「大泉洋」タグアーカイブ

Wヨウちゃん!真木よう子・大泉洋と井上真央、桜庭ななみ、が揃って登壇『焼肉ドラゴン』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 何があっても、本気でぶつかり、本気で生きる!
高度経済成長の片隅で描かれる、小さな家族の大きな歴史の物語。
鄭義信作・演出による舞台『焼肉ドラゴン』は朝日舞台芸術グランプリ、読売演劇大賞および最優秀作品賞など数々の演劇賞を受賞。

初日の幕が明けた後、瞬く間に口コミが広がりチケットは争奪戦になり、2011年、2016年と再演を重ね、多くのファンを魅了しました。

そんな演劇界では一流の演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』、『愛を乞うひと』、『血と骨』(この3作品すべてで、キネマ旬報ベストテン脚本賞を受賞)で脚本家としても名高い鄭義信さんが、本作では初監督に挑みます。生涯胸に留めておきたいと絶賛された名シーン、名台詞の数々を映像の世界でいかに描くのか―記念すべき第一作目に注目が集まります。

そして、完成を記念に完成披露試写会が行われ、長女・静花役の真木よう子さん、次女・梨花役の井上真央さん、三女・美花役の桜庭ななみさんの美人三姉妹と、静花への想いを秘めたまま梨花と婚約する哲男役の大泉洋さんが一同に会して舞台挨拶を行いました。

『焼肉ドラゴン』完成披露試写会&舞台挨拶
日時:4月9日(月)
会場:ニッショーホール
登壇:真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、鄭義信監督

映画情報どっとこむ ralph 物凄い「ようさん!」「ようちゃん!」コールと拍手の中登場したキャストと監督の皆さん。

真木さん:皆さんに見ていただけること大変うれしく思っています。今日は楽しんでください!

鄭監督:お昼過ぎには並んでる方がいて、感謝感謝です!

大泉さん:ようちゃん!ようちゃん!って・・これは果たして大泉のヨウちゃんなのか?真木のヨウちゃんなのか?(笑)ヨウちゃんが二人。今日はお忙しいところ・・・いや、本当に忙しかったらここに来てないですね(笑)じゃ、そこまで感謝はね~。(爆笑)昨日観ましてね。とてつもなく感動します!

と大笑いでイベントはスタート。大泉の洋ちゃん最初から飛ばします。

本作は舞台版:日本版、韓国版でもが大ヒットしたものを映画化。
鄭監督:舞台では在日韓国人の特殊な話を描いたつもりでしたが、日本人の方達が自分たちの家族の話のように愛おしく観て下さってるのが嬉しかったです。

映画情報どっとこむ ralph 完成したものを観て

真木さん:どんな境遇でも、ぶつかり合ったり、本音を言いあったり。でも笑いあって助け合いながら、これがりそうな家族ではないかと。凄く心に希望が満ち溢れました!

井上さんは喜怒哀楽の激しい役、大泉さんにカッとなってるシーンは大変だったそうで、実は
井上さん:罵声を浴びせながら下りていくシーンがクランクインでいきなり監督から台本にない罵声を付け加えられて。関西弁が大変で。さらに大泉さんの自転車が下手で。こっちはいっぱいいっぱいなのに、お尻痛いし!自然と怒りが沸き上がっていたんです(笑&拍手)。感謝しています!

と言うと、当然大泉さんは不満そうに

大泉さん:先日自転車教えたばっかりなのに!あの乗り方がおかしい。女優さん乗りだし。あれは、言われたくないは。。。
とボヤきます。

関西弁に苦労した皆さんですが、真木さんは万博の発音に苦労したそうですが、
大泉さん:真木さんは若干素直じゃなかったんです!方言指導の方に若干切れてるんです!

真木さん:私は、出来てると思ってたんです!

その発音は映画でチェック!

そして、桜庭さんは関西弁に加え韓国語のセリフも
桜庭さん:大阪弁も大変だったですが、韓国の発音が難しかったですし、韓国語でセリフは初めてだったのでバクバクしました。(韓国人俳優さんたち)凄く役に対して熱くて。その時間は家族だ!と思わせてくれてさあ得られました。

一方、

大泉さん:僕は北海道弁しか話したことなかったので。初めて、大阪弁。なじみ深い大阪弁なのに、事細かく直されました!大変だった!それから、今までやったことのない役で。荒々しい部分もあったり。いい映画だなと。まだ見てないんですよね。全然言えないじゃないですか!!!最後ね。泣ける。ずっと見て対3人。
真木さん:現場は和気藹々でね。韓国人キャストの皆さんも暖かくて。

井上さん:ななみちゃんが韓国語が達者なので助けられましたね。

映画情報どっとこむ ralph ここで、キャッチコピーが「例え昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる」に掛け、4月の新生活に向けて、明日に前向きに生きる秘訣を

真木さん:笑うこと。
井上さん:今日の自分に負けないこと!
桜庭さん:自分を信じる!
監督:とりあえずビールを飲んで寝る!


ここで、なぜか出しずらそうな大泉さん。実は4月の新生活!を聞いていなかったとボヤキながら
大泉さん:本当の話、大人は一番元気出る。今日1日をボヤいて寝る。

是非、社会人の皆さん。是非ボヤいて寝る実践してみては!


映画情報どっとこむ ralph 『焼肉ドラゴン』

6月22日(金)より、全国ロードショー!

公式サイト:
http://yakinikudragon.com 
公式Twitter:
@yakiniku_dragon

物語・・・
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。




***********************************

真木よう子 井上真央 大泉 洋
桜庭ななみ  大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 イ・ジョンウン キム・サンホ
原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信 
配給:KADOKAWA ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
c2018「焼肉ドラゴン」製作委員会


鈴木瑛美子が主題歌!映画「恋は雨上がりのように」特報映像初解禁!


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)公開『恋は雨上がりのように』の主題歌入り特報映像が解禁となりました。

主人公の女子高生【あきら】を演じるのは小松菜奈。

そしてその【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは大泉洋。
確かな演技力、圧倒的な存在感、軽妙なトークでも幅広い年代から愛される大泉が、さえない、けれども魅力的な中年男性を、絶妙なバランスで演じます。さらに、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊ら、フレッシュな若手から演技派のベテランまで実力派キャストが集結しました。

そして、『世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)などの永井聡監督が、登場人物たちの不器用だけれども真っ直ぐな想いを丁寧に描きます。

映画情報どっとこむ ralph 今回、解禁特報映像は、17歳の女子高生【あきら】が、45歳の【店長】に告白の返事を詰めより、その迫力に【店長】がうろたえる様や、台風の中【店長】がどこかに飛ばされてしまう様など、これまでの繊細で美しい映像とは一味違ったコミカルな“恋雨”の世界観を見ることが出来ます。



そして、その特報の中で主題歌音源が初解禁となりました!!

原作者:眉月じゅんが本作を執筆するにあたり着想を得た、「この漫画のテーマソング」と位置付けるロックバンド[神聖かまってちゃん]の名曲「フロントメモリー」。この楽曲を映画“恋雨”用に新たにカバー&アレンジするためにアーティストとして大抜擢されたのは、次世代の歌姫・鈴木瑛美子。

幼少時から家族で歌うコーラスグループ「スギモト☆ファミリー」の一員として、コンサート等に出演。2016年に「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」にて、カラオケ部門でアマチュア枠を勝ち抜いた現役女子高生として脚光を浴び、2017年に湖池屋のTVCMに起用されるや、その規格外の歌唱力で大きな話題となりました。今最も注目される実力派シンガーとして、本作に参加します。

そしてその比類なき新人アーティストをプロデュースするのは、音楽プロデューサーの亀田誠治。

これまで椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、エレファントカシマシ、大原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩、D-LITE、東京スカパラダイスオーケストラなど数多くの有名アーティストのプロデュース、アレンジを手がけてきた亀田が、「人類はこんなにも進化しているのか!」と息を巻くほど鈴木の規格外な才能にほれ込み、自らのアレンジにより全く新しい「フロントメモリー」を作り上げました。
亀田誠治P x 鈴木瑛美子

主人公【あきら】の心情に寄り添い、青春に葛藤する若者の心の叫びを歌い上げるこの神曲は、JPOPの歴史に新たな1ページを刻みこみます。


眉月じゅん先生:原作からのコメント

「フロントメモリー」のアンニュイな歌詞とキラキラ疾走感あるメロディーが17歳の心情にぴったりだと感じ、勝手に主人公のテーマソングとして原稿中よく聴いていて作中引用までしちゃった曲がまさかの映画主題歌に!感謝感激です!鈴木さん×亀田さんによるアレンジも音と声がどんどん伸びていって、まるで青空へ駆け抜けていくような気分になりました。素敵です!原曲の神聖かまってちゃん・の子さんVer、川本真琴さんVerに続き、大好きな曲がもう1曲増えてとても嬉しいです。劇場で聴くのが楽しみで仕方ありません!

小松菜奈さんからのコメント

この「フロントメモリー」が主題歌になるなんてとっても嬉しいです!

歌声が爽やかで力強く、疾走感がありながらテンポ良く進むリズムがこの映画にぴったりだなと思いました。何度も聴きたくなるような、この感じはなんだろと思うくらいリピートしちゃいます。

鈴木さんと恋雨のコラボレーションが映画館で響き渡るのが私自身とても楽しみです!


鈴木瑛美子さんからのコメント

初めてこの曲を聴いたときには、自分が歌うというイメージが湧きませんでした。私はバラードやスローな曲が得意なので、アップテンポで言葉数が多い曲はあまり歌ったことがなかったからです。しかし主人公あきらのストーリーが、中学生時代にバレーボール部でケガをして休んでいた自分のストーリーと重なり、レコーディングでは感情移入して歌うことができました。そして亀田さんのアレンジが素晴らしく、前奏から心が締め付けられるようなサウンドになっています。全曲通してお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 恋は雨上がりのように

この主題歌入り特報映像は、4月13日(金)より全国の映画館で順次上映される予定です。

物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず。
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
音楽:伊藤ゴロー 〈参加アーティスト〉
の子 / mono(神聖かまってちゃん) 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 澤部 渡(スカート)

出演:小松菜奈 大泉 洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香 ・山本舞香 
濱田マリ 戸次重幸 吉田 羊
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館


鄭義信監督 真木よう子・井上真央・桜庭ななみ・大泉洋 『焼肉ドラゴン』予告編映像


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『焼肉ドラゴン』(鄭義信監督/出演:真木よう子・井上真央・桜庭ななみ・大泉洋)の予告編映像&メインビジュアル(2種)が解禁となりました。

さらに!

公開初日も6月22日(金)に決定しました!
日本の演劇賞を総なめした演劇界の金字塔、待望の映画化!

何があっても、本気でぶつかり、本気で生きる!

高度経済成長の片隅で描かれる、小さな家族の大きな歴史の物語。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁となりました予告編映像は、次女・梨花(井上真央)と婚約者である哲男(大泉洋)の口喧嘩シーンから始まる。

昭和44年、路地の一角にたたずむ小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を舞台に、お店の常連客とともに日々騒がしくもあり賑やかに暮らすある家族の風景が描かれる。その反面、立ち退きを命じられる家族に対する世間からの厳しい声に反発する哲男や一人息子(大江晋平)が受ける学校でのイジメなど、日常の明るさとは裏腹に戦後の時代に翻弄されながら、たくましく前に進もうとする家族の強い絆を感じる事が出来る映像となっている。どんな時代でも娘の幸せを想う父親(キム・サンホ)の想い、寄り添って笑う長女・静花(真木よう子)、次女・梨花、三女・美花(桜庭ななみ)の3人姉妹の絆など、“何があっても、本気でぶつかり、本気で生きる”感動的な予告編に仕上がっている。


映画情報どっとこむ ralph そんな予告映像と合わせて解禁となったメインビジュアル(2種)には、晴々とした青空の下で「焼肉ドラゴン」の前に集合する家族写真が見て取れ、本編でも感動的なシーンで語られる父・龍吉のセリフ“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる”というキャッチコピーと共に、小さな家族の大きな歴史の物語を予感させられるものになってます!
映画情報どっとこむ ralph 鄭義信作・演出による舞台『焼肉ドラゴン』は朝日舞台芸術グランプリ、読売演劇大賞および最優秀作品賞など数々の演劇賞を受賞。初日の幕が明けた後、瞬く間に口コミが広がりチケットは争奪戦になり、2011年、2016年と再再演を重ね、多くのファンを魅了しました。そんな演劇界では一流の演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』、『愛を乞うひと』、『血と骨』(この3作品すべてで、キネマ旬報ベストテン脚本賞を受賞)で脚本家としても名高い鄭義信が、本作では初監督に挑みます。生涯胸に留めておきたいと絶賛された名シーン、名台詞の数々を映像の世界でいかに描くのか―記念すべき第一作目に注目が集まります。
そして長女・静花役に真木よう子、次女・梨花役に井上真央、三女・美花役に桜庭ななみと美人三姉妹が揃い、

静花への思いを秘めたまま梨花と結婚する男性・哲男に大泉洋など日本を代表する豪華キャストが集結しました。

映画『焼肉ドラゴン

公式サイト:
http://yakinikudragon.com 

Twitter:
@yakiniku_dragon

物語・・・
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

***********************************

真木よう子 井上真央 大泉 洋 
桜庭ななみ  大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 イ・ジョンウン キム・サンホ
原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信) 
脚本・監督:鄭 義信 
配給:KADOKAWA ファントム・フィルム 
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会 
©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会


17歳の美少女がさえない45歳に片想い?「恋は雨上がりのように」予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 原作:眉月じゅん先生。現在、9集まで刊行され、累計発行部数185万部を突破。TVアニメも放送されている“恋雨”が待望の実写映画化となります。

主人公の女子高生【あきら】を演じるのは、小松菜奈。
そしてその【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは、大泉洋。

そしてこのたび、映画『恋は雨上がりのように』の予告映像が解禁となりました!

17歳の女子高生【あきら】にはある秘密が。なんと、アルバイト先のファミレスの45歳の【店長】に片想いをしているのです。一見クールな美少女の彼女が、周りからもバカにされるようなさえない年上に、どうして想いを寄せたのか?

このたび解禁された予告に、そのヒントが隠されています!


夢を失い、まさにどしゃぶりに濡れたあきらの心に、優しくそっと傘を差し出す店長。
そこから、物語は動き出します。まっすぐすぎるあきらの告白。しかし、店長には届かない。そして、彼にも夢をあきらめた過去が・・・。ポツポツとふる小雨からどしゃぶりの豪雨まで、様々な【雨】を効果的に使う永井組の映像表現が、2人の心情を、切なくも繊細に描きます。2人に、雨上がりのようなステキなラストが訪れることをご期待ください。

あきらの怒っていると勘違いされる表情や気合の入らない時の私服のダサさといった驚異的な原作再現度と、山本舞香演じるあきらのライバル【みずき】の全力“壁ドン”も見どころの一つ!
また、大泉洋演じるさえない店長が、いつの間にか魅力的に見えるのも不思議です。

この“恋雨”ワールド全開の予告は、3月10日(土)より全国の映画館で順次上映される予定です。

映画情報どっとこむ ralph 恋は雨上がりのように

5月25日(金)東宝系にて公開です。

ストーリー
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず――
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。


***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:
出演:小松菜奈 大泉洋
   清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
   濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館



長澤まさみゲスト声優出演決定!『映画ドラえもん のび太の宝島』コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 今年で38作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。
『映画ドラえもん のび太の宝島』は夢とロマン溢れる大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる物語です。
ゲスト声優には、娘がドラえもんの大ファンである俳優・大泉洋さんが、のび太たちを襲う海賊船の船長キャプテン・シルバー役に、また“ドラえもん知識王”の称号を持つお笑い芸人・高橋茂雄(サバンナ)さんが、海賊の一味トマト役で映画ドラえもん史上初となる2年連続ゲスト声優出演を果たしました。

そしてこの度、声優としても数々のヒット作に出演する女優・長澤まさみさんがゲスト声優として出演することが決定しました!

声優としても評価が高く、スタジオジブリ『コクリコ坂から』(2011)、『妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』(2015)、『君の名は。』(2016)、ディズニー『SING/シング』(2017)などに出演し、記憶にも記録にも残る大ヒットの一端を担ってきた長澤まさみ。

祖母に買ってもらったひみつ道具の図鑑を持ち歩き、毎日熟読していた長澤さんが、ついに『映画ドラえもん』に初参戦!

情報解禁に合わせて行われた取材で、ドラえもん&のび太と初対面した瞬間「可愛い~!!」と駆け寄り、撮影では今作に出てくる合言葉「アイアイサー!」の掛け声のもと、のび太と一緒に息の合った敬礼ポーズを披露しました!
映画情報どっとこむ ralph 今作で長澤が演じるのは、のび太たちと対峙する海賊船の船長キャプテン・シルバー(声:大泉洋)の妻・フィオナ役で、2人の子どもを持つお母さん。

病弱ながらも、優しくたくましい女性フィオナは、今作では物語の鍵を握る大切な役どころです。

近年は大人も泣ける映画ドラえもんですが、今年は長澤まさみの声に、子どもも大人も涙すること間違いなしなんです!!!

長澤まさみさんからのコメントも到着!

長澤さん:子どもの頃からドラえもんが大好きで、祖母に買ってもらったひみつ道具の図鑑を毎日のように読み、まるで自分がドラえもんになったかのような気持ちで持ち歩いていました!映画では『のび太と雲の王国』が好きで、のび太くんたちと一緒にお城を作る手伝いをしたい!と思いながら観ていました。そんな風にずっと慣れ親しんできたドラえもんの世界に、まさか自分が参加できるとは思ってもいなかったので、本当に光栄です。今年の『のび太の宝島』は、子どもが楽しめるのはもちろん、大人が観てもはっと気づかされるような物語で、楽しくも考えさせられる、今までにない新しい映画ドラえもんになっている様に思います。
世代を問わず楽しんでもらえたら嬉しいです!私が演じたフィオナは、科学者としてばりばり働きながらも優しく家族を包み込む、たくましいお母さん。フィオナを通して、「親が子を育て、子が親を育てる」という事が他人事では無いと感じられるような作品になっています。ドラえもんの魅力は、とにかくいつでも1番の味方でいてくれるところ。のび太くんは、放っておけないところが好きです(笑)。


★私にとっての宝物
家族
★好きなひみつ道具
植物改造エキス(『のび太の大魔鏡』より)

映画情報どっとこむ ralph 映画ドラえもん のび太の宝島

2018年3月3日(土)ロードショー。

「宝島を見つける!」とジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具”宝探し地図”を使って宝島を探すことに。地図が示した場所は、なんと太平洋上に突然現れた新しい島だった…。ノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かったのび太たちは、あと少しで島に上陸というところで海賊たちから襲われる!急にあらわれた敵に立ち向かうのび太たちであったが、戦いのドタバタの中でしずかが海賊船にさらわれてしまう!海賊に逃げられた後、のび太たちは海に漂う一人の少年フロックとオウム型ロボットのクイズと出会う。フロックは海賊船から逃げ出したメカニックで宝島の重要な秘密を知っていた!はたしてのび太たちは海賊からしずかを助けることができるのか!? そして宝島に眠る財宝に隠された秘密とは一体!?

公式HP:
http://doraeiga.com/2018/

***********************************

原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気
主題歌・挿入歌:星野源
CAST:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一
シルバー:大泉洋
© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018