「将棋」タグアーカイブ

松田龍平へ“初段の免状”を贈呈『泣き虫しょったんの奇跡』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph
この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」が、豊田利晃監督により映画化。

この度、公開記念舞台挨拶が行われ、主演の松田龍平さんを始め、永山絢斗さん、渋川清彦さん、新井浩文さん、松たか子さん、窪塚愛流さん、豊田利晃監督、瀬川晶司五段が登壇!

松田龍平さんへ“初段の免状”を贈呈!「僕に挑戦したい方がいれば受けて立つ」堂々宣言しました!

『泣き虫しょったんの奇跡』公開記念舞台挨拶
日付:9月8日(土)
会場:TOHOシネマズシャンテ
登壇:松田龍平、永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、松たか子、窪塚愛流、豊田利晃(監督)、瀬川晶司五段(原作者)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の熱気冷めやらぬ場内にキャストが姿を現すと大きな拍手に包まれる中、

松田さん:無事に公開して、皆さんに届けることが出来て、ただただ嬉しいです。

とコメントすると、舞台挨拶がスタートした。

まずはMCから撮影中のエピソードについて質問が飛ぶと、撮影中の待ち時間もずっとキャスト同士で将棋を指していたことを明かす松田さん。すると

渋川さん:僕は特に龍平と将棋を指す事が多かったんですが、僕が勝つとすごく龍平が悔しがっていて。

と暴露すると、

松田さん:結構他のキャストのみんなが強かったんですが、渋川さんはちょうど僕と同じくらいの強さで。絶対負けたくないと思いながら指してました。

と明かし、会場の笑いを誘った。そんな和気あいあいとした雰囲気で撮影が行われた本作。

渋川さん:良い雰囲気の中撮影出来ましたね。

との言葉に、

新井さん:この作品は豊田監督の作品で初めて“血”が出てないからじゃないですか?

と“豊田組常連”キャストならではの鋭い指摘が!!!

その言葉に

監督:いつも良い雰囲気です!!

と断言するも、

新井さん:いつもピリピリじゃないですか!(笑)

とツッコミをみせるなど、仲睦まじい様子も垣間見えた。

映画情報どっとこむ ralph 本イベントでは、しょったんの中学時代を演じた窪塚愛流さんも初登壇。初めて“瀬川晶司”を演じる二人と瀬川本人が顔を合わせた。自身を演じた俳優陣に対し

瀬川五段:皆さんとても素晴らしく、“しょったん”を演じ切ってくれたと感謝しています。愛流くんは一年ぶりにお会いしたんですが、すごく背が伸びていて…育ち盛りだなぁと驚きました!

と笑顔を見せ、会場を和ませた。松田さんは瀬川五段を演じるにあたり、

松田さん:とにかく瀬川さんをジッと見ていましたね。将棋のシーンも静かでアクションがあるわけではないので、何気ない動作が映画に効いてくると思ったので、瀬川さんの癖を盗みました。頭を触る癖があるので、撮影中触りすぎてしまって、監督に『やめてくれ』と言われていまいました(笑)。

と明かし、会場の笑いを誘った。


さらに中学時代を演じた窪塚さんは、

窪塚さん:映画の撮影に参加するのは生まれて初めてだったので上手く演技ができるか不安だったんですが、自分なりに精一杯演じようと思いました。

と今回が人生初となる映画の舞台挨拶への登壇ということもあり、緊張した面持ちで、本作に参加した当時を振り返った。そんな窪塚さんに対し、

監督:撮影中、天候の影響で撮影が一カ月ほど間が空いてしまうことがあって。久しぶりに会ったら、めちゃくちゃ身長が伸びていて、繋がるが心配になりましたね(笑)。

と秘話を明かす場面も。


男性キャストが集結する中、内気だったしょったんの背中を押す恩師・鹿島澤を演じた紅一点の松さんは

松さん:私は小学生のしょったんとの撮影しかなかったので、大人のみなさんとは撮影ご一緒することがなかったんですが…、しょったんが立派に成長されていて良かったです(笑)

と役柄同様、温かな目線で本作の感想を語り微笑んだ。そんな松さんが演じる鹿島澤について、

瀬川五段:素晴らしかったです!鹿島澤先生をこんなお綺麗な方に演じていただけて、鹿島澤先生ご本人にも喜んでいただけると思います。

と大絶賛。さらに

瀬川五段:僕も松さんがいらっしゃる撮影現場に行かせていただいたのですが、“瀬川晶司くん!”と名前呼ぶシーンで、モニターを見ながら思わず『ハイ』と声を挙げてしまいました。思い出です(笑)

と語り、会場の笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph さらにイベントでは、公益法人日本将棋連盟から松田さんへ初段の免状が贈呈される場面も!

日本将棋連盟常務の森下さんが登壇し、免状が読み上げられ贈呈されると、場内からは大きな拍手が!さらに免状には佐藤天彦名人と羽生善治竜王の名前が直筆で署名されていて、二人の名前が読み上げられると、場内からは驚きの声が沸き起こった。

免状を受け取った松田さんがMCから一言求められると

松田さん:松田初段です(笑)僕に挑戦したい方がいればドシドシ受けて立つので、よろしくお願いします!

とコメントし、場内を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松田さん:色んな人の想いがつまった映画に出られて、本当に嬉しいです。瀬川さんの半生を感じながら自分と重ねることが出来て、素晴らしい体験が出来ました。そのような気持ちを素直に演じることが出来たと思うので、気持ちが伝わればいいなと思います。

監督:この原作を読んで、人は人との出会いの中で自分がいるんだなと思いました。『泣き虫しょったんの奇跡』の“奇跡”は、人との出会いのことだと思います。今日はありがとうございました!

とそれぞれ挨拶し、ゲスト陣は会場をあとにした。


泣き虫しょったんの奇跡

物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社


松田龍平、豊田利晃監督、瀬川晶司五段「泣き虫しょったんの奇跡」HMV&BOOKSスペシャルトークショー実施!


映画情報どっとこむ ralph 「泣き虫しょったんの奇跡」が、豊田利晃監督により映画化。
主演を務める松田龍平ほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった<主役級>の豪華キャストが集結!第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への正式出品も決定している本作は、9月7日(金)全国ロードショーとなります。

この度、本作の公開を記念して、松田龍平、豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)らが登壇し、HMV&BOOKS SHIBUYAにてスペシャルトークショーが実施されました!


日付:8月18日(土)
場所:HMV&BOOKS SHIBUYA
登壇:松田龍平、豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)


映画情報どっとこむ ralph 満席となった場内には立ち見客もみられる中、松田、豊田監督、瀬川らが登壇すると、会場からは盛大な拍手に包まれた。

本イベントにはローソン・HMV&BOOKS限定カバーの原作本を購入した一般客が招かれているということで、

監督:出会ったのは、8年くらい前。とても素晴らしい作品でした。僕自信も将棋をやっていたこともあり、胸に迫るものがありましたね。

と、原作本を初めて読んだ当時を振り返る。一方で松田さんは自身が主演を務めた『青い春』で監督と撮影を共にした時から、監督が奨励会にいたことを知っていたそう。

松田さん:いつか将棋の映画を撮るんじゃないかなと感じていましたし、その時は出たいなと思っていました。

とすると、

監督:当時はまだ松田龍平は20代。この作品は35歳までの役を演じなければならないんです。ちょうど今、松田龍平は35歳。タイミングもちょうどよかったですね。

と明かした。


「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」という奨励会の規定により一度は夢破れながらも、周囲の人々に支えられ再びプロ棋士の夢を追いかける瀬川晶司五段の半生を映像化した本作。主人公のモデルであり原作者の瀬川五段は、撮影中何度も現場へ足を運んだという。

瀬川五段を演じ松田さんは

松田さん:ずっと瀬川さんを見てました。指し方だったり、佇まいだったり…。おかげで、ご本人からたくさん影響を受けて演じることが出来ました。刺激的でしたし、それが良かった気がしますね。

と語る通り、瀬川さんとの交流が役作りにも生かされた様子。そんな松田さんの熱演に

瀬川五段:僕の周りの方たちは、『瀬川さん役に松田さんは男前すぎる!』と言っていたのですが、映画を観たあとは『松田さんが瀬川さんにしか見えない』と言っていて。松田さんが僕の内面を上手に表現してくれたのだなと思います。

と大絶賛!

一方で、慣れない映画の撮影現場に、戸惑うことも多かったと語る瀬川五段。

瀬川五段:現場では役者さんのことを役名で呼ぶことが多くて。スタッフさんに『晶司さん、出番です!』と言われて返事をしたら、僕ではなく松田さんだったということがあったりもしました」という微笑ましいエピソードも飛び出した。

さらに、松田さん、監督らにも撮影中のエピソードが問われると、

監督:対局シーンにプロ棋士の方が出ています!

と明かす監督。そうそうたるプロ棋士たちと共演して

松田さん:ラストの対局シーンに屋敷伸之さんが出られていて。このシーンは、この対局で勝てばプロ棋士になれるという大事な場面なんですが、屋敷さんが“山”のように見えるというか…、プレッシャーが凄かったです。

と明かした。これには

監督:これは実際に対局した龍平だから分かること。将棋指しは、物怖じしないんですよ。

と頷いた。

松田さん:劇中では女流棋士の方とも対局しました。瀬川さんが好きだった、室谷由紀さんという方で…。

と松田さんからの突然の暴露話に、瀬川も大慌て!

監督:瀬川さんはまだ独身ですからね。これを機にモテ期が到来して幸せになってほしいです!

とのっかる監督に、

瀬川さん:そうなるといいんですけど…って、この話はいいので!(笑)

と思わずツッコミを入れ、終始仲睦まじい様子が伝わる3人のやり取りに、会場は笑いに包まれる場面も見られた。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松田さん:僕は元々将棋に詳しくなかったのですが、知ってからは本当に世界が変わって。将棋には、他の世界にはないドラマがあります。魅力的な世界が広がっているので、将棋を知らない方にもぜひ観ていただきたいです。そして瀬川晶司さんの人生を、たくさんの方に知っていただけたら。

と“将棋愛”伝わるメッセージを送った。そして

瀬川五段:個人的には小中学生の方に観ていただきたいなと思います。僕は子供の頃に何も取り柄もなかったですが、将棋と出会って成長出来たと思っているので、何かに熱中することは人生を豊かにする、そういうことをこの作品を通して気づいて貰えたら嬉しいです。

監督:この映画を作るときに、20代の女性にも分かる映画にしたいと思いました。そして、そういう作品になったと思っています。将棋という、女性にとっては少しとっつきにくいものがあるかと思いますが、そこをぜひ踏み込んでいただいて、映画館に足を運んでいただけたらと思います。

とそれぞれ思い思いに語りイベントを締めました。


泣き虫しょったんの奇跡

9月7日(金)より全国ロードショー!

物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話。
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社
     
   


松田龍平、野田洋次郎、ら総勢10人登壇!『泣き虫しょったんの奇跡』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。松田龍平が『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務める本作は、2018年秋より全国ロードショーとなります。

その完成披露が7月3日に行われ、松田龍平さん、野田洋次郎さん、渋川清彦さん、駒木根隆介さん、新井浩文さん、松たか子さん、小林薫さん、國村隼さん、豊田利晃監督と原作者の瀬川晶司五段が登壇しました。


『泣き虫しょったんの奇跡』完成披露舞台挨拶
日時:7月3日(火)
会場:TOHOシネマズ新宿
登壇:松田龍平、野田洋次郎、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、松たか子、小林薫、國村隼、豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)

映画情報どっとこむ ralph 今回は、喋る前までの撮影しか許可が下りていなかったので、記者全員がシャッタを切る音とフラッシュの嵐の中始まったイベント。

松田さん:今日はありがとうございます。初めてのお客様と言うことで大変うれしく思っています。・・・楽しんでもらえる作品になったと思います。

と言う、これから本編を観るお客さんたちの期待度を上げてくれる言葉からスタート。今回の舞台挨拶に来ている瀬川五段を演じている松田さんは・・・

松田さん:瀬川さんには現場によく来ていただいて・・・本人がいると、気になってしまって、監督の演出されても瀬川さんはそんなことはしないって思っちゃって。嬉しいやら、やりずらいやらでした。将棋も教えてもらって特別な撮影でした。

瀬川五段:そうですね。将棋の場面があるときは行きましたね。

と、将棋の監修をしている感じの撮影現場を語りました。

主人公と幼馴染で親友でライバルを演じた野田さん
野田さん:監督とスタッフの皆さんとキャストの愛が詰まった映画です!作品を楽しんで!

と挨拶する野田さんは、プライベートで松田さんと仲が良いそうで

野田さん:最初は、仲良くさせていただいていて、僕のうちのキッチンは僕よりもいたぐらいです。(笑)だからこそ、僕でできるのか心配でしたが・・・最初のシーンは十数回撮り直しになりました。

と明かす野田さん。

映画情報どっとこむ ralph この二人の先輩で、将棋の世界に誘う重要な役の渋川さん
渋川さん:豊田監督とは20年。一緒に歩んできました。ここにいるのがとても嬉しいです。

と、率直な気持ちを明かし、

渋川さん:豊川七段は本当にいますので、彼がダジャレ好きなので如何にダジャレを織り交ぜるかが気を付きました。後は、将棋を指したり、食事に行くのも、積極的に声を掛けました。

実は、渋川さんのオリジナルのアドリブダジャレ。どのようなものかは本編で!


駒木根さん:大好きな映画に出させていただいて個人的に嬉しいです。スキのない作品です。駒たちが躍動する姿を楽しんでください!

とプロ棋士スタイルな出で立ちの駒木根さんは

駒木根さん:撮影も対局して帰ってくると、控室でみんな将棋指しているとても素敵な現場でした。

と、将棋愛がこぼれる駒木根さんは一番上手かったそう!で、伸びが一番大きかったのは

駒木根さん:永山さんは物凄く情熱があって凄かったです。あと新井さんが強かった!

新井さん:うちはもっぱら麻雀派です!(笑)最弱は妻夫木と染谷。あの二人はニタニタしてやってましたからね。

と、語った新井さんは
新井さん:世界初お披露目です。ここから多くの人に観てもらえると嬉しいので宣伝よろしくお願いします!十数年前に龍平と将棋指したことがあって、めちゃ弱かったんです!それが現場で強くなってて。撮影から時間が経ってから龍平が「伸び悩んでる・・・将棋が上手くならない。と、どこ目指してるんでしょう!?

松田さん:壁にぶち当たってるんです。

と、回答。
松さんは松田さんが小学生だった頃の先生役

松さん:この映画にかかわれてうれしかったです!が、誰ともかかわってなくて・・・今日嬉しいです。

と、豪華な面々を見まわし満足げ。

映画情報どっとこむ ralph 小林さん:僕の役は瀬川さんをプロにする手助けをする役。僕がいないと、この物語がなかったことになる・・凄い重要な役だったんだなと。今思いました。楽し気な人達が沢山出てるので、仲間に入りたいなとオファーを受けました。

と語ります。父役の國村さん。

國村さん:原作を読んだ時に凄い面白いと思っていて、凄いエンターテインメントだと思っていたら、現場で実話だと。現実にこんなことが起こるんだ!と言う奇跡。実際に起こったことだからこその力をご覧ください!

そして、原作者で主人公自身でもある瀬川五段
瀬川五段:遂にこの日が来たなと!とても爽やかな良い作品になっています。原作者として大満足に仕上がっています!

そして、本作が10作目の作品の豊田監督は
豊田監督:素晴らしい原作と素晴らしいキャストと最強のスタッフで気持ちの映画になったと思っています!瀬川さんの原作を7-8年前に読んで、映画にしたくて映画会社を回ったんですけど、どこもダメだと。でも、その後ほかの将棋映画がヒットして、将棋ブームで藤井君が活躍してくれて。。。そしたらみんな乗ってきてくれて。こうして完成しました。藤井君に感謝しています!

夢を追い続ける男の映画です。続けることによる憎しみを愛に変えて成功した瀬川さんの人生です。ミンさん御心に触れるシーンがあれば嬉しいです。

と、イベントを締めました。
映画情報どっとこむ ralph 泣き虫しょったんの奇跡』 

2018年秋、全国ロードショー!

幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう。

主人公の瀬川晶司を演じるのは『舟を編む』で第 37 回日 本アカデミー賞・最優秀主演男優賞ほか数々の賞を受賞し、豊田監督作品には『青い春』『ナイン・ソウルズ』『I’M FLASH!』 と出演を重ねてきた松田龍平。

また、主人公のプロ 棋士編入試験を陰ながら支える親友であり最大のライバル、鈴木悠野役にはプライベートでも松田と親交の深い人気ロック バンド RADWIMPS の野田洋次郎。自身も将棋のプロを目指した過去を持ち、17 歳まで新進棋士奨励会に所属していた経験がある豊田利晃監督の手によって、一度は夢破れた“しょったん”が周囲に支えられながら、再び夢を実現させるためにアマからプロへひたむきに挑戦していく前人未踏の“奇跡”が描かれます!


物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話。26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。



***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸
出演:松田龍平/野田洋次郎/永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一/妻夫木聡/松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫/國村隼

製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
特別協力:公益社団法人日本将棋連盟
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社


新井浩文がシュールな棋士:清又勝のキャラクター写真到着!『泣き虫しょったんの奇跡』


映画情報どっとこむ ralph 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」が、豊田利晃監督により映画化。

松田龍平さんが『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結した本作は、今秋より全国ロードショーとなります。(鳩森八幡神社将棋堂でヒット祈願!の模様はこちら

映画情報どっとこむ ralph この度、個性的な登場人物たちが顔を揃える本作の中でも、ひときわ“強烈なインパクト”を放つ、新井浩文さん演じる清又勝のキャラクター写真が公開となった!

また今回、晶司と清又の試合を始め、対局シーンの撮影では、瀬川五段の協力を仰ぎ入念な将棋指導が施されたという。

瀬川五段:最初とは段違いに上手くなった。

とその将棋の腕前に称賛を送るのは、自身の役を務めた松田さん。その様子を傍で見届けていた

新井さん:その昔、香車が歩を飛び越えて指していた松田さんが、めちゃくちゃ強くなっていてびっくりしました。

と、付き合いの長さを思わせる独特の表現で松田さんの成長ぶりを語っている。現在も第一線で活躍する異色のプロ棋士・“瀬川晶司”を見事に体現した松田さんと、一癖も二癖もある個性派キャラを演じきり、観る者に強烈な印象を残した新井さんです。

映画情報どっとこむ ralph そんなふたりの手に汗握る対局シーンに注目です!!

“異色の棋士”が起こす将棋界の歴史を変えた奇跡の実話を描く、

泣き虫しょったんの奇跡

は今秋全国ロードショー!

幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう―。本作は、一度は夢破れた“しょったん”が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会
©瀬川晶司/講談社


『3月のライオン』 [前編]9/27/[後編]10/18 2部作連続リリース 特典メイキング一部公開


映画情報どっとこむ ralph 男女・年代を問わず幅広い読者層の心を掴み、長く愛され続けている人気コミック「3月のライオン」を、大友啓史監督が本作のBlu-ray&DVDが[前編]を9月27日(水)、[後編]を10月18日(水)に発売となります。
『3月のライオン』Blu-ray&DVD発売に先駆け、[前編]豪華版の特典映像として収録されるメイキング映像より、初共演の神木隆之介と高橋一生が挑んだ映画撮影初日の映像や、リラックスした雰囲気で対局の練習をするキャストたちのオフショット、伊藤英明と佐々木蔵之介の対局シーンのリハーサルの様子などを一部公開。



映画情報どっとこむ ralph 『3月のライオン』Blu-ray&DVD

[前編]9月27日(水) 
[後編]10月18日(水)
2ヶ月連続リリース

Blu-ray 豪華版  各¥6,800+税
DVD 豪華版(¥5,800+税)
DVD通常版(¥3,800 +税)
も同時リリース

発売元:アスミック・エース 
販売元:東宝

(C)2017映画「3月のライオン」製作委員会

***********************************