「富田靖子」タグアーカイブ

「この映画はっきり言って問題作です!」生田斗真、瑛太登壇『友罪』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』が5月25日(金)より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞したミステリー界の旗手で、少年犯罪を取り巻く人々を繊細に描き続ける薬丸岳が、2013年に発表したベストセラー小説「友罪」の映画化。赦しのない罪に問われた者たちの過去と現在が交錯していき、やがて辿り着く衝撃の真実―――。

キャリア史上最難の役に挑んだ主演の生田斗真さん、瑛太さん。佐藤浩市さん、夏帆さん、山本美月さん、富田靖子さんら日本映画界を代表する名優が日比谷に集結。監督も合わせ完成披露試写会が行われました。

『友罪』完成披露試写会
日付:4月24日(火)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 客席の中を通ってW主演の生田さんと瑛太さんが登場すると割れんばかりの歓声と拍手の渦。

生田さん:今日は小雨の中わざわざお越しくださってありがとうございます!この映画・・ハッキリ言って問題作です。賛否両論沸き起こると思います。ただ瀬々監督指揮の元、キャスト・スタッフ尋常じゃない覚悟で臨んだ作品です。しっかりと受け取って欲しいです!
と、熱くゆっくり噛みしめるように挨拶する生田さん。そして、

瑛太さん:撮影時雨が降って・・・・生田斗真=雨男だから。今日も雨で(笑)。本当にすごい素晴らしい映画が出来上がりましたので楽しんでください。

夏帆さん:なかなか体力のいる作品だと思いますが、構えずに楽しんで下さい。

山本さん:問題作です。どんな気持ちで皆さんが劇場を後にするのか楽しみです。

富田さん:台本を読んだ時に、やらなきゃいけないと思った作品です。皆さんに思いが届けばいいなと思っています。

佐藤さん:どうも!登壇する前に、宣伝部の方にネガティブなことを言うなと言われましたが・・・ネガティブな役なんですよ!(笑)

瀬々監督:こういう素敵な面々と映画を創りました!この新しい映画館は音響も映像も素晴らしいです。ハリウッド映画のように観て下さい!

映画情報どっとこむ ralph 生田さん:これはやらなくてはいけない題材だと思いましたが、とはいえ製作中も、そして今もこの映画を創ってよかったのだろうか?と考えながら創りました。同じ時代に生きてきたものとしては、必要ではないかと覚悟して演じました。小説も脚本も真に迫ってくるものがありましたので最大限表現しました。

少年A役のオファーを受けて

瑛太さん:衣装合わせで監督に、僕が俳優だったらこの役は受けないけどね。と言われました(笑)。

と、笑わせながらも

瑛太さん:覚悟をもって、少年Aにある光のようなものを演じられればと。

と、思いを込めて演じたことが伝わる口調。

元AV女優で問題を抱えている役の夏帆さんは

夏帆さん:瀬々さんの過去作を観て瀬々組参加してみたいと思っていたのでお話を受けた時に、率直にうれしかったんです。ただ、本を読んでいくとなかなか覚悟のいる役で・・・正直悩みました。ただこの難しい題材をどう瀬々監督が演出するのか。覚悟を決めてオファーを受けました。監督は演出を実演してくださるんです。絡みのシーンもこういう風に!なかなか瀬々組凄いなと。

記者役の山本さんは・・・

山本さん:衣装合わせの時に、唯一普通の人だから!と監督に言われました。普通って何だろう?と。考えて演じました。

どうやら、瀬々監督の演出の第一歩は衣装合わせの時の「一言」から始まることが判明!

富田さんは瑛太さん演じる鈴木を救おうとするも。。。な役。
富田さん:瑛太さんとのシーンが少なくて・・・もう少し。悔やまれますが。できあ上がった作品を観ると出てよかったなと思いました。瀬々監督の撮影は熱かったですね!

と吐露。佐藤さんは4度目の瀬々組。

佐藤さん:物事は多面的だと。昨今白か黒か勝った負けたとか2面的なものの考え方が多いですが、いろんな見方があるんだと。瀬々さんがこういうものに取り組むのは非常によくわかります。

映画情報どっとこむ ralph 生田さん:瀬々監督と仕事をすると大好きになると聞いていて、瀬々さんを見ていたらとても純粋で。撮影していてもはっきりしていて、判断が速いんですね。それから、号泣したり。入り込んじゃうんです。好きになるなと。

一方・・・

瑛太さん:笑った顔が好きですね。(笑)空気感が素晴らしいんです。

佐藤さん:人は其々感じ方がありますね!(笑)
と会場を笑わせ、和気藹々な舞台挨拶になりました。

映画情報どっとこむ ralph 友罪

公式サイト:http://gaga.ne.jp/yuzai/

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
 
「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」
***********************************


監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会


生田斗真、瑛太を主演に瀬々敬久監督作品『友罪』スペシャル映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 江戸川乱歩賞を受賞しデビュー、その後も数々の賞に輝くミステリー界の旗手・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」(集英社文庫刊)の映画化。

瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』が2018年5月25日(金)より全国公開となります。


キャリア史上最難の役に挑む生田斗真、瑛太を主演に、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子と日本映画界を代表する名優が集結した本作で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤――。

それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯し、やがて人間存在の謎に満ちた深みへと導く、慟哭のヒューマンサスペンス。

劇場ロビー用スペシャル映像が公開となりました。

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を頑なに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何も無かった二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育ててゆく。そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。果たして今回の事件も彼の犯行なのか…。驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。
 
「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら…。」

劇場ロビー用特別映像に収録されたメイキング映像では、瀬々監督とともに真剣な表情で撮影に挑む生田斗真と瑛太の姿が捉えられているが、生田は緊張感漂うシーンの撮影中、益田が抱える様々な葛藤に共鳴し、自然と涙が止まらないこともあったという。「益田という人物も、友人の鈴木と同様に過去の罪を背負って生きている。一筋縄ではいかないキャラクターだったと思います。」続く瑛太も、「罪を背負いながらも、償うということが分からない人間でも映画の2時間位の中で変化していく。それは、自分の中で作っていきたいと思いながらやっていた」と振り返り、主演の2人が本作に懸ける想いの強さが感じられる。

30代を迎え、俳優としての新たなステージへ覚悟を持って挑み続ける、生田斗真と瑛太だからこそ作り出せた“血の通った”2人のキャラクターは、日本映画史に残る圧倒的なリアリティ!“友情”の本質を想起させる本作には、各界から感嘆の声が続出している。

全キャストが“本気”でぶつかり合う魂の競演作『友罪』は、5月25日(金)より全国ロードショー!

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

***********************************

監督・脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』) 
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)

出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

配給:ギャガ

(c)薬丸 岳/集英社
(c)2018映画「友罪」製作委員会 


生田斗真×瑛太 瀬々敬久監督最新作『友罪』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『64-ロクヨンー前編/後編』(2016)で興行収入36億超えの大ヒットを記録した瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』(ゆうざい)。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞受賞のミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」(集英社文庫刊)の映画化で、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”を描く重厚な人間ドラマです。

この度、本作の公開日が、2018年5月25日(金)に決定しました!

瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、映画や舞台での活躍も目覚しく、今年のウディネ・ファーイースト映画祭では主演作『彼らが本気で編むときは、』が最高賞となる観客賞を受賞した【生田斗真】と、『64-ロクヨン―前編/後編』『殿、利息でござる!』など話題作への出演が続き、主演ドラマ「ハロー張りネズミ」でも話題を呼んでいる【瑛太】。
本作では、ともに心に闇を抱え、大きな罪に囚われ続けながらも、同じ時を過ごす中で心を通じ合わせていく二人の友情、また疑心や後悔に囚われた人間模様を、圧倒的にリアルな演技力で挑みます。
そして!

経験はもとより、実力派俳優としても名高い生田斗真&瑛太の俳優2人がスクリーンで勝負する、“本気のぶつかり合い”も大きな見所になってくる本作。その他、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら世代を問わず日本映画の光と影を支え続ける魂系実力派キャストが集結。


友罪』は、5月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショーです・

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

***********************************

監督:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)

出演:生田斗真 瑛太 夏帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市

製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会


生田斗真 瑛太 瀬々敬久監督『友罪』ポスターと重厚な特報映像、解禁


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』(ゆうざい)が2018年5月より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞受賞のミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせ話題を呼んだ「友罪」の映画化で、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”を描く重厚な人間ドラマです。

ジャーナリストの夢破れて町工場で働き始める益田役に生田斗真。
同じタイミングで働き始め、周囲との交流を避け過去を語りたがらない影のある青年・鈴木役に瑛太。
同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていくのですが、あるきっかけで益田は、鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の元少年犯ではないかと疑い始め―。その他、二人を取り巻く様々な人間模様も見所の本作。佐藤浩市をはじめ、夏帆、山本美月、富田靖子と日本映画界を代表する名優が本作に集い、それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯していくストーリー。

そして、自撮り写真のポスターと、重厚な特報映像、解禁。

この度、特報映像&ティザービジュアルが公式サイト(http://gaga.ne.jp/yuzai/)にて解禁!

特報は、短い映像ながらも目をそらせないほどの緊張感と気迫に満ちており、主演の生田斗真と瑛太をはじめ、豪華共演者が織り成す、疑心や後悔に囚われた者たちの重厚な人間ドラマに期待が膨らみます。


また、ティザービジュアルで映し出されているのは、特報とは打って変わり、仲良さげに楽しそうな笑みを浮かべ自撮りをする益田(生田斗真)と鈴木(瑛太)の姿。一見、親友に見える二人の間に何があるのか―。二人の笑顔と爽やかな青空に相反する、キャッチコピーにある“少年A”というワードと、タイトルの「友罪」が意味するものとは?謎に包まれた本作への興味を掻き立てるビジュアルとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 併せて、劇中写真も初解禁!
公開されたのは、工場での勤務中、ふと冷たい視線で一点を見つめる鈴木(瑛太)の姿を捉えた、不穏な雰囲気を感じさせるカットや、

佐藤浩市演じるタクシー運転手・山内修司が厳しい表情で電話を掛けているカット、
益田(生田斗真)のジャーナリスト時代の同僚でかつて恋人だった山本美月演じる・杉本清美が訝しげな面持ちで事件に関して調査をしているシーン。
鈴木に次第に好意を抱いていく藤沢美代子(夏帆)、
鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生(富田靖子)。
それぞれが抱える過去とは何なのか、そしてどのように人間模様が交錯していくのか作品への期待が高まるばかり。


友罪

公式サイト:
http://gaga.ne.jp/yuzai/

物語あなたは“その過去”を知っても、友達でいられますか・・・?

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田(生田斗真)と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木(瑛太)。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

***********************************

監督:瀬々敬久 (『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛太 夏帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市
製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給:ギャガ 
(c)薬丸 岳/集英社
(c)2018映画「友罪」製作委員会
      


生田斗真と瑛太『友罪』の追加キャストに佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子ほか発表!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』が2018年5月より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した人気の同名小説「友罪」(集英社文庫刊)の映画化となります。

瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、生田斗真さんと瑛太さん。


そして!本日追加キャストが発表に。

息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役に『感染列島』、『ヘヴンズ ストーリー』、『64-ロクヨン―前編/後編』以来、4作品目の瀬々監督作品出演となる【佐藤浩市さん】。逃れられない十字架を背負いながら、物語の中でどのように交わっていくのか、そして息の合った瀬々監督作品で再び魅せる重厚な演技も必見です。

あるきっかけで鈴木(瑛太)に助けられ、次第に好意を抱いていく藤沢美代子役に若手実力派として数多くの作品に出演し、『海街diary』では、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞の【夏帆さん】。過去にAV出演を強いられた過去を持つ女性、という難役に挑みました。

益田(生田斗真)の元恋人であり、彼のジャーナリストとしての再起を願う杉本清美役に、モデルとしてだけでなく『少女』『ピーチガール』など話題作で次々主演を務め、女優としても活躍著しい【山本美月さん】。雑誌記者として児童連続殺人事件の犯人を調べる中で、益田のジャーナリズムを掻き立てるキーパーソンを演じます。

そして、鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生役に、数々の映画や舞台で抜群の存在感を表現し続ける【富田靖子さん】。鈴木の出所後も接点を持ち続け、彼の過去と現在を知る唯一の人物を熱演します。

映画情報どっとこむ ralph 夏帆さん、山本美月さん、富田靖子さんからコメントが届いています。

▼夏帆さんコメント
瀬々監督から、毎回「リミッターを超えてください」という演出をされて、頭がまっしろになり、監督が思う限界点まで到達できていたのか撮影が終わった今でもよく分かりません。
身も心もへろへろになって、答えが分からなくて踠いて。それでも、誰よりもまっすぐに全身全霊でこの作品にぶつかっていく監督をみていたら、弱音を吐いてる場合じゃないと、わたしも腹をくくって挑ませていただきました。
公開はまだ少し先ですが、楽しみにしていただければと思います。

▼山本美月さんコメント
瀬々監督をはじめ、素晴らしいキャストの方々とご一緒できたことを、とても光栄に思います。
監督から、清美は唯一普通の人だから普通の女の人を演じてほしいと言われ、普通ってなんだろうと、とても考えさせられる作品になりました。
なにが間違いなのか、正しいのか、作品を観ていただいた方々それぞれの答えを見つけて頂きたいです。

▼富田靖子さんコメント
「友罪」のお話をいただいた。愕然とする。
光のようなものは感じるが、闇があまりにもすざまじかった。私が日常で 母親という存在であるからかもしれない。葛藤した。葛藤は瀬々監督のもと、「熱」にそして「祈り」に変化していく。どうか、この「祈り」が届くことを願って・・・

映画情報どっとこむ ralph 消せない過去を抱えながらも、それに向き合い、今を懸命に生きる。それぞれの想像を絶するほどの葛藤と思いが交錯する、瀬々敬久監督にしか描けない、慟哭の群像劇となる本作を支えるキャストに、その他、奥野瑛太さん、飯田芳さん、小市慢太郎さん、矢島健一さん、青木崇高さん、忍成修吾さん、西田尚美さん、村上淳さん、片岡礼子さん、石田法嗣さん、北浦愛さん、坂井真紀さん、古舘寛治さん、宇野祥平さん、大西信満さん、渡辺真起子さん、光石研さんと、世代を問わず日本映画の光と影を支え続ける魂系実力派キャストが集結。

それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯していくストーリーに、圧巻の演技で1シーンたりとも気の抜けない緊張と深みを与えています。


◆あなたは“その過去”を知っても、友達でいられますか・・・?
ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田(生田斗真)と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木(瑛太)。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

***********************************



製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給・宣伝:ギャガ