「寛一郎」タグアーカイブ

門脇麦主演『チワワちゃん』初映像となる特報とティザービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として世に放たれる!

この度、本作の公開日が2019年1月18日(金)に決定し、初映像となる特報とティザービジュアルが解禁となった!
チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。主人公のミキ役には、『愛の渦』(2014)のヒロインで注目を浴び、以後、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇 麦。チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には若手最注目俳優の成田 凌、ヨシダの親友カツオ役には2017年に俳優デビューを果たし既に注目作品に引っ張りだこの寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役には、同年代女性から支持されモデル・女優として活躍する玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、映画・TV・舞台と幅広く活動している村上虹郎と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演!

映画情報どっとこむ ralph この度解禁となる特報の中で描かれるのは、夜の町を疾走したり、ナイトプールで水中キスしたり、駐車場でボウリングをしたり…、“チワワちゃん”を中心とした若者たちが全力で“今”を楽しむ姿。エネルギッシュで派手な映像とは裏腹に、「バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した。それが、私の知っている“チワワちゃん”のことだとは最初思わなかった。」という門脇麦演じるミキの衝撃的なナレーションが、儚い青春の終わりを予感させる特報になっている。
また、大学在学中にインスタグラムで人気に火がつき、女性ファッション誌から引っ張りだこの人気フォトグラファー、Tammy Volpe(タミー・ボルピ)の撮り下ろしによるティザービジュアルも解禁!映画のタイトルにもなっているキーパーソン“チワワちゃん”役に大抜擢された期待の新人女優、吉田志織が成田凌の膝の上に乗り抱きつくビジュアルに「“チワワちゃん”が死んじゃった」というインパクトあるキャッチコピーが並び、ビジュアルとのギャップが印象的な仕上がりとなっている。

特報にも挿入されている主題歌は、 “ハバナイ!”の愛称で活動している新世代バンドHave a Nice Day!が手がける「僕らの時代」で決定。以前、ハバナイに短編の劇伴を依頼したこともある二宮監督が声をかけたところ、「ぴったりな新曲がある」と逆オファーをされた楽曲だ。主題歌について、二宮監督は「運命的な巡り合わせだと思う。“息もできないほど~僕らの時代”という歌詞が、まさにこの映画そのものだし、いい意味で僕の想像を超えてきてくれた」、主演の門脇麦は「まるで映画を見て歌詞を書かれたかのように、ぴったり合っていて驚きました」と語っている。

映画『チワワちゃん

2019年1月18日(金) 全国ロードショー!
公式HP:
chiwawa-movie.jp

***********************************

門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15

2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分
©2019『チワワちゃん』製作委員会


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 オープニング作品『君がまた走り出すとき』製作決定!エキストラ大募集


映画情報どっとこむ ralph 川口市は、埼玉県と共催するSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の15周年を記念し、川口市を舞台としたオープニング作品を製作することが決定しました。
本作の製作にあたり、川口市や本映画祭、またはSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザの若手支援事業にかかわりのある監督から広く企画を公募し、50に及ぶ応募企画の中から、人生に行き詰った人たち、逃げ続けている人たちが、日本人男性で初めて世界の6大マラソンを走破した実在の人物・古市武さん(川口市在住)の姿を見てマラソンを始めることで、人生と向き合う人々のヒューマンドラマ作品を応募した中泉裕矢がオープニング作品を監督することが決定。

中泉裕矢監督コメント
最近改めて自覚するのが「映画はやりたいこと」だということです。やりたいことをやろうと始めた映画製作を、認めてくれて多くの人に見て もらう機会をくれたのがSKIPシティの映画祭でした。好きなことを続けていいと言われた気がしたのを、今でも思い出します。この映画祭へ の気持ちは、今回の作品を作る過程でも良い影響になっております。多くの人に楽しんでもらえる作品にしようと思っています。


映画情報どっとこむ ralph 本作の主演には昨年、『心が叫びたがってるんだ。』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など立て続けに話題映画に出演し、今年もドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演。

今後、更なる飛躍が期待される若手俳優・寛一郎が決定。

寛一郎さんからのコメント
自分もいつかは主演をやらせて頂ける時が来るのかな。と考えることが時々あり、でもまだ主演はやれ ないなーと思っていた時にこのお話をいただいて驚きました。こうやってコメントを考えながらもま だ実感できてません。みなさんといい作品が作れたらなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインには10代からCM、モデルとして活躍しながら、映画、ドラマなど数多くの作品に参加して女優として活躍する山下リオが出演。

山下リオさんからのコメント
今年で15周年を迎えるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニング作品。 数々の作品のトップバッターということで、今からドキドキしてしまいますが、国、長編・短編問わ ない、映画の輪の中に私も参加させていただき嬉しく思います。 走ることを通して見えてくる、人間模様やキャラクターが魅力的で、もうすでに作品に登場する人々が 大好きになっている自分がいます。チーム一丸となって、撮影を走り抜けていきたいと思います。

さらに長年、映画、ドラマに出演し、2016年には『ゆずの葉ゆれて』にて第1回ソチ国際映画祭で主演女優賞を受賞した実力派女優・松原智恵子も参加。

松原智恵子さんからのコメント
16歳から映画の世界に入り57年間100本以上の映画に出演し、テレビの方も数えきれない程色々な作品にめぐり逢い 演じてきました。そして今回の映画は実年齢と共に年相応の作品に出逢いました。ボケているような、いないような とても難しい役柄を演じます。主人公が色々な人々と触れ合うことで本当に大切なことは何か?人生には時に向かい 風や追い風、様々な風が吹いてきます。マラソンを通してそれぞれが抱えている問題を乗りこえていき成長していく ことを私自身もうまく表現できるよう頑張ってまいります。監督をはじめ若いキャスト・スタッフのみなさんとの新 しい出会いに今からドキドキしています。楽しい現場にしていきたいと思っております。

他にも浅田美代子、長谷川初範、菜葉菜、辻本祐樹など実力派が脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作は5月上旬から川口市がメインロケ地として撮影スタートし、エキストラとして市民が参加できる地域参加型映画として展開。

映画エキストラの募集について

マラソン大会シーンでのエキストラを多く募集しております。
また、平日等に他シーンの撮影に関しましても募集。みなさまのご応募をお待ちしております!
募集内容
○マラソン大会ランナー役(300名程度)
○マラソン大会観客及び大会関係者役(300名程度)
撮影予定日 5月19日(土)、雨天時20日(日) (撮影場所はご登録後、制作会社よりご案内いたします)
○その他の役 撮影日・撮影場所 調整中 (ご登録後、制作会社よりご案内いたします)
登録の詳細は川口市ホームページ:こちら


本作は7月13日に<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018>オープニング作品として上映、その後、2018年度内に劇場公開を予定しています。

映画『君がまた走り出すとき

公式HP:
kimimata.com

ツイッター:
@kimimata_m

映画情報どっとこむ ralph
<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭とオープニング作品について>

2004年から開催しているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、世界ではじめてデジタルで撮影・制作された作品にフォーカスした国際コンペティション映画祭で、今年15周年を迎えます。
毎年、世界各国の国と地域から集まる多数の応募作品の中から、エンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を上映するとともに、日本映画界の次代を担うクリエイターを発掘・紹介してきました。今年で5本目となるオープニング作品の製作もそのひとつで、映画祭が主体となり、若手監督による長編作品の製作・上映を支援するプロジェクトとして行っています。

©2018 川口市
***********************************



岡崎京子の『チワワちゃん』実写映画 製作決定!! キャスト&監督 意気込みコメント!


映画情報どっとこむ ralph 『へルタースケルター』(2012)、『リバーズ・エッジ』(2018)に続き、1994年に発表された漫画家・岡崎京子の傑作青春物語「チワワちゃん」の実写映画化決定しました!!キャストと監督が発表になり、意気込みコメントが到着しました。


東京でありったけの若さを謳歌する男女のグループ。

そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって東京湾で発見された。

残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もがチワワの本名も境遇も本性も知らないまま一緒にバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった。

チワワを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。

主人公のミキ役には、2014年、『愛の渦』のヒロインで注目を浴び、以後数々の作品に出演し、2018年エランドール賞新人賞にも輝いた若手実力派女優の門脇麦。

門脇 麦さんからのコメント
若いって楽しくて自由で滅茶苦茶で、でも寂しくて苦しくて不安定で痛くて。そんなたくさんの想いをみんなと現場で詰め込むことができればと思います。そして、そのたくさんの想いが映画の中で爆発しますように。二宮監督と力強い共演者たちと、この「チワワちゃん」という岡崎京子さんの青春の物語を一緒に創れること、とても嬉しく思います。精一杯頑張ります。

映画情報どっとこむ ralph チワワの元カレ・ヨシダ役には、若手最注目俳優の成田凌。

成田 凌さんからのコメント
生きづらい世の中のちょっとした救いの映画になれば、と思います。プロデューサーが、革命を起こそうと言いました。起こせる気がします。何がどう革命なのかは、二宮健監督が分かっていて、僕達俳優部は監督を信じてただ前だけをみて仲間を信じてこれからの毎日を生きます。素敵なスタッフやキャストの皆様とこの映画を作れることがとても嬉しいです。役者をやっていてよかったと言える作品になる事を願い、ヨシダという役を愛し、生きたいと思います。


ヨシダの親友カツオ役には、2017年に『ナミヤ雑貨店の奇跡』で俳優デビューを果たした寛一郎。

寛一郎さんからのコメント
まず岡崎京子さん原作の実写に出れることを嬉しく思います。最近こういった青春映画は少ないので撮影が楽しみです。原作にはそれぞれのキャラクターの詳細がほとんど書かれてないので、脚本を読むのが楽しかったです。カツオ、皆とコミュニュケーションを取りみんなのことを考えてるいい奴です。


チワワの親友ユミ役には、同年代女性から支持されモデル・女優として活躍する玉城ティナ。

玉城ティナさんからのコメント
私はユミ役を演じさせてもらいます。岡崎京子さんの作品も、10代前半からずっと読んでいるので、この「チワワちゃん」に携われる事が不思議なのと同時にとても光栄に思っています。チワワがいた。そういう瞬間や空気を他のキャストの皆さんと協力しつつ、嘘なく漂わせていければいいなあと思います。初の二宮組、ドキドキしていますが濃密にいい時間を過ごせますように!


映画情報どっとこむ ralph チワワ役には、新人ながら大抜擢された吉田志織。

吉田志織さんからのコメント
今回、チワワが決まってから乗り越えて行かなくちゃいけない壁があり毎日緊張感がある日々を過ごしてきました。チワワをどんどん知っていくとチワワは何にでも瞬発力が凄くて好きか嫌いかではなく、好きか大好き、の中で生きていて本当に真っ直ぐな女の子なんだと思いました。そんなチワワを全身で、全力で演じきりたいと思っています。


チワワに想いを寄せるナガイ役には、2014年に『2つ目の窓』で主演デビューし、映画・TV・舞台と幅広く活動している村上虹郎。

村上虹郎さんからのコメント
内容が想像もつかずすぐに原作を手に取りました。初の岡崎京子さん作品にふわふわワクワクしました。僕が演じるナガイは原作にも登場しますが、映画では少し違います。鮮やかでスケールのおおきい映画づくりをする二宮監督と、強烈な”毒物”をみなさんにお届けしたいと思います。

さらに、ライターのユーコ役に栗山千明(友情出演)。

栗山千明さんからのコメント
引き込まれるシナリオで映像になるのが楽しみです。率直にそう思える作品に参加できて嬉しく思います。チワワちゃんという女性を探ると見えてくる人間関係。そこに愛情や嫉妬、、、人間らしさを感じました。私の役は鑑賞して下さるお客様と同じような視点です。撮影はこれからですが精一杯、務めさせていだだきます。どうぞ楽しみになさってください。


カメラマンでチワワの新しい恋人のサカタ役に浅野忠信

浅野忠信さんからのコメント
二宮監督の作品に出れることが楽しみで仕方ありません!

と、実力派俳優が脇を固める豪華キャストの共演が実現!!


映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本を手掛けたのは、2017年、『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』で商業映画デビューを果たした二宮 健(26)。10代から40本以上の自主映画を制作。2015年、大学の卒業制作作品『SLUM-POLIS』が国内外の映画祭で上映され話題となり劇場映画デビュー。17年4月には自主映画『MATSUMOTO TRIBE』がレイトショー公開。若手監督の中でも圧倒的な映像と音楽のセンスを持つ二宮監督が、エネルギーに満ち溢れた20代前半の「青春の爆発と終わり」をハイテンポで描きます。

二宮 健監督からのコメント
岡崎京子先生の「チワワちゃん」が大好きで、絶対に自分が映画化する!と目標を掲げてやってきました。34ページで描かれた青春の群像に、永遠に変わらない若者たちのダイナミズムと悟りがあったのです。いよいよ本格始動、とんでもない高揚感です。素晴らしいスタッフ・キャストたちと共に、新たな青春映画のバイブルをお届けできるよう、全力を尽くさせて頂きます!


本作品は、2018年3月23日(金)よりクランクインし、現在絶賛撮影中。
公開は2019年を予定。

***********************************

門脇麦
成田凌 寛一郎
玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
原作:岡崎京子「チワワちゃん」(KADOKAWA)
監督・脚本:二宮 健
ⓒ2019「チワワちゃん」製作委員会
配給:KADOKAWA


染谷将太主演『空海―KU-KAI―』日本語吹替に高橋一生、吉田羊、東出昌大ら超豪華布陣


映画情報どっとこむ ralph 約5万スクリーンにて12月22日(金)中国公開、日本では来年2月24日(土)公開となる『空海―KU-KAI―』。

そのサブタイトルが「美しき王妃の謎」に決定、『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』にパワーアップ。

そして、日本語吹替キャストに高橋一生、吉田羊、東出昌大、イッセー尾形、寛一郎、六角精児、不破万作、金田明夫、六平直政、沢城みゆき、花澤香菜、早見沙織、山寺宏一らバラエティに富んだ超豪華キャスト陣が決定しました!!

映画情報どっとこむ ralph さらに!本作の超超超豪華な日本語吹き替えキャストが決定!!主人公・空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天に、人気実力を兼ね備え、今最も注目を集める俳優・高橋一生。
中国の実力派俳優として活躍するホアン・シュアンが演じる白楽天に、高橋の深みのある声が重なり、物語をよりドラマティックに彩ります。

高橋一生さんからのコメント
空海が唐に渡った足跡は、実は意外と知られていないのではないかと思います。もちろんこれは「物語」ではありますが、この映画を観て、空海と白楽天の数奇な旅を、ぜひ体感していただきたいです。


阿倍仲麻呂を虜にした“傾国の美女”楊貴妃には、映画やドラマで大活躍中の実力派女優・吉田羊。乱世に翻弄された儚さと、芯のある強い女性の二面性を優雅に演じます。

吉田羊さんからのコメント
幻想とリアルが入り混じる甘美な夢物語と、絶世の美女の声という稀有なオファーに惹かれお引き受けしましたが、自分のではないお芝居に声を充てるのは想像以上に難儀でした。声は自分の芝居なのに画は人の芝居の呼吸に合わせなくてはならない、そして必ずしも画の芝居通りではなく、声には大きめの表情がないと伝わり辛い…大変勉強になりました。また、声のトーン、抑揚、強弱、これらが絶妙なバランスで成立して始めて「品」が備わるのだということが楊貴妃を演じて感じたことです。楊貴妃の美しさを増幅させている北京語特有の柔らかでたおやかな響き。日本語に変わっても尚、それが伝わりますように。


そして、初の声優業となる東出昌大は、幻術師の弟子・白龍の声を力強く演じます。

東出昌大さんからのコメント
チェンカイコー監督の作品に少しでも携われたことを、大変嬉しく思います。映画は荘厳で妖艶な魅力に溢れており、吹き替えをやるにあたって拝見した映像にも、目が釘付けになりました。吹き替えのお仕事は初めてで、しかも物語の中でのキーパーソンとなる役を演じれた事も光栄でしたが、以前も別の作品で共演した寛一郎君と再共演出来たことが嬉しかったです。是非楽しみに待っていて下さい。


楊貴妃を溺愛するあまり、中国王朝を揺るがした、唐の9代皇帝・玄宗を、ベテラン実力派イッセー尾形。

イッセー尾形さんからのコメント
オファーの際には、とても嬉しくもあり、また声だけで出来るかなと、ちょっと不安でした。収録最中はディレクターさんのアドバイスに沿う事に集中です。すごくスケールの大きな画像を見ながら、デリケートになれ!と祈ってました。役作りについては、ともかく玄宗役の中国の俳優さんとの年齢差!これをなんとかして埋めようと、それが大テーマでした。(笑)玄宗さんはとても丁寧に役を作っておられました。どんなに小声で喋っても家来は耳を大きくして聞かざるを得ない!そんな風にナイーブに役作りしておられました。公開に向けては、染谷さんにまず注目です。若々しい空海に、ややこしい皇帝周辺事情のど真ん中に飛び込んでキリリッと成りきってます。堂々とした阿部さん、いとおしい火野さん、複雑な役の松坂さんの存在感。皆さんすごいです!


白龍と兄弟のように育った丹龍役を、初の声優業となる寛一郎。

寛一郎さんからのコメント
初めての吹き替え、アフレコだったので単純に難しかったです。映像を通して芝居をするのと声だけの芝居って言うのは全く別のものなんだなと今回勉強になりました。この空海という映画に欠かせない丹龍と白龍。その丹龍をやらせていただいたことを光栄に思います。

さらに、六角精児、不破万作、金田明夫、六平直政、山寺宏一と、声の出演だけではもったいない、バラエティ豊かな超豪華キャストが集結!!染谷将太、阿部寛、松坂慶子、火野正平ら日本出演キャストとの、空前絶後のコラボレーションにご期待下さい!

キャスト
高橋一生(37)・・・白楽天(はくらくてん)役/ホアン・シュアン
吉田羊・・・楊貴妃(ようきひ)役/チャン・ロンロン
東出昌大(29)・・・白龍(はくりゅう)役/リウ・ハオラン
イッセー尾形(65)・・・玄宗皇帝(げんそうこうてい)役/チャン・ルーイー
寛一郎(かんいちろう)(21)・・・丹龍(たんりゅう)役/オウ・ハオ
六角精児(55)・・・李白(りはく)役/シン・バイチン
不破万作(71)・・・黄鶴(こうかく)役/リウ・ペイチー
金田明夫(63)・・・高力士(こうりきし)役/ティアン・ユー
六平直政(63)・・・妖猫役
沢城みゆき・・・春琴(しゅんきん)役/キティ・チャン
花澤香菜・・・玉蓮(ぎょくれん)役/チャン・ティエンアイ
早見沙織・・・牡丹(ぼたん)役
山寺宏一(56)・・・瓜翁(うりおう)役/チェン・タイシェン

映画情報どっとこむ ralph 空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎

2018年2月24日(土)全国東宝系にて公開!!
http://ku-kai-movie.jp/


日中共同製作映画史上最大の本格ビッグプロジェクト。
監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドールなど多数の受賞歴を誇る世界的巨匠チェン・カイコー。
原作は、夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」。

主人公の若き天才僧侶・空海を演じるのは、本作が海外作品初主演となる染谷将太。空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天には、中国内で絶大な人気を誇る、実力派人気俳優ホアン・シュアン。
本作の最重要人物、傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃には、類まれなる美貌と実力を持ち合わせた女優チャン・ロンロン。さらに、空海と白楽天が追う怪事件のカギを握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂には阿部寛。その他、松坂慶子や火野正平など、日中オールスター俳優がチェン・カイコー監督の下に集結、絢爛豪華な世界観を作り上げます。

ストーリー
1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」――。楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか…?空海と白楽天、二人が辿り着いた真実とは…?海を渡った若き天才僧侶・空海と、中国が生んだ稀代の詩人・白楽天。二人はやがて、歴史に隠された哀しき運命と対峙することとなる―。

***********************************

染谷将太 ホアン・シュアン
チャン・ロンロン/火野正平/松坂慶子 
キティ・チャン/チン・ハオ/リウ・ハオラン/チャン・ティエンアイ/オウ・ハオ
チャン・ルーイー/シン・バイチン/リウ・ペイチー
阿部寛
声の出演:高橋一生 吉田羊 東出昌大 イッセー尾形
寛一郎 六角精児 不破万作 金田明夫 六平直政 沢城みゆき 花澤香菜 早見沙織 山寺宏一
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)
主題歌:RADWIMPS「Mountain Top」 (ユニバーサルミュージック/EMI Records)
監督:チェン・カイコー
配給:東宝 KADOKAWA 文化庁助成金(ロゴ)
©2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film


中島健人ら感激の合唱!『心が叫びたがってるんだ。』ファンへの感謝を叫ぶ!


映画情報どっとこむ ralph 心を揺さぶる感動作として大ヒットを記録した、劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』(通称: “ここさけ” )の実写映画『心が叫びたがってるんだ。』が全国にて絶賛公開中です。すれ違いながらも、目の前の大切な人に気持ちを伝えようとする彼らの姿が心を打つ、この夏、一番泣ける、青春共感ラブストーリーです!

大ヒット子公開中の本作に関し、中島健人さん、芳根京子さん、石井杏奈さん、寛一郎さん らキャストからファンへの感謝を伝える、公開記念ありがとう舞台挨拶イベントが行われました。

映画『心が叫びたがってるんだ。』公開記念ありがとう舞台挨拶イベント
日時:8月2日(水)  
場所:新宿バルト9 Sc.9
登壇:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みにより中島健人はじめ芳根京子、石井杏奈、寛一郎が登場。

すると客席からキャストへの歌のサプライズが!歌われた曲は、映画の中で重要なミュージカルシーンで流れるオリジナル曲「心が叫びだす~あなたの名前呼ぶよ」(ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」と、オズの魔法使いの劇中歌として有名な「Over the Rainbow」を組み合わせた合唱曲)これには中島始めキャスト4人も驚きと感動の表情を隠しきれない様子。

ステージに立った後も歌は鳴りやまず、最後は4人も観客と一緒になって歌を合唱し、映画の余韻そのままに会場全体が「ここさけ」の感動に包まれ一つになりました。

サプライズの感想を聞かれると、

中島さん:ここはライブ会場ですか?こんな素敵な歌声に包まれて幸せでした!

と感動の気持ちを表し、

芳根さん:みなさんと歌えて嬉しかったです。ありがとうございます!

石井さん:すごく幸せです!ありがとうございます。

寛一郎さん:ミュージカルのシーンを撮った時の感動を思い出しました。

と想いをあらわしました。


また本作は数々の印象的な台詞が多いこともあり、キャストそれぞれがお気に入りの台詞をあげそれを再現することに。

寛一郎さんは中島さんが演じた坂上拓実の台詞で「歌ってみるのもありなんじゃない?」という台詞をあげ、中島がその場で台詞を再現すると場内からは大きな歓声があがった。

一方

中島さんは、寛一郎さん演じる田崎大樹が芳根さん演じる成瀬順に告白する台詞をあげ、寛一郎さんが「成瀬順、好きだー!」と台詞をマイクなしで叫ぶと、場内からは大きな拍手が送られていた。

最後に

中島さん:どの世代の方が観てもノスタルジックな気持ちになれる作品になっていますし、家族間の会話のきっかけの一つになるような作品だと思うので、もっと多くの方に観て頂けたらと思います。これからも「ここさけ」の応援よろしくお願いします。

とファンへ向けて熱いメッセージが送られた。キャストが降壇する際には会場から割れんばかりの拍手が送られ、キャストと会場が一つになったままイベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『心が叫びたがってるんだ。

物語・・・
目の前の“⼤切な⼈”に「好き」と⾔えない4⼈の物語。 高校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実⾏委員に任命されてしまう。⼀緒に任命されたのは、おしゃべりが出来ない少⼥・成順。彼⼥は幼い頃、⾃分の⼀⾔で、両親が離婚してしまい、それ以来誰にも心を開かなくなっていた。その他、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース田崎⼤樹が選ばれた。実は拓 実と菜月は元恋⼈で、2⼈は⾃然消滅した後、お互いに気持ちを確認できずにいた。任の思惑で “ふれ交” の出し物がミュージカルに決定。「ミュージカルは奇 跡が起こる」という⼀⾔に、勇気を出した順は詞を書くことを決意し、さらに主役に⽴候補する。そんな彼⼥の姿に感化された拓実が曲をつけることに。順は拓実の 優しさに好意を寄せるようになり、菜月は⾃分の想いを諦め、そして夢を追う順の姿に⼤樹は好意を寄せ始める。目の前の⼈に想いを伝えられず、すれ違う4⼈。 そして…

***********************************

監督:熊澤尚人
脚本:まなべゆきこ

出演:
中島健人…坂上拓実(さかがみ たくみ)役
芳根京子…成瀬順(なるせ じゅん)役
石井杏奈…仁藤菜月(にとう なつき)役
寛一郎…田崎大樹(たさき だいき)役

配給:アニプレックス

(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会
(C)超平和バスターズ