「大竹しのぶ」タグアーカイブ

フランチェスカ・ヘイワード&トム・フーパー監督来日!!映画『キャッツ』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph 『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーらが制作陣に名を連ね、映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる 2020 年最大の注目作、映画『キャッツ』が 1 月 24 日(金)より日本公開となります。

この度、本作の日本公開を記念して主人公ヴィクトリアを演じた、英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルダンサーのフランチェスカ・ヘイワード、トム・フーパー監督が来日し、豪華なジャパンプレミアを実施!葵わかなさん、山崎育三郎さん、高橋あず美さん、秋山竜次さん、大貫勇輔さん、大竹しのぶさん、蔦谷好位置さんら、極上の吹替え版キャスト陣に迎えられました!
『キャッツ』ジャパンプレミア

映画『キャッツ』 ジャパンプレミア
日時:1月22日(水)
会場:六本木ヒルズ アリーナ(港区六本木 6-9-1)
登壇:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)

【日本語吹替えキャスト】
葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置

映画情報どっとこむ ralph 公開1月24日を目前に控え、豪華キャストらが参加するジャパンプレミアを開催!日本語吹替え版の主人公ヴィクトリアを演じる葵わかなさんをはじめ、山崎育三郎さん、高橋あず美さん、秋山竜次(ロバート)さん、大貫勇輔さん、そして大竹しのぶさん、日本語吹替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置さんが参加!そして、日本語吹替え版の完成をお祝いするため、来日中のトム・フーパー監督とオリジナル版で主人公ヴィクトリア役を演じるフランチェスカ・ヘイワードさんも本イベントへ登壇しました。

会場の期待が高まる中、真っ赤なレッドカーペットに一番初めに到着したのは、若く純粋で臆病な白猫のヴィクトリア役の葵わかなさんと、
『キャッツ』ジャパンプレミア
猫たちのリーダーであり、ヴィクトリアを秘密の世界へ導くマンカストラップ役の山崎育三郎さん。
『キャッツ』ジャパンプレミア
ヴィクトリアのように純白のドレスを身にまとった葵さんと黒いロングコート姿の山崎さんが降り立つと、黄色い悲鳴が上がりました。

続いて、名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役の高橋あず美さんはオレンジのドレッシーなパンツ姿、
『キャッツ』ジャパンプレミア
日本語吹替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置さんは黒いスーツ姿で登場しました。

そして、リッチでふとっちょな紳士猫、バストファージョーンズ役の秋山竜次さん、
『キャッツ』ジャパンプレミア
鉄道を愛し、働き者の猫スキンブルシャンクス役の大貫勇輔さんが到着。
『キャッツ』ジャパンプレミア
バストファージョーンズさながら黒いハットをかぶった秋山さんと蝶ネクタイ姿の大貫さんに歓声が上がると、早速ファンサービスをする姿も。“キャッツ”になりきってファンにサインをする姿に会場からは笑いが起こりました。

猫たちの偉大な長老であり、新しい人生を得る一匹の猫を選ぶオールドデュトロノミー役の大竹しのぶさんは青いドレスを身にまとって登場。
『キャッツ』ジャパンプレミア
その美しさはオールドデュトロノミーのような存在感を感じる佇まいでした。

また、一緒に来日した本作のプロデューサーのデブラ・ヘイワードさんも登場。
そして、ついにオリジナル版で主人公ヴィクトリア役を演じるフランチェスカ・ヘイワードさんが到着すると、その可愛さに「可愛い~!」の声が!
『キャッツ』ジャパンプレミア
『キャッツ』ジャパンプレミア
『キャッツ』ジャパンプレミア
最後、一際大きな歓声と大きな拍手で迎えられたのは、トム・フーパー監督。
『キャッツ』ジャパンプレミア
各キャストはファンの呼びかけに応じ、サインや2ショットの写真を撮るなど、極寒の中にもかかわらず、長時間のファンサービスに応じました。

映画情報どっとこむ ralph ステージ上で、

フランチェスカさんは「何度も日本に来ているんですが、いつも温かく迎えてくれて…この作品を届けられて嬉しいです!」と喜びを語り、監督は「皆さん、こんばんは。トム・フーパーです。吹替え版は素晴らしい力作です!」と日本語の長文で挨拶!会場からは大きな拍手が巻き起こりました。そして、「今回の来日で天皇陛下やたくさんのファンに会えて嬉しいです。」と笑顔をみせました。

葵さんは「役者の方も、日本語吹替え版もハイレベルのキャストが集まっているので、ぜひ楽しんでほしいです。」

山崎さんは「僕の大好きなトム・フーパーの作品に携われて、本当に嬉しいです。」

高橋さんは「ジェニファー・ハドソンは18歳の頃から尊敬している人なので、その方の吹替えを担当できるなんて光栄です。」とコメント。

秋山さんは監督と隣にいるプロデューサーへ入念に挨拶。そして、「とにかく猫たちにみてほしい。悔しいことにここには人間しかいない。」とジョークを交え、「難しかったけど、頑張ったのでぜひ本作を楽しんでほしいです。」と語りました。

大貫さんは「スキンブルシャンクスの曲は耳に残る愉快な曲なので、そんなキャラクターの吹替えを担当できて嬉しい。」、

大竹さんは「吹替えするにあたって、ワンカット、ワンカットに尊敬の念を抱いて…少しでもその素晴らしさを皆さんに届けられるよう頑張りました。でも、オリジナルも素晴らしいので、両方観てほしいんですよね…」と戸惑いながら、「日本語吹替え版をみて、オリジナル版をみて、最後にまた日本語吹替え版を観てほしい!(笑)」と力強くアピール。

蔦谷さんは「監督と同じで、幼少期に初めてみたミュージカルが“キャッツ”だった。こんな素晴らしいキャストと一緒に、この作品に関われてよかったです。日本語吹替え版キャストの皆さんは全身全霊で歌ってくれているので、本国の監督、キャストにも誇れる作品が完成したと思います!」

と自信をみせました。

また、フランチェスカさんとワールドプレミアで初対面した葵さんは「今日こんなに盛大なイベントでお迎え出来てよかったです!」と再会を喜び、フランチェスカさんも「かわいくて、キレイなわかなさんとまた会えて嬉しい。皆さんと一緒にお祝いできて嬉しいです。」とコメント。
『キャッツ』ジャパンプレミア
『キャッツ』ジャパンプレミア
監督と初対面した山崎さんは「“レ・ミゼラブル”の舞台ではずっとマリウス役をやっていたので、映画化した時は何度も観ました。そんな監督と直接お会いして、その思いも伝えられて、どさくさに紛れて写真も一緒に取らせていただいたので感無量です!」と喜びを語りました。秋山さんは「監督は一番優しい目をしている。だからこんな素敵な作品が撮れたんだ…」とつぶやき、プロデューサーには「ゴージャス!レッツダンス!」と本国進出を狙っているようなアピールっぷりをみせました。また、日本語吹替え版のアフレコを終えて、高橋さんは「映画の中で大切な曲“メモリー”を歌っているんですが、オリジナルを聴いた時に、ジェニファー・ハドソンの歌は本当に素晴らしくて、ソウルもパワーもいろんな感情を与えてくれました。それを失わないように日本語にのせて歌えるよう頑張りました。」、大貫さんは「スキンブルシャンクスは踊りながら歌うシーンだったので、同じように踊って歌いました。アフレコが終わった時、寂しさを感じるくらい本当に楽しかったです。」とコメント。大竹さんは「ジュディ・デンチが好きで、彼女の深さを出すのが大変でした。彼女の演技を観て、頑張って吹替えさせていただいて…少し彼女に近づけたような気がしました。」、蔦谷さんは「非常に光栄であるとともに、プレッシャーがすごかった。監督の細部のこだわりを損なわないように、監督のメッセージを伝えられるよう、スタッフ一同頑張りました。」と明かした。それを受け、監督は「嬉しい気持ちでいっぱいです。日本は2つ目のホームのような場所なんです。こうやってミュージカルへ情熱を持っている方々に携わっていただけて嬉しい。バストファージョーンズに色目を使われるとは意外でしたが(笑)」と秋山のコメディアンぶりに笑いつつ、「ファミリーで楽しんでもらいたい。日本の素晴らしい方々ならこだわって吹替え版を作ってくれると確信していましたが、蔦谷さんの言葉に感動しました。日本語吹替え版へOK出したのは、最大限にかたちで“キャッツ”を届けたかったから。日本の多くの方に届いたらと願います。」と日本語吹替え版への特別な想いを語った。
『キャッツ』ジャパンプレミア
楽しみにしている日本のファンに向けて、フランチェスカさんは「一見楽しいミュージカルですが、深いテーマやメッセージが込められている作品です。愛、救い、人生の再生など…たくさん詰まっているので、ぜひ注目してください!」、監督は「寒い中、集まっていただいてありがとうございます。素晴らしいパフォーマンスを通して、優しい心がもたらす変化を描いた作品です。」、葵さんは「いろんな方に愛されている作品。どんな年齢、性別でも、それぞれが受け取るものがあって、そこに正解はない。多くの人を受け入れてくれる作品なので、ぜひこの時代だからこそ観てほしいです。」と力強く語った。山崎さんは「この作品に関われて本当に幸せです。皆さん、トム・フーパーの魔法にかかってください!」、高橋さんは「映画でしか知ることができない“キャッツ”の魅力が詰まった作品。いろんな感情を楽しんでもらえたらと思います。」とコメント。そして、秋山さんはまたしてもプロデューサーにアピールしながら、監督、フランチェスカさん、プロデューサーの来日に関わる様々なご関係者を片っ端から並べ、「全世界の猫にありがとう」と締めくくり、会場から笑いを誘いました。大貫さんは「様々な分野のダンスが見れて素晴らしいです。ぜひ楽しんでもらいたいです!」、大竹さんは「監督にお会いして、こんなに素敵な作品を作れる理由がわかりました。観終わって劇場を出たら、人生って楽しい、頑張ろうって思ってもらえる作品」とコメント。最後に、蔦谷さんは「本当に日本語吹替え版は誇れる作品になりました。観終わって受け取った感情を多くの人に伝えて、何度でも劇場に足を運んでもらえたら嬉しいです。」とメッセージを贈りました。

映画情報どっとこむ ralph
また、初の日本語吹替え版がお披露目となる上映前の舞台挨拶では、葵さんは「ついに皆さんに観てもらうんだと思うと、すごくドキドキします。私が注目して欲しいのはアンドリュー・ロイド=ウェバーとテイラー・スウィフトが書き下ろした“ビューティフル・ゴースト”という曲です。普段、あまり歌う機会がないのですが、この作品でたくさん歌って、スタッフの方と話し合って、一生懸命頑張りました。ジェリクルの世界観を楽しんでください!」と笑顔でコメント。山崎さんは「吹替え版制作のために新しい日本語に翻訳して、アフレコ時に自分も意見を言ったり、ディスカッションに交わったりすることができました。役者の方と同じように体を動かしながら収録することで、同じ気持ちで演じることができたと思います。」、高橋さんは「いろんな視点でそれぞれの感性で楽しんでもらいたいです!」、秋山さんは「猫にあわせた生活を2か月くらいしました。ボンネットの上で過ごしたり、空腹時は猫のおやつ食べたり…」と冗談を交えつつ、「とにかく頑張って一生懸命やりました!」と最後はしっかりとアピール。大貫さんは「不思議な感覚です。演じている方にあわせて吹替えするのは初めてで、良い体験をできました。僕たちの息遣いを感じてもらえたら嬉しいです。」、大竹さんは「優しい愛に溢れる監督の作品。これから初めて日本語吹替え版をご覧いただくのがちょっと怖いけど、楽しんでもらえたら嬉しいです。オリジナル版も観てください!」、蔦谷さんは「冒頭から最後まで監督の“キャッツ”への愛と情熱、こだわりが感じられる作品。それを忠実に再現して、いかに日本語で伝えるか頑張りました。」と熱くコメントした。

そして、フランチェスカさんは「1年間みんなでベストを尽くしました。私が幼少期、このミュージカルにインスピレーションを受けたのと同じように、子供たちが観て大きな夢を持ってもらえたら嬉しいです。素晴らしい日本語吹替え版、特にわかなさんの“ビューティフル・ゴースト”が楽しみです!」と葵さんと目をあわせて笑顔を見せた。最後に、監督はまたしても日本語で長文を読み上げ、「お楽しみください!」と挨拶。「今回は来日3回目ですが、その中で今回の来日は一番素晴らしい体験になりました。この作品のプロモーションは日本が最後ですが、ラストを飾るのに日本ほどふさわしい場所はない。日本の素晴らしいキャストの皆さんがどんなふうに命を吹き込んでいるのか、観るのが楽しみです!」と監督はそのまま観客と一緒に鑑賞し、キャストはそれぞれハグや挨拶をしてお別れを惜しみながらも、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『キャッツ』

公式HP:
https://cats-movie.jp/

公式Twitter:
@catsmovie_jp
(#映画キャッツ)

『キャッツ』
ストーリー
扉の向こうには、 なにが待っているの―?
満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。
そこで出会ったのは個性豊かな 〝ジェリクルキャッツ〞 たち。ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、
勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫…様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。
そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。
一生に一度、 一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。
キャッツ
「ビューティフル・ゴースト」葵わかな歌唱の日本語吹替え版本編映像

***********************************

極上の日本語吹き替え版:
日本語吹替え版音楽プロデューサー…蔦谷好位置
日本語吹き替え版キャスト…葵わかな/山崎育三郎/高橋あず美/秋山竜次(ロバート)/森崎ウィン/大貫勇輔/藤原聡(Official髭男dism)/
山寺宏一/宝田明/浦嶋りんこ/RIRI/宮野真守/沢城みゆき/山路和弘/朴璐美 and 大竹しのぶ

監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、アンジェラ・モリソン、ライザ・チェイシン、ジョー・バーン
原作・原案:T.S.エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー
キャスト:
ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、
イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン、フランチェスカ・ヘイワードほか

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
全米公開:2019年12月20日




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

葵わかな、山崎育三郎ら登壇!高橋あず美、「メモリー」生歌唱!映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。イギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等の大ヒットミュージカルを手がけた制作陣の奇跡の作品が、遂に実写映画化!2020年最大の注目作、映画『キャッツ』が、2020年1月24日(金)より日本公開となります。
『キャッツ』

この度、本作の日本語吹替え版制作/キャストお披露目を兼ねた発表会を実施いたしました。

吹替え版制作が許可されたのは日本含め二カ国のみ!オリジナル版と同等のクオリティに仕上げるために、本国の制作チーム監修の下、歌唱力・表現力をチェックする厳しいテストが繰り返し行われ、日本を代表する実力派キャスト陣とクリエイター陣の参加。この場で発表となった日本語版吹替えキャスト、葵わかなさん(ヴィクトリア役)、山崎育三郎さん(マンカストラップ役)、高橋あず美さん(グリザベラ役)、ロバート秋山さん(バストファージョーンズ役)、森崎ウィンさん(ミストフェリーズ役)、大貫勇輔さん(スキンブルシャンクス役)、大竹しのぶさん(オールドデュトロノミー役)、そして日本語吹替え版音楽プロデューサー蔦谷好位置さんが登壇。吹替え版制作にかける想いや背景、珠玉のエンターテイメント作品に参加する意気込みを語りました。さらに この日は“キャッツ”の代名詞ともいえる名曲「メモリー」の映画日本語吹替え版を初解禁!熾烈なオーディションでグリザベラ役を勝ち取った”不屈のドリームガール“高橋さんの生歌唱を、蔦谷さんの生伴奏で披露しました。
『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会

映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会
日時:11月18日 (月)
会場:ザ・リッツ・カールトン東京 グランドボールルーム
登壇:葵わかな(ヴィクトリア役)/山崎育三郎(マンカストラップ役)/高橋あず美(グリザベラ役)/ロバート秋山(バストファージョーンズ役)/森崎ウィン(ミストフェリーズ役)/大貫勇輔(スキンブルシャンクス役)/大竹しのぶ(オールドデュトロノミー役)/蔦谷好位置(日本語吹替え版音楽プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 若く純粋で臆病な白猫であり、本作の主人公ヴィクトリア役を演じる葵わかなさんは

葵さん:ヴィクトリアを通して映画『キャッツ』を楽しめる重要な役なので、皆さんを『キャッツ』の世界へと誘えるよう頑張りたい。ヴィクトリアのオリジナル曲を歌えるのかと思うと嬉しいです。

と挨拶。猫たちのリーダーであり、ヴィクトリアを秘密の世界へ導くマンカストラップ役を演じる、山崎育三郎さんは

山崎さん:トム・フーパーの『レ・ミゼラブル』(12)の大ファンなので、この作品に携われるのがとても嬉しい!

と笑顔をみせ、かつては絶世の美しさで愛された猫であり、名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役を演じる高橋あず美さんは

高橋さん:大好きなミュージカルで、大切な“メモリー”を歌うことができるなんて信じられない。魂のこもった歌を皆さんに届けたい。

と意気込みを込めてコメント。
リッチでふとっちょ、そして紳士的な猫、バストファージョーンズ役を演じる秋山竜次さんは役柄と同様の黒ハットにスーツ姿で登場!

秋山さん:これは調子乗っているからではなく、役に寄せてます!

との一言に会場から笑いを起こった。マジックが得意で、とっても気弱な猫、ミストフェリーズ役を演じる森崎ウィンさんは、

森崎さん:この場に立っていることが幸せ。声で魔法の世界へ誘いたい。

と挨拶。働きもので、鉄道を愛するみんなの頼れる猫、スキンブルシャンクス役を演じる大貫勇輔さんは、

大貫さん:吹替えは初なので緊張している。精一杯頑張る。

と緊張した面持ちでコメントした。
そして、猫たちの偉大な長老であり、新しい人生を得る一匹の猫を選ぶオールドデュトロノミー役を演じる大竹しのぶさんは

大竹さん:こんな素敵な作品に携われるなんて、素晴らしすぎて世界に入れるか不安…。

と本音をこぼすも、

大竹さん:蜷川さんに“ジュディ・ディンチ”のようになれ“と言われていたので、彼女の声を吹替えするなんて信じられない。この不安を拭えるよう頑張る。

と運命を感じる役へ意気込みを語った。
そして、日本語吹替え版音楽プロデューサー、蔦谷好位置さんは

蔦谷さん:この作品の吹替えはとてもハードルが高い。ジャンプしながら歌ったり、いろんな方法でアフレコ収録を行っていて、スタッフたちとも相談しながら本国に負けない日本版を制作しています。

と今までにないアフレコ現場の様子を明かし、

蔦谷さん:翻訳が一番難しく、T・S・エリオットは韻の踏み方が美しいので、音の響きを大切にしている。いろいろとクリアしなきゃいけないポイントがたくさんあるが、現在収録した楽曲はすべて素晴らしいです。

と自信をみせた。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、ヴィクトリアの視点で物語が描かれるため、

葵さん:新曲“Beautiful Ghosts”は、ヴィクトリアがどんな猫でどう成長したいのか彼女の想いが表れています。

と語り、ちょうど昨日に歌の収録を終えたと明かした。そして、自身は猫が好きだそうで

葵さん:猫に一歩近づけた気がして嬉しい!

とコメント。これまで数々のミュージカル作品に出演している山崎さんは、

山崎さん:画面の中で繊細な表現で歌うのが新しかった。体を動かして歌ったりするので、初めての経験で楽しい。

と本作では新たな体験だったとオーディションを振り返る。グリザベラ役の高橋あず美さんは

高橋さん:“メモリー”は力は強くて、切なくて、素敵な曲。私が吹替えるなんて夢のようで、決まった時は声にならない叫びだった。

と心境を明かし、ジェニファー・ハドソンについても

ハドソンさん:彼女は自分の歌を成長させてくれる存在。18歳の時、ソウルフルに歌う彼女に衝撃を受けて、彼女のように歌えるようになりたいと真似したり、何度も彼女の歌を歌ったりしていた。なので、プレッシャーもあるけど精一杯頑張りたい。

と改めて意気込みを語った。秋山さんは役作りに関して尋ねられると、

秋山さん:ここ2か月くらい猫のライフスタイルにあわせた。小魚を食べたり、お偉いさんの足にすり寄ったり、腹をゴロゴロ鳴らすために腹の調子を壊したりした。

と真面目にコメントする姿に会場からは笑いが起こった。
ミストフェリーズ役の森崎ウィンさんは

森崎さん:本番がこれからなので緊張して…。でも、期待してください!

と笑顔でコメント。

大貫さん:どのシーンも本当の猫のように軽やかで美しい動き。なので、オーディションも動きを真似して声出したりして楽しかったです。

とオーディションは緊張の反面、楽しんだと明かす。そして、大竹さんは女優ジュディ・ディンチについて、

大竹さん:カッコよく年を重ねているジュディ・ディンチは本当に憧れ。画面での貫禄に圧倒する。負けないように吹替え頑張ります。

と感慨深げにコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 作品にちなみ、自身に訪れた“チャンス”について尋ねられると、

葵さん:今年初めに初めて舞台へ立ったのですが、最初はオーディションを受けることに戸惑いがあった。でも心を決めてからはボイストレーニングを重ねたりして役を勝ち取ることができたのですが、今回、その舞台の映像を本国の方が見くださったそうで。その時の結果が今に繋がっているので、あの時オーディションを受けようと決めてよかったと思いました。

と今に通ずる“チャンス”を明かす。

山崎さん:野球のイチローさんにとても憧れていて、彼の引退する前日に国歌斉唱をすることができたのは本当に嬉しかった。あまりに嬉しすぎて、呼吸が浅くなってしまい6割くらいしか声が出せなかったのが悔やまれます。

と当日を振り返る。

高橋さん:どんなに歌っても私の憧れる人々には届かないと思っていたんですが、去年ブロードウェイの地下鉄でゲリラライブを行ったら、とても大きな反響をいただきました。それからは、いろんなことにチャレンジしようと思って、アマチュアナイトに出場して一位で通過できたりした。それが今に繋がっていたりするので、チャンスもタイミングもすべて繋がっているんだと思った。。

と今回の大抜擢に繋がっていると明かした。

秋山さん:本国が好きなので、本国にアピールするチャンス!

と“本国”を強調したコメントに会場からは笑いが起こり、

森崎さん:『レディー・プレイヤー1』(18)のオーディションで本国に行ったのは大きなチャンスだった。オーディションが受かって出演することができて…今ここに立つことができるのもあのチャンスがあったから。

と明かす。

大貫さん:舞台『メリー・ポピンズ』のバート役を勝ち取れたこと。当時オーディションがある前日は寝れなくて大変でした。

とコメントし、

大竹さん:ずっとチャンスをもらい続けている。こうやって長い間仕事ができるのはそのおかげなんだと思う。自分をさらに磨き続けられるのは幸せなこと。本国に負けないよう頑張ります。

と想いを語った。

蔦谷さん:初めて見たミュージカルが“キャッツ”で衝撃的な体験だった。そういういろんな体験は夢を持つことのできるきっかけになる。吹替えだと小さな子供でも観れるので、いろんな人に夢を持ってもらえる、それが一番のチャンス。

と自信をみせている。

また、トム・フーパー監督からは「製作中のため会場に伺えなくて残念だよ。素晴らしい本編になると確信している。字幕と吹替え、両方楽しんでね」と激励のメッセージが本国から到着。

最後に、

葵さん:愛のあるキャラクターになるように精一杯頑張ります!

山崎さん:最も豪華で華やかな作品。2020年一番のミュージカル映画になると思います。

高橋さん:心に大きく伝わる歌を歌えるように頑張ります!

蔦谷さん:スタッフ、キャストで最大限の力をもって作品を届けられるよう頑張ります。間違いなく素晴らしい作品になるでしょう!

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 本会見ではキャッツの代表曲である「メモリー」を初となる日本語吹替え版で披露。
『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会
高橋あず美『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会
『キャッツ』伴奏:蔦谷好位置

高橋あず美さんの歌唱、蔦谷好位置さん伴奏の特別バージョンの演奏し、会場一杯にその力強い歌声を響かせてイベントは幕を閉じた。

映画『キャッツ』

2020年1月24日(金)全国ロードショー

公式HP:
https://cats-movie.jp/

公式 Twitter:
@catsmovie_jp
(#映画キャッツ)

<吹替えキャスト一覧>
■ヴィクトリア:若く純粋で臆病な白猫であり、本作の主人公。
*オリジナルキャスト:フランチェスカ・ヘイワード
*日本語吹替え版キャスト:葵わかなさん
■マンカストラップ:ヴィクトリアを秘密の世界へ導く、猫たちのリーダー。
*オリジナルキャスト:ロビー・フェアチャイルド
*日本語吹替え版キャスト:山崎育三郎さん)
■グリザベラ:かつては絶世の美しさで愛された猫。名曲「メモリー」を歌いあげる。
*オリジナルキャスト:ジェニファー・ハドソン
*日本語吹替え版キャスト:高橋あず美さん
■バストファージョーンズ:リッチでふとっちょ、そして紳士的な猫。
*オリジナルキャスト:ジェームズ・コーデン
*日本語吹替え版キャスト:秋山竜次さん
■ミストフェリーズ:マジックが得意で、とっても気弱な猫。
*オリジナルキャスト:ローリー・デヴィッドソン
*日本語吹替え版キャスト:森崎ウィンさん
■スキンブルシャンクス:働きもので、鉄道を愛するみんなの頼れる駅長。
*オリジナルキャスト:スティーブン・マックレー
*日本語吹替え版キャスト:大貫勇輔さん
■オールドデュトロノミー:猫たちの偉大な長老。新しい人生を得る一匹の猫“ジェリクルキャッツ”を選ぶ。
*オリジナルキャスト:ジュディ・デンチ
*日本語吹替え版キャスト:大竹しのぶさん

<“不屈のドリームガール”高橋あず美さん詳細>
1986年10月7日生まれ、長野県松本市乗鞍高原出身。Pops,Soul,R&B,Gospel,Jazz等の音楽が自身の声・歌の根源となりソングライティングを開始。2008年、DREAMS COME TRUEのLIVEにBacking Vocalとして大抜擢され、さいたまスーパーアリーナが初舞台となる。その後、数々のメジャーアーティストのツアー・ライブ・レコーディングに参加している。

***********************************

監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、スティーヴン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン、ジョー・バーン
原作・原案:T・S・エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー

キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン ANDフランチェスカ・ヘイワード

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

全米公開:2019年12月20日(予定)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海ら登壇!映画『影踏み』プレミア先行上映会


映画情報どっとこむ ralph 主演に山崎まさよしを迎え11月8日(金)群馬県先行/11月15日(金)全国公開する。

この度、山崎まさよしが14年ぶりに主演を務める映画『影踏み』のプレミア上映会がテアトル新宿にて開催され、主演の山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、そして篠原哲雄監督が登壇しました。
撮影中の裏話などイベントでしか聞くことが出来ないトークが展開されました。
映画『影踏み』プレミア先行上映会オフィシャル

映画『影踏み』プレミア先行上映会
日時:10月31日(木)
会場:テアトル新宿
登壇:山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、篠原哲雄(監督)

映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する豪華キャスト陣が勢揃いする場ということもあり、その姿を一目見ようと集まったファンによってプレミア先行上映会のチケットは即完売!更には立見席まで満席状態になる大盛況の中キャスト陣、篠原監督が舞台に登壇すると割れんばかりの拍手が湧き起こりイベントはスタートしました。

まず初めに本作の中で兄弟役を演じたことについて山崎は「14年ぶりに映画に出るということで、これまで多くの作品に出演しているわけでもなかったので匠海くんには非常に良い空気を作ってもらいましたし、居心地も良かったです。」と北村へ賛辞を送り、それに対して北村は「僕はこの中で一番年齢も下で後輩でしたけど、真っ先にまさよしさんが温かく迎えてくれましたし、凄く良い雰囲気の中で撮影をすることができました。」と温かい雰囲気を作ってくれた山崎に感謝を述べました。

続いて久しぶりとなる映画の主演を務めた気持ちを聞かれると山崎は「大役をやらせてもらいましたけど、凄い共演者ばかりで、出来るだけ失礼のないように心がけました。皆さん優しくて鶴見さんとも久しぶりに共演することが出来て本当に感動しました。」と『月とキャベツ』(1996)以来の共演となる鶴見との再会を喜びました。すると鶴見も「山崎さんは変わってないところもあるけれど、ミュージシャンとしての道を歩んできた貫禄もあるし、こうして久しぶりに共演できたので長く俳優をやっていると、このような素晴らしい瞬間もあるので感慨深いです。」とコメントしました。

次に“山崎まさよし“主演映画への出演オファーを受けた気持ちを聞かれた尾野は「山崎さんとは一度共演したいと思っていましたから即決めでした。」と本作へのオファーは二つ返事で受けたことを明かすと、中村は「中学生の時に地元の親友が山崎さんの「One more time,One more chance」をお勧めされ聴いていた思い出があるので、出演が決まった時にはその友達にすぐ連絡をしたくらい嬉しくて、この映画に出演できるなんて贅沢だなって思います。」と中学生時代のエピソードを披露しました。最後に大竹は「まさよしさんと電話している時に、ちょうど篠原監督が映画を作るかもって話しを聞いて、すぐに私が“やって!やって!そして私もちょっとだけ出演させて”ってお願いをして、今回実現しました。」と大竹が本作に出演するに至った裏話を披露しました。

そして、本作がミステリー界の巨匠・横山秀夫原作でもあることに触れられると横山作品に『影踏み』を含めて3度目の出演となる滝藤は「横山作品の魅力はキャラクターそれぞれにドラマがあって、細かく描かれていて重厚な物語が作られるところです。それで、いつ私は横山作品の主演をやれますかね(笑) それまでは俳優として頑張りたいと思います。」と横山作品常連ではあるが、主演経験がないことについてコメントし会場を盛り上げました。さらに山崎との共演についても「俳優同士のセッションって相手の出方がある程度分かるんですけど、ミュージシャンの方とやるのは初めてで今までにない刺激があり楽しかったです。」と山崎との共演に感謝を述べました。そして、本作のキャッチコピーでもある“真実を盗み出せ”にちなみ《共演者から一番盗みたいもの》を聞かれた鶴見は《大竹さんの演技力・演技に対する情熱を盗みたい!尊敬していますし、大好きな女優なので心を盗みたいです》、大竹は《匠海君の若さ》、北村は《8月にAugustaCampのステージで一緒に「影踏み」を歌わせていただきまして、まさよしさんの真横っていう一番いいところで歌声を聞いてとても痺れたので歌声を盗みたいですね》、尾野も《私も歌うのが好きなので、素晴らしい歌声を持つまさよしさんの歌声です》、中村は《尾野さんの人をリラックスさせ、緊張感を解いてくれる朗らかさを盗みたいです》、滝藤は《中村さんの色気を盗みたいです》、篠原監督は《昔はミュージシャンになりたかったので山崎さんからギターの技術を盗んだら歌手になれるのかなって思ったりしますが、すみません(笑)諦めて映画を作る道を邁進していきます!》とそれぞれが共演者から盗みたいものを発表し会場を盛り上げると、最後に山崎は《滝藤さんの髪型(イベント当日はパーマ風の髪形)を盗みたい、自分も天然パーマで梅雨時期は滝藤さんみたいにくるくるの髪形になってしまうんですが、背が高くない分ブロッコリーのようになってしまうので髪型と併せて身長も盗みたいです》と意外な盗みたいものを発表し会場からは大きな笑いが起こりました。

映画情報どっとこむ ralph ここでイベント当日の10月31日から2日後の11月2日、3日、4日と奇跡の三連続で誕生日を迎える滝藤、北村、尾野をサプライズで祝福するため「ハッピーバースデー」のBGMの中、山崎が3人に花束を渡すサプライズ演出がありました!


突然のサプライズに驚きながらも滝藤は「もう43歳です、あと40年は俳優をやれると思うので(笑)ここにいるみなさんと新しい作品ができると嬉しいです。」と抱負を語ると、北村は「僕は22歳になるんですが、ロケバスの中でまさよしさんがギターあげるよって言われまして、誕生日を知っていてくれたんだなって思い、良いお兄ちゃんです。」とコメントし、それを受けて尾野は「私は38歳です、嬉しいです!サプライズが大好きです。ありがとうございます!」と感謝を述べました。

最後に篠原監督は「みなさんと映画を作れて良かったなと思います。山崎くんとは長編映画では23年ぶりのタッグでそして『月とキャベツ』の公開当時と同じテアトル新宿で公開することができたことは凄く奇跡的で、ジャンルは違いますけど『月とキャベツ』と『影踏み』には何か縁があると思っています。本作は映画館で見る良さがある映画なので、みなさんにこの映画を広めてもらって、また公開したら見にきて欲しいです。」と本作に対する思いを述べ、山崎は「私自身デビューしてから25周年目に入りまして、今回素晴らしい共演者、そして昔から付き合いのある篠原監督、そして主題歌・劇判も作らせてもらいまして、映画に沿った良い主題歌が書けたと思っています。アニバーサリーで良い作品と関われて感謝していますしとても光栄です。」と本作への感謝を伝えイベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 影踏み
Kagefumi-movie.jp

『影踏み』本ポスター

あらすじ
ノビ師(泥棒)の真壁修一は、ある夜、侵入した稲村邸で、寝ている夫に火を放とうとする妻・葉子を目撃する。咄嗟に止めに入ったが、なぜか偶然、その場に居合わせた刑事に現行犯逮捕される。2年後、出所した修一を迎えたのは、弟の啓二と恋人の久子だけ。なぜ稲村邸への侵入がバレたのか? なぜ自分だけが逮捕されたのか? そして放火殺人を謀った葉子の行方は―。謎を解明するため、修一は探偵さながらの行動を開始する。

***********************************

山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海
中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 / 大竹しのぶ
監督:篠原哲雄 脚本:菅野友恵 原作:横山秀夫(「影踏み」祥伝社文庫) 音楽:山崎将義 主題歌:「影踏み」山崎まさよし(EMI Records)
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社 製作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント エグゼクティブプロデューサー:千村良二 岡本東郎 プロデューサー:松岡周作 配給:東京テアトル   ©2019「影踏み」製作委員会   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『影踏み』山崎まさよしをとりまく魅力的な俳優陣の姿を場面写真公開!


映画情報どっとこむ ralph 「64ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)。

警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の物語が、ついに映画化!監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた 映画『影踏み』が 11月より全国公開することが決定しました。

今回解禁されたのは、14年ぶりに映画主演を務める”泥棒(ノビ師)”真壁修一役の山崎まさよしと、今年から来年にかけて数々 の映画に出演しひっぱりだこの北村匠海が、修一の相棒であり弟でもある啓二役で共演するカットを含んだ計6枚の場面写真。
山崎まさよし 北村匠海『影踏み』

主人公の修一とは恋仲の関係にある久子役を演じた尾野真千子。その久子に想いを寄せる謎の男・久能を演じる滝藤賢一。

一癖も二癖もありそうなバッタ屋・大室誠役の中尾明慶。
滝藤賢一『影踏み』

そして神妙な顔をして黒板の前で教鞭をとる大竹しのぶといった、日本映画界が誇る名優たちが名を連ねる。
大竹しのぶ『影踏み』

さらに修一と啓二が自転車を二人乗りするノスタルジックな1枚や、
山崎まさよし 北村匠海『影踏み』

闇を一身にまといながら 歩く修一の1カット

は、本作品に一貫して漂うアンダーグラウンドな世界観を象徴しており、登場人物それぞれの謎に包まれた キャラクター性と本作の展開への期待をより一層高めている。

14年ぶりの“俳優”山崎まさよしの熱演はもちろんのこと、そのまわりをとりまく豪華なキャスト達と演技でぶつかり合う『影踏み』 に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 本作のはじまりは映画「月とキャベツ」(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬県・中之条町。同作がきっかけとなり 始まった同地の「伊参スタジオ映画祭」に、偶然にも 2016年にゲストとして参加した山崎まさよし、篠原監督、横山秀夫が運命的な出会い を果たす。もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約一年後の2018年初頭には映像 化困難とされていた小説「影踏み」の映画化が発表されることになる。山崎は「8月のクリスマス」(05)以来、約14年ぶりに長編映 画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(96)以来、約22年ぶりのタッグ結成となった。

映画『影踏み』

2019年11月全国ロードショー

STORY
単なる「空き巣」ではなく、深夜に人の居る住宅に侵入し盗みを働く、通称「ノビ師」と言われる泥棒。寝静まった民家を狙い“現金”を盗み出す忍び込みのプロで、 その中でも真壁修一(山崎まさよし)は一線を画すスゴ腕のノビ師。証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさから、いつしか警察からは 「ノビカベ」とあだ名された。ある夜、修一は侵入した稲村邸の寝室で、夫の寝ている側に火を放とうとする妻・葉子(中村ゆり)の姿を目撃する。咄嗟の行動で放火現 場を止めに入ったが、その直後、修一は逮捕される。2年後、刑期を終えた修一を迎えてくれたのは弟・啓二(北村匠海)、そして恋人の久子(尾野真千子)だけ。ただ、修 一の頭にはこの2年ずっと気がかりなことがあった。何故、あの日の侵入がバレていたのか?何故、自分だけが逮捕されたのか?そして、あの時夫を殺害しようとしてい た妻・葉子の行方は…。

***********************************

出演:山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海 中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 /大竹しのぶ
原作:横山秀夫「影踏み」祥伝社文庫)
監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
音楽:山崎将義
配給:東京テアトル
© 2019「影踏み」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大竹しのぶ x 奥山大史監督作品「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」 釜山国際映画祭正式出品決定!!


映画情報どっとこむ ralph このたび、女優・大竹しのぶさんの初短編映画「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」が第23回釜山国際映画祭(10月4日~13日開催)の短編コンペティション部門に正式出品作品として招待されることが決定。

奥山監督は先日、第66回サン・セバスチャン国際映画祭(9月21日~29日)に初長編監督作品「僕はイエス様が嫌い」で日本人として史上最年少での正式出品が決まったことでも話題になったばかりな新鋭です。


今回、 「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」がアジア最大級の映画祭に参加することが決定したこの機会に主演の大竹しのぶさんと奥山監督から、コメントが届きました。

大竹しのぶさんからのコメント
このような作品に仕上がるとは、夢にも思いませんでした。
妙な身体と顔のバランス、目の動き、顔の角度、細やかな計算によって見えてくるリアリティーに驚かされました。 撮影は、まるで映画のようにワンカット長回しのようなこともあれば、細かく何度もやり直したり。それが終わったかと思うと、 今度はインスタントカメラで何百枚もの撮影…。目の動きや口を「あえいおう」と開けたり、角度を変えて何度も何度も撮りま した。一体これから何が生まれるのだろうと、全く想像がつきませんでした。 映画では、ワンカット、ワンカットに想いを込めるといいますが、この作品の場合、1コマ、1コマに想いがこもっているので、 凄い力を持っていると思います。人間というのは、複雑です。悲しく、淋しく、恐いものであるけれど、そこには必ず愛がある のだろうと思うのです。出演させていただいて、こちらが勉強になりました。 奥山監督のその才能が海外の映画祭で認められたこと、大変嬉しく思います。監督独自の世界観で、また撮れる日が来る ことを楽しみにしております。その時はまた、呼んで頂けたら嬉しいです。


監督コメントからのコメント
釜山国際映画祭に監督作を出品させていただけること、とても嬉しいです。 この映画では、新しい技術を使いながらも、懐かしさをも出したかったので「写ルンです」で約3000枚撮影し、それを素材にアニメーション にしました。釜山の方々には、新しさと懐かしさを同時に楽しんでいただけたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41

あらすじ:
東京の回転寿司店。母(大竹しのぶ)と息子(篠田諒)の会話と沈黙。 そこに流れる微妙な想いのやりとり。

***********************************

出演:大竹しのぶ 篠田諒 小貫加恵
監督・撮影・脚本:奥山大史

プロデューサー:吉野匡志
アニメーション:加賀遼也、
録音:橋本裕充 制作:閉会宣言

(C)閉会宣言




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

阿部寛『のみとり侍』“笑”撃の浮世絵風NEWビジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 『後妻業の女』の鶴橋康夫監督が、約40年、映画化を熱望し続けた、笑って!泣ける!!
傑作時代劇『のみとり侍』が5月18日(金)に全国公開となります。

原作は、その綿密な時代考証を基にユーモアを交え当時の社会を表現する歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」。その内の人気エピソードを基に鶴橋監督自身が物語を再構築し、監督・脚本を一手に担います。

作中では、江戸時代に実在した猫の“蚤とり”稼業を中心に描かれる本作。“蚤とり”とは、お客様の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐお仕事。しかしその実態は女性に愛をご奉仕する添寝業(※添寝業は原作オリジナルの設定)。そんな裏稼業を命じられてしまうエリート藩士・小林寛之進に国民的俳優・阿部寛が挑みます。共演には、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝と個性的な面々が集結!名匠・鶴橋監督のため、まさに“一肌脱いで”参戦した役者たちの演技 合戦も見物の一つ。本作を華やか、且つコミカルに物語を盛り上げていきます。

そしてこの度、第二弾チラシビジュアル&追加キャスト情報が解禁となりました!

第一弾となるティザーポスターでは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』をモチーフにした阿部寛演じる主人公・ 寛之進(ひろのしん)ビジュアルが話題になりましたが、3月24日(土)から全国の劇場に掲出される第二弾チラシでは、 本物の写楽の浮世絵も掲載され、阿部寛のビジュアルがいかに再現度が高いかよくわかる構成に!

さらに、寺島しのぶ・豊川悦司・斎藤工・風間杜夫・大竹しのぶ・前田敦子・松重豊・桂文枝といった主要キャストも浮世絵風に加工されたビジュアルで登場し、強烈なインパクトを放つチラシとなりました。

映画情報どっとこむ ralph さらにチラシの中面では、東洲斎写楽に続いて、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の“世界で最も著名な日本画”と称される浮世絵『富嶽三十六景/神奈川沖浪裏』をオマージュした“笑”撃のビジュアルも登場!!

北斎が描いたダイナミックな荒波の上で、寛之進が猫と一緒にサーフィンをする姿が描かれます。

波乗り寛之進

このなんとも大胆なビジュアルは、時代の荒波に翻弄されながらも、侍としての生き方を貫き、江戸のビッグウェーブを乗り越えていく寛之進の様を体現しており、可笑しくも意味深いものになっています!!

また今回のビジュアル解禁で、喜劇界でお馴染みの3名の芸人が追加キャストとして登場することが判明!

物語の冒頭で、桂文枝演じる老中首座・田沼意次に、様々な陳情を訴える江戸の人々として、鶴橋監督の前作『後妻業の女』でも印象的な演技を見せた落語家の笑福亭鶴光が平賀源内を、光呉服問屋の望月屋秀持をジミー大西が、香具師の元締・根津屋文吾をオール阪神が演じます。お笑い界で愛されている3名が見せる可笑しみ溢れる演技は必見です!笑撃的なビジュアルと笑いのプロである追加キャストが“鶴橋流”傑作人間喜劇を彩る、映画「のみとり侍」。

映画情報どっとこむ ralph のみとり侍

5月18日(金)全国東宝系にて公開

公式HP: http://nomitori.jp/

物語・・・
越後長岡藩藩士の小林ひろのしん寛之進(阿部寛)は、藩主・牧野備前守ただ忠きよ精(松重豊)主催の和歌の会に出席。
そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」と江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられる。

「猫ののみとりって何ら ・・・?」

途方に暮れていた寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・じん甚べえ兵衛(風間杜夫)とその妻・お鈴(大竹しのぶ)の元で働くことに。猫の“のみとり”とは文字通り、猫の蚤を取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。
住む場所もなくなった寛之進であったが、貧しくも子供たちに読み書きを無償で教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋で暮らす人々の助けを借り、“のみとり”としての新生活が始まっていく。

ほどなくして、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たす寛之進。
幸運なことに、初めての“のみとり相手”がおみねとなり、胸が高鳴る彼だったが、“のみとり”開始数分後、「この、下手くそ!」と罵られ失意のどん底へ。

落ち込む彼の前に妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた恐妻家・せい清べえ兵衛(豊川悦司)が現れる。
寛之進は、欲求に忠実な清兵衛に「拙者に女の喜ばせ方を教えてはくれぬか!」と頼み込むのだった。
その甲斐あってか、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、“のみとり”侍として一人前となっていく。
しかし、時代は、老中・たぬま田沼おき意つぐ次(桂文枝)の失脚により急遽“のみとり”禁止令が敷かれる。
寛之進はじめ“のみとり”たちは、一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう。
果たして、寛之進は、運命の相手・おみねとの恋を成就させることができるのか?
そして武士として、男として、生き様を示すことはできるのか? 寛之進の運命は如何に!?

***********************************

監督・脚本:鶴橋康夫
出演: 阿部寛 
寺島しのぶ 豊川悦司 斎藤工 
風間杜夫 大竹しのぶ 前田敦子 松重豊
桂文枝       
原作:小松重男「蚤とり侍」(光文社文庫刊)  
撮影:2017年8月30日~10月18日
完成:2018年3月末予定  撮影場所:全編京都ロケ
制作プロダクション:ROBOT
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2018「のみとり侍」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

貴女・・のみ、愛しています 阿部寛が♡裏稼業『のみとり侍』ティザーポスター&特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年に大ヒットを記録した『後妻業の女』の鶴橋康夫が、約40年、映画化を熱望し続けた、笑って!泣ける!!傑作時代劇『のみとり侍』が5月18日(金)に全国公開。

江戸時代に実在した 猫の“蚤とり”稼業を中心に描かれる本作。
“蚤とり”とは、お客様の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐお仕事。
しかしその実態は女性に愛をご奉仕する裏稼業。

そんな裏稼業を命じられてしまうエリート藩士・小林寛之進に国民的俳優・阿部寛が挑みます。共演には、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝と個性的な面々が集結!名匠・鶴橋のため、まさに“一肌脱いで”参戦した役者たちの演技合戦も見物の一つ。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、ティザーポスター&特報映像が解禁となりました!

第一弾となるティザーポスターでは、

歌舞伎役者のように睨みを利かす浮世絵風・寛之進(ひろのしん)。

鼻の頭には“のみ”が飛び込み、首元には“キスマーク”が!!!

キャッチコピーの「貴女・・のみ、愛しています」が指すように、
“喜劇”でありながらも、“恋愛劇”(ラブストーリー)である本作の世界観をコミカルに描き出しました。

このポスター制作に着想を得たのは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』。

エリート侍から、のみとり侍に転落しながらも、その真っ直ぐすぎる生き様から江戸のHEROになっていく寛之進という男を江戸時代を最も象徴し、親しみのあるビジュアルに落とし込みました。

また長年、本作の企画を温めていた名匠・鶴橋の心の中心にあり続けたのは、この『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』を基に手塚治虫が描いた『猫・写楽』でした。

この奇跡の偶然を感じ取るかのように、ポスター撮影時、阿部寛は写楽の描いた浮世絵を見ながら、手の位置や目線の振り方に細かく気を配り、度重なる微調整を繰り返しポスター撮影に挑みました。

映画情報どっとこむ ralph また今回は、特報映像も解禁です!

『時は江戸-』と始まるナレーションから、上司の逆鱗に触れ『猫の蚤とりになって無様に暮らせ!』という寛之進が左遷されるという悲運。そして“蚤とり”になってからも訪れる多難に立ち向かっていく寛之進の姿が。挙句の果てには、思い人・おみね(寺島しのぶ)に「愛」をお届けするも『この、下手くそが!』と言い渡され茫然とする・・・・。

そんな彼の姿は、世の大人達をクスッとさせてくれること間違いなしです!2018年、「愛」を捧げる侍が、日本中に「愛」をお届けします。“鶴橋流”傑作人間喜劇の今後にご期待ください。

のみとり侍

5月18日(金)全国東宝系にて公開

公式HP:
http://nomitori.jp/

***********************************

原作:小松重男「蚤とり侍」(光文社文庫刊)
監督・脚本:鶴橋康夫
撮影:2017年8月30日~10月18日
完成予定:2018年3月末予定    
撮影場所:全編京都ロケ
制作プロダクション:ROBOT
製作プロダクション:東宝映画 
配給:東宝
©2018「のみとり侍」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

鶴橋康夫監督×阿部寛『のみとり侍』製作決定!寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、前田敦子ら共演!


映画情報どっとこむ ralph 映像の魔術師の異名を持つ名匠・鶴橋康夫監督が約40年、映画化を熱望し続けた時代劇映画『のみとり侍』の製作が決定しました。

原作は、綿密な時代考証を基にユーモアを交え当時の社会を表現する歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」。

作中では、江戸時代に実在した 猫の“のみとり”稼業を中心に描かれる本作。
表向きは文字通り、町を練り歩き、呼ばれた家庭が飼う猫の“のみ”を取って回る商売。但し、この映画における“のみとり”稼業とは<床>で女性に愛をお届けする裏稼業。

本作では、江戸を舞台に<床>で活躍する侍を通じ、現代にも通じる義理や人情を“鶴橋節”満載で描き出します。


主演を務めるのは、ドラマ「天国と地獄」(2007)以来10年振りに鶴橋作品に出演する阿部寛。“のみとり”になってしまう越後長岡エリート藩士・小林寛之進を演じます。

また“のみとり”稼業の映像化故に濡れ場シーンも伴う本作の出演者には、新旧鶴橋組オールスターキャストが集結!

寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子といった演技派出演陣が、鶴橋の為に“一肌脱いで”集結しました。

さらに落語界からは、『明日があるさ THE MOVIE』(2002)以来15年振りの映画出演となる桂文枝が、歴史上実在の人物・田沼意次に扮し出演が決定。

映画情報どっとこむ ralph

登場人物/キャスト

小林寛之進/阿部寛
越後長岡藩エリート藩士。ひょんなことから運悪く藩主の機嫌を損ねてしまい“のみとり”にされてしまう。
真っ直ぐな性格な故に、突然言い渡された“のみとり”稼業にも真面目に取り組んでいく。

おみね/寺島しのぶ
寛之進の亡き妻・千鶴にそっくりな武家屋敷の妾。寛之進の初の“のみとり”相手となる。

せい清べえ兵衛/豊川悦司
小間物問屋・近江屋の入り婿。恐妻家だが、欲求には忠実な伊達男。寛之進に不倫の手助けを求める代わりにのみとりの技術を指南する。

佐伯友之介/斎藤工
寛之進が身を寄せることになる長屋の隣人。貧しいながらも子供たちに読み書きを教えている。

じん甚べえ兵衛/風間杜夫
面倒見のいいのみとり屋の親分。勘違い故に寛之進を雇い、のみとりを伝授する。

お鈴/大竹しのぶ
甚兵衛の妻。初見で寛之進ののみとりとしての素質を見抜く。

おちえ/前田敦子
清兵衛の妻。問屋の娘ながらも、気性が激しく、清兵衛にとんでもない浮気防止の策を施す。

田沼おき意つぐ次/桂文枝 1943年7月16日(74歳)
江戸幕府老中だが、失脚危機に晒されている。江戸幕府の経済活性化の為に尽力しており、“のみとり”稼業を容認している。

映画情報どっとこむ ralph 鶴橋康夫コメント
40年前、偶然『蚤とり侍』の小説を手にして、「のみとりって?」。猫の蚤を取るとみせかけ、実は裏の商売をする主人公に興味がわいた。中間管理職である越後長岡藩・勘定方書き役の小林寛之進が、生真面目すぎるあまりに殿の怒りを買って藩を追い出され、江戸の人々に助けられながら、世の中の激動に飲み込まれていく。そこに現代のサラリーマンに重なる部分を感じ、「不条理でばかばかしくて笑える映画をつくってみるのはどうだろう?」と。主人公・小林寛之進は、悲劇を喜劇に、不条理をロマンチックに演じ、哀愁の男っぽさを表現できる阿部寛さんに託すことにした。人生、自分の思い通りにはいかない。だけどみんなそれぞれ、一生懸命で、真面目で、おっちょこちょいで、面白い。そんな悲喜こもごもを観る人にクスクスと笑ってもらえたら最高です。

阿部寛コメント
『のみとり侍』というタイトルを聞いただけで、ほろっとわくわくしたし、出てくる登場人物たちが、一人ひとりが、人間味豊かで、クスっと笑えて、泣ける脚本だなと思いました。鶴橋組常連の方々との共演も楽しみです。色気があって、チャーミングで・・・見ているだけで、きっと引き込まれるでしょうし、それに応えられる芝居をしないと気の引き締まる思いです。鶴橋監督とはずっとご一緒したかったので、こうして「のみとり侍」としてオファー頂けたことは、夢が叶ったかのように嬉しく、歴史ある京都の地で、こうした作品を作っていけることにすごく幸せを感じています。観た人が、“のみとり”をされたかのように気持ちのいい時代劇になればいいなと思っています。

寺島しのぶコメント
『愛の流刑地』以来又鶴橋監督とお仕事ができることが嬉しくてなりません。とても艶っぽい愛おしい女性なのでそう存在できるようにしたいものです。阿部さんとも舞台「近松心中物語」の共演以来なので久々の再会を楽しみにしております。

豊川悦司コメント
鶴橋康夫監督の最新作にて最高傑作!中高年の、中高年による、中高年のための、痛快人情喜劇娯楽時代劇!日本人は、日本の国は、こんなにも素朴で温かみに溢れていた!絶賛撮影中!乞うご期待!

桂文枝コメント
映画は久しぶりです。
時代劇も、今回のような実在の人物を演じるのも、田沼意次という、比類なき政治家を演じるのも、とにかく歴史書を読み漁ってと思っていたら、監督さんから、読まないでと言われたので、気が楽に、脚本が面白いので、監督さんのイメージに合うように、演じられたらと、思っています。

臼井央 製作プロデューサー(東宝)コメント
「後妻業の女」公開後、鶴橋監督の次回作を探していた所、鶴橋監督ご自身が40年来温められていた傑作時代劇の企画を提案頂きました。そこには、現代のサラリーマンに通ずる身分社会が描かれ、その中に真っ直ぐすぎるくらいに立つ爽快な主人公がいました。人情溢れる個性豊かなキャラクター達が、朗らかにも必死に生きていました。脚本を読むと、何度も声を出して笑ってしまいました。一も二もなく製作を決定しまして、阿部寛さんはじめ熟練の役者の皆さんが続々と鶴橋組に集結してくださいました。酸いも甘いも知り尽くし、苦くも楽しい人生をお送りの「大人」の皆様にこそ味わえる、これぞ「鶴橋新喜劇」をお届けできると確信しています。

映画情報どっとこむ ralph 『のみとり侍』

2018年、全国東宝系にて公開です。

滑稽ながらも愛おしい“いとをかし”な人々を演じます。前代未聞!侍が巻き起こす“床の間”の戦いの火蓋が切って落とされる!? 

物語・・・
越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は、藩主・牧野備前守ただ忠きよ精主催の和歌の会に出席。そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」と江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられる。

「猫ののみとり ・・・?」

途方に暮れていた寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛(風間杜夫)とその妻・お鈴(大竹しのぶ)の元で働くことに。猫の“のみとり”とは文字通り、猫ののみを取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。

住む場所もなくなった寛之進であったが、貧しくも子供たちに読み書きを無償で教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋で暮らす人々の助けを借り、“のみとり”としての新生活が始まっていく。

ほどなくして、亡き妻・千鶴にそっくりなおみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たす寛之進。幸運なことに、初めての“のみとり相手”がおみねとなり、胸が高鳴る彼だったが、“のみとり”開始数分後、「下手くそ!」と罵られ失意のどん底へ。

落ち込む彼の前に妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた恐妻家・清兵衛(豊川悦司)が現れる。寛之進は、欲求に忠実な清兵衛に「拙者に女の喜ばせ方を教えてはくれぬか!」と頼み込むのだった。その甲斐あってか、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、“のみとり”侍として一人前となっていく。

しかし、時代は、老中・たぬま田沼おき意つぐ次(桂文枝)の失脚により急遽“のみとり”禁止令が敷かれる。寛之進はじめ“のみとり”たちは、一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう。
果たして寛之進は、運命の相手・おみねとの恋を成就させることができるのか? そして武士として、男として、生き様を示すことはできるのか? 寛之進の運命は如何に!?

***********************************

原作:小松重男「蚤とり侍」(光文社文庫刊)
監督・脚本:鶴橋康夫
撮影:2017年8月30日~10月中旬(予定)
完成予定:2018年
公開:2018年公開
製作プロダクション:東宝映画 ROBOT
配  給 :東宝
©2018「のみとり侍」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『メアリと魔女の花』 福岡・名古屋 そして 大阪!地方プロモーションを敢行中!


映画情報どっとこむ ralph 『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)でその年の邦画興行収入NO.1を記録し、スタジオジブリで鮮烈な監督デビューを飾った米林宏昌。次作『思い出のマーニー』(2014年)では米アカデミー賞にノミネートされるなど快進撃を続けてきた米林監督が、2014年末にスタジオジブリを退社して新たに挑むのが、この夏最大の話題作『メアリと魔女の花』。

主人公メアリ役を杉咲花さん。メアリと一緒に冒険を繰り広げることになるピーター役を神木隆之介さん。

7月8日(土)より公開を迎えます!

この度『メアリと魔女の花』の公開に先駆けて、杉咲花さん・神木隆之介さん・米林宏昌監督の3名による地方プロモーションを敢行中!

今回は通常の舞台挨拶ではなく各地区のオープンスペースでのファンイベントを実施!6月24日(土)の福岡・ソラリアプラザでのイベントを皮切りに、名古屋・大阪、そして札幌と全国を飛び回っております。すでに実施された福岡・名古屋でのイベントは大盛況!

福岡・ソラリアプラザでは300名、

名古屋・ミッドランドスクエアでは500名を超えるお客様が集まり、

それぞれの都市の印象や、メアリの制作秘話を披露しました!

映画情報どっとこむ ralph そして本日、大阪駅前のグランフロント大阪にある「うめきた広場」にてFM802「TACTY IN THE MORNING」の屋外での公開収録を実施!大阪は朝からあいにくの雨模様だったものの、イベント前にまるで魔法のように雨があがる奇跡も。そして会場にはなんと2500人の観客が集まりとんでもない熱気に包まれるなど、この夏一番の話題作として多くの人から注目されていることを証明する結果に。

観客は入場時に配布された青く光るブレスレットをつけ、映画に登場する夜間飛行の花のように青白く光る幻想的な会場に主演の杉咲さんが登壇し、

杉崎さん:まいどおおきに!杉咲花やで!

と挨拶すると、会場からは“かわいい!”“もう一回聞きたい!”という声がかけられるなど大盛り上がり!神木がお好み焼きをおかずとして、白いご飯と一緒に食べても気にならないというエピソードを披露すると会場のファンから「私も!」「お好み焼きはおかず!」といった賛同の嵐も起きました。

今回のプロモーションでお互いを花様・神様と呼び合うようになった二人の仲の良さと作品への惜しみない愛情が感じられるトークが展開され会場は優しい雰囲気に包まれました。

米林監督:こんなに大勢の人の前で挨拶するのは生まれて初めて。

と語るなど、大阪の街がまるで一夜限りの魔法にかけられたような、すべての人が幸せな気持ちでいっぱいになれる素敵なイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph 残すは7月2日(日)の札幌でのイベント!
杉咲、神木、米林監督の3名が札幌・大通公園で行われている花フェスタ2017でトークおショーを実施します!
福岡から始まった“メアリ”大ヒット前線は徐々に東に移動し、最後の地・札幌へと北上中!

そして!『メアリと魔女の花』は7月8日(土)の公開です。

あらすじ
この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!


赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。
魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。
メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。
しだいに明らかになる「魔女の花」の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。
魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。
メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

メアリと魔女の花

7月8日(土)全国東宝系公開

URL:maryflower.jp

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『メアリと魔女の花』JA共済タイアップキャンペーン


映画情報どっとこむ ralph JA共済連では、本年夏に特別協賛する7月8日公開の映画『メアリと魔女の花』とのタイアップキャンペーンが、6月1日(木)から7月31日(月)までの期間、「『メアリと魔女の花』×JA共済タイアップキャンペーン 特設Webサイト」で実施となります。

特設Webサイトでは、本キャンペーン実施に伴い、映画『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督が特別に描きおろした『JA共済オリジナルビジュアル』をトップ画面に採用。JA共済が提案している「ひと・いえ・くるま」の総合保障を、『メアリと魔女の花』の世界観で表現した温かい絵となっています。

また、特設Webサイトでクイズに応募いただいた方に、パソコンやスマートフォン、SNSの壁紙等で使える『JA共済オリジナルビジュアル』をもれなくプレゼント。

さらに、クイズに正解した方の中から抽選で、日頃の感謝(サンキュー)を込めて『オリジナルブック型クロック』を390名様、『オリジナルキャラクタートランプ』、『オリジナルメアリのホウキペン』をそれぞれ3,900名様にプレゼント。いずれも『JA共済オリジナルビジュアル』と、映画に登場するキャラクターやアイテムを使用した本特設Webサイト限定の素敵なグッズです。

米林宏昌監督描きおろし『JA共済オリジナルビジュアル』は、6月から出稿予定のテレビCM等でも登場する予定です。

映画情報どっとこむ ralph タイアップキャンペーンの概要

期間:2017年6月1日(木)~7月31日(月)
応募方法:「『メアリと魔女の花』×JA共済タイアップキャンペーン 特設Webサイト」でクイズに回答していただくと、どなたでもご応募いただけます。
特設Webサイトはこちら  
内容:米林宏昌監督描きおろし『JA共済オリジナルビジュアル』をプレゼント。
さらに、クイズに正解した方の中から抽選で『オリジナルブック型クロック』(390名様)、『オリジナルキャラクタートランプ』(3,900名様)、『オリジナルメアリのホウキペン』を(3,900名様)をプレゼントいたします。

映画情報どっとこむ ralph 映画「メアリと魔女の花」について

この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生。
7年に一度しか咲かない花“夜間飛行”。
それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔女の国へ飛び立つが―。
『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の監督・米林宏昌が圧倒的なアニメーションで描く夏のエンターテインメント超大作。

スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』、7月8日(土)全国ロードショー

映画公式サイト:
www.maryflower.jp

映画公式Twitter:
@mary_flower_jp

映画情報どっとこむ ralph STUDIO PONOC(スタジオポノック)について
2015年4月15日設立。アニメーション制作会社。
2014年末にスタジオジブリを退社した後、プロデューサー西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ。「ポノック」とはクロアチア語で深夜0時を意味し、“新しい1日の始まり”の意味を込めた。現在は、映画『メアリと魔女の花』の制作にスタジオジブリで活躍してきた卒業生であるクリエイターやスタッフが多数参加、名を連ねる。

映画『メアリと魔女の花』は、スタジオポノック制作として初の長編映画となる。

詳しくはこちら      

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ