「小川未祐」タグアーカイブ

カメ止め!上田慎一郎監督の長編第2弾『スペシャルアクターズ』どんなサプライズが用意されているのか!? 


映画情報どっとこむ ralph 映画『カメラを止めるな!』で日本のみならず世界中で大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の新たな挑戦が始まります。長編劇映画第2弾となる新作が遂に5月14日(火)にクランクインします!

映画タイトルは、『スペシャルアクターズ』。

上田監督が脚本、編集も手がけます。本作は、松竹ブロードキャスティング製作「作家主義」と「俳優発掘」をテーマに上げるオリジナル映画プロジェクトの第7弾作品となるもの。

プロアマ問わず公募をかけ、書類選考を経て1500名のオーディションを実行、選ばれた15人のキャストを上田監督があてがきしてオリジナル脚本を作り上げました。
スペシャルアクターズ集合写真
5月14日(火)にクランクインを迎え、ポストプロダクション期間を経て、本年10月18日(金)に公開を予定しております。

気になる作品の内容については、未だ明らかにできませんが、奇想天外なエンタテインメント映画となる予定。

映画情報どっとこむ ralph 上田慎一郎監督コメント

今作も、出演者はオーディションで選抜した、まだ無名の俳優たち。応募者1500人の中から選抜した15人の俳優達と共に、企画開発から、つまり、ゼロから一緒に創りあげてきました。『カメラを止めるな!』に続く監督作…。企画開発を始めた頃、正直、想像以上のプレッシャーに襲われ、一時期、大スランプに陥りました。しかし、仲間に助けられながら、その暗黒期を乗り越え、なんとかクランクインまで辿り着くことができました。今は心底、この映画を信じています。映画の内容はまだ言えないのですが、このタイトルとロゴから妄想を膨らませてお待ちください。本作も自分の「好き」や「最高」がギッシリ詰まった映画になることは間違いありません。今の自分にしか撮れないもの。このキャスト、スタッフでしか撮れないもの。二度とは掴めない「奇跡」を拾い集めて、最高の娯楽映画を創ります。お楽しみに!
上田慎一郎監督スペシャルアクターズ 【プロフィール】
​1984年 滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を制作し、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINAを結成。国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。2015年、オムニバス映画『4/猫』の1編『猫まんま』の監督で商業デビュー。妻であるふくだみゆきの監督作『こんぷれっくす×コンプレックス』(2015)、『耳かきランデブー』(2017)等ではプロデューサーも務めている。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている。2017年の大ヒット作『カメラを止めるな!』は劇場用長編デビュー作となる。主な監督作:短編映画 『ナポリタン』(2016)、『テイク8』(2015)、『Last WeddingDress』(2014)、『彼女の告白ランキング』(2014)、『ハートにコブラツイスト』(2013)、『恋する小説家』(2011)、長編映画『お米とおっぱい。』(2011)。

映画情報どっとこむ ralph 上田慎一郎と言う監督の長編第2弾。どんなサプライズが用意されているのか!? 

スペシャルアクターズロゴ 『スペシャルアクターズ』

クランクイン:5月14日(火)
クランクアップ:5月31日(金)(予定)

***********************************


監督・脚本・編集:上田慎一郎
スタッフ:企画:深田誠剛 
プロデューサー:橋立聖史/小野仁史 
撮影:曽根剛 照明:本間光平 
録音:宋晋瑞 美術:秋元博 装飾:東克典 
音楽:鈴木伸宏 宣伝デザイン:ふくだみゆき

キャスト:
大澤数人 河野宏紀 富士たくや 北浦愛 上田耀介 清瀬やえこ 仁後亜由美 淡梨 三月達也 櫻井麻七 川口貴弘 南久松真奈 津上理奈 小川未祐 原野拓巳

製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ランプ
配給:松竹


深田監督×筒井真理子、市川実日子、池松壮亮ら『よこがお』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph ある事件をきっかけに、「無実の加害者」へと転落した女。
身に覚えのないことで不利な状況に陥り、気がつくと日常が崩壊し始めていた。 誰にでも起こりうるかもしれない人生の不条理に、人はどう立ち向かえるか。
よこがお よこがお よこがお よこがお 今回解禁となる予告編では、ある事件をきっかけに「無実の加害者」に問われることになる、筒井真理子演じる訪問看護師・市子の日常が崩れていく様が緊張感ある映像と独特な世界観で紡がれていく。

また市子の運命を握る基子役の市川実日子、さらに池松壮亮や吹越満など多彩な顔触れが主人公の人生をどう左右していくのかにも注目です!

予告編の最後の言葉「ある女の、ささやかな復讐。」が意味するものとは?

映画情報どっとこむ ralph 深田監督が「以前『淵に立つ』で取材をうけているときの筒井真理子さんの横顔がすごく美しく、それが本作の企画の思いへ繋がった」と語る主人公の“よこがお”は観客に何を問いかけるのか。
深田監督_よこがお
深田監督の新たなる衝撃作をぜひスクリーンでお見逃しなく。

よこがお

7/26(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿他全国公開

公式サイト:
yokogao-movie.jp

よこがお
【ストーリー】
訪問看護師の市子は、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていた。なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。基子が市子に対して、密かに憧れ以上の感情を抱き始めていたとは思いもせず――。
よこがお よこがお ある日、基子の妹・サキが行方不明になる。一週間後、無事保護されるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてが音を立てて崩れてゆく。
よこがお よこがお よこがお すべてを失った市子は葛藤の末、自らの運命へ復讐するように、“リサ”となって、ある男の前に現れる。

***********************************


出演:筒井真理子/市川実日子 池松壮亮/須藤蓮 小川未祐/吹越満

脚本・監督:深田晃司
配給:KADOKAWA
【2019/111分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ】 
©2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS


深田晃司監督 最新作 筒井真理子主演『よこがお』初日決定


映画情報どっとこむ ralph 2016年『淵に立つ』で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、世界から注目を集めた若き鬼才・深田晃司監督。

あれから2年、同作で毎日映画コンクール主演女優賞他、数々の映画賞を受賞した筒井真理子を主演に迎え、自身のオリジナル脚本による渾身の問題作『よこがお』がついに完成。7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿他全国公開することが決定し、ポスタービジュアルがあわせて解禁となりました!

「無実の加害者」として生きる女の絶望と希望を描く、ヒューマンサスペンス
ある事件をきっかけに、「無実の加害者」へと転落した女。身に覚えのないことで不利な状況に陥り、気がつくと日常が崩壊し始めていた。誰にでも起こりうるかもしれない人生の不条理に、人はどう立ち向かえるか― 本作は、運命を受け入れ、ふたたび歩み続けるまでの絶望と希望を描くヒューマンサスペンス。

“演技者としての天才的なセンスを持つ”と監督が絶賛する女優・筒井真理子が演じるのは、市子/リサという異なる横顔をもつヒロイン。彼女の運命を握る、怖ろしくも愛おしい“闖入者”(ちんにゅうしゃ)、基子と和道を演じたのは、市川実日子と池松壮亮。


今回解禁となったポスタービジュアルには、映画を彩る3人の登場人物の“よこがお”ポートレイトが美しくレイアウト。

ところどころに施された、絵の具の染みのような跡が、不穏さを感じさせる。タイトルの“よこがお”とは、その半身は見えていても反対側の姿は見えない状態であること。

「一度には見ることのできない人間の複雑な多様性を描きたかった」

という深田晃司監督の思いから付けられている。

また大きく使われているのは、筒井真理子が演じるヒロイン、市子/リサという異なる2つのよこがおを持つ1人の女性の横顔。この写真について、深田監督は「『よこがお』の全てを雄弁に物語っている」と絶賛。どこか無防備で危うげな表情に対し「ある女のささやかな復讐。」というコピーが、どんなドラマが彼女を待ち受けているのか期待させる。 さらに市川実日子が演じる基子、そして池松壮亮が演じる和道との2ショットは、ヒロインの過去と現在のとあるシーンを切り取ったもの。復讐を心に誓うほどの過去とは何なのか?彼女の復讐の計画はどうなるのか?是非、映画館で。

映画情報どっとこむ ralph 『よこがお』

7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿他全国公開

公式サイト:
yokogao-movie.jp


【ストーリー】
訪問看護師の市子は、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていた。なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。基子が市子に対して、密かに憧れ以上の感情を抱き始めていたとは思いもせず――。ある日、基子の妹・サキが行方不明になる。一週間後、無事保護されるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてが音を立てて崩れてゆく。すべてを失った市子は葛藤の末、自らの運命へ復讐するように、“リサ”となって、ある男の前に現れる。
***********************************

出演:筒井真理子/市川実日子 池松壮亮/須藤蓮 小川未祐/吹越満
脚本・監督:深田晃司
配給:KADOKAWA
【2019/111分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ】 
©2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS
   


文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」短編映画5作品の合評上映会


映画情報どっとこむ ralph 特定非営利活動法人映像産業振興機構(略称:VIPO、理事長:松谷孝征、東京都中央区)が、日本における商業映画監督の育成への取り組みとして、2006年度より企画・運営する、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」において、今年度の製作実地研修で完成した短編映画5作品の「合評上映会」が都内にて開催されました。

日時:2月5日(水)
場所:丸の内TOEI
登壇:眞田康平監督、山元環監督、板橋基之監督、岡本美樹子監督、川上信也監督、石田法嗣、村田唯、斎藤洋介、佐野和宏、田中奏生、田口浩正、濱田マリ、小川未祐、MEGUMI、横溝菜帆、森優理斗、須藤蓮、永瀬未留

映画情報どっとこむ ralph 映像産業振興機構(VIPO)が企画・実施する「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」で製作された短編映画5作品が、一般公開に先駆けて合評上映会でお披露目された。舞台挨拶に登壇した5人の若手監督は、少し緊張しつつも観客の反応を楽しんでいる様子だった。

上映された5作品は、眞田康平監督『サヨナラ家族』、山元環監督『うちうちの面達は』、板橋基之監督『くもり ときどき 晴れ』、岡本美樹子監督『はずれ家族のサーヤ』、川上信也監督『最後の審判』。

いずれも35ミリフィルムで撮影・編集された約30分の短編。

合評上映会は、文化庁内藤審議官の挨拶ではじまり

内藤審議官:このプロジェクトは未来を担う若手映画作家を発掘、支援する目的で開かれ、今回が13回目になります。短編映画制作をプロのもとで学び、慣れない35ミリフィルムで撮影し、実際に短編映画を作ってもらいました。今回は過去最多の80名から選ばれた5名。この5人の新しい才能をぜひご支援いただきたい。

とプロジェクトの概要を説明し、若手監督たちへのエールを送った。

映画情報どっとこむ ralph 1作品目の『サヨナラ家族』の眞田康平監督は
眞田康平監督:父が亡くなった実体験を元にしていて、父が亡くなったとき自分の体が半分に分かれてしまったような気がして。でも悲しいのは家族みんな一緒だからそれをそのまま描こうと思いました。それぞれが身内の死を受け入れていくときにどうするのかなということを考え映画にしました。

と物語を思いついたきっかけを語り、

眞田康平監督:暗い話ばっかり撮っていますが、次は長編が撮りたいです。

と次回作への意欲を見せた。


続いて2作品目『うちうちの面達は』の山元環監督は
山元環監督:この作品を撮ってコメディって難しいなって教訓を学びました。これまで野外での撮影が多かったのですが、今回は家の中にこだわって撮ったので、お客さんに楽しんで観てもらうにはどうすればいいのかなと考えさせられました。

と振り返った。今後は

山元環監督:観た人に笑ったり感動してもらいたい。観客に伝わる、シンプルに観て良いなと思ってもらえるエンターテイメント作品を撮りたい。

と今後の野望を口にした。

映画情報どっとこむ ralph 3作品目『くもり ときどき 晴れ』の板橋基之監督は
板橋基之監督:家族はどんなかたちでも家族だということを描きました。友人が数十年ぶりに父親に会いに行ったらボケていたという話を聞いて、それを元にしました。

とこの映画を撮ったきっかけを明かした。

板橋基之監督:毎年1本はつくると決めていて。今度は長編を撮りたいです。美味しいもののでてくる映画とかいいですね。

と次回作への構想も覗かせた。


4作品目『はずれ家族のサーヤ』の岡本美樹子監督は
岡本美樹子監督:私とこの映画の母親役は同い年で、母にも恋愛したい人がいたり、子供がいても自分のやりたいことがある人で。大事なものがあっても見ない振りをして自分のしたいことを優先してしまうところがあって。そういう人は他にもいるとおもうんですが、第三者の目線で観てほしくてこの映画を撮りました。

とこの映画を撮ったきっかけを語り、今後は

岡本美樹子監督:人間は追い詰められたらグロイ部分とか出てくるとおもうけれど、人間って愛があって素敵だなと思ってもらえるような作品を撮りたいです。

と抱負を語った。


5作品目『最後の審判』の川上信也監督は
川上信也監督:これまで多くのCMは作ってきたんですけど、CMは基本30秒なので、30分という尺の作品でどうやって観客を飽きさせず、映画に引き込めるようにすればいいのか?っていう点を考えながら作りました。

と制作の苦労を語り、

川上信也監督:今はネットフリックスや配信などいろいろあるけれど、その中でも“映画”を作っていきたいです。

と今後の意気込みを語った。

映画情報どっとこむ ralph スーパーバイザーの土川氏は「例年よりもレベルが高かったと感じた。商業映画を作るポテンシャルは持っている」と賛辞を送り、「5作品のうち4作品が家族がテーマだったこと、その他の応募作品も家族がテーマな作品が多かったのも特徴」と続け、「皆長編を撮る才能はすでにある。後は覚悟が必要だ」と檄を飛ばした。

3/2(土)より、有楽町スバル座を皮切りに、名古屋(3/8〜)、大阪(3/16〜)にて一般公開

***********************************



深田晃司監督最新作『よこがお』公開&キャスト情報解禁


映画情報どっとこむ ralph 深田晃司監督が今回描かくのは、終末期医療の現場で看護師として正しく生きてきた、ごく普通の女性・市子の物語。

理不尽な事態に巻き込まれ、築き上げたすべてが崩壊する。市子は“リサ”として、善良に生きてきた自分を裏切った人生に復讐を仕掛けていく。

映画情報どっとこむ ralph
主人公・市子には、深田監督が“演技者としての天才的なセンスを持つ”と絶賛する演技派女優・筒井真理子。『淵に立つ』に続き、深田監督と2度目のコラボレーションとなる。

●筒井真理子さんコメント 
『淵に立つ』の出演は私にとって大きな体験でした。あの一作で深田監督とのコラボレーションは自分の中ではやりきった感がありました。しかし時間が経つにつれてもう一度、深田監督とさらに深い作品を作りたい気持ちが湧いてきました。そんな時にオファーをいただき、とても不思議な気持ちになりました。最初に「よこがお」の台本を読んだ時は役の重さに一瞬たじろぎました。と同時に「市子を生きてみたい」とも思いました。市子の人生に思わぬ厄災が重なり、平穏な日常が巨きな波に巻き込まれていきます。それは恐怖と緊張の連続でありながら、心揺さぶられる体験でもあります。観客の皆さんにも市子と一緒になって彼女の人生を体験してほしいと思います。旅の最後にたどり着いたとき、今まで味わったことのないような言葉に表せない快感を感じてもらえる気がします。「生きていく」それだけに意味を見出す主人公の人生を堪能してほしいです。



市子が看護に通う大石家の長女・基子には、個性溢れる演技力と洗練された存在感でTV・映画と出演作多数の女優・市川実日子。“ニート”だった自分を励まし導いてくれた市子に憧れ以上の感情を抱いてしまう難しい役どころに挑戦する。

●市川実日子さんコメント
深田監督は初めてお会いした時に、ニコニコと穏やかなトーンでお話をされていて、でもお腹には、ある強い情熱を持たれている方という印象を受け、どこか安心したのを憶えています。脚本、撮影前のリハーサル、撮影中と、監督がずっと密かに大事にしているものを見せていただいているような感覚がありました。基子を思い浮かべると、お腹のあたりがずしんと重たくなります。衣装合わせから撮影中、監督の基子像はいろんな色を持っているのを感じていました。その一つ一つがいつも予想外過ぎて混乱したこともありましたが、撮影中は監督の「OKです」の言葉を信じて、あまり頭で考えずに、とにかくお腹のずしんだけは手放さないようにと思っていました。



市子(リサ)と基子、二人の女性の間で揺れ動く青年・和道役には、『万引き家族』『斬、』など話題作への出演が続く若手実力派俳優・池松壮亮。

●池松壮亮さんコメント
想像していなかったオファーを頂くと俳優としてはとても嬉しいもので、脚本を読むと、とても古典的でいて詩的な、けれども今現在を映す映画になるなと思いました。こういった映画は最近作られなくなったように感じるのでどう出来上がるのか気になります。個人的にはラストシーンが好きでそこだけでオファーを受けました。和道という役に関しては、好きでも嫌いでもなく、物語の中にたまたま存在する、でも血が通った肉体がそこにある、過去もあり未来もある、というようなキャラクターにしたいと思いました。人間的な営みが薄くなってゆく今、誰かの横顔に想いを馳せる、そんなきっかけになる映画になればなと思っています。



市川・池松の二人は深田晃司監督作品に初参加を果たす。
その他、市子の甥・辰男役に須藤蓮、基子の妹・サキ役に小川未祐、フレッシュな才能が集まった。そして、市子を支える婚約者・戸塚役にベテラン俳優の吹越満が脇を支える。 

映画情報どっとこむ ralph
●深田晃司監督コメント
『淵に立つ』完成後、自分と同年代かより年上の女性を主人公にした映画を作りたいという思いが湧き、すぐに脚本作りに取り掛かりました。主演は筒井真理子さんしかありえないと決めていました。ある意味、この物語は俳優筒井真理子との共作であるとも言えます。撮影は、素晴らしい俳優たち、スタッフたちによって自分の実力以上の成果を日々賜る充実した時間でした。いつも最新作が代表作という気持ちで臨んではいるものの、まだ仕上げの途上にある今の段階でこれほどの手応えを感じるのは初めてのことです。どうぞご期待ください。


映画『よこがお

夏全国公開。
市子は、訪問看護士をしている。1年ほど前から看護に通っている大石家の長女でニートだった基子に献身的に手を差し伸べている。
基子も唯一気が許せる相手として市子を密かに慕っている。
ある日、基子の妹・サキが失踪する。暫くして無事保護されるが、逮捕された誘拐犯は意外な人物だったー
この事件をきっかけに、幸せだった日常は一転し、理不尽な状況に追い込まれていく市子。
ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りに、市子は葛藤し、壊れていく。

***********************************

市川実日子 池松壮亮 / 須藤蓮 小川未祐 / 吹越満
脚本・監督:深田晃司
配給:KADOKAWA
© 2019「よこがお」製作委員会