計約 200 分の特典映像が収録された Blu-ray 豪華版は 7 月 3 日(水) 発売となる。


岡田准一をはじめ、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら日本を代表する演技派俳優陣が豪華恐演!! 『告白』の中島哲也監督による最恐エンターテインメント『来る』の BD&DVD、いよいよ 7 月 3 日(水)発売!

映画情報どっとこむ ralph 『来る』
2019年7月3日(水) Blu-ray&DVD発売

■来る Blu-ray 豪華版 (特典Blu-ray付 2枚組)
TBR29153D \6,800+税
■来る DVD 通常版 (DVD 1枚組)
TDV29154D \3,800+税

<Blu-ray豪華版 特典映像>
【本編ディスク】
■予告編集(特報/予告/ロングトレーラー)

【特典ディスク】
■ドキュメント『来る』~中島哲也組18人の証言~
■プロローグ『来る』~澤村伊智、ホラーを語る~
■イベント映像集 (製作報告会見/怖がり屋さん限定プレミア試写会舞台挨拶/初日舞台挨拶)
■映画『来る』公開記念最恐エンターテインメントトークSP
■プロモーション映像集

発売・販売元:東宝

***********************************

©2018「来る」製作委員会


『さよならくちびる』小松菜奈・門脇麦“ハルレオ”がラスト登壇!次作は姉妹役ご所望!?


映画情報どっとこむ ralph 青春音楽映画『さよならくちびる』が、大ヒット公開中!

小松菜奈さん演じるレオ、門脇麦さん演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ“ハルレオ”。

この度、“ハルレオ”に扮した小松菜奈さん、門脇麦さんが登壇する舞台挨拶が行われました!
「さよならくちびる」ハルレオ
映画『さよならくちびる』公開御礼舞台挨拶
日程:6月19日(水)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:小松菜奈、門脇麦
SPゲスト:伊賀大介

映画情報どっとこむ ralph 劇中でお馴染みだったハルレオの“つなぎ”の衣装に身を包み、小松さんと門脇さんが現れると、上映後の熱気あふれる場内からは大きな拍手が沸き起こり、

小松さん、門脇さん:ハルレオです!

と劇中風の挨拶を交え、舞台挨拶がスタート。
「さよならくちびる」ハルレオ
まずはMCから、SNSや映画レビューサイトで絶賛の口コミが広がっていることについて触れられると、既に映画を観た知り合いや友人から連絡がくることも多かったと振り返る小松さん。

小松さん:観に行った人は少し年齢上な方も多くて、男性の方も足を運んでくれていると聞きました。歌も良かったという声や、ハルレオの声の相性も良かったと聞いて、嬉しいなって。

と笑顔を見せた。そんな小松さんの言葉に門脇さんも隣で頷き、

門脇さん:私の周りでもそういう声たくさん聴きましたね。想像していたよりも、幅広い年代の方に観ていただいている印象ですね。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph さらに本日場内に集まった観客も、二回以上鑑賞しているリピーターがほとんどだと告げられると、

「さよならくちびる」ハルレオ 小松さん:嬉しいですね。『さよならくちびる』のために、劇場にたくさん通ってくれているんだなと思うと、ギター、本当に頑張って良かったなって思います!

と声を大にし、涙で目をにじませた。また、「小松さんの透明感あふれる声が絶妙でした」「小松さんの演じる、無邪気で感情ストレートな感じが好き」という、SNSに寄せられた、本作で初披露となった小松さんの歌声や、小松さん独自の存在感にも絶賛の声を読み上げられると、照れ笑いを浮かべながらも

小松さん:私は歌が苦手で。最初は歌うのが嫌で嫌で仕方がなかったんですが(笑)、泣きそうになりながらも練習を重ねたので、評価していただけたのが本当に嬉しいです。そして麦ちゃんがいてくれてよかったなと。本当に支えになりました。

と感謝の言葉を述べた。そんな門脇さんに対しても、SNSでは「門脇さんが美しい。声がものすごくキレイ」「ハルのリアリティが凄い。あぁいう歌い手、絶対にいる」と、歌声はもちろんのこと、圧巻の演技力にも絶賛の声が集中。役作りについて問われると、
「さよならくちびる」ハルレオ 門脇さん:現場であまり深く話し合ったりすることはあまりなかったのですが、プロモーション中に、どう説明したらこの作品の魅力や内容が伝わるんだろうと(小松さんと)話し合って、レオは“自由奔放すぎる女”、ハルは“内に秘めすぎる女”で行こう、と話したりはしていました(笑)

と笑い交じりに告白する場面も。

また、門脇さんについて

小松さん:一緒にお芝居していて、隣で見ていても、麦ちゃんが台詞を放つと、ドシンと来るというか。台詞に聞こえないくらい、本当にそう思って話している感じがすごくするのでスゴいなって!

と振り返り、門脇の演技力に刺激を受けた様子だった。

映画情報どっとこむ ralph さらに舞台挨拶中には、劇中衣装のスタイリングを担当した、人気スタイリストの伊賀大介がサプライズで登壇!

「さよならくちびる」ハルレオ 舞台に姿を現した伊賀さんは満席となった客席を眺め、思わず

伊賀さん:スゴい光景だね・・・。今日はハルレオの衣装(つなぎ)をスタイリングしに来ただけだったのですが、駆り出されてしまいました(笑)。

と笑いを交えながら挨拶。

小松さん・門脇さんと共に舞台に登壇するのは今回が初だといい、

門脇さん:いつもはハルレオとシマ(成田)の並びだけれど、“ハルレオ伊賀”の並びは新鮮ですね。

と笑顔を見せた。
ハルレオの舞台衣装がつなぎになったことについて経緯を問われると、

伊賀さん:僕がもともとつなぎをプライベートで着ることが多かったのですが、今回はたまたま監督から『ハルレオはつなぎが良い』と言われて。その時点で、これは貰ったなと思いました。

とニヤリ。

伊賀さん:二人に着て貰い、その姿を初めて観た時にものすごく似合っていて、その時はなんかもう泣きそうになってしまいましたね。

と、感激した当時を振り返った。さらに

伊賀さん:今回の衣装合わせは本当に楽しかったですし、ほとんど一発OKでした。

と、声を大にし語り、
「さよならくちびる」伊賀大介 伊賀さん:衣装合わせって、本来はすごく大変なんです。内容も打合せもしていない時点で、あれこれ役にマッチした衣装を決めなきゃならない。衣装さんにも何パターンかいるみたいで、これだと思う衣装をあえて3つ目くらいに持ってくる人もいるそうなんですが、僕は逆に一発目にこれだと思うイメージのものを持ってきたんです。その甲斐もあってか、今回はばっちり決まって嬉しかったですね。

と舞台裏を明かした。

映画情報どっとこむ ralph そんな中、イベントでは、今回撮影はもちろん、ギターや歌のレッスンに至るまで、多くの時間を共に過ごした小松さんと門脇さんに向けて、次に共演するとしたらどんな映画が良いかという質問が。まずは

門脇さん:私は二人でシェアハウスしてて、何気ない日常を切り取っている感じの映画が良いですね。ケンカもせずに、仲良しで。深夜ドラマでゆるーっとした感じの作品が良いです。ご飯もおいしそうに映してるような作品(笑)。

と具体のイメージを語り、場内の笑いを誘った。対する

小松さん:私は姉妹役が良いです!何か意気投合しそうな気がします。いい感じになりそうじゃない?

と門脇に話を向ける小松。すると

門脇さん:どっちがお姉さん?私?

小松さん:はしゃいでて欲しいかも!そういう麦ちゃんも見たいです。天真爛漫みたいな。

と返し、二人でイメージを膨らませるなど、仲睦まじい様子が垣間見えた。

映画情報どっとこむ ralph そして、イベントの最後には

小松さん:沢山観ていただけているのは心の底から嬉しくて、頑張った甲斐があったなと本当に思います。この作品は、切なかったり、悲しかったり、それでも前向きになれるような映画です。ぜひ、また気軽に映画館へ足を運んでいただきたいですし、周りの気になっている方にもどんどん進めていただけたら。

門脇さん:私の周りの反響を見ていると、本当に口コミがじわじわと広がっている感じがして、このスピード感がこの映画らしいなあと感じています。これから観ていただける場所も少しずつ広がっていくと思うので、この映画のように全国を旅しながら、この作品がますますいろんな方に広がって行ったら嬉しいなと思います。

とそれぞれ笑顔で語り掛け、舞台を後にした。

『さよならくちびる』ポスター
映画『さよならくちびる』

公式HP:
gaga.ne.jp/kuchibiru/

公式Twitter【@kuchibirumovie】:
@kuchibirumovie

公式Instagram【@haruleo_official】:
@haruleo_official/

STORY
インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)。付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。やがて3人が出した答えは“解散”。全国ツアーの道中、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、隠していたシマの本音も露わになり―。それぞれの想いがつまった曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

***********************************

監督・脚本・原案:塩田明彦
キャスト:小松菜奈 門脇麦 成田凌
篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日髙麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ
主題歌 Produced by秦基博 うたby ハルレオ 
挿入歌 作詞作曲 あいみょん うたby ハルレオ 
製作幹事・配給:ギャガ
制作プロダクション:マッチポイント
©2019「さよならくちびる」製作委員会
   


笑福亭鶴瓶x綾野剛x小松菜奈『閉鎖病棟―それぞれの朝―』メイキング映像解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、珠玉の人間ドラマを生み出してきたの山本周五郎賞受賞作『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)が、『愛を乞うひと』『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督・脚本により映画化。

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』のタイトルで、2019年11月1日(金)に全国ロードショーとなります。

原作の『閉鎖病棟』は95年に発売され、丸善お茶の水店に掲げられた「感動のあまりむせび泣きました…」というPOPが起爆剤となり、累計85万部を超す大ベストセラーとなっています。

主演は国民的芸人・笑福亭鶴瓶。
死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し今は精神科病棟にいる秀丸役を演じ、『ディア・ドクター』以来10年ぶりの主演を務めています。また、秀丸と心を通わせる患者・チュウさん役で『そこのみにて光輝く』『新宿スワン』の綾野剛、父親からDVを受け精神科病院に入院する女子高生・由紀役で『渇き。』『恋は雨上がりのように』の小松菜奈が迫真の演技を見せています。

精神科病棟を舞台に、“死にぞこない”が出逢った、心通いあう仲間。その矢先に起きた事件に隠された事実とは―――。

映画情報どっとこむ ralph <衝撃のストーリー>と<号泣のヒューマンドラマ>にご期待ください。

この度、メイキング映像が解禁されました!

本作初解禁されました映像には、本作の為に7kgもの減量に成功し、いつもと全く雰囲気も眼差しも違う車いす姿の笑福亭鶴瓶。様々な問題を抱える精神科病棟を舞台とし、個性豊かな実力派俳優が揃った現場には緊迫感がありつつも、撮影合間の休憩時は、座長・鶴瓶がムードメーカーとなり和気藹々と談笑する場面も。普段は優しく明るい噺家の顔から役者の顔に変わる明らかな表情の違いにも是非ご注目ください。同時に平岩紙、綾田俊樹、森下能幸、水澤紳吾、山中崇、ベンガルをはじめ13人の新たなキャストの解禁を致します。個性豊かな顔ぶれで本作によりいっそう世界観を与えている点もお見逃し無く。


鶴瓶は、実際に本作の脚本を読んで、「涙が止まらなかった」と言う。また、共演の綾野剛、小松菜奈も精神科病棟に入院する患者に挑戦し、綾野は「これは、閉鎖病棟という中で暮らす方々の日常で、ウソだけはない。」と言う。また、小松も「これは、挑戦しなきゃいけない役だなと思った。」と役への意気込みを語る。3人もそれぞれ問題を抱え、彼らが涙する理由とは?最後に「人に優しい映画」だと語る鶴瓶。

映画情報どっとこむ ralph 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

2019年11月1日(金)公開 

【STORY】 
長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀(小松菜奈)。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは—– ?

***********************************


【新キャスト解禁】
・平岩紙:キモ姉役(患者)
・綾田俊樹:ムラカミ役(患者)
・森下能幸:ダビンチ役(患者)
・水澤紳吾:ハカセ役(患者)
・駒木根隆介:テッポー役(患者)
・大窪人衛:フーさん役(患者)
・北村早樹子:オフデちゃん役(患者)
・大方斐紗子:おジギ婆さん役(患者)
・村木仁:ドウさん役(患者)
・片岡礼子:島崎佳代役(由紀の母)
・山中崇:島崎伸夫役(由紀の義父)
・根岸季衣:塚本富子役(チュウさんの母)
・ベンガル:酒井役(弁護士)

キャスト:笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈
坂東龍汰 平岩紙 綾田俊樹 森下能幸 水澤紳吾 駒木根隆介 大窪人衛 北村早樹子
大方斐紗子 村木仁 / 片岡礼子 山中崇 根岸季衣 ベンガル
高橋和也 木野花 渋川清彦 小林聡美
原作:帚木蓬生『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)
監督・脚本:平山秀幸
配給:東映 
©2019「閉鎖病棟」製作委員会



小松菜奈・門脇麦W主演映画『さよならくちびる』台湾公開&上海国際映画祭での上映決定!!


小松菜奈・門脇麦をダブル主演に迎え、更に成田凌と今の映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画『さよならくちびる』が、現在大ヒット公開中!

小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ“ハルレオ”。
劇中、2人が披露する、主題歌のプロデュースを秦 基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当、映画と音楽の奇跡のタッグが実現!

この度、そんな話題の本作が、インターナショナルプレミアとして6/15(土)~24(日)にて開催される、第22回上海国際映画祭にて上映されることが決定しました!本作は、<SIFF狂想曲>という音楽映画に特化した今年からの新設部門での上映となります。

さらに、8/23より、台湾での公開も決定!(タイトル:「再见,嘴唇 」)日本でも話題となった、ハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)によるキスシーンが衝撃を呼び、すでに予告編は配信開始2日間で7万回以上も再生されるほど。

二人の歌声にも高い注目が集まっており、台湾での大ヒットも期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph
映画情報どっとこむ ralph 『さよならくちびる』ポスター
切なくもあたたかい青春音楽映画『さよならくちびる』は絶賛公開中!

公式HP:
gaga.ne.jp/kuchibiru/

公式Twitter
@kuchibirumovie

公式Instagram
@haruleo_official

STORY
インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)。付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。やがて3人が出した答えは“解散”。全国ツアーの道中、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、隠していたシマの本音も露わになり―。それぞれの想いがつまった曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。
***********************************

監督・脚本・原案:塩田明彦
キャスト:小松菜奈 門脇麦 成田凌
篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日髙麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ
主題歌 Produced by秦基博 うたby ハルレオ 
挿入歌 作詞作曲 あいみょん うたby ハルレオ 
製作幹事・配給:ギャガ
制作プロダクション:マッチポイント
©2019「さよならくちびる」製作委員会
   


菅田将暉×小松菜奈W主演  中島みゆきx瀬々敬久監督で「糸」映画化!コメントあり


映画情報どっとこむ ralph 2020年―長きにわたって愛されて続けてきた珠玉の名曲、中島みゆき「糸」に着想を得た映画化作品『糸』の製作が決定しました。

映画『糸』は、平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を、「生活者の視点から見た平成史の変遷」とともに描きだす、壮大な愛の物語。

主人公の男女を演じるのは・・・

2009年俳優デビュー後、『そこのみにて光輝く』、『帝一の國』、『銀魂』シリーズ、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、 人質です―」、そして今夏公開の『アルキメデスの大戦』と数々の作品で、幅広い役柄を演じ、『あゝ、荒野』では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞他数々の映画賞にも輝いた、若手トップを走る演技派俳優・菅田将暉さん。


菅田将暉さんコメント:

誰もが通る巡り合わせの遊歩道、糸。
時に険しく、時に愉快な人間の性を、 原曲へのリスペクトを忘れずに、仕合わせを掴み取る気持ちで挑んでいきたいなと思います。 初めましての瀬々監督と、何度も共に闘ってきた小松菜奈というカップリングも純粋に楽しみです。 どうか、良いめぐり逢わせでありますように。

そして、

『渇き。』で鮮烈なデビューを飾り、『バクマン。』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『恋は雨上がりのように』、『来る』など話題作に出演し続け、『沈黙 -サイレンス-』では、ハリウッドデビューも飾った小松菜奈さん。

小松菜奈さんコメント:
多くの人々に愛され続けてきた「糸」、今回その物語の一部として参加できることを嬉しく思います。曲の世界観を大切に、中島みゆきさんの歌詞を心の中に感じながら、これからの撮影に臨みます。菅田さんとは何回か共演させていただき、過酷な撮影も一緒に乗り越えて来ました。そんな同志のような2人だからこそ紡ぎだせる空気感を大事に、一意奮闘しながら、丁寧に描いていきたいと思います。 劇中2人はそれぞれの人生を歩みながら、出逢いと別れを繰り返します。流れゆく時間の中で、仕合わせとは何か。その瞬間をしっかりと感じて、私らしい園田葵を演じられたらいいなと思います。今回の作品で私たちが、どんな糸で、どんな布を織りなすことができるのか、とても楽しみです。

お二人のW主演となります!


映画情報どっとこむ ralph 監督には、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など、骨太な社会派ドラマから感動の恋愛物語まで、ジャンルを超えてその卓越した演出力を発揮、作品を成功に導いてきた人間ドラマの名手瀬々敬久監督。

瀬々敬久監督コメント:
自分たちがどこから来てどこへ行くのか。縦の糸が時間の流れなら横の糸は広がりと人との繋がり。
果たして、今、生きている時代をどう表したらいいのか、
過去から来た未来をどう今という時間を通じて紡いでいけばいいのか。
中島みゆきさんの「糸」という曲をどう解釈し映画としていくのか。大きな難問を課せられた気がします。
ただ、そこには菅田将暉さんと小松菜奈さんという果敢さと繊細さと勇気を持たれたお二人が存在しています。
その頼もしさの中で共に挑戦していきたいと思っています。


原案・企画プロデュースは、『黄泉がえり』、『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの感動作を手掛けてきた平野隆。さらに、脚本は『永遠の0』林 民夫という強力布陣で、平成を駆け抜けた男女の愛と絆の奇跡を感動的に描きます。

映画情報どっとこむ ralph 平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間を、中島みゆきの名曲「糸」に乗せ、雄大な北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールを舞台に描きます。

中島みゆきさんからもコメントが届いています。

中島さん:「 糸 」 は、とても素朴な曲ですから、いろいろな方々に歌っていただく度に、さまざまな色があらわれて、いつも驚かされています。この度は映像の世界に用いていただくこととなり、ありがとうございます。また新たな「 糸 」に出会えるのを、楽しみにしています。



撮影は、7月~9月、冬に予定。舞台となる各地でロケを敢行。

珠玉の名曲「糸」が、出逢いの奇跡が織りなす壮大な愛の物語『糸』となり、大きな感動を紡ぎます。

2020年全国東宝系にてロードショー!!

ストーリー

13歳、初恋。二人は遠く引き離された。

21歳、再会。過ぎた時間は取り戻せなかった。

31歳、現在。もし、もういちどだけ、あなたとめぐり逢えたとしたら…。

人は奇跡のような確率で、誰かとめぐり逢っている。

これは、運命に引き離された二人が、再びめぐり逢うまでの壮大な愛の物語。



<「糸」とは…>

北海道出身の中島みゆきが、知人の結婚式を祝して作り、1992年10月に発表されたアルバム『EAST ASIA』収録曲を経て、1998年2月に、「命の別名」と「糸」の両A面でリリースされました。糸を人に見立て、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌ったこの曲は、ドラマや数多くのCMに起用、2004年にはMr.Childrenの桜井和寿が率いるbankbandがカバーしたことで、さらなる注目を集めました。その後、途切れることなくアーティストが次々とカバー・バージョンを発表。2014年にはクリス・ハートがNHK紅白歌合戦で歌唱し、全国に深い感動をもたらしました。さらに、森山直太朗、JUJU、福山雅治などがカバー、今尚、多くのアーティストたちに愛され、その数は120組にもなっており、発表後30年近く経ってもますます輝きを増し続け、正に日本を代表する名曲となっています。


***********************************

菅田将暉   小松菜奈
Inspired by 中島みゆき「糸」
原案・企画プロデュース:平野 隆   脚本:林 民夫   監督:瀬々敬久
製作:映画『糸』製作委員会  制作プロダクション:ファインエンターテイメント/ツインズジャパン  配給:東宝
(C)2020映画『糸』製作委員会