「小島秀夫」タグアーカイブ

ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督 登壇『女は二度決断する』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞作
突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは。

この度、映画『女は二度決断する』(4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開)のダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督が来日。ジャパンプレミアがヒューマントラストシネマ渋谷にて行われました。

兼ねてからファティ・アキン監督のファンを公言するゲーム・クリエイターの小島秀夫さんも登場しました!


日時: 3月23日(金)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇: ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督
ゲスト:小島秀夫(ゲームクリエイター)

映画情報どっとこむ ralph 今回、11 年ぶりに来日を果たしたハリウッド女優ダイアン・クルーガーは、背中がパックリと開き、胸元を見せたセクシーな黒い衣装を纏い、ファティ・アキン監督、共演者のデニス・モシットらとともにジャパンプレミアに登壇。観客の大きな拍手に迎えられ・・・・

来日の感想を聞かれ

ダイアン・クルーガー(以下、ダイアン):こんにちは。久しぶりに日本に来ることができて、とてもワクワクしています。私にとって大 切な作品なので、お楽しみください。口コミもしてください。もしダメだったら…シャラップ!!(言わないでね)

デニス・モシット(以下、デニス):大好きな日本、大好きな東京に来ることができてとてもうれしいです!

ファティ・アキン監督(以下、監督):ありがとう。日本の観客に本作を見てもらうことはとても意味があります。私の作品は常に日本 の文化に影響を受けているからです。それを分かち合えるのもうれしいです。

とイベントスタート。

本作を制作をした想いを

監督:本作は僕のパーソナルな作品です。私自身、家族を持つ父でもあるので、 (家族を奪われることに) 恐怖や怒りがあります。その想いをカティヤ・ダイ アンを通して描くことができました。

映画情報どっとこむ ralph カンヌ映画祭女優章受賞の感想を

ダイアン:監督と役者が出会う時、共通の理解や情熱を持っていることがベストで、とてもラッキーなことに今回はそれができました。私の周りには、一緒にこの場に立っているデニスのような素晴らしい役者がキャスティングされた、ドイツの素晴らしい俳優とともに出演し、私助けてくれました。決して一人ではできません。今回、こういうみなさんに囲まれて演技できてうれしいです。25年も母国を離れていたので、ドイツ映画には以前からでたかったのですが、作品に恵まれませんでした。このファティ監督があらわれるまでは。ドイツ語で演技することは、故郷に帰ってきたような気持ちです。


監督、ダイアンとの共演はいかがでしたか?

デニス:本当にすばらしかった。共演ができて光栄に思います。役者としてのダイアンは、私たちを助けてくれる存在でした。ダイア ンのカティヤの演技は奇跡的です。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ファティ・アキン監督のファンを公言する世界的なゲームクリエイター小島秀夫さんが、桜の花束を持ってお祝いに登場!

小島さんとダイアンは以前からお知り合いのようで。

ダイアン:ロスで初めて会いました。実は、小島さんが制作しているゲームに私のパートナー(ノーマン・リーダース)が出ていて、そ の予告編の上映に呼んでもらったんですが、素晴らしかった。このような伝説の二人(監督、小島さん)と一緒できて、光栄です。

映画の感想を

小島秀夫さん:監督のいろんな作品を見て来ましたが、本作は集大成だと思います。エンタメ要素もあるし、スリリングでもある。最高傑作だと思います。傑作ですので、何回もみてください!ダイアンの演技は憑依しているようで、素晴らしかった です。

ダイアン:本当に恐縮です。(小島さんには)作品を深く理解してくれて、感動しています。この映画はドイツの事情を描いています が、世界で上映をしていますが、日本の方も理解、感動してくれることは、とてもいいしるしだと思います。これからご覧になる皆様 も共感していただけると思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ダイアン:さよなら!映画を楽しんでください! 監督:楽しむというタイプの作品ではないですが、楽しんください。何か刺さるものがあったら、友達、家族全員、そして犬にも口コミ してください!そして初日(4/14)に観に来てください

映画『女は二度決断する

4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

物語・・・

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが

犠牲になる。トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。しかし、裁判は思うように進まない。

突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか――。

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


『女は二度決断する』ダイアン・クルーガーらが渋谷に降臨!!チケット3/15から発売決定!


映画情報どっとこむ ralph ダイアン・クルーガーが主演。
ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』が、4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて他にて全国公開となります。

そして!公開に先立ち来日するダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督が3/23(金)にヒューマントラストシネマ渋谷で行うプレミア上映に登壇することが決定しました!

ダイアン・クルーガーはニコラス・ケイジと共にやってきた『ナショナル・トレジャーリンカーン暗殺者の日記』以来11年ぶりの来日。
ファティ・アキン監督は『ソウル・キッチン』より8年ぶり、
デニス・モシットは公式の来日は初めて。

そしてもう一人、世界的ゲームクリエイターの小島秀夫さんがスペシャルゲストで登壇決定。

たびたび自身のSNSでファティ・アキン作品を絶賛しているファティ・アキン好きの小島さん。初対面となるこの機会に、いったいどんな熱い想いが飛び出すのか?!
プレミア上映のチケット発売はまもなく!この貴重な機会をお見逃しなく!

映画情報どっとこむ ralph 【イベント開催概要】

■日時 3月23日(金)
18:15開場 18:30舞台挨拶開始 19:00本編上映開始 20:46終映予定

■会場 ヒューマントラストシネマ渋谷 シアター1
(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目23−16 ココチビル7・8F)

■登壇者(予定) ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ファティ・アキン監督 ゲスト:小島秀夫

■料金 2,000円均一

※各種招待、無料券の使用不可
※特別興行の為『女は二度決断する』特別鑑賞券の使用不可

■チケット販売について

●オンラインチケット販売 3月15日(木) 19:00~

https://ttcg.jp/human_shibuya/topics/2018/03101200_2543.html

●劇場窓口販売 3月16日(金) 9:00~

※オンライン販売で完売の場合、劇場窓口での販売はございません

映画情報どっとこむ ralph 女は二度決断する

2018 年 4月14日、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女がくだす決断とは――。
本作は『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などのハリウッド超大作やヨーロッパ作品にも出演する国際女優ダイアン・クルーガーが、初めて母国ドイツでドイツ語の演技に挑戦した野心作。監督は30代で世界三大映画祭の主要賞を受賞し、本作でゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞と快進撃を続ける名匠ファティ・アキン。

ドイツで実際に起こった連続テロ事件に着想を得て生まれた本作。突然のテロにより最愛の家族を失った女性、彼女を嘲笑うかのような犯人、思うように進まぬ裁判…。深い絶望の中、やがて彼女はどんな決断を下すのか。その衝撃のラストは大きく胸を揺さぶり、世界中で議論が巻き起こっている。人間の強さ脆さ、切なさに共感し、心に突き刺さる傑作サスペンスである!

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH


アイデアてんこ盛り!泣ける!『新感染 ファイナル・エクスプレス』著名人コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に世界156カ国から買い付けオファーが殺到、各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した超ド級ノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』が、9月1日(金)より全国ロードショー。

この度、コン・ユ演じる本作の主人公、ソグが鬼の形相で血まみれになっている衝撃画像が解禁!

コン・ユと言えば、ブレイクのきっかけとなった『コーヒープリンス1号店』の爽やかイケメンなイメージが強いファンも多いかもしれませんが・・・。
今回そんな爽やかなコン・ユが演じるソグは、迫り来る感染者だけではなく、乗り合わせた乗客など、様々な困難から愛する娘を守るために血まみれになりながら感染者と鬼の形相でワイルドに戦うお父さん!!血まみれな姿で娘を守る為は、かっこいいし胸が熱くなります!!

映画情報どっとこむ ralph そんな娘を守るパパの姿に感動した著名人から続々とコメントが到着!

●TWICE(アーティスト)
最初から最後まで緊張感がありハラハラドキドキな映画です。面白い部分もありながら最後には感動の一面もある楽しい作品でした。見終わってすぐもう一度観たくなるほどおもしろく家族の愛が素敵な映画です!家族、友達、カップルでみても楽しめる作品です。ぜひぜひお楽しみください!


●花沢健吾(漫画家「アイアムアヒーロー」)
ずっと観たかった「釜山行き」がタイトル変更していて見逃がすとこだった!「アイアムヒーロー」と共にアジアゾンビ映画の起爆剤になって欲しい。閉鎖空間での極限の死闘、たっぷり堪能しました!


●青木崇高(俳優)
邦題に躊躇するな!劇場に突っ走れ!!


●シム・ウンギョン(女優)
韓国で今まで観られなかったジャンルの映画で、去年たくさんの方々に愛していただきましたが、日本の皆様にも楽しく見ていただければ嬉しいです。韓国映画ならではの特色さと新しさに満ちた映画だと思います。皆さん、9月1日「新感染ファイナル・エクスプレス」という列車に一緒に乗車しましょう!


●小島秀夫(ゲームクリエイター)
“新感染”とは”感染物”イン”新幹線”。つまり、ゾンビ版「カサンドラ・クロス」であり、極限状態での人間の悍ましさが描かれる「ウォーキング・デッド」だ。さらに、”ロメロのゾンビ”の伝統を受け継ぐ手に汗握るノンストップ・ゾンビ・サスペンスでもある。そればかりか、驚くべき事にこのゾンビ映画、思いっきり泣ける。”新感染”とは、汗腺と涙腺にくる家族映画であり、親子間でも感染する傑作なのだ。


●町山智浩(映画評論家)
ソウルを制圧し、半島を南下して釜山に迫るゾンビ朝鮮戦争!『ローガン』に続いて、またしても娘と一緒に観てパパ泣き!


●萩原健太郎(映画監督『東京喰種 トーキョーグール』)
とにかくキャラクターが全員魅力的で、性根腐ったバス会社の“あいつ”まで、愛おしく思える。は〜、また今すぐにでもあの歌声が聴きたい!!サントラに入れて欲しいな〜。


●吉田大八(映画監督『紙の月』)
面白くするために作り手が徹底して考え抜く、それだけのことがとんでもないレベルで結実しています。ひたすら驚き続けて、最後はなぜか感謝の気持ちでいっぱいでした。


●小路紘史(映画監督『ケンとカズ』)
考えうるありとあらゆるアイデアを積み重ね、発展させ、昇華させた物凄い映画になっていました。「ウォーキング・デッド」に負けない大傑作!


●岡本健(奈良県立大学准教授(専門:ゾンビ学))
誰が生き残るのか予測困難で、ハラハラドキドキの連続!魅力的なゾンビ映画であるのと同時に、現代社会における企業や家族の問題をしっかり描いた作品。走るゾンビの大群も登場。韓国でKTXに乗って聖地巡礼をしてみたくなった。


●大内学(「JTB時刻表」編集長)
実寸の車両セットを使っているだけあって、迫力もリアリティもものすごい!!あまりのリアリティに、鑑賞後に帰りの電車で扉が開くたびに冷や汗がでました。最上級のドキドキ感を味わいたい方に超オススメです!

映画情報どっとこむ ralph 映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

―時速300kmで疾走する特急列車内でウイルス感染パニックが発生!
極限状況下の人間模様が呼び起こす、破格の興奮と感動に乗り遅れるな!―

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXの車内で突如起こった感染爆発。疾走する密室と化した列車の中で凶暴化する感染者たち。そんな列車に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう父と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?目的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。

新感染 ファイナル・エクスプレス
英題:Train to Busan

9.1 [Fri] 新宿ピカデリーほかにて出発します!
駆け込み乗車は・・・グエッ

公式HP:
shin-kansen.com

***********************************

監督:ヨン・サンホ「The King of Pigs」(2012年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品)
出演:コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』)、チョン・ユミ(『ソニはご機嫌ななめ』『三人のアンヌ』)、マ・ドンソク(『殺されたミンジュ』『群盗』)
配給:ツイン
2016年/韓国/118分
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.
     


『ネオン・デーモン』N.W,レフン&小島秀夫 in Meet the Fimmaker


映画情報どっとこむ TJ 2017年1月13日の公開に先駆け、第一線で活躍する映画作家の生の声が聞ける人気イベント、Meet the Filmmakerに『ネオン・デーモン』のニコラス・ウィンディング・レフン監督が、ゲームクリエイターの小島秀夫さんと登場!

イベント史上最も多くの観客が集まり、立ち見客も溢れかえるほどの賑わいの中、映画の製作秘話や、クリエイター同士のものづくりに対する思いなど、ここでしか聞けない話がたっぷりと披露されました。

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3meet-the-fimmaker
『ネオン・デーモン』N.W,レフン&小島秀夫登場Meet the Fimmaker
日付:11月17日
場所:Apple Store 銀座店
登壇:ニコラス・ウィンディング・レフン監督、小島秀夫(ゲームクリエイター)

映画情報どっとこむ TJ 登場するやいなや、「ハイ!」と元気よく会場に集まった観客へ挨拶するレフン監督。

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3_nw%e3%83%ac%e3%83%95%e3%83%b3 レフン監督にとって、日本で一番仲が良いクリエイターと紹介される小島氏、三年前にロンドンで出会ったのが初めてだったという二人は、クリエイター同士ならではの共通した悩みを分かり合える関係だという。6月海外で行われた『ネオン・デーモン』のパーティーで小島氏は、

小島さん:エルたんメイクしてましたから!

と劇中のエル・ファニング演じるジェシーのグリッターメイクを施して参加したそう。

小島さん:写真に撮ってあります。

とレフン監督もノリノリで二人の仲の良さがうかがえます。作品の感想を聞かれると、

小島さん:凄いですよ。レフン監督ならではの世界観に驚き、嫉妬しました。

と作品の衝撃の強さとレフン監督の才能について語った。

映画情報どっとこむ TJ これまでの作品では、主人公に男性を起用してきたレフン監督。今回初めて女性のエル・ファニングを起用した理由に

レフン監督:他に誰もいなかった。彼女はこの映画に必要な資質を全て持ち合わせていた。

と即答し、エルの魅力と彼女に対する絶大な信頼を見せる。女性の美への執着、そして憎悪と嫉妬をテーマにした今回の作品で、エルへの演出のポイントを聞かれると
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3meet-the-filmmaker%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af00
レフン監督:僕を演じてもらわなければいけない、と伝え、シーンごとに自身のキャラクターをおさえて、二人で進めていった。一緒に映画を作る重要なコラボレーターである役者から意見をもらうことも大歓迎。

と製作に関して思いを語る。

映画情報どっとこむ TJ 音楽の演出が特徴的なレフン監督の作品。音楽が大好きで、音楽からインスピレーションを受けるというレフン監督は作りたい作品のタイプをイメージした音楽を聴きながら作業をするそう。そんなレフン監督を小島さんは
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3_%e5%b0%8f%e5%b3%b6%e7%a7%80%e5%a4%ab 小島さん:音の使い方が上手い。他の監督は撮ってから音をつけるけど、レフン監督は映画の脚本を作る段階、映像設計の段階から“音”が一緒にあるんでしょうね。

と鬼才の感覚を分析。また、世界的クリエイターである二人に、作品が生まれるインスピレーションのもとが何かを聞かれるて、

小島さん:普段何かをすることで発想する、出そうと思って努力することはない。クリスマスのプレゼントが内緒なように、それは教えられない。

と冗談交じりに笑ってみせた。

映画情報どっとこむ TJ 観客からもたくさんの質問を受けた二人。

Q:決してあきらめないで作品を作る、仕事を続けるのに必要な原動力は?

レフン監督:全てを犠牲にしても良いと思えるくらいそれが好きであること。献身的に、それに執着できるくらい好きであるという強い気持ちが大切。

と物作りに対する熱い情熱を語りました。
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3meet-the-fimmaker03
最後に・・・・。

小島さん:エル・ファニングが今までで一番綺麗で一番怖い作品。レフン監督は、天才なんで何度も見て『君の名は』を越えていただきたい!



レフン監督:日本が大好きです。『ネオン・デーモン』を携えて東京に来られて良かったです。きてくれた皆さんに感謝します。

と観客へメッセージを送った。

ネオン・デーモン

2017年1月13日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国順次ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/neondemon

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3物語・・・・
誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた 16 歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎 町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスをつかむジェシーを、ライバルたち が異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪夢に魂も 売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていく――。

***********************************

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 『ドライヴ』、『オンリーゴッド』
出演:エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、ベラ・ヒースコート、アビー・リー and キアヌ・リーヴス
配給:ギャガ
© 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

Apple Ginza
(c) Kensuke Tomuro
   


映画『ザ・ウォーク』に松江哲明監督、押井守監督らからコメント


いよいよ1月23日(土)より日本公開となります映画『ザ・ウォーク』。

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411mの道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に、ある一人の男が挑んだー。

前人未到の夢の実現のためフランスからニューヨークに渡った名もなき男フィリップ・プティ。巨匠、ロバート・ゼメキス監督が圧倒的3Dで描く、感動の実話です。
ロバート・ゼメキス監督
―手に汗握りながら号泣という初体験―

巨匠ロバート・ゼメキス監督が、自身の集大成として挑んだ本作に対し、一足先に本作をご覧になった著名人の方々より、熱いコメントが続々と到着しています!

今回、松江哲明さん(ドキュメンタリー監督)、トラン・アン・ユンさん(映画監督)、大根仁さん(映像ディレクター)、小島秀夫さん(ゲームデザイナー)、押井守さん(映画監督)をご紹介!

『ザ・ウォーク』監督コメント(順不同・敬称略)

3Dの開拓者であり、常軌を逸した人間を描き続けるゼメキス監督の到達点には、手に汗握りながら号泣という初体験が待っていた。
-松江哲明(ドキュメンタリー監督)

「ザ・ウォーク」はゼメキス監督による愛、友情、忍耐、そして夢の実現を物語ったすばらしい映画。アメリカ映画の伝統そのものであり、希望と情熱と感動に満ちた作品になっている。
―トラン・アン・ユン(映画監督)

世界一の映像マエストロにして、常に新しい映像表現にチャレンジし続けるゼメキス監督が、また新たな大傑作を作った!圧倒的エンタテイメント映画でありながら、今は亡きニューヨークのツインタワーを綱渡りする男を題材に選んだゼメキス監督に感服。現代に生きる我々もまた、行くか戻るかの綱渡りをしているのだ。絶対に劇場で観るべき、いや、劇場で観なければ意味がない!!
-大根仁(映像ディレクター)

昨今はCGを使ったVFX映画を軽視する風潮があるが、この高所歩行(ザ・ウォーク)を体験すれば、それらの認識が早すぎた批評だったと気づくはず。ゼメキスがCG映画を作り続けていたのも、これまでの3DCG技術の進化も、全ては本作へと繋がる「歩み(ザ・ウォーク)」だったのだと。
-小島秀夫(ゲームデザイナー)

高所恐怖症なのでこの映画だけは見られない。
-押井守(映画監督)

THEWALK_3
その道のプロフェッショナルである方々が、胸を熱くした本作。
「手に汗握りながら号泣」というその結末を、是非劇場でお確かめください!

ザ・ウォーク
TheWalk_sub1
1月23日(土)全国ロードショー。上映も!

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

TheWalk_新ポスター
原題:The Walk
月面を歩いた人間は12人―。
しかし、ワールド・トレード・センターの間を歩いた人間は1人しかいない。永遠に―

原作:「TO REACH THE CLOUDS」 
by フィリップ・プティ

監督:ロバート・ゼメキス

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、
シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメントをいただいた監督さんたちの作品!ア~この人。押井監督はあえて実写を紹介