「大森南朋」タグアーカイブ

『さよなら歌舞伎町』トロント国際映画祭で廣木監督登壇!


映画『さよなら歌舞伎町』第39回トロント国際映画祭!質問続出!廣木監督が描く歌舞伎町に世界が絶賛!!

『さよなら歌舞伎町』トロント映画祭
廣木隆一監督、染谷将太主演の『さよなら歌舞伎町』(2015年1月公開)が9月7日、ただいま開催中の第39回トロント国際映画祭「Contemporary World Cinema」部門にて、ワールドプレミア上映が行われました。

上映前舞台挨拶とQ&Aに廣木隆一監督が登壇しました。

第39回トロント国際映画祭「Contemporary World Cinema」部門
日 程:モスクワ現地時間9月7日 日本時間9月8日
会 場:Scotiabank(キャパ387) 
登壇者:廣木隆一監督

公式上映前のプレス試写では

「人間の心情がよく描かれていて、想像力豊かなインディー&アート的作品であり素晴らしい!」

と評判を呼んでいた本作。


ワールドプレミア上映では作品に寄せる観客の関心の高さを表すような長蛇の列。

老若男女問わず多くの観客が上映に駆けつけ、387席の会場は満席!!

『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 

廣木監督は、プログラマーのGiovanna FULVI(ジョバンナ・フルヴィ)さんからステージに迎えられました。キャスト起用について聞かれると、

廣木監督:染谷さんとは以前からずっと一緒に映画をやりたかったので、今回オファーしました。その(有名ミュージシャンを目指す)彼女役には、本当に歌が歌える人が良いと思って、前田敦子さんにオファーした。難しい役柄だし、まさか受けてもらえるとは思わなかったが、受けてくれて実現したキャストです。

と秘話を語りました。また、

廣木監督:映画を観終えたら、皆さん必ず歌舞伎町に行きたくなるはず。

とコメントすると観客からは笑みが。

廣木監督:エンドロールの後に、作品の希望(ホープ)が隠されているので、最後まで作品を観て欲しい。

とメッセージを送りました。

上映中は笑いが起こるなど、作品のもつ温かさもあって非常に良い雰囲気。

上映後に行われたQ&Aにはほとんどの観客が残り熱心に監督の話に耳を傾けていました。映画監督を目指す観客から、監督志望の若者へのメッセージを求められると

廣木監督:ほとんどないのですが・・・

と始めながら、本作品が2週間程で撮影される中、ロケバスもなく機材も持って移動、ほぼ寝ない日々が続いた現場の様子を語り

廣木監督:そんなこともやってみた方がいいかな。そうしたら、色んな映画ができる。

と締めると会場から笑いが起こりました。

『さよなら歌舞伎町』トロント映画祭監督
歌舞伎町を舞台にした理由について

廣木監督:映画を始めた頃はよくお酒を飲んだり仕事をしたりと、色々と教えてくれた町。そこを舞台に映画を撮りたかった。

と。また、周りのアドバイスを受けて歌舞伎町を避けてきたというかつて日本に住んでいた観客は、本作品を観て、歌舞伎町に行かなかったことを後悔したと語ると、

廣木監督:惜しかったなぁ。

とコメント。本作品のキャラクターは皆、歌舞伎町から出て行きたいが、歌舞伎町への愛着心を持っているようにも感じる。監督も同じかと質問がでると、

廣木監督:今ある歌舞伎町を愛しており、町が変わっていくことを寂しく思ってる。

と答えました。

トロント国際映画祭プログラマー Giovanna FULVI(ジョバンナ・フルヴィ)さんの『さよなら歌舞伎町』選定理由についてのコメント。プログラマーって映画祭で上映作品を決める人のことです。

ジョバンナ:今季有数の日本映画といえる『さよなら歌舞伎町』で、廣木隆一監督は様々な人物が交錯する或るラブホテルでの24時間を赤裸々に描いています。この特異な施設に出入りする、それぞれのキャラクターの内面を、深い想いを込めて繊細に描き、あたたかくも洞察力のある作品へと仕立てています。国際的な成功を収めた『ヴァイブレータ』からあまたの時を経て、今年トロントで本作品のワールドプレミアをさせていただけることをとても嬉しく、光栄に思います。

『さよなら歌舞伎町』メイキング写真(廣木監督と染谷将太)
『さよなら歌舞伎町』メイキング写真(廣木監督と染谷将太)
映画『さよなら歌舞伎町』
2015年1月 テアトル新宿ほか全国順次公開!

公式HP: sayonara-kabukicho.com

********************************************************************


ストーリー

新宿 歌舞伎町のラブホテル。
迷える大人たちの人間模様が交錯する、かけがえのない1日一流ホテルマンと周囲に偽るラブホテルの店長・徹。

彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているがちょっぴり倦怠期。

徹は、勤め先の歌舞伎町のラブホテルでいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。

そこに集まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。

彼らの人生が鮮やかに激しく交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密。徹の人生もまた予期せぬ方へ変わっていく・・・・・・。

本作はメジャーからインディペンデントまで多彩な作品を手掛け、官能的な映像で男女の心の機微をすくい取ってきた廣木隆一監督がメガホンをとり、脚本は日本映画を挑発する数々の名作・衝撃作を生み出し、昨年『共喰い』が話題を呼んだ荒井晴彦によるオリジナル。

日本の映画史に名を残す二人の名匠が、『ヴァイブレータ』(03)、『やわらかい生活』(05)に続き、3度目のコラボレーションを果たした。

主演は『寄生獣』など次々と話題作に出演する若手実力派NO.1の染谷将太。

相手役にトップアイドルから本格派女優の道を歩む前田敦子。

脇を彩るのは脚本の面白さに集結した南果歩、松重豊、大森南朋、村上淳、忍成修吾、田口トモロヲほか豪華個性派揃い。染谷・前田が演じる不器用で愛おしい倦怠期の同棲カップルを軸に、新宿 歌舞伎町のラブホテルで交錯する男女5組のある1日を切り取った、リアルで心にそっと温かさをもたらす極上の群像ドラマが誕生した。

映画『さよなら歌舞伎町』
出演:染谷将太 前田敦子 大森南朋 松重豊 南果歩 
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太 
配給:東京テアトル
R15+
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
 
 


『さよなら歌舞伎町』トロント&釜山 国際映画際正式出品!


2015年1月公開で廣木隆一監督、染谷将太主演の

映画『さよなら歌舞伎町』

北米現地時間9月4日から14日まで開催される、第39回トロント国際映画祭「Contemporary World Cinema」部門へ正式出品されることが決定いたしました。(拍手!)

さらに、アジア最大級の映画祭である、第19回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門にも正式出品決定です!

『さよなら歌舞伎町』メイキング写真(廣木監督と染谷将太)
『さよなら歌舞伎町』メイキング写真(廣木監督と染谷将太)
出品に際しての廣木隆一監督と主演染谷将太さんのコメントも到着しています

廣木隆一監督のコメント
日本特有のラブホテルで繰り広げられるやりとりにどんな反応なのか楽しみです。笑えるシチュエーションでもあり本音も聞こえる映画になってると思うので楽しみです。

染谷将太さんのコメント
もちろん文化も違う題材をみてくださる面白みもあるとは思うのですが、人間の腹の底はあんま変わらないというところをその違いから解釈できる映画だと思っています。映画祭でみてくださる方々が喜んでいただけたらとても幸いです。

廣木×荒井のゴールデンコンビが手掛ける一筋縄ではいかない大人のエンターテインメント!

染谷・前田が演じる不器用で愛おしい倦怠期の同棲カップルを軸に、5組の男女の人生が歌舞伎町のラブホテルで交錯していく・・・・・・。また、脇を固める俳優たちが豪華個性派揃いなのも見逃せない。

・ベテランのラブホテル清掃人に南果歩

・その夫で時効を待つ指名手配犯に松重豊

前田敦子演じる沙耶の音楽プロデューサーに大森南朋

・デリヘル嬢にいれあげるサラリーマンに村上淳

・風俗嬢のスカウトマンに忍成修吾

・デリヘルの店長に田口トモロヲ

身も心もむきだしになった男女がラブホテルで
出会った時に何が起こるのか—?

7年後のオリンピックを控え、これから本格的に変わっていく新宿・歌舞伎町。
今しか描けない歌舞伎町のラブホテルを舞台に、
実力派俳優たちのリアルな演技による極上の群像ドラマが誕生!

映画『さよなら歌舞伎町』
2015年1月 テアトル新宿ほか全国順次公開!

公式サイト: sayonara-kabukicho.com

『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
********************************************************************


映画『さよなら歌舞伎町』

出演:染谷将太 前田敦子 大森南朋 松重豊 南果歩 
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太 
配給:東京テアトル
R15+
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
 
 


廣木監督作品に前田敦子が!『さよなら歌舞伎町』



『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 

映画『さよなら歌舞伎町』

官能的な映像で男女の心の機微を掬い取る名匠・廣木隆一監督と、日本映画界を挑発しつつ数々の名作を生みだし、昨年『共喰い』を手掛け話題を呼んだ脚本家・荒井晴彦が、2003年『ヴァイブレータ』、2006年『やわらかい生活』に次ぎ三作目のタッグを組みます。

この最強コンビによって更なる魅力を引き出されるのは染谷将太と前田敦子。

一流のホテルマンになれなかった歌舞伎町ラブホテルの店長・徹役(主役)に若手実力派の染谷将太、有名ミュージシャンになる夢を叶えようともがく沙耶役に前田敦子が扮します。

廣木×荒井のゴールデンコンビが手掛ける一筋縄ではいかない
大人のエンターテインメント!


染谷・前田が演じる不器用で愛おしい倦怠期の同棲カップルを軸に、5組の男女の人生が歌舞伎町のラブホテルで交錯していく・・・・・・。

また、脇を固める俳優たちが豪華個性派揃いなのも見逃せません!!!


ベテランのラブホテル清掃人に南果歩

その夫で時効を待つ指名手配犯に松重豊

前田敦子演じる沙耶の音楽プロデューサーに大森南朋

デリヘル嬢にいれあげるサラリーマンに村上淳

風俗嬢のスカウトマンに忍成修吾

デリヘルの店長に田口トモロヲ

監督と染谷さんと前田さんのコメントが来ています!

【染谷将太コメント】

「僕は群像劇が好きな人間なのですが、ラブホテルというはなから群像劇になっているステージを荒井さんがとてもステキなまでにラブホテルを越えた域までもっていっていた本でした。撮影は廣木さんの人間力の元、自然と熱気に溢れた現場がとても心地よかったです。

誰が無理をしていることもなくいたって自然に廣木さんについていっている現場に感動を覚えました。

前田さんとの共演は現場に流れる温度に合わせて何も考えずに向かうことができました。

廣木さんからの指示によって本番だけ前田さんにぶつけた芝居もありました。

素直に反応してくださったのでとても演じがいがありました。」


【前田敦子コメント】

「脚本はホテルという一つの場所で様々なカップルがいろいろな方向にストーリーが進んでいく展開が面白かったです。

個性豊かな作品を撮られてきた廣木監督がこの本を手掛けるとどのような作品になるかが楽しみでした。染谷さんは同世代の俳優さんの中では抜群に人を引っ張る力があり、恋人同士のシーンをつくっていく中でリードしていただいた。

染谷さんは自然についていこうと思える素敵な人でした。

撮影全体は廣木監督がつくりだす空気感が心地よく、楽しかったです。

その雰囲気の中で、夢を目指す普通の女の子を、ありのままの感情をぶつけ自然体でお芝居することができました。」


【廣木隆一監督コメント】

「ラブホテルの群像劇という話を頂き、群像劇はずっと挑戦してみたかったし、若い時から仕事をしてきたゆかりのある新宿歌舞伎町という設定も面白いと思った。

染谷さんは存在がずっと気になっていて、一緒にやりたいと思っていた。実際初めて一緒に仕事をして、とても自然体でシンプルに芝居をやってくれたことが、とても良かった。

前田さんを起用した理由は、ミュージシャンの役で、劇中2曲弾き語りをするシーンがあり、歌が歌える女優がよかった。

前田さんなら沙耶を等身大で演じられると思った。
撮影では、役になりきりリアルに演じてました。

ラブホテルの個室で男と女が向き合い、心も体も触れ合うように、この映画は人間の体温が感じられる作品になっています。」

身も心もむきだしになった男女がラブホテルで出会った時に何が起こるのか—?7年後のオリンピックを控え、これから本格的に変わっていく新宿・歌舞伎町。

今しか描けない歌舞伎町のラブホテルを舞台に、実力派俳優たちのリアルな演技による極上の群像ドラマが誕生でっす!

映画『さよなら歌舞伎町』

は、2015年1月 テアトル新宿ほか全国順次公開です!


公式サイトayonara-kabukicho.com

********************************************************************


映画『さよなら歌舞伎町』

出演:染谷将太 前田敦子 大森南朋 松重豊 南果歩 
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太 
配給:東京テアトル
R15+
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 


モントリオールで「利休にたずねよ」最優秀芸術貢献賞


第37回モントリオール世界映画祭(カナダ現地時間2日夜)、田中光敏監督の映画「利休にたずねよ」が、芸術性の高い作品に贈られる最優秀芸術貢献賞を受賞しました。授賞式には、現地入りした中谷美紀、田中光敏(監督)が臨み、会場で「ASK THIS OF RIKYU」が呼ばれると大きな歓声に包まれました。同賞の受賞は、日本映画として23年ぶり3回目の快挙となります

利休にたずねよ モントリオール_授賞式
原作は第140回直木賞受賞作 山本兼一の傑作小説「利休にたずねよ」。

利休はなぜ、武士でもないのに切腹しなければならなかったのか、自らの命をかけて守ろうとしたものはなんだったのか、その謎には実は若き日のある女性との秘められた恋があった。という作品。

「利休にたずねよ モントリオール_授賞式主演は、歌舞伎俳優 市川海老蔵。まったく新しい千利休を全身全霊で演じています。

その利休を陰ながら支える妻・宗恩には中谷美紀・利休の審美眼を見初め、表舞台に引き入れた織田信長に伊勢谷友介。利休を寵愛しながらも、切腹を命じるに至る権力者・豊臣秀吉に大森南朋。成海璃子、福士誠治、黒谷友香、檀れい、袴田吉彦、伊武雅刀、柄本明、中村嘉葎雄ら豪華なキャストです。

そして利休の師匠、武野紹鷗役に、2月にお亡くなりになった海老蔵さんのお父様、市川團十郎が出演されています。

極上の茶のごとき「最上級のエンタテインメント」をここに誕生!!

「利休にたずねよ」

は、12月7日に全国公開です。

公式サイト : http://www.rikyu-movie.jp/
(C)2013「利休にたずねよ」製作委員会

利休にたずねよ
********************************************************************


『利休にたずねよ』

【物語】
雷鳴がとどろく雨嵐の早朝、3千もの兵に取り囲まれた利休屋敷。太閤・豊臣秀吉(大森南朋)の命により、今まさに希代の茶人・千利休(市川海老蔵)は自らの腹に刃を立てようとしていた。死に向かう夫に対して妻・宗恩(中谷美紀)がたずねる。「あなた様にはずっと想い人がいらっしゃったのでは…」その言葉が、利休の胸中に秘められた、遠い時代の記憶を蘇らせていく。
かつて利休は織田信長(伊勢谷友介)の茶頭として仕えていた。信長にまで「美は私が決めること」と豪語する彼の絶対的な美意識は、やがて信長家臣の秀吉をも虜にする。信長の死後、天下統一を果たした秀吉の庇護のもと、“天下一の宗匠”として名を馳せる利休。しかし、その名声はしだいに秀吉の心に渦巻く“むさぼり”に火をつける。愛する者を奪われ、立場が危ぶまれていく利休。「残るあやつの大事なもの…」利休がひた隠しにする、彼に美を教えた“何か”。秀吉が執拗に追い求めるその秘密は、青年時代の利休の記憶に隠されていた。
若かりし頃、利休は色街に入り浸り、放蕩の限りを尽くしていた。そんなある日、高麗からさらわれてきた女と出逢う。その気高き佇まいと美しさに、一目で心を奪われた彼は以来、かいがいしく女の世話を焼き、心を通わせていく。しかし女は一国の王への貢ぎ物であり、それは叶うはずない恋。やがて別れの時を目前に迎えた夜、利休の情熱が、ある事件を引き起こす。はたして、その先に利休が見たものとは……。

市川海老蔵
中谷美紀
成海璃子 福士誠治 クララ 袴田吉彦 黒谷友香
市川團十郎(特別出演)
壇れい 大谷直子 柄本明 伊武雅刀 中村嘉葎雄
伊勢谷友介
大森南朋
公開日 : 2013年12月7日
公式サイト : http://www.rikyu-movie.jp/
(C)2013「利休にたずねよ」製作委員会