「安里麻里監督」タグアーカイブ

黒沢清と廣木隆一の系譜!『アンダー・ユア・ベッド』安里麻里監督が「活弁シネマ倶楽部」で製作秘話語った


映画情報どっとこむ ralph 8月16日(金)21:00より放送された“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」にて、映画『アンダー・ユア・ベッド』を監督した安里麻里氏がゲスト出演し、自ら「ヒリヒリする映画を作ろうと思った」とする本作について、主演を務めた高良健吾の印象などを含めたっぷりと語った。

(*R18+作品ですので、本記事も18歳以上の方のみとさせていただきます。)
続きを読む 黒沢清と廣木隆一の系譜!『アンダー・ユア・ベッド』安里麻里監督が「活弁シネマ倶楽部」で製作秘話語った


高良健吾 周りのストーカー役が似合うの声に複雑!『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAとハピネットの共同製作によって、閉塞気味のこの映画界において「リミッターを外せ!」を合言葉に、あえてタブーとされる題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの立った作品を共同で開発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』を立ち上げました。 記念すべきプロジェクト第一弾は4月12日公開『殺人鬼を飼う女』。そして

プロジェクト第二弾となる『アンダー・ユア・ベッド』は7月19日(金)より公開いたしました。

そしてこの度、公開日を迎え初日舞台挨拶を行いました!チケットは即完売、立見席までも満席の舞台挨拶には主演の高良健吾、ヒロイン西川可奈子、安部賢一、三宅亮輔、三河悠冴、安里監督が登壇いたしました。多くの人から役柄を絶賛される高良さんの撮影裏話をたっぷりとキャストが語ります!
『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶
『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶 概要
日程:7月19日(金)
場所: テアトル新宿
登壇:高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴 三宅亮輔 /安里麻里監督

映画情報どっとこむ ralph レイトショーの時間になるも本作を公開を今か今かと待ちわびる多くの観客たち。そこの間をMCの案内のもと高良健吾、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔、安里監督が拍手喝采のもと登壇した。

一言の挨拶に会場の満席と立ち見の観客をみて

高良さん:本日はご来場いただき誠にありがとうございます。きっとみんな刺激を求めた変な方たちが多いんですね。みなさんがこの映画をみてどう思ってくれるのか楽しみにしています。最後までごゆっくり楽しんでください。
と捻りをいれた挨拶ではじめた

続いて、ヒロイン佐々木千尋を演じて

西川さん:みなさんにこの作品がどう届くのか、通知簿を待っているドキドキした気持ちです。今日は楽しんでいってください。

と胸の内を語った。 つづいて千尋の夫・浜崎健太郎役の安部さんは

安部さん:どうも、DVする夫を演じた安部賢一です(笑)、レイトショーで時間も遅いですけど、最後まで楽しんでください。

と挨拶した。 水島役の三河さんは

三河さん:役柄から少ない撮影の中でも、こんなにパワーのある現場にいられて本当によかったと思っています。

と語り、大学生役の三宅さんは

三宅さん:物語のキーになる役柄だと思っております。精一杯演じましたので、明さんも最後まで楽しんで見ていってください。

と挨拶した。

最後に挨拶したのはこの作品の脚本と監督を務めた安里麻理監督。

安里監督:記念すべき第一歩の場所にご来場いただき誠にありがとうございます。短い時間ではありますが宜しくお願い致します。正直、ちゃんと初日を迎えられてほっとしている。無理かもって思う危機が何度もあったけど、必ず誰かが後ろから支えてくれる人がいて、それを思い出しちゃっていました。現場のみんながあきらめなかった熱量がきっと映画に映っていると思うので、皆さんに届くといいなと思います。

と初日を迎えられた喜びを語った。

映画情報どっとこむ ralph 本作の一報出しの際「ベッドの下に”高良健吾”」というワードが話題となりこの満席をみて感想を聞かれると、

高良さん:この役を演じて周りから今までにないくらい反応があって『楽しみだよ』『似合ってるじゃん』『健吾のああいう役久しぶりで楽しみ』『(ストーカー役が)合うもんね』…複雑なんですよ(笑)。いろんな役をやらせてもらっているけど、ここ最近で一番人に言ってもらえてすごく嬉しかったんです。でも、複雑なんです。(笑)

と周りの反響を吐露した。

西川さん:周りの反応は2.3日は引きずるという方が多くて、完成披露に来た母は次の日も『三井くん』ってずっと言っていました。原作者の大石圭さんに会ったときにサインを求められてとっても光栄でした。
『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶西川可奈子 安部さん:DVする役なのでホント怖かったって言われることが多いですね。現場では西川さんの演技に助けられた。リハーサル以上のことがあっても向かってきてくれたので…・

西川さん:抜き打ちビンタがありましたね。でも、そういうのがあってより役を演じられました。

MCに西川さんの薄幸演技が話題ですと聞き、笑いながらも

西川さん:すっごい嬉しいです。どんどん言ってください。薄幸女優。(笑)

と女優魂を語った。つづいて、現場での雰囲気を聞かれ

三河さん:尊敬する俳優さんでもある高良さんと演じられて最初はめちゃめちゃ緊張しました。でも、現場にいたのは三井になりきっている高良さんで、その空気を味わえて自分も役には入れました。ただ自分も三井に似たキャラなので似合っていると言われると複雑です。(笑)

と現場の雰囲気と自分の役柄を語った。

三宅さん:最初はとっても緊張したんですけど、ぼくは現場が心地よかったです。最初の映画がこの作品でよかったと思います。

とこの作品の思い入れを語った。その後、撮影現場で見てしまった高良さんの新しい一面について聞かれると。

西川さん:高良さんずっと出ずっぱりだったのですが、半日休憩をみんなでいただきロケ地のいわき市にあるスパリゾートハワイアンズに招待していただき、そこで、ふとさっきまで一緒だった高良さんが急にいなくなったと思って探したら、売店で水着を買っていてスライダーに乗ろうとしていたんですよ。演じる時はとことん演じて、楽しむ時はとことん楽しむ人なんだなって思いました。(笑)

三河さん:僕はその日、高良さんに挨拶しようと施設内を探してたら、優雅に浮いてたんですよ。なので挨拶できなかったですね。とっても楽しんでいました(笑)

と語った二人。MCに実際楽しかったんですか?と問うと

高良さん:最高でしたね(笑)。日本一のスライダーに乗りたかったんですけど、時間がなくて断念しました。(笑)

と休憩の時間を存分に楽しんだことを語った。

現場での高良さんの雰囲気を

安里監督:洗脳されそうだったんです。うちの座長はアイデアが面白すぎて、それにいっぱいアイデアを出してくるんです。(三井の部屋にある千尋を扮したマネキンがあって、それに被せていたロングヘア―の)ウィッグを被るのはどう?なんて言われたり。

「なんで被ろうとしたんだっけ。」とそれを思い出せない高良さんに

安里監督:なんで覚えてないの~(笑)洗脳されるかと思ったんですよ~しかもその後2回も3回も推されて…。

と驚きつつ攻めていた。
つづいて、本作がR18+作品であることを聞かれると、

高良さん:演じている方からするとあまりR18+だからとは考えてないです。R18+が付くからってここまでできるとは思わないですけど、観る人からするとある程度何かを傷つける可能性があると思うんです。でもその傷ついたものが今もずっと残っていて、新しい環境に連れてってくれる。それが今の自分の大切なことで、助けにもなっているんです。

と作品の与える力を語った。明日からも上映後トークショーが控えており高良さん含め西川さんは語り足らないのか「やっといっぱい作品のこと話せるね~(笑)」とワクワクした様子だった。

映画情報どっとこむ ralph 最後の挨拶に

安里監督:この作品が多くの人にどうか届いてほしい、広がってほしい。そのためにはお客様の声程強い力はないので、今日観た後にもし少しでも心に残るもがあったらぜひ周りの人に話してもらって多くの人に広げてほしいです。

と作品をたくさんの人に届けてもらうよう願った。

高良さん:視覚、聴覚、嗅覚、五感に刺激的な作品になっていると思います。痛々しいシーンもあるけど、みなさんの心にどういう爪痕が残るのか、すごく楽しみでもあります。僕がこの映画を観て思ったのは、自分を認めるのは自分しかいないし、自分らしくいるのは難しい。でもそれ以上にその人がその人であることが必要だと思うんです。だから、皆さんも自分のことを大切にしてください(笑)。

とニコやかな笑顔で語り掛けた。 満席の会場が鳴りやまない拍手と共に本日のイベントは幕を閉じた。

「アンダー・ユア・ベッド」公開中プレミアトーク祭り 開催

【場所】 テアトル新宿
【上映時間】(全上映回共有)
20:50~本編上映 
※上映後トークショー

【登壇予定者】
*vol.1 7月20日(土)  西川可奈子さん×安部賢一さん×安里麻里監督
*vol.2 7月22日(月)  高良健吾さん×安里麻里監督
*vol.3 7月27日(土)  廣木隆一監督×高良健吾さん  
*vol.4 8月1日(木)   黒沢清監督×安里麻里監督  

本作は、家族や学校、誰の記憶に残らず存在を忘れ去られてきた孤独な男・三井直人が、学生時代に唯一「名前を呼んでくれた」千尋との11 年ぶりの再会を夢見て、追い始める処から始まる。しかし、目の前に現れた彼女は結婚し、学生時代の頃のような輝きを失い、まるで別人のように変わり果てていた。彼女に一体何が起こっているのか。三井は、彼女に憑りつかれたように監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下に潜り込み、ベッドの上の彼女を想い過ごし始める。加速度的に暴走していく男。これは愛ゆえの盲目なのか、それとも狂気なのかー。愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさと繊細さを持ち合わせた役柄を、今年も出演映画が続々公開を迎える高良健吾が演じる話題の問題作。

***********************************

出演:高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴 三宅亮輔
原作:大石 圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本/安里麻里
製作:ハピネット KADOKAWA
制作プロダクション:ザフール
R18+
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会


高良健吾 主演『アンダー・ユア・ベッド』その女の自宅に潜入!ベッドの下から全てを覗き見る・・・


映画情報どっとこむ ralph この度、「リミッターを外せ︕」を合⾔葉に、あえ てタブーとされる題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの⽴っ た作品を共同で開発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』が⽴ち上がりました。

今回はプロジェクト第二弾となる『アンダー・ユア・ベッド』の主演を高良健吾が演じることが情報解禁となりました!


メガホンを取ったのは安里麻里監督。

黒沢清監督、塩田明彦監督の助監督を経て 2004 年『独立少女紅蓮隊』で劇場長編映画デビュー。切れのいい演出 が高い評価を得る。2014 年『バイロケーション』ではホラー要素と謎解きミステリー、人間ドラマを融合させ、各方面で絶賛を浴び た。その他の作品に大ヒットシリーズの三連作『リアル鬼ごっこ3・4・5』『劇場版零~ゼロ~』、米澤穂信原作『氷菓』など確かなファ ンを獲得している。原作は『殺人鬼を飼う女』と同じく大石圭。93年に「履き忘れたもう片方の靴」で第 30 回文藝賞佳作。他の著書 に「殺人勤務医」「湘南人肉医」「復讐 執行人」「飼育する男」「檻の中の少女」「人間処刑台」「甘い鞭」「殺人調香師」「あの夜に あったこと」等がある。

安里麻里監督コメント
原作『アンダー・ユア・ベッド』は「もう一度名前を呼ばれたい男」の話だ。ただ「名前を呼んでくれた」という些細な事が、主人公・三井にとっては、 かけがえのない幸せの記憶。その女を妄想的に想う。変質的であり、純粋でもある。この危ういキャラクターを描いてみたかった。狂気か愛か分 からない瞬間をいくつも。緊張感と過敏すぎる空気感。そんなヒリヒリする映画を作ろうと思った。 主人公・三井は高良健吾さんに演じてもらった。繊細な役どころで、同じシーンでもニュアンスを変えていくつか芝居をしてもらう事があった。こち らが一言投げかけるだけで、まるで別人のような顔つきに変わっていて、よく驚かされた。「目を離してる間に何か塗りました?」とメイク部に聞い たほど。とんでもない役者と出会ってしまったと思う。 暴力描写はかなり激し目だ。でも、だからこそ裏腹に、大きな癒しがこの映画にはある。このカタルシスを、多くの人に味わって欲しい。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、家でも学校でも誰からも必要とされず存在を無視され忘れられてきた男が、学生時代に初めて「名前を呼んでくれた」女性との11 年ぶりの再会を夢見て、追い始める処から始まる。

しかし、目の前に現れた彼女は別人のように変わっていた。

何故?彼女に何が起こっているのか。

男は、彼女を監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下で真上の彼女を想い過ごし始める。加速度的に暴走していく男。これは愛ゆえの盲目なのか、それとも狂気なのかー。

愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさ、繊細な役柄を高良健吾が演じる。

主演・高良健吾(三井直人)さんコメント

いつもより個人的な想いが多くある現場だった気がします。続けてこられたからこそご褒美 が多かったというか。若い現場だったのでエネルギーもあって気持ちがいい組でした。 この作品は心から痛々しくて不気味ですから、ご褒美、気持ちがいいという想いは現場中 にはゼロ、むしろマイナスになるのですが、それでも、確かにあったと今でも思える日々、 現場でした。 観る人をなんともいえない気持ちにさせる作品なのかもしれませんし、R 指定がついている ので観る人を選んでいますが、笑えるか笑えないかは気分次第の不気味な愛と緊張がある 作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『アンダー・ユア・ベッド』

今夏テアトル新宿ほか全国ロードショー

サイト URL:
http://underyourbed.jp

Twitter:
@satsu_under
[STORY]
もう一度、名前を呼ばれたい 雨の日の無人のエレベーター。誰かの香水の香りが残っている。俺は思い出す。この香り…11 年前、たった一度、名前を呼んでく れた彼女のこと。誰からも名前すら憶えられたことのないこの俺を「三井くん」と呼んでくれた時のこと。 人生でもっとも幸福だったあの感覚を思い出したい。俺は、彼女を監視する事にした。彼女の家のベッドの下で―。


***********************************


高良健吾

原作:大石圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会 R18+


美少女の涙。中条あやみ号泣『劇場版 零~ゼロ~』舞台挨拶


『劇場版 零~ゼロ~』の公開を記念して、都内劇場にて舞台挨拶が行われ、主演の中条あやみ、森川葵をはじめ、その他キャスト、中越典子、美保純等豪華キャスト登壇の舞台挨拶が行われました。

安里監督から中条さんへ卒業証書授与のサプライズが行われ、中条さんの眼からは思わず涙がこぼれるなど、涙あり、笑いありの舞台挨拶となりました。

『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶
『劇場版 零~ゼロ~』舞台挨拶 概要

日時:9月27日(土)
場所:TOHOシネマズ 渋谷
登壇者:中条あやみ、森川葵、小島藤子、美山加恋、山谷花純、浅香航大、中越典子、美保純、安里麻里監督、JAMOSA(主題歌アーティスト)

豪華キャストが登壇すると、鑑賞したばかりのお客さまから盛大な拍手が!

MC:初日の感想から

中条あやみさん:映画どうでしたか?(大拍手)ありがとうございます。たくさんの方に観ていただけて本当に光栄と思います。
中条あやみ『零』公開記念舞台挨拶
森川葵さん:今年の冬に撮っていたんですけど、夏を超えて時間が過ぎるのは速いなと思います。こうして公開を迎えることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます。
森川葵『零』公開記念舞台挨拶
小島藤子さん:今日は劇場にお越しいただきありがとうございます。みんなで頑張って作った作品です。楽しんで観ていただけたなら良かったなと思います。
小島藤子『零』公開記念舞台挨拶
美山加恋さん:自分初のホラー作品が、このような素敵な作品にかかわることができてうれしいです。皆さんたくさん宣伝お願いします!
美山加恋『零』公開記念舞台挨拶
山谷花純さん:実は昨日、この劇場のL-16番の席でお客さんとして鑑賞しました。今日ステージ。皆さんの前で立っているのが不思議です。
山谷花純『零』公開記念舞台挨拶
浅香航大さん:男は一人ですが、会場は男性が多いようで嬉しくなりました。
浅香航大『零』公開記念舞台挨拶
中越典子さん:本日はありがとうございます。
中越典子『零』公開記念舞台挨拶
美保純さん:(学園長)初位の高い役をやらせていただきました。ありがとうございます。
美保純『零』公開記念舞台挨拶
安里麻里監督さん:本日はお越しいただきありがとうございます。この作品は寒い時期に撮影で、川に流されてみたり、溺れてみたり。撮影的には苦しいことも多かったのですが素敵なスタッフ、キャストに支えられてこうして無事完成してお届けできたこと嬉しく思っています。感動してます。
安里麻里監督『零』公開記念舞台挨拶
JAMOSAさん:金髪で・・どこに出てたかと・・最後に流れていた主題歌を担当させていただきました。
JAMOSA『零』公開記念舞台挨拶
MC:撮影を振り返って思い出など
中条あやみ『零』公開記念舞台挨拶2
中条さん:INしたのが雪が積もっていて、夜、薄いパジャマで雨降る山の中を葵ちゃんと2人で歩いて、すごく寒かったんですよ。大丈夫かなこの映画っていう出だしで始まったんです。

MC:寒くてセリフ噛みそうでは?

中条さん:私は呪いを解いて 位しか言うことなかったので・・

森川さん: 私は喋るシーンが多かったので、ろれつが回らなくて大変でした。寒かったね。。。他に想い出のシーンは、あやと2人が多くて、衣装のパジャマのままインドカレー食べに行きました。思い出のシーンではないですけどね。

小島さん:私は水回りの撮影が少なくて、寒かったちゃ~寒かったんですけど。みんなは水につけられたり、ひきづられたり。なので、あまり寒いとか弱音は吐けなかったです。それから生徒の中では一番お姉さんだったのでみんなを引っ張らなきゃと思ったんですけど・・引っ張ってもらいました。結局。

中条さん:初めて会ったときは私より年下だと思いました。でも現場に入ったら頼もしいお姉さんでした。

劇場版-零~ゼロ~3美山さん:私、一番水回り多い役で。池にはまったり、すっごいゆっくり川に流れたり、山の中で本当にキンキンでびっくりしました。痛かったです。(リアル)

山谷さん:私も緑生い茂る川の中でのシーンがあって。依然、安里監督とご一緒した「リアル鬼ごっこ3」でも死ぬんじゃないかと思うほど寒くて。でも今回は水に顔をつけられ、寒すぎてあっさりその上を行きました。心臓止まりそうでした。

監督:すみません。毎度毎度寒い思いさせてしまって。でも次もうんと寒い役をね。

MC:中越さんと美保さんは独特の役どころでコスプレでしたが。

中越さん:私は甘ロリで、私の趣味とは違うんですが。恥ずかしくて。でもすべてつけたら。スイッチはいちゃって。美少女たちと一緒が幸せでした。

監督:完全にキャラに入って女優になってました。

美保さん:だんだん年も取ってきて丹波哲郎さんみたいな、ちょっと出てくる。みたいなポジションになってきたんだなと。コスプレ?尼さん(シスター)もいいなと。私何でも似合いますから。

美保さん:これだけ美少女が、レベルがたいので日本の映画良いなと思いました。だから寒い寒いいいながらもやって欲しいなと思います。私、若い時映画でパンツ一丁で道路走らされたことありますから・・それはやらなくてもいいですけど。

MC:両手に花状態ですが

浅香さん:現場では緊張しすぎて、話せなかったんですよね。振り返ってみれば凄くいい現場だったのにと。。今日はこれを機に仲良くなりたいなと。

森川さん:一人で役に入っていたのかと思って声かけられなかった。
中条さん:私もそう思った!

浅香さん:そう役づくり・・・

MC:怖いだけではなく、映像美と昼間のホラーと何かでおっしゃっていましたが。

安里監督:女子高校生ホラーですけど、独特な世界観のものをやりたくて。夜にぼんやり幽霊が出てくるではなく。大人になる前の女の子、昼間に白昼夢を見ているような、綺麗なのに怖いを目指しました。フィルムで撮るとかこだわりました。

MC:女子高生時代の1番の思い出は?

中条さん:そうですね。。体育祭とか文化祭とか、みんなと仲良くなれるのものですね。

森川さん:毎日すごい量食べてました。なので、太ってました。やっぱ食べると太るんだなあと。今は気を付けてます。

中越さん:女子高時代。絵ばかり描いていたのと、恋に夢中でしたね。すぐ憧れちゃうんです。最近ないな。。

美保さん:髪を染めすぎて全校生徒の前で吊し上げられた思い出が。

MC:生徒のみなさんを代表して中条さんに監督から卒業証書が渡されます。

中条さんと監督が前に。

監督:劇場版 零 卒業証書。
あや役、中条あやみ殿。
中条あやみ涙の卒業式『零』公開記念舞台挨拶0 撮影前の合唱練習の時には、大勢の中でソロを歌うことに戸惑って声も出なかったあやみちゃん。とても恥ずかしがり屋でおとなしめのあやみちゃんが、主演のプレッシャーに押しつぶされてしまうのではと最初心配でした。

撮影が始まると顔つきが変わって本当に強くなったと思います。水中での過酷なシーンでも『大丈夫です!水は得意なんです』と冗談で返した根性に驚かせれました。

そんな負けん気の強いあやみちゃんがクランプアップの時、ぽろぽろ涙したのを見て、本当は普通の17歳の女の子だったんだなと。けなげに頑張っていたんだなと胸打たれました。

中条あやみ涙の卒業式『零』公開記念舞台挨拶
この先も素敵な女優さんになってほしいです。ちょっと寂しいけれども劇場版零あや役を卒業とさせていただきます。本当にお疲れ様でした。

と監督からの温かい言葉が贈られると、中条さんの眼からは思わず涙が。

そのあと、学園長の美保さんから花束の贈呈があり。
『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶_花束b 泣き顔も美しすぎる中条あやみ『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶 中条あやみ涙『零』公開記念舞台挨拶中条さん
今日は皆もいるし。
クランクアップの日にいっぱい泣いたから。

笑顔で終わらせようと思ったのに・・・案の定泣かされました。

監督に良く頑張ったねって声をかけていただいて泣いてしまいましたし、こんな新人の私を・・・・

素敵なキャストとスタッフに支えていただいて凄くいい思い出ができました。

ありがとうございました。

『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶射影機贈呈続いて劇中にも登場した射影機が1名にプレゼントする企画。

涙の中条さんが抽選!
当ったおにいさんに、贈呈されました。

最後に

安里麻里監督『零』公開記念舞台挨拶2安里監督:ワンカットワンカットこだわって、みんなで頑張った作品です。

ちょっと変わったホラーかもしれませんが、ホラーファンもそうでない方もいろいろな人に観てほしいと思っています。

今日、観終わったらご家族や友人の方にどしどし宣伝お願します。

本日はありがとうございます。

とメッセージが送られました。

********************************************************************


『劇場版 零~ゼロ~』
公式HP:www.zero-movie.jp
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP

絶賛公開中!

あらすじ
劇場版 零~ゼロ~閉塞感漂う山間の町にある学園寮。そこで暮らすアヤ(中条あやみ)が部屋にこもってしばらくが経ったある日、学園内で事件が起こった。生徒たちが、ひとり、またひとり、忽然と姿を消したのだ。後日、生徒たちは水死体となって発見された。失踪した少女たちは皆、一枚の写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていた。幻は耳元で囁く―「お願い、私の呪いを解いて…」。写真にはアヤにそっくりな少女が写っていた…。クラスメイトのミチ(森川葵)はアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。
学園内で囁かれる噂―この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている―。そしてミチもまた幻に悩まされるようになっていたある日、ついに本物のアヤが
ミチの前に姿を現した…!!深夜零時の呪い、女の子だけにかかる呪いとは何なのか?写真に写るアヤにそっくりな少女は一体?学園に起こる “神隠し”の謎に二人は迫ろうとしていた…。

キャスト:中条あやみ 森川葵
小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純

原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
 
 


映画・舞台挨拶・ゲームてんこ盛りイベント『ニコニコ超“零”祭』報告


美しすぎるサスペンスホラー『劇場版 零~ゼロ~』
いよいよ9月26日(金)より公開となります。

そして9月15日(祝・月)より5日間放送している「ニコニコ超“零”祭」。『ニコニコ超“零”祭』第弐夜である、9月22日(月)にゲーム「零 ~zero~」ゲーム実況付き完成披露イベントがおこなわれました。
ニコニコ超“零”祭
映画『劇場版 零~ゼロ~』からは、大ブレイク中の超絶美女 中条あやみさんと小島藤子さん、安里麻里監督が登壇する舞台挨拶を実施。

また、人気カリスマゲーム実況プレイヤーのしゃけとりくまごろうさん、茸(たけ)さんがPS2版「零 ~zero~」を生実況し華麗なプレイでゲームクリアの瞬間を迎えました。 

ニコニコ超“零”祭
公開記念イベント『ニコニコ超“零”祭』イベントレポート
劇場版 零~ゼロ~ 
日程:9月22日(月)
場所:イオンシネマ幕張新都心(千葉県千葉市美浜区)
登壇者:中条あやみ、小島藤子、安里麻里監督、しゃけとりくまごろう、茸(たけ)

今回のイベントは9月26日(金)より公開となる『劇場版 零~ゼロ~』の公開を記念して一足先に映画をご鑑賞いただけるだけでなく、出演者の舞台挨拶、及び人気ゲーム実況プレイヤーによるPS2版「零 ~zero~」の実況プレイ付きと盛りだくさんの内容。

舞台挨拶前には、中条あやみと小島藤子がイオンシネマ幕張が入るイオンモールの中をを練り歩き作品をPR。瞬く間に人だかりができ口々に「可愛い!」「顔がちっちゃい!!」などと声が上がりました。

舞台挨拶内容

中条あやみ:本日はご来場いただきましてありがとうございます。沢山の方に来ていただきいよいよ公開だなともう少しウルウルしています。

小島藤子:皆で一生懸命作ったので、楽しんで観て下さい。

安里麻里監督:今年の4月頃まで撮影して、完成したのが7月末。今まで作り終えた実感があまりなかったですが、いよいよ公開が迫ってきてやっと完成したなと実感しています。

MC:中条さん、小島さんそれぞれが演じられた役柄をお教え下さい。また撮影現場はいかがでしたか?

中条さん:私が演じたアヤはクラスの皆が憧れるようなクールビューティーで謎めいた存在です。笑ったり表情を出せないのでクールビューティーを極めました(笑)。現場は女子校みたいで和気あいあいとしていました。

小島さん:リサは天真爛漫で無邪気。皆が憧れるアヤに対する好意を一番オープンにしている役でした。でも撮影中は中条さんの近くで演じる機会があんまりなかったのが残念です。

安里監督:出演者がこんなに女の子だらけの現場は今まで無かったです。エキストラの方までとことん10代の方にこだわって、美少女耽美ホラーを目指しました。みんな優等生で一生懸命役をやってくれたので、真摯な態度に大人が感化されました。

MC:お二人はホラー映画はお好きですか??

中条さん:嫌いです(キッパリ)。
怖いのは苦手なのですが、今回アヤを演じるにあたって『アナザー』とか『リング』などを観て勉強しました。

小島さん:大好きです。コメディーよりのホラー映画が好きだったんですけど最近はこの作品に感化されてギレルモ・デル・トロ監督の『MAMA』を観ました。

安里監督:皆にホラー映画の作品を例に出してを説明していたのですが、小島さんだけ前のめりでノリが違っていました。「『サスペリア』わかるわかる」とかって(笑)。

MC:これから映画をご覧になる方にゲームとの共通点やここに注目してほしいなどというポイントはありますか?

中条さん:映画とゲームは少し違いますが、射影機というアイテムがリンクしているので注目していただければと思います。

小島さん:ゲームは和風の恐怖ですが、映画は洋風な感じで可愛く、そして怖くなっていると思いますので違いを楽しんでいただければと思います。

安里監督:ゲームでも映画でも共通のテーマ「美少女ホラー」をつきつめて、掘り下げました。劇中にもゲームの色々な要素が散りばめられているので、色々な角度から楽しんでいただければと思います。

MC:ありがとうございます。それでは続きまして第二部とさせていただきます。

※中条さん、小島さん、安里監督の三人が一旦降壇。

かわりに人気カリスマゲーム実況プレイヤーしゃけとりくまごろうさんと茸(たけ)さんが呼びこまれ、「ニコニコ超“零”祭」第壱夜で15時間プレイしラスト目前にせまっているPS2版「零 ~zero~」を実況プレイ!見事20分の制限時間内におさまり、劇場でクリアの瞬間を迎えました!

ニコニコ超“零”祭ゲーム実況
MC:いやー見事20分でクリア。ご覧になっていた皆さんいかがでしたか??

中条さん:ゲームはすごく怖いんですけど、流れてくるコメントが面白すぎるので楽しんで観ることが出来ました。

小島さん:やっぱりすごく上手ですよね。自分がやっても全然進めないですもん。

しゃけとりくまごろうさん&茸(たけ)さん
いやー時間内にクリアできて良かったです。劇場のスクリーンに映し出してゲームをするなんて中々ないですし、音響も良かったので迫力がすごかったです。
応援してくださった皆さんありがとうございます!

********************************************************************


『劇場版 零~ゼロ~』


公式HP:www.zero-movie.jp
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP

9月26日(金)全国公開

ものがたり
閉塞感漂う山間の町にある学園寮。そこで暮らすアヤ(中条あやみ)が部屋にこもってしばらくが経ったある日、学園内で事件が起こった。生徒たちが、ひとり、またひとり、忽然と姿を消したのだ。後日、生徒たちは水死体となって発見された。失踪した少女たちは皆、一枚の写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていた。幻は耳元で囁く―「お願い、私の呪いを解いて…」。写真にはアヤにそっくりな少女が写っていた…。クラスメイトのミチ(森川葵)はアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。

学園内で囁かれる噂―この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている―。そしてミチもまた幻に悩まされるようになっていたある日、ついに本物のアヤがミチの前に姿を現した…!!深夜零時の呪い、女の子だけにかかる呪いとは何なのか?写真に写るアヤにそっくりな少女は一体?学園に起こる “神隠し”の謎に二人は迫ろうとしていた…。

キャスト:中条あやみ 森川葵
小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純
原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊) 
監督・脚本:安里麻里

配給:KADOKAWA
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会