「宮野真守」タグアーカイブ

「Anime Expo 2019」にてPVが解禁!「HUMAN LOST feat. J. Balvin」に決定!m-floからコメント到着! 


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」――破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」として世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によってダイナミックに再構築され、太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。
この度、アメリカ・ロサンゼルス開催の世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2019」でのスクリーニングイベントに、音楽ユニットm-floがサプライズ登場し、主題歌担当であること、さらに楽曲は、これまでグラミー賞にノミネートされたほかSpotifyにおいて世界でもっともストリーミングされた記録を持つシンガーJ. Balvinをフィーチャリングに迎えた「HUMAN LOST feat. J. Balvin」であることが明らかになりました。
主題歌「HUMAN LOST feat. J. Balvin」にのせた最新のティーザーPVも解禁!


また、メインスタッフも解禁。音楽には「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズなど実写・アニメともに活躍する菅野祐悟、音響監督には「スパイダーマン:スパイダーバース」など国内外問わず圧倒的な音響を作り上げる岩浪美和が参加し、本作を盛り上げます。

映画情報どっとこむ ralph m-floさんからのコメントも到着!

◇LISAさんコメント
Q. 「HUMAN LOST 人間失格」という作品について
人間は完全、完璧、パーフェクトではない、全てが愛に基づいているにもかかわらず、切なく、儚く、愚かなのが人間。
それが胸を震わせ、決して忘れては、失ってはならない大事なものを、私の胸の奥にメッセージを残してくれた、素晴らしい作品です。

Q. 今回の主題歌について
私はこの楽曲のm-floパートのメロディをまず、作るにあたり、自分でも珍しく、かなりの生みの苦しみがありました。いつも制作しに行くグアムの空の下でも、激しく壁にぶちあたり、☆Takuからの催促から数週間逃げたほど(笑笑) 彼のトラックに、もの凄いエネルギーを感じただけに、そこに強さ、スピード感、そしてグッと抑えた優しさや抜け感、、。☆Takuのトラックを聴いただけで、いろいろな感情がそこにあるスピリットを感じ、いろいろな感情をメロディ、歌詞、歌い方で、伝えてみました。まさに、感情のジェットコースターみたいな曲になっています!

Q. ファンの皆様に一言
みんな、いつもありがとうございます! 地球は愛の惑星であると宇宙は羨ましがってる。
愛、を頭で理解するなんて出来ないけど、私たちみんなのDNAの中に、静な奇跡としてあるのが”LOVE”ね。有り難い、地球人に与えられたプレゼントよ!
LOVE, FEEL, 大事にしないとね!

◇VERBALさんコメント
Q. 「HUMAN LOST 人間失格」という作品について
「HUMAN LOST 人間失格」は今後社会問題になる可能性のあるテーマを元に、とてもダークかつ感慨深いストーリーで、楽曲制作の際にとても刺激になりました。

Q. 今回の主題歌について
アニメファンのJ. Balvinもフィーチャリングしているこの楽曲を、如何に映画のテーマと温度感に合わせ、コンテンポラリーに仕上げられるかを念頭に入れて書かせて頂きました。

Q. ファンの皆様に一言
再始動したばかりのm-floの新曲として、J. Balvin を迎えた「m-flo 3.0」の新たな一歩をお楽しみください!

◇ ☆Taku Takahashiさんコメント

Q. 「HUMAN LOST 人間失格」という作品について
人間って何が本当の幸せなんだろうかなっていうのをめちゃくちゃゴージャスな映像で楽しめた感じでした。

Q. 今回の主題歌について
わりと映画に合わせた歌詞だったりします。世界的有名ラテンヒップホップシンガーJ. Balvinがフィーチャリングしている曲とはいえ、オケは映像にあうようフューチャリスティックにするようこころがけました。

Q. ファンの皆様に一言
アニメは世界で戦えるアート。そんな作品に参加できてとても嬉しく思います。劇場で楽しめるよう立体サウンドミックスしているのでぜひ劇場でみてください!

映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』
2019年 全世界公開

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
@HUMANLOST_PR


「恥の多い生涯を送って来ました。」

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。

しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。

埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。

日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智

ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project
  


「HUMAN LOST 人間失格」宮野真守ら登壇の「Anime Expo 2019」トークイベントをGYAO!にて独占生配信決定


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、アメリカ・ロサンゼルスで開催の、世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2019」にて行われる、主人公・大庭葉藏を演じる宮野真守と、監督の木﨑文智が登壇するトークショーが動画配信サービス「GYAO!」にて独占生配信(2019年7月6日(土)AM2:00より開始予定 ※日本時間(アメリカLA現地時間:7月5日(金)10:00より)されることが決定致しました。

さらに「GYAO!」での独占生配信を記念して、声優の宮野真守さんが選ぶLA(アメリカ・ロサンゼルス)でのお土産が当たるプレゼントキャンペーンも実施します。

映画情報どっとこむ ralph ■AnimeExpo『HUMAN LOST 人間失格』スクリーニング&トークショー概要

<配信概要>
配信対象イベント:『HUMAN LOST 人間失格』トークショー
場所: JWマリオット・ロサンゼルスL.A.ライブ プラチナルーム
登壇:宮野真守(大庭葉藏役)、木﨑文智(監督)
配信日時:2019年7月6日(土)AM2:00より開始予定 ※日本時間      
 (アメリカLA現地時間:7月5日(金)10:00より)
視聴URL
gyao.onelink.me/AeWv/3ce460fb

※現地イベントでは本編スクリーニングも含まれますが、「GYAO!」での配信はトークショーのみが対象となります。
※トークショーの映像については当日生配信のほか、後日アーカイブ配信もいたします。
※当日の生配信について電波状況などやむを得ない事情により配信の中止や配信途中での番組終了の場合もございますのであらかじめご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph <プレゼントキャンペーン概要>
■応募方法:実施期間中に、「GYAO!」アニメ公式Twitter(@GYAO_Anime)と「HUMAN LOST 人間失格」(@HUMANLOST_PR)をフォローしていただき、「GYAO!」アニメ公式Twitter(@GYAO_Anime)より投稿された対象ツイートを自身のアカウントにてリツイートいただくことで応募完了です。
■実施期間:2019年7月23日(火)~2019年7月29日(月)
■景品:宮野真守さんのLA土産 3名様
※実施期間については変更する可能性がございます。詳細は特設サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』
2019年 全世界公開


<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
HUMANLOST_PR


「恥の多い生涯を送って来ました。」

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。

しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。

埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。

日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智

ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project


米LA「Anime Expo 2019」で『HUMAN LOST 人間失格』スクリーニング決定!宮野真守がトークショー登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、アメリカ・ロサンゼルスで開催の、世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2019」でのスクリーニングが決定いたしました。

主人公・大庭葉藏の声を務める宮野真守、監督の木﨑文智がトークショーに登壇し、作品の魅力を語ります。


AnimeExpo『HUMAN LOST 人間失格』スクリーニング&トークショー
日時(現地時間):2019年7月5日(金)10:00~12:30
場所: JWマリオット・ロサンゼルスL.A.ライブ プラチナルーム
900 West Olympic Boulevard
ロサンゼルス, カリフォルニア 90015 アメリカ合衆国
登壇:宮野真守(大庭葉藏役)、木﨑文智(監督)

映画情報どっとこむ ralph 太宰治生誕110周年を迎える2019年、最新・先鋭のクリエイティブによる、誰も観たことのない「人間失格」が世界を驚愕させる。

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp
Official Twitter:
@HUMANLOST_PR


■STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」
医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。
しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる環状16号線外(アウトサイド)――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。
そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――
 
堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――




***********************************

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
※大庭葉藏のぞうは旧字体が正式表記
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

©2019 HUMAN LOST Project


『HUMAN LOST 人間失格』追加キャストに松田健一郎・小山力也 キャラ映像&コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。


この度、ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の所長・澁田、“ヒラメ”の実行部隊長で美子の面倒を見ている厚木のキャラクター映像が解禁となりました。澁田を演じるのは「攻殻機動隊 新劇場版」のバトー役や「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」のハルク役、「ワイルド・スピードシリーズ」の洋画吹き替えなど幅広いキャラクターを演じる松田健一郎に決定! 厚木を演じるのは、「名探偵コナン」の毛利小五郎役(2代目)や、洋画でジョージ・クルーニーの吹き替えも多く担当し、舞台俳優としても活躍する小山力也に決定! コメントも到着いたしました。

澁田・厚木 キャラクター映像


さらに、『HUMAN LOST 人間失格』 Twitter公式アカウントをフォロー&該当ツイートをRTで、澁田と厚木のセリフ入りサイン色紙セットを抽選で一名様にプレゼントするキャンペーンを実施中!


映画情報どっとこむ ralph ■澁田(CV. 松田健一郎)
「文明の再生と崩壊以外に、何があるというのだ」
ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の所長。“S.H.E.L.L.(シェル)”の信奉者で、現体制の維持継続を最優先に命令を下す。医療革命がもたらしたアンチエイジングによって見た目こそ中年だが、実際は厚木よりも年長者。
■澁田役・松田健一郎 コメント

Q. 澁田というキャラクターについての印象をお聞かせください
澁田はS.H.E.L.L.体制を守る機関の責任者として忠実に職務をこなしています。しかし体制に対し拭いきれない矛盾も感じているように思います。管理されることによって変わってしまった「生」と「死」の価値観は彼にとって簡単には受け入れられるものではないのかもしれません。それ故に常に心に強い葛藤を抱いている人物だと自分は感じました。

Q. 本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します
映像による文学であり哲学とも言える作品です。「生」と「死」の在り方に強く問いかけてくる作品だと思います。是非ひとりでも多くの方にこの作品に触れていただきたいと思っております。

映画情報どっとこむ ralph ■厚木(CV. 小山力也)
「俺が差し違えてでも仕留める」
ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の実行部隊長。実直さと信念がある屈強な老兵。美子の親代わりで、彼女が“ヒラメ”に保護されてからずっと面倒をみている。

■厚木役・小山力也 コメント

Q. 厚木というキャラクターについての印象をお聞かせください
どう生きるか。何を信じ、何を守り、何に抗い、何を犠牲にし、何を武器にして、どう闘い、どう生きるか。理不尽、不正、プレッシャー、脅威、そして暴力。どう防ぎ、どう受け止め、どう打ち返すか、どう押し返すか、どう倒し、どう勝利するか。過酷の中に安らぎを。衝撃の中に希望を。そして出来得るなら、全速の中にゆとりを。心のゆとりを。走り続ける厚木に、心震えました。

Q. 本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します
フィクションだからこそ、追及出来るリアル。架空の中の現実、空想の中の真実、そして、あり得ない事が起こり得る戦慄。「若さ」は、ときに、「あり得ない!」を連発します。しかし、あり得ない事は、有るのです。怪物は、いるのです。フィクションでエンターテイメントを満喫してください。そして、貴方に立ちはだかる怪物と闘ってください。それを必ずや、打ち倒してください。勿論、正々堂々と。先ずは、僕達を、目に焼き付けてください!!

映画情報どっとこむ ralph ■公式Twitterにてキャンペーン実施中!

『HUMAN LOST 人間失格』 Twitter公式アカウントをフォロー&該当ツイートをRTで、松田健一郎と小山力也直筆・キャラクターのセリフ入りサイン色紙セットを抽選で一名様にプレゼントするキャンペーンを実施中!

応募締め切り期間:2019年6月6日(木)23:59迄

Twitter公式アカウントはこちら:
@HUMANLOST_PR

映画情報どっとこむ ralph 太宰治生誕110周年を迎える2019年、最新・先鋭のクリエイティブによる、誰も観たことのない「人間失格」が世界を驚愕させる。

『HUMAN LOST 人間失格』 
2019年 全世界公開

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
@HUMANLOST_PR

HUMAN LOST 人間失格
■STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。
しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる環状16号線外(アウトサイド)――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。
そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――

堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守  ※大庭葉藏のぞうは旧字体が正式表記
柊美子:花澤香菜
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香


<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部

COPYLIGHT全世界共通:©2019 HUMAN LOST Project
配給:東宝映像事業部


「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」ティザーヴィジュアル&上映日決定


映画情報どっとこむ ralph 「銀河英雄伝説」は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説。
人気作家、田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録。今なお増刷が続いています。1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開され、さらに多くのファンを獲得しました。

そして、2018年4月、Production I.Gが改めて新作アニメーションとして 「銀河英雄伝説 Die Neue These」を制作 。

新たな声優陣、最新の技術での艦隊戦、新たな解釈で描かれた本作は、銀河英雄伝説ファンのみならず、幅広いアニメファンに話題となりました。そのセカンドシーズンとなる「星乱」(12話)が2019年に映画館でイベント上映されます。

本日、「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」の銀河帝国Ver・自由惑星同盟Ver 2種類のティザービジュアルが解禁となりました。両国メインキャラクターが勢ぞろいしたイラストはキャラクターデザイン菊地洋子氏描き下ろしとなり、「野望を果たす。その為に――」「未来を描く、その為に――」といった両国別のコピーも加わり、はたして、本編でどんな物語が起きるのか期待が高まります。
映画情報どっとこむ ralph 「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」各章上映日も決定し、待望の第一章は2019年9月27日(金)上映開始
となります。

上映日
第一章 2019年9月27日(金)
第二章 2019年10月25日(金) 
第三章 2019年11月29日(金)

公式HP:
http://gineiden-anime.com

公式Twitter :
@gineidenanime
Twitter :
@gineidendnt_pr

【ストーリー】
宇宙暦796年(帝国暦487年)。3000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、帝国領内で銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト元帥と麾下の率いる大艦隊と交戦。8個艦隊中、3個艦隊を失うという大きな被害を受けた。しかし、自由惑星同盟最高評議会の意向を受けたロボス総司令官は、残存戦力を集結させての戦闘継続を指示。完全なる勝利を求めるラインハルトも、自由惑星同盟軍の集結ポイントであるアムリッツァ星域へと進攻したことで、後に「アムリッツァ星域会戦」と呼称される戦いが幕を開けた。
「アムリッツァ星域会戦」の翌年、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。門閥貴族による権力闘争が始まる。一方、自由惑星同盟内では大規模な軍事クーデターが勃発。帝国、同盟それぞれの国を揺るがす二つの内乱はラインハルトとヤンの行く末をも左右することに…。
***********************************


スタッフ
原作:田中芳樹(東京創元社刊)  監督:多田俊介 シリーズ構成:高木登  キャラクターデザイン:菊地洋子 寺岡巌 津島桂 総作画監督:後藤隆幸 特技監督:竹内敦志 メカデザイン:竹内敦志 臼井伸二 常木志伸 オリジナルメカデザイン:加藤直之  制作:Production I.G  監修:らいとすたっふ  企画協力:ROOFTOP  
制作協力:徳間書店  製作協力:DMM pictures 製作:松竹・Production I.G

キャスト:
ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守 / ヤン・ウェンリー:鈴村健一 /ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎
ユリアン・ミンツ:梶裕貴 /パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一 /ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔
オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一 /アンネローゼ・フォン・グリューネワルト:坂本真綾/
アレックス・キャゼルヌ:川島得愛 /フレデリカ・グリーンヒル:遠藤綾 ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎 /
オリビエ・ポプラン:鈴木達央 /ダスティ・アッテンボロー:石川界人 / ナレーション:下山吉光

©田中芳樹/松竹・Production I.G