「孤狼の血」タグアーカイブ

梅沢富美男 松坂桃李を絶賛! 新宿歌舞伎町・二丁目連合 『孤狼の血』 試写会​


映画情報どっとこむ ralph 5月12日(土)公開となる映画 『孤狼の血』役所広司と松坂桃李の演技にしびれる本作。

3月18日に銀座のホステスの皆様をお客様に迎えた、業界初!「ホステス同伴試写会」が大いに話題となりました。​そしてこの度梅沢富美男さんを“『孤狼の血』1日限定宣伝大使”にむかえ、さらに「新宿歌舞伎町・二丁目連合試写会」と銘打ち、キャバクラ嬢、ホストなど、「新宿の夜の街の住人」の皆様を呼び込んで特別な試写会イベントが開催されました。​

日付:​4月18日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:梅沢富美男
試写:新宿歌舞伎町・二丁目連合

映画情報どっとこむ ralph イベントには、MCとして映画本編にも出演している、「映画コメンテーター赤ペン瀧川」こと、瀧川英次が登場。

まだ映画を観る前の観客に、自作の「映画添削」動画を使用して、映画の見どころを観客に説明!
瀧川の話に会場の視線はくぎ付けとなりました。
そして、会場が温まったところで、ゲストの梅沢富美男が登場!
映画『孤狼の血』に合わせて、襟元の開いたシャツにスーツ、サングラスといった、まるで映画からでてきたような衣装で現れた梅沢に、会場一気に賑やかな雰囲気になりました。​

MCの滝川から、本作の感想や共感を得たシーンを聞かれると、
梅沢さん:本当に良い映画!久しぶりに痛快した!面白い!あまり映画もドラマも観ないが、この昭和60年代を舞台にした映画は半端じゃない!昔はじっくり作品を観せるのが時代として、任侠映画の主流だったけどね。この作品は圧倒的にテンポが良い。話が深い!

と本編の感想を熱く語りました。

梅沢さん:このままだと俺が全部話しちゃいそうだけれど、とにかくこの映画は理屈じゃねえんだ!世の中理屈じゃねえんだよ、というのがこの映画の核になっている!

とその出来に太鼓判を押しました。

映画情報どっとこむ ralph また、この映画にでてくる昭和の男と、平成の男の違いを問われると、役者というところで

梅沢さん:昔の役者は、今とは質が違う。役者は浮世の中で生きていけない、別の生き物だという認識があったし、豪遊していたよね。

と当時を語り、
梅沢さん:今はマスコミに色々言われてしまうから、芸能界の人間もどんどん小さくなっていっている。器のでかい奴が出てくるといいね。

と規格外の若者が現れることへの期待を述べました。そして本作の登場人物同様、いつまでも格好良い梅沢さんにその秘訣をきくと

梅沢さん:モテたいから身体を鍛えた!20代の共演者の子たちに“格好良くなったね”と言われたり、原宿へ行ったときに若い子に“格好良い!”と言われるのが嬉しい。声と筋肉は歳をとらないって本当だね。

と最近のRAIOOOエピソードを語ってくれました。​

映画情報どっとこむ ralph さらに“女性の口説き方”を問われ

梅沢さん:必勝法はない!

としながらも

梅沢さん:女性の嫌がることをしないこと。下心があるからこそ誠意を見せる。一番女の子たちに使ったのは、“ラーメンを食べたい”“カニを食べたい”と言われたら北海道へ連れていくこと。何でだと思う?帰れないから!

と梅沢流の女性の落とし方を披露し、会場からは大きな笑い声が上がりました。
最後に・・・

梅沢さん:警察じゃけえ何をしてもええんじゃ、という映画のキャッチコピーがあるけれども、何故そんな行動をとったのか、最後まで映画を観るとその理由がわかるので、ぜひ注目しながら観てほしい。特に松坂くんが良い演技をしている!この映画で松坂くんを使ったのが成功!彼の今までのイメージと全く違ったものが観れる!楽しんで観てください。

と観客へメッセージを送り、映画への期待を膨らませた観客の盛大な拍手に包まれたまま、イベントは幕を閉じました。​
映画情報どっとこむ ralph 記者:この映画は任侠・警察・バイオレンス物ですが松坂桃李演じる日岡の成長物語。
チョット怖いですが、見逃すのは損な映画です。

​映画『孤狼の血

5月12日(土)ROADSHOW

公式HP:
www.korou.jp​

【ストーリー】​
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。​
第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!​

***********************************

【キャスト】
役所広司 松坂桃李
真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 ​

石橋蓮司 ・ 江口洋介 ​

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊) 
監督:白石和彌 
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 
撮影:灰原隆裕 
照明:川井稔 録音:浦田和治 
美術:今村力​

企画協力:株式会社KADOKAWA 
製作:「孤狼の血」製作委員会 
配給:東映 上映時間:126分 
©2018「孤狼の血」製作委員会
     


真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子の新場面写真解禁『孤狼の血』


映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子の新場面写真が解禁となりました!

昨今増えてきたバイオレンス物とは、一味違う魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。
役所広司演じる大上章吾と、江口洋介演じる“尾谷組”若頭・一之瀬守孝が常連の「クラブ梨子」。真木よう子演じるママの里佳子は、自身の店で“尾谷組”と敵対する“加古村組”の諍いが始まっても、まったく物怖じしない気丈な女性。常に着物を身にまとい、上品なイメージから、時には鮮やかなドレスで男性を魅了する里佳子。常軌を逸した行動をとる大上(役所)の良き理解者の一人。​

店では常に笑顔を絶やさない里佳子だが、劇中では激しい一面を見せるシーンも。ギラついた昭和の男達の世界で、女性としてのしなやかさを併せ持ちながら、強く・たくましく生き抜いていく女性を演じている。​

そして今回解禁された場面写真では、艶やかに着物を着こなす姿に合わせて、
周囲の静止を振り切り、どこかに駆けていく姿が…。物語が急展開する要因の一つの重要なシーンで、里佳子本人も、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦に巻き込まれていく…。​
真木さん:私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきたいですね。

と語る、映画『孤狼の血』は5月12日(土)より全国ロードショー!​

映画情報どっとこむ ralph 孤狼の血

公式HP:www.korou.jp​

物語・・・

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。​

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!​

***********************************

キャスト:
役所広司  松坂桃李
真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 ​
石橋蓮司 ・ 江口洋介 ​

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊) 

監督:白石和彌 

脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 撮影:灰原隆裕 照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力​

企画協力:株式会社KADOKAWA 
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 
上映時間:126分 
©2018「孤狼の血」製作委員会​


音尾琢真 映画『孤狼の血』全身刺青の極道の構成員場面写到着!


音尾琢真 映画『孤狼の血』全身刺青の極道の構成員場面写到着!

映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、音尾琢真さん演じる、加古村組構成員・吉田滋の新場面写真が解禁。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法 成立直前の広島。
役所広司さん演じる大上章吾、松坂桃李さん演じる日岡秀一が所属する、呉原東署と対立する暴力団組織・加古村組。

組長の加古村 (嶋田久作)や若頭の野崎(竹野内豊)など、個性的な面々が揃う加古村組の中でも、強烈な存在感を放つ構成員の吉田滋を演じるのは、今 や” 白石組“に欠かせない、俳優・音尾琢真さん。

一之瀬(江口洋介)が若頭を務める尾谷組の”シマ”にある「クラブ梨子」のママ・リコ(真木よう子)に迫り、怪しげな笑みを浮かべる吉田だが、
先日解禁になった予告編では、全裸でベッドに縛られ、大上(役所広司)に刃物を突きつけられる衝撃的な姿も…。
キュッてなるメッチャ ヤバいシーンです。


「白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです」

と語り、白石作品にはどんな役でも出演したいという音尾。

本作では全身に刺青を入れた姿も披露。

吉田の行動がきっかけで、燻っていた尾谷組と加古村組の抗争の火種が激化していく原因を作るなど、本作でも重要な役どころ を演じています。

映画情報どっとこむ ralph 2016年版国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!
***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)

監督:白石和彌
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕 照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


東映じゃけぇ 何をしてもええんじゃ!な『東映の血』○○団事務所に配布!?


映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、衝撃のアナザービジュアルが解禁。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、 暴力団対策法成立直前の広島。役所広司演じるベテラン刑事の大上章吾、松坂桃李演じる新人刑事の日岡秀一が所属する、警 察署の面々と暴力団同士の抗争を描き、真木よう子、江口洋介、 竹野内豊、石橋蓮司など錚々たる豪華キャストが揃った 本作。そんな映画『孤狼の血』の豪華キャスト陣が勢ぞろいした衝撃のポスターが公開された。

「反社会勢力全国制覇!!」と大々的に掲げられ、まさに“暴力団撲滅ポスター”とは真逆のポスター…。


『仁義なき戦い』をは じめ、“警察・やくざ実録映画”の数々の名作を生み出してきた東映の、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界 と現代社会に対し、新たなる挑戦として映画『孤狼の血』を掲げ、”東映の血“を受け継いでいこうとする意思が感じられるポスターである。そしてなんとこのポスターを掲出してくれる事務所を大募集!


実はこの「東映の血」ポスターは4月1日エイプリルフール限定の”ネタ“ポスターでした。

映画情報どっとこむ ralph ここから本当!

映画『孤狼の血』として、先日公開された本ポスター

そのアナザービジュアルが新たに解禁。
先日公開になった大人の色気たっぷりの本ポスターとは打っ て変わって、各キャラクターの荒々しさが際立った匂い立つビジュアル。こちらのポスターは随時様々な場所で掲出されていきます。

5月12日(土) ROADSHOW
公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕 照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会


阿部純子、内山高志におねだりクロスカウンタ!『孤狼の血』特選試写会


映画情報どっとこむ ralph 2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、3月29日(木)よみうりホールにて報知映画賞・特選試写会を開催。
警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に 重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】!!

映画『孤狼の血』報知映画賞・特選試写会
日付:3月29日(木)
場所:よみうりホール
登壇;桃子役・阿部純子、内山高志(元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者)

映画情報どっとこむ ralph 試写会では、上映の前にトークイベントが行われ、出演者の阿部純子と元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志が登場!
この作品をオファーされた時の気持ちを聞かれた

阿部さん:この役はオーディションだったんです。白石監督の大ファンなので、オーディションに呼んでいただいて、受かったと聞いたときは本当に飛び跳ねるほど嬉しかったです。名だたる役者さんたちの中で演じられることを実感して身に余る思いでした。

と当時を振り返りました。また、任侠映画がお好きな内山さんは一昨日引退式を終えたばかり。「元世界王者」としての初のイベントへの登場となった内山さんは、一足先に映画を観た感想を

内山さん:小中学校時代に、こんな警察いたんだろうな、こんなやくざいたんだろうな思いながら観てた、まさに昭和の雰囲気を纏った映画でした。

とコメ ント。

映画情報どっとこむ ralph さらに今回は一般応募から選ばれた観客が招待され、応募の際に合わせて募った登壇者二人への質問に答える時間も用意され、撮影時のエピソードを聞かれ

阿部さん:広島オールロケだったんですが、ロケを移動されると地元の方がいつも100人くらいついて来てくださって、広島の熱を感じました。

と撮影時のことを思い出しながら笑顔で語りました。

ボクシングも「孤狼の血」も孤独な男達の戦いだと思いますがいかがですか。と質問され

内山さん:そんなに孤独じゃなかったですよ(笑)ボクシングは相手も孤独ですからね。相手がいっぱいいて自分が一人だったら孤独ですが(笑)仲良い友達が大人数で旅行とか遊びに行っていたりすると、すごい孤独ですけどね。

と現役時代のエピソードを述べ、話題は引退後も変わらない内山さんの体系の話になりました。
今でも試合をできそ うな内山の身体に、

阿部さん:腕を触らせてください!
とおねだり。

内山さん:ドキドキしちゃいました
とのコメントに客席からは笑い声が!!

阿部さん:クロスカウンターをしてほしい!

とさらなるおねだり。
観客からの質問の最後には20歳の時に出演した映画の監督である河瀬直美監督と、今回の白石和彌監督の演出の違いを聞かれ

阿部さん:河瀬監督のときは20 歳のときで、今以上に監督の期待に応えようといっぱいいっぱいだったんですが、白石監督のときは年齢を重ねたのこともあってか、少し違いました。河瀬監督のときは役になりきる、白石監督のときはお芝居をする、そんな感じでした。

とそれぞれの監督のもとで芝居をした役者にしかわからない感覚を語りました。

そして、それぞれ印象に残ったシーンを問われると、上映前ということもありネタバレに気を使いながらも、

阿部さん:松坂さんと雨の中を走るシーンがあって、そこでの少し照れくさい台詞ですね。

と述べ、

内山さん:松坂さんと役所さんが最初険悪な雰囲気だったのがどんどん良くなっていって、二人が…これいっちゃ いけないとなると難しいですね(笑)とにかく、最後ぐっときます!

と内容を話せないことに悩みむ内山さん。

イベントは終始和やかな雰囲気で幕を下ろしました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『孤狼の血』

日本映画史を塗り変える― 5月12日(土) ROADSHOW
公式HP:
www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜 査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌

脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 撮影:灰原隆裕
照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA

製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映
上映時間:126分

©2018「孤狼の血」製作委員会