「安達祐実」タグアーカイブ

南沙良&蒔田彩珠ダブル主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』押井守、朝井リョウ、安達祐実ら絶賛コメント!


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

原作は「惡の華」「血の轍」などで人気を博す漫画家・押見修造の同名作。
主演を務めるのは共に15歳の実力派女優。志乃を演じるのは、現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、
女優としても注目を集める新星、南沙良。加代役を『三度目の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力が記憶に新しい、蒔田彩珠が熱演する。

誰もが経験してきた思春期の痛み、誰もがもつコンプレックス、それらを抱えてもがきながらも前を向く主人公たちの
心の葛藤を丁寧に描き出した本作に、各界から「絶対に見逃して欲しくない映画!」「見れば世界ががらりと変わる!」と、映画監督、俳優、作家たちがこぞって絶賛!熱いコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 鎌田實さん(医師・作家)

涙が溢れる。圧倒的なラストに心打たれた!生きているから悩みがある。もがく青春。瑞々しい命の叫び。ラスト、涙の感動が待っている。ステキな映画だ。

安達祐実さん(女優)
すごいな。圧倒的なエネルギーが打ちのめしてくる。思春期って息苦しいんだな。頑なな純粋さって、もどかしいんだな。あんなふうにがむしゃらに生きてるんだ、人って。美しいです。尊いです。

三島有紀子さん(映画監督)
涙も鼻水もにらんだ瞳も全部、キラキラしてた。なんともかっこ悪くて、不器用で、不細工で、はがゆいくらいうまくいかない。だからこそ、その先にある”あのシーン”の二人の表情にたどりつくのだ。これこそ、ほんとの青春キラキラ映画だと私は思う。南沙良と蒔田彩珠を力いっぱい抱きしめたくなった。自分もまた、青春映画を撮りたいな。

押井守さん(映画監督)
観ればがらりと世界が変わる。これからを生きるすべての人に観て欲しい!吃驚するほどの直球です。変化球を投げ続けてきた私には投げられませんがこれから人生を踏み出す人たちにしっかりと打ち返して欲しい映画です。

朝井リョウさん(小説家)
情けない姿をさらけ出そう。まっすぐ受け止めてくれた人を信じよう。それだけで世界はがらりと変わる。殻にこもっていた高校生の頃の自分に観せたい。――こだまさん(作家/「夫のちんぽが入らない」「ここは、おしまいの地」)独りでも、誰かといても、思いを伝えられても共に何かをやり遂げても、自分を象るのは自分。甘えを許さない脚本だからこそ輝く少年少女の一秒ずつが、見知った光でなくとも照らされる未来があることを教えてくれる。

浜野謙太さん(ミュージシャン・俳優/Instagramより)
苦悩、葛藤…体当たりの演技に、あの頃の必死だった自分を思い出す。とにかく、若いメイン3人の必死なぶつかり合いに釘付け。そういや苦しくて恥ずかしくて恐ろしくて、でも必死だったよなと。間に散りばめられてる、のどかで美しい海の風景とのコントラストがまた…。

荻上チキさん(評論家・ラジオパーソナリティ)
僕たちが憎んでやまなかった「学校のすべて」が濃縮されている。嘲笑と自己嫌悪が渦巻く青春時代に、少女たちは叫ぶ。魔法が使えなくても、呪いをはねのけるために。

栗原類さん(モデル・俳優)
誰にも言えない、言っても理解されないコンプレクスを持つ事は誰にだってある。だからこそ、志乃が抱く、悲しさや苦痛ではない“くやしい”という感情は、誰もが理解し共感できるのではないだろうか。

映画情報どっとこむ ralph 映画好きが「この映画に出会って欲しい」と感じる新たなる青春映画の傑作。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

公開は7月14日㈯より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。


http://www.bitters.co.jp/shinochan/

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は、喋ろうとするたび言葉に詰まり、名前すら上手く言うことが出来ずに笑い者になってしまう。
ひとり過ごすなか、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。
ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。
文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代。
自分の殻を破るため、互いに手を取り小さな一歩を踏み出すが――。

***********************************


出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫
監督:湯浅弘章  原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版
©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


豪華共演レッドカーペット第27回東京国際映画祭が開幕!


第27回東京国際映画祭が開幕!

小雨が降る中、六本木ヒルズアリーナにてオープニングイベントのレッドカーペット&セレモニーが行われました。豪華な国内外の映画関係者及びM78星雲光の国などから多彩なゲストが登場、そして、スペシャルアンバサダーとして、嵐が就任し華やかな開幕を飾りました。

日時 :10月23日(木) 15:00~
場所 :六本木ヒルズアリーナ
東京国際映画祭ラスト
スペシャルアンバサダーの嵐がシークレットで登場!割れんばかりの歓声で開幕となり、続いてフェスティバル・ミューズの中谷美紀さんが登場。
フェスティバルミューズ中谷美紀
『STAND BY ME ドラえもん』: ドラえもん、世界各国のお友達80名
東京国際映画祭ドラえもん
ニコ動ナビゲーター:m.s.s.project
東京国際映画祭_ニコ動mssプロジェクト
フェスティバル・ナビゲーター:岡本あずさ、ハリー杉山
東京国際映画祭_ハリー杉山_岡本あずさ
『くるみ割り人形』: 増田セバスチャン、大野拓朗、くるみ割りキティ
東京国際映画祭_増田セバスチャン_大野拓郎_くるみ割りキティ
コンペティション国際審査委員:ジェームズ・ガン、イ・ジェハン、ロバート・ルケティック、エリック・クー、デビー・マクウィリアムズ、品川ヒロシ
東京国際映画祭_コンペティション審査員
<国際ドラマフェスティバル in Tokyo 東京ドラマアウォード>

『星から来たあなた』:キム・スヒョン
東京国際映画祭_キムスヒョン
<日本映画スプラッシュ>

『百円の恋』: 武正晴、安藤サクラ、新井浩文
東京国際映画祭_百円の恋_安藤サクラ
『アップルシード アルファ』: 岸明日香(デュナン)、ブリアレオス、
鎌形英一
東京国際映画祭_アップルシード東京国際映画祭_アップルシード2
『チョコリエッタ』: 風間志織、森川葵、梅垣日向子、伊藤直克、横濱豊行、松林優衣、ジュリエッタ(犬)、榎本優香
東京国際映画祭_チョコリエッタ
特集上映「庵野秀明の世界」より:庵野秀明
東京国際映画祭_庵野秀明 東京国際映画祭_庵野秀明3
『ウルトラセブン』HD Remaster2.0:ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンジャック、ウルトラマンギンガストリウム、ウルトラマンビクトリー
東京国際映画祭_ウルトラファミリー2東京国際映画祭_ウルトラファミリー
<コンペティション>

『壊れた心』:ケヴィン(監督)、浅野忠信、クリストファー・ドイル(撮影監督)、他キャスト
東京国際映画祭_壊れた心_浅野忠信東京国際映画祭_壊れた心
『紙の月』: 吉田大八、宮沢りえ、池松壮亮
東京国際映画祭_紙の月 東京国際映画祭_紙の月_宮沢りえ東京国際映画祭_紙の月2
<特別招待作品>

『ザ・レイド GOKUDO』:ギャレス・エヴァンス、ランガ・マヤ・バラク=エヴァンス、アラム・ターツァキアン
東京国際映画祭_ザレイドGOKUDOギャレスエヴァンス
『サンバ』:オリヴィエ・ナカシュ
東京国際映画祭_オリヴィエナカッシュ
『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』: 梶裕貴、木下哲哉、巨人くん
東京国際映画祭_進撃の巨人_梶裕貴東京国際映画祭_進撃の巨人_梶裕貴&巨人君
『救いたい』: 鈴木京香、三浦友和
東京国際映画祭_救いたい_鈴木京香東京国際映画祭_救いたい_鈴木京香_三浦友和
『花宵道中』: 豊島圭介、佐藤現、安達祐実、淵上泰史、小篠恵奈、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野、津田寛治
東京国際映画祭_花宵道中東京国際映画祭_花宵道中1東京国際映画祭_花宵道中2
クロージング作品『寄生獣』: 山崎貴、染谷将太、深津絵里、橋本愛、
ミギー ミギーでかっ!!
東京国際映画祭_寄生獣
オープニング作品『ベイマックス』: ジョン・ラセター、ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ、ロイ・コンリ、菅野美穂、小泉孝太郎、ベイマックス
東京国際映画祭_ベイマックス1東京国際映画祭_ベイマックス2東京国際映画祭_ベイマックス3東京国際映画祭_ベイマックス4
そして、トリをとるのは日本国の内閣総理大臣がミューズ中谷さんとあらわれ

東京から世界へ 日本へ行こう!

と、メッセージ。オープニングイベントは終了しました。
東京国際映画祭_安倍晋三内閣総理大臣x中谷美紀東京国際映画祭_安倍晋三内閣総理大臣x中谷美紀2東京国際映画祭ラスト
********************************************************************

 
 


安達祐実 女のためのR-18『花宵道中』で花魁


江戸末期の新吉原。
叶わぬ恋とは知りながら、それでも儚い夢を見てしまう・・・。

『花宵道中』


遊女たちの甘美で美しくも、哀しく切ない生き様を、赤裸々かつ繊細な筆致で描いた、宮木あや子さんによる小説「花宵道中」は、 2006年第5回
「女による女のためのR-18文学賞」で大賞・読者賞をW受賞。

R-18文学賞受賞『花宵道中』安達祐実
R-18文学賞受賞『花宵道中』安達祐実
その後、連作短編として新潮社より書籍化されるや、女性層を中心に共感を呼び、単行本、文庫合わせて、約12万部のベストセラーに。さらに小学館にて漫画化、女性セブンで連載されると大きな話題を呼び、こちらも累計30万部を超えるヒット作となっています。

その傑作小説が、最高のキャストとスタッフを得て、満を持して映画化されました。
豊島圭介監督のもと、かつて「吉原炎上」、「陽暉楼」、「おもちゃ」等、遊郭や花街を舞台にした数々の名作を生んできた東映京都撮影所で撮影。

2013年12月に撮影を終え2014年4月に完成を予定しているそうです。

R-18文学賞受賞『花宵道中』安達祐実 花魁
『花宵道中』安達祐実 花魁姿
花魁の悲しい運命を背負った主人公・朝霧を演じるのは、女優・安達祐実。

相手役に淵上泰史、妹女郎役に小篠恵奈が扮するほか、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀、友近、津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固めています。


安達祐実さんからのコメントをご紹介

■朝霧役のオファーが来たときの率直なご感想をお聞かせください。
花魁の役は今までやったことがなかったので嬉しかったですし、今の私にはとてもいい役だと思いました。

■インまでの間に原作は読まれましたか? 読まれていた場合、映像化に当たってのイメージなどはされましたか?
原作を読ませていただきました。素敵な作品です。その世界観をどう表現するかは総合力だと思うので、私はただ、役の心や想いに集中して演じるようにしていました。

■脚本を読んだときのご感想をお聞かせください。
無駄な部分のない、澄んだ脚本で、とても良い!と思いました。

■時代劇で花魁を演じてみていかがでしたか? 苦労した点、よかった点を教えてください。
時代劇や花魁だからといって、特に苦労した点はありませんでした。花魁道中の場面では、衣装やカツラが物凄く重たかったですが、素敵な場面になっています。

■監督、共演された方の印象を教えてください。
豊島監督とは以前、TVドラマでお仕事させていただきました。大好きな監督ですし、絶対にまた一緒にお仕事がしたい!と思っていましたので、本当に嬉しかったです。共演者の方々は、皆さん個性的で(笑)。特に津田寛治さんは、役への入り込み方、現場での居方、人に対しての接し方など、感動しました。

『花宵道中』

は2014年秋 テアトル新宿ほか全国ロードショーです!



第5回「女による女のためのR-18文学賞」受賞作ですが、映画レーティングはR15+です。このサイトでご紹介しやすいです。

********************************************************************


『花宵道中』

あらすじ
江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧(安達祐実)は、縁日で半次郎という青年と出会う。彼との出会いが、彼女の運命を大きく変えていく―。

安達祐実
淵上泰史 小篠恵奈
三津谷葉子 多岐川華子 立花彩野
高岡早紀 友近 / 津田寛治

原作:宮木あや子「花宵道中」(新潮文庫刊)
監督:豊島圭介
脚本:鴨 義信
©2014 東映ビデオ/R15+/製作:東映ビデオ 配給・宣伝:東京テアトル