「大谷亮平」タグアーカイブ

榮倉奈々、安田顕らご利益のあるワニとフォトセッション『妻ふり 』完成披露試写会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が榮倉奈々、安田顕で実写映画化。6月8日(金)全国公開となります。

そして、その完成を記念して試写会&舞台挨拶が榮倉奈々さん、安田顕さん、大谷亮平さん、野々すみ花さん、李闘士男監督が登壇して行われました。


完成披露試写会舞台挨拶
日時:5月15日(火)
場所:109シネマズ二子玉川
登壇:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の観客の拍手に迎えられ、W主演の榮倉奈々と安田顕、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督が登場。

榮倉さん:上映前に舞台に立つのは不思議です。映画を観る前に私たちを⾒るのも不思議かと思いますが、楽しい時間を過ごしてください。

との挨拶からイベントはスタート。

安田さん:上映前ということで、すべてのあらすじを言っていきます!

と会場を沸かせ、

大谷さん:ゆったりとしたほのぼのした映画です。

野々さん:映画館の舞台に立つのが初めて。数日間の話ですが、日常のようで深い映画です。

と分析。


まず、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」というタイトルについて、

李監督:いまだに正確にタイトルが言えない!

榮倉さん:「Yahoo!知恵袋」の投稿が膨らんで、映画化という流れが現代っぽいなと思いました。SNSやメディアが広がっていて。コメディかと思って脚本を読んだら予想外の産物が多くて・・・

と振られ

安田さん:出来上がった作品を観たとき、わぁ、やられたと思いました。こんなになるんだーって

と作品の感想を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そんなタイトルから、「“私は必ず〇〇します”というような、⾃分で決めている事やこだわりなどはありますか︖」と問いかけに、

榮倉さん:ないです。必ず○○するというと、そのことにとらわれすぎて、他のことがうまくいかないんです。何かにこだわりを持つことは極力やめています。

安田さん:セリフを外で覚えるのですが、台本を開くと恥ずかしいから、携帯にセリフを打っちゃいます。

と意外にデジタル派!かと思いきや

榮倉さん:写真に撮るとかじゃなく︖

と手間がかかることをつっこまれました。


撮影中のエピソードとして、15パターンの“死んだふり”の苦労やリアクションの⼤変さを語りつつ、榮倉さんと安田さんともに“死んだふり”の後のシーンが⼤好きだそう。

他にも、安田さんが女子だけのバッティングセンターのシーンを印象的と言い、榮倉さんが男性2人が会社で話すシーンがお気に入りと語っていました。


本作は、結婚3年目を迎えた夫婦が《本当の夫婦》になっていく過程を描いた映画。

理想の夫婦像を聞かれ、

安田さん:長生きした上で若⼲僕が先に死にたい。幸せに囲まれ看取られながら『いい人生だったよ、ありがとう』と言って死にたい。残されるのは絶対に嫌!

と関白宣言を思い出させる想いを力説しました。一方で

榮倉さん:いつまでも食卓を囲む夫婦がいいな。

と笑顔。

映画情報どっとこむ ralph 本作でたびたび登場するワニについて、熱川バナナワニ園の園長によると、ワニは“幸せを運ぶ神様”という別名があるとのこと。李監督が、本作の製作中に、プロデューサー、脚本家、榮倉さん、野々さんが次々に結婚、メイクさんも赤ちゃんができた、と説明すると、一同が幸せの連発だったことに改めて驚かせていました。

そんな撮影で使った“ご利益のある”ワニとともにフォトセッション!

最後に・・・・

安田さん:心より感謝申し上げます。よかったなと思っていただければ、ぜひ、口コミのほどよろしくお願いします。

榮倉さん:今日⾒終えたら家族に『良かったよ』と、話題の1つになったらうれしいです。私はこの映画が大好きです!

とイベント締めました。


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:
tsumafuri.jp
#妻ふり

物語・・・
こんな“死んだふり”という入口から予測できない味わい深いラストへとたどり着く。結婚3年目の夫婦が、⾒つけだし た〈本当の夫婦〉になるための答えとは―。その真実を知ったとき、まさかの感があなたを襲う︕︖そんな、泣いて笑って、観 た後には最高に愛おしい気持ちになれるハートフル・コメディが誕生した。

予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえが口から血を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大⾕亮平 野々すみ花

原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘⼠男『神様はバリにいる』

脚本:坪田⽂「コウノドリ」
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


大谷亮平 初主演映画『ゼニガタ』佐津川愛美インタビュー動画が解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 大谷亮平さんが初主演でハードボイルドなダークヒーロー務める映画「ゼニガタ」の公開が2018年5月26日となります。

表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋。


映画「ゼニガタ」に出演、佐津川愛美さんのインタビュー動画が解禁となりました。



映画情報どっとこむ ralph 佐津川さんは本作ではブランド狂いのキャバクラ嬢、一筋縄ではいかない曲者債務者・早乙女珠役を好演しています。

佐津川さんは、ブランド狂いの債務者・早乙女珠の役柄について、

佐津川さん:感情を押し殺している、不自由で居心地の悪い感じを出したい。動きは、嘘っぽくしたくないと思い、監督と相談しながら進めました。

と撮影を振り返っています。
さらに、作品にかけてお金にまつわるエピソードを問われると

佐津川さん:お金を貸したことを忘れるタイプ(笑)。後輩と食事に行くと、“払わなきゃ”という気持ちになる。

と明かしてくれました。


佐津川愛美さんプロファイル

映画界、ドラマ界から高い評価を受け、毎年コンスタントに話題作に出演しては見る者を圧倒する演技が高い評価を受ける。2005年『蝉しぐれ』でスクリーンデビューし、同作で第48回ブルーリボン助演女優賞ノミネート。2007年には『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で第50回ブルーリボン助演女優賞及び新人賞にダブルノミネート。

清楚で華やかな役から、影のあるダークな役まで演じ分けるなど多彩な引き出しを持つ実力派女優として引っ張りだこだ。近年の主な出演作は、『ヒメアノ~ル』『ユリゴコロ』『リベンジgirl』『生きる街』などがあり、2018年も舞台「泥棒役者」(現在上演中)やドラマ「ランブリン」(日本テレビ系にて放送中)に出演中。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ゼニガタ

は5月26日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://zenigata-movie.com/

物語・・・

その居酒屋は、深夜0時から金貸しになる。

錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「銭形」。店主は銭形兄弟の富男(大谷亮平)と静香(小林且弥)。

表向きは居酒屋だが、深夜0時から闇金「ゼニガタ」に変わる。トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し苛烈な取立てで債務者を追い込むのが銭形兄弟のスタイル。

ある日、ボクサー崩れの男・八雲(田中俊介)が「銭形」に入れてくれと申し出てきて…。

***********************************

出演:大谷 亮平
小林 且弥 佐津川愛美 田中 俊介 玉城 裕規
岩谷 健司 松浦 祐也 八木アリサ えんどぅ 土田 拓海 吉原 雅斗
安達 祐実  升 毅  渋川 清彦
監督:綾部真弥/脚本:永森裕二
配給:AMGエンタテインメント、スターキャット
制作プロダクション:メディアンド
(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会
 


大谷亮平初主演映画『ゼニガタ』で闇金業者に!インタビュー動画 到着


映画情報どっとこむ ralph 大谷亮平が初主演を飾る映画『ゼニガタ』が5月26日に公開となります。
本作は、表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋・銭形富男を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落を描く物語。客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半グレ、ヤクザなど、銭の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク・ムービー。
映画情報どっとこむ ralph そして、今回のご紹介は大谷亮平さんへのインタビュー動画!



主人公・銭形富男を演じる大谷さんですが、これまでアウトローな役をあまり演じてこなかったそうで、本作の役柄について

大谷さん:一本筋を通した情に流されない“鉄の男”になることを意識しました。

と話し、さらに

大谷さん:お金儲けという一点を見る人間ではない所に面白さを感じるとしながらも、闇金の世界に染まったプロフェッショナルの人間だということを感じました。

と役への向き合い方を語る。

作品にかけて“お金というもの”について問われると、

大谷さん:自分への投資だったり、お金を借りて何かをする男は思い切っていてカッコイイと思う節もある。自分がお金を貸す立場だったら、役柄と同様に人間性をしっかり見ると思う。

と役との共通点があると明かした。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ゼニガタ

は5月26日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://zenigata-movie.com/

***********************************

大谷 亮平
小林 且弥 佐津川愛美 田中 俊介 玉城 裕規
岩谷 健司 松浦 祐也 八木アリサ えんどぅ 土田 拓海 吉原 雅斗
安達 祐実 升 毅 渋川 清彦

監督:綾部 真弥/脚本:永森 裕二
配給:AMGエンタテインメント、スターキャット/制作プロダクション:メディアンド
(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会


真木よう子、井上真央、大泉洋の映画『焼肉ドラゴン』が鄭義信監督の手で小説化!


映画情報どっとこむ ralph 日本の演劇賞を総なめにした演劇界の金字塔作品『焼肉ドラゴン』。
出演:真木よう子、井上真央、大泉洋他で映画化した映画『焼肉ドラゴン』は6月22日より全国公開となります。

そして、この度!
監督を務める鄭義信が自ら書き下ろした小説『焼肉ドラゴン』が角川文庫より5月25日(金)から発売することが決定しました。

舞台劇「焼肉ドラゴン」は朝日舞台芸術賞グランプリ、読売演劇大賞および最優秀作品賞など数々の演劇賞を受賞し、熱狂的な支持を受け2011年・2016年と再演、多くのファンを魅了した伝説の舞台。監督を務めるのは、演劇界では一流の演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』、『血と骨』などで脚本家としも名高い鄭義信が、本作では自ら初監督に挑戦し注目が集まります。

そして、鄭義信監督自らが書き下ろした小説『焼肉ドラゴン』の発売が決定しました。

鄭義信監督
小説版の発売に当たって、

鄭義信監督:映画や演劇では詳しく描かれていないまた別の視点から見た世界が広がっているので、小説を読んで「焼肉ドラゴン」の新たな魅力を発見してもらえたら嬉しいです。

と舞台版・映画版とは別の新たな視点で『焼肉ドラゴン』の世界観が描かれていることをコメント。
まさに『焼肉ドラゴン』ファン待望の一冊となっている。

映画情報どっとこむ ralph
焼肉ドラゴン

6月22日(金)より、全国公開!

公式サイト:
http://yakinikudragon.com 

Twitter:
@yakiniku_dragon

物語・・・
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

過去記事:Wヨウちゃん!真木よう子・大泉洋と井上真央、桜庭ななみ、が揃って登壇『焼肉ドラゴン』完成披露試写会
http://eigajoho.com/105901


***********************************

原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信
出演:真木よう子 井上真央 大泉 洋
桜庭ななみ 大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 ほか
配給:KADOKAWA ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会


BOYS AND MEN 田中俊介 動画インタビュー到着!映画『ゼニガタ』


映画情報どっとこむ ralph 東海エリアを中心に、音楽・ダンス・舞台と幅広いジャンルを手掛け、全国で活躍中のボイメンこと「BOYS AND MEN」。

10名で構成されたグループの中で一際俳優として注目されるのが田中俊介さん。
ここ数年はオファーが引きも切らず、映画にドラマにと出演作が相次いでいる。田中さんはダークなボーイズラブを描いた衝撃作『ダブルミンツ』の同性愛者・市川光央役や『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』で「達磨一家」の構成員・雷太役など異色の難役からド派手なアクションまで多岐にわたるジャンルの様々な役柄に挑戦していますが・・・

今回、田中さんが大谷亮平初主演映画『ゼニガタ』でみせるのは・・・。

パンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサーで、客として大谷亮平扮する銭形富男が経営する居酒屋「銭形」を訪れ、闇金業を志願する剣持八雲役で出演。
本作では、試合中に誤って人を殺してしまった過去に負い目を感じている元ボクサー役。田中は、役柄について

田中さん:どうせ俺なんてと劣等感を抱えている男。僕自身が経験してきた失敗やマイナスな気持ちを引っ張りたい。何かしら抱えている登場人物が闘っている姿を観て貰いたいです!

と見所をアピール。

映画情報どっとこむ ralph そんな田中俊介さんが観られる映画『ゼニガタ』は5月26日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショーです

公式HP:
http://zenigata-movie.com/
本作は、表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋・銭形富男を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落を描く物語。客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半グレ、ヤクザなど、銭の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク・ムービー。
***********************************

出演:大谷 亮平
小林 且弥 佐津川愛美 田中 俊介 玉城裕規
岩谷 健司 松浦 祐也 八木アリサ えんどぅ 土田 拓海 吉原 雅斗
安達 祐実 升 毅 渋川 清彦

監督:綾部真弥
脚本:永森裕二
配給:AMGエンタテインメント、スターキャット制作プロダクション:メディアンド

(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会