「大沢真一郎」タグアーカイブ

上田慎一郎監督自らの発案で、『スペシャルアクターズ』前売券手売り・・・その結果は!?


映画情報どっとこむ ralph 上田慎一郎監督が、10月18日より全国公開する映画『スペシャルアクターズ』のプロモーション、更にムビチケカード(前売券)販促のため、10月2日(水)上映館となる新宿ピカデリーにてムビチケ販売キャンペーンを実施しました。
『スペシャルアクターズ』
企画の成り立ちは、本作の宣伝プロデューサーも務める上田監督が、「他ではやっていないことをやりたい!自分の身を投じて何でもやりたい!頑張ります!」という強い意志から始まったもの。

早速、配給会社の松竹、監督の所属会社PANPOCOPINAの鈴木氏(本作の音楽担当)らと会議を持ち、様々なプランを検討。「やっぱり、監督に負荷かけたほうが面白いよね…」「今回は宣伝Pですもんねぇ…」という意見を出しながら、チラチラと監督を伺い見るスタッフたち。そこで上田監督自らが「自分でムビチケを手売りします!11:00~22:00の新宿ピカデリーの業務時間で、チャレンジ企画実施します!目標300枚!」と高らかに宣言したことから、企画「スペアク手売りチャレンジ」が始動。日程が決まってからは、公式Twitterで「キャストのみんなも応援に来て~!」と自らお願いする監督。

果たして、チケットは売り切れるのか、そしてキャストは監督の応援の呼びかけに答えてくれるのか。

映画情報どっとこむ ralph 10月2日(水)快晴。11:00の開始前には既に、新宿ピカデリー1F販売ブース前には大勢のファンが集合。この様子では、300枚はすぐ売り切れるのではないか…とみなの期待が募る中で販売用のセッティングにモクモクと取り掛かるスタッフ。

上田監督も早めに現地に到着!一昨日、昨日と西日本キャンペーンで大阪、兵庫、山口、福岡に飛んでいたのに今日も元気一杯の様子。さすがいいだしっぺ!

10:59:50、「10、9、8、7・・・・・」と、ファン、スタッフ、監督と全員でカウントダウンし、いよいよ販売スタート!

公式SNSでは実況レポートも実施し、SNS使いのエキスパート、上田監督らしいイベントとなりました。

スタートから順調な出だしをみせ、15分後には50枚が販売。しばらくして、キャストの川口貴弘さんが、その後櫻井麻七さんも応援に駆け付け、監督としてキャストに愛されていることを証明!ちなみに櫻井さんは監督と一緒に2日間の西日本CPあけでの参加でした。本作「スペシャルアクターズ」ではカルト集団のムスビルの幹部を演じる川口さんと櫻井さん。チケットが売れるたびに「いい気が回ってきてますよ~」とスペアクの映画さながらの息の合った声がけでお客さんを笑わせるおふたりでした。

そして、100枚が売り切れたのは、12:07!このペースだと、すぐに終了じゃない?という期待が益々高まる。というか、当初の300枚の設定が低かったのか…。
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ (4)
トイレも我慢しながら、頑張る上田監督の元には、その後も小川未祐さん、清瀬やえこさん、仁後亜由美さんらが応援に!13:32の段階で、178枚販売達成!ん、ちょっとペースが落ちた…喜んだり、不安になったりする監督。しかし、すぐにまた持ち直し、チケットは順調なペースの売れ行きをみせ続ける。
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ
14:00、遂に200枚突破!「カメ止め!」のキャストの山口友和さん、大沢真一郎さん、そして、品川庄司の品川祐さんまでもが姿をみせ、チケット購入と監督激励!

その後、大澤数人さん(大澤さんも西日本CPあけ!)、上田耀介さん、南久松真奈さん、山下一世さんらも新宿ピカデリーにゾクゾク来館しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、目標の300枚達成は・・・・16:40!! 早い!

ここでチャレンジ終了!!のはずが、「やっぱり今日これからいらっしゃる方もいるわけだし…」ということで

目標500枚に上方修正をすることに。 原野拓巳、淡梨さんらも応援に参加!この後も、キャスト津上理奈さん、西日本CP参加の三月達也さん、河野宏紀さん、富士たくやさん、宮島三郎さんも応援に駆け付けるという人気ぶりでした。

21:30の時点で、あと40枚…ヤバイ!これは達成ならずか、というところで、キャストたちが再び集合し総出に!全員で声を枯らして呼びかけを実施。

そして、22時まで闘いは続き… 最終販売数:506枚達成! 監督の目にも光るものは…ない!ただただ笑顔で、みんなに胴上げされて全員で喜びの表情を浮かべる監督そしてキャスト達!良かった!本当によかった!
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ
映画情報どっとこむ ralph 監督・キャスト総出でのスペシャルなイベント。 ご来館、ご参加いただきました皆さんに感謝感謝の1日となりました。
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ (4)
上田監督のコメント

◆すべて終えた感想は?
300枚を超えた時に、次は400枚と設定しかけたのですが、400枚はいけるなと思い、目標を500枚に上げました。残り30分で結構枚数が残っていて、500枚に設定したことを後悔したんです。 ヒヤヒヤしましたが、なんとかギリギリ、最後には達成できてよかったです! 最後のほうはキャストが大集合して、スポーツをしているような熱がありましたね。ずっとナチュラルハイでした。 ひとまず今はすぐに横になりたいです。

◆300枚はどのあたりでいけると思いましたか? 開始2時間半くらいで150枚いったので、そのあたりから300枚はいけるなと思いました! ◆今回の企画はいかがでしたか? もともとファンの方も、もちろん買いにきてくださったんですが、『スペシャルアクターズ』を知らなかった人が、こういう映画をやるんだと知って買ってくれたり、「カメ止め!」好きだったから買ってみると言ってくれたり、よく分からないけど頑張ってるから買うよと言ってくれたりして、すごく嬉しかったですし、『スペシャルアクターズ』を知ってもらうことにも繋がったのでよかったと思います。 ◆またこういう企画をもう一回やりますか? …やります。(笑)

映画情報どっとこむ ralph 映画『スペシャルアクターズ』について

10月18日(金)丸の内ピカデリーほか全国公開


「カメラを止めるな!」で大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の「カメ止め」に続く長編劇映画第2弾映画。1500通の応募者の中からオーディションで15人のキャストを選び、企画会議、ワークショップを経て当て書きで脚本を執筆した。「緊張すると気絶する役者VSカルト集団」の闘いを描く、予測不能なエンターテイメント作品。

『スペシャルアクターズ』本ポスタービジュアルSPAC_poster_B2_fi
【物語】
超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を観て溜息をつく売れない役者の和人。ある日、数人は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事の他に、演じることを使った何でも屋を引き受けていた。そんな中、スペアクに「カルト集団から旅館を守ってほしい」という依頼が入る。ヤバ目な連中相手に計画を練り、演技練習を重ねる役者たち。しかし和人にはみんなに内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことかミッションの中心メンバーにされた和人。果たして、運命やいかに!?

***********************************


監督・脚本・編集:上田慎一郎
音楽:鈴木伸宏・伊藤翔磨
配給:松竹

キャスト:大澤数人 河野宏紀 富士たくや 北浦愛 上田耀介 清瀬やえこ 仁後亜由美 淡梨 三月達也 櫻井麻七 川口貴弘 南久松真奈 津上理奈 小川未祐 原野拓巳 広瀬圭祐 宮島三郎 山下一世 

©松竹ブロードキャスティング




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

異色のダンスエンターテイメント映画 『ヌンチャクソウル』 池袋シネマ・ロサで公開


映画情報どっとこむ ralph 80年代ソウルミュージックとヌンチャクの融合?ダンスエンターテイメント映画『ヌンチャクソウル』が昨年の『カメラを止めるな!』の大ヒット、インディーズ作品が立て続けに上映される池袋シネマ・ロサで2019年11月9日~11月15日 劇場公開されます。
ヌンチャクソウル ヌンチャクソウル
あらすじは・・・・・
何をやっても上手くいかない自分を変えたいレストランの店長沼田(黒木正浩)とバンド存続に悩む相馬(高橋篤)。二人の中年男が、新たな人生を踏み出すために一念発起、ダンスコンテストに挑む。そんな二人を見守る周囲の温かい人々の物語。ほんのちょっとだけ、足を踏み出すことの大切さを描いたハートウォーミングな物語。
ヌンチャクソウル ヌンチャクソウル
映画情報どっとこむ ralph 2019年の大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映された作品です。

出演は、ヨーロッパ企画の黒木正浩、ソウルデュオSuga Pimpsの高橋篤、新人の黒須杏樹ら。そして脇を固めるのは、『カメ止め』ファンにお馴染みの大沢真一郎、中山雄介。

ガチンコ・フィルムのミュージカル・ワークショップから生まれた本作では随所にダンスがちりばめられ、エンディングのダンスシーンは見どころのひとつです。

http://www.g-film.net/nunchaku/

***********************************


出演:黒木正浩、高橋篤、黒須杏樹、大沢真一郎、吐山ゆん、中山雄介、及川莉乃、小宮凜子、Jun-Bay、鯨井未呼斗

スタッフ
脚本・編集・監督:木場明義|録音:yuuki|制作:小宮凜子|助監督:もりとみ舞、藤井太一|音楽:伴正人|タイトル:相原優|Bカメラ:長棟航平|ダンス指導:杉本智孝|コンテスト振付:高木千代美、高橋篤|アクション指導:柴田明良|メイク:角口肇|プロデューサー:飯塚冬酒

ヌンチャクソウル|日本|2019年|76分
製作・配給:ガチンコ・フィルム
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「カメ止め」イケメンP役 大沢真一郎が 『イソップの思うツボ』で講師役&撮影助手の二刀流!


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイターが再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が8月16日(金)より全国ロードショーとなります。

『カメラを止めるな!』 の上田慎一郎によるオリジナル脚本&トリプル監督作品『イソップの思うツボ』。上田と共に監督を務める のは、『カメ止め』で助監督を担当し、スピンオフ版の監督も務めた中泉裕矢と、同作でスチールを担当し た浅沼直也。3 人が共同で監督を務め、それぞれの特徴を生かして演出された、『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫の濃厚な時間が待ち受ける!

謎の多い本作でこの度明らかになったのは『カメラ を止めるな!』に出演した大沢真一郎のカメオ出演。
「カメ止め」ではイケメンプロデューサーとして注目を集めた大沢が本作で演じるのは主人公の亀田美羽と兎 草早織が通う大学の講師役。

劇中ではほんのワンシーン の登場だが、その鋭い目力で確かな存在感を示します。

そして大沢は本作で撮影助手も担当!

先に撮影助手を務めることが決定したいたが、「彼の本業が俳優なので。自然と『どこか出てほしいですよね』って」と本作で再び大沢を起用した理由を上田監督は明かします。

そんなスタッフと俳優という一人二役の活躍を見せた大沢。自分の出演シーンが終わるとすぐに撮影助手に戻る という忙しそうな姿が現場では見られたようだ。 「カメ止め」では番組スタッフ役を演じていた大沢が、 『イソップの思うツボ』では実際に映画スタッフとなり 現場を支え、また役者としても物語を支えるという大活 躍!その他にも、カメ止めキャストのカメオ出演は果た してあるのか・・・?乞うご期待くださいませ。 浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢の 3 人の「カメ止 め」クリエイターが前代未聞のトリプル監督として世に 放つ本作に、「カメ止め」キャストがカメオ出演!まさ に「カメ止め」愛に包まれた本作が令和の新時代に贈る 【ネタバレ厳禁】の物語の新境地にご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』

8月16日(金)より全国ロードショー
構想 3 年、監督 3 人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!! あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い! やがてむき出しになる、3 つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?
STORY
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。 大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。 “復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。 三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる。

これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない! 騙されるな!!!!!!
誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮! 予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!

***********************************


製作:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ 脚本:上田慎一郎 共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢

監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘
斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子
制作・企画:デジタル SKIP ステーション
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
公式 Twitter:turtle_themovie 2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『カメラを止めるな!』公開1周年&『ハリウッド大作戦!』DVD発売記念「カメ止め!」ファミリー大集合イベント


映画情報どっとこむ ralph この度のDVD発売、そして6月23日(日)に迎える『カメラを止めるな!』劇場公開1周年を記念して、6月22日(土)にHMV record shop新宿ALTAにてカメ止め!ファミリー大集合の『カメラを止めるな!』劇場公開1周年&『ハリウッド大作戦!』DVD発売記念イベントが開催されました!
『ハリウッド大作戦!』
日時:6月22日(土)
会場:HMV record shop 新宿ALTA
登壇:真魚(主演)、濱津隆之、しゅはまはるみ、秋山ゆずき、ド・ランクザン望、チャールズ・グラバー、市原洋、吉田美紀、藤村拓矢、大沢真一郎、曽我真臣、山口友和、浅森咲希奈、久場寿幸、中泉裕矢(監督)、上田慎一郎(製作総指揮)

映画情報どっとこむ ralph イベントには上田慎一郎監督をはじめ、「ハリウッド大作戦!」の監督で、今夏公開の『イソップの思うツボ』にも共同監督・脚本で参加する中泉裕矢監督のほか、日暮真央役・真魚、日暮隆之役・濱津隆之、日暮晴美役・しゅはまはるみ、松本逢花役・秋山ゆずきの他、「ハリウッド大作戦!」で新たに「カメ止め!」ファミリーの一員となったジョー役・ド・ランクザン望、トム役チャールズ・グラバーを含む、個性豊かなキャストたちが大集合し、総勢16名が「カメ止め!」1週年をお祝いするアツアツのイベントとなりました。


■「カメラを止めるな!」劇場公開から1年経って

【上田慎一郎 製作総指揮 コメント】
 まだ一年なんですね。信じられないです。もう「カメ止め!」から十年くらい生きてきたような気持ちです。それくらい濃密な1年を過ごすことが出来ました!今日は久しぶりの「カメ止め!」イベントであがっています!

【しゅはまはるみ コメント】
 新宿駅から会場へ歩いて向かっている時に、初めて「しゅはまさんですか?」と声をかけられました!(上田監督「一年かけて売れたなー!」)本当にありがたいです。

■トークテーマ:6/19に発売された『ハリウッド大作戦!』DVDを見て
【中泉裕矢監督 コメント】
 今日は久々に上田さんがイベントに来てくれて、やっぱり上田さんがいると、上田さんの「カメ止め!」だと感じるので、今この場でものすごくアウェイを感じています…というのは冗談ですが(笑)
 DVD特典ブックレットにも書きましたが、今回監督のオファーをもらって受けるかどうか悩んでいた時、大沢くん(古沢真一郎役・大沢真一郎)に「中泉さんが監督ならみんな喜ぶんじゃない?」と言ってもらえて、すごく救われました。(大沢「いい話風に盛ってるけど飲み屋で飲んでただけですよ!」)。

【上田慎一郎 製作総指揮 コメント】
 『ハリウッド大作戦!』には撮影は1日だけ、ワンカットシーン撮影のワンテイクだけ立ち会いました。メイキングやコメンタリー収録などには関わらなかったので、純粋な観客として「ハリウッド大作戦!」のDVDを見て、羨ましいなぁ、と思いましたね。本作で真魚を主役にしたのは、また濱津さんを主役にしてしまうとわかりやすく『カメラを止めるな!2』になってしまうので、それは避ける為に真魚で行こうと決めました。真魚は比較的スケジュールも空いていたので(笑)(真魚さん「そういうこと言わないで!(マスコミエリアに向かって)カメラを止めてください!」)

【ド・ランクザン望 コメント】
 『ハリウッド大作戦!』で初めてワンカットシーンの撮影に参加したのですが、本当に楽しかったです!撮影開始前にスポーツの試合みたいにみんなで気合いを入れて、アイコンタクトを取ったり、他にはない団結力を感じました。それを3試合(3テイク)も撮れて、とても幸せな経験が出来ました。

イベントでは松浦早希役・浅森咲希奈が『ハリウッド作戦!』エンディングテーマ「I love youは言えない」の生歌を披露するシーンも。会場に集まった感染者(ファン)たちへの感謝を込めた抽選会や、撮影会も行われ、スタッフ・キャストたちと共にファンも一体となってイベントを盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』』は特典映像満載のDVD大好評発売中。

また『カメラを止めるな!』も劇場公開1周年を記念して、K’s cinemaにて6月28日(金)まで復活上映中。
カメラを止めるな!



「カメラを止めるな!」スピンオフ『ハリウッド大作戦!』DVD詳細サイト:
http://vap.co.jp/kametome/hollywood/

【ストーリー】
あの悪夢から、半年。千夏はアメリカ・ハリウッド地区のレストランでウェイトレスをしている。あれ以来声がでなくなってしまい、髪を金髪に染め、”ホリー”と名乗って新しい人生を歩もうとしていた…。そんなハリウッドで、またしても本物のゾンビが襲いかかる!
“ハリウッド版・ノンストップ・ゾンビサバイバル!” ――を撮ったヤツらの話。

過去記事:
全てはここから始まった。飛び入り笠井アナがMC。
上田慎一郎監督と愉快な俳優仲間たち!な舞台挨拶『カメラを止めるな!』初日舞台挨拶
at 新宿K’s cinema
http://eigajoho.com/114903
『カメラを止めるな!』初日舞台挨拶

***********************************

出演:真魚 濱津隆之 しゅはまはるみ 秋山ゆずき ド・ランクザン望 チャールズ・グラバー
細井学 長屋和彰 市原洋 山﨑俊太郎 吉田美紀 合田純奈 藤村拓矢 どんぐり 大沢真一郎 曽我真臣 山口友和
浅森咲希奈 生見司織 久場寿幸 白岡優

製作総指揮・脚本 :上田慎一郎 
監督:中泉裕矢
企画:安藤達也 杉本卓 エグゼクティブプロデューサー:市橋浩治 金子雅也 プロデューサー:和田圭介 宮田幸太郎
音楽:鈴木伸宏 伊藤翔磨 撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉 特殊造形・メイク:下畑和秀 美術プロデューサー:木村文洋 美術:山口貴章 衣装:塩野谷由美 ヘアメイク:高村三花子
編集:栗谷川純 助監督:唐川稔英 スケジュール:加藤文明 制作担当:田山雅也 タイトルデザイン:ふくだみゆき
企画・製作:ENBUゼミナール/サイバーエージェント 制作プロダクション:スタジオブルー
提供:ネスレ日本
2019年/日本 ©「ハリウッド大作戦!」プロジェクト
発売元・販売元:バップ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

とうとう『カメラを止めるな!』シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭へ舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 監督&俳優養成スクール・ENBU ゼミナールの≪シネマプロジェクト≫第7弾作品、上田慎一郎監督 長編デビュー作『カメラを止めるな!』。

10/5時点での累計上映決定館数は 335 館(上映中の劇場は 242 館)にのぼり、“カメ止め旋 風”はまだまだ止まりません!!

そして!

世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ、第 51 回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭のステージにキャスト 7 名が登壇!!その喜びを爆発させました。 『カメラを止めるな!』が出品されているのは同映画祭のファンタスティック・ディスカバリー部門。ファンタスティ ック・セレクションの一部門にあたるファンタスティック・ディスカバリー部門は新しい才能を発掘するという本映画祭 の目標のため、新人作家に焦点を当てる部門です。


【第 51 回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭】

日付:
10 月 5 日(金)19:30~(現地時間)
10 月 6 日(土)26:30~(日本時間)
登壇:しゅはまはるみ、長屋和彰、大沢真一郎、吉田美紀、浅森咲希奈、山口友和、白岡優


映画情報どっとこむ ralph 世界三大ファンタスティック映画祭 第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭 しゅはまはるみさん、長屋和彰さん、大沢真一郎さん、 吉田美紀さん、浅森咲希奈さん、山口友和さん、白岡優さんが登壇!!

遠くスペインの地で、爆笑!絶賛!熱狂のスタンディングオベーション!

《登壇の様子》
1 回目の公式上映は 300 名ほどの会場が超満席で、上映前から熱気に包まれていた。
上映前舞台挨拶では、7名 のキャストが大きな歓声と拍手で迎えられた。 最初にマイクを持った日暮晴美役のしゅはまはるみさんは

しゅはまさん:この映画は宣伝費がない映画でしたので、ファンの皆さんが撮った写真や動画を SNS にあげて頂くことを頼りにして、ここまで来ました!

とファンへの感謝の気持ちを述べた。

神谷和明役の長屋和彰さんは

長屋さん:ここにいる皆さんと、この映画の上映を決めてくださった映画祭の皆さんに感謝しています。是非楽しんでください。最初に映るのが私です!

とすべてスペイン語で挨拶。

古沢真一郎役の大沢真一郎さんは、

ふるさわさん:シッチェスに来られて、こんなに素敵な街に来られて、本当に嬉しく思っており ます。96 分観終わった後、皆たぶんゾンビポーズしたくなる作品なので、皆で一緒にゾンビポーズしましょ う!

と笑いを誘った。

吉野美紀役の吉田美紀さんは

吉田さん:日本ではもう上映が 100 日を超えており、今日初の地・スペインでの上映となります が、海外の皆さんの反応はヒヤヒヤでワクワクでとても勉強にもなります。ぜひ私たちを、そして上田慎一郎の世 界をとくとご覧ください!

と監督に敬意を表していました。

松浦早希役の浅森咲希奈さんは

浅森さん:私は23歳ですが、今回、初めて海外に来ました。そして初めて来た場所がこの映画 祭でとても嬉しいです! ぜひ映画を楽しんでください。

と報告し、喝さいを浴びていました。

谷口智和役の山口友和さんが

山口さん:皆さんにお会いできて、幸せです。スペイン大好きです! ありがとう!

とスペイン語で挨拶すると大きな笑いがおこった。

白丘AD 役の白岡優さんは


白岡さん:この映画とこの映画祭に関われたことを誇りに思います。今日は楽しんでください!

と、こちらもスペイン語を披露し、歓声に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 上映中は、大きな笑いと大きな拍手の連続で、まさに“絶叫上映”状態!

エンドロールが始まるや否や、スタンディングオベーションが巻き起こり、会場が明るくなっても続き、爆笑! 絶賛!熱狂の夜となった。

からの~お約束。のゾンビポーズ!

翌 10 月 6 日(土)は、ヨーロッパおよびアジア各国のプレスインタビュー、各国の老若男女のゾンビが入り乱れて盛り上がる“ゾンビウォーク”! そして深夜 25 時からは『カメラを止めるな!』をはじめとする 5 作品を上 映するゾンビオールナイトイベントが 1500 席の大ホールで行われ、本編終映後にロビーに出ると 50 人を超える 世界中の「カメ止め」感染者に熱狂的にむかえられるなど、「カメ止め」旋風は海を渡り、スペインも席巻してい る!

カメラを止めるな!


ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバ イバル!” ……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助| 主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治 製作:ENBU ゼミナール

配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年 ©ENBU ゼミナール




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『カメラを止めるな!』サウンドトラック&劇場販売グッズ緊急発売決定


映画情報どっとこむ ralph 6/23に公開されるやいなや、連日チケットは即完売!!
いま最も観たい映画でありながら、最も見ることが難しいといっても過言ではない『カメラを止めるな!』。

新宿K’sシネマでは公開以来全回満席という驚異的な人気ぶりを見せつけ、SNS上では連日、絶賛とおススメのコメントが飛び交い、Filmarks上半期満足度第一位! さらに、週末観客動員数ミニシアターランキングでは3週連続堂々の第一位(7/21~22、7/28~29、8/4~5)を獲得!

さらに、8/16までの動員は40万人を突破!累計上映館数は190館を超える(8/18時点で上映中の劇場は74館)など勢い止まらず、大きな社会現象となっています!

この度、本作のファンの皆さま=感染者のご熱望にお応えし、オリジナル・サウンドトラックCDと劇場販売オリジナルグッズの発売が緊急決定!!
オリジナル・サウンドトラックCDには、上田監督の幼馴染 鈴木伸宏さんとギタリスト・コンポーザーの伊藤翔磨さんからなる謙遜ラヴァーズが提供し、
山本真由美さんの歌う主題歌「Keep Rolling」をはじめ、永井カイルさんが担当した劇伴の数々など全18曲を収録!!

さらに、アナログEPジャケット仕様、B2変形ポスター封入、主題歌「Keep Rolling」の上田監督合いの手バージョン収録など感染者垂涎の激レアアイテムになること間違いなしです!!

また、劇場販売オリジナルグッズは全部で8種類!!
完売が続き入手困難だった公式黒TシャツにSサイズが登場!

さらに白Tシャツも新たにラインナップに追加となり、ステッカー、トートバッグ、アクリルキーホルダー、ポスターと全感染者必携のアイテムが一挙販売開始となります。

映画情報どっとこむ ralph
絶賛感染拡大中!!!

ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲い かかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!” ……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子
制作:吉田幸之助
主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨
音楽:永井カイル
アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二
プロデューサー:市橋浩治
製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年 ©ENBUゼミナール




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上田慎一郎監督と愉快な俳優仲間たち!な舞台挨拶『カメラを止めるな!』初日


映画情報どっとこむ ralph 試写を観た映画系の記者仲間から、緻密な脚本と展開に絶賛の声が上がっている『カメラを止めるな!』。
本年度1,2を争う作品で、何度も観たくなると言う方もいるほど。

上田監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!が6月23日(土)公開となりました!!
そして、初日舞台挨拶には、監督含め12名が登壇。

更に、本作を観に来ていた笠井アナを見つけた、MCを担当が急遽泣きつき、無理やりMC交代!

場所:新宿K’s cinema
登壇:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀
MC:フジテレビ笠井アナ

映画情報どっとこむ ralph MCの宣伝さんは、控え通路で始まる前から緊張すると話していましたが、会場でフジテレビの笠井アナが客席にいるのを見つけ、急きょMCをお願い。断るも、観客の拍手に押され・・・
笠井MC:初日おめでとうございます!まずいんですよ。飛び入りで強制で司会に!って書いてくださいよ!ゆうばりでお会いして。その後、軽部さんと一緒にやっている男おばさんにも出ていただいたので。お礼です。

と、言うことで急きょ笠井アナがMCに。

脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。しかも、役者の皆さんは長編映画ほとんど出たことがないのだそう。
濱津さん:雨の中お越しいただきありがとうございます。。沢山の方の応援でこの日を迎えることが出来ました。最初の吹っ切れた監督が大変でした。青子に自分を持っていくのは良い経験となりました!

と言う濱津さんは、普段は小劇場の俳優さんだそう。

真魚さん:監督の娘役。今日を迎えられてうれしいです。

と、監督曰く猫をかぶっているそう。


しゅはまさん:ポンやりました!こんなに多くの方たちに来ていただけて感激です!今日はずっと満席だそうで。もう1回見たい方はリピーター割もありますんで!

と、営業をかける強者の一面も。
さらにポンを実演。

長屋さん:いけ好かない俳優役です!僕は疑問があります・・・・ゾンビって斧使えます?疑問です。

この返しに、監督が本当にめんどくさい奴なんです!と紹介。

映画情報どっとこむ ralph 細井さん:酔っ払いカメラマンです!最初のはフグ雑炊です!

市原さん:37分ワンカット本当にコンタクトレンズが入らなくてテンパりながら演じました。顔出しパネルがロビーにあります。僕の部分が穴が開いてますので、是非顔を入れて写真をSNSにアップしてください!

山﨑さん:・・・・・・人をいじって笑わせる。監督です。傷つきました。でも愛があるんです。

大沢さん:愉快な仲間たちと、こうして舞台に立ててるのが嬉しいです。何度でも足を運んでください。

竹原さん:始まる前はどうなることかと思っていましたが。無事公開できました!前回の上映の時に世界に行けたらいいなと言ってたんですけど。本当に現実になったそうです!ありがとうございました!!!

本作はイタリアとドイツの映画祭に出品されたそうで、上田監督は現地に行かれていたと話しました。

浅森さん:今日上映後初の舞台挨拶凄いなと思っています。もともとワークショップから始まった作品が。知り合いでない方達にも広がっているのが嬉しいです!

吉田さん:ちょうど一年前に廃墟で撮影。体当たりで演じまして、実は取れたシーンは本当で。脳震盪になってました!

とのハプニングも、そのまま映像に収めているという監督さん。

映画情報どっとこむ ralph 上田監督:記念すべき初日の初回。去年の6月21日クランクインしました。半分ぐらい経験のない人たちとワークショップから初めて。選んだ基準はポンコツ。人間として不出来な、不器用な人をキャスティングしました!そういう映画が作りたくて。宣伝活動もみんなでやってきました!

37分一発撮りはテイク6まで。しかしながら、役者原因で止まったことはなく、技術的なものばかりだそうで。それだけ役者人は力を注いでいたと思われます。

最後に・・・
上田監督:今日から新たな一歩です。今日感染したかたは、他にも感染させてください!ゾンビになって(笑) 


最後の最後に・・・

上田監督:カメラを

客席:止めるな!!!
で、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!

http://kametome.net/index.html
物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助|主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
96分/16:9/2017年




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ