「小松菜奈」タグアーカイブ

鈴木瑛美子が主題歌!映画「恋は雨上がりのように」特報映像初解禁!


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)公開『恋は雨上がりのように』の主題歌入り特報映像が解禁となりました。

主人公の女子高生【あきら】を演じるのは小松菜奈。

そしてその【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは大泉洋。
確かな演技力、圧倒的な存在感、軽妙なトークでも幅広い年代から愛される大泉が、さえない、けれども魅力的な中年男性を、絶妙なバランスで演じます。さらに、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊ら、フレッシュな若手から演技派のベテランまで実力派キャストが集結しました。

そして、『世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)などの永井聡監督が、登場人物たちの不器用だけれども真っ直ぐな想いを丁寧に描きます。

映画情報どっとこむ ralph 今回、解禁特報映像は、17歳の女子高生【あきら】が、45歳の【店長】に告白の返事を詰めより、その迫力に【店長】がうろたえる様や、台風の中【店長】がどこかに飛ばされてしまう様など、これまでの繊細で美しい映像とは一味違ったコミカルな“恋雨”の世界観を見ることが出来ます。



そして、その特報の中で主題歌音源が初解禁となりました!!

原作者:眉月じゅんが本作を執筆するにあたり着想を得た、「この漫画のテーマソング」と位置付けるロックバンド[神聖かまってちゃん]の名曲「フロントメモリー」。この楽曲を映画“恋雨”用に新たにカバー&アレンジするためにアーティストとして大抜擢されたのは、次世代の歌姫・鈴木瑛美子。

幼少時から家族で歌うコーラスグループ「スギモト☆ファミリー」の一員として、コンサート等に出演。2016年に「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」にて、カラオケ部門でアマチュア枠を勝ち抜いた現役女子高生として脚光を浴び、2017年に湖池屋のTVCMに起用されるや、その規格外の歌唱力で大きな話題となりました。今最も注目される実力派シンガーとして、本作に参加します。

そしてその比類なき新人アーティストをプロデュースするのは、音楽プロデューサーの亀田誠治。

これまで椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、エレファントカシマシ、大原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩、D-LITE、東京スカパラダイスオーケストラなど数多くの有名アーティストのプロデュース、アレンジを手がけてきた亀田が、「人類はこんなにも進化しているのか!」と息を巻くほど鈴木の規格外な才能にほれ込み、自らのアレンジにより全く新しい「フロントメモリー」を作り上げました。
亀田誠治P x 鈴木瑛美子

主人公【あきら】の心情に寄り添い、青春に葛藤する若者の心の叫びを歌い上げるこの神曲は、JPOPの歴史に新たな1ページを刻みこみます。


眉月じゅん先生:原作からのコメント

「フロントメモリー」のアンニュイな歌詞とキラキラ疾走感あるメロディーが17歳の心情にぴったりだと感じ、勝手に主人公のテーマソングとして原稿中よく聴いていて作中引用までしちゃった曲がまさかの映画主題歌に!感謝感激です!鈴木さん×亀田さんによるアレンジも音と声がどんどん伸びていって、まるで青空へ駆け抜けていくような気分になりました。素敵です!原曲の神聖かまってちゃん・の子さんVer、川本真琴さんVerに続き、大好きな曲がもう1曲増えてとても嬉しいです。劇場で聴くのが楽しみで仕方ありません!

小松菜奈さんからのコメント

この「フロントメモリー」が主題歌になるなんてとっても嬉しいです!

歌声が爽やかで力強く、疾走感がありながらテンポ良く進むリズムがこの映画にぴったりだなと思いました。何度も聴きたくなるような、この感じはなんだろと思うくらいリピートしちゃいます。

鈴木さんと恋雨のコラボレーションが映画館で響き渡るのが私自身とても楽しみです!


鈴木瑛美子さんからのコメント

初めてこの曲を聴いたときには、自分が歌うというイメージが湧きませんでした。私はバラードやスローな曲が得意なので、アップテンポで言葉数が多い曲はあまり歌ったことがなかったからです。しかし主人公あきらのストーリーが、中学生時代にバレーボール部でケガをして休んでいた自分のストーリーと重なり、レコーディングでは感情移入して歌うことができました。そして亀田さんのアレンジが素晴らしく、前奏から心が締め付けられるようなサウンドになっています。全曲通してお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 恋は雨上がりのように

この主題歌入り特報映像は、4月13日(金)より全国の映画館で順次上映される予定です。

物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず。
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
音楽:伊藤ゴロー 〈参加アーティスト〉
の子 / mono(神聖かまってちゃん) 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 澤部 渡(スカート)

出演:小松菜奈 大泉 洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香 ・山本舞香 
濱田マリ 戸次重幸 吉田 羊
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館


17歳の美少女がさえない45歳に片想い?「恋は雨上がりのように」予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 原作:眉月じゅん先生。現在、9集まで刊行され、累計発行部数185万部を突破。TVアニメも放送されている“恋雨”が待望の実写映画化となります。

主人公の女子高生【あきら】を演じるのは、小松菜奈。
そしてその【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは、大泉洋。

そしてこのたび、映画『恋は雨上がりのように』の予告映像が解禁となりました!

17歳の女子高生【あきら】にはある秘密が。なんと、アルバイト先のファミレスの45歳の【店長】に片想いをしているのです。一見クールな美少女の彼女が、周りからもバカにされるようなさえない年上に、どうして想いを寄せたのか?

このたび解禁された予告に、そのヒントが隠されています!


夢を失い、まさにどしゃぶりに濡れたあきらの心に、優しくそっと傘を差し出す店長。
そこから、物語は動き出します。まっすぐすぎるあきらの告白。しかし、店長には届かない。そして、彼にも夢をあきらめた過去が・・・。ポツポツとふる小雨からどしゃぶりの豪雨まで、様々な【雨】を効果的に使う永井組の映像表現が、2人の心情を、切なくも繊細に描きます。2人に、雨上がりのようなステキなラストが訪れることをご期待ください。

あきらの怒っていると勘違いされる表情や気合の入らない時の私服のダサさといった驚異的な原作再現度と、山本舞香演じるあきらのライバル【みずき】の全力“壁ドン”も見どころの一つ!
また、大泉洋演じるさえない店長が、いつの間にか魅力的に見えるのも不思議です。

この“恋雨”ワールド全開の予告は、3月10日(土)より全国の映画館で順次上映される予定です。

映画情報どっとこむ ralph 恋は雨上がりのように

5月25日(金)東宝系にて公開です。

ストーリー
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず――
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。


***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:
出演:小松菜奈 大泉洋
   清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
   濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館



知念侑李x中川大志x小松菜奈『坂道のアポロン』小田和正主題歌 GYAO!にて特別映像登場


映画情報どっとこむ ralph 知念侑李さん、中川大志さん、小松菜奈さん、真野恵里菜さん、ディーン・フジオカさんら豪華俳優陣と、“青春映画の名手”として知られる三木孝浩監督によって待望の映画化『坂道のアポロン』がいよいよ、3月10日(土)より全国公開となります。

この度、そんな注目の主題歌「坂道を上って」の特別映像が、無料動画サービスGYAO!にて独占配信で登場。楽曲に合わせ、薫や千太郎、律子たちの友情や淡い初恋が描かれた名シーンがふんだんに使用された、ここだけのスペシャル映像となっている。一生ものの友情と恋、そして仲間たちと奏でる音楽の素晴らしさ…運命を変える出会いを描いた本作の魅力が、楽曲によってさらなる感動を引き出す渾身の映像は必見!映画公開前にぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

▼GYAO!独占配信 映画『坂道のアポロン』主題歌「坂道を上って」

特別映像はこちら

▼GYAO!公式サイト
https://gyao.yahoo.co.jp/


物語・・・
医師として病院に勤める西見薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――

公式サイト: http://www.apollon-movie.com/
公式twitter : @apollonmovie

***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)

配給:東宝=アスミック・エース
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館


中島哲也監督 × 岡田准一 映画『来る』製作決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph
中島哲也監督
『嫌われ松子の一生』や『告白』中島監督の最新作が、『渇き。』以来5年の時を経て遂に製作決定!

そのタイトルは・・・『来る』。

最新作の題材に選んだのは、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらの大絶賛コメントを浴びて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)。

映画情報どっとこむ ralph この怪作の主演を託されたのは、『海賊とよばれた男』(16)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となったおかだ岡田じゅんいち准一。中島監督とのタッグは、本作が初!

岡田准一【野崎 役】さんからのコメント
今回、初めて中島哲也監督とお仕事させていただくことを光栄に思っております。同世代の妻夫木聡さん、初めてご一緒させていただく松たか子さん、小松菜奈さん、何度かご一緒させていただいている黒木華さん。皆様と中島監督の世界でお芝居ができることを今から楽しみにしております。中島監督のホラーということで、怖くて脚本を読むのも大変ですが、作品の中で野崎として生きていけるように頑張ります。


そして、妻夫木扮する【田原秀樹】の妻役にくろき黒木はる華。

黒木華 【田原香奈 役】さんからのコメント
今回の香奈という役は、自分にとって大変大きく今までにない挑戦になります。難しい所もあると思いますが、監督と、共演の方々と共に、自分に無いものと在るものも含めて、最大限に楽しめればと思います。


岡田扮する【野崎】と共に“それ”と戦うことになった女性にこまつなな小松菜奈。

小松菜奈【比嘉真琴 役】さんからのコメント
中島監督とは私が女優として映画初出演の「渇き。」以来になります。再び中島監督とお仕事出来ることは嬉しさと怖さがあるのは正直な気持ちです。今回私が演じる真琴は、一風変わったキャラクターですが強さと弱さ、正義感、女性らしさを兼ね備えたとても人間味ある人だと思いました。また内面の役作り含め、今回はビジュアルも監督はじめスタッフの方々と相談しながら作りあげたので、現場に入って監督、共演者の方々と共存する中でどんな真琴が生まれるか今からワクワクします。そして、真っ直ぐぶつかっていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph さらに、映画『告白』の主人公としても記憶に新しいまつ松たかこ子が、最強の霊媒師役で参加。

松たか子【比嘉琴子 役】さんからのコメント
中島監督に再び声をかけていただき、嬉しい気持ちと、何をどうすればいいのかわからない思いの両方で胸がいっぱいです。でも、魅力的な出演者の皆さんとご一緒できることを、本当に楽しみにしています。撮影が始まるまでに、ゼロになることを恐れず、今のこのいっぱいな心をからっぽにして、現場に向かいたいと思います。


そして正体不明の“それ”に狙われるきっかけとなった重要な役どころを演じるのは、『悪人』(10)と『怒り』(17)でそれぞれ日本アカデミー賞最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞を受賞し、俳優としてますますその動向が注目されるつまぶ妻夫木聡さん。中島監督作品への参加は、『パコと魔法の絵本』、『渇き。』(14)に続き3回目。

妻夫木聡【田原秀樹 役】さんからのコメント
中島監督がみせるホラーとはどういうものか、僕自身とてもワクワクした気持ちでいます。
中島監督の作り上げる世界は幻想的でもあり現実的でもあり、いろんな感情が渦巻いたその世界の中で生きることをいつも楽しませて頂いています。本当に怖いものはもしかしたら…と思うような結末は新しいホラーの形となることを確信しています。楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph 中島監督は、原作小説を読んですぐに「映画化したい」と快諾し、1年以上にわたり脚本を執筆。

劇団「ハイバイ」を主宰し、岸田國士戯曲賞、向田邦子賞をW受賞した気鋭の劇作家・岩井秀人も共同脚本として参加。原作の魅力はそのままに、中島監督でしか撮ることのできない映画の企画が立ち上がりました。企画・プロデュースは、『悪人』『モテキ』『君の名は。』等、数々のヒット作を世に放ち続けるかわむら川村げんき元気。中島監督と川村プロデューサーは、『告白』(10)以来、2回目のタッグ。


「来る」

2019年 全国東宝系にてロードショー!

公式サイト: 
http://kuru-movie.jp/

物語・・・
愛する妻・かな香奈(くろき黒木はる華)と結婚式を終え、幸せな未来に胸を膨らますたはら田原ひでき秀樹(つまぶ妻夫き木さとし聡)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる―。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ二人しか知らないはずの名がなぜ―。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる―。
2年の月日が流れ、「イクメンパパ」として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす…。
“何かに狙われているのでは?”と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターののざき野崎(おかだ岡田じゅんいち准一)と、その恋人で強い霊感を持つま真こと琴(こまつなな小松菜奈)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。
 そしてついに “それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・ことこ琴子(まつ松たかこ子)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者達が次々に集結してくる。クリスマスの夜。「…来る」、琴子が告げ、遂に“それ”との戦いが幕を開けるー。

***********************************

監督・脚本: 中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュー:2018年2月上旬~4月中旬頃
製作プロダクション:東宝映画 ギークサイト
配給: 東宝
©2019「来る」製作委員会


綾戸智恵、金言連発!三木孝浩監督の手腕を絶賛『坂道のアポロン』面白トークショー


映画情報どっとこむ ralph 単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、三木孝浩監督がメガホンを取り映画化した『坂道のアポロン』、2018年3月10日(土)に全国公開となります。

そして、この度本作の公開を記念して、ジャズ・シンガーの綾戸智恵さんと三木孝浩監督のトークショー付き試写会が行われ、金言連発!映画絶賛!綾戸智恵さんマシンガン面白トークの30分でした!

『坂道のアポロン』綾戸智恵&三木孝浩監督トークショー
日時:2月11日(日)
場所:アスミック・エース試写室
登壇:綾戸智恵、三木孝浩監督

映画情報どっとこむ ralph 元気に走って登場する綾戸さん!
綾戸さん:毎度!うちの千太郎(中川大志)がお世話になっております!お母んみたいでっしゃろ!とにかく青春映画にジャズ使っていただいて、嬉しかったです。好きなシーンはおっちゃんにピアノ教えてもろうてるところ。あそこ私と一緒。中村八大っておっちゃんにね。JAZZ始めたころ思い出したわ!

と、話す綾戸さん。実は監督もこのシーンがお気に入り。
三木監督:青春映画でJAZZ扱ってる映画って少ないですよね。音楽の楽しい部分。初期衝動が伝わるジャンルだなと思ったんです。一緒にやって楽しい。

と話す監督に

綾戸さん:そう!嬉しい!日本ではすぐ学校何処?とか素性をすぐ聞く。違うがな、おもろくするためやってる。難しいこと言われても・・ね。誰に憧れてるとかもね、いいですけど。たぶん彼らに聞けばおっちゃんていうんじゃないかなと。ええ映画やわ。

実は綾戸さんのバンドのベーシストが本作の音楽担当もしているそう。

監督:全部のJAZZアレンジや構成もやっていただいていて。

綾戸さん:あれがいるから私のCDがJAZZの棚にあるんです!いなかったら、ただの歌のおもろいおばはんやから!(笑)

と、会場を沸かせます。
映画情報どっとこむ ralph そして、本作に関し
綾戸さん:題材は音楽ですが若い人が出会う、人、時間、事件。ようあんたみたいな若人ができたわ。ちゃんと監督してるね。

監督:若い役者が頑張ってくれて、知念君と中川君が映画だと決まった動きをしなくてはいけないので、アドリブ演奏に見えて、音源にあてる。難しいことをやってくれているんです。

と、二人の若い役者を誉めます。すると、

綾戸さん:この二人が太陽とお月さんで、素晴らしい!で、マドンナが一人。できすぎやないか!

監督:原作が素敵なんです。

と、謙遜気味の監督。

映画情報どっとこむ ralph 二人の演奏シーンについて聞かれると、
綾戸さん:わからん!旨い!演奏の難しいとこはわからん。演奏はお客さんが評価するもの。お客さんが拾うてくれる。なんやったら3000円払って家に持って帰ってあげる!ってCD買うてくれる。(笑)そういうもの。

監督:演者が楽しんでることが、聞き手を楽しくしてくれるんですね。

綾戸さん:自立するということは誰かと一緒に過ごせるかということと。と母に言われまして。ひとりじゃないことを証明していくことが自立と言うこと。人と係る。そういうことがこの映画にある。一生の友情だと思う!この青いセリフもね。最高。いい映画だったわ。キャスティングも。

監督:本当にそれがテーマですね。音楽を通して人を作っていく。自立していくことですね。

綾戸さん:青春、後悔、生き死に、2時間弱に全部詰まってる。あんた詰め物上手やなー

監督:ありがとうございます。ジャズの敷居が低いことがわかるきっかけになってくれればと思います。
映画情報どっとこむ ralph 綾戸さん:(中川)千太郎、哀愁のあるええ役者やね。ジェームスディーンみたい。

監督:そうジェームスディーンやリバーフェニックスをイメージしていて、スタンドバイミーの感じでってプロデューサーにも言われていたんです。そして、あの時代の佐世保のエネルギーが、面白かったですね。

最後に・・・

綾戸さん:細かいところよりストーリに飲み込まれる映画。監督の人間性が出てるんとちゃいますか?すべてのキャラクターが上手に利用する多意味のある、すべての事柄が人生感につながる素敵な映画です。

面白いイベントとなりました!

坂道のアポロン
2018年3月10日(土)全国ロードショー

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/
公式twitter :
@apollonmovie
***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉

原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館