「寺島惇太」タグアーカイブ

松本勝監督 堺三保、麻宮騎亜がマニアックに語った! 『スターシップ・トゥルーパーズ』ジャパンプレミアム


映画情報どっとこむ ralph 昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。今だ根強いファンに支持されているこの作品の公開20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCGアニメーション映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の日本公開が、いよいよ来週2月10日(土)に迫りました。

この度、2月3日(土)に新宿ピカデリーにてジャパンプレミアムオールナイトを開催。

松本勝監督と本作の世界観監修を務めた堺三保さん、漫画家の麻宮騎亜さん、そしてMCに声優の白石稔さんが登壇し、トークセッションを行いました。

日程:2月3日(土)ジャパンプレミアム オールナイト 上映前トークイベント
場所:新宿ピカデリー
登壇:松本勝監督
スペシャルゲスト:堺三保、麻宮騎亜
MC:白石稔

映画情報どっとこむ ralph MCの白石さんが荒牧監督が急きょ欠席となった理由を
白石さん:1作目からの大ファンなんです。そんな話をしていましたら、いつの間にか司会をすることになってまして嬉しいです。本日お越しの皆様は選び抜かれた愚連隊の皆様でございます!しかし荒牧監督は、インフルという名のバグと戦っている、そしてこちらから援軍を送れないので今日は自宅待機となってます!

と会場を沸かせた。

第1作目の『スターシップ・トゥルーパーズ』が18年ぶりに劇場で上映されることと、第1作目でジョニー・リコを演じたキャスパー・ヴァン・ディーンが声優を務めた字幕版が本日のみの上映という事で、往年のファンや最新作に期待するお客様が深夜開催のオールナイト上映にも拘らず多数来場。

日本公開初日まであと1週間となった本日、本作の松本勝監督、スペシャルゲストとして世界観監修を務めた堺三保さん、漫画家の麻宮騎亜さんが登場すると、会場は大きな拍手に包まれました。
松本監督:本日は寒い中ありがとうございます。共同監督を務めた松本です。僕が業界に入って1、2年目で『スターシップトゥルーパーズ』の1作目が公開されて印象に残っている作品でした。前作含めこの作品に関われてよかったです。よろしくお願いします。

と挨拶。続いて漫画家の麻宮さんは

麻宮さん:なぜここにいるか?というといちSFファンだという事だけです。けして外でやっている宇宙●●では・・・

と言いかけると、司会の白石さんに

白石さん:やめましょう!!それ発進するやつですよね!

と突っ込まれながらも、
麻宮さん:僕らの世代は、原作のハイラインの『宇宙の戦士』が大好きで、スタジオぬえさんが描いたパワードスーツに学生時代興奮を味わった一人ですが、1作目が公開されたときパワードスーツが出てなくってがっくりしました。パワードスーツは残念でしたが、ロジャーヤングという宇宙船に心奪われ、アイコンズの発売にならなかったロジャーヤングのプラモデルを手に入れたんですよ、そうゆう男です。

と自己紹介しつつ『スターシップ・トゥルーパーズ』への熱き思い出を語った。そして『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の世界観監修を務めた堺さんは開口一番

堺さん:補充兵です!僕一応関係しているんですよ。

と自分自身でフォロー、
堺さん:「『インベイジョン』でもそうだったんですが、いつも荒牧さんがSFをやるときに電話で呼び出されて、アイデア出してといわれるんです。個人的には麻宮さんと同じくスタジオぬえの加藤さん、宮竹さんのパワードスーツ大好きなんですが、荒牧さんならではのパワードスーツになるとどうなるかと思いましたが、すごくいいものになってたのでうれしかったです。

と挨拶した。


映画情報どっとこむ ralph MC白石さんより前作の『インベイジョン』と今作でのパワードスーツの違いはと問われ

松本監督:前作でできなかったことを今作でやっています。荒牧さんが原作『宇宙の戦士』をリスペクトしているの話をする中でわかっていたので、その原作の中に、バックパックがあってブーストで飛び跳ねる、という表現があります。それを入れたいということで、ギミックを今作で入れさせてもらいました。ただ、前作はそこにヘルメットを入れたんですが、今作はジェットパックがあるので、ヘルメットは一体どこに入るんだろうと思っています(笑)。

とパワードスーツの謎を話していると、

堺さん:荒牧メカなので、変形しますよ!

突っ込む場面も。


麻宮さん:1作目はバーホーベン監督という事もあり、パワードスーツに期待して観に行ったら、出てこなくてがっかりだったんですよ。どうも日本のアニメで散々出ているのでもういいやということみたいで。

と当時を振り返ると、

堺さん:ベースそこなの?脚本のニューマイヤーに真意を聞いてみたい!

とマニアならでは興味津々。

麻宮さん:パワードスーツが出てこなくてがっかりだったんですが、ロジャー・ヤングという宇宙船がかっこよくて、しかもシリーズずっとあの形ですよね。

と嬉々として麻宮さんが語ると、

松本監督:『レッドプラネット』を制作するにあたりロサンゼルスでエド・ニューマイヤーと荒牧監督と僕で脚本の打ち合わせの時のニューマイヤーさんの話ですが、あのデザインは僕が描いたんだと言っていました。裏どりしてないので本当かどうかわかりませんが(笑)

披露し会場を沸かせていた。

映画情報どっとこむ ralph 司会の白石さんからシリーズに欠かせない人類の天敵!ウォーリアー・バグ!について

堺さん:外にバグのようなそんな虫いねーよと思うんですけど、シリーズを重ねても毎回どんなバグが出るのか楽しみです。

続いて

麻宮さん:やっぱり甲殻系のエイリアンって嫌じゃない?『ロストインスペース』もうじゃーって出てきてたし、他の作品でも大きいサイズの甲殻系のエイリアン出てきてたし。硬そうだし、アーマーつけても、あの硬さで来られたらひとたまりもなさそう。でも『スターシップ・トゥルーパーズ』のファンの方々は甲殻がぶしゅーっと破れる時に快感を得るんでしょうね。

と語った。

松本監督:前作は部隊が戦艦の中、密閉空間だったので、宇宙船の中を歩けるようにバグを少し小さくしています。今回は、広い空間でのバグを見たいよねという話しだったので、大きさを1作目の映画版ぐらいまで戻して、プロポーションも変わっています。大きいものというだけで、絶望感みたいなものが出せるからです。動きに関しては、人を襲う時にこう行きたい(頭から行く感じの動作)んですけど。立ってる時を襲う時頭からだとそのあとが難しいので、横からになります。少しかわいくなる感じです。1作目もそうなっています。

と語った。


最後に・・・

松本監督:今日は1作目に出ていたキャスパー・ヴァン・ディーンとディナ・メイヤーのオリジナルメンバーが声優を担当した字幕版の上映ですが、2月10日からは吹替え版で上映します。よいものが出来上がったと思うので、吹替え版も是非見てください。

と力強く語った。

映画情報どっとこむ ralph はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?
『スターシップ・トゥルーパーズ』
2.10(sat.) 2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]

公式HP:
http://sst-mars.jp/

公式twitter:
@sst_mars


***********************************

小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS/邦題:スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット/監督:荒牧伸志 松本勝/脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.


荒牧監督、松本監督『スターシップ・トゥルーパーズ』ジャパンプレミアム決定


映画情報どっとこむ ralph 昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。
今だ根強いファンに支持されているこの作品の公開20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット』が2月10日(土)に公開となります。

この度、『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズ20周年を記念し、2月10日公開の最新作『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』を含むジャパンプレミアムオールナイトの開催が決定しました!

また、上映前には『スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット』の荒牧監督、松本監督によるトークショウも開催いたします。


★『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』ジャパンプレミアムオールナイト概要★

【開催日】2月3日(土) 【実施劇場】新宿ピカデリー

【時間】
①23:20~1:19 舞台挨拶後
『スターシップ・トゥルーパーズインベイジョン』上映 (30分+89分)
②1:35~3:03
『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』上映 (88分)
③3:30~5:38
『スターシップ・トゥルーパーズ』無料上映 (128分)

※予告編の上映はございません。すべて本編より上映となります。

映画情報どっとこむ ralph 【ゲスト(予定)】荒牧伸志監督、松本勝監督
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。

【鑑賞料金】3,500円均一
※SMT Members各種クーポン券はご利用頂けません。※特別興行につき、前売鑑賞券、招待券など各種鑑賞券はご利用いただけません。※本興行は「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」のみ適用。※「スターシップ・トゥルーパーズ」はブルーレイでの無料上映になります。※「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」を鑑賞なさった方から優先的に「スターシップ・トゥルーパーズ」がご鑑賞頂けます。※「スターシップ・トゥルーパーズ」の無料上映のみご鑑賞希望の方は、優先鑑賞者以外の空席分のみ、23:30より劇場ロビーにて先着にて座席指定券を配布いたします。(配布は24:30迄とさせていただきます。)※空席分がなくなり次第、配布を終了します。またチケット販売時点で完売の場合、座席指定券の配布はございません。


【チケット販売】
[劇場インターネット販売]SMT Members会員様・非会員様共に1月18日(木)24:00~(=1月19日(金)0:00~)
[劇場窓口・自動券売機販売] 1月19日(金) 劇場オープン~

※劇場オープン時に空席のあった場合のみ窓口・自動券売機にて販売致します。

※インターネット販売で完売となった際は、窓口・自動券売機での販売は御座いません。

≪一般発売に関する注意事項≫

※チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。※特別興行につき、前売券・各種割引券・各種招待券・株主優待・SMTMembersクーポンはご利用いただけません。※インターネットでのチケット購入は、下記の各種決済がご利用いただけます。(現金ではご購入いただけません。)

[クレジットカード] MUFG、DC、UFJ、NICOS、VISA、MASTER、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners、UC

[携帯通話料決済] au、docomo、softbank [ウォレット決済]リクルートかんたん支払い、楽天ID決済

※お電話でのご予約は承っておりません。※転売・転用目的の購入は固くお断りいたします。※ご購入後の払い戻し、座席変更は承っておりません。当日はマスコミによる取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』

公式HP:
@sst-mars.jp/

公式twitter:
@sst_mars

2018.2.10 2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]


はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?


***********************************


小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS/邦題:スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット/監督:荒牧伸志 松本勝/脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.


=LOVE 佐々木舞香『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』ヒロイン戦士タミ・カマチョ役に決定!


映画情報どっとこむ ralph SF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。

シリーズ20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCGアニメーション映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の日本語吹替キャストとして参加を発表していた代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースアイドル=LOVE(イコールラブ)の配役が決定!
ジョニー・リコ率いるはぐれ小隊の一員のヒロイン戦士タミ・カマチョ役の座に選ばれたのは佐々木舞香さん。

また、ライブ配信プラットフォームSHOWROOMにて実施したキャスト選抜オーディション企画で見事1位となった諸橋沙夏(もろはし さな)が空港グランドスタッフのサナ役として本作品に登場致します。

他のメンバーに関しても参加が決定していますが、配役の詳細は現段階では未発表となります。

映画情報どっとこむ ralph はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!
舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?

公式HP:
http://sst-mars.jp/
公式twitter:
@sst_mars
公式facebook:
@sst.mars/

***********************************

小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS/邦題:スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット/監督:荒牧伸志 松本勝/脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ
エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS
企画・製作:Lucent Pictures Entertainment  Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA
© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.


洋画吹替え初挑戦で小山力也ら超豪華吹替『スターシップ・トゥルーパーズ』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 今もなお根強いファンに支持される、昆虫型生命体“バグ”と人類との戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。

シリーズ20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が、2018年2月10日(土)に公開日が決定しました。
 
『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズを手掛けてきたエド・ニューマイヤーが脚本を担当!

そして!荒牧伸志監督と本作が監督デビュー作となる新進気鋭の松本勝監督によって、前作を遥かに上回る傑作が誕生しました。


本作の公開日決定と共に、新たに作成された日本オリジナルのキービジュアル&予告編映像が完成。

シリーズを象徴する“バグ”に埋め尽くされた火星の地を背にしたリコと初登場となる”はぐれ小隊”の面々が初お披露目。

併せて公開された予告編では、シリーズのファンにはたまらないカルメン、カール、1作目で死んだはずのディジー、地球連邦軍司令官のエイミーが不敵な笑みを浮かべるシーンなど新たな映像が解禁されました。

映画情報どっとこむ ralph また本作の吹替キャストを一挙に解禁!

前作は字幕版のみでの公開でしたが、本作では、小山力也、上坂すみれ、小野賢章、喜多村英梨、内田彩、寺島惇太と実力派の豪華声優陣をキャスティング。

CV:小山力也/ジョニー・リコ役
<左遷された元将軍>歴戦の戦士にして連邦軍の元将軍。
地球防衛圏内にバグの侵攻を許したことから、火星に左遷させられた。

CV:上坂すみれ/ディジー・フロレス役
<死んだはずの恋人>リコの元恋人。勝ち気な女戦士だったが戦闘中に命を落とした。
死後、20年を経てなぜかリコの前に姿を現わす。

CV:小野賢章/カール・ジェンキンス役
<何かを企む超能力者>地球連邦の超能力戦略担当大臣。
他人の心と交信する超能力の持ち主。スナップに反抗したため拘束される。


CV:喜多村英梨/カルメン・イバネス役
<男勝りの敏腕女艦長>ジョン・A・ウォーデン号艦長。
ハイスクールの同期であるリコやカールに、今も強い連帯意識を抱いている。

CV:内田彩/エイミー・スナップ役
<支持率命の総司令官>連邦軍最年少の総司令官。
「人類史上最も聡明な女性」と言われているが、権力に憑かれた野心家でもある。

CV:寺島惇太/トシ・ババ役
<火星育ちの補佐官>火星で生まれた、はぐれ小隊の一員。
リコの補佐官を務めているが、ミスも多い。動画のアップロードが趣味。

そして、代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE(イコールラブ)」がハリウッド作品に大抜擢。

CV:=LOVEより1名/タミ・カマチョ役
<はぐれ小隊の紅一点>男勝りでぶっきらぼうだが、仲間との連帯意識は強く、思いやりもある。
大量のバグに体を張って立ち向かう勇敢な歩兵。
=LOVEの配役に関しては、監督審査+ライブ配信プラットフォームSHOWROOM(https://www.showroom-live.com/)でのイベント結果を参考に決定致します。


映画情報どっとこむ ralph 東京コミコン2017出展決定 12/1(金)~12/3(日)

展示ブースでは、実写映画シリーズの撮影で実際に使用したプロップなどを展示予定。

※東京コミコン公式サイト:
http://tokyocomiccon.jp/

映画情報どっとこむ ralph スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS

公式HP: http://sst-mars.jp/
公式twitter:https://twitter.com/sst_mars


はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?

***********************************

小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

監督:荒牧伸志 松本勝
脚本:エド・ニューマイヤー
プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一
プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ
音楽:高橋哲也
制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions
配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.


寺島惇太、五十嵐雅登壇!KING OF PRISM-PRIDE the HERO-4DX上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』は全国56館で6月10日に公開し、既に2ヶ月以上経過するも、依然としてキンプリ旋風が夏休みの映画館を盛り上げています!

そんな中、前回の『KING OF PRISM by PrettyRhythm』でも大好評だった本作の4DX上映が、『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』は更にパワーアップし、8月26日(土)より4DX上映が全国47館でスタート!!これを記念し、ユナイテッド・シネマ豊洲にて一条シン役の寺島惇太&鷹梁ミナト役の五十嵐雅さんをゲストに迎え舞台挨拶がおこなわれました!!

劇場版アニメ「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」
≪4DX上映記念舞台挨拶≫
KING OF PRISM-PRIDE the HERO-舞台挨拶

日程:2017年8月27日(日)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇: 寺島惇太、五十嵐雅

映画情報どっとこむ ralph 会場は当然のことながら超満員! 4DX上映後の興奮冷めやらぬ雰囲気の場内に、ゲストの寺島さん&五十嵐さんが客席を通り登場するとファンのボルテージは最高潮に!!

まずは

寺島さん:朝からこんなにもたくさんのお客さんがご来場ください嬉しいです!!

と感謝を述べてトークがスタート。

寺島さんと五十嵐さんのお二人での舞台挨拶は、6月10日の全国公開前に行った名古屋の試写会以来で・・・。

五十嵐さん:名古屋の時、ひっちゃかめっちゃかやっても、結果、惇ちゃんが締めてくれる安心感あります。

と満面な笑みな五十嵐さんとは対照的に

寺島さん:ぼくはいつもハラハラドキドキ。五十嵐さんは4DXみたいな存在なので。。。

と不安気持をもらし笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 昨日(26日)行われたアニメロサマーライブの感想を聞かれると、声を揃えて

寺島さんと五十嵐さん:アリーナのような大きな会場でイベントをさせてもらえて、本当に嬉しかった

五十嵐さん「登場の時、ステージがせり上がって、すごい数のライトで照らされたんです。光の海ですよ。すごいキラキラした世界で興奮しました。ただ1階の人は顔が見えたのですが、2階&3階のお客様はペンライトしか見えなくて少し残念でしたが、でも今日はみなさんの顔がしっかり見れてコミュニケーションもとれるから嬉しいです!

っと大はしゃぎな五十嵐さん。
そんな五十嵐さんを微笑ましく見ている

寺島さん:ライブ前、前室でメンバー全員でレディースパーキングをやったんです。リアルキンプリでした。

とライブ思い出を披露しました。


またライブはエーデルローズ生が歌唱している本作品のエンディングテーマ「Vivi℃ Heart Session!」を披露。

寺島さん:この曲を収録したのは、約1年半前。まだ『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』の上映も決まっていない段階だったので、この曲がエンディングテーマになってビックリしました。収録は夏に行ったのですが、ちょうど夏らしい曲に仕上がっていると思います。

五十嵐さん:収録の頃は、まだ可能性を信じている段階だった。この曲を歌っていると、あの頃を思い出しますね。

と感想を述べました。エンディングテーマ「Vivi℃ Heart Session!」など、挿入歌を収録したサウンドトラックが、9月27日より発売です。

映画情報どっとこむ ralph そしていよいよ、トークは4DXへ。
上映より先駆け試写会で4DXを体験して

五十嵐さん:凄かったでしょ?! 前作よりライブシーンが増えているから、4DXがパワーアップしてますよね。これ、本当にアトラクションですよね?!

と興奮気味!!!まだ本作の4DX未体験の寺島さんは、

寺島さん:アレクが会場を壊すシーンとか、4DXで観たら凄そうすよね。前作の4DXが好評だったからこそ、こうして本作品も4DXで上映することができました。みなさんのお陰です。アトラクションの要素が強い作品なので、4DXで見てもらえると、さらに魅力が増すと思います! 遊園地に行けなくて、映画館に来たけど何を見ようかなっと思っている人。ぜひ見てください。アトラクションムービーとして楽しんでもらいたいです。

と、宣伝さんが泣いて喜びそうな本作品を知らない人にも楽しめる作品であることを自信をもってアピール!

最後は会場のお客さんと一緒に、

寺島さん&五十嵐さん:4DXもレディー  スパーキング!

の掛け声で、会場は一体となりイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph キンプリ初のライブイベント
「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!」
ライブビューイング上映決定!(本日AM10時解禁済み情報)
10月21日に幕張メッセイベントホールで行われるスペシャルイベントが、
大好評完売御礼につき全国の映画館でライブビューイングを行うことが決定しました!
ライブビューイング上映劇場では、ライブ中継前にこの日だけのオリジナルウェルカムムービー付き『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』本編の上映(別料金)もございます。
【日時】
2017 年10月21日(土)
【夜の部】開演18:00予定
※開演時間は変更になる可能性がございます
※昼の部のライブビューイングはございません
寺島惇太(一条シン役)、斉藤壮馬(太刀花ユキノジョウ役)、畠中祐(香賀美タイガ役)、八代拓(十王院カケル役)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役) 、永塚拓馬(西園寺レオ役)、内田雄馬(涼野ユウ役)、武内駿輔(大和アレクサンダー役)
※敬称略※出演者は変更になる可能性がございます。
【実施劇場】
ディノスシネマズ札幌劇場/TOHOシネマズ仙台/T・ジョイPRINCE品川/TOHOシネマズ六本木ヒルズ/新宿バルト9/TOHOシネマズ渋谷/ユナイテッド・シネマ豊洲/イオンシネマ多摩センター/横浜ブルク13/川崎チネチッタ/シネプレックス幕張/TOHOシネマズららぽーと船橋/ユナイテッド・シネマ浦和/TOHOシネマズ水戸内原/109シネマズ高崎/T・ジョイ新潟万代/シネシティザート/TOHOシネマズ名古屋ベイシティ/ミッドランドスクエアシネマ/J MAX THEATERとやま/イオンシネマ金沢フォーラス/梅田ブルク7/TOHOシネマズなんば/T・ジョイ京都/神戸国際松竹/アースシネマズ姫路/イオンシネマ岡山/広島バルト11 /イオンシネマ綾川/T・ジョイ博多/ユナイテッド・シネマ熊本
【出演者】
寺島惇太(一条シン役)、斉藤壮馬(太刀花ユキノジョウ役)、畠中祐(香賀美タイガ役)、八代拓(十王院カケル役)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役) 、永塚拓馬(西園寺レオ役)、内田雄馬(涼野ユウ役)、武内駿輔(大和アレクサンダー役)
※敬称略※出演者は変更になる可能性がございます。
【チケット】
3,800円(税込/全席指定)
※本会場同様3歳以上有料。3歳未満入場不可
※出演者変更に伴う払戻し不可
※別途プレイガイド手数料がかかります
■主催
エイベックス・ピクチャーズ株式会社

映画情報どっとこむ ralph 繋がれた絆が今、動き出す
劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

6月10日(土)より新宿バルト9ほか大ヒット全国公開中


***********************************

監督:菱田正和、
脚本:青葉譲、CGディレクター:乙部善弘、キャラクター原案&デザイン:松浦麻衣、
プリズムショー演出:京極尚彦、音楽:石塚玲依、音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ、
音響監督:長崎行男、音響制作:HALF H・P STUDIO、
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
アニメーション制作:タツノコプロ、配給:エイベックス・ピクチャーズ、
製作:キングオブプリズムPH製作委員会

キャスト
神浜コウジ:柿原徹也、速水ヒロ:前野智昭、仁科カヅキ:増田俊樹、
一条シン:寺島惇太、太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬、香賀美タイガ:畠中祐、十王院カケル:八代拓、
鷹梁ミナト:五十嵐雅、西園寺レオ:永塚拓馬、涼野ユウ:内田雄馬、
法月仁:三木眞一郎、如月ルヰ:蒼井翔太、大和アレクサンダー:武内駿輔、
氷室聖:関俊彦、黒川冷:森久保祥太郎、山田リョウ:浪川大輔

製作年/製作国/上映時間2017年/日本/69分
(C)T-ARTS/ synSophia / エイベックス・ピクチャーズ/ タツノコプロ/ キングオブプリズムPH製作委員会