「安田顕」タグアーカイブ

安田顕 主演映画『愛しのアイリーン』特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『愛しのアイリーン』(主演:安田顕/監督:吉田恵輔/原作:新井英樹)が9/14(金)に全国公開されることが決定し、特報映像がついに解禁となりました!

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。

二人で歩む、地獄のバージン・ロード!


寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける−。ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

監督は『愛しのアイリーン』を“最も影響を受けた漫画”と公言する吉田恵輔。

この度解禁となった特報映像には、ウェディング曲として定番中の定番「結婚行進曲」が大きく鳴り響く中、農村を走る一台の車から始まる。

42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男(安田顕)と、フィリピンで買われた嫁アイリーン(ナッツ・シトイ)、そんな結婚を認めない、喪服姿でアイリーンにライフルを向ける母親ツル(木野花)。息子、嫁、姑。「地獄のバージン・ロード」のコピーにあるように、物語は戦慄のドラマへと突き進む。そしてラストに映し出される衝撃の映像。

一体、何が起ころうとしているのか・・・。

映画情報どっとこむ ralph 安田顕(主演・岩男役)
試写を観た後、立ち上がれなくなりました。マイク・タイソンに思いっきり殴られた感じで、何なんだこの衝撃は、って。
大いに期待してもらっていいし、たくさんの人に見てほしいけど、覚悟して観たほうがいいということは、お伝えしておきます。とりあえずすぐ2回目は観たくないと思ってしまうほど、人間の見たくないところ、痛いところをえぐってえぐって、えぐりまくる映画になってます。

吉田恵輔監督
これでもかって勢いで全てを放出した作品。熱量、美しさ、苛立ち、愛おしさ、感情が喧嘩しながら最後に融合する。
最愛の原作を最高の形で映画に出来たと自画自賛!頼むから観てほしい。

新井英樹(原作)
愛なんて誰か見たことあるの?
なぜ人は気軽に鵜呑みに信仰するのか手探りで否定し尽くして残ったもの・ことを呼びたきゃ(仮)に愛とつぶやこうと思って描いた原作がボクの『アイリーン』でした実写版、大傑作です!!吉田恵輔監督が安田顕さん木野花さん
天才女優ナッツ・シトイさんがゴツゴツとした繊細な愛を叫んでくれました!!泣ける!満足!は保証します
でも、きっと、それ以上のなにかを渡されます!!胸にしまって持ち帰ってください!!



木野花(ツル役)
原作を読んだ時、身体が壊れるなと思いました。これは厳しい現場になるなと覚悟もしました。しかし現実は予想を超えて厳しく、猛暑の中のアクション、豪雪の雪山、過激な天候に翻弄されながら、撮影は、原作の見えない力に引っ張られるように、熱に浮かされるように猛進して行きました。その熱は確かにスクリーンから放出し、自分が出ているのに、こんなに心が動かされていいのだろうかと動揺しました。思わず、たくさんの人に観て欲しいと願ってしまいました。

ナッツ・シトイ(アイリーン役)
海外での仕事は私にとって初めての経験で、とてもチャレンジングな事でした。夏と冬という正反対の季節での撮影も初めての経験でした。雪の中での撮影も、海外の俳優陣やスタッフとの撮影もそうです。
この映画に参加出来たことを大変嬉しく思います。皆さんとても親切で、気のおけない方たちでした。簡単な事ではありませんでしたが、貴重な経験をさせて頂きました。私たちは皆、この映画を完成させるために努力しました。皆さんに楽しんで頂けると嬉しいです。

安田顕主演:映画『愛しのアイリーン』

9/14(金)に全国公開です。

***********************************


安田顕/ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花

監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし)
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)
音楽:ウォン・ウィンツァン

主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲(ロンド)」
(WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 宮崎伸夫
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子行実良 飯田雅裕

製作幹事:VAP 企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房

2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)レイティング:R15+


安田顕 主演映画『愛しのアイリーン』二人で歩む、地獄のバージン・ロードとは!ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 主演:安田顕 映画『愛しのアイリーン』が9/14(金)に全国公開されることが決定し、ポスター・ビジュアルがついに解禁となりまた!

また共演に木野花、伊勢谷友介、アイリーン役にはフィリピン人女優のナッツ・シトイと発表。

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。

二人で歩む、地獄のバージン・ロードとは!

左から:吉田恵輔監督+主演・安田顕+原作者・新井英樹

寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。

騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける−。ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

映画情報どっとこむ ralph 未だに熱狂的なファンを持つ「ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化された「宮本から君へ」で再び脚光を浴びる生ける伝説、新井英樹の傑作漫画が史上初めて映画化される。監督は『愛しのアイリーン』を“最も影響を受けた漫画”と公言する吉田恵輔。『ヒメアノ〜ル』で日本を震撼させた吉田演出の集大成がここにある。

主演は稀代のカメレオン俳優、安田顕。

伝説漫画の主人公を渾身の力で怪演する。この度解禁となる共演陣には、岩男の母にして強烈な愛憎でアイリーンを追い詰める姑ツル役を、名優・木野花が恐るべき迫力で演じる。

そして深遠なるヤクザ塩崎役には伊勢谷友介。
謎めいた存在感で映画にサスペンスフルな重圧を与える。

更に本作のヒロインであるアイリーン役には、フィリピンオーディションで吉田監督により見出された新星ナッツ・シトイ。共演陣にも実力派俳優が集結した。また、本作のために書き下ろされた主題歌「水面の輪舞曲(ロンド)」を奇妙礼太郎が歌唱することに決定した。
合わせてついに本作のビジュアルが初解禁となった!
ピンクと紫に彩られた怪しい雰囲気のラブホテルのバスルーム。浴槽の中には、岩男が働くパチンコ店を想起させるパチンコ玉が10万個敷かれており、その中で“地獄のバージンロード”を象徴するかのように、白いタキシード姿の安田顕とウェディングドレスのナッツ・シトイが寄り添う。貞操と卑猥、美しさと儚さの共存。いったいどんな物語が展開するのか期待を隠せないビジュアルがここに完成。

***********************************

安田顕/ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花

監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし)
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)
音楽:ウォン・ウィンツァン

主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲(ロンド)」
(WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 宮崎伸夫
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子行実良 飯田雅裕

製作幹事:VAP 企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房

2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)レイティング:R15+


本物のワニが登場!榮倉奈々・安田顕・大谷亮平・野々すみ花 登壇『妻ふり』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、ボーカロイド曲に派生したのち翌年にはコミックエッセイ化。一大ブームを創り上げた伝説の投稿が、実写映画化!誰もが疑問に思う「なぜ“死んだふり”⁉」物語は入口から予測できない味わい深いラストへとたどり着く。結婚3年目の夫婦が、一風変わったコミュニケーションにより見つけ出した、〈本当の夫婦〉になるための答えとは―。

榮倉奈々がワニに頭を噛まれる衝撃のビジュアルや本作がまさかの実話を元にしたストーリーであることが話題を呼んでいる『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開を記念して舞台挨拶が行われ、榮倉奈々さん、安田顕さん、大谷亮平さん、野々すみ花さんら豪華キャストと李闘士男監督が集結!
さらに原作者&妻からサプライズメッセージも到着!さらにさらに本物のワニが駆けつけました!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開記念舞台挨拶
日時:6月9日 (土)
場所:角川シネマ新宿
登壇:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな歓声と拍手の中、キャストと監督が登壇!

最初に一言挨拶のはずが・・・・
榮倉さん:どの映画でも公開を迎えるのはとてもうれしく、晴れ晴れとした気持ちになるんですけど、この映画 に関しては本当に本当にうれしいです。いろんな思いが巡ります。ねっ。
と安田さんに同意を求める榮倉さん。

榮倉さん:宣伝で各地を回って、テレビも出て、やっと安田さんと距離が近づいたかなと思ったら終わりです。すごく楽しかったです。

安田さん:楽しかった!打ち解けたと思ったのに。。。。寂しいね。

としみじみな安田さん。

榮倉さん:ホントですか?安田さんは気遣いの方なので、本当は何を考えているかわからない。

と突っ込むと、
安田さん:本当に楽しかったの。(演劇ユニットの TEAM)NACSといるより、あなたといるほうが全然楽しいんだから!

会場の笑いを誘っていました!さらに

榮倉さん:オリンピックのような周期で安田さんと会えているんですが、そのときにはまた関係性はゼロに戻っているんでしょうね。またやり直さないといけないとなると悲しいような、楽しいような。

NHK連続テレビ小説「瞳」(08年)の共演を振り返り、

安田さん:( 「瞳」では)近所のお兄ちゃん役でしたが、夫婦で共演できるなんてびっくり!次は何の役でしょうね。刑事と犯人、医者と患者、検事と事務官…。
と今話題の出演中のドラマを盛り込んで観客を沸かせます。

と、一言挨拶が既にクロストーク状態に。

映画情報どっとこむ ralph と言うことで仕切り直しで

大谷さん:上映後の挨拶!映画はどうでしたか!?(大拍手)無事この素敵な映画が公開となって嬉しく思ています!
と、会場の反応の良さに満足げ。榮倉x安田夫婦だけではなく、自分たち大谷x野々夫婦も観て欲しいとアピール。

続いて、大谷さんの妻役の野々さんは

野々さん:この場に立てていることがうれしく思っています。

李監督:ご覧いただきましてありがとうございます。最後まで楽しんでください!
と監督はあっさり。

映画情報どっとこむ ralph 次に本作のキャッチコピー「”死んだふり“が夫婦を救う!?」にちなみ「○○が夫婦を救う!?」と題し、それぞれが考える 「夫婦関係がうまくいく秘訣」をフリップで発表。

李監督から「難苦」。
李監督:うちの話じゃないですよ。今日は妻が会場に来ていますから。

と会場を沸かせました。

そして、結婚したばかりの野々さんは「ありがとうございました」
とすると、監督は「今だけ!」と、やっかんだ?それとも長年の経験?からのツッコミ!

大谷さん「飲⾷」

安田さん「おこづかい」
安田さん:私はお財布にあるだけ使っちゃうので。夫婦の間でもお⾦は⼤事なので 管理してもらっておこづかい制にしてもらうのがいいですよ。結婚したらおこづかい制がいいよ

と独身の大谷さんへア ドバイス。

榮倉さんは「会話」とし、
榮倉さん:日々の会話を積み重ねていればいい。わかり合う、伝え合うことが大事だと思います。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、「Yahoo!知恵袋」に本作の元になった“伝説の投稿”をした原作者K.Kajunskyとその妻からの手紙がサプ ライズで到着︕

榮倉さん:すごく嬉しいです。お会いしたかったのに会えなかったのが残念です!

とすると

安田さん:とても愛に溢れていて、シンプルに考えたらいろんな愛の形があっていいんだなと感じました。

と喜びを噛みしめた。

そして!「熱川バナナワニ園」(静岡県伊豆市)より”幸せを運ぶ神様”とも呼ばれる、本物のワニ(種類はクチヒロ カイマン、バナナワニ園で生まれた3歳のイケメンな男の⼦、体⻑63センチ)が公開のお祝いに登場。
榮倉さん:すごい!ずっと目が開いている!
と興奮!!!!


安田さん:みなさんようこそいらっしゃいました。どうもワニです

とワニになりきって挨拶し、会場を盛り上げた。
同園から命名を依頼され

榮倉さん:カタカナで『ツマフリ』はどう かな︖

と提案、全員が「いいじゃない︕」と賛成。

榮倉さん:え・・・︖そんなに簡単でいいんですか︖じゃ今日から君は『ツマフリ』君です︕

と宣言バナナワニ園でこの名前で呼ばれるそうです!

映画情報どっとこむ ralph 最後に

安田さん:感謝と言う言葉しかないです。良かったなと思ったら口コミ宜しくお願いします。

榮倉さん:封切70館。私の地域で見られない!と言われていまして。拡げていただいて上映館が増えたらいいなと思っています!これからもよろしくお願いします!

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

公式サイト:
tsumafuri.jp

6月8日(金)から全国公開中!

物語・・・
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえが口から血を流して倒れていた動転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。


***********************************

榮倉奈々 安田顕 大⾕亮平 野々すみ花

原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘⼠男『神様はバリにいる』

脚本:坪田⽂「コウノドリ」
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


榮倉奈々x安田顕 死んだふり夫婦『妻ふり』に三中大島、ミキティ…ら応援コメ ント続々


映画情報どっとこむ ralph 榮倉奈々x安田顕が夫婦役で話題の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は6月8日(⾦)全国公開となります。 この度、著名人の方々から本作への応援コメントが届きました。
映画情報どっとこむ ralph 何だ︕この不可解な夫婦は︖ 正統派夫婦を自認する私達が可笑しく⾒えるじゃないか︕ いやー 待てよ 彼等こそ 混沌とした紛れもない 現代の夫婦なんだ ありがとうK.Kajunskyさん 大変参考になりました 林家ペー、パー子 明るいお話なのに、ずっと泣きっぱなしでした︕ どうか皆さんも、楽しくておかしい“死んだふり”十五変化の、その奥に隠れている、 まっすぐで純粋な愛情を⾒つけてください。
大島美幸(お笑いタレント・森三中)


ユニークな死んだふりに思わず吹き出してしまいます。 色々な結婚の形があるけれど結婚や幸せのヒントがたくさん散りばめられていました。 我が家は今年で結婚10年になりますが仲良く夫婦が一緒に居られる事に改めて旦那さんに感謝ですね。
藤本美貴(タレント)


これは夫婦揃って⾒て欲しい。 映画のラストは僕らの想像を遥かに超えています。 15パターンの全⼒の死んだふりは、日本映画史上稀に⾒るクオリティ︕
有村昆(映画コメンテーター)


だんなデスノートよりも死んだふり妻の方が何万倍も愛にあふれています。毎日死んで、何度も生まれ変わり、ずっと夫婦の二人に 感をもらいました。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)


数年前、ネットの片隅で起こった幸せな化学反応が、役者さんたちの生身の演技をまとうことで、素直に笑って最後に泣ける上質 のエンタメ作品に仕上がりました。ボカロでお馴染みのあの曲も作中どこかで流れるかも︖
ほぼ⽇P(プロダクション)

???


映画情報どっとこむ ralph 結婚3年目の夫婦が、“死んだふり”を通して互いを⾒つめ直し、たどり着いた〈本当 の夫婦〉になるための答えとは―。その真実を知ったとき、まさかの感があなたを襲 う︕︖そんな、泣いて笑って、観た後には最⾼に愛おしい気持ちになれるハートフル・コ メディが誕生。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日(金)全国公開

物語・・・
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえが口から血を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大⾕亮平 野々すみ花

原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘⼠男『神様はバリにいる』

脚本:坪田⽂「コウノドリ」
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


安田顕に「行ってらっしゃいのキス」をねだる妻:榮倉奈々 映画『妻ふり』


映画情報どっとこむ ralph 穏やかで平和な日々を過ごしている幸せな夫婦の姿から⼀転、結婚3年目のある日、 じゅん(安田顕)が会社から家に帰ると、妻のちえ(榮倉奈々)が死んでいる!?15パターンもの“死んだふり”が早くも話題をよんでいる本作『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は 6月8日(⾦)全国公開となります。
今回、公開された場面写真は、“死んだふり”ではなく、突然、言ってらっしゃいのキスをねだる妻のちえに「え、なに︖」と驚 く夫・じゅんの姿。

「新婚じゃあるまいし」と拒否すると「これが今生の別れになるかもしれませんよー」と返すちえだった。

なにか かみ合わないコミュニケーションに釈然としないじゅん。前日の夜、初めてちえの“死んだふり”に遭遇し、次はチューをせがまれ、 ⼾惑うばかりだ。この後、毎晩、“死んだふり”で帰りを迎えられることをじゅんはまだ知らない。 本作では、「“死んだふり”をするぶっとび妻」と「超フツーの冷静夫」という、それぞれにヘンなところや、足りないところがある 凸凹夫婦だが、ふたりでいるとしっくりくる…そんな夫婦像を榮倉奈々と安田顕が絶妙のコンビネーションで作り上げています。

榮倉さんは、妻のちえを、コミカルに走り過ぎず、ことさら闇深くすることもなく、ごくフラットに体現。なんともキュートで愛おしく、 ぶっ⾶んでいそうで地に足ついた素敵な⼥性像を描き出していて

李監督:榮倉さんはごく⾃然に⼀本通してのトーンを持ちつつ、前半 の“死んだふり”するコミカルなパートから、後半のドラマパートへと繋げていってくれた。

とは振り返る。

安田さん:突然妻に死んだふりされるようになったバツイチ夫の苦悩をよく表現してくれました。あと焦っている時、少し早口で台詞を言われるんですけど、そういう時の安田さんがすごく可愛らしいんです(笑)。妻の“死んだふり”にオロオロする年上の夫という キャラクター像にも、その可愛らしさは合っていたと思います。

と称賛。

李監督:バカでどうしようもないけれど愛すべき夫婦が、毎日の生活の中で⼩さな幸せを⾒つけていく。そんな映画に なったと思います。

と言うように、観る者は、凸凹な夫婦のキスをめぐるやり取りにも、⾃分⾃身を重ね合わせたり、「最近、奥 さんとキスしたかな︖」などとわが身を振り返ったり、共感したり、小さな幸せを感じたり・・・。そんな物語に期待が⾼まる。 結婚3年目の夫婦が、“死んだふり”を通して互いを⾒つめ直し、たどり着いた〈本当の夫婦〉になるための答えとは―。

映画情報どっとこむ ralph その真実を知ったとき、まさかの感があなたを襲う!?
そんな、泣いて笑って、観た後には最⾼に愛おしい気持ちになれる ハートフル・コメディが誕生した。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:tsumafuri.jp
#妻ふり

予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から⾎を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花

原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」
(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文「コウノドリ」
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会