「孤狼の血」タグアーカイブ

映画『孤狼の血』広島合同記者会見に役所広司、阿部純子、柚月裕子、白石和彌監督 登壇! 


映画情報どっとこむ ralph 2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

この度、舞台となった広島にて 合同記者会見、また映画完成後全国初のイベントが行われました。

この日合同記者会見に登場したのは、主演を務めた役所広司さんと、「原作にないミステリアスな存在」を演じた実力派若手女優・阿部純子さん、原作者・柚月裕子先生、そして白石和彌監督の4名。

映画情報どっとこむ ralph 主演の役所さんは

役所さん:広島・呉のみなさまにお世話になり、やっと映画が完成しました。映画が完成して初めての会見を広島でできたこと本当に幸せに思っています。

と感謝の気持ちを語りま した。


質疑応答では映画への熱い感想が飛び交う中、白石監督に「何を目指して映画を作っていたのか」という質問が向けられました。

白石監督:東映のプロデューサーの方から、「仁義なき戦い」のような東映が過去作っていた、「エネルギーのある、勢いや力強さ」 を映画に取り戻したいというお話しをいただきました。とても監督冥利につきる思いでしたし、そのプロデューサーの方々の熱量に自分が感染してできた作品でした。ただ「仁義なき戦い」など過去の作品と同様の物を作り上げるのは難しいので、そ の中で何ができるのかを考えました。

と語った。

そんな監督の気持ちを受け止め、どのように役に取り組んだのかを聞かれ

役所さん:監督と初めてお会いした時に、「近年の日本映画は元気がないから元気な映画を作りたい」と言われ、脚本を読むとそのエ ネルギーを感じました。監督からテレビではできないような演出を指示されることもありましたが、シートベルトをしなくて いい、映画ならではでしかできないことも多く、とても男らしい映画ができたと思います。役づくりというところでいうと、 呉弁を撮影間近まで繰り返し練習し、言葉を体にしみこませて挑みましたが、大上に自分を近づけていくことができたので、 呉弁は大きな味方でした。呉のみなさんに恥じないように頑張ったのですが、みなさんどうでしょうか?(笑)

と笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph そして原作にないキャラクターを演じて

阿部さん:現場では監督や指導の方々に支えていただけて、私としてはこの作品に携われたことがまずとてもうれしく思いました。現場で呉弁を練習していたら、役所さんが私の台詞のイントネーションまで覚えてくださっていて、現場でフォローしてくださったんです。役所さんが演じる大上は頼りになる男性なのですが、今まさに ここに「大上がいる!」と感じました。

と本作へ参加した思い出を語りました。

原作者の柚月先生は、自身の小説が映像化された感想を聞かれると

柚月先生:映画は圧倒されるぐらいの熱量で、いい意味で驚きました。小説では活字でないと、なりたたないミステリー要素の部分があるので、どうやって表現するのかと思っていたのですが、 「このように演出するのか」というようにとても感動しました。キャストの方々はスクリーンの中とでは別人で、まさにプロ でとてもすごいことなのだと、実感いたしました。


また本作を広島でのオールロケで実施した決め手を聞かれた

白石監督:実際に現場に来てまさに昭和63年の時代のような空気感を感じられたところが大きいです。また「仁義なき戦い」は呉を舞台にしながら、呉での撮影がほとんどできてないので、何か一つでも「仁義なき戦い」のエネルギーをこの映画にもたらすには、オールロケでの撮影がひとつの方法なのではないかと思いました。

と語りました。 印象に残った撮影現場を聞かれ

阿部さん:撮影で使われた商店街がとても親しみやすく、ロケ現場と思えないぐらいでした。 あとは広島焼きがおいしかったのが印象に残っています(笑)

と話し、

役所さん:呉の街はとても画になる街で、映画にすると とても魅力的な場所だなと思っていました。撮影が休みの日はスーパーでお惣菜とか買ってました。(笑)

と広島での思い出を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

「本作に今の広島にはないエネルギー、パワーを感じた」という映画の感想と共に、昭和63年を生きていた広島の人に、 どのような思いを抱いて作品に臨んだのかと聞かれた登壇者たち。それぞれの想いを語りました。

白石監督:自分の撮る映画は「昭和っぽい」とよく言われるんですが、実際昭和の男の背中を見て育ってきた自分もいるので、大上の背中を「昭和の男」の象徴として描きました。

阿部さん:男性社会の中でどのように女性が強くしなやかに生きてきたのか考えるために、「仁義なき戦い」を見て勉強してい ました。真木よう子さんしかり、男性の中で「かっこよく、賢く生きる」女性はとても印象的でした。

役所さん:「昭和の男」を演じてほしいと監督に言われたのですが、この作品の登場人物たちはそれぞれ「必死に美しく生きて いる」のだと思います。そういったところが映画全体の熱になっているのではないかと思いました。こういったぎらぎらした ものも映画のいいところだと思います。

柚月先生:昭和は誰もが必死に「自分が信じるもの」に何かをかけて生き残ろうとした時代だと思います。ぜひ小説、映画から その雰囲気を感じていただき、みなさまの心に何か残すことがれきればと思います。


映画情報どっとこむ ralph そして合同記者会見が終わった後は、映画完成後全国初イベントとなる、「キックオフパーティー」が開催されました。
映画『孤狼の血』にちなんで作られたオリジナルカクテル、「ブラッディウルフ」で乾杯!乾杯の後は主演役所が映画に対する想いを語りました。

映画『孤狼の血
2018年 5月12日(土) ROADSHOW

物語・・・

舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化 し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月 12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口 トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


白石和彌監督が登壇!『孤狼の血』業界関係者向けお披露目試写 


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

業界関係者向けお披露目試写、そして白石和彌監督によるトークイベントが行われました。男たちの熱き魂のDNAを継承する東映が満を持して放つ、映画『孤狼の血』。

試写会場の丸の内TOEIは満員御礼!

そして上映後、鑑賞後の熱気に冷めやらぬ中、MCより大上章吾役の 役所広司さん、日岡秀一役の松坂桃李さんから届いたコメント。

役所広司さんコメント:皆様、本日はお越しいただきありがとうございます。映画『孤狼の血』、いかがでしたでしょうか。テレビで見れない、劇 場まで足を運ばないと見られない映画の醍醐味。白石監督のもとに集まった、キャスト・スタッフが一丸となって作り上げた 作品です。昔、こんな映画がたくさんありました。映画館に入って行く自分と出てくる自分がまるで別人に変身したような錯 覚が心地よかった。東映映画でした。この映画を観て、肩で風を切って出てくる男たちをどうぞ女性の皆さん、「可愛い!」 と思ってやって下さい。 男たちは困ったもんです。この映画を多くのお客さまに観てもらいたいです。皆様、応援、宜しくお 願いします。本日はありがとうございました。

松坂桃李さんコメント:自分が出ている作品で言うのも小恥ずかしい感じもあるのですが、この作品が僕は大好きです。観終わった直後、皆様が 思っていることをそのままお客さんに発信してもらえると我々としては非常に嬉しいです。一緒に『孤狼の血』を盛り上げる のを手伝っていただきたいです!宜しくお願いします。

日付:11月17日(金)
場所:銀座丸の内TOEI
登壇: 白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 二人のコメントの後、白石和彌監督が登場!
MC:非常に豪華なキャストですが、何と言っても主演の役所さんは凄まじいですよね。

白石監督:役所さんにオファーした時、還暦なので「大きく暴れることができないかもしれない」と言われたんですが、実際演じていただいてると、 とてもギラギラしていて、いろいろな意見をいただきました。「男」を感じる現場で、自分にとっても幸せな時間でした。

ここで監督にサプライズで、役所さんから監督へのコメントも到着!

役所広司さんコメント:『孤狼の血』では大変お世話になりました。広島県呉市での撮影、本当に楽しい撮影でした。監督のもとに集まった俳優たちが、皆、生き 生きとしていて、撮影を楽しんでいました。役者という人種はスクリーンの中で暴れたいんだなぁ~、普段言えないような言葉を吐きたいん だな~、とつくづく思いました。監督が、「元気のある映画を作りたい」とおっしゃっていましたが、確かに今の日本映画に必要なものだと 思いまた。これからも、色んなジャンルで元気な日本映画を作り続けて下さい。 また、監督の時代劇映画も期待しています!また、いつか白石組で働ける日を楽しみに待っています!

監督:いやー嬉しいです。ずっと時代劇をやりたいとあちこちで言っていて、役所さんにも「こういうことを役所さんとやりたい!」と現場で何 回かお話ししていて、このコメントをいただいたということは演ってくれるということですね!(笑)ありがとうございます!

そして!!!松坂さんからも

松坂桃李さんコメント:監督…次も、どんな下衆だろうが、お下劣だろうが、変態だろうが、ヴァイオレンスだろうが、僕がもし入れそうな役があったら是非呼ん でください。ちょっとの時間でも全然僕は大丈夫です。宜しくお願いします(笑)。現場、本当に楽しかったです。

監督:嬉しいですね。なかなかの忠誠心ですね(笑)使い倒していこうと思います。

と、大物俳優2人をゲットの監督!

数少ない女性キャストである真木よう子さん、阿部純子さん。この二人の存在が「仁義なき戦い」な世界を白石ワールドにしている

白石監督:真木よう子さん演じる梨子は原作のキャラクターを少し変えてあて込んでいて、阿部純子さんは松坂さんとの艶っぽいシーンが ほしいということで、オリジナルキャラクターとして入れ込んだんですが、二人の存在があるからこそ、より男の世界が際立つかなといれました。

と話す監督。そんな、白石ワールドの本は『日本で一番悪い奴ら』に続き池上純哉さん。

白石監督:原作は下品な部分が少なくて、そこは自分たちの得意分野なので(笑)飲みながら脚本を創っていきました!(笑)。製作発表を行った時、自分の中でテンションが上がって「コンプライアンスを全部吹き飛ばします!呉で暴れたいです!」と言ってしまったのですが、やはりコンプライアンスというものは、自分達の中でどこかで規制しているところもあると思うんです。むしろ この作品はテレビで観られない、劇場でしか観られないということが、価値観につながっていくのかなと思います。

最後に

白石監督:今時ない作品で周りの期待値をひしひしと感じます。ぜひ次回作ができるよう、そして日本映画界にこう言った作品がもっと増えてくるよ うに、この映画を応援していただたらと思います。

とコメントしました!

因みに!本日公開の『全員死刑』の小林勇貴監督が一番前でご観覧。目立ってました!


映画情報どっとこむ ralph 今回、前の仕事が伸びて到着が遅れた記者(私)。危なく席が・・・。

いち早く観させていただきました!!!大満足です。
白石監督、やくざの抗争にまつわる〇暴ものですので、暴力・エロ・グロありですが、テンポが良くスタイリッシュ。
役所広司さん、松坂桃李さんの演技凄いです。
2時間チョイの尺も丁度良い!必見です!

映画『孤狼の血』 2018年 5月12日(土) ROADSHOW

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化 し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月 12日、待望の映画化!

***********************************


キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口 トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ『孤狼の血』劇場版特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」 生き残りをかけた男達の激闘が幕を開ける!

映画『孤狼の血』は、2018年5⽉12⽇(土)公開です。


原作は柚月裕子、監督に白石和彌、そして役所広司、松坂桃李ら日本を代表するキャストが集い、 今から圧倒的な期待と注目を集めています。

この度本作より、⼀度⾒たら最後、魂に焼き付く【 劇場版特報 】が解禁!「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」この⾔葉と鋭い視線で、男たちの闘いが幕を開けます!


31秒の特報・・・ですが、銃声が響き、命を奪い合う男たち。それぞれの「正義」を掲げぶつかり合う彼らは、その背中に何を背負い、何を求 め夜の闇に消えていくのか……これはまさに、“魂に焼き付く、暴⼒とカタルシス”。 抑えることのできない「暴⼒」に正⾯から挑み、男達の「⽣き様」を描いた本作への期待は、留まるところを知りません!

迫力の特報は是非大きなスクリーンで!劇場では10/7(⼟)より特報映像が流れます!

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。
所轄署に配属となった日岡秀⼀は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、⾦融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同⼠の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー⼩説「孤狼の血」が、2018年5⽉12⽇、待望の映画化!

映画『孤狼の血

2018年 5⽉12⽇(⼟) ROADSHOW

***********************************

キャスト:
役所広司,松坂桃李,真木よう子,音尾琢真,駿河太郎,中村倫也,阿部純⼦,中村獅童竹野内豊、滝藤賢⼀,⽮島健⼀,田口トモロヲ,ピエール瀧,石橋蓮司,江口洋介
ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(⾓川⽂庫刊) 
監督:白石和彌 
配給:東映 
©2018「孤狼の血」製作委員会


熱き男達を支える阿部純子、映画『孤狼の血』で白石組に仲間入り!


映画情報どっとこむ ralph 2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

原作は柚月裕子先生、白石和彌監督。そして役所広司さん、松坂桃李さんら日本を代表するキャストが集い、圧倒的な期待と注目を集めていますが・・・この度映画オリジナルキャラクターで阿部純子さんが仲間入り。白石組初参戦への想いがつまった本人コメントが到着しました!

本作で演じたのは、松坂桃李さん演じる日岡を手当てし、親交を深めていく薬局の店員・桃子。それぞれの正義を掲げ激しくぶつかり合う男達の“仁義の世界”で、生き抜く術をもつ彼女は、唯一原作にはない「映画オリジナル」のミステリアスな存在。
「呉弁でのセリフに苦労した」という阿部さんですが、そのコメントからは、白石組の「激しさ」に飛び込んだ彼女の決意と本作への自信がうかがえます。


映画情報どっとこむ ralph
阿部純子さんからのコメント

撮影を終えた感想
阿部さん:撮影では白石監督や尊敬する役者さんたちにたくさん支えていただきました。
作品の猛々しさとは打って変わって、現場は和やかな雰囲気だったので、とても演じやすかったです。
唯一苦労したところは、広島の呉弁でのセリフです。微妙なイントネーションの違いなどがあり、時間を見つけては方言指導の方と練習しました。
その甲斐もあって、作品で当時の呉が蘇ったのではないかな、と思っています。

完成した作品を見て

阿部さん:正義を貫く男性の背中に心を鷲掴みにされ、ただ身じろぎもせずスクリーンを見つめてしまいました。上映時間があっという間に感じられるほどでした。
わたしの役柄は、唯一原作にはない、ミステリアスな存在です。仁義の世界で、生き抜く術を身につけています。そんな女性ならではの強さにも注目していただければ幸いです。
このようなインパクトのある映画に参加できて本当に感謝の気持ちしかありません。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

孤狼の血

2018年5月12日(土)公開です

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊) 
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


“竹野内豊史上初” 観たい!? 映画『孤狼の血』コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 白石監督のオファーに「出演即決」! 若頭・呉弁・ド派手衣装&パーマの新たな役柄に挑戦! “史上初”な竹野内豊が映画『孤狼の⾎』に堂々参戦!

2018年5⽉12⽇(⼟)公開の映画『孤狼の血』。
原作は柚月裕⼦、監督に白石和彌、そして役所広司、松坂桃李ら日本を代表するキャストが集い、今から圧倒的な期待と注⽬を集めています。

そんな本作より解禁となったのは、新キャスト・竹野内豊!
竹野内にとって“史上初”となる役柄を演じた熱いコメントも到着しました! 本作が白石監督作品2作⽬となった⽵野内が演じたのは、バリバリの「呉弁」と「ド派⼿衣装&パーマ」が⽬ を引く暴⼒団加古村組若頭・野崎康介。

江口洋介演じる⼀之瀬守孝が若頭を務める、尾⾕組と敵対する加古 村組の若頭・野崎康介は、ストーリー冒頭から登場し、強烈な存在感を放ちます。⽵野内にとって、この役柄に加え「呉弁」そして「ド派手衣装&パーマ」は、本⼈にとっても初の挑戦!まさに⽩⽯組の⼀員として 本作に「挑んだ」⽵野内の覚悟と興奮は、今回解禁されたコメントを⾒ても明らかです。

映画情報どっとこむ ralph ⽵野内豊 コメント

①初挑戦となった暴⼒団役(野崎)を演じてみての感想
「彼⼥がその名を知らない⿃たち」撮影直後に、白石監督から、「今度、⽵野内さんに出て欲しい作品がある」と⾔われ、台本も読まずに、「はい」と返事をして いたので(笑)台本を読ませて頂いた時は、完成度の⾼さに「素晴らしい作品になる!」とわくわくしました。今まで、いい⼈だったり、エリート的な役が多かっ たので、また⼀つ、⽩⽯監督の現場で新たな役に挑戦出来る事が嬉しかったです。

②初挑戦となった広島弁(呉弁)で苦労した点
以前から、⽅⾔のある役をとにかくやってみたかったんです。 呉弁は、抑揚が激しかったり、イントネーションを間違えると関⻄弁の様に聞こえてしまったりするので難しかったですが、呉出⾝のスタッフの⽅と確認しながら 取り組める事が 楽しかったです。⾃分の演じた野崎の呉弁は、暴⼒的な⾔い回ししかしないのですが、本来の呉弁は、とても温かみがあって、どこか⼈間臭さを含 んでいます。 また是⾮チャンスがあれば、呉弁を話す役柄に出逢いたいです。

③初挑戦となったきつめのパーマをかけた経緯や感想
衣装が想像していたものと全く違って、、とにかく派⼿でした(笑) ですので⾓刈りはやめ、⾐装に合う髪型をヘアーメイクさんと話しながら作って頂きました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『孤狼の血

2018年 5⽉12⽇(⼟) ROADSHOW
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴⼒団対策法成⽴直前の広島。所轄署に配属となった⽇岡秀⼀は、暴⼒団との癒着を噂される刑事・⼤上章吾とともに、⾦融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常 軌を逸した⼤上の捜査に⼾惑う⽇岡。失踪事件を発端に、対⽴する暴⼒団組同⼠の抗争が激化し…。
***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真⽊よう⼦、滝藤賢⼀、⾳尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、⽮島健⼀、⽥⼝トモロヲ、ピエール瀧、⽯橋蓮司、江⼝洋介ほか
原作:柚⽉裕⼦「孤狼の⾎」(⾓川⽂庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員