「小さな恋のうた」タグアーカイブ

佐野勇斗、鈴木仁ら「ちい恋バンド」が「AGESTOCK2019 Spring Festival supported by Pando」のスペシャルステージで熱狂のライブステージ


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。平成で最も歌われた男性アーティストによるカラオケランキング1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれているこの名曲から生まれた映画『小さな恋のうた』が5月24日(金)より全国公開いたします。幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ時間をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、二つの国と共に生きる若者たちの“生きた青春”を描きます!
そしてこの度、本作のメインキャスト佐野勇斗さん、森永悠希さん、山田杏奈さん、眞栄田郷敦さん、鈴木仁さんによる「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)が、日本最大級の学生企画団体AGESTOCK実行委員会が主催する「AGESTOCK2019 Spring Festival supported by Pando」のスペシャルステージに出演しました。自分たちと同世代の観客を前に、「DON’T WORRY BE HAPPY」「あなたに(アカペラver.)」「小さな恋のうた」の3曲を披露し、イベントを大いに盛り上げました。

日程:5月19日(日)
会場:マイナビ BLITZ赤坂
登壇:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁

映画情報どっとこむ ralph フロアは彼らと同世代の学生たちを中心とした1300人の観客で埋め尽くされ、「ちい恋バンド」が登場するやいなや、ライブハウス全体に大きな歓声が響き渡った。

バンドメンバーはその熱気に応えるように、彼らの初ライブでも大盛り上がりをみせた、ハイテンションでパワフルな楽曲である「DON’T WORRY BE HAPPY」を一曲目に披露。
「小さな恋のうた」AGESTOCK メインボーカルの勇斗さんが観客を煽り、コール&レスポンスが起きるなど、会場のテンションもさらにヒートアップした。

息の合ったパフォーマンスを披露した後のMCでは、彼らが出会ってから1年が経過したことに触れ、その仲良しぶりを語った。

今だから言えるお互いの第一印象について、鈴木さんは佐野さんに対して

鈴木さん:よく会っていた同級生みたいなイメージ。2個上なんだけど、それを感じさせない!

と語ると

佐野さん:仁はそうやって人の懐に飛び込むのが上手いんだよな~

とイチャイチャ。

眞栄田さんは妹役をつとめた山田さんに対して、

眞栄田さん:性格や雰囲気が自分と“似ているな~”と思いました。

とコメントすると、バンドメンバーからも共感の声が上がり、それに対して

山田さん:ありがとうございます。

と笑顔で答えた。森永さんは鈴木さんの印象に対して

森永さん:クールなイメージがありました・・・

鈴木さん:そういった印象をもたれることが多いけど、中身はバカなので(笑)

と謙遜を交え、会場の笑いを誘った。


15分という短いステージでは披露しきれなかったが、

佐野さん:どうしても聞いてほしいので、サビだけ歌います!
「小さな恋のうた」AGESTOCK とコメントし、「あなたに」のアカペラバージョンを特別に観客の前で初披露。

見事なハモリで観客を魅了した。

佐野さん:映画の中でも大きな意味をもつ曲となっているので、ぜひ劇場でも聞いてください。

と、この楽曲に対する想いを吐露した。

最後に・・・

「小さな恋のうた」を披露すると、観客たちのボルテージは最高潮に達し、会場全体が手を挙げ、身体を揺らしながら音楽にのる姿がみられた。最後の楽曲を披露し終わると、満員のフロアに向かって、メンバー全員で手をつないでお辞儀し、大盛況のまま幕を閉じました。
「小さな恋のうた」AGESTOCK
セットリスト:
1.DON’T WORRY BE HAPPY
2.あなたに アカペラver.
3.小さな恋のうた

映画情報どっとこむ ralph ●学生団体「AGESTOCK 実行委員会」とは
AGESTOCK実行委員会とは、首都圏の学生団体の代表や幹部陣が中心となって2006年3月に発足した企画集団。首都圏の大学から、多種多様なバックグラウンドを持つ大学生が集まっている。伝説の野外ロックフェスティバル「The Woodstock Festival」のような、社会的ムーブメントを起こしたい。その願いから、私たちの活動を総括して「AGESTOCK」と呼ぶ。Ageという言葉には「世代」と「才能」という二つの意味がある。「同世代」である学生全てを巻き込み、各人の限りない「才能」が輝く場所を提供し、学生の熱意は、限りない可能性を持つことを証明するため、イベント、フリーペーパーというメディアを通じて、同世代、社会に熱意を伝えるべく、挑戦を続けている。(公式HPより)

映画情報どっとこむ ralph 映画『小さな恋のうた』
小さな恋のうたポスター 【STORY】
沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる。



***********************************


出演: 佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
監督: 橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本: 平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17) Inspired by the songs of MONGOL800
配給: 東映
c2019「小さな恋のうた」製作委員会


佐野勇斗、森永悠希がサプライズ登場!映画『小さな恋のうた』一般試写会


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。

平成で最も歌われた男性アーティストによるカラオケランキング1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれているこの名曲から生まれた映画『小さな恋のうた』が5月24日(金)より全国公開となります。

5月16日(木)よみうりホールにて一般試写会が行われ、遂に主人公・真栄城亮多を演じる佐野勇斗と、亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎を演じる森永悠希が、映画上映後サプライズ登壇!

舞台挨拶には橋本光二郎監督、森井輝プロデューサーも参加し、映画『小さな恋のうた』の魅力をたっぷりとアピールしました!

登壇を知らない観客たちからは、驚きと黄色い歓声が上り、最後には客席へサインピックのプレゼントもあって大盛り上がりとなりました!

映画『小さな恋のうた』よみうりホール 日程:5月16日(木)
会場:よみうりホール
登壇:佐野勇斗、森永悠希、橋本光二郎監督、森井輝プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph よみうりホールの一般試写会の終了後、佐野さん、森永さん、橋本監督、森井プロデューサーが客席後方からサプライズで登場!

登場に驚く観客たちの歓声に4人は笑顔で応えながら舞台に登壇した。
映画『小さな恋のうた』よみうりホール 佐野さん:今日はサプライズ登壇ということで緊張してますが、この場に登壇できて本当に嬉しいです。すごく感動してます!

と感慨深げに挨拶。

森永さん:他のキャストがみんな色々なところを回っているなか、やっと来れました!上映直後なので、感動で泣いてらっしゃる方もいて、皆さんの熱量を感じています。

と、登壇の喜びを語った。


数あるおすすめのシーンの中でも、大勢のエキストラを前に屋上でバント演奏するシーンが、とくに好きだという佐野さん。

森永さん:あのシーンはエモかったですね~(笑)エキストラの方々と一丸となって盛り上がれたシーンです。

と言うと、

橋本監督:爽やかなシーンですが、日が昇る前から準備して夕方くらいまで、ずっと歌い続けの撮影日でした。

と苦労も語った。


バンドメンバーの中でも唯一バント経験者だったのは森永さん。

森永さん:みんなは初めてで大変だったのでは?

という問いに、

佐野さん:大変でした!劇中で森永くんに怒られるシーンもあるけど、リアルに怒られてましたね(笑)

と練習を振り返った。そんなキャストたちを親の心境で見守っていたという森井プロデューサー。

佐野さん:森井さんの優しさに僕らは何度も救われました。一緒に卓球もやりました(笑)

と仲睦まじい撮影秘話も披露。


最後に・・・

森永さん:いろんなところに映画を広めていただき、この一つの作品をみなさんの力で大きな木にしてもらいたいです!

とアピール、そして

佐野さん:公開1日前の5月23日(木)、新宿歌舞伎町でフリーライブします!ゲリラライブのような感じで楽しいライブになると思うので、みなさん是非来てください!

と公開前最後のイベントを発表。

佐野さん、森永さん、MONGOL800のキヨサクのサイン入りピックのプレゼントもあり、舞台挨拶は大盛況のまま幕を閉じた。
映画『小さな恋のうた』よみうりホール
映画『小さな恋のうた』よみうりホール

5月23日 公開前夜祭 フリーライブ告知映像


『小さな恋のうた』
5月24日(金)全国ロードショー

物語・・・
沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌 を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車 が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、1曲のデモテープと、米軍基地に住む1人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始 める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。
小さな恋のうたポスター
***********************************


出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他     

配給:東映
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17)
Inspired by the songs of MONGOL800





日本とアメリカ、フェンスで隔てられて二つの「国」『小さな恋のうた』第二弾予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『小さな恋のうた』国境(フェンス)越しの”想い”が鳴り響く!!第二弾予告映像解禁

MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。
小さな恋のうた 世代や性別を問わず今なお歌い継がれるこの名曲から生まれた映画『小さな恋のうた』が5月24日(金)より全国公開となります。
小さな恋のうた
そして、この度、そんな彼らの楽曲「小さな恋のうた」が使用された第二弾予告映像が解禁!

5月22日にはCDデビューも決まっている彼らのパワフルな楽曲に彩られ、より一層映画公開への期待が高まる必見の予告編となっています!

公開された第二弾予告映像では、沖縄の小さな町で結成された高校生バンドが東京のレーベルからスカウトを受けプロデビューが決まり喜びの絶頂で盛り上がる様子から始まる。

しかし、包帯の巻かれた手と道路に座り込んだ亮多(佐野勇斗)を映し出すシーンを皮切りに、物語は一転、亮多と航太郎(森永悠希)が掴み合いの喧嘩をする様子や壊れたギターの横で頭を抱える舞(山田杏奈)など、高校生たちが壁にぶつかり苦悩する様子が映し出される。

慎司(眞栄田郷敦)の「友達どころじゃねえんだよ、俺たち。バンドだったんだよ!」という強い想いのこもった言葉や大輝(鈴木仁)がこぶしを力強く突き出すシーンが挿入され、最後には彼らがそれに背中を押され前向きにステージに立つ姿が描かれている。
小さな恋のうた また日本とアメリカ、フェンスで隔てられて二つの「国」が存在する沖縄を舞台に、フェンスの向こうの米軍基地に住む少女(トミコ・クレア)との交流のシーンなど沖縄の等身大の姿と共に、お互いの想いをぶつけあい、やがてそれがメロディーとビートに乗って大きな“叫び”となって響き渡っていく様から、ただの青春映画にはとどまらず、深く強いメッセージが込められた作品ということが伝わってくる。



映画情報どっとこむ ralph 映画『小さな恋のうた』

5月24日(金)全国ロードショー

小さな恋のうたポスター 【STORY】
沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

過去記事:
佐野勇斗、山田杏奈、鈴木仁ら「小さな恋のうたバンド」生演奏 at はいさいFESTA
小さな恋のうた‗ハイサイFESTA

***********************************

出演: 佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
監督: 橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本: 平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17) Inspired by the songs of MONGOL800
配給: 東映
©2019「小さな恋のうた」製作委員会


佐野勇斗 札幌コレクション登壇!『小さな恋のうた』PR!


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。

平成で最も歌われた男性アーティストによるカラオケランキング1位に輝き、新垣結衣やJUJUら60以上のアーティストがカバーするなど、世代や性別を問わず今なお歌い継がれているこの名曲から生まれた同名の映画『小さな恋のうた』が5月24日(金)より全国公開いたします。幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ歳月をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、2つの国と共に生きる若者たちの“生きた青春”を描きます。

そして!

佐野勇斗がGW初日4月27日(土)、ようやく桜が咲き始めた札幌の「北海きたえーる」で開催されたガールズエンタテインメントイベント「SAPPORO COLLECTION 2019SPRING/SUMMER」に出演し、自身が主演を務めた映画『小さな恋のうた』の魅力をたっぷりとアピールしました!

『小さな恋のうた』 札幌コレクション 佐野勇斗トークイベント
日程:4月27日(土)
会場:北海きたえーる(北海道立総合体育センター)
登壇:佐野勇斗 

映画情報どっとこむ ralph 佐野さんが、5月24日(金)公開の映画『小さな恋のうた』のPRのため札幌コレクションに登場。
シークレットゲストとして登場した佐野さんがランウェイを歩くサプライズ演出に、客席からは大きな歓声が上がった。北海道には映画の撮影や音楽活動の際に何度か訪れたことがあるが、札幌コレクションのステージに立つのは初めてだった佐野さんは「熱気がすごい!」と、その盛り上がりに驚いた様子。慣れないランウェイに緊張した様子を見せつつも、映画『小さな恋のうた』の話題になると、主演の風格でしっかりと作品の魅力をアピールした。

平成の音楽シーンを語る上で欠かせない、MONGOL800の名曲「小さな恋のうた」からインスパイアされたこの映画は、約8年もの歳月をかけて大切に作られた作品。本作で主人公・真栄城亮多を演じて、

佐野さん:8年前って、僕はまだ中学生だったのですが、その頃からスタッフの皆さんが練りに練って出来上がった企画。多くの人の思いがこもった作品を、ぜひたくさんの人に観てほしい。

と語った。


さらに、劇中で出演者が自ら楽器演奏をしていることが注目を集めているが、5月22日(水)に「小さな恋のうたバンド」としてCDデビューが決まっていることについて、
佐野さん:楽器を触るのも初めてという状態で、半年ほど練習しました。一緒に過ごしたメンバー5人の仲の良さ、バンド感というのが作品に現れていると思います。

と自信を見せた。
ステージの大きなスクリーンで流れた映画予告編に観客も見入る中、最後は、

佐野さん:母親が、僕の映画史上で一番感動したと言ってくれたんです。M!LKのメンバーも試写で観てくれて、とても良かったと言ってくれている作品なので、皆さん少しハードルを上げて、期待していただいても良いんじゃないかと思っています。北海道でも上映するので、是非劇場でご覧ください!
と力強くアピールし、歓声に見送られながらステージを後にした。

映画情報どっとこむ ralph 『小さな恋のうた』

公式HP:
http://www.chiikoi.com
   


【STORY】
沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる。

***********************************


出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
配給:東映
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17) Inspired by the songs of MONGOL800

想いを叫ぼう!100万人の小さな恋のうたプロジェクト実施中!


映画『小さな恋のうた』“沖縄のリアルを描く” 本予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。平成で最も歌われたカラオケランキングの男性アーティストによる楽曲で堂々1位に輝き、新垣結衣やJUJUら今までに60以上のアーティストによってカバーされ、今この瞬間にも多くの人によってYouTubeやSNSに “歌ってみた動画”が投稿されるなど、世代や性別を問わず今なお歌い継がれるこの名曲から生まれた同名の映画『小さな恋のうた』が5月24日(金)より全国公開いたします。
幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ歳月をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、2つの国と共に生きる若者たちの“生きた青春”を描きます。
 
3/20に公開されたメイキングPVが投稿後1週間足らずで37万視聴(YouTube東映オフィシャルchのみ)を突破。4月4日(木)に行われた本作の沖縄プレミアにて、楽曲の生みの親、MONGOL800(上江洌清作、髙里悟が参加。儀間崇は病欠)のお墨付けを受けて、本作のメインキャストである、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁の5人が「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)として鮮烈メジャーデビューすることが発表されるなど、話題沸騰中の本作から、待望の本予告映像が満を持して公開となりました!

映画情報どっとこむ ralph 公開された本予告映像では、この作品の基となった名曲であり、本作の主題歌でもあるMONGOL800の「小さな恋のうた」にのせて、日本とアメリカ、フェンスで隔てられて二つの「国」が存在する沖縄の今と、そこで生きる高校生たちの等身大の姿など、「青い海と空」のような観光的なイメージとは一味違う模様が描かれている。
映像の冒頭から中盤では、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈らが演じる高校生たちの葛藤と苦悩。そして後半はまるでそれらをバネにしているかのように、ステージに立ち、「想いを伝えよう」と叫び、奏る、前向きな姿が描かれている。

構想8年。幾度となく沖縄に足を運び、そこで暮らす人々や、時には米軍基地内にも取材に入り、構築したオリジナルストーリーを、全編沖縄ロケで撮影したからこそ描き出せた、“沖縄のリアル“。世代、性別、言葉、人種、国境、あらゆる壁を越えていく音楽の力と、小さな島のちっぽけな高校生たちの叫びが”優しい歌“となり世界を変える様子が詰め込まれた予告映像となっている。




映画『小さな恋のうた

既に60万人突破!100万人の小さな恋のうたプロジェクト実施中!
http://www.chiikoi.com

【STORY】
沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる。
***********************************


出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17) Inspired by the songs of MONGOL800
配給:東映
©2019「小さな恋のうた」製作委員会