「小山力也」タグアーカイブ

『名探偵コナン 科学捜査展』名探偵が3人!?銀シャリ念願のコナン君と初共演!!


映画情報どっとこむ ralph コミック・アニメ・映画など様々なジャンルで絶大な人気を誇り“国民的コンテンツ”となった「名探偵コナン」。

先日、最新作である劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』も公開され、3日間で128万人動員、興行収入16.7億円を突破!

そんな「名探偵コナン」の世界観をベースに、科学捜査のプロセスを楽しく体験できる企画展『名探偵コナン科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~』が4月18日(水)~7月8日(日)の間、江東区の日本科学未来館にて開催されます。

本展は、劇場版にも登場する人気キャラクター・安室透にフィーチャーし、現場の状況から毛利小五郎に容疑がかけられる等、今年の映画にも通じるオリジナルストーリーで、科学捜査について学びながら、事件の真相を解明していく参加者体験型の展示会となっています。

本日は、そんな本展の開催初日に先駆け“一日科学捜査官”に任命された銀シャリの鰻和弘と橋本直が、コナン君と共に、“事件現場公開式(プレス向け開会式)”を行いました。

この日は銀シャリがいつも着用している青ジャケットに加え、コナン君とお揃いの赤い蝶ネクタイ・眼鏡を身につけて参加し、まるでコナン君が3人並んでいるかのような??奇跡のコラボが実現!!

映画情報どっとこむ ralph
鰻は、髪形をコナン君に真似てセットし、普段かけていない眼鏡をかける等、気合の入り具合を感じさせ、

橋本さん:青山剛昌先生が二人とも好きで、だから青ジャケットを着ていると言っても過言ではありません!

と念願がかなったことを喜びました。また、一足先に本展を体験した二人は

銀シャリさん:迷宮入りになりそうだったが、科学の力で解決できた!」

と大興奮。

鰻和弘(銀シャリ)
ここまで体験できる企画展は今までなかったと思います。本来は切ってはいけない「KEEPOUT」テープを切るのが、初のテープカット体験だったのですが、斬新でこんな機会めったにないと思います。「コナン」は青山剛昌先生の地元・鳥取県にある「ふるさと館」へ大阪から原付に乗って行ったことがあるくらい好きです。橋本は、眼鏡に青ジャケットという姿から「コナン君じゃん!」と言われていたこともあったので、念願かなったオファーで嬉しかったです。

橋本なお直(銀シャリ)
探偵事務所や喫茶ポアロにも行き、コナン君や安室さんの協力を得て、なんとか捜査してきました。僕は青山剛昌先生の他の作品も持っているくらいで、それで青ジャケットだと言っても過言ではないくらい大好きです。相方の鰻が、漫才などでスベった時に、スッと眠らせる麻酔銃が欲しいです。“マダムに溶け込む能力”と“何でもチャレンジできるスピリッツ”はコナン君に探偵として勝っている部分だと思います。

最後は、会場の入口に張り巡らされた事件現場でおなじみの“KEEP OUT”と書かれたバリケードテープをカットし、事件現場(=企画展)を公開しました!

その後、会場内にある毛利探偵事務所を再現したエリアでの囲み取材とフォトセッションが行われ、戦いたくない組織を聞かれた橋本さんが「よしもとです」と即答するなど、公開式は大いに盛り上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 『名探偵コナン ゼロの執行人』

4月13日(金)より全国東宝系にてロードショー中


本作は東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表され、既に話題を呼んでいます!!

***********************************

原 作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監 督:立川譲
脚 本:櫻井武晴
音 楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
配給:東宝
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


『名探偵コナン ゼロの執行人』JK用語連発の蘭ねーちゃんは「なしよりのアリ!?」な動画公開


映画情報どっとこむ ralph ファン待望の最新作・劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』は2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開!

そして、更にファンの度肝を抜く驚きの映像が解禁!!
なんと『名探偵コナン』におけるヒロイン・毛利蘭が『ゼロの執行人』の特報映像に合わせてJK用語を連発する特別動画[蘭ちゃんだってJK]が公開されました!


この映像は、本作の世界観にちなみ、メインキャラクターである安室、蘭、コナンがそれぞれに課せられた【極秘任務】に挑むという企画のひとつ。先日公開された安室の【極秘任務】、[シークレット安室コール]は、安室透の電話番号が流出し、実際に電話をかけると安室本人が電話に出るというファンにとっては歓喜の企画でした。そして続く毛利蘭の【極秘任務】。「名探偵コナン」にとって毛利蘭とは、なくてはならない永遠のヒロインとして存在し続けていますが、思えば彼女だって普通の女子高生…。そう、蘭ちゃんだってJKなのです。そこで蘭に課せられたミッションはJK用語と奇跡のコラボレーションを果たすこと。本作の映像に合わせてテンあげJK用語でナレーションに奮闘する貴重かつ、<なしよりのアリ>な蘭ねーちゃんの姿に是非ご注目ください!!

映画情報どっとこむ ralph 更には、アフレコを終了したばかりのレギュラー声優陣からのコメントも到着

★江戸川コナン役・高山みなみ
何だろう…。これまでと違った緊張感でした。一言も聞き逃すことが出来ないセリフのバトル。思わず感情が爆発してしまったり、自分の鼓動がうるさく思えるほど、熱のこもった収録になりました。とは言え、スタジオ内は笑いあり、絶品差し入れのもぐもぐタイムありで和気あいあい。いつも通りの楽しい一日でした。このチームワークの良さが、ストーリーの中でも活きています。みんなの活躍にご期待ください。

★毛利蘭役・山崎和佳奈
警察、検察、それぞれの公安、なんだか入り乱れて、大人の騙し合いの様な今回のお話。ややこしい?いえ、その分楽しめます。ちゃんと人間ドラマも絡んできますから。そして台本を読んだ時から、安室さんの活躍シーンに、目をハートにしている女性達の様子が思い浮かびました。つまり‥そういう事です。お楽しみに!

★毛利小五郎役・小山力也
私、2代目毛利小五郎も、なんとなんと今年で10年目!小五郎として参加する劇場版も、なんとなんと9作目!と言う事で、満を持して挑んだ今作。なんとなんと、まさかまさかのビックリ展開でございました!今年もまた、大ベテランの先輩方を中心に、みなみさんの気配りよろしく、和気あいあいの楽しい収録でしたよ!信ずるものを守る戦い、愛する者を守る戦い、でも一番大事なのは人間の命!小五郎の運命や如何に!ワクワクはらはらドキドキうるうる、何度観ても新発見!何度も大感動、間違いなし!どうぞどうぞお楽しみにっ!

公開まで後1ヶ月弱、「コナン史上最大級のスペクタクル」なストーリーをご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 名探偵コナン ゼロの執行人

公式サイト:
http://www.conan-movie.jp/ 

標的:東京サミット!?
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日にはおよそ2万人もの警察官が出動するという超巨大施設で、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。
犯人は毛利小五郎!?
現場の証拠品に残された指紋から犯人はかつて警視庁に在籍していた毛利小五郎と断定されてしまう! 小五郎の逮捕を巡って安室と敵対し始めるコナンは過去に安室が容疑者を自殺に追い込んだことがあるという奇妙な事件の話を聞く。そして小五郎の起訴が決まろうとしたその時、厳戒態勢の東京都内で、同時多発的に不可解なテロが勃発!
復讐のカウントダウン!
事件に隠された陰謀に公安警察が近づく中、サミット開催の日は大型無人探査機「はくちょう」が火星での任務を終え、地球に帰還する日でもある事が判明する。果たして、迫るXデーに何かが起ころうとしているのか? 謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲 
脚本:櫻井武晴 
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
配給:東宝 
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント 
©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


『名探偵コナン 科学捜査展』展示内容とチケット情報が到着!あらすじも!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月18日(水)~7月8日(日)まで日本科学未来館(東京・お台場)にて開催する、参加者体験型の企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』の展示内容とチケット情報が到着しました!


そしてついに、本展のあらすじが明らかに!

『数々の事件を解決し、今や時の人となりつつある名探偵・毛利小五郎。
このたび小五郎を主人公にしたミステリー小説が出版されることになった。
しかし、その執筆を担当するはずだったミステリー作家が自宅で殺害されているのが発見された。
推定死亡時刻は14時。
現場に残されたカレンダーにはハッキリと、こう書かれていた……。

「14:00 毛利小五郎氏」

果たしてコナンたちは、科学捜査を駆使し、見事、毛利小五郎の疑いを晴らすことができるだろうか?』

映画情報どっとこむ ralph 参加者は体験のガイドとなる「探偵手帳」を手に、この事件の真相を“現場検証エリア”・“聞き込みエリア”・“ラボエリア”の3つのエリアを経て解明していくという内容です。
今年の劇場版では欠かせない大人気キャラクター、安室透も登場します。

“現場検証エリア”イメージ
“聞き込みエリア”イメージ
“ラボエリア”イメージ

映画情報どっとこむ ralph 体験のガイドとなる「探偵手帳」は2種類。

・コナン&安室コース

様々な証拠を積み重ねながら、容疑者を絞り込んで事件の真実に迫るコース。
コナンと安室、ふたりの名探偵と一緒に、「推理」と「科学捜査」を駆使して真相を解明しよう!

・コナン&蘭コース

いろんな手がかりを手に入れて、容疑者にされてしまった小五郎の疑いを晴らすコース。

蘭と一緒に、みんなの力を借りて情報を集め、事件の日に何が起こったのかを考えてみよう!

映画情報どっとこむ ralph 企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』実施概要

■会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3−6)1階 企画展示ゾーン
■会期:2018年4月18日(水)~2018年7月8日(日) ※火曜日休館(5/1は開館)
■開館時間:10:00~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)

■主催:日本科学未来館、「名探偵コナン 科学捜査展」製作委員会
■後援:りんかい線  
■協力:法科学鑑定研究所

■内容:
『名探偵コナン』の世界観で繰り広げられる、本展だけのオリジナルストーリー。
「探偵手帳」を手に、コナンたちと一緒に証拠を集めて、事件の真実に迫れ!
真相解明のために巡る3つのエリア・・・

①現場検証エリア「現場を観察せよ!」
いざ事件現場へ!現場の状況をよく観察して、手がかりを採取しよう。小さな発見が決定的な証拠になるかもしれない!

②聞き込みエリア「自分の足で証拠に迫れ!」
毛利探偵事務所や喫茶ポアロなどで事件の手がかりがないか、聞き込みをしよう。街中にいるコナンの仲間達から情報収集だ!

③ラボエリア「科学捜査で証拠をつかめ!」
事件現場や聞き込みで集めた手がかりを科学の力で分析してみよう。いろいろな鑑定技術と組み合わせれば、確かな証拠をつかめるかもしれない!

■チケット:
オリジナルチケットホルダー
2月21日(水)正午より各プレイガイドにて販売開始!
①前売券
②限定グッズ付前売券
・オリジナルチケットホルダー
・オリジナルブックマーカー(3枚セット)
※数量限定、なくなり次第終了。
※限定グッズは会期中(2018年4月18日~7月8日)に本展会場内グッズショップにてお引き換えください。
※販売場所:ローソンチケット、日テレゼロチケ
③当日券 ※4月18日(水)より発売

グッズ:会期中に会場内グッズショップにて販売。
内容は随時解禁予定。

公式サイト:
http://conan-kagaku.jp/

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996


映画情報どっとこむ ralph そして!映画情報を!

2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開される劇場版22作目は

『名探偵コナン ゼロの執行人』!

ストーリー
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!

そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。

サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。

その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!
これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた。


***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会  



松本勝監督 堺三保、麻宮騎亜がマニアックに語った! 『スターシップ・トゥルーパーズ』ジャパンプレミアム


映画情報どっとこむ ralph 昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。今だ根強いファンに支持されているこの作品の公開20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCGアニメーション映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の日本公開が、いよいよ来週2月10日(土)に迫りました。

この度、2月3日(土)に新宿ピカデリーにてジャパンプレミアムオールナイトを開催。

松本勝監督と本作の世界観監修を務めた堺三保さん、漫画家の麻宮騎亜さん、そしてMCに声優の白石稔さんが登壇し、トークセッションを行いました。

日程:2月3日(土)ジャパンプレミアム オールナイト 上映前トークイベント
場所:新宿ピカデリー
登壇:松本勝監督
スペシャルゲスト:堺三保、麻宮騎亜
MC:白石稔

映画情報どっとこむ ralph MCの白石さんが荒牧監督が急きょ欠席となった理由を
白石さん:1作目からの大ファンなんです。そんな話をしていましたら、いつの間にか司会をすることになってまして嬉しいです。本日お越しの皆様は選び抜かれた愚連隊の皆様でございます!しかし荒牧監督は、インフルという名のバグと戦っている、そしてこちらから援軍を送れないので今日は自宅待機となってます!

と会場を沸かせた。

第1作目の『スターシップ・トゥルーパーズ』が18年ぶりに劇場で上映されることと、第1作目でジョニー・リコを演じたキャスパー・ヴァン・ディーンが声優を務めた字幕版が本日のみの上映という事で、往年のファンや最新作に期待するお客様が深夜開催のオールナイト上映にも拘らず多数来場。

日本公開初日まであと1週間となった本日、本作の松本勝監督、スペシャルゲストとして世界観監修を務めた堺三保さん、漫画家の麻宮騎亜さんが登場すると、会場は大きな拍手に包まれました。
松本監督:本日は寒い中ありがとうございます。共同監督を務めた松本です。僕が業界に入って1、2年目で『スターシップトゥルーパーズ』の1作目が公開されて印象に残っている作品でした。前作含めこの作品に関われてよかったです。よろしくお願いします。

と挨拶。続いて漫画家の麻宮さんは

麻宮さん:なぜここにいるか?というといちSFファンだという事だけです。けして外でやっている宇宙●●では・・・

と言いかけると、司会の白石さんに

白石さん:やめましょう!!それ発進するやつですよね!

と突っ込まれながらも、
麻宮さん:僕らの世代は、原作のハイラインの『宇宙の戦士』が大好きで、スタジオぬえさんが描いたパワードスーツに学生時代興奮を味わった一人ですが、1作目が公開されたときパワードスーツが出てなくってがっくりしました。パワードスーツは残念でしたが、ロジャーヤングという宇宙船に心奪われ、アイコンズの発売にならなかったロジャーヤングのプラモデルを手に入れたんですよ、そうゆう男です。

と自己紹介しつつ『スターシップ・トゥルーパーズ』への熱き思い出を語った。そして『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の世界観監修を務めた堺さんは開口一番

堺さん:補充兵です!僕一応関係しているんですよ。

と自分自身でフォロー、
堺さん:「『インベイジョン』でもそうだったんですが、いつも荒牧さんがSFをやるときに電話で呼び出されて、アイデア出してといわれるんです。個人的には麻宮さんと同じくスタジオぬえの加藤さん、宮竹さんのパワードスーツ大好きなんですが、荒牧さんならではのパワードスーツになるとどうなるかと思いましたが、すごくいいものになってたのでうれしかったです。

と挨拶した。


映画情報どっとこむ ralph MC白石さんより前作の『インベイジョン』と今作でのパワードスーツの違いはと問われ

松本監督:前作でできなかったことを今作でやっています。荒牧さんが原作『宇宙の戦士』をリスペクトしているの話をする中でわかっていたので、その原作の中に、バックパックがあってブーストで飛び跳ねる、という表現があります。それを入れたいということで、ギミックを今作で入れさせてもらいました。ただ、前作はそこにヘルメットを入れたんですが、今作はジェットパックがあるので、ヘルメットは一体どこに入るんだろうと思っています(笑)。

とパワードスーツの謎を話していると、

堺さん:荒牧メカなので、変形しますよ!

突っ込む場面も。


麻宮さん:1作目はバーホーベン監督という事もあり、パワードスーツに期待して観に行ったら、出てこなくてがっかりだったんですよ。どうも日本のアニメで散々出ているのでもういいやということみたいで。

と当時を振り返ると、

堺さん:ベースそこなの?脚本のニューマイヤーに真意を聞いてみたい!

とマニアならでは興味津々。

麻宮さん:パワードスーツが出てこなくてがっかりだったんですが、ロジャー・ヤングという宇宙船がかっこよくて、しかもシリーズずっとあの形ですよね。

と嬉々として麻宮さんが語ると、

松本監督:『レッドプラネット』を制作するにあたりロサンゼルスでエド・ニューマイヤーと荒牧監督と僕で脚本の打ち合わせの時のニューマイヤーさんの話ですが、あのデザインは僕が描いたんだと言っていました。裏どりしてないので本当かどうかわかりませんが(笑)

披露し会場を沸かせていた。

映画情報どっとこむ ralph 司会の白石さんからシリーズに欠かせない人類の天敵!ウォーリアー・バグ!について

堺さん:外にバグのようなそんな虫いねーよと思うんですけど、シリーズを重ねても毎回どんなバグが出るのか楽しみです。

続いて

麻宮さん:やっぱり甲殻系のエイリアンって嫌じゃない?『ロストインスペース』もうじゃーって出てきてたし、他の作品でも大きいサイズの甲殻系のエイリアン出てきてたし。硬そうだし、アーマーつけても、あの硬さで来られたらひとたまりもなさそう。でも『スターシップ・トゥルーパーズ』のファンの方々は甲殻がぶしゅーっと破れる時に快感を得るんでしょうね。

と語った。

松本監督:前作は部隊が戦艦の中、密閉空間だったので、宇宙船の中を歩けるようにバグを少し小さくしています。今回は、広い空間でのバグを見たいよねという話しだったので、大きさを1作目の映画版ぐらいまで戻して、プロポーションも変わっています。大きいものというだけで、絶望感みたいなものが出せるからです。動きに関しては、人を襲う時にこう行きたい(頭から行く感じの動作)んですけど。立ってる時を襲う時頭からだとそのあとが難しいので、横からになります。少しかわいくなる感じです。1作目もそうなっています。

と語った。


最後に・・・

松本監督:今日は1作目に出ていたキャスパー・ヴァン・ディーンとディナ・メイヤーのオリジナルメンバーが声優を担当した字幕版の上映ですが、2月10日からは吹替え版で上映します。よいものが出来上がったと思うので、吹替え版も是非見てください。

と力強く語った。

映画情報どっとこむ ralph はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?
『スターシップ・トゥルーパーズ』
2.10(sat.) 2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]

公式HP:
http://sst-mars.jp/

公式twitter:
@sst_mars


***********************************

小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS/邦題:スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット/監督:荒牧伸志 松本勝/脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.


荒牧監督、松本監督『スターシップ・トゥルーパーズ』ジャパンプレミアム決定


映画情報どっとこむ ralph 昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。
今だ根強いファンに支持されているこの作品の公開20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット』が2月10日(土)に公開となります。

この度、『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズ20周年を記念し、2月10日公開の最新作『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』を含むジャパンプレミアムオールナイトの開催が決定しました!

また、上映前には『スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット』の荒牧監督、松本監督によるトークショウも開催いたします。


★『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』ジャパンプレミアムオールナイト概要★

【開催日】2月3日(土) 【実施劇場】新宿ピカデリー

【時間】
①23:20~1:19 舞台挨拶後
『スターシップ・トゥルーパーズインベイジョン』上映 (30分+89分)
②1:35~3:03
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』上映 (88分)
③3:30~5:38
『スターシップ・トゥルーパーズ』無料上映 (128分)

※予告編の上映はございません。すべて本編より上映となります。

映画情報どっとこむ ralph 【ゲスト(予定)】荒牧伸志監督、松本勝監督
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。

【鑑賞料金】3,500円均一
※SMT Members各種クーポン券はご利用頂けません。※特別興行につき、前売鑑賞券、招待券など各種鑑賞券はご利用いただけません。※本興行は「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」のみ適用。※「スターシップ・トゥルーパーズ」はブルーレイでの無料上映になります。※「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」を鑑賞なさった方から優先的に「スターシップ・トゥルーパーズ」がご鑑賞頂けます。※「スターシップ・トゥルーパーズ」の無料上映のみご鑑賞希望の方は、優先鑑賞者以外の空席分のみ、23:30より劇場ロビーにて先着にて座席指定券を配布いたします。(配布は24:30迄とさせていただきます。)※空席分がなくなり次第、配布を終了します。またチケット販売時点で完売の場合、座席指定券の配布はございません。


【チケット販売】
[劇場インターネット販売]SMT Members会員様・非会員様共に1月18日(木)24:00~(=1月19日(金)0:00~)
[劇場窓口・自動券売機販売] 1月19日(金) 劇場オープン~

※劇場オープン時に空席のあった場合のみ窓口・自動券売機にて販売致します。

※インターネット販売で完売となった際は、窓口・自動券売機での販売は御座いません。

≪一般発売に関する注意事項≫

※チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。※特別興行につき、前売券・各種割引券・各種招待券・株主優待・SMTMembersクーポンはご利用いただけません。※インターネットでのチケット購入は、下記の各種決済がご利用いただけます。(現金ではご購入いただけません。)

[クレジットカード] MUFG、DC、UFJ、NICOS、VISA、MASTER、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners、UC

[携帯通話料決済] au、docomo、softbank [ウォレット決済]リクルートかんたん支払い、楽天ID決済

※お電話でのご予約は承っておりません。※転売・転用目的の購入は固くお断りいたします。※ご購入後の払い戻し、座席変更は承っておりません。当日はマスコミによる取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』

公式HP:
@sst-mars.jp/

公式twitter:
@sst_mars

2018.2.10 2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]


はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?


***********************************


小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS/邦題:スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット/監督:荒牧伸志 松本勝/脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.