「宮野真守」タグアーカイブ

大泉洋、杏、Perfumeら登壇!日比谷を『グリンチ』カラーの緑に!プレミア点灯式


映画情報どっとこむ ralph 偉大な絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』!

アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクターあのイルミネーション最新作としてこの冬、12月14日(金)日本にやってきます!

日本語吹替えキャストの大泉洋さん、杏さん、ロバート秋山竜次さん、横溝菜帆さん、宮野真守さんの5名、さらになんと、日本版イメージソングを担当するPerfumeの3名がサプライズ登壇!

そうそうたるグリンチ一味によって、日比谷のクリスマスをグリンチカラーにジャックする“プレミア点灯式”を行います!

果たして14日より実施されている東京ミッドタウン日比谷(大階段)のイルミネーションはどうなってしまうのか…!?

映画『グリンチ』ジャパンプレミア実施 
日程:11月26日(月)
場所:東京ミッドタウン日比谷 ステップ広場
登壇:大泉洋(グリンチ役)、杏(ドナ役)、ロバート秋山竜次(ブリクルバウム役)、横溝菜帆(シンディ・ルー役)、宮野真守(ナレーター役)
SPゲスト:Perfume(日本版イメージソング担当)

映画情報どっとこむ ralph 呼び込まれたのは吹替え版キャストの大泉洋(グリンチ役)さん、杏(ドナ役)さん、ロバート秋山竜次(ブリクルバウム役)さん、横溝菜帆(シンディ・ルー役)さん、宮野真守(ナレーター役)さん!
大泉さん:どうも!どうも!どうも!

と登場!

大泉さんと横溝さんは、NYのワールドプレミアレッドカーペットに行ってきたそうで

横溝さん:カーペットがグリンチの緑で染まってて凄かったし、グリンチのオブジェも大きくて!タイムズスクエアが緑に染まったんです!

かなり盛り上がったそうですが、楽しかったか聞かれると
大泉さん:楽しかったんですけど・・・仕切りが・・・・。ガードマンには横に追いやられるし・・・

とボヤキ節開始!

映画情報どっとこむ ralph ここで、日本版イメージソング担当Perfumeが登場!

恒例!

Perfumeさん:かしゆかです!あーちゃんです。のっちです!3人合わせてPerfumeです!

大泉さん:初めて見た!テンション上がりますね!こういう持ちネタあるといいですね!

宮野さん:持ちネタじゃない!

と、カバー!

USJイベント“グリンチマス”・パーティにも大泉さんと横溝さんペアは行っていて

大泉さん:やってやりましたよ!黄色をグリーンに変えてやったよ!子供達泣きわめいてましたよ!

ロバート秋山さん:あんたホント実写版ですよ!
大泉さん:実写は君だよ!その恰好!

等のオモシロ応酬が続いて中々進行しないイベント!

映画情報どっとこむ ralph ここで、割って入ったMCに、東京でも何かするのか問われ。。。
大泉さん:東京でも盗んでやりますよ!(何を?)皆さんの・・・・ハートですよ!(HUUU!)一度言ってみたかった!

宮野さん:段取りわかってます!?

大泉さん:私は今日。この日比谷のイルミネーションを盗みますよ!メリーと言いますから! ジェーンと!

秋山さん:おいおい。

大泉さん:メリーと言いますから、グリンチマスって言ってください!メリー

観客:グリンチマス!

で、大泉さんがスイッチオン!
見事にグリーンのイルミネーションに!大泉さん、宮野さんもグリンチ色!

映画情報どっとこむ ralph ここで、クリスマスの思い出を話すコーナーに

杏さん:キリスト教の学校に通っていたので聖歌隊に入ってクリスマスになるとローソクをもって賛美歌を歌っていました!
と、思い出を語り。

秋山さん:オヤジがイルミネーションするんですよ!うら山全部!近所中からヤバい奴って。今回の役はピッタリです。

横溝さん:お爺ちゃんの誕生日とクリスマスを一緒に家族と祝っています!

と、ほんわかいい話。

宮野さんは・・・
宮野さん:大きな踊るサンタ人形が町にあると、一緒にセッション!踊ってました。
と、踊って見せる宮野さん。

かしゆかさん:3人で広島でイベントガールをやってました!サンタさんのへそ出し水着みたいの着てパラパラを踊ってました。

と、驚きの過去を!すると

宮野さん:セッションしたいな~。

大泉さん:サンタの衣装で思いましたが・・・大学時代に彼女にサンタの衣装を着せようとして怒られました!セッションしてくれなかった!
と自爆!

クリスマスに何を計画しているのか?

大泉さん:今年は、家族でスキーにでも行きたいですね。

杏さん:毎年、七面鳥とケーキも焼いて。三人の子供たちがマネして唄を歌ってくれるんです。

横溝さん:家に大きなクリスマスツリーがあるらしいので、それを飾ってみんなでお祝いします!
と話します。

グリンチの声を吹き込んで

大泉さん:苦労したところもありまして、カンバーバッチさん細かいところまで入れてるので、でも殆どカンバーバッチさんになってます!120点です!

かしゆかさん:そのまま、大泉さんでした!ずーっとぼやいてて、大泉さんなので自然と入ってきました!
と言うPerfumeさんは日本版イメージソング「Tiny Baby」の振付を指南!

のっちさん:愛想ってなーに?というひねくれたところがポイントです!
あーちゃんさん:パーグーパーグーって
と、教えてくれて

最後は皆でフォトセッション!

映画情報どっとこむ ralph 映画『グリンチ』
原題:『The Grinch』
12月14日(金) 全国ロードショー!!


フーの村に住む人々はみんな陽気でクリスマスが大好き。けれど村の北にある洞窟で暮らすグリンチはクリスマスが大嫌い。今年は食料が底につき、村まで調達しに向かったものの、クリスマスを待ち遠しそうに笑いあう村人たちが憎くて憎くて仕方ないグリンチは、「村からクリスマスを盗んでやる!!」と心に決めて、大計画に乗り出すが…。果たして村の人々はグリンチによってクリスマスを盗まれてしまうのか!?

***********************************

日本語吹替え:大泉洋 杏 秋山竜次(ロバート) 横溝菜帆 宮野真守
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー
オリジナル版:声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ
全米公開:11月9日(月)
配給:東宝東和 
©2018 UNIVERSAL STUDIOS


宮野真守・櫻井孝宏 壇上で祈る!!『GODZILLA 星を喰う者』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』は11月9日(金)に 全国公開を迎えました。
そして、その公開を記念し、11月10日(土)『GODZILLA 星を喰う者』の公開記念舞台挨拶が行われました!

舞台挨拶にはハルオ役の宮野真守さん、メトフィエス役の櫻井孝宏さん、ユウコ役の花澤香菜さん、マイナ役の上田麗奈さん、ミアナ役の小澤亜李さん、そして静野孔文監督、瀬下寛之監督 とオールキャストが登壇!

熱く!オモシロ!なトークが繰り広げられました!


『GODZILLA 星を喰う者』 公開記念舞台挨拶
日程:11/10 (土)
場所:TOHO シネマズ新宿
登壇:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督

映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストが呼び込まれると、割れんばかりの歓声と拍手。

先ずはご挨拶。
宮野真守さん
櫻井孝宏さん
花澤香菜さん
上田麗奈さん
小澤亜李さん
静野孔文監督
瀬下寛之監督
4年かけた3部作の最終章に対する其々の熱い挨拶から舞台挨拶はスタート

映画情報どっとこむ ralph 宮野さんはプレスコから2年キャストや監督スタッフと話を続けていたので、ずっとハルオの気持ちを持続出来ていたとし、種族の違いからくる価値観の違いなど沢山考えさせられるなかでハルオの生きざまを観て欲しい等と語ります。
スクリーンから愛が爆発漏れ出ていると称した櫻井さんは脚本家の哲学的な作家性を感じるとすると、静野監督、瀬下監督共にその部分を大切に作り上げ、ギドラとゴジラも注目だが、人間と人間のかかわりあい。「縁」を感じて群像劇を鑑賞して欲しいと見方をレクチャー。

映画情報どっとこむ ralph そして、監督の想いの流れからハルオを中心として注目&気になるシーンについて、登壇者たちがコメントするコーナーに!
とは言え鑑賞前のお客様なので、ネタバレを避けるためアニゴジ 予告編から紐解き!

一つ目はハルオとユウコのカット。
2章からの続き。キーワードになってるそうで、ユウコこうなってますなシーン。女の子の寝顔をこんなに近くで見るのはいけないこととの意見も。

二つ目は、ハルオ とミアナ?マイナ?な抱きしめカット。
どっち?あれっユウコじゃないの?

三つ目はメトフィエスのたくらみなカット。
金色ぴかーんが怪しいのですが櫻井さんは怪しくないと主張。

ナムーなのか?ギドラ―なのか?全然違うのか?(笑)
で、祈りの実演も。

宮野さんが、櫻井さんの音色・ゆるぎない声を大絶賛する場面も。(櫻井さん御希望で太文字にしました)

それに対して、櫻井さんは愛が漏れているからと返しながら、現場の雰囲気はすべて宮野さんが作り上げていたと絶賛返しをしていました。


GODZILLA 星を喰う者

2018 年 11 月 9 日(金)全国公開

【映画公式サイト】
godzilla-anime.com

【映画公式 twitter】
@GODZILLA_ANIME


***********************************

【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 音楽/服部隆之 副監督/吉平”Tady”直弘・安藤裕章 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CG キャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

【キャスト】宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶 裕貴 小野大輔 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 上田麗奈 小澤亜李 早見沙織 鈴村健一 【主題歌】XAI「live and die」 (TOHO animation RECORDS)

【主題歌アーティスト XAI 公式サイト】http://x-a-i.com
【主題歌アーティスト XAI 公式 twitter】@XAI_desu
【製作】東宝 【アニメーション制作】ポリゴン・ピクチュアズ
【配給】東宝映像事業部
©2018 TOHO CO., LTD.


ワル~い顔でクリスマスを強奪!『グリンチ』大泉洋日本語吹替え版本予告&本ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ミニオン』『ペット』、『SING/シング』のイルミネーション・エンターテインメント。

そんなイルミネーションが満を持して贈る最新の長編アニメは、偉大な絵本作家ドクター・スースの名作、『グリンチ』!

アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクターあのイルミネーション最新作としてこの冬、日本にやってきます!

この度、グリンチの悪だくみの全貌が明らかになる日本語吹替え版本予告映像が到着!!
さらに併せて、グリンチの後ろ姿を捉えた本ポスターも解禁させていただく運びとなりました!!!


今回解禁となる映像では、ついにグリンチが憎んでやまない“クリスマス”を盗むという壮大な悪だくみの全貌が明らかとなり、大泉さん演じるグリンチに加え、ロバート秋山さん演じるブリクルバウムの声、横溝菜帆さん演じるシンディ・ルーもお披露目に…!!

見事にサンタクロースに変装したグリンチがワル~い顔をしながら自ら開発したハイテクな道具を駆使して、フーの村からクリスマスを大胆かつコミカルに盗んでいく。竹馬のように伸びる特製ブーツで家の煙突から煙突へひとまたぎで渡り歩き、伸縮自在な万能の光るステッキでプレゼントはごっそり回収。

さらにグリンチにかかれば、星形の手裏剣を投げて、くるくると華麗にクリスマスツリーまでも盗んでしまう!
極めつけは、盗んだクリスマスのプレゼントやツリーを積み込むために様々な仕掛けが施された最新型の超高性能ソリと、それを引っ張るトナカイ!?に変装したグリンチに忠実な愛犬マックス!
愛くるしいつぶらな瞳とは裏腹に、やるときはやるぞ!と言わんばかりに体の何倍もあるソリを雪に埋もれながらも引くマックスの健気な姿には思わず“頑張れ!”と声が漏れてしまいそう…。
グリンチの華麗なクリスマス強奪作戦とともに、グリンチに対するマックスの純粋な愛、またキャラクターにぴったりとハマった日本語吹替えキャスト陣の声にもぜひご注目ください!


映画情報どっとこむ ralph さらに併せて到着したのは、巨大なツリーをはじめとするクリスマスの飾り付けで、暖かな灯りで照らされたフーの村を見下ろすグリンチの後ろ姿を捉えた本ポスター!
ご主人に忠実な愛犬マックスが不安そうに見つめる隣で、真っすぐ村へと視線を寄せるグリンチは一体何を想っているのか…?
ビジュアルにそえられた

「この冬、とんでもないものが盗まれる。」

というキャッチコピーにもあるように、何やら悪だくみでも考えているのか…!?
クリスマスが大嫌いなグリンチが巻き起こす大騒動の行方に是非ともご期待ください!

『グリンチ』

12月14日 (金) 全国ロードショー!!

ハッシュタグ:#映画グリンチ #グリンチ #BabyGrinch
とってもひねカワなベイビーグリンチTwitter絵文字がスタートしました!★


公式HP:
http://grinch.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/GrinchMovieJP

***********************************

日本語吹替え:大泉洋 杏 秋山竜次(ロバート) 横溝菜帆 宮野真守

プロデューサー:クリス・メレダンドリ  
監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー
声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ
全米公開:11月9日
原題:『The Grinch』 
配給: 東宝東和 
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS


プリキュアがギネス世界記録に認定! 初日舞台挨拶で!東映アニメ社長も喜び!!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月27日(土)公開 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』より、10月27日(土)新宿バ ルト9にて、初日舞台挨拶が行われました。

今年、2018年で15周年という節目を迎える「プリキュア」シリーズ。15周年を記念して、現在放送中の「HUGっと!プリキュア」と初代「ふたりはプリ キュア」が力を合わせて戦う劇場版最新作には、総勢55人のプリキュアが登場!。

初日舞台挨拶には「HUGっと!プリキュア」より引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯、田村奈央、田村ゆかり、「ふたりはプリキュア」より本名陽子、ゆかな、映 画のゲスト声優である宮野真守が登壇しました!


初日舞台挨拶概要
日付:10月25日
会場:新宿バルト9
登壇:
映画ゲスト声優:宮野真守 「HUGっと!プリキュア」

引坂理絵 本泉莉奈 小倉唯 田村奈央 田村ゆかり

「ふたりはプリキュア」: 本名陽子 ゆかな

キャラクター
「HUGっと!プリキュア」キュアエール
「ふたりはプリキュア」キュアブラック

ギネス世界記録®
記録名:アニメ映画に登場する最も多いマジカル戦士の数
(英字表記:Most magical warriors in an anime film)
認定日:10月27日 認定数:55人
※ギネス世界記録®はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶ということで、本 編からの熱気冷めやらぬ中、キャスト陣が登場すると会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

引坂さん:今日は映画楽しかったですかー?

と呼びかけると、客席からは大きな拍手が起こりました!また、

本泉さん:皆さんのアスパ ワワがこちらにもたくさん届いています!

とはぐプリに絡めてコメント。


小倉さん:是非、SNSで「素敵な作品だった!」って広めていただいて、みんなで 作品の魅力を伝えていければと思います!

と客席に呼びかけ、

田村(奈)さん:映画を観させていただいたんですが、素晴らしかったですよね!初日を迎えられ てとても嬉しいです!

とまっすぐに気持ちを語り、

田村(ゆ)さん:皆さんライトを持ってくださっているので、たくさんフレフレしてくださったんだと思う と、とても嬉しいです!

と感激を表していました!

本名さん:朝は雨でしたが、すっかり晴れて皆さんの熱意が天気 まで変えてくれたようです。今日は25度、夏日になるそうですよ!

と直前に変わった天候に触れて、公開を喜びました、そして、

ゆかなさん:もしかしたら ずーっと応援してくださってた方も来てくださってるのかな、と思います、直接届けることができて嬉しいです。今日ここから新しい想い出できたよね、って 感じですよね?ミデン?

と宮野さんに突然会話を振る場面も観ることができました。

宮野さん:ええ!?

とゆかなからの振りに驚きつつも、

宮野さん:いっぱい想い出を 奪ってごめんね。

と、キャラクターになり切って返答し、ゆかなもまたキャラクターになりきって

ゆかなさん:いいの、これから想い出をいっぱい作っていこうね。

と、言葉を結びました。

映画情報どっとこむ ralph ゲスト出演となった宮野は、客席を眺めて

宮野さん:素晴らしい景色です!これを老若男女と言うんでしょうね。プリキュアが色んな世代のか たに愛されて色んな想いを今日抱いていただいたと思います。僕たちも一生懸命立ち向かった作品です!

と、15周年映画となった本作をアピールしました。 今回のオファーに

宮野さん:すごい老若男女感を見てました笑。15年前「ふたりはプリキュア」と出会って楽しく観てました。 色んな世代の方に愛されているのを感じましたし、念願叶って記念すべきタイミングでゲストに呼んでいただいてうれしかったです。とてもメッセージ性が深 い役だったので、頑張って収録に挑みました。

と語り、歴代プリキュアを演じたことについては、

宮野さん:たくさんの役をさせていただいたので、最初は「マジか …」と思ったんです。男の自分の声でこんなカワイイ台詞を言っても…と思っていたのですが、ミデン自身が楽しんでいるイメージで挑んだら自分も楽しくな りました。色々な伝説の台詞を言えたので「ぶっちゃけありえな~い!」でした!

と演技についても振り返りました。



作品の魅力について、

引坂さん:どこも魅力いっぱいなんですが、私が好きなところ、きっと皆さんも好きだと思うんです。みんながちっちゃくなるの …何がとは言わないですが、すごくなかったですか?特にこの子。

とキュアマシェリを演じた田村(奈)さんを見ると、宮野さんからも

宮野さん:収録のときもすごかっ た!鼻水出るんじゃないかと思った!

と、話はマシェリの泣きっぷりについ話題が膨らみ

田村(奈)さんを:マシェリちゃんほとんど泣いていて、元気なキャラクター なので、頑張らせていただきました。

と、収録を振り返っていました。

引坂さん:大爆笑でした。収録のテストのときに、後ろで激しくえみるが泣いていて自分の台詞がまった聞こえないという場面もありました!

と、付け足すと

田村(奈)さん:お世話になりました。

と、返す一幕もありました。

映画情報どっとこむ ralph
また、完成披露の際に明かされた「ふたりはプリキュアのロゴが映画に使われるのが初めて」ということについて、

本名さん:今ではMaxHeartが 一年目の作品だと思っていらっしゃる方もいるそうで。15年の月日を感じます。

とすると、

ゆかなさん:ロゴについては、うっかり鷲尾プロ デューサーも初代のスタッフも誰も気が付いていなくて、完成披露のときの私たちの挨拶で『そういえば!』ってなったんですよ。

と、裏話を語りま した。さらに、今回の映画ではキュアブラック&キュアホワイトの名乗りのシーンもいつもとは違う、15周年バージョンということで、そこも見どころだと述べました。

宮野さん:リアル『デュアル・オーロラ・ウェイブ!』を聞いたときは、僕も『本物だー!』って言いました。

と、初代プリキュアとの共演について 収録を振り返り、

宮野さん:15周年に「想い出」をテーマにするってなんておもしろいんだろうと思いました、それを奪うとんでもない役をさせていただいた んですが、最後になぜミデンはプリキュアの「想い出」を奪っていたのかという理由がわかるシーンが見どころかなと思います。アニメーションのいい ところで、例え「物」でも魂が宿った時点で一個人なんですよ。なので、ミデンが最後のシーンに至るまでどうつなげていこうか考えながら演じました。

と、自身の演じたミデンについても語りました。

そして、なんとイベントではギネス世界記録®にも挑戦!
事前に「アニメ映画に登場するマジカル戦士の数」として申請していて、この日結果発表の場が設けられました。認定される条件として

「魔法を使って戦う、名前と台詞のあるキャラクターが50人登場する」というものとして、50人以上を目指しました。ギネス世界記録®公式認定員である石川佳織さんより結果が伝えられ、見事55人で記録認定となりました!

認定書を受け取った東映アニメーションの高木勝裕社長は、

高木社長:大変嬉しいです。東映アニメーションとして初の快挙となります。ギネス世界記録®はもらった覚えがありませんので、大変幸栄に思っております。15周年プリキュアをこれだけ長く続けてこられたのは、プリキュアのファンの皆様に支えていただいたからだと 思います。これからも長く続けていきたいと思っておりますので、ご声援、ご協力これからもよろしくお願いいたします。

と感謝と喜びを述べました。

ギネス世界記録®達成の快挙について聞かれた引坂は、「申請すると聞いた時は、皆さんと同じように「ギネス世界記録® !?」という驚きがあっ て、言葉しか聞いたことないよ…と思っていましたが、このタイミングでプリキュアに関わることができてうれしかったです。」と述べ、宮野は「(ゲ スト出演した作品がギネス世界記録®に認定されたことについて、)棚からぼた餅!と述べ、「ギネス世界記録®認定された作品に参加できるなんてな いことですし!マジカルウォーリアーズっていうんだって、初めて知りました。55人が認定…僕認定されてませんね!?マジカルウォーリアーズなれ るように頑張ります!」と述べ、会場はど大きな笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

本名さん:映画を観たこと忘れちゃうくらい濃厚な舞台挨拶となりました。社長の口から「長く続けて…。」と、聞けま したので、またどこかでみんなで集まれたらいいね!なんて夢を持ちつつ」目の前のことを一生懸命がんばっていけたらなと思います!

と、今後の意 気込みを述べ、

引坂さん:私たちも、マジカルウォーリアーズとして頑張っていきたいです。この映画、一回では物足りないですよね?怒涛のラストにむけてのバトン、私は胸に手をあてて観ていたくらいだったんですが、国歌を聴いているような…、あ、私個人はですよ?(笑)なのでみなさ ん、これからも映画を何度も観てください!

とアピールし、あたたかな拍手に包まれたまま、イベントは幕を閉じました。


『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』

10月27日(土)から絶賛公開中!

公式サイト:
http://www.precure-movie.com/

***********************************


【声の出演】
引坂理絵 本泉莉奈 小倉 唯 田村奈央 田村ゆかり 多田このみ 野田順子 本名陽子 ゆかな 田中理恵 樹元オリエ 榎本温子 三瓶由布子 竹内順子 伊瀬茉莉也 永野 愛 前田 愛 仙台エリ 沖 佳苗 喜多村英梨 中川亜紀子 小松由佳 水樹奈々 水沢史絵 桑島法子 久川 綾 小清水亜美 折笠富美子 豊口めぐみ 大久保瑠美 福圓美里 田野アサミ 金元寿子 井上麻里奈 西村ちなみ 生天目仁美 寿 美菜子 渕上 舞 宮本佳那子 釘宮理恵 中島 愛 潘 めぐみ北川里奈 戸松 遥 嶋村 侑 浅野真澄 山村 響 沢城みゆき 高橋李依 堀江由衣 早見沙織 美山加恋 福原 遥 村中 知 藤田 咲 森 なな子 水瀬いのり 関 智一 矢島晶子 ゲスト声優 宮野真守 山本美月

©2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会


第31回東京国際映画祭レッドカーペット その3


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場 その3

<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 中国週間


≪アジアの未来部門≫
ソン・ランの響き:
レオン・レ監督、リエン・ビン・ファット


アジアの未来 審査員:
ジェレミー・スゲ、ピート・テオ、山下敦弘

≪Japan Now 部門≫
Japan Now 部門 <映画俳優 役所広司> :役所広司、沖田修一監督、白石和彌監督

カメラを止めるな!:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、秋山ゆずき

菊とギロチン:韓英恵、仁科あい、和田光沙、川瀬陽太

≪アニメーション特集≫
アニメーション監督 湯浅政明の世界:
湯浅政明監督、氷川竜介東京国際映画祭プログラミング・アドバイザー)、井上伸一郎(株式会社KADOKAWA代表取締役専務執行役員)、ちびまる子ちゃん(キャラクター)、フィン(キャラクター)、ジェイク(キャラクター)

≪コンペティション部門≫

半世界:
阪本順治監督、稲垣吾郎、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦

愛がなんだ:
今泉力哉監督、岸井ゆきの、深川麻衣、若葉竜也、福嶋更一郎(エグゼクティブ・プロデューサー)、 成宏基(エグゼクティブ・プロデューサー)、前原美野里(プロデューサー)、服部保彦(プロデューサー)

翳りゆく父:
ガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督、プロデューサーのロドリゴ・サルティ・ウェルトヘイン

堕ちた希望:
エドアルド・デ・アンジェリス監督、ピーナ・トゥルコ

ヒストリー・レッスン:
マルセリーノ ・イスラス・エルナンデス監督、ベロニカ・ランガー、アンドレア・トカ(プロデューサー)、ダニエラ・レイヴァ・ベセラ・アコスタ(共同プロデューサー)、カルロス・A・モラレス(ポスト・プロダクション・スーパーバイザー)

三人の夫:
フルーツ・チャン(陳果)監督、クロエ・マーヤン

詩人:
リウ・ハオ(劉浩)監督、ソン・ジア、チュー・ヤーウェン

ザ・リバー:
エミール・バイガジン監督

ホワイト・クロウ(原題):レイフ・ファインズ監督、松岡茉優
ずっと喋ってる松岡さん楽しそう。

コンペティション部門国際審査委員 ブリランテ・メンドーサ、ブライアン・バーク、タラネ・アリドゥスティ、スタンリー・クワン、南果歩

映画情報どっとこむ ralph «クロージング作品≫
GODZILLA 星を喰う者:
宮野真守、櫻井孝宏、ゴジラ、静野孔文監督、瀬下寛之監督

≪オープニング作品≫
アリー/ スター誕生 寺島しのぶ(スペシャルゲスト)



その1はこちら

その2はこちら

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF