「大泉 洋」タグアーカイブ

大泉洋 演じる鹿野に振り回される!​追加キャスト発表​『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』


映画情報どっとこむ ralph 今冬、全国公開となります大泉洋 主演映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、車いすの人生を、愛のままにワガママに生きた男の<笑いと涙の感動実話>。​

難病である筋ジストロフィーを患って体が不自由にも関わらず、病院を飛び出し、自分で大勢のボランティアを集め、風変わりな自立生活を始めた鹿野靖明(大泉洋)。
わがままで、おしゃべりで、ずうずうしくて、ほれっぽくて…!自由すぎる性格に振り回されながらも、そのまっすぐな生き方で皆に愛された鹿野さんと、彼に出会って変わっていく人々の人生を、笑いあり涙ありで描く最高の感動作です。​

そして本日8/7「バナナの日」に合わせて、本作に出演しているキャストが新たに解禁となりました!​

映画情報どっとこむ ralph
<体が不自由な鹿野を支える、ボランティアたち>​

鹿野と同じ歳で付き合いが長く、彼を支え続ける頼れる兄貴的存在の【高村大助】役に、深みのある演技で魅せる俳優・萩原聖人さん。​

萩原さん:前田監督とは久しぶりの再会でした。​我々ボラチームは映画におけるスタッフのような感覚で参加しました。監督、鹿野さんをしっかりサポートできたらと思います。​


気さくな性格で、鹿野からも若いボランティアたちからもお母さんのように慕われる【前木貴子】役に、​ ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍している女優・渡辺真起子さん。​

渡辺さん:物語を通して、「生き方」に改めて向き合うことになりました。​はじめてご一緒させて頂く皆様と、力を合わせる事ができたと感じる瞬間が、​みてくださる方に伝わりますように願っています。​


抜けた性格で鹿野に注意される事も多いが、後輩ボランティアたちの指導は細かい【塚田心平】役に、​ 映画を中心に幅広い様々な役を演じ分ける俳優・宇野祥平さん。​

宇野さん:前田組で鹿野さんの人生に触れ、迷惑をかけてはダメ、我儘もダメなど、​なんとなくある道徳を気にしてしまう自分には新しい教科書をもらったような​清々しい気持ちになる作品でした。​



<自立生活を送る鹿野を見守る、両親>​

へそ曲がりだが懸命に生きる息子を、厳しくも優しく支える父親【鹿野清】役に、​ 日本映画界には欠かすことのできない俳優・竜 雷太さん。​

竜さん:私の周りでは信じられない様な人と人との繋がり。​こんなテーマを持った作品に対して、私は何をすればいいのでしょうか。​そうだ、要は自分が自信を持って自分自身でいる事が、大事だと云う事かもしれない。​それしか出来ない。そう思って仕事場に出向きました。​


息子から嫌われていると思っているが、愛情を絶やさず笑顔で接する母親【鹿野光枝】役には、​ 感情豊かな演技で映画を盛り上げる、ジャズシンガーの綾戸智恵さん。​

綾戸さん:5年早くても。5年遅くても。いや、自分でもびっくり。今、どっぴんしゃの、このタイミングにこの役!​本物の光枝さんにお会いした時、何故監督が私を選んでくれたのかわかったように思えた。​それにしても撮影を終えた今、テレビで大泉さんを観ると大スターなのに“あのバカ息子”と心配になる私。​追伸:クランクアップの日、夜中寝ている私の実息の手を握ってしもた。ヤバっ、また涙出てとまらへん。​



<鹿野の病状を看続ける、医師・看護師たち>​

自由な鹿野に厳しく接しつつも、本気で彼の体を心配している主治医【野原博子】役に、​ 日本アカデミー賞をはじめとする数々の賞を受賞してきた女優・原田美枝子さん。​


野原と共に、自立生活を望む鹿野とボランティアたちに協力する看護師・【泉芳恵】役に、​ 独特の空気感で観る人を魅了する女優・韓英恵さん。​

韓さん:鹿野さんと鹿野さんを支えるボランティアのみなさんと北海道ですごく温かくて優しい時間を過ごしました。​初めての看護師役で戸惑うこともあり「こんな夜更けに痰吸引かよ」な日々が、​今ではもうすでに懐かしく愛しき思い出です。​


と、本格派・実力派・個性派と様々な俳優たちが揃い、豪華キャストが集結となりました。​

映画情報どっとこむ ralph 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

公式サイト:
bananakayo.jp​

公式Twitter:
https://twitter.com/bananakayomovie


物語・・・
北海道の医学生・田中(三浦春馬)はボランティアとして、体が不自由な鹿野(大泉 洋)と知り合う。病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティア(萩原聖人・渡辺真起子・宇野祥平)や、両親(竜 雷太・綾戸智恵)に支えられて風変わりな自立生活を送る鹿野。夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のような超ワガママぶりだが、自分自身に素直に生きる鹿野は、どこか憎めない愛される存在だった。​

ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲(高畑充希)に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼するが、実は美咲は田中と付き合っていて…。奇妙な三角関係は、鹿野の主治医(原田美枝子)や看護師(韓英恵)、ベテランボランティアたちを巻き込んで大変な騒動に!しかし鹿野の病状は徐々に悪化、体はますます自由が利かなくなっていく。そんな鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった―

***********************************

監督:前田哲​

脚本:橋本裕志​

原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)​

出演:大泉 洋​
高畑充希 三浦春馬​
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵・竜 雷太 綾戸智恵/原田美枝子​
配給:松竹​
撮影:2018年6月~7月2日/オール北海道ロケ(札幌・美瑛・旭川)​

(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会


行定勲監督「今こそ観るべき映画!」と大絶賛! 『焼肉ドラゴン』トークショー


映画情報どっとこむ ralph 6月22日(金)公開映画『焼肉ドラゴン』の試写会が都内で行われ、本作の監督・脚本、舞台版の演出を務めた鄭義信監督と、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)や『リバース・エッジ』(18)などを手がけ、近年は舞台の演出も手掛けている行定勲監督がトークショーを行った。

鄭義信監督×行定勲監督トークショー付き試写会イベント
日時:6月5日(火)
会場:日本消防会館・ニッショーホール
登壇:鄭義信監督、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後、拍手喝采の中観客に迎えられた鄭と行定。
行定さんは本作について

行定さん:鄭監督の舞台や映画はずっと観ていました。舞台版の「焼肉ドラゴン」も本当は初演から観たかったのですが、口コミのすごさでチケットがどうしても取れずに断念しました。出演している女優さんの社長さんにお願いしたりとか、汚い手を使ったりしていたんですけど…(笑)再演でようやく観られて衝撃を受けましたね。今回映画を観る前は正直、「舞台を観た時の気持ちを超えられるか?」と不安でしたが、未来へ向けて放たれている素晴らしい映画。先日韓国の映画祭で観たとき、ラストシーンのあたりから拍手が鳴りやまなかったんです。映画が終わるまで我慢できない観客の人たちがすごくて、それって心からの拍手ですよね

と大絶賛。

続けて

行定さん:表情をしっかりと見せるところが鄭監督は的確ですよね。ラストの劇的なシーンも、僕だったらああいう風には撮れない。

と、演劇出身の鄭ならではの撮影手法についても語った。

鄭監督は本作について

鄭監督:伊丹空港の近くの国有地を不法占拠しているという設定ですが、実は僕は姫路城の外堀でバラックを建てて暮らしていました。劇中で父親の龍吉が言う「醤油屋の佐藤さんから買うたんや」って台詞は僕の父の台詞です(笑)。

と秘話を語ると客席は笑いに包まれた。さらに、

鄭監督:姫路城の外堀は今では世界遺産の公園になっているところです。最近は「実家が世界遺産です」というキャッチコピーにしています(笑)。

と語りました!

さらに

行定さん:僕が『GO』(01)を撮ったとき、あの作品は韓国の若者層に響いていました。同じ国籍の人が日本でこうしているんだって知らなかったんです。歴史に残らない人たちがいる。そういう人たちを映画の力を使って再現することができる。それこそが映画の意味だと思っています。本作は映画がやらなければいけないことが、全て詰め込まれていると思います。

と熱弁。すると

鄭監督:舞台の初演時は50代以上の人たちがノスタルジーを感じて観にきてくれました。2011年と2016年の再演、再再演時には東日本大震災などによって故郷を捨てざるを得なかった人たちの物語として受け入れられるようになりましたね。僕の思惑とは違っていて、どんどんと作品が先に進んでいく感覚でした。

と、まさに映画が時代を反映しているエピソードを語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてキャストについて話題が移ると、

鄭監督:大泉さんは再演のときに北九州まで観にきてくれました。その夜飲んだときに、いつか自分も出たいと言ってくれていましたね。撮影になると、本当は次の映画の撮影も差し迫っていて切っちゃいけないって言われていたみたいですが、髪の毛をクランクイン前に切ってこられて…。

とエピソードを語った。


最後に

行定さん:僕は映画をもう2回観ましたが、2回目にかなり沁みました。今この時代に観るべき作品だと思います。皆さんもぜひ口コミしてくださいね。こういう映画がヒットしないと、つまらない映画ばっかりになりますよ。

と熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 映画情報どっとこむをお薦めです!

映画『焼肉ドラゴン

6月22日(金)より、全国ロードショー!

公式サイト:
http://yakinikudragon.com
Twitter:
@yakiniku_dragon

本作は、鄭義信作・演出により、朝日舞台芸術グランプリ、読売演劇大賞および最優秀作品賞など数々の演劇賞を受賞し、2011年、2016年と再演を重ね、多くのファンを魅了した舞台「焼肉ドラゴン」の映画化作品。演劇界では一流の演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』、『愛を乞うひと』、『血と骨』(この3作品すべてで、キネマ旬報ベストテン脚本賞を受賞)で脚本家としても名高い鄭義信が初監督に挑んだ本作は、生涯胸に留めておきたいと絶賛された名シーン、名台詞の数々を映像の世界でいかに描くのか、記念すべき第一作目に注目が集めている作品です。

物語・・・

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

***********************************

原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信

出演:真木よう子 井上真央 大泉 洋/桜庭ななみ 大谷亮平 ハン・ドンギュ

イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 /イ・ジョンウン キム・サンホ

配給:KADOKAWA ファントム・フィルム

製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会


『恋は雨上がりのように』隠れたエピソードをオリジナルドラマ~ポケットの中の願いごと~でGYAO!が配信!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、映画『恋は雨上がりのように』のオリジナルドラマ『恋は雨上がりのように~ポケットの中の願いごと~』(全4話)を5月2日(水)より独占配信することが決定しました。

かつては陸上部のエースだったクールな性格の女子高生・あきら(小松菜奈)と、彼女が好意を寄せるアルバイト先のファミレスの45歳の店長・近藤正己(大泉洋)との関係を描く物語。

今回、オリジナルドラマで描かれるのは、映画本編であきらと近藤が働くファミレス「ガーデン」の店員で、原作でも人気のキャラクター、吉澤(葉山奨之)とユイ(松本穂香)の隠れたラブストーリー。あきらのことが好きな吉澤、そんな吉澤に惹かれていくユイ・・というそれぞれが片想いをしているストーリーは“恋雨”らしい切なさと真っすぐな恋心が描かれています。

映画でもメインのシーンとなるファミレス「ガーデン」を舞台に、映画と並行する時間軸を描くことで、映画だけでは味わいきれない “恋雨”の隠れたエピソードと個性豊かな人々が織り成す人間模様が楽しめる必見のドラマです。映画公開を待ちきれない方にいち早く映画の雰囲気を味わっていただけるとともに、映画を観たあとでも楽しめる内容ですのでぜひお楽しみください。
映画情報どっとこむ ralph コメントが届いています!

小松菜奈:物語の舞台「ガーデン」の中で、こんなにも切なくてキュンとするラブストーリーが繰り広げられていたのか、と驚きました。私も大好きな吉澤くんとユイちゃんの2人の物語を映画とともに楽しんで頂ければと思います。

眉月じゅん(原作者):原作で私が大切にしていた吉澤くんとユイちゃんの物語を、今回オリジナルドラマという形で描いて頂いて嬉しいです。映画とともにとても楽しみました。映画は、あきらと店長を中心にストーリーが展開していきますが、このドラマで描かれる吉澤くんとユイちゃんの片想いに、切なくなったりキュンとしてください。

葉山奨之:なんと吉澤タカシが「恋雨」オリジナルドラマの主役です!吉澤の人柄の良さ、可愛さがこのドラマにいっぱい詰まっています。映画には描かれていないユイちゃんとのエピソードを中心に、映画と少し繋がっているので、きっとこのドラマを観たら必ず映画を観たくなると思います。両方を楽しんでもらえたら嬉しいです!

松本穂香:吉澤くんもユイちゃんも、かなり不器用で素直な二人です。怒るも泣くもぜんぶ全力!そんなまっすぐな二人のお話です。コチョコチョと忙しい二人の恋愛模様を映画と共に楽しんで頂きたいです。

<オリジナルドラマ配信概要>
『恋は雨上がりのように ~ポケットの中の願いごと~』(全4話/各15分予定)
配信スケジュール:
第1話:2018年5月2日(水) 0:00
第2話:2018年5月11日(金)0:00
第3話:2018年5月18日(金)0:00
第4話:2018年5月25日(金)0:00

配信ページURL:
https://gyao.yahoo.co.jp/p/02000/v00062/

ストーリー
高校生の【橘あきら】(17)は、バイト先のファミレス店長【近藤正己】(45)に片想い中。そんなファミレス「ガーデン」では、あきらに片想いしている【吉澤タカシ】(17)、あきらと友達の【西田ユイ】(17)が今日も騒がしく働いている。吉澤はあきらに必死にアピールしようと、あきらが探していたヘアピンを必死に探すが、実はそれはユイがなくしたものだった。そうと分かっていてもユイのためにヘアピンを探す吉澤に、ユイは恋心を抱くように・・・。片想いがいっぱいの「ガーデン」の一日は今日もドタバタと過ぎていく。果たして、それぞれの片想いの行方は・・・。


出演:葉山奨之 松本穂香 /小松菜奈 大泉洋

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:風間太樹
脚本:坂本絵美
脚本協力:坂口理子
(C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会
(C)2014 眉月じゅん/小学館

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋は雨上がりのように

5月25日(金)東宝系にて公開です。


物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず。
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
音楽:伊藤ゴロー 〈参加アーティスト〉
の子 / mono(神聖かまってちゃん) 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 澤部 渡(スカート)

出演:小松菜奈 大泉 洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香 ・山本舞香
濱田マリ 戸次重幸 吉田 羊
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館


【真相】は、あまりにも切ない『探偵はBARにいる3』ブルーレイ・DVD発売


映画情報どっとこむ ralph 6/13(水)「探偵はBarにいる3」ブルーレイ&DVDリリース!
【探偵】大泉洋×【相棒】松田龍平の人気シリーズ最新作のヒロインは【最悪のヒロイン】北川景子!


【最後】の事件は、はじまっている―。

最強のコンビ、最後の事件、最高で最悪のヒロイン。 命を燃やすものは、あるか? 悲しくも激しい【最後の事件】が始まった。 すべての【真相】は、あまりにも切ない。

【探偵】大泉洋と、【その相棒】松田龍平のタッグは 唯一無二の存在感を発揮し、映画史に残る名コンビとして幅広い世代の心を掴んだ。

その3作目。

誰もが次作を待ち望む人気シリーズと して、確固たる地位を築いた。そして前作から4年の時を経て、俳優としてさら なる飛躍を遂げた2人が、ついにススキノに帰って来る! 注目のニューヒロインには、映画、ドラマと幅広く活躍する北川景子。ひれ 伏したくなるような絶対的な美しさと、時折見せる子供のような無邪気さで、探 偵の心を激しく惑わせる。更に、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキーら豪 華新キャストが続々集結。

映画情報どっとこむ ralph 今回の【探偵】は、何かが違う-。
これまでに見たことのない『探偵は BAR にいる』に、あなたもきっと涙する!

変わらぬ街。変わらぬ2人。だがシリーズ3作目にして描かれるのは、ついに訪れる探偵と高田の“別れ”……!? 探偵史上最も切ない過去を背負う依頼人は、予想だにしない方向へ2人を誘(いざな)っていく。 探偵を執拗に狙う、人の心を持たないサディスティックな悪魔。無敵を誇った高田を倒す、ありえない強者の出現。 少しずつ狂い出した、探偵と高田の歯車。そして“最後の事件”は、衝撃のクライマックスをに向けて走り出す!

映画情報どっとこむ ralph
■通常版 DVD 価格:\3,800+税 品番:ASBY6114 本編 122 分(予定)/1 枚組/16:9LB/片面2層/カラー/音声 1.主音声:ドルビー5.1ch/字幕 1.日本語/映像特典(予定):特報/予告

■通常版 Blu-ray 価格: \4,800+税 品番:ASBD1208 本編 122 分(予定)/1 枚組/16:9【1080p Hi-Def】/2層/カラー/音声 1.主音声:リニアPCM(5.1ch)/字幕 1.日本語 映像特典(予定):特報/予告

■ボーナスパック 【DVD3 枚組】 価格:\6,800+税 品番:ASBY6115 ☆特製アウターケース付 3 枚組:本編ディスク+特典ディスク1、2 【本編ディスク】 通常版 DVD と共通 【ボーナスディスク 1】 収録時間100(予定)/16:9LB/片面1層/カラー/音声 1.主音声:ステレオ 【ボーナスディスク 2】 収録時間100(予定)/16:9LB/片面1層/カラー/音声 1.主音声:ステレオ

■ボーナスパック 【Blu-ray1 枚+DVD2枚組】 価格:\7,800+税 品番:ASBD1209 ☆特製アウターケース付 3 枚組:本編ディスク+特典ディスク1、2 【本編ディスク(BD)】 通常版 Blu-ray と共通 【ボーナスディスク 1・2(DVD)】 ※DVDボーナスディスクと共通

-DVD&BD共通 ボーナスディスク収録内容(予定)

●ボーナスディスク 1 ・メイキング映像 ・インタビュー集
●ボーナスディスク 2 ・イベント映像集 ・プロモーション映像集 ・ポスターギャラリー

【発売元:東映 東映ビデオ 販売元:アミューズソフト】
★DVD レンタル 同日スタート 発売元:テレビ朝日
販売元:東映 東映ビデオ
※商品仕様は予告なく変更する場合がございます。

www.tantei-bar.com

***********************************


キャスト
大泉 洋 松田龍平 北川景子 前田敦子 鈴木砂羽 リリー・フランキー 田口トモロヲ 志尊 淳 マギー 安藤玉恵 正名僕蔵 篠井英介 松重 豊 野間口徹 土平ドンペイ 斎藤 歩 前原 滉 桝田徳寿 天山広吉 片桐竜次

スタッフ
原作:東 直己 「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)
脚本:古沢良太
音楽:池 頼広

監督:吉田照幸

2017 年 12 月 1 日公開
Ⓒ2017「探偵はBARにいる3」製作委員会


『清須会議』三谷監督英語でスピーチ


10月24日、第26回東京国際映画祭 特別招待作品 クロージング作品 

『清須会議』 The Kiyosu Conference

の舞台挨拶と上映が行われました。

登壇者:三谷幸喜監督
役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香

三谷幸喜監督の第6作目は時代劇。日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる清須会議をテーマに可笑しくも愛おしい姿を描く群像劇です。

舞台挨拶では、三谷監督は劇中の織田信長の甲冑で、他のキャストは衣装の黒澤和子さんがそれぞれの役のイメージカラーに合わせ見立てた着物姿で登場しました。

清洲会議舞台挨拶
三谷幸喜監督
「どうも三谷です。こんばんは。。。僕は映画の中で織田信長が着ている甲冑を着ていますが、物凄く暑いです。東京国際映画祭のクロージングにふさわしい映画が出来たと思います。今日は楽しんでください。」
三谷幸喜2
役所広司
「こんばんは、柴田勝家を演じました役所広司です。クロージング作品に選んでいただきまして本当にありがとうございます。感謝をこめて今日僕たちは一足早いお正月のようなかっこうできました。1人だけ正月なのかわからないのもいますけれども。今日はゆっくり『清洲会議』を楽しんでいってください。」
役所広司
大泉 洋
「えー羽柴秀吉役を演じました洋 大泉でございます。東京国際映画祭で日本の映画がクロージングになるのは7年ぶりということで、舞台挨拶が出来て大変光栄です。そして、オープニングで三谷さんと役所さんがグリーンカーペットを歩いているのを見まして、その日。。台風で私の北海道での仕事が無くなったので俺もいけたんだけどなって。。嫉妬しました。クロージングに来れて大変幸せです。」
大泉-洋
小日向文世
「丹羽長秀役を演じました小日向文世です。先ほど日本映画のクロージングは7年ぶりだと聞きまして、この場に立っていることを光栄に思っています。三谷幸喜監督の初めての時代劇ということで、国内だけに問わず、是非、海外の方に沢山観てもらいたいと思っています。」
小日向文世
佐藤浩市
「池田恒興役の佐藤浩市です。クロージングの作品にこうした楽しい作品を選んでいただいてありがとうございます。日本で公明な武将が亡くなった時に、こういうことが行われていたんだ。多少の誇張はあっても日本ではこういうことがあったんだと今日皆さんに知っていただきたいと思います。本日は最後まで楽しんでいってください。」
佐藤浩市
鈴木京香
「皆さんこんばんは。コンピュータの前で同時に観賞していらっしゃる方たちもこんばんは。お市をやらせていただいた鈴木京香です。私がいつも観に来る映画館で今こんなに素晴らしい俳優さんたちと一緒に、しかも素敵な衣装で皆さんにご挨拶できることを最高の栄誉だと思っています。」
鈴木京香
MC:「みなさん和装で来て頂きました。この衣装のポイントを教えていただけますか?」

役所広司2役所広司:「清洲会議の衣装デザインをしていただいた黒澤和子さんが、役柄に合わせたカラーの着物を準備してくれました。

僕は劇中でもブルー基調なのでブルーです。」

MC:「鈴木京香さんが着られているのは、映画の中でお市様が着られていた物なんですよね?」

鈴木京香:「劇中でも大事なシーンで着ている大好きな着物なんですが、こうやって現代風にアレンジして着付けていただいたので今日はまた違った気持ちで着れて、着物って本当にいいものだと実感しています。」

三谷秀吉汗だくMC:「監督、汗が止まらないようですが、なぜ秀吉の格好を?」

三谷監督:「この後、英語のスピーチがあるので、それで頭がいっぱい。

何も答えられません。」

大泉 洋:「秀吉のイメージは黄色か金なのに、黒澤さんから『派手なもの大泉洋を着るわけにいかないわですものね』と言って、この色になったのに、監督を見たら、俺も別に金色で良かったんじゃねえかと思ったんですよ。
秀吉はガチャガチャしてるねずみが監督のイメージで、着崩して着ていたので、きちんと着せていただいたのが嬉しいですね。」

MC:「鈴木京香さん。今日の監督はいかがですか?」

鈴木京香:「いつもの監督とはやっぱり違いますね。スピーチ、私も楽しみにしています。」

MC:「オープニングではトム・ハンクスさんと監督と役所さんはお話されたとうかがったのですが。」

役所広司:「そんなに沢山話せなかったんですけど。通訳の戸田さんが『シャル ウィー ダンス』に出ていた役者だと紹介してくれたので、トムハンクスさんが「映画観たよ。」って。凄く面白かったよといっていただきました。」

MC:「三谷監督はどのようなお話を。。」

三谷監督:「刻々とスピーチの時間が迫っている。何も聞こえない。」

清洲会議舞台挨拶
フォトセッションの後。

MC:海外のメディア、バイヤーの皆さんも来ていらっしゃいます。
三谷監督のご挨拶で世界への配給も決まるかもしれません。ご挨拶お願いします。」

三谷幸喜 印籠ポーズ
英語で話し始めた三谷監督:
「時代劇は日本独自のジャンルです。日本には誰もが知っている台詞があります。

“Can you not see this pill case?(この印ろうが目に入らぬか)”
水戸黄門
“This world sucks…(いやな渡世だなあ)”
座頭市
“Come yourself! Come yourself! Please(殿中でござる。殿中でござる)”
忠臣蔵
“Daddy!(ちゃん!)”
子連れ狼
“This close at last(これにて一件落着)”
遠山の金さん

が。。肝心の清洲会議のくだりで。。異変が。

頭が真っ白になったそうで。。。。カンペを観ながら。。。

「清洲会議は時代劇ですが、ちゃんばらはありません。一滴の血も流れません。
この時代劇はとてもユニークです。必ず世界中の皆さんに楽しんでもらえると思っています。」

NO CHONMAGE! NO LIFE!」



『清洲会議』は11月9日ロードショーです!

公式HP: http://kiyosukaigi.com/

因みに、MCはフジテレビアナウンサーの三田パンこと三田友梨佳さんでした!
MC三田パン
********************************************************************


『清須会議』
The Kiyosu Conference

原作/脚本/監督:三谷幸喜

キャスト:
役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香、
妻夫木聡、伊勢谷友介、剛力彩芽、浅野忠信
寺島 進、松山ケンイチ、でんでん、中谷美紀

©2013フジテレビ 東宝

公式HP: http://kiyosukaigi.com/

『THE有頂天ホテル』(06)『ザ・マジックアワー』(08)『ステキな金縛り』(11)と立て続けに大ヒットを記録し、日本中を爆笑と温かい感動で包み込む三谷幸喜監督最新作! 日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる清須会議をテーマに、総勢26名の豪華キャスト陣を迎え、その時代を必死に懸命に生きた人々の可笑しくも愛おしい姿を描く群像劇。歴史に名を残す戦国時代の武将たちも、現代に生きる我々と変わらぬ人間臭さを持っていた、そしてあの史実の裏には、歴史上の人物たちが繰り広げた幾重にも重なる心理戦があったことを教えてくれる今作は、まさに三谷「人間喜劇」の真骨頂!! 時代劇の枠を超えた全く新しい歴史エンタテインメント!