「天然コケッコー」タグアーカイブ

映画「天然コケッコー」上映会開催に向けてMotionGalleryにてクラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph 11月26日に映画「天然コケッコー」のロケ地である旧後野小学校(島根県浜田市)での上映会開催の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて30万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。
motion-galleryサイト

島根県浜田市が舞台の漫画「天然コケッコー(くらもちふさこ作)」を通じて、日本の田舎の魅力を再認識し、文化振興を中心とした地域の活性化を図る目的で企画。
2007年に映画化された際も、多くは浜田市で撮影が行われました。この作品を中心として、来年、青春をテーマとした映画祭を、映画館が無い浜田市で開催するため、地域や県内外からの関心を集めるべく、キックオフの位置付けで上映会を開催します。

上映会の会場は撮影が行われた小学校(旧後野小学校)の講堂を利用するため、会場設営に掛かる費用をクラウドファンディングで資金調達します。
一口1,000円から支援を受け付けており、上映会チケットや打ち上げ参加などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは11月24日23時59分〆切であり、30万円を目標にしています。

全国の天コケファン、くらもちファン、青春映画が大好きな人たちを虜にするような映画祭の開催へ向けて、はじめの一歩となる今回の「天コケ上映会」を多くの方にご覧いただけるよう準備してまいります。

映画情報どっとこむ ralph 【上映会概要】
作品  :天然コケッコー(2007)
     ※35mmフィルム・200インチスクリーン
日程  :2017年11月26日(日)
会場  :旧後野小学校(島根県浜田市後野町779-2)
上映  :10:00~ 一般上映会 ※3才以下入場不可
     14:00~ ファミリー上映会 ※発声可能上映
定員  :各回 100名
チケット:11月6日よりクラウドファンディングで先行発売
     11月16日より一般発売開始(料金1,000円)
     ※一般発売の詳細は後日Dramatic CIMANEのFacebookページで案内
      
その他 :小学生以下入場無料


【特別ゲスト】
藤村聖子(女優)
※映画「天然コケッコー」にあっちゃん(山辺 篤子)役で出演
※上映後(各回とも)にトークセッション

【映画:天然コケッコー】
原作  :くらもちふさこ
監督  :山下敦弘
脚本  :渡辺あや
主演  :夏帆、岡田将生
製作年 :2007年
上映時間:121分

映画情報どっとこむ ralph 映画「天然コケッコー」公式ホームページ
http://tenkoke.asmik-ace.co.jp/

海、山、太陽 - 自然の光と音のなか、きらきらと今を生きるゆったりとした時の流れが、体の中に入りこみ、不思議な優しさと幸福感があふれる、あたたかな永遠の感動作

若草の萌える野のような、生き生きとした日本映画がまた一つ誕生した。カリスマ漫画家くらもちふさこの名作コミック「天然コケッコー」の映画化である。「天然コケッコー」は、ど田舎で暮らす少女の何気ない日常をリアルに描き、長い間ファンの胸に深く根ざし愛され続けてきた。そんな原作に挑むのは、鋭い感性と透徹した洞察力を持ち、『リンダ リンダ リンダ』『リアリズムの宿』などで日本中を爽やかな感動で包んだ気鋭・山下敦弘監督。自然豊かな街を舞台に、方言丸出しの少女が初恋を経験し、家族や友人や村人に見守られながら成長していく、今を切り取った、笑顔いっぱいの物語。ゆったりとした時の流れに、幸福感を味わい、涙したくなる、優しく温かな陽だまりのような感動作が完成した。

***********************************



幕末男子の生き様に胸キュン!映画『合葬』ポスター完成


柳楽優弥・瀬戸康史W主演 

伝説の漫画雑誌「ガロ」に連載され日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した杉浦日向子の同名の傑作

合葬

がついに実写映画化!9月26日(土)より全国公開されます。

合葬メイン画像
脚本は、映画『天然コケッコー』や連続テレビ小説「カーネーション」などを手掛けた人気脚本家・渡辺あやが担当。映画脚本を手掛けるのは4年ぶり。

監督はその渡辺が新進気鋭の逸材と評した、小林達夫が務めます。

主演は存在感のある俳優として評価が高い柳楽優弥と、今年デビュー10周年を迎えますますの飛躍を見せる瀬戸康史の二人。その二人の幼馴染役に若手実力派の岡山天音、さらに世界的に活躍する俳優・オダギリジョーやNHK「まれ」でも好演を見せる最旬女優・門脇麦など個性溢れる共演陣が集結。

幕末、時代に翻弄された「彰義隊」の若く儚い一生涯を、これまでの“時代劇”とは一線を画す、現代の若者にも通じるリアルな青春群像として紡ぎ出します。

この度、本作の世界観をシンプルかつ力強く表したポスタービジュアルが完成いたしました。

合葬ポスター
将軍に熱い忠誠心をも持ち自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入隊した柾之助(瀬戸康史)の、「動」と「静」の対比を二人の表情と「腹は決めた。心は迷っていた。」のコピーで表現しています。

そして、友を止める為やむを得ず入隊した、二人の幼馴染・悌二郎(岡山天音)がその二人の行く末を心配そうに、儚げに見つめています。

女性なら幕末男子の生き様にキュンキュンしそうな、男性なら自らの青春時代と重ね合わせてしまうような、期待感を抱くビジュアルとなっております。


物語・・・

鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。

高い志をもって結成され江戸の民衆からも慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。

『合葬』は、将軍慶喜に熱い忠誠心をも持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入ってしまう柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌次郎(岡山天音)の、切なく揺れ動く若き青年達の数奇な運命を描いた物語。

合葬

9月26日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:GASSOH.JP

********************************************************************

主演:柳楽優弥 瀬戸康史

出演:岡山天音 門脇麦 桜井美南 井之脇海 高山侑子 藤原令子
隆大介 飴屋法水 峯村リエ 小市慢太郎 りりィ/オダギリジョー

原作:杉浦日向子 「合葬」
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや(『天然コケッコー』『カーネーション』)
配給:松竹メディア事業部
©2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
 


カメラマン 近藤龍人、オールナイト特集上映決定!


この度、映画界をけん引する数多くの監督から多大なる信頼を持つカメラマン近藤龍人さんにスポットを当てた特集上映の開催が決定しました。

なお、こちらは、3月10日(火)時点で決定の上映作品・ゲストです。今後、追加される情報は、テアトル新宿ホームページおよび公式SNSにて随時更新して参ります。

カメラマン 近藤龍人、オールナイト特集上映
開催日時  :2015年4月11日(土)
時間    :23:15開場 /23:30開演/5:30終演(予定)
トークゲスト:近藤龍人(撮影)、松江哲明(監督)、藤井勇(照明)ほか予定
場所    :テアトル新宿(新宿区新宿 3-14-20 新宿テアトルビル・B1F)

上映作品(予定)+ほか鋭意選考中!
◎近藤龍人セレクション作品『天然コケッコー』山下敦弘監督(2007年)
(C)2007 「天然コケッコー」製作委員会
(C)2007 「天然コケッコー」製作委員会

◎松江哲明セレクション作品『ライブテープ』松江哲明監督(2009年)
(C)2009 Tip Top
(C)2009 Tip Top

チケット :料金:3,000円均一(全席指定)、学生料金:2,000円(大学・専門)
『映画系専門学生歓迎!!』深夜興行の為、18歳未満のお客様は、ご入場いただけません。
◎劇場窓口:3月28日(土)劇場オープン時~
◎オンラインチケット販売:3月28日(土)0時からhttp://www.ttcg.jp/theatre_shinjuku/
◎上映日までにチケットがお座席が完売した場合、劇場窓口のみで立見席を販売致します(立見席には数に限りがあります)

テアトル新宿:http://www.ttcg.jp/theatre_shinjuku/
公式twitter @KondoRyuto2015
Facebook https://www.facebook.com/KondoRyutoTokushu

山下敦弘監督『ばかのハコ船』、松江哲明監督『ライブテープ』、吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』、熊切和嘉監督『私の男』、呉美保監督『そこのみにて光輝く』、石井裕也『バンクーバーの朝日』など、現在の映画界をけん引する監督から、多大なる信頼を持つカメラマン近藤龍人。

光と影。ひらめきと計算。近藤龍人とはどんな目線で風景を掴むのか。日本映画界の先端を活写するカメラマン近藤龍人の撮影の魅力に迫る特集上映をオールナイトで開催!さらに近藤さんに縁のあるゲストが登壇します!

松江哲明監督よりコメントも来ています。

『ライブテープ』の撮影を決めて、最初に声を掛けたのは近藤君だ。前野さんはライブで2時間以上、歌っているのを見たことがあったけど、ワンカットで映画が撮れるかは僕には分からなかったからだ。近藤君は「ゲリラで撮るってことは周囲に人が映っても大丈夫ですか」とだけ聞き、僕は「これは僕の自主制作だから責任は取るよ」と答えた。そして「分かりました」と言って引き受けてくれた。

最初に完成したバージョンでは「演出・構成」といういつも使っていたクレジットを入れていたが、違和感があったので「監督」に変えた。僕がした仕事はスタッフに「スタート」と言って「カット」と締めることだったからだ。あの時、近藤君が了解してくれたお陰で、僕は映画監督になれた。

********************************************************************

<近藤龍人 Ryuto Kondo>
1976年、愛知県生まれ。大阪芸術大学在学中に熊切和嘉監督の卒業制作『鬼畜大宴会』にスタッフとして参加。卒業後、大学同期の山下敦弘監督らと多くの作品を制作。撮影作品は『ストレイヤーズ・クロニクル』(2015年)、『バンクーバーの朝日』『私の男』『そこのみにて光輝く』(2014年)、『四十九日のレシピ』『夏の終り』『横道世之介』(2013年)など多数。日本映画の先端を活写する注目の撮影監督である。2010年、第54回日本映画撮影監督協会新人賞(三浦賞)『パーマネント野ばら』 第65回毎日映画コンクール撮影関連賞『海炭市叙景』、2015年、第36回ヨコハマ映画祭撮影賞『そこのみにて光輝く』