「完成披露試写会」タグアーカイブ

「PKCZ®×HiGH&LOW」 コラボライブ&完成試写会が開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」プロジェクト映画第3弾である『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が今年の8月19日に公開し、「HiGH&LOW」シリーズ3作品の累計興行収入は、45億円、累計入場者数は350万人を突破!

そんな日本中が熱狂した「HiGH&LOW」シリーズも遂に完結!最終章となる映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は、11月11日(土)に公開します。

そこで映画公開に先駆け、11月6日(月)、7日(火)に映画とライブがコラボした超スペシャルイベント「PKCZ®×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW」を開催する事が決定しました!!

横浜・赤レンガ倉庫で開催された昨夏では、「HiGH&LOW」より登坂広臣とELLYが参戦し、超レアな“OMILY”コンビが誕生しました。
2人の熱唱に場内は大興奮!さらにスペシャルゲストとして、EXILE SHOKICHIが、登場した際は、会場のあちこちから悲鳴に似た歓声が沸き上がり、「HiGH&LOW」の
テーマソングを歌い観客を魅了しました!

そんな、大盛況だったコラボライブ第二弾となる今年は、最大人数1万2千人が収容できる横浜アリーナからお届けします!

果たして、今年はどんなサプライズゲストが登場するのか!?
さらに、11月11日公開の映画「HiGH&LOW THE MOVIE3」を一足先に見れちゃう完成披露試写会の実施します!

2日限りのプレミアムライブショー、ぜひご期待ください!!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」11月11日(土) 全国ロードショー 

ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

***********************************


生田斗真「広瀬すず史上、最強に可愛い映画」と絶賛!「先生! 」完成披露!


映画情報どっとこむ ralph 『僕等がいた』以来、5年ぶりとなる“恋愛映画”への出演を果たす生田斗真と、映画界にひっぱりだこの女優、広瀬すずの初共演作。
あらたな純愛ストーリー「先生! 、、、好きになってもいいですか?」が10月28日(土)に公開となります。

その完成披露試写会が行われ、主演の生田斗真さんをはじめ、広瀬すずさん、竜星涼さん、森川葵さん、健太郎さん、中村倫也さん、比嘉愛未さん、三木監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

日時:9月26日(火)
場所:東京国際フォーラム
登壇:生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、三木孝浩監督
映画情報どっとこむ ralph およそ1000人の観客の前に搭乗したキャストの皆さんが会場を通り入場してくると大きな歓声が!
広瀬さんの先には生田さんが手を差し伸べて・・・エスコート!
森川さん with 竜星さん&健太郎さん

中村さん、比嘉さん

ピンクカーペットのランウェイを通り舞台へと向かいます。

映画情報どっとこむ ralph 生田さん:お忙しい中お越しいただきありがとうございます!感謝します!『先生! 、、、好きになってもいいですか?』広瀬すず史上、最強に可愛い映画です。暫く更新されることはないでしょう!世の男子諸君、覚悟して映画館に来るように!

との挨拶からスタートしたイベント。一方で
広瀬さん:伊藤先生が格好いいです。先生がいてくれたから響きがまっすぐでいられたなと思います。

と、二人で褒めあってスタート。

生田さん:『僕等がいた』で監督とご一緒して、また生田斗真で撮りたいと言われていたのが、早く叶いました!約束を果たせたこともそうですし、すずちゃんの初めてのラブストーリーにふさわしい男であるように頑張りました。

と、男気も垣間見られるお話。

広瀬さん:恋ごごろ程度はあったのですが、こんなに王道なキュンとするラブストーリーは初めてで、心配でしたが生田さんと三木監督の信頼関係が凄かったので、ついていこうと決めました。楽しく演じました。

初めて会った時の印象は、

生田さん:初めて会ったときは、別々の映画を撮っているスタジオで、某映画を撮っていまして、金髪でモコモコのガウンを着てたんです。すずちゃんはチアで。たまたまばったり会いまして・・出会いは恥ずかしかったです。
広瀬さん:そんな感じなのかなと思いながら、2回めお会いしたときはバンパイアだったので。

と、コスプレチックな出会いだったとエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そして、広瀬さんの仲良し学生チーム
竜星さん:この映画を観て沢山の人が恋をしたくなればなと思っています!現場は和気藹々でしたよね?

森川さん:はい!仲良かったです。

竜星さん:当時すずちゃんは現役高校生で、僕としてはその横で制服姿・・・大丈夫かなと思いながら演じてました。
監督が大丈夫!とすかさずフォロー。

他校の弓道部の学生の健太郎さんは・・広瀬さんとの共演が多い俳優さん。広瀬さんの秘密を聞くと・・・
健太郎さん:・・お笑いが好き(はい!好きです)・・・でも、俺他校なんで。自分の知らないところで、クリスマスパーティーやったりラーメン屋に入ったり。知らなくて・・・ネットニュースでみて知りました。

MCいったメンバを聞くと・・・健太郎さん意外に中村さんも言ってないことが判明!

大人な先生チームの挨拶で中村さんが話し始めると広瀬さんがすでに大笑い。比嘉さん曰くすずちゃんは中村さんが大好きだそうで、
中村さん:すずちゃんの前で悪ふざけ過ぎて、今日久しぶりにあったら笑われて。そうそう、現場では斗真が嫉妬しててね。おれは、そういうキャラじゃねえからって。
と、すね気味な生田さんジャニーズだからこそのジレンマが暴露され、今回、広瀬さんの恋敵の先生役の比嘉さんは

比嘉さん:大人ならではな切ない恋を演じました。今回、学生チームのキラキラ度合いが凄いですね。話しているだけでもまぶしかったです。

と、話す比嘉さん。顔合わせの時に大人チームと学生チームで別れて座っていたそうで

生田さん:数年前まで学生の役をしてましたが、川を越えてしまったなと。

と、大人を実感したのだそう。

ここで、ホームページ上で募集していた、生田斗真に直接恋愛相談!教えて伊藤先生!で集まった6000通の相談の中から数点を広瀬さんが読み上げ生田さんが答えるコーナーに。

クロストークで答えを探す生田さんとキャストの皆さん。

映画情報どっとこむ ralph 監督:素敵なキャストと心を込めて作った作品です。ラブストーリーを作ることが多いのですが、今回は丁寧に恋愛を描いていて、主演の二人が感情を表情で雄弁にお芝居してくれて撮っている時にキュンとしました。ちょっとした目の動きや息使いを是非観て下さい。

生田さん:先生!

観客の皆さん:大好き!

でイベントは終了しました!

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?

10月28日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー!

公式HP:
sensei-movie.jp
公式Twitter:
@sensei_movie

物語・・・
「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど……。「今は一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく。

今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!

***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) (※1996年~2003年)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
監督:三木孝浩
脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
      


丸山隆平が本当に盗みたいものは!?『泥棒役者』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph “人違い“と“勘違い”をくり返し、クセもの8人による“だまし・だまされ”の≪超喜劇エンターテインメント≫が11月18日(土)より全国公開!

今回その完成を祝して豊洲PITに豪邸のセットが出現!
丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督ら豪華クセ者キャストたちが集結して、おもしろ舞台挨拶が行われました!
日時:9月21日(木)
場所:豊洲PIT
登壇:丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中3つの扉から、市村正親さん、ユースケ・サンタマリアさん、石橋杏奈さん、宮川大輔さん、片桐仁さん、峯村リエさん、西田征史監督が登場!

しかし!一人足りない!観客の「まるちゃ~ん!」の掛け声で中央の金庫から丸山隆平さんが飛び出し!

丸山さん:初単独主演です!本当に今日と言う日を皆さんと一緒に迎えられてうれしいです!金庫の中、怖かったです!(可愛い!)THANK YOU SO MUCH!(ギャー)

と、本当に嬉しそう。

映画情報どっとこむ ralph 市村さん:コンバンハ!まるちゃんと一緒に仕事ができて幸せでした。濃いーメンバーが集まってます。負けないように頑張りました!この屋敷の主人で作家。キャラが濃くて僕とかけ離れていて苦労しました!
と、市村さん!舞台上の市村さん半端ないオーラです!

石橋さん:観終わるとポジティブ・ポジティブな気持ちで帰れる作品になってます!向上心のある愛らしい帰国子女役で、テンションが上がると英語が出ちゃうんです!

宮川さん:・・・・こんなに沢山。楽しんで!丸を引き込んで泥棒に行くんで怖さとかを出してみました!撮影時に昔の彼女が現れてドッキリかと思いました!撮影中なのに。

丸山さん:ぐいぐい来ましたもんね。

映画情報どっとこむ ralph 片桐さん:この泥棒役者を11年前に主役の泥棒をさせていただきました。僕なので髪はもじゃもじゃ。だったので、今回丸ちゃんがもじゃもじゃになってしまいました!今回僕はストレートにしてもらってるんですが、けん玉のシーンでNG33回!汗で髪がもじゃもじゃになって・・
西田監督:丸山さんは、もじゃもじゃでもイケメンだったね!

と、主演のもじゃもじゃ頭の理由が明かされ、

片桐さん:監督が宮川さんの役だったんです。宮川さんリアルに怖かったです!素でしょ。ただのお祭り男じゃないです!

映画情報どっとこむ ralph 峯村さん:濃いキャラクターの中に混ざらせていただいて光栄です!突っ込みどころ満載の映画です!色がきれいな映画です!市村さんが綺麗でした!

ユースケさん:相当濃いですよ!
ユースケさん:ゲリラ豪雨の中ありがとうございます!(笑)(外は超晴れ)仲良くなり・・・・。関ジャニのみんなも来て

丸山さん:変な期待させないで!他のメンバ仕事してますから!

と無茶苦茶なユースケさん。空気の読めない役。

ユースケさん:普段からね。読まないんで大丈夫だったんです!(笑)でも、今回監督に蛇みたいに!って言われて予告見たらひどくって。まだ本編観てないです!今日皆と観ます!

西田監督:このように素敵なキャスト&スタッフで作り上げました。笑って笑って楽しんで!

映画情報どっとこむ ralph 泥棒役は・・・

丸山さん:泥棒を演じているよりは人を演じています。泥棒って結構ハラハラしているんだなと。凄い小声で話してます。
ユースケさん:あたりめーだろ!泥棒!

と、突っ込まれます!


撮影時のエピソードを聞かれると

丸山さん:市村さんがミュージカルっぽくて、ドンドンキレキレになって、監督に控えめにって怒られて、しょんぼりなってました!

と、暴露。さらに丸山さんのうちに監督と市村さんと宮川さんが本読みを行ったそう
市村さん:ユースケ来てなかった!

ユースケさん:呼ばれてないからです!

と、判明!部屋はベースだらけ、で・・・安心してください、女っけは無かったそうです!

映画情報どっとこむ ralph 本当に盗むとしたら?と問われて、

丸山さん:アイドルなんで・・・日本全国のハートを盗みたいです!

と、ルパン三世のようなお言葉。


最後に・・・

映画の裏はこのように楽しい現場でした。殺伐とした気持ちとか嫌なことを忘れてもらえる、そして身近な大事なものが見つかる映画になっています!楽しんで!


公式サイト:
http://dorobou-yakusha.jp/

物語・・・
かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ(丸山隆平)。今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同棲生活を送っていた。 ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をバラすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。 だが、忍び込んだ豪邸で、家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、訪問してきた編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)から、「編 集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた「役」を必死に演じるハメに なるのだが…。前園家の隣に住むユーチューバー・高梨(片桐仁)、奥の上司の編集長(峯村リエ)も巻き込み、屋敷の中は一層カオスに。はたして、はじめは正 体を隠したまま、愛する恋人の元に帰ることができるのか???

***********************************

出演:丸山隆平 市村正親 石橋杏奈 宮川大輔 片桐仁 / 高畑充希 / 峯村リエ ユースケ・サンタマリア

監督・脚本:西田征史 (『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER & BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート
(C)2017「泥棒役者」製作委員会


リリー・フランキー as クマ 障害者の性について語る映像公開『パーフェクト・レボリューション』


映画情報どっとこむ ralph 型破りな究極の愛の物語に、リリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑む。 『パーフェクト・レボリューション』 リリーがモデルの熊篠⽒にソックリ︕︖ ユーモアたっぷりに障害者の性について語る映像公開。
主演リリー・フランキー、ヒロイン清野菜名が体当たりの演技で挑んだ、実話を基にした映画『パー フェクト・レボリューション』が9月29⽇(⾦)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい︕障害者はただの人間なんです!」。

この度、本編映像が公開!クマがトーク&サイン会で、障害者の性についてユーモアたっぷりに語ります。

映画情報どっとこむ ralph 今回、公開された本編映像は、クマとミツが運命の出会いをする、クマの出版記念トーク&サイン会のシーン。


「僕のこれまでの人生は、常に戦いの歴史でした」

と始まり、続けて、⾃分の障害は、“脳性麻痺と異常に豊富な男性 ホルモン”と、会場の笑いを誘うクマ。“おそらく、騎乗位を発明したのは障害者ではないか?”と障害者あるあるのネタも 披露しながら、あらたな挑戦は、障害者に対する誤解を解くこと、と語る。よくある誤解について、しゃべっているだけで言語障害はないんですね?と驚かれ、下ネタを言うと、サーっと人がひいていく、と淡々と述べる。

「障害のレベルは人によっ て様々。その中でみんなが戦っている。 身体障害者だって恋をするし、オナニーもするし、セックスだってしたいんです。障 害者は、新種の怪物やごみなんかじゃない。ましてや聖⼈君主なんかじゃない。障害者はただの⼈間なんです。」

と主張 するクマに、会場に入ってきたミツが質問をしようと手を挙げる。
こんな出会いから、クマとミツのハチャメチャだけど純粋な、 “最強のふたり”のラブストーリーが始まることに。

企画・原案の熊篠慶彦氏の活を再現したシーンだが、リリー・フランキー演じるクマについて、熊篠氏本人が、自分似ていると驚き、
「遠巻きに⾒たら脳性麻痺のおっさんになっていましたよ」

と太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら


パーフェクト・レボリューション
公式サイト:perfect-revolution.jp

物語・・・
泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。 クマは幼少期に脳性⿇痺を患い、手⾜を思うようにかせず⾞椅子⽣活をしている。ただし彼はセックスが⼤好き。身体障害者にとっての性 への理解を訴えるために活している。そんな彼が、ある⽇、美少⼥・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず⽣き⽣きと⽣きているクマに、 ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの︕」。どんな不可能も可能にす る、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる︕

9月29日(⾦) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

***********************************

出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余 貴美子
監督・脚本:松本准平(『最後の命』)
企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」)
劇中曲:銀杏BOYZ「BABY BABY」 (UK.PROJECT)
エンディングソングテーマ:チーナ「この世界が全部嘘だとしても」 (SOPHORI FIELD COMPANY)
制作・配給:東北新社
宣伝協⼒:ミラクルヴォイス
2017年/⽇本/カラー/5.1ch/ビスタ/117分/PG-12
©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
      


初音映莉子、高良健吾、草刈民代ら登壇『月と雷』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の『月と雷』小説を安藤尋監督の手により実写映画化。
10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

そして、完成披露試写会が行われ、主要キャストの初音映莉子さん、高良健吾さん、草刈民代さん、藤井武美さん、木場勝己さん、安藤尋監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子(草刈民代)とその息子の智(高良健吾)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(初音映莉子)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品。

『月と雷』完成披露試写会
日時:9月13日(水)
会場:スペースFS 汐留
登壇:初音映莉子、高良健吾、草刈民代、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督

映画情報どっとこむ ralph 20年ぶりに泰子と智が再会するシーンが印象的だったと話す初音さん。
初音さん:再開のシーンは、(台本を読んで)想像していた智が現れて感動。そして迫ってくる恐怖感と、興奮でワーってなってガーって逃げました(笑)。『泰子ちゃーん』という声が、撮影を重ねるにつれて、心地よいものに変わっていきました。

と、語ると、
高良さん:僕もガーッと追いかけてブアーって追いかけました!(笑)。幼少期に一緒にいた時間は長くないけど、気にして会いたかった時間が長い気持ちをつくったので、あまり疑問に思わず、現場に立てたと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 智の母親で、男の間を渡り歩く直子を演じた草刈さんは、
草刈さん:夫の周防正行監督の作品以外の映画出演はこれが初めて。安藤監督が声をかけて下さって。いくつかの取材で『汚れ役に躊躇は?』と聞かれたんですが、私自身は汚れ役と思って受けていなくて…。メイクも“汚しメイク”と言われるけど、何もしてないんです(苦笑)。そんなに酷く見えたのかな?とちょっと傷つきました…

と、目の前にいるマスコミにチクリと笑顔。続けて

草刈さん:素の自分が見えたら失敗なので、いままでの役とかけ離れて見えるのなら、よかったです。スナックでの歌も、飲むと、楽しくなる人のイメージで、木場さんが喜んでくれますし・・・。

と、言われた木場さんは
木場さん:もうじき70歳ですが、こんな役をいただけて…。だって、ちょっとの間ですが草刈さんと暮らすんですよ! 光栄でした

と照れながら満面の笑みを浮かべていました。


安藤監督は直子役への草刈さんの起用について
安藤監督:美しい方で、チャーミングですし。原作では汚いババアなんですけど(笑)、映画でそのままやるのはいくら何でもですよね。脚本を進める中で魅力的にしていき、映画には映画の中のリアリティがあるので、草刈さんにオファーありかなと。恐る恐るオファーしたら、割と笑顔で接していただいて・・・映画の風景を背負って、そこにいるのが重要で、どこか憎めない――そんな直子を100%やっていただけました。

と絶賛の監督。


泰子の異父妹で、少しずつ泰子や直子、智らと関係を深めていく亜里砂を演じた藤井さんは
藤井さん:この役を演じるにあたって、最初に監督からニコニコして『思うままにやってください』と言われて、怖い部分もありました(笑)監督のOKを信じるしかなく、現場の雰囲気の中で作っていった感じです。初音さんに追いかけられて、 ガーって逃げました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
初音さん:この映画を観て、如何に人生が短いかを感じました。生命と過去とか未来を抱きしめてくれるような作品になっていると思います。

高良さん:普通とは何ですかとインタビューされることが多いのですが、智も康子もちゃんと自分たちの普通を認められるようになったのかなと。この映画を観て大切だなと思いました。

安藤監督:生きるとは大変だよなと。でも何とか生きていけるんだよと考えていただけたら嬉しいです。

月と雷

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

***********************************


初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会