「大泉洋」タグアーカイブ

大泉洋主演『騙し絵の牙』超豪華第2弾ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士があの「大泉洋」を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え実写映画化し、6月19日(金)に全国公開します。

この度、大泉演じる速水他、オールスターキャストが大集結した超豪華第2弾ポスタービジュアルが登場!

『騙し絵の牙』第2弾ポスタービジュアル
解禁された第2弾ポスタービジュアルでは、全体があたかもビリビリに破かれたような加工がされている。さらに速水の顔の部分も❝破られた❞ような加工になっており、その下からは不敵な笑みを浮かべた速水の顔が浮き彫りに!!

そんな速水の周りには、松岡茉優、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、斎藤工、塚本晋也、 リリー・フランキー、小林聡美、國村隼など、超豪華キャスト陣が大集結!不敵な笑みを浮かべる速水とは裏腹に、❝騙し合いバトル❞を繰り広げる超豪華キャストたちの表情は真剣そのもの。ポスタービジュアルの中で、唯一微笑む速水は、いったい何を意味しているのか!?

さらに、「騙し合いバトル、開幕!ウソを見破り、ウラを暴け。」のキャッチコピーからは、口八丁手八丁であらゆるクセモノたちを翻弄し、自身も翻弄されていく速水だけでなく、誰もが騙し騙される、まさにクセモノだらけの騙し合いバトルを連想させる。

クセモノだらけの崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる仁義なき騙し合いバトル。廃刊の危機に瀕した雑誌編集長・速水の仕掛ける大逆転の奇策とは!?映画本編への期待がさらに高まるビジュアルは必見!

映画情報どっとこむ ralph 騙し絵の牙

最後に笑うのは誰か!?

『騙し絵の牙』

6月19日全国ロードショー

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter:
@damashienokiba

舞台となるのは、大手出版社「薫風社」。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。しかし速水は、一見頼りないながらも実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発…クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?
大泉洋『騙し絵の牙』

***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋x吉田大八監督 映画『騙し絵の牙』予告編到着!!


映画情報どっとこむ ralph 吉田大八監督が大泉洋を主演に迎え実写映画化した「騙し絵の牙」、6月19日(金)に全国公開を迎えます。

騙し絵の牙
今回解禁された予告編では、廃刊危機の迫った雑誌「トリニティ」の編集長・速水(大泉洋)が、雑誌存続のために「才能を集めれば、まだまだ雑誌だって戦えるんだから!」や、企画について「面白ければ、目玉は何個あったっていいんだ!」と編集部員たちに熱弁をふるう姿が描かれ、出版社の危機に社員一丸となって立ち向かう感動のお仕事エンターテインメントが描かれる…かと思いきや、予告編後半は一気に動き出し予想もつかない展開を見せる!!
『騙し絵の牙』鑑賞者アンケート(調査機関2020年2月25日、27日松竹調べ)にて、騙された回数平均9.4回、騙される率平均97%と、誰もが予想できない逆転連発の展開で高い満足度を獲得した本編同様に、予告編も怒涛の映像展開で描かれる!

予告編中盤、「危機を乗り越えた彼らには想像を超える感動が……いや!この笑顔を信じてはいけない!」というナレーションから、場面は転換し、リリー・フランキー演じる謎の男の「結局、“この人”の仕掛けにハマった。」という一言を皮切りに急展開!! 「こんなやり方許せません!」と意見する伝統的文芸誌「小説薫風」編集長(木村佳乃)、「戦争だな!」と出版社の危機に直面する文学界の超大御所小説家・二階堂(國村隼)、「タヌキ黙らせろよ!」と語気を強める専務・東松(佐藤浩市)など、バラエティ富んだクセモノたちの壮絶な騙し合いバトルが幕を開ける!そして、陰謀渦巻く壮絶な騙し合いに、「人を騙して、そんなに楽しいですか?」と怒りを露わにする高野に対し、「めちゃくちゃ面白いです!」と自信に満ちた表情で不敵な笑みを浮かべた速水が言い放つシーンで怒涛の予告編は締めくくられている。

映画情報どっとこむ ralph あらゆるクセモノたちに翻弄され、自身も彼らを翻弄していく速水が仕掛ける大逆転の奇策とは!?一筋縄ではいかない物語の展開に誰もが騙される!衝撃のラスト15分!果たして、最後に笑うのは誰か!?

映画『騙し絵の牙』

は6月19日(金)全国ロードショー。

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter:
@damashienokiba

大泉洋『騙し絵の牙』
ストーリー:
最後に笑うのは誰だ⁉ 全員クセモノ!仁義なき騙し合いバトル、遂に開幕!
大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?
騙し絵の牙

***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋x佐藤浩市x松岡茉優 演技合戦!「騙し絵の牙」場面写真到着


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士があの「大泉洋」を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)。

その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え実写映画化し、6月19日(金)に全国公開します。

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/
公式Twitter:
@damashienokiba

豪華キャストの場面写真が到着した!

この度解禁されたのは、大泉演じる主人公の速水や、同じ「トリニティ」編集部の高野(松岡茉優)、東松、大御所小説家・二階堂(國村隼)、薫風社の文芸誌『小説薫風』編集長・江波百合子(木村佳乃)らを収めた場面写真。

飄々としながらも常に何かを企んでいる速水の姿や、

鋭い眼光で一点を見つめる東松、

自身のパーティで貫禄たっぷりにふんぞりかえる二階堂と、それを挟んで火花を散らす江波と速水、

さらに、「トリニティ」を持って飛行場を猛ダッシュする高野の姿まで!

クセモノ揃いのキャラクターたちのバトルはもちろん、実力派キャストたちの演技合戦にも期待が高まる場面写真となっている。

映画情報どっとこむ ralph 本作で描かれるのは、大手出版社を舞台にした熾烈な騙し合いバトル。

大泉洋の共演者には、松岡茉優、佐藤浩市のほか、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら超豪華俳優陣が集結!監督は『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八。

「騙し絵の牙」

6月19日(金)全国ロードショー

■ストーリー:
最後に笑うのは誰だ⁉ 全員クセモノ!仁義なき騙し合いバトル、遂に開幕!
大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?
大泉洋『騙し絵の牙』

***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋が不敵に笑う『騙し絵の牙』第1弾ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士があの「大泉洋」を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え実写映画化し、6月19日(金)に全国公開します。
騙し絵の牙

映画情報どっとこむ ralph 共演には松岡茉優、佐藤浩市のほか、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら超豪華俳優陣が集結!監督は『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八。国民的俳優と日本アカデミー賞監督の最強タッグ、そして日本を代表するキャスト陣が繰り広げる、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する!

すでにSNSでは、「洋ちゃんの速水さんカッコイイなぁ~」「大泉洋だし吉田大八だし、他のキャスティングもゾクゾクするなぁ」「あと3ヶ月もドキドキしないといけないのか!」など早くも期待の声が続々と上がっている本作。この度、大泉演じる速水が不敵に笑う第1弾ポスタービジュアルが新登場!
大泉洋『騙し絵の牙』
大手出版社「」を舞台に、かねてからの出版不況や次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。が、一見頼りないこの男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!
解禁された第1弾ポスタービジュアルは、そんな速水のキャラクターを感じさせる不敵な笑みと、「バカか救世主か」のキャッチコピーが目を引く一枚。口八丁手八丁であらゆるクセモノたちを翻弄していく速水らしく、その口元には「この笑顔にだまされる」のメッセージも。クセモノだらけの崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる仁義なき騙し合いバトル。廃刊の危機に瀕した雑誌編集長・速水の仕掛ける大逆転の奇策とは!?映画本編への期待がさらに高まるビジュアルは必見だ!

映画情報どっとこむ ralph また、近々本作にまつわる新たな情報も解禁予定。6月19日の公開に向け、ますます加速していく『騙し絵の牙』から目が離せない!

『騙し絵の牙』

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter:
@damashienokiba

■ストーリー:
最後に笑うのは誰だ⁉ 全員クセモノ!仁義なき騙し合いバトル、遂に開幕!
大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?
騙し絵の牙

***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会
6月19日(金)全国ロードショー




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

最強コンビ:大泉洋、小池栄子登壇!映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』感謝御礼!舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 太宰治の未完の遺作が、喜劇として生まれ変わった、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が全国公開中となっております。

このたび、丸の内ピカデリーにて感謝御礼舞台挨拶が行われ、最強コンビ:大泉洋、小池栄子、と成島出監督が登壇しました。

2月23日『グッドバイ』感謝御礼舞台挨拶

映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』感謝御礼!舞台挨拶
日時:2月23日(日)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:大泉洋、小池栄子、成島出(監督)

映画情報どっとこむ ralph まずはじめに、今日来てくれた満員の観客に対して大泉は「映画の余韻に浸りたい人は、この段階で帰った方がいいですよ」と喋る気満々。続いて、小池は「今日が本当に最後という事で、入ってきた瞬間感動した。満員の観客を見て、ちょっとうるうるしています」と感慨深げな様子。成島監督も「ちょっと僕もジーンとしちゃった。撮影準備からプロモーションまで長かったこの映画も、今日で本当に最後。皆さんとご一緒できることが嬉しい」と心境を語った。それを聞き、自分の挨拶に後悔した大泉は声につまるフリをすると、すぐさま小池から「(笑いを)ほしがるよねー!全然涙流れてないし!」とツッコまれさっそく仲睦まじい?様子を見せ、嘘からはじまる一言挨拶で開幕。

成島監督の無茶ぶりエピソードについて小池は、田島がキヌ子を口説こうとし二人で格闘するシーンで「この場面で徐々に恋心が芽生えるから、キヌ子のカラス声を白鳥(の声)にして」と演出されたが、正直困惑したと語った。そんなカラス声について聞かれた成島監督は「太宰治の原作にカラス声と書いてあるから色々試行錯誤して作り上げたこのカラス声は一生の思い出」と回顧。
続けて大泉も「僕もこのシーンで犬のように腰を振ってくれと言われたり、水川あさみさんとのシーンでお腹を触られた時にハッと(恍惚の表情を)してって言われたり、変態めいた演出があった」と想像していたモテ男役とは違う演出にボヤいてみせた。

本作のプロモーションで印象に残っていることの一つに、名古屋でのキャンペーンをあげた大泉は「夕方の舞台挨拶を終えて、車で1時間半かけて岐阜にジビエを食べにいった」と驚愕のエピソードを語り、「それに付き合ってくれる女優さんは、小池さんぐらいじゃないかと思った」と感謝の気持ちを垣間見せた。名古屋キャンペーンに参加できなかった監督は「僕もジビエ食べたかった。でも北海道キャンペーンですごく大きなカニとプリプリのホタテを食べて、本当に幸せだった」と満足げに語った。

最後だから言える、互いに“グッドバイ”してもらいたいことについて小池は「様々な番組で大泉さんに数々の暴言を吐きました。でもあれは、女優・小池栄子ではなく、バラエティタレント・小池栄子として場を盛り上げるために言ったことでもあるので、記憶からグッドバイしてほしい」という回答に大泉は大爆笑。続けて小池は「わたし、大泉さんのこと大好きですから。本当にあなたと番組したい。朝の10分でもいいから」と猛アピール。
それに対し大泉は「あなたと朝の10分はめんどくさいね」と照れ気味に答え、プロモーションで一緒に出た朝番組のことを思い出し、「あなたの無茶ブリのせいで、僕のMCの評判は下がったんですよ」と抗議。すかさず小池は「じゃあ私がMCで、毎回ゲストにくるっていうのは?<今月の洋ちゃん>みたいな」と仲睦まじく、夢を語った。

一方、大泉は小池にグッドバイしてもらいたいことについて、「僕はないですね。今のままで素晴らしいと思うから」と100点満点の回答。しかしMCから「それを小池さんの目を見て言ってあげてください」と促されると、「マダムタッソーの蝋人形みたいに睨んでくるんですけど・・・」と戸惑い、「小池さんと写真を撮ることがいっぱいあったんですけど、すぐ僕のことを睨むんですよ。これ、グッドバイしてほしい」と語ったが、その回答にイマイチ場内が盛り上がらなかった様子を見た小池に「あまり跳ねなかったですね」とツッコまれていた。

最後に、小池は「舞台でやった同じ役を、映画で演じ切るのは本当にチャレンジだと思っていたし、どのように受け入れられたかまだ不安はありますが、この座組みに入れたことが嬉しい」と感慨深げに語った。
大泉は「実は、映画ではコメディをあまりやってこなかったので、本当に楽しかった」と意外な事実を語り、「数年後に、監督にまたコメディを撮っていただいて、期間限定の小池さんとの夫婦漫才のような掛け合いをまたやりたい」と互いに再共演を願いながら、仲睦まじい“嘘夫婦”の、最後の舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

全国公開中

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(組)
なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉洋、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池栄子が演じ、劇中では夫婦に。そんな嘘夫婦が別れを告げに行く愛人役は、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまきが、それぞれ生き生きと演じる。更に、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳が演じ、“夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役として松重豊が出演する。監督は、『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。日本映画界・演劇界を担う実力派俳優・監督によって、昭和の文豪の未完の遺作が、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わった。

【あらすじ】
戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

公式サイト:
good-bye-movie.jp
公式Twitter
@Movie_good_bye

***********************************

【出演】大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊
【監督】成島出(『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』)  【原作】ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より) 【音楽】安川午朗   【脚本】奥寺佐渡子
【製作】木下グループ 【配給】キノフィルムズ 【制作プロダクション】キノフィルムズ 松竹撮影所   【2019年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106分/映倫区分:一般】
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋 5年ぐらいずっと悩んでいることとは・・・『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 太宰治の未完の遺作が、喜劇として生まれ変わった、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が全国公開中となっております。
原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉洋、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池栄子が演じ、劇中では夫婦に。そんな嘘夫婦が別れを告げに行く愛人役は、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまきが、それぞれ生き生きと演じる。更に、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳が演じ、“夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役として松重豊が出演する。監督は、『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。日本映画界・演劇界を担う実力派俳優・監督によって、昭和の文豪の未完の遺作が、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わった。

このたび、丸の内ピカデリーにて公開記念舞台挨拶を執り行い、大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督が登壇。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇

映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』 公開記念舞台挨拶
日時:2月15日(土) 
場所:丸の内ピカデリー
登壇:大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出(監督)

映画情報どっとこむ ralph はじめの挨拶で大泉は開口一番「ここの挨拶は短くしてくれとうるさく言われているから、短くさせていただきます」とやや不満げに語り、「初日を迎えられて、皆さんの前でご挨拶させていただけて感慨深いです」と公開を迎えた今の心境を語った。

偽夫婦作戦の思惑が外れてあたふたする本作の内容にちなみ、思惑が失敗したことを聞かれた小池は、本作のプロモーションで大泉とバラエティにたくさん出たことを振り返り「友人から、二人が出ている番組はすごい面白かったが、映画の印象が残らなかったと指摘を受けた」と告白。それに対して大泉は「非常に可愛らしい悩みです。わたしがここ5年ぐらいずっと悩んでいることです」と同調し、「色んな番組に出てすごい喋るから、みんなそれでお腹いっぱいになっちゃう。映画を観た気になっちゃう。プロモーションは本当に難しい」と大泉ならではの悩みを吐露。

本作のタイトルにちなみ、嘘をついて大失敗したことについて橋本は「小さい頃、妹のお菓子をいつも盗んでいた。ずっと父親が食べたと思っていた妹に大人になって告白し、“10年間お父さんを恨んでいたのに”と言われた」と可愛らしいエピソードを披露。
木村は「水泳のコーチの役が来て、泳げます!と言ったけど、まったく泳げなかった」と嘘をついてその後必死に練習したエピソードを語り、続けて大泉も「カーリングできるって言って、役をもらったことがある。チーム・ナックスみんなで“できるよな”と嘘をついた」と告白し、「結局、役をもらったのは僕だけだった」と会場の笑いを誘った。
濱田は「アメリカ映画に出たことがあって入国審査の時に、ビザに<アクター>と書いていて、入国審査官に疑われてすごい質問された。後ろにいっぱい日本人も並んでいたので恥ずかしかった」と振り返り、「映画好きの人だったみたいで、高倉健さんの名前が出てきた。『ケン・タカクラ』と同調していると、“もしかして友達か?”と聞かれて、友達だと言って入国審査を通った」とその場を乗り切るために、思わず嘘をついたことを暴露。
松重は「本当は190cmある身長を、188cmとずっと嘘をついていた」と告白。そうなるとズボンの裾が短くなるので、ヤクザの役だとつんつるてんになり脅しがきかなくなると語り「自前のダブルのスーツをずっと着ていたので、若い頃のVシネはほとんど衣装が同じ」と独特のエピソードを披露。

たくましい女性が多く出演する本作で、声にこだわったという監督は「緒川さんにはブルースの女王のようにと、水川さんにはマリア・カラスみたいな色っぽさでと、橋本さんには昭和の大女優のように、と演出した」と回顧。その中でも小池のカラス声には苦労したと言い「舞台で初めて聞いたときは、驚いた。一度、普通の声でもやってみたけど全然面白くなかったから、色々試行錯誤しながら仕上げていった」とこだわりを語った。そのこだわりに、小池は「普通の声だと面白くないというのは、それはそれでショックですけど」と語り、続けて「大泉と大乱闘するシーンで、恋心がだんだん大きくなっていっていく場面なので、『カラス声から白鳥に!』って監督に言われたけど、全然わからなかった」と当時の苦労を振り返った。

最後に、小池は「本当はみんなに広めてくださいとお願いするべきなのですが、そこまでは望みません。この時間を共有した仲間として、この映画が一人でも多くの方に支持されるように祈っていただければと思います」と語った。
続けて、大泉は「小池さんの言うとおりでございまして、今日迎えられたことができただけで本当に嬉しい。2時間を超えない非常に見やすい映画で、デートムービーにもいいと思う。なかなか大人が見れるラブコメディはないと思いますのでね」と徐々にノッてきた大泉は、「小池さんはこういう素晴らしいことを言いましたけど、いいですかみなさん、やっぱり宣伝しなきゃダメですよ!死ぬ気で宣伝しないとダメなんだ!あなたたちにはその使命があるんだ!我々の仲間なんだ!」と壇上で演説をはじめ、
小池に「選挙活動みたいになってんじゃん!」とツッコまれ、その夫婦漫才のようなやりとりに、会場は大きな笑いと拍手に包まれ、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

公式サイト:
good-bye-movie.jp
公式Twitter:
@Movie_good_bye   

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

【あらすじ】
戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

***********************************

【出演】大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊
【監督】成島出(『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』)  【原作】ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より) 【音楽】安川午朗   【脚本】奥寺佐渡子
【製作】木下グループ 
【配給】キノフィルムズ 【制作プロダクション】キノフィルムズ 松竹撮影所   【2019年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106分/映倫区分:一般】
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋 札幌凱旋『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』舞台挨拶付き先行上映会


映画情報どっとこむ ralph 太宰治の未完の遺作が、喜劇として生まれ変わった、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されます。

原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉洋、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池栄子が演じ、劇中では夫婦に。そんな嘘夫婦が別れを告げに行く愛人役は、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまきが、それぞれ生き生きと演じる。更に、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳が演じ、“夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役として松重豊が出演する。監督は、『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。日本映画界・演劇界を担う実力派俳優・監督によって、昭和の文豪の未完の遺作が、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。

このたび公開に先駆け、札幌シネマフロンティアにて舞台挨拶付き先行上映会を執り行い、大泉洋、小池栄子、成島出監督が登壇。

映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』舞台挨拶付き先行上映会
日時:2月6日(木)
場所:札幌シネマフロンティア
登壇:大泉洋、小池栄子、成島出監督

映画情報どっとこむ ralph 暖冬の今年だが、この日に限って寒波が北海道を襲い、東京からの飛行機が無事新千歳空港に着陸するのか危ぶまれた舞台挨拶付き先行上映会当日。三人を迎えたのは、会場を埋めた満員のお客さんの温かい拍手。
大泉が「久しぶりに札幌に来たら、寒波」と会場の笑いを誘ってスタートした。続いて小池が「大泉さんの地元に来れて嬉しいです。自信作です」と胸を張ると、成島監督も「大泉さんの地元・札幌に来るのを楽しみにしていたので、今日はとても嬉しいです」と感慨深けに挨拶。「僕の主演映画が公開されると、必ずキャンペーンで札幌に来るんです。それってつまりそれだけ北海道の人が映画を観てくれるってことなので、(北海道の人は)どれだけ僕のことが好きなんだろうって思う」とホーム・札幌との強い絆について語ると、すかさず「今日、空港に着いたとき、誰も出待ちしている人いなかったよ!?」と小池からの鋭いつっこみが入った。負けじと「ごくたまにしか来ない人は出待ちされるかもしれないけれど、僕はいつだって道民の皆様の隣にいるんです。“いつだって隣にいてくれる洋ちゃん”なんです」と“愛されアピール”で大泉が反論。丁々発止のやりとりに会場の笑いは止まらない。
 作品タイトルにちなんで「嘘」にまつわるエピソードを尋ねられると、「これまで大泉さんとのプロモーションが疲れるとかって言ってきましたけど、本当は感謝しているんです。なので、今日は感謝の気持ちを手紙に書いてきました」と何やらごそごそと取り出そうとする小池。まさかの感動的な手紙のサプライズに期待が高まる会場。予想もしていなかった展開に驚きの表情を見せる大泉。しかし、小池から出た言葉は―――、「嘘で~す!!!」  爆笑の渦に包まれる会場。見事に騙された格好の大泉はしばし呆然。「こんなところで泣くわけにもいかないな、って本気でどうしようって思っていたのに・・・」と脱力していた。

「どのキャラクターが自分に似ていますか?」という質問に「キヌ子が近いです。大食いで怪力。(吹替でなく)自分で(タンスや大泉を)担いでいますから」と小池が答えると、「あそこが痛い、ここが痛いって文句ばっかり言うんですよ、この人」と大泉が茶々を入れる。間髪入れずに「痛みに弱いのは自分じゃない」と応戦する小池。
 そんな二人のやりとりの後、二人をキャスティングした決め手を尋ねられた監督は、「二人の掛け合いが映画に合っている。大泉さんに田島を演じてもらったら、明るく楽しい映画になるんじゃないかと思ったんだけど、予想をはるかに超える映画になりました」。

笑いが途切れることのないコメディ映画の舞台挨拶にぴったりな楽しいトークとなった。

映画情報どっとこむ ralph 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

あらすじ
戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

***********************************

【出演】大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊

【監督】成島出(『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』)
【原作】ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より) 【音楽】安川午朗   【脚本】奥寺佐渡子
【製作】木下グループ 【配給】キノフィルムズ 【制作プロダクション】キノフィルムズ 松竹撮影所   【2019年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106分/映倫区分:一般】
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ               公式サイト:good-bye-movie.jp   公式Twitter@Movie_good_bye   公式Facebook@Movie.good.bye




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋&小池栄子、お互いに“グッドバイ”したい!?『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 太宰治の未完の遺作が、喜劇として生まれ変わった、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されます。

原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。
観客を笑いと多幸感で包み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉洋さん、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池栄子がさん演じ、劇中では夫婦に。そんな嘘夫婦が別れを告げに行く愛人役は、クールな女医・大櫛加代を水川あさみさん、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛さん、儚げな花屋の青木保子を緒川たまきさんが、それぞれ生き生きと演じています。更に、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江さん、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳さんが演じ、“夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役として松重豊さんが出演する。監督は、『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出さん。日本映画界・演劇界を担う実力派俳優・監督によって、昭和の文豪の未完の遺作が、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。

このたび公開に先駆け、丸の内ピカデリーにて完成披露試写会を執り行い、大泉洋さん、小池栄子さん、水川あさみさん、橋本愛さん、緒川たまきさん、木村多江さん、濱田岳さん、松重豊さん、成島出監督が登壇しました。

映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』 完成披露試写会 舞台挨拶
日時:1月23日(木)
場所:丸の内ピカデリー2
登壇:大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出(監督)

映画情報どっとこむ ralph 最初に、何人もの愛人がいるモテ男・田島役のオファーが来た時の心境を聞かれ

大泉さん:プロモーションの時期になって、やたらと“モテ男”と言われるが、映画の中であんまりモテてるシーンはないんですよ」と僻み、続けて、「憧れの成島監督からオファーをいただけたこと、また小池さんとご一緒できることが嬉しかった。

と当時の心境を吐露。

田島さんと大泉さんの共通点について

小池さん:大泉さんのチャーミングさが、田島にも滲み出ていた。そのチャーミングさから、大泉さんをきらいな人間を聞いたことがない」とべた褒め。それに対して大泉は、「おおー!いいこと言いますねー。たまにセクシーとも言われるんですよ。

と自慢げに補足した。

そんな田島さんは、モテ男か?ダメ男か?という質問に、

橋本さん:わかんないですね(笑)。でも、モテ男はダメ男ですよね。

と観客も頷く回答を披露。

緒川さん:大泉さんとは初共演で、声の大きい方という印象でした。でも、田島を演じている時はすごい小さい声。その声が、ちょっとエレガントでセクシーでした」と回答し、「ちょっと照れました。

と本気で照れる大泉さん。

木村さん:大泉洋のダメな所、人間臭いところが良い意味でにじみ出ているので、モテ男だと思います。

と語った。

個性的な女性たちが登場する本作にちなみ、登場人物で一番気になるタイプの女性キャラクターを聞かれ

濱田さん:みなさん声が凄いセクシー。僕は橋本さんとのシーンがあって、橋本さんのささやくような“グッドバイ”というセリフを生で聞いた時は、膝が笑いました。

と回答し、すかさず

大泉さん:好きな女優を言うんじゃないよ?キャラクターですよ?

とツッコミを入れ、

濱田さん:やべ、コクっちゃった!

と一連の流れを見せつけ、会場は笑いに包まれていた。

同じ質問に

松重さん:木村さんは、いつもきれいで上品な格好をしていますが、たまに本読みとかリハーサルの時に、上品な衣装と私服の間ぐらいの格好の時があるんですが、その時にすごい色気を出す。

と独特の回答をし、

大泉さん:変態か!あんたも結局コクってるじゃないですか!

とツッコみを受けていた。

本作のタイトルにちなみ、もっと楽しくなるために“グッドバイ”したいことは?という質問に、

小池さん:プロモーションで、大泉さんとたくさんのバラエティに出て、凄い楽しかった。あんなに楽しかったはずなのに、大泉さんと“グッドバイ”したあとに、すごい安らかな気持ちになった(笑)

と暴露。

大泉さん:お互い様ですよ!やたらとフッてくるからクソカロリー高い。あんなにマイケル・ジャクソンのモノマネやったことねえからな!

と対抗したのが仇となり、その場でマイケル・ジャクソンのモノマネを披露する羽目に。

最後に

大泉さん:太宰治が書き切れなかった遺作で、すごいワクワクして台本を読んだのを覚えています。観始めたら、ノンストップであっという間に終わる映画だと思います。楽しく観て頂いたら、あなたたちも我々と無関係ではないんです!あなたちはプロデューサーなんです!しっかりネットに『ああ面白かったな』『大泉洋がずっとかっこよかった』とそう書くのがあなたたちの仕事なんだ!

と熱弁し、拍手と笑い声が溢れた。

続けて、

小池さん:こんな愉快なキャストの皆様と、とっても素敵なコメディを作れたと思っています。どこを切り取っても美しいシーンとなっていますので、終戦後の復興に向けての力強いパワーというのを、ぜひ感じてほしいです。

と大泉の代わりに、本作の見どころを語り舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

2020年2月14日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:good-bye-movie.jp

公式Facebook@Movie.good.bye

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

【あらすじ】
戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(組)

***********************************

【出演】大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊
【監督】成島出(『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』) 
【原作】ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より) 
【音楽】安川午朗  
 【脚本】奥寺佐渡子
【製作】木下グループ 
【配給】キノフィルムズ 
【制作プロダクション】キノフィルムズ 松竹撮影所  
 【2019年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106分/映倫区分:一般】
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演:大泉洋『騙し絵の牙』本編映像初解禁!クセモノだらけの騙し合いバトルが勃発!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士があの「大泉洋」を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え実写映画化し、6月19日(金)に全国公開します。

舞台となるのは、大手出版社「薫風社(くんぷうしゃ)」。
かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。が、一見頼りないこの男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!

映画情報どっとこむ ralph この度、本編映像初解禁となる特報が完成しました!

特報映像では大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市のほか、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら日本を代表する超豪華俳優陣の姿が次々と映し出され、重厚感のある映像に。

廃刊の危機が迫る編集部で、速水(大泉)は雑誌を立て直そうと奮闘する一方、國村隼演じる超大御所作家や佐藤浩市演じる改革派の専務・東松らからは「戦争だな」「狸黙らせろよ」と不穏な雰囲気…。様々な陰謀が渦巻く様子が伺えます。

一体どんな裏切りや逆転劇が繰り広げられるのか?!超豪華な”クセモノ”キャストたちが繰り広げる、仁義なき騙し合いバトルを予感させる映像は必見!

また合わせて、速水の場面写真も初解禁!
一癖も二癖もありそうな表情から、大泉がどんな演技を見せてくれるのか期待が高まります。

崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトル。
廃刊の危機に瀕した雑誌編集長・速水の仕掛ける大逆転の奇策とはー?
大泉洋×吉田大八×オールスターキャストが贈る、逆転連発エンターテインメントが遂に誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 「騙し絵の牙」

6月19日(金)全国ロードショー

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter:
@damashienokiba

騙し絵の牙
■ストーリー:
最後に笑うのは誰だ⁉ 全員クセモノ!仁義なき騙し合いバトル、遂に開幕!
大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋を主人公にあてがき。監督:吉田大八「騙し絵の牙」追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 累計発行部数50万部突破を誇り映画化もニュースとなったミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士の話題作で、あの「大泉洋」を主人公にあてがき(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)し、表紙モデルにも起用、2018年本屋大賞にランクインされ、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫刊)。その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え、吉田大八監督により映画化が決定!国民的俳優と日本アカデミー賞監督との最強タッグで、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する。

先日、松岡茉優、佐藤浩市の参戦が発表され話題沸騰中の本作ですが・・・
大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 騙し絵の牙

映画情報どっとこむ ralph この度、さらに12人の追加キャストを発表!

ミステリアスでカリスマ性のある新人デビュー作家・矢代聖(やしろ・ひじり)に宮沢氷魚。そして矢代とともに速水率いる「トリニティ」を盛り上げる超人気ファッションモデル城島咲(じょうじま・さき)に池田エライザ。

亡くなった「薫風社」社長の息子・伊庭惟高(いば・これたか)に中村倫也。その惟高の後見人で保守派の常務・宮藤和生(くどう・かずお)に佐野史郎。伝統ある薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長であり、速水と敵対する江波百合子(えなみ・ゆりこ)に木村佳乃。江波の忠実な部下である編集者・三村洋一(みむら・よういち)に和田聰宏。編集長の速水を疎ましく思う「トリニティ」副編集長・柴崎真一(しばさき・しんいち)に坪倉由幸。
改革派の専務・東松(佐藤)と手を取る大手外資ファンド代表の郡司一(ぐんじ・はじめ)に斎藤工。

ヒロイン・高野の父で、小さな書店の店主・高野民生(たかの・たみお)に塚本晋也。そして高野が接触する謎の男にリリー・フランキー。速水のよき相談相手であり、お茶の間で^@も人気の文芸評論家・久谷ありさ(くたに・ありさ)に小林聡美。
そして、速水の前に立ちふさがる文学界の大御所作家・二階堂大作(にかいどう・だいさく)に國村隼。

若手からベテランまで、日本を代表する豪華キャストが勢ぞろい!
がけっぷち出版社で繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトルに花を添える。

映画情報どっとこむ ralph また、公開日が6月19日(金)に決定。

最後に笑うのは誰か!?

『騙し絵の牙』

6月19日全国ロードショー

公式サイト:
movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

公式Twitter:
@damashienokiba

騙し絵の牙
舞台となるのは、大手出版社「薫風社」。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。しかし速水は、一見頼りないながらも実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発…クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

***********************************

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚 池田エライザ / 斎藤工 中村倫也
坪倉由幸 和田聰宏 石橋けい 森優作 後藤剛範 中野英樹 赤間麻里子 山本學 
佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼
木村佳乃 小林聡美 / 佐藤浩市
配給:松竹
©2020「騙し絵の牙」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ