「大根仁」タグアーカイブ

スクープです!本当に『週刊SCOOP!』発売!


映画情報どっとこむ ralph スクープです!!

日本一撮られない男・福山雅治がまさかのパパラッチ役を熱演芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語『週刊SCOOP!』は10月1日(土)全国東宝系にて公開!エロかっこいいと話題です!
SCOOP!_福山雅治

福山が演じるのは、かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静。しかし、その輝かしい業績も今となってはほとんど知られることはなく、もはや黄昏モード。芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして、借金、酒にギャンブルと、自堕落な日々を過ごしていた。そんな彼が、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりの新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる羽目に。

この凸凹コンビがスクープを追いかけていく内に、日本中が注目する大事件に巻き込まれていきます。

そんな今秋最も注目の作品「SCOOP!」からまた新たな【スクープ情報】が届きました。

映画に登場する写真週刊誌 週刊「SCOOP!」が、9月30日(金)に緊急発売することが決定しました!!

映画情報どっとこむ ralph scoop%ef%bc%81
記者やカメラマンが夜討ち朝駆け、時には命がけで数々の芸能スキャンダルや事件現場を追い、時に社会を震撼させることもある映画の中だけの架空の写真週刊誌「SCOOP!」。「そんな『SCOOP!』が、もし実際に存在したら――」そんなコンセプトの元、映画に登場する「週刊SCOOP!」を実際に制作し、コンビニや書店などで全国販売いたします。発行元は、大根監督が連載陣として名を連ねる「週刊SPA!(扶桑社)」。大根監督監修のもと、「週刊SPA!」編集部が劇中の写真週刊誌「SCOOP!」を完全再現。映画「SCOOP!」をフックとした数々の新企画を打ち出し、誰も見たことのないまったく新しい週刊誌が誕生します。

表紙は中年パパラッチ【都城静】を熱演した福山雅治。豪華出演者や大根監督のインタビューはもちろん、【静】と【チャラ源】の知られざる前日談、山地まり、石川恋の撮り下ろしグラビア、大根監督と「週刊文春」編集長の特別対談、現役週刊誌記者覆面座談会、描き下ろし漫画、不肖・宮嶋の名作スクープ写真etc. 読み応えのある1冊となっています。

さらに、【静】と【野火】が生み出した衝撃のスクープ記事を、袋とじでまるごと独占掲載しています!!

映画情報どっとこむ ralph 「週刊SCOOP!」概要

9月30日(金)発売価格:420円(税込) 発行部数:10万部予定

表紙:福山雅治

コンテンツ:福山雅治12Pぶち抜き超ロングインタビュー
各キャストインタビュー(二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー)

大根仁×「週刊文春」編集長対談
<袋とじ企画>静と野火が追った「劇中スクープ記事」を独占掲載!
現役週刊誌記者による覆面座談会「あのスキャンダルの裏側」教えます
不肖・宮嶋のスクープ列伝
「SCOOP!」の現場で目撃した「衝撃スクープ」
静とチャラ源の知られざる前日談
大根仁監督「撮影秘話」インタビュー
渋谷直角「描き下ろし漫画」
謎のコールガール・星野あかりに直撃
山地まり、石川恋の撮り下ろしグラビア
大根監督&助監督が某週刊誌の取材に同行! 実録漫画「ハリコミ同行記」
「珍名風俗店」マジメに大研究
伝説のLカップ嬢に記者が突撃
映画製作の過酷は日々を支えた極上メシを公開「大根仁のカラメシ」
カープ女子が教えるおじさんのための「野球たとえ」講座

映画情報どっとこむ ralph あらすじ

SCOOP!_SCOOPかつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた敏腕カメラマン・都城静(福山雅治)。しかし、その輝かしい業績も、現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られていない。過去のある事件をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまった静は、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身。それから何年のも間、自堕落な日々を過ごしてきたのだ。そんな彼に、再び転機が訪れる。ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりのド新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる羽目になってしまったのである。案の定まったく噛み合わずケンカばかりの静と野火。この凸凹コンビが、まさかまさかの大活躍で独占スクープを連発!そしてついに、日本中が注目する重大事件が発生する・・・・。

10月1日(土)全国東宝系にて“超特大スクープ”公開です!

SCOOP!』映画公式サイト

http://scoop-movie.jp/

***********************************

SCOOP!_ポスター監督・脚本 大根仁

原作映画:『盗写1/250秒』
(監督・脚本:原田眞人)

出演 福山雅治
二階堂ふみ 吉田 羊 滝藤賢一 リリー・フランキー 他

(c)2016映画「SCOOP!」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ザ・ウォーク』に松江哲明監督、押井守監督らからコメント


いよいよ1月23日(土)より日本公開となります映画『ザ・ウォーク』。

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411mの道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に、ある一人の男が挑んだー。

前人未到の夢の実現のためフランスからニューヨークに渡った名もなき男フィリップ・プティ。巨匠、ロバート・ゼメキス監督が圧倒的3Dで描く、感動の実話です。
ロバート・ゼメキス監督

―手に汗握りながら号泣という初体験―

巨匠ロバート・ゼメキス監督が、自身の集大成として挑んだ本作に対し、一足先に本作をご覧になった著名人の方々より、熱いコメントが続々と到着しています!

今回、松江哲明さん(ドキュメンタリー監督)、トラン・アン・ユンさん(映画監督)、大根仁さん(映像ディレクター)、小島秀夫さん(ゲームデザイナー)、押井守さん(映画監督)をご紹介!

『ザ・ウォーク』監督コメント(順不同・敬称略)

3Dの開拓者であり、常軌を逸した人間を描き続けるゼメキス監督の到達点には、手に汗握りながら号泣という初体験が待っていた。
-松江哲明(ドキュメンタリー監督)

「ザ・ウォーク」はゼメキス監督による愛、友情、忍耐、そして夢の実現を物語ったすばらしい映画。アメリカ映画の伝統そのものであり、希望と情熱と感動に満ちた作品になっている。
―トラン・アン・ユン(映画監督)

世界一の映像マエストロにして、常に新しい映像表現にチャレンジし続けるゼメキス監督が、また新たな大傑作を作った!圧倒的エンタテイメント映画でありながら、今は亡きニューヨークのツインタワーを綱渡りする男を題材に選んだゼメキス監督に感服。現代に生きる我々もまた、行くか戻るかの綱渡りをしているのだ。絶対に劇場で観るべき、いや、劇場で観なければ意味がない!!
-大根仁(映像ディレクター)

昨今はCGを使ったVFX映画を軽視する風潮があるが、この高所歩行(ザ・ウォーク)を体験すれば、それらの認識が早すぎた批評だったと気づくはず。ゼメキスがCG映画を作り続けていたのも、これまでの3DCG技術の進化も、全ては本作へと繋がる「歩み(ザ・ウォーク)」だったのだと。
-小島秀夫(ゲームデザイナー)

高所恐怖症なのでこの映画だけは見られない。
-押井守(映画監督)

THEWALK_3

その道のプロフェッショナルである方々が、胸を熱くした本作。
「手に汗握りながら号泣」というその結末を、是非劇場でお確かめください!

ザ・ウォーク
TheWalk_sub1

1月23日(土)全国ロードショー。上映も!

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

TheWalk_新ポスター

原題:The Walk
月面を歩いた人間は12人―。
しかし、ワールド・トレード・センターの間を歩いた人間は1人しかいない。永遠に―

原作:「TO REACH THE CLOUDS」 
by フィリップ・プティ

監督:ロバート・ゼメキス

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、
シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメントをいただいた監督さんたちの作品!ア~この人。押井監督はあえて実写を紹介
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

限定グッズ付き前売り券発売!電気グルーヴの伝記映画


DGTMポスター昨年結成25周年を迎えた電気グルーヴの結成からのヒストリーを追った初の伝記的ドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』(大根仁監督)が12月26日(土)より2週間限定公開します。

この公開を記念して全国のコンビニエンスストア ローソン・ミニストップの店頭端末Loppiにて限定で受付されるグッズ付き前売り券と、大根仁監督がセレクトした音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」の発売が決定いたしました。

前売り券には完全受注生産の“オリジナルフェイスタオル”、音楽集にはTシャツとそれぞれ異なるグッズがセットで予約受付開始。この機会にしか手に入らない超レアグッズです。

『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』
Loppi限定“オリジナルフェイスタオル”引換券付き前売り券

・グッズ付き:2700円 Lコード:30428
・グッズなし:1500円 Lコード:37970

受付期間:11/13(金)10:00 ~12/25(金)23:30
タオルお渡日:2016年2月8日(月)
<PC> http://l-tike.com/gd/denkigroove.html
<スマホ・携帯> http://l-tike.com/d1/AA02G03F1.do?DBNID=3&ALCD=1&PGCD=286436
電気グルーブ映画タオル

『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』
Loppi・HMV 限定セット“オリジナルT シャツ”+音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」

・音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」 ¥2700(税込)
・音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」+T シャツ(M) ¥5000(税込)
・音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」+T シャツ(L) ¥5000(税込)

▼ローソン・ミニストップ店頭Loppi
■音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」
【受付期間】11 月13 日(金)10:00 ~12 月13 日(日)23:30 / お渡日:12 月23 日(水)
【Loppi商品番号】085377

■音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」+T シャツ
【受付期間】 11月13日(金)10:00 ?12月6日(日)23:30/お渡日:12月23日(水)
【Loppi商品番号】Tシャツセット:[M] 093356 [L]098910

▼HMV
ONLINE
PC:http://www.hmv.co.jp/news/article/1511100084/
携帯:http://m.hmv.co.jp/news/newsdetail/9151110002

【受付期間】 11 月13 日(金)10:00 ~なくなり次第終了

店舗
PC・スマートフォン:http://hmv.co.jp/st/list/
MOBILE      :http://m.hmv.co.jp/8_100

Tシャツ デザイン

電気グルーブ映画Tシャツ

『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』

2015年12月26日(土)全国2週間限定年越しロードショー

URL:www.denkigroove.com/themovie

********************************************************************

監督:大根仁
キャスト:電気グルーヴ(石野卓球、ピエール瀧)
天久聖一/Andi Absolon(元ヨーロッパ ブッキング エージェント)/ANI(スチャダラパー)/Bose(スチャダラパー)/
CMJK/DJ TASAKA/日高正博((株)スマッシュ 代表取締役)/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/
道下善之((株)ソニー・ミュージックアーティスツ)/中山道彦((株)ソニー・ミュージックアーティスツ 代表取締役)/小山田圭吾/
SHINCO(スチャダラパー)/砂原良徳/山口一郎(サカナクション)/山根克巳(LIQUIDROOM)/
山崎洋一郎(rockin’on JAPAN総編集長)/WESTBAM (A to Z)

配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
© 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT

【オリジナル・チケットホルダー・クリアファイル付 全国共通前売鑑賞券】1,500(税込)
10月23日(金)より、上映劇場、通販にて発売中

【CD】「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」
■発売日:2015年12月23日
■価格:¥2500 (税抜)
■品番:KSCL-2646(※初回仕様:紙ジャケット)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

DENKI GROOVE THE MOVIE? 公開記念音楽集発売!


昨年結成25周年を迎えた電気グルーヴの結成からのドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-』が12月26日(土)より2週間限定公開いたします。

この度、その公開を記念して大根仁監督による選曲の『DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-』音楽集、『DENKI GROOVE THE MOVIE? –THE MUSIC SELECTION-』の発売が決定いたしました。

DGTM

FUJI ROCK FESTIVAL ‘14での「Hello! MR. MONKEY MAGIC ORCHESTRA」と「FLASHBACK DISCO」や、1997年の赤阪BLITZでの<野球ディスコ>の「VOLCANIC DRUMBEATS」、「N.O.」とともに電気グルーヴの代表曲のひとつである「虹」は1998年に海外レーベルからアナログ12インチのみでリリースされたMAYDAYバージョンを収録。

さらに、この映画ではテーマソングの位置付けとなる電気グルーヴの初期の名曲「N.O.」をこのアルバムのために新たにレコーディング!このアルバム唯一の新録音源「N.O. 2016」として発表します。

<選曲を手掛けた大根 仁監督によるコメント>

DGTMポスター昨年のフジロックフェスティバルから撮影を始めて約1年半・・・やっと完成しました!
長い電気ファンにとっては【電気グルーヴ白書】として、最近のファンもしくは電気をよく知らない人にとっては【電気グルーヴ入門】として楽しめる映画になったと思います。

とにかく劇場で、大スクリーン&大音量で観て欲しいです。というか、映画館で観なければこの作品はまったく意味がありません。2週間という短い上映期間ですが、是非劇場へ!!! そしてこの映画に併せて選曲したアルバムもお楽しみください!!!

『DENKI GROOVE THE MOVIE? –THE MUSIC SELECTION-』商品概要
タイトル:DENKI GROOVE THE MOVIE? –THE MUSIC SELECTION-
発売日:2015年12月23日
価格:¥2500 (税抜)
品番:KSCL-2646(※初回盤紙ジャケット仕様)

予定収録曲:
1. 25 Raw Beatz(Movie Edit)
2. Hello! MR. MONKEY MAGIC<※LIVE音源>
3. 電気ビリビリ
4. MUD EBIS(Chimimix)
5. 新幹線(Movie Edit)
6. 虹(Live@Mayday Mix)
7. ママケーキ 
8. Shangri-La
9. VOLCANIC DRUMBEATS<※LIVE音源>
10. FLASHBACK DISCO<※LIVE音源>
11. 弾けないギターを弾くんだぜ
12. Twilight / 電気グルーヴ×スチャダラパー
13. 少年ヤング
14. SHAMEFUL
15. N.O. 2016<※新録音源>

****************************************

『DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-』

2015年12月26日(土)全国2週間限定年越しロードショー

URL:www.denkigroove.com/themovie

オリジナル・チケットホルダー・クリアファイル付 全国共通前売鑑賞券

1,500円(税込)
10月23日(金)より、上映劇場、通販にて発売中
プレイガイドでの販売は、後日発売(予定)
DGTM_ticketholder_b

********************************************************************

監督:大根仁
キャスト:電気グルーヴ(石野卓球、ピエール瀧)
天久聖一/Andi Absolon(元ヨーロッパ ブッキング エージェント)/ANI(スチャダラパー)/Bose(スチャダラパー)/
CMJK/DJ TASAKA/日高正博((株)スマッシュ 代表取締役)/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/
道下善之((株)ソニー・ミュージックアーティスツ)/中山道彦((株)ソニー・ミュージックアーティスツ 代表取締役)/小山田圭吾/
SHINCO(スチャダラパー)/砂原良徳/山口一郎(サカナクション)/山根克巳(LIQUIDROOM)/
山崎洋一郎(rockin’on JAPAN総編集長)/WESTBAM (A to Z)

配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
© 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

目指せジャンプ!佐藤健x神木隆之介で映画化『バクマン。』


「友情」「努力」「勝利」そして「恋」
超進化系ジャンプエンタテイメントが遂に誕生!!

バクマン。

俺たち二人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ

二人の高校生が抱いた、ジャンプ漫画への壮大な夢。

バクマン。ポスター

物語ですが・・・

高校生の真城最高(ましろもりたか あだ名:サイコ―/佐藤健)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父(宮藤官九郎)は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうであった。だが結局は連載打ち切りとなり、その後叔父は過労により亡くなった。そのことが最高の心に暗い影を落としていた。

ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイト・高木秋人(たかぎあきと あだ名:シュージン/神木隆之介)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片想いのクラスメイト亜豆美保(あずきみほ 小松菜奈)と、「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。

最高と秋人はコンビを組み、夢の週刊少年ジャンプの連載を目指して日々漫画づくりに明け暮れる。ジャンプ編集者の服部(山田孝之)に見出され、ようやく光明が見えてきたとき突然ライバル――新妻エイジ(染谷将太)が現れる。

弱冠17歳で手塚賞入選を果たした天才・エイジは瞬く間にジャンプ連載を決めて遥か先を走り始める。そして次々と現れる新進気鋭のライバルたち。

はたしてふたりはジャンプ連載を勝ち取ることができるのか!?

果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか!?
超進化系ジャンプエンタテイメントが遂に誕生する!!

バクマン。

2015年10月3日全国東宝系にてロードショー
公式サイト:www.bakuman-movie.com

********************************************************************

キャスト:
佐藤健 神木隆之介
染谷将太 小松菜奈 桐谷健太 新井浩文 皆川猿時
宮藤官九郎 山田孝之 リリー・フランキー

脚本・監督:大根仁  
原作:大場つぐみ 小畑健(「バクマン。」ジャンプ・コミックス/集英社刊)

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ある優しき殺人者の記録』葵つかさスペシャルナイト!!


映画『ある優しき殺人者の記録』

が、9月6日(土)公開後、ツイッター等での口コミが広がり絶賛公開中のなか、続々劇場イベントが決定!

9月16日(火)は映画監督の大根仁(『モテキ』『恋の渦』)をゲストに迎え、葵つかさスペシャルナイトが緊急決定!葵つかさ×大根監督トークショーのほか、プレゼント抽選会、握手会ありとお楽しみ企画満載イベントとなります!

ある優しき殺人者の記録

9月16日(火)『ある優しき殺人者の記録』葵つかさスペシャルナイト!!
【会場】新宿バルト9
【時間】20:50~上映
【企画】
・葵つかさ×大根仁 トークショー
・抽選で数名様にサイン入りプチョン映画祭マガジン&ポスター&写真集(台湾限定版)
・葵つかさ握手会
・写真撮影OK
【料金】通常料金
【チケット販売方法】
・KINEZO EXPRESS(インターネット販売)
 9月12日(金)24:00(9月13日(土)0:00)より販売開始
・劇場窓口
 9月13日(土)劇場オープン時より販売開始
(お問い合わせ)
03-5369-4955(自動音声案内)

『ある優しき殺人者の記録』について・・・

それは、ある殺人犯からの一本の電話から始まった。
衝撃のクライマックス!世界が注目する鬼才・白石晃士監督最新作は、

POV方式の86分ワンカット!

場所は韓国。障害者施設を脱走し、18人を殺害した疑いのある男から一本の電話を受け訪れた場所は廃屋マンション。映像には、その密室で起こった全てが記録されている・・・。

監督・脚本・撮影を担当した白石晃士は、これまで『口裂け女』(07)、大島優子主演の『テケテケ』(09)など多くのホラー作品を世に送り出しているが、『ノロイ』(05)、『オカルト』(09)、ももクロ本人達が何も知らされずに廃墟ロケをする『シロメ』(10)や、あびる優、岩佐真悠子らが除霊をレポートする『カルト』(13)、『コワすぎ』シリーズなど、POV方式を使ったフェイク・ドキュメンタリーのスペシャリストである。

さらに、『グロテスク』(09)、『バチアタリ暴力人間』(10)、『超・悪人』(11)といった圧倒的な暴力性とエロス、そして独特のユーモアで、フェイク・ドキュメンタリーの枠組みを越えて、観る者の脳裏に迫っていく作風が、新たなコアファンを増殖させている。

本作『ある優しき殺人者の記録』でも、POV方式のフェイク・ドキュメンタリーを採用しているが、恐怖に迫る圧倒的な暴力性や、生々しいエロスといった白石晃士監督の宝刀は高純度のまま、さらに、全く違う場所に着地させるといった異次元の衝撃を作り出し、スリラー映画の新たな傑作となった。

出演: ヨン・ジェウク キム・コッビ 葵つかさ 米村亮太朗
監督・脚本・撮影: 白石晃士
製作:日活、ZOA FILMS
配給 :ティ・ジョイ、日活
©NIKKATSU、ZOA FILMS
公式サイト: satsujinsha-kiroku.jp

********************************************************************

 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ