「宮野ケイジ」タグアーカイブ

安井謙太郎、山本涼介、森田美勇人ら登壇!『二―ト・ニート・ニート』安井の”クズっぷり”に原作者も称賛


映画情報どっとこむ ralph この度、安井謙太郎(ジャニーズJr.)が初主演を務める映画『ニート・ニート・ニート』が、11月23日(祝・金)より全国ロードショーとなる。

この度、都内で公開直前イベントが行われ、安井謙太郎(ジャニーズJr.)さん、山本涼介さん、森田美勇人(ジャニーズJr.)さん、灯敦生さん、宮野ケイジ監督、三羽省吾先生(原作者)らが登壇した。


映画『ニート・ニート・ニート』公開直前イベント
日付:11月14日
登壇:安井謙太郎(ジャニーズJr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生、宮野ケイジ(監督)、三羽省吾(原作者)

映画情報どっとこむ ralph 本作の公開がいよいよ来週の23日(祝・金)と迫る中、最速上映となった本イベント。満席となった会場には、手作りのうちわやパネルを持参する制服姿の学生や女性客も見られる中、キャストが登場すると場内は悲鳴交じりの歓声と盛大な拍手が沸き起こった。まずは主演の安井さんが

安井さん:今日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます!緊張していますが、“ニート”のようにだらだらとした時間を皆さんと過ごせたらと思います!

と、この日を待ち焦がれたファンに向け挨拶。続いて、山本、森田、灯、監督、三羽(原作者)らもそれぞれ挨拶すると、和やかな雰囲気が漂う中、舞台挨拶がスタートした。

映画情報どっとこむ ralph まずはMCから完成した本作を初めて観た時の感想を問われると、

安井さん:初主演だったのですが、気負いすることもなく、楽しく撮影が出来ました。スタッフ一同チームのような感覚で撮影することが出来たので、ようやくこの作品を届けられることが本当に嬉しいです。

と心境を吐露。さらに

安井さん:三羽さん、(作品は)どうでしたか?僕たち大丈夫でしたか?

と恐る恐る問いかけると、

三羽先生:正直、みんなイケメンすぎるし綺麗だし、どうかな?と思っていたんですが、観てみるとなかなかのクズっぷりで(笑)素晴らしかったです!

とキャスト陣扮する“三者三様の二―ト”たちの姿に太鼓判。

山本さん:(完成した本作を観たのは)撮影が終わってから一年くらいで。懐かしい気持ちになりながら観てましたね。

と感慨深い様子で語り、さらに

森田さん:僕と安井とやまもー(山本)は、3人並んで試写を観ていたんですよ。僕が出ていない、レンチ(安井)とタカシ(山本)のシーンで笑っちゃったところとかもあって・・・・

と当時の様子を回顧。すると

安井さん:仲間が笑ってくれると、ちゃんと面白いシーンに仕上がっていたんだなって安心するんですよね。

と笑顔を見せた。さらに

灯さん:最初の試写を観た時は、自分が出ていないシーンを目にするのも初めてだったので、こんなに(劇中に登場する二―トたちが)クズなのに愛らしい感じがあって。三者三様のクズっぷりが素敵でしたね。

と魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph
“住所不定無職”の主人公レンチ(安井)が、高校の同級生で失業中のタカシ(山本)と、同じく元同級生で引きこもりのキノブー(森田)、さらに出会い系で知り合った少女・月子(灯)を巻き込み、“縦横無尽な逃避行”を繰り広げるさまを、総移動距離3300kmを超える北海道ロケを敢行し撮影された本作。

安井さん:僕ら男三人衆は銭湯巡りにハマって。各地で有名な銭湯を聞いては巡っていましたね。

と撮影現場でのエピソードを振り返る。

そんな安井さんの発言に対し、

山本さん:美勇人くん、露天風呂に入っていたとき、素っ裸で蜂と戦っていたところを見たことがあって(笑)

と暴露!

森田さん:一人で(露天風呂に)入っていたと思ったら、山本くんも同じお風呂にたまたま入っていて。お湯に浸かっていたら蜂が飛んできて!近くに網があったので、とっさに網を掴んで全裸で蜂を捕まえようとしていたら、やまもーが爆笑していて(笑)

と振り返ると会場は大爆笑。
さらに蜂を格闘する森田さんの姿を、森田さん、山本さんらが身振り手振りで再現するなど、キャスト陣の仲睦まじい様子が垣間見える場面も。一方で、

灯さん:スタッフさんがお誕生日の時に、安井さんがラムしゃぶをご馳走してくださったことがありました。

と、座長らしい安井さんの太っ腹な一面を披露。会場からは自然と拍手が沸き起こると、思わず

安井さん:そうだっけ?北海道の夜風にあてられて覚えてないや!

と茶目っ気たっぷりな照れ隠しを見せ、会場に集まったファンを喜ばせた。そんな安井さんに

監督:とにかく気を遣ってくれてましたからね、スタッフや共演者たちに。立派でした。

と称えていた。


さらにイベントでは、二ートたちが北海道へ旅に出る様子を描いた本作にかけ、もし一カ月ニ-トになったら何がしたいか?という質問が及ぶと、

灯さん:“ミート・ミート・ミート”をしたいです!体型を気にせずお肉を食べ続けたいです。

森田さん:僕は劇中で演じたキノブー同様、わりと巻き込まれタイプで。なので、映画で描かれるレンチと同様に、今度は僕が二人(安井、山本)を巻き込んでドライブに行きたいです!北海道はつらいので、秋田くらいまで(笑)。

と、それぞれ野望を口にする場面も。

森田さんの野望に

安井さん:北海道まで行けよ!(笑)

とつっこみっつつ、

安井さん:巻き込まれタイプと言ってますが、僕この間、鎌倉に連れていかれましたよ。『行きたい行きたい!』ってダダこねるから(笑)

と明かすと、二人の可愛らしいエピソードに客席のファンからは悲鳴が沸き起こった。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後に・・・

監督:来週から封切になります。全国で公開となりますが、何より北海道で上映できるのが、本当に嬉しいです。撮影の前年度には大変な水害があったりして、その爪痕が残っている中で我々が撮影をさせていただいた経緯があったので、より多くの方に、北海道の素敵なところに気づいて貰えたらな、と思います。恩返し出来たらいいなと思います。

安井さん:北海道ではつい最近も災害があったばかりなので、僕らのこの映画がどこまで力になれるか分からないですが、誰かの背中を少しでも押せるような映画になっているかなと思います。公開まで一丸となって映画盛り上げていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

とそれぞれメッセージをおくった。


安井、森田はステージに最後まで残り、二人が客席に向かって深々と頭を下げ会場を後にすると、会場からは再び大きな拍手が沸き起こり、イベントは幕を閉じた。

映画『ニート・ニート・ニート』

11月23日(祝・金)、“勤労感謝の日”より全国ロードショー!

公式サイト:https://neet3.jp/
公式Twitter:@neet3_jp/


物語・・・
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くとレンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。レンチはタカシに加えて自家用車を持っている、同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート三人の逃避行が始まった。道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。旅の目的を一切明かさず三人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?

***********************************

監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二〜愛のとばしり』) 原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
企画:株式会社ミレ・ファクトリー 宣伝:(株)MACH 製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会 配給:スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会



安井謙太郎(ジャニーズJr.)主演『ニート・ニート・ニート』特製ポストカード付き前売り券発売決定


映画情報どっとこむ ralph 安井謙太郎(ジャニーズJr.)が映画初主演を務める映画『ニート・ニート・ニート』が、11月23日(祝・金)より全国ロードショーとなる。

この度、11月11日(日)より、全国の上映劇場窓口と映画前売券専門サイト「メイジャー」にて、特典付き劇場前売り券の発売が決定しました!
購入者特典となるのは、2種類のオリジナルポストカード。安井謙太郎らメインキャストらの姿を映したメインビジュアルと、同名原作本(角川文庫)の表紙を始め、アニメ「転生したらスライムだった件」のキャラクター原案者も手掛ける人気イラストレーター・みっつばー氏による書き下ろしイラストがそれぞれあしらわれている。ポストカードについてはグッズとして販売の予定はなく、前売り特典でしか手に入らないレアアイテムとなりそうだ。特典付き劇場前売り券は、全国で12,000枚販売を予定しており、売り切れ次第終了となる。

映画情報どっとこむ ralph ≪特典付き劇場前売り券 概要≫
■名称:特典付き劇場前売り券(一般券のみ:1,400円)
■前売り特典:オリジナルポストカード2枚セット

※全国の上映劇場窓口と映画前売券専門サイト「メイジャー」(https://www.major-j.com)にて販売いたします。
※販売のない劇場もございます。公式サイト(https://neet3.jp)でご確認ください。
※チケット1枚につき、オリジナルポストカード2枚1セットになります。
※チケット販売は、1会計につき、1名様6枚まででお願いいたします。
※初回納品分にて、売れ切れ終了とさせて頂きます。予めご了承ください。
※前売券の販売に関するお問い合わせは、本作を上映予定の劇場または公式サイトでご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ニート・ニート・ニート』

が、11月23日(祝・金)より全国ロードショー

主演の安井謙太郎(ジャニーズJr.)、メインキャストに『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダースペクター/深海マコト役で一躍知られ、さらにドラマ『陸王』など話題作にも出演し、10月公開の『旅猫リポート』にも出演を控える注目の若手俳優・山本涼介、安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人、3人のニートとともに旅する謎の女性・月子役には期待の新星・灯敦生が抜擢!

公式サイト:
https://neet3.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/neet3_jp/

物語・・・
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くとレンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。レンチはタカシに加えて自家用車を持っている、同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート三人の逃避行が始まった。道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。旅の目的を一切明かさず三人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?

***********************************

監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二〜愛のとばしり』) 
原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
企画:株式会社ミレ・ファクトリー 宣伝:(株)MACH 製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会 配給:スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会


知英・武田梨奈・宮野ケイジ監督登壇 日米合作映画『殺る女』完成披露上映会決定


映画情報どっとこむ ralph 日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×ミャンマー×デンマークのスターが豪華競演の『殺る女』は、10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。

「世界」をターゲットにした本作主演で運命に翻弄される殺し屋・愛子を知英。

孤児院育ちで組織の鍵を握っている女・加賀由乃には、武田梨奈。

由乃の兄で元暴力団員・加賀俊介には、駿河太郎。


そして、2016年度日本アカデミー新人賞の篠原篤、元K-1王者のニコラス・ペタス、セリーヌ・ディオンとの共演やオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリース、黒田アーサー、サヘル・ローズなどなど。

監督は、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において『夢二 愛のとばしり』が最優秀作品賞を受賞し、世界的評価を得ている宮野ケイジ。

シャリースが歌う主題歌“OUT THE WINDOW”が、哀しく交錯していく運命に光を当てております。

そんな本作のポスタービジュアルが解禁となりました!


殺し屋・愛子のターゲットを絞った強い眼差し、組織の鍵を握る女・加賀由乃の思惑が見え隠れする視線、そして元暴力団員で由乃の兄・加賀俊介の伏し目がちな表情。3者3用の想いが現れており、基調にしているブルーカラーがインパクトを与えております。

映画情報どっとこむ ralph そして、10月3日(水)シネ・リーブル池袋にて完成披露上映会を開催することが決定!


19:00より、主演・知英、武田梨奈、宮野ケイジ監督が登壇する舞台挨拶も行います。
9月14日(金)AM11:00より、先行プレリザーブも開始いたしますので、この機会にぜひ、本作にご注目ください。


■『殺る女』舞台挨拶付き完成披露上映会 詳細■

【実施日】 10月3日 (水)
【実施劇場】 シネ・リーブル池袋
https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/
【実施時間】 舞台挨拶19:00開始 予定 (19:35上映開始予定) 
【Pコード:559-019】
【登壇者(予定)】 知英、武田梨奈、宮野ケイジ監督
※登壇者は予告なく変更する場合がございますこと、予めご了承ください。

【チケット料金】 2,000円(税込)均一
【チケット販売】 「チケットぴあ」にて販売
※ 枚数制限:お一人様4枚まで

【販売スケジュール】
◆先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
9月14日(金)AM11:00~9月25日(火)AM11:00まで
・インターネット購入:
http://w.pia.jp/t/yaruonna/
※PC・モバイル共通
※抽選は、9月25日(火)夕方となります。
※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要となります。
◆一般発売
9月26日(水)AM10:00~10月1日(月)PM18:00まで
・インターネット購入:
http://w.pia.jp/t/yaruonna/
※PC・モバイル共通
・店頭直接購入:「チケットぴあ」店舗/サークルK・サンクス/セブン-イレブン
・電話予約:0570-02-9999
※残席がある場合のみ、10/2(火)よりシネ・リーブル池袋劇場窓口およびオンラインチケット予約にて販売。

【注意事項】
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※ムビチケカードはご使用いただけません。
※特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等)・各種招待券は、ご使用いただけません。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断りいたします。
※転売・転用防止のため、当日会場にて本人確認をさせていただく場合がございます。
予めご了承の上、来場者の名義でお申し込みください。営利目的でない転売・転用もお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。
保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に
映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。


映画情報どっとこむ ralph 日米合作!
スタイリッシュなバイオレンス・エンターテインメントが誕生!

殺る女
10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開
yaruonna.com


<ストーリー>

幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)は、両親を殺害された時に見えた腕にサソリのタトウーがある男を探すため、殺し屋となった。
孤児院育ちの加賀由乃(武田梨奈)は看護師になり、勤務先の医者に想いを寄せているものの心に闇を抱え続けている。由乃の兄で元暴力団員の加賀俊介(駿河太郎)は、今は足を洗い、堅実に生きていた。

ある日、孤児院仲間にハメられた加賀は追い詰められ、家族や由乃を巻き込みながら、とんでもない事件に堕ちていく。

この事件をきっかけに、愛子は幼き日の自分に似た加賀の一人娘・カナと出会い、運命を狂わせてゆく。
バラバラだった愛子、由乃、加賀の3つの人生は重なり翻弄されて・・・
ミスをしない殺し屋・愛子の復讐劇に訪れる、衝撃の結末とは?


***********************************


知英

武田梨奈

駿河太郎 篠原篤
藤田りんか(子役) ニコラス・ペタス 中尾隆聖 黒田アーサー サヘル・ローズ 和希沙也
松本大志 日向丈 水石亜飛夢 江口祐貴 伊崎右典 清水一哉 玉代勢圭司 山優香
Irin Sriklao, Jaw Maran,Charice a.k,a Jake Zyrus

監督・脚本:宮野ケイジ
主題歌:“OUT THE WINDOW” Charice a.k,a Jake Zyrus
製作:岡本東郎 五十嵐匠 藤巻典敏 プロデューサー:行実良 関顕嗣 長井龍 Jaw Maran
ラインプロデューサー:山地昇 撮影監督:中澤正行 助監督:佐々木利男
照明:野村久数 録音:山田幸治 美術:中谷暢宏 ガンエフェクト:遊佐和寿
衣裳ヘアメイク:おかもと技粧 編集:江橋佑太 宣伝プロデューサー:廿樂未果
特別協賛:FCAジャパン株式会社 オハヨー乳業株式会社
制作:ストームピクチャーズ
制作協力:アトリエ羅夢
配給:プレシディオ 
宣伝:MUSA 
劇場営業:長谷川裕介
2018年/日本・英語/84分/5.1ch /ビスタサイズ/カラー/デジタル
©2018「殺る女」製作委員会


安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)×山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)『ニート・ニート・ニート』遂に公開日解禁


映画情報どっとこむ ralph 安井謙太郎(ジャニーズJr.)が映画初主演を務める映画『ニート・ニート・ニート』。
そしてこの度、本作の公開日が遂に11月23日(祝・金)に決定!

原作は、デビュー作『太陽がイッパイいっぱい』(02)で、第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説。

メガホンを取るのは、竹久夢二を愛した女たちの姿を通して、“人間・夢二”の本質を映し出した『夢二〜愛のとばしり』(16)で監督・脚本を務め、さらに10月には知英主演の『殺る女』が公開を控える、宮野ケイジ監督。

主人公レンチを始めとする3人のニートと1人の少女が、北海道の大自然の中で右往左往する青春ドタバタロードムービーをコミカルに描きます。

メインキャストには、『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダースペクター/深海マコト役で一躍知られ、さらにドラマ『陸王』など話題作にも出演し注目を集める若手俳優・山本涼介(タカシ役)、安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人(キノブー役)、 3人のニートとともに旅する謎の女性・月子役には期待の新星・灯敦生が抜擢!

豪華かつフレッシュな顔ぶれが「ニート」に扮し、広大な夏の北海道を舞台に苫小牧市、札幌市、稚内市、釧路市阿寒町、清水町、帯広市、えりも町と総移動距離3300km越える、縦横無尽な逃避行を繰り広げる。

その他、若手キャストを支えるベテラン勢には、タカシの母親役に石野真子、北海道でニート3人組を助けるタカシの叔父に『真田丸』でも活躍した藤本隆宏、その妻役にMEGUMIが脇を固めた。

映画情報どっとこむ ralph
さらに公開に向け意気込みを語るキャスト陣からのコメントも到着した!


ニート・ニート・ニート
11月23日(金・祝)全国ロードショー

公式サイト:
https://neet3.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/neet3_jp/

【STORY】
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。
そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くとレンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。
レンチはタカシに加えて自家用車を持っている、同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート三人の逃避行が始まった。
道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。
月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。
旅の目的を一切明かさず三人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。
果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?

***********************************

監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二〜愛のとばしり』) 原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
企画:株式会社ミレ・ファクトリー 宣伝:(株)MACH 製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会 配給:スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会


知英レッドカーペットに登場!プチョン国際ファンタスティック映画祭2018 レッドカーペットに登場!映画『殺る女』


映画情報どっとこむ ralph 知英さん 最新主演映画『殺る女』は、日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作映画。10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。


公開に先駆け、知英が主演映画を引っ提げ、本日 7月12日(木)からスタートしたプチョン国際ファンタスティック映画祭2018に凱旋帰国!主演・知英さんが率いる「殺る女」チームが、レッドカーペットを歩きました。
プチョン国際ファンタスティック映画祭は、アジアを代表するジャンル映画祭として「ラブ、ファンタジー、アドベンチャー」をテーマに掲げて上映されており、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭やヨーロピアン・ファンタスティック映画祭連盟などと共に協力し、ジャンル映画の普及に努め、アジア最大ともいえる映画祭の一つ。

主演の知英さん、駿河太郎さん、宮野ケイジ監督がレッドカーペットに登場すると、ひときわ大きな歓声があがり、われんばかりの拍手に会場は包まれ、華々しい幕開けとなりました。今年一番の猛暑の中、知英は大胆な背中と美しい脚のラインが透けてみえるセクシーなドレスで、日頃から運動で鍛えた美しい体を披露。かつて韓国で活動していた頃のあどけない少女の姿からは想像できない大人の女性として現地の報道陣・観客2000人を魅了しました。
本作は、プチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品されており、7月13日(金)に、韓国にて世界最速上映する運びとなっています。

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットに出席した知英さん、駿河太郎さん、宮野監督からコメントが届いております。

故郷の韓国の大きい映画祭に参加できて光栄です。レットカーペット歩くときにみんなからジヨンこっち見て!後ろ振り向いて!と声掛けてもらって、有り難かったです。久々韓国に来てファンの皆さんに会えたことが何より嬉しいです。レッドカーペットは、4月の沖縄映画祭以来ですが、あの時は雨で皆さん大変でしたが、今回は故郷韓国で、天候にも恵まれて嬉しかったです。レッドカーペットが長くてびっくりしました!

駿河太郎さんからのコメント
初めて参加させて頂きましたが、街を上げて盛り上げているすごく派手な映画祭で、この場所に映画『殺る女』で参加出来た事を嬉しく思います!
韓国の方を筆頭に、世界の方にどのように届くか楽しみです?


宮野ケイジ監督からのコメント
華やかな祭典に参加でき、大変光栄です。
『殺る女』の公開に向けて追い風にしたいです。

映画情報どっとこむ ralph 「世界」をターゲットにした本作の予告が解禁となりました!


予告は、幼き日の自分と似た少女との出会いにより葛藤が生まれていく愛子の心理描写を主軸にストーリーが展開され、愛子が追い続けている組織の鍵を握る女・由乃の不敵な笑みや、家族を守るものの追い詰められていく加賀の表情がインパクトを与え、アクションにとどまらず、ドラマ性ある内容になっております。
セリーヌ・ディオンとの共演経験もある歌手・シャリースの主題歌“OUT THE WINDOW”が、哀しく交錯していくそれぞれの運命に光を当てております。


この秋、スタイリッシュなバイオレンス・エンターテインメントな日米合作映画をお楽しみ下さい!

10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開です。


『殺る女』は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

知英のほか、家族を殺害したため愛子が探し続けている腕にサソリのタトウーがある男の妹で孤児院育ちの加賀由乃役に、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈。

由乃の兄で元暴力団員・加賀俊介には、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し数々の出演作で急成長を遂げている駿河太郎。
元K-1選手のニコラス・ペタス、やセリーヌ・ディオンとの共演や世界で最も影響力のある人物とされるオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリースも出演しております。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ。

***********************************


知英

武田梨奈

駿河太郎 篠原篤
藤田りんか(子役) ニコラス・ペタス 中尾隆聖 サヘル・ローズ 和希沙也
松本大志 日向丈 水石亜飛夢 江口祐貴 伊崎右典 清水一哉 玉代勢圭司
Irin Sriklao Jaw Maran /Charice a.k,a Jake Zyrus
監督・脚本:宮野ケイジ
主題歌:“OUT THE WINDOW” Charice a.k,a Jake Zyrus(バップ)
製作:岡本東郎 五十嵐匠 藤巻典敏 プロデューサー:行実良 関顕嗣 長井龍 Jaw Maran
ラインプロデューサー:山地昇 撮影監督:中澤正行 助監督:佐々木利男
照明:野村久数 録音:山口勉 美術:中谷暢宏 ガンエフェクト:遊佐和寿
衣裳ヘアメイク:おかもと技粧 編集:江橋佑太 宣伝プロデューサー:廿樂未果
特別協賛:FCAジャパン株式会社 オハヨー乳業株式会社
制作:ストームピクチャーズ
制作協力:アトリエ羅夢
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
劇場営業:長谷川裕介
©2018「殺る女」製作委員会